議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 青森市

平成21年第2回定例会(第1号) 本文




2009.06.18 : 平成21年第2回定例会(第1号) 本文


  午前10時開会
◯議長(渋谷勲君) これより平成21年第2回青森市議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の会議は「議事日程第1号」により会議を進めます。
          ──────────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、13番大坂昭議員及び27番奥谷進議員を指名いたします。
          ──────────────────────────
日程第2 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第2「会期の決定」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、お手元に配付の会期予定表のとおり、本日から7月14日までの27日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から7月14日までの27日間と決定いたしました。
          ──────────────────────────
 諸般の報告と表彰状の伝達

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) この際、諸般の報告を行います。
 まず、去る6月10日、12番布施一夫議員から、諸般の都合により同日付をもって議会運営委員を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第14条の規定に基づき、議長においてこれを許可いたしました。また、その後任として、委員会条例第8条第1項の規定により、同日付をもって議長において議会運営委員として、1番村川みどり議員を指名いたしましたので、報告いたします。
 次に、平成21年度青森県市議会議長会第1回定期総会及び第61回東北市議会議長会定期総会並びに第85回全国市議会議長会定期総会関係の報告についてでありますが、その内容については、お手元に配付いたしております報告書のとおりであります。
 次に、被表彰者の関係でありますが、第85回全国市議会議長会定期総会において、市議会議員として15年以上市政の振興に努められた功績により、大矢保議員が表彰されました。また、市議会議員として10年以上市政の振興に努められた功績により、仲谷良子議員が表彰されました。受賞者の方々に対し、心から敬意を表するとともにお祝いを申し上げます。
 これより表彰状の伝達を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(横内清君) それでは、初めに、全国市議会議長会から、市議会議員在職15年以上として表彰された議員です。
 39番大矢保議員、演壇の方へお進み願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君)
        表    彰    状
                青   森   市
                    大 矢   保 殿
 あなたは市議会議員として15年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第85回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成21年5月27日
             全国市議会議長会
                  会 長  五 本 幸 正
                            (拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局次長(横内清君) 次に、全国市議会議長会から、市議会議員在職10年以上として表彰された議員です。
 32番仲谷良子議員、演壇の方へお進み願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君)
        表    彰    状
                青   森   市
                    仲 谷 良 子 殿
 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第85回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成21年5月27日
             全国市議会議長会
                  会 長  五 本 幸 正
                            (拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 以上をもって表彰状の伝達を終わります。
          ──────────────────────────
日程第3 議案第111号 平成21年度青森市一般会計補正予算(第1号) 〜
日程第10 議案第118号 公立大学法人青森公立大学の中期目標について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第3議案第111号「平成21年度青森市一般会計補正予算」から日程第10議案第118号「公立大学法人青森公立大学の中期目標について」までの計8件を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。鹿内市長。
  〔市長鹿内博君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(鹿内博君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)提出議案の御説明を申し上げる前に、お許しをいただき、先般、企業局企業部で発生いたしました職員による親睦会積立金の着服について、議員各位を初め市民の皆様に、私から一言御報告とおわびを申し上げます。
 このたびの事案は、去る5月15日付人事異動で配属された総務部秘書課長が、平成18年9月から平成21年4月までの間において、企業局企業部の親睦会の積立金を延べ12回、合計で71万4206円を預金口座から引き出し、私的飲食や借金の返済に充てていたものであります。
 本事案は、親睦会費という公金とは性質を別にする金銭を着服したものでありますが、市職員としての信用を著しく傷つけ、市職員の職全体の不名誉となる行為であり、地方公務員法第29条の規定及び青森市職員の懲戒の手続及び効果に関する条例により、懲戒処分として免職としたものであります。
 このたびの事案は、市長就任後初の人事異動において、重要なポストに配置した職員が、異動前の事案であるとはいえ、このような処分となりましたことは、まことに痛恨のきわみであり、私自身も大きな責任を感じており、このたびの処分に当たって、みずからにも3カ月間減給10分の1を課すこととしたところであります。
 このたびは、議員各位、市民の皆様に多大なる御心配をおかけするとともに、市政への信頼、職員の信頼を失墜させることとなり、市政をあずかる責任者として改めて心からおわび申し上げる次第であります。
 今後、このような事案を二度と発生させないために、公務員として当たり前のことを当たり前にできる職場環境をつくっていくことが、市長としての重要な責務であると考えております。このため、全職員に向け、私から綱紀の粛正について通達し、公金のみならず、親睦会等の金銭についても各職場において厳重な管理を行うようにお願いしたところであります。また、これまで以上に職員研修など、さまざまな機会をとらえて、職員の公務員としての倫理観の醸成に継続的に取り組んでまいります。すべての職員が全体の奉仕者であることに誇りと責任を持って日々の業務に取り組み、全職員一丸となって、失われた市政に対する市民の皆様からの信頼を回復するため、全力を尽くしてまいります。
 このたびはまことに申しわけございませんでした。
 それでは、平成21年第2回定例会の開会に当たり、市政運営の基本的事項について所信を明らかにし、あわせて提出いたしました議案の概要を御説明申し上げ、御審議の参考に供したいと存じます。
 私は、さきの市長選挙において、私の描く青森市の目標として、「夢と希望の 元気で 幸せ色の 市民のまち・青森」を掲げ、目指すべき6つの青森市の将来の姿とそれぞれの姿を実現するための6つの元気プロジェクトを掲げ、多くの市民の皆様からの御支持をいただき、青森市の市政運営を担わせていただくことになりましたので、その概要につきまして御説明させていただきます。
 1つ目の青森市の将来の姿は、「子どもの幸せを広げる『元気・市民の青森市』」であります。
 将来に夢と希望が持てる青森市とするためには、何といっても次代を担う子どもたちの幸せが、すべての市民の幸せへとつながっていくものと考えております。そのために、子どもたちへの各種施策を総合的に推進する体制づくりや子どもみずからが成長、発達できる環境づくりなどを進める「子どもの幸福を広げ、生命と教育を大事にする」プロジェクトに取り組んでまいりたいと考えております。
 2つ目の姿は、「地域コミュニティを中心とした『安全・安心・健康の青森市』」であります。
 まちづくりの主役は市民であり、市民が安全で安心して暮らせる、そして健康な青森市を目指すため、市民のNPO活動、市民ボランティア活動、町内会活動などの促進による市民のきずなと信頼の強化、女性の社会参加の拡大と消費者保護行政の総合的な推進、福祉・医療・教育の総合的な推進、高齢者の医療・福祉・介護・健康増進の総合的な推進などの「地域コミュニティを中心とした、安全・安心と健康づくり」プロジェクトに取り組んでまいりたいと考えております。
 3つ目の姿は、「新幹線時代をひらく魅力ある『津軽・青函交流の青森市』」であります。
 長年の悲願でありました東北新幹線新青森駅開業を来年12月に控え、市民の知恵を出し合いながら、この恵まれたチャンスを最大限に生かしていくため、市民の声を反映した新駅設置などの青い森鉄道の利便性向上、北海道新幹線開業をも見据えた戦略的な取り組みを計画し函館市、道南自治体及び下北半島、津軽半島各市町村と協力、連携を強化するなど、「新幹線時代をひらく津軽・青函交流」プロジェクトに攻めの姿勢を持って取り組んでまいりたいと考えております。
 4つ目の姿は、「海と山にいだかれた自然豊かな『緑と水と青空の青森市』」であります。
 青森市の最大の魅力は、恵みの森八甲田連峰、県民の森梵珠山、恵みの海陸奥湾といった広大な自然であります。このかけがえのない自然を良好な状態で将来世代へ引き継いでいくために、地域住民みずからの手による特色ある地域づくりの推進、ごみの分別収集とリサイクル率の向上などの環境対策の推進などの「海と山にいだかれた自然豊かなまち」プロジェクトに取り組んでまいりたいと考えております。
 5つ目の姿は、「祭りと歴史・文化豊かな『芸術・観光の青森市』」であります。
 青森市にはすばらしい歴史・文化、豊かな芸術・観光、そして青森ならではの食があります。この青森市にある宝を最大限に生かしたまちづくりや観光誘客を推進するなどの「祭りと歴史・文化豊かな芸術・観光」プロジェクトに取り組んでまいりたいと考えております。
 最後の6つ目の姿は、「活力あふれる『自立・創造の青森市』」であります。
 景気の低迷を強いられている厳しい経済情勢の中でありますが、青森市の地域産業が活力を取り戻すことが極めて重要であり、「食のまち・青森市」を生かした産業振興や青森ブランドの確立などによる農林水産業の振興などの「活力あふれる自立・創造」プロジェクトに取り組んでまいりたいと考えております。
 以上6つの青森市の将来の姿と対応する6つのプロジェクトをかいつまんで御説明いたしましたが、私はこれらを基本として、個々の施策の具体化に当たりましては、選択と重点化の視点を持って優先順位をつけつつ効果的、効率的な進め方を検討し、着実にその実現を図っていくとともに、現下の厳しい景気、雇用情勢にかんがみ、市として可能な対策を加速するなど、時々の課題にも的確に対処してまいりたいと考えております。
 また、さきの臨時会でも申し上げました基本姿勢について、あえていま1度申し述べさせていただきたいと思いますが、私の市政運営の根底にありますのは、「市民と共につくる、市民のための市政」であり、情報公開に努め、説明責任を果たすことにより、市政の信頼を獲得して、市民の皆様の御協力を得ながらまちづくりを進めてまいる所存でございます。
 以上、市政運営を担うに当たっての私の所信を申し上げてまいりました。
 さて、先日、私は、久しぶりに旧東北本線跡地の緑地帯にある文芸のこみちを歩いてみました。「合浦浜 松原添えの砂丘に ふるさとのはな ハマナスの花」、青森市ゆかりの先人たちの文芸碑が数ある中で、私は、我が青森市の誇る偉大な芸術家棟方志功が、若き日、画家を志して上京する際、ふるさと青森を思い詠んだというこの歌碑の前で立ちどまり、何度も碑文を読み返しました。砂浜に根を張り、厳しい北風に負けず、美しい花を咲かせる青森市の花ハマナスを心のよりどころにしつつ、深く険しい野山を雄々しく、野性的に駆け回り、優しく澄んだ瞳を持ったカモシカのような政治家になりたい。昭和57年2月、初めて市議会議員選挙に当選した、当時33歳の私の決意をいま1度思い起こしつつ、私たち青森市民が、ふるさと青森に誇りを持ち、ふるさと青森を愛し、ふるさと青森のために力を発揮できる市政を実現し、そして、次の時代を担う子どもたちに誇れるふるさと青森を引き継いでいかなければならないと決意を新たにしたところであります。
 市民を主役とした青森市の新たなまちづくりに向けて全力を尽くしてまいりますので、改めまして、議員各位を初め、市民の皆様方の御理解、御協力を心からお願い申し上げます。
 続いて、議案第111号平成21年度青森市一般会計補正予算及び議案第112号平成21年度青森市下水道事業特別会計補正予算について御説明申し上げます。
 このたびの補正予算は、主に今般、私が公約に掲げたもののうち、実施に向けて準備が整ったもののほか、国の経済危機対策に伴う補正予算によって、新たに創設された地域活性化・公共投資臨時交付金及び地域活性化・経済危機対策臨時交付金の一部を活用し、緊急的に実施すべき事業を中心に、追加補正に要する経費等を措置いたしたものであります。その結果、今回の補正額は9億7823万余円の増額補正となり、これを加えた予算総額は1137億9823万余円となります。
 それでは、歳出の主な内容について御説明申し上げます。
 まず、私の公約関連の補正項目についてでありますが、私の公約につきましては、全71項目のうち、本補正予算に提案しております案件を含め、まずは21項目について取り組みを進めることとし、また、現在検討中の残り50項目につきましても、実施に当たっての課題等が解消され次第、着手してまいりたいと考えております。
 初めに、新長期総合計画策定につきましては、先ほど申し上げました6つの青森市の将来の姿の実現に向け、新たな総合計画を策定する必要がありますことから、計画策定に係る青森市総合計画審議会等に要する経費を措置するものであります。
 市民100人委員会運営事業につきましては、市民とともに考え、市民とともにつくる青森市政の実現を図るため、市の重要な政策課題等について、私が市民意見を直接聞き、市政運営に反映させることを目的とした(仮称)市民100人委員会の設置に係る経費などを措置するものであります。
 合併検証関連事業につきましては、旧青森市と旧浪岡町との合併による効果、課題等を検証することを目的とした(仮称)青森市合併検証委員会の設置、運営に係る経費を措置するものであります。
 市民課土日、祝日開庁対策につきましては、市民サービス部門の土日、祝日の開庁に向けて、まずは市民課窓口において土日、祝日開庁を試行することとし、市民のニーズやコスト、課題などを検証することとしたものであります。
 市民意識調査事業につきましては、定期的にまちづくりの各分野における市民ニーズや意識レベルを把握、分析し、新たな総合計画策定や施策に適切に反映させるため、1万人を対象としたアンケートの実施に要する経費を措置するものであります。
 青森駅周辺地区サービス機能検討事業につきましては、市役所機能の移転の検討に当たっては、全市的なまちづくりビジョンと市民の議論を最優先に行う必要がありますことから、JR青森駅への市役所機能の一部移転の可能性調査は実施しないこととし、減額するものであります。
 また、緊急かつ重要な課題であります雇用対策につきましては、新たに178人の雇用を創出するふるさと雇用再生特別基金事業・緊急雇用創出事業やインターネット上での掲示板への悪質な書き込みなどから子どもたちを守る小・中学校安全・安心対策事業を実施することとしたほか、3カ所の新駅設置の早期実現に向け、まずは野内地区の新駅設置に関する詳細設計を実施することとし、これらの財源については国等からの補助、交付金制度を活用し、早期に実施すべく、必要とされる経費を措置するものであります。
 以上が今定例会に提案いたしました私の公約に関する補正予算の内容であります。
 次に、国の経済危機対策に呼応した補正予算の内容について御説明いたします。
 地域活性化・公共投資臨時交付金につきましては、国の経済危機対策に呼応し、将来予定しておりました国庫補助を伴う公共事業を可能な限り前倒しで実施すべく、事業費で8億1542万余円、交付金交付額で3億7033万余円の4事業を実施するために要する経費を措置するものであります。
 その主な内容といたしましては、都市公園の適正で効率的な管理運営を図るために、長寿命化計画策定や公園、道路、市営住宅、下水道の公共事業につきまして、前倒しで実施するために必要な経費を措置するものであります。
 なお、本交付金を活用した事業として、今後、第3回市議会定例会におきましても、小・中学校校舎の耐震化事業の前倒しなどの提案を予定しております。
 次に、地域活性化・経済危機対策臨時交付金につきましては、国の経済危機対策により、地方公共団体において、地球温暖化対策、少子・高齢化社会への対応、安全・安心の実現、その他将来に向けた地域の実情に応じたきめ細かな事業を積極的に実施できるよう創設された交付金であり、その使途は、地方公共団体の裁量にゆだねられているものであります。
 本市にはおよそ8億5700万円が交付されると試算され、最終的な事業計画に基づく補正予算案は、第3回市議会定例会での提案を目指しているところであります。
 本定例会においては、制度に適合するもののうち、その事業効果や事業スケジュールなどから、早期に予算措置するべきものとして、事業費で2億4518万余円、交付金交付額1億5308万余円の追加事業を実施するための経費を措置するものであります。
 その主な内容といたしましては、新型インフルエンザ対策として最も重要な役割を担う保健所機能及び救急搬送機能を確保するために必要な体制整備や特定不妊治療費助成の拡充、去る平成21年2月20日からの暴風雪によって被害を受けております浅虫海づり公園のバリアフリー化を伴う改修や文化会館、市民ホールといった市民の皆様が常日ごろから利用されている施設につきましては、機能強化や改修を実施するための経費を措置するものであります。
 このほかの経済危機対策として、老人福祉施設整備費補助金交付事務につきましては、消防法施行令などの一部改正により、スプリンクラー設備の設置が義務づけられた認知症高齢者グループホーム及び主として要介護状態にある者を入居させる有料老人ホームに対する整備費の一部補助を実施するための経費を措置するものであります。
 以上、御説明申し上げてまいりました補正予算の内容を含め、予算執行に当たっては、現下の経済情勢を踏まえ、可能な限り早期の発注を図ってまいります。
 次に、歳入についてでございますが、国庫支出金及び県支出金、市債につきましては主に歳出補正に伴う調整によるもの、繰入金は、本補正を実施するために必要な財源調整として、青森市地域活性化・生活対策臨時基金を活用するために計上するものであります。
 以上が今回の補正予算の主な内容であります。
 次に、条例案について御説明申し上げます。
 議案第113号青森都市計画事業奥野第一土地区画整理事業施行規程を廃止する条例の制定については、奥野第一土地区画整理事業の終了及び当該事業に係る保留地の処分完了に伴い、現行条例を廃止しようとするものであり、議案第114号青森市事務分掌条例及び青森市特別理事の設置及び給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、市民のための市政実現に向けた組織体制の整備として市長公室を新設し、また、市役所大改革プロジェクトの一環として自治体経営局を廃止することとし、これらに伴う事務分掌の整理をするとともに、特別理事のうち自治体経営監の職を廃止するため関係条例の改正をしようとするものであります。
 議案第115号青森市市税条例の一部を改正する条例の制定については、地方税法等の一部改正に伴い、個人住民税における住宅借入金等特別控除に係る新たな制度の創設等のため、改正しようとするものであり、議案第116号青森市手数料条例の一部を改正する条例の制定については、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行に伴い、長期優良住宅建築等計画の認定等に係る手数料について定めるため改正しようとするものであります。
 次に、単行案について御説明申し上げます。
 議案第117号協定の締結については、新青森駅南北連絡通路新設工事に係るものであり、青森市議会の議決に付さなければならない契約並びに財産の取得及び処分に関する条例の規定により提案いたしたものであります。
 最後に、議案第118号公立大学法人青森公立大学の中期目標については、公立大学法人青森公立大学が達成すべき業務運営に関する目標である中期目標を定めようとするものであります。
 以上をもちまして、上程いたしました議案の概要を御説明申し上げましたが、細部につきましては、議事の進行に伴い、私及び担当者からそれぞれ御説明いたしますので、慎重御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。
          ──────────────────────────
日程第11 選挙管理委員及び同補充員の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第11。
 これより「選挙管理委員及び同補充員の選挙」を行います。
 まず、選挙管理委員の選挙を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 選挙管理委員に、神一郎さん、坪田左近さん、成田豊一さん、原田一紀さん、以上4名を指名いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました神一郎さん、坪田左近さん、成田豊一さん、原田一紀さんを選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました神一郎さん、坪田左近さん、成田豊一さん、原田一紀さんが選挙管理委員に当選されました。
 次に、選挙管理委員補充員の選挙を行います。
 選挙の方法は投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) ただいまの出席議員は40人であります。
 投票用紙を配付させます。
  〔投票用紙を配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 配付漏れなしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票箱を改めさせます。
  〔投票箱を点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 異状なしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
  〔点呼〕
  〔各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に26番小倉尚裕議員及び39番大矢保議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。
  〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数40票。
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票40票、無効投票ゼロ票。
 有効投票中、福田マユさん17票、古川健二さん13票、齋藤千代久さん5票、田中義博さん5票。
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は3票であります。よって、福田マユさん、古川健二さん、齋藤千代久さん、田中義博さんが選挙管理委員補充員に当選されました。
          ──────────────────────────
日程第12 青市監報告第59号 定期監査報告 〜
日程第15 青市監報告第62号 財政援助団体等監査報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第12青市監報告第59号「定期監査報告」から日程第15青市監報告第62号「財政援助団体等監査報告」までの計4件については、配付いたしております報告書のとおり報告がありました。
          ──────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
          ──────────────────────────
 休会について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 議案熟考のため、6月19日から6月23日までの5日間休会いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、6月19日から6月23日までの5日間休会することに決しました。
 来る6月24日は午前10時会議を開きます。
          ──────────────────────────
 散 会

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 本日はこれにて散会いたします。
  午前10時53分散会