議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 青森市

平成21年第1回定例会(第7号) 本文




2009.03.25 : 平成21年第1回定例会(第7号) 本文


  午前10時開議
◯議長(奥谷進君) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は「議事日程第7号」により会議を進めます。
          ──────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 本日の案件に先立ち、私から特別委員会委員の所属変更について申し上げます。
 去る3月23日、3番奈良岡隆議員並びに26番関良議員から、所属している特別委員会の委員を変更したい旨の申し出がありました。これを受け、3月23日付で議長において3番奈良岡隆議員の青森バイパス建設促進対策特別委員会の委員を、また、26番関良議員の新幹線対策特別委員会委員の辞任を許可し、同日付で3番奈良岡隆議員を新幹線対策特別委員会委員に、26番関良議員を青森バイパス建設促進対策特別委員会委員にそれぞれ選任いたしましたので、御報告いたします。
          ──────────────────────────
日程第1 議案第6号 専決処分の承認について 〜
日程第12 議案第94号 包括外部監査契約の締結について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第1議案第6号「専決処分の承認について」から日程第12議案第94号「包括外部監査契約の締結について」まで、計12件を一括議題といたします。
 総務企画常任委員長の報告を求めます。18番嶋田肇議員。
  〔議員嶋田肇君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(嶋田肇君) おはようございます。(「おはようございます」と呼ぶ者あり)ただいまから総務企画常任委員会の審査の経過と結果について報告いたします。
 本委員会は3月11日に開催し、本会議において付託されました議案12件について審査いたしました。
 初めに、議案第6号「専決処分の承認について」及び議案第7号「専決処分の承認について」は内容に関連があることから一括議題として審査いたしましたが、両案については、いずれも起立採決の結果、賛成多数をもって承認すべきものと決しました。
 次に、議案第72号「青森市の債権の管理に関する条例の制定について」でありますが、本案については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第74号「青森市地方独立行政法人に係る重要な財産を定める条例の制定について」でありますが、本案については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第75号「公立大学法人青森公立大学の設立に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について」でありますが、本案については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第77号「一般職の任期付研究員の採用等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」でありますが、本案については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第78号「青森市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でありますが、本案については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第79号「青森市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第80号「青森市財政調整積立金条例等の一部を改正する条例の制定について」、議案第81号「青森市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第89号「青森市消防団の設置及び定員等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」及び議案第94号「包括外部監査契約の締結について」の計5件についてでありますが、各案件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上が審査の経過と結果でありますが、審査の過程における主なる質疑応答は、お手元に配付いたしております委員長報告書のとおりであります。
 以上をもって本委員会の報告を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 ただいまの各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 2番舘田瑠美子議員、何号に御異議ありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(舘田瑠美子君) 議案第6号、議案第7号、議案第72号、議案第75号及び議案第78号の5件に異議があります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) まず、ただいまの委員長報告中、議案第6号について御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第6号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第6号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいまの委員長報告中、議案第7号についても御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第7号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第7号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいまの委員長報告中、議案第72号についても御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第72号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第72号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいまの委員長報告中、議案第75号についても御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第75号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第75号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいまの委員長報告中、議案第78号についても御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第78号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第78号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいま決定されました議案を除く各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については委員長報告のとおり決しました。
          ──────────────────────────
日程第13 議案第84号 青森農村センター条例の一部を改正する条例の制定について 〜
日程第14 議案第92号 公の施設の指定管理者の指定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第13議案第84号「青森市農村センター条例の一部を改正する条例の制定について」及び日程第14議案第92号「公の施設の指定管理者の指定について」の計2件を一括議題といたします。
 文教経済常任委員長の報告を求めます。10番木下靖議員。
  〔議員木下靖君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(木下靖君) ただいまから文教経済常任委員会の審査の経過と結果について報告いたします。
 本委員会は3月11日に開催し、本会議において付託されました議案2件について審査いたしました。
 議案第84号「青森市農村センター条例の一部を改正する条例の制定について」及び議案第92号「公の施設の指定管理者の指定について」の計2件についてでありますが、両案については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上が審査の経過と結果でありますが、審査の過程における主なる質疑応答は、お手元に配付いたしております委員長報告書のとおりであります。
 以上をもって本委員会の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 両案については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、両案については委員長報告のとおり決しました。
          ──────────────────────────
日程第15 議案第73号 青森市道路附属物自動車駐車場条例の制定について 〜
日程第19 議案第93号 公の施設の指定管理者の指定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第15議案第73号「青森市道路附属物自動車駐車場条例の制定について」から日程第19議案第93号「公の施設の指定管理者の指定について」まで、計5件を一括議題といたします。
 都市建設常任委員長の報告を求めます。16番小倉尚裕議員。
  〔議員小倉尚裕君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(小倉尚裕君) ただいまから都市建設常任委員会の審査の経過と結果について御報告いたします。
 本委員会は3月11日に開催し、本会議において付託されました議案5件について審査いたしました。
 議案第73号「青森市道路附属物自動車駐車場条例の制定について」、議案第85号「青森市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第86号「青森市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第88号「青森市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する等の条例の制定について」及び議案第93号「公の施設の指定管理者の指定について」の計5件についてでありますが、各案件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上が審査の経過と結果でありますが、審査の過程における主なる質疑応答は、お手元に配付しております委員長報告のとおりでございます。
 以上をもって本委員会の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については委員長報告のとおり決しました。
          ──────────────────────────
日程第20 議案第5号 専決処分の承認について 〜
日程第28 議案第96号 青森市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
日程第29 陳情第3号 介護保険料の引き上げをしないよう求める陳情

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第20議案第5号「専決処分の承認について」から日程第29陳情第3号「介護保険料の引き上げをしないよう求める陳情」まで、計10件を一括議題といたします。
 民生環境常任委員長の報告を求めます。2番舘田瑠美子議員。
  〔議員舘田瑠美子君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(舘田瑠美子君) ただいまから民生環境常任委員会の審査の経過と結果について報告いたします。
 本委員会は3月11日に開催し、本会議より付託されました議案9件及び陳情1件について審査いたしました。
 初めに、議案第5号「専決処分の承認について」でありますが、本案については全員異議なく承認すべきものと決しました。
 次に、議案第76号「青森市へき地保健福祉館条例を廃止する条例の制定について」でありますが、本案については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第82号「青森市児童福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でありますが、本案については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第83号「青森市ひとり親家庭等医療費助成条例及び青森市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第87号「青森市食品衛生法施行条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第90号「公の施設の指定管理者の指定について」、議案第91号「公の施設の指定管理者の指定について」及び議案第95号「青森市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について」の計5件についてでありますが、各案件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第96号「青森市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」及び陳情第3号「介護保険料の引き上げをしないよう求める陳情」については、内容に関連があることから一括議題として審査いたしましたが、陳情第3号が議案第96号に反対する旨の陳情であることから、採決はまず議案第96号について行ったところ、議案第96号については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決し、陳情第3号については、議案第96号の採決の結果をもって不採択とすべきものとみなしました。
 以上が審査の結果と経過でありますが、審査の過程における主なる質疑応答は、お手元に配付いたしております委員長報告書のとおりであります。
 以上をもって本委員会の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 ただいまの各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 1番村川みどり議員、何号に御異議ありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(村川みどり君) 議案第82号、議案第96号に異議があります。また、陳情第3号を不採択とすることに異議があります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) まず、ただいまの委員長報告中、議案第82号について御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議案第82号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第82号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいまの委員長報告中、議案第96号及び陳情第3号についても御異議がありますので、起立により採決いたしますが、陳情第3号は介護保険料の見直しで保険料の引き上げをしないことを求める陳情であり、議案第96号に反対する趣旨であることから、まず、議案第96号について採決いたします。
 議案第96号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第96号については委員長報告のとおり決しました。
 ただいま議案第96号が委員長報告のとおり決しましたので、陳情第3号については委員長報告のとおり不採択と決しましたものとみなします。
 次に、ただいま決定されました案件を除く各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については委員長報告のとおり決しました。
          ──────────────────────────
日程第30 議案第3号 専決処分の承認について(平成20年度青森市一般会計補正予算(第7号)) 〜
日程第95 議案第71号 平成20年度青森市土橋財産区特別会計補正予算(第1号)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第30議案第3号「専決処分の承認について」から日程第95議案第71号「平成20年度青森市土橋財産区特別会計補正予算」まで、計66件を一括議題といたします。
 予算特別委員長の報告を求めます。29番舘山善一議員。
  〔議員舘山善一君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯29番(舘山善一君) ただいまから予算特別委員会の審査の経過と結果について報告いたします。
 まず、3月11日、本会議終了後に開催された予算特別委員会の組織会において委員長及び副委員長の互選が行われたところ、私が委員長に、副委員長に渡部伸広委員が選ばれましたので、報告いたします。
 次に、本委員会は3月13日及び3月16日並びに3月17日に開催し、本会議より付託された議案第3号「専決処分の承認について」、議案第4号「専決処分の承認について」及び議案第8号「平成21年度青森市一般会計予算」から議案第71号「平成20年度青森市土橋財産区特別会計補正予算」までの計66件について一括議題として審査いたしました。
 また、採決については、初めに、議案第3号「専決処分の承認について」及び議案第4号「専決処分の承認について」の計2件を、次に、議案第60号「平成20年度青森市一般会計補正予算」から議案第71号「平成20年度青森市土橋財産区特別会計補正予算」までの計12件を、最後に議案第8号「平成21年度青森市一般会計予算」から議案第59号「平成21年度青森市大字野尻財産区特別会計予算」までの計52件をそれぞれ一括して諮ったところ、まず議案第3号及び議案第4号の計2件については起立採決の結果、賛成多数をもって承認すべきものと決しました。
 次に、議案第60号から議案第71号までの計12件のうち、議案第60号、議案第61号及び議案第67号から議案第70号までの計6件については、一括による起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決し、以上を除く各議案については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第8号から議案第59号までの計52件のうち、議案第8号については、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決し、議案第9号、議案第10号、議案第17号、議案第19号及び議案第21号から議案第23号までの計7件については、一括による起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決し、以上を除く各議案については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上が審査の経過と結果でありますが、審査の過程における主なる質疑応答は、お手元に配付いたしております委員長報告書のとおりであります。
 以上をもって本委員会の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 11番藤原浩平議員。
  〔議員藤原浩平君登壇〕(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(藤原浩平君) 日本共産党の藤原浩平です。
 ただいまの予算特別委員長報告中、議案第3号、議案第4号、議案第8号から議案第10号まで、議案第17号、議案第19号、議案第21号から議案第23号まで、議案第60号、議案第61号及び議案第67号から議案第70号までの計16件に反対し、討論を行います。
 3月18日付東奥日報によると、4月の青森市長選挙への立候補を表明している現職の佐々木誠造氏が17日県議会を訪れ、自民党会派などの控え室を回って支援を要請した。自民党議員総会で佐々木氏は、まちづくりへの思いを述べた後、対抗馬となる鹿内博県議を支援する共産党のチラシを広げ「(新幹線開業など)この大事な時期にかつてのような革新市政に戻してはならない」と強調した。中略、取材に対し佐々木氏は「県議会各会派にあいさつするのは初めて。鹿内さんが(選挙で)上がれば共産党が与党になるだろうが、それでよいのかという危機感を共有すべきと考えた」と語った。以下略。この日は、青森市議会予算特別委員会が開催中でした。委員会から求められればいつでも出席できるように待機しているはずの市長が、選挙のお願いに行っていたというのは重大問題です。しかも、共産党のチラシを持ち出して反共姿勢を訴えるというのは、許しがたいものであります。
 私たち日本共産党の立場は、チラシに書いてあるとおり自主的な支援であります。鹿内氏は、政党、団体への推薦依頼をしない、政策協定は結ばないとしていることから、党は独自に鹿内氏の支援を決めたものです。鹿内市長が誕生しても、政策協定を結んでいないことから、是々非々の立場で臨むものであります。共産党が与党になってよいのかと反共主義を振りかざし、危機感をあおるのは、政策論争を避ける卑怯なやり方と言わなければなりません。20年続いた佐々木市政の中で、相次ぐ不祥事や取り巻き政治に市民はうんざりしています。私たち日本共産党は、市政を変えたいと願う多くの人たちと手をつなぎ、全力で闘うものであります。
 浪岡で、市議会議員の関係する業者が、アパートの建築工事の際、水道メーターを取りつけないで水道をつなぎ、使用させていたことがわかりました。4戸入居のこのアパートのほかにも同様の例があることも確認されました。アパートの入居者が、水道料金の請求がないことを疑問に思い、問題が明らかになりました。市では、この事実を知りながら、業者に水道料金の負担をさせることで問題をうやむやにしようとしていたことも確認されました。直ちに事実関係を明らかにし、業者に対し厳正な対応を求めるものであります。
 市がJR東日本と共同で青森駅を建て直し、その中に市の窓口業務を移転させる計画が2月19日の報道で明らかになりました。直後の都市建設常任委員会協議会でこのことが質問されましたが、都市整備部長は具体的なことは承知していませんでした。庁議へも議会に対しても一切報告されず突然表面化したこの問題は、会派を問わず、議会を大きく揺るがしました。山田理事は、可能性の調査であり、その中で課題を整理する、全体像はその中で検討する、現段階で市役所全体の移転を考えているわけではないなどと答弁し、構想全体を明らかにしませんでした。しかし、記者会見で市長は、市庁舎の老朽化を挙げ、実現しなければ意味がないと庁舎全体の移転を示唆しています。総事業費はどうなるのか、着工はいつなのか、現市役所が移転した場合の新たな空洞化や跡地利用などがどうなるのかなどを含めて、全体像を明らかにして、市民が是非を判断できるようにするべきです。
 アウガの再建は大丈夫なのか、市民の多額の税金が投入されているだけに、市民の知りたいところですが、2月末の決算について一切明らかにしませんでした。全国的にも、周辺でも百貨店の売り上げが前年同時期比大幅に落ち込んでいることから見ても、売り上げ目標の30億円達成は非常に厳しいものと予想されます。現に、山田理事は特別委員会で、目標達成は難しいことをにおわせています。株主総会まで一切明らかにしないというのは納得できません。昨年中大きな問題になり、多額の税金をつぎ込んだ経営再建が可能なのか、その見通しについて直ちに市民に説明する義務があるのではないでしょうか。
 アンテナ職員制度を設けることが提案されました。市内の各地域やさまざまな団体等へ出向き、市民の生の声を受けとめ、市民の声を迂回することなく直接市民に届けるシステムを構築するものとしています。市長直属の情報収集職員をつくるこの制度は、選挙を前にして、市長が直接市民の声を聞くという姿勢をアピールしようとしたものでしょうか。しかし、この提案は、これまで続けてきた市長と語る会や公聴業務を否定するものにつながります。市長と語る会では生の声が出てこないということでしょうか。それなら、やり方に問題があるのです。市民の声を聞く公聴活動を強化するためなら、公聴部門に人を配置すれば済むことなのに、迂回することなくというのは、迂回された側の意欲をそぐことにもなります。市長直属の情報収集はいわゆる目安上げにつながる危険があり、この提案は撤回すべきです。
 国民健康保険税の滞納を理由に保険証を取り上げ、窓口で医療費全額を払わなければならない資格証明書はやめるべきです。高い国保税や医療費が払えず、受診がおくれ、死亡に至った人が昨年31人にも上ったという全日本民主医療機関連合会の調査結果は深刻な実態をあらわしています。資格証明書の発行が収納率向上につながるのか、その効果を疑問視して発行をやめた自治体もあります。青森市の場合は、資格証明書の発行は少なくなったとして、これまで同様保険証の返還を求めるとしていますが、収納率は87%台で推移し、資格証明書発行の効果はないことが明らかになっています。金がないから病院に行かない、行けないという受診抑制を拡大する資格証明書の発行は、命とお金を不条理のてんびんにかけるもので、絶対に認められません。
 派遣切り、雇いどめなどで寮等を追い出され、住所不定になった労働者は、手持ちのお金がなくなれば生きていくことの瀬戸際に立たされます。最後の救いが生活保護です。我が党の舘田瑠美子議員が、住所がなければ生活保護を受け付けないという対応を改めるよう求めたのに対して、市は、住所がないことが保護の要件に欠けるものではないと答えました。一定の前進と評価するものです。住所を定めてから申請をしろという対応がこれまで当然のように行われてきました。お金がなければアパートなどを借りることができません。受付窓口で無理難題を押しつけて、申請を拒否してきたことになります。これは、生活保護法や最近の厚生労働省の見解とも異なるものです。
 この間、続けざまに我が党に住所も所持金もない方の相談がありました。市の対応は1例ごとに改善され、迅速な解決への道を開いてくれました。しかし、受付窓口では従来どおりの受付拒否が続いています。住所がない場合はもとより、相談と称して申請を受け付けない対応は許されません。根本的な改善を強く求めるものであります。
 3月20日付の朝日新聞は、05年青森市長選の直前、当時の青森市危機管理監伊丸岡正男氏が、妻名義で100万円佐々木誠造後援会に献金していたことを報じました。届け出書面には妻名義であったが、事務所に持参したのは伊丸岡氏本人だったとされています。1983年、昭和58年7月、工藤正市長の時代に、全国に例のない消防助役というポストがつくられ、そこに青森警察署長退職者が座るようになりました。私たちが必要のないポストだと何度も追及する中で廃止されましたが、そのかわり危機管理監というポストが2004年につくられ、伊丸岡氏が初代の監として就任、以後これも警察署長の指定席となっています。
 上司である市長の後援会に政治献金をする、本人が市長陣営の事務所に持参しながら妻名義としたから合法という説明は、疑惑を招くばかりで全く説得力がありません。100万円です。一個人が随分思い切ったものだなと思う人も少なくないでしょう。現行法的にはとがめられないとしても、部下である現職公務員側からの献金は、人事等への見返りを求めているものではないかと疑われるのは当然のことで、良識的には受け取るべきものではないと思います。このような政治姿勢が市民の不信感を増幅させていることを指摘しておきたいと思います。
 以上申し上げ、反対討論といたします。お聞きくださいましてありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 次に、15番里村誠悦議員。
  〔議員里村誠悦君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(里村誠悦君) 政風会の里村誠悦でございます。
 今回提案されました議案第3号及び議案第4号の「専決処分の承認について」並びに議案第8号「平成21年度青森市一般会計予算」を初めとする各会計、企業予算及び議案第60号「平成20年度青森市一般会計補正予算」を初めとする各会計、企業補正予算案について、賛成の立場からその所見を述べさせていただきます。
 我が国は、人口減少、少子・高齢化時代に加え、アメリカのサブプライムローン問題を発端とした世界同時不況が景気や雇用に大変深刻な影響を及ぼしており、全国の地方自治体におきましても、依然として増加を続ける社会保障費に加え、地方税収の大幅な落ち込みを見込まざるを得ない状況にあることなど国、地方が一丸となってこの大変深刻な状況を乗り切っていかなければならない環境下に置かれているものと認識しております。
 本市におきましても、現下の経済情勢では、財政運営基盤の根幹をなす市税収入の減収を余儀なくされていることや扶助費などの社会保障費の増嵩に加え、公共事業や財源確保のための市債発行による公債費負担の増加や財源調整機能を担う基金の減少などによる財政の硬直化が進むことが懸念され、今後の行財政運営に当たっては、将来世代に責任の持てる行財政基盤を確立すると同時に、少子・高齢化や地方分権の進展などの変化を踏まえ、施策の選択と重点化を行い高度化、多様化する市民ニーズに適切かつ迅速に対応することが必要であります。
 このような中、本市は、平成18年2月、新たなまちづくりの指針となる青森市総合計画「ネクスト Aomori 推進プラン」前期基本計画を策定し、同時に、このプランの実効性を確かなものとするため、定員管理計画、行財政改革プラン、財政プランの3プランをそれぞれ策定し、これらを着実に進めることにより持続可能な行財政運営基盤の確立を図り、将来都市像「恵み豊かな森と海 男・女が輝く 中核都市」の実現に向けて、各施策の推進に鋭意取り組んでいるところであります。
 その状況を見てみますと、行財政改革につきましては、平成19年度に引き続き、平成20年度におきましても計画を上回る成果を上げるものと見込まれており、全国的に大変厳しいと言われる地方を取り巻く財政環境の中、新たな雇用・経済対策を講じながら既存市民サービスの維持向上を図っており、このような行政みずから徹底して行政改革の取り組みに努めている姿勢を大変評価しているところであります。
 平成21年度は、これらのプランの計画期間が4年目を迎えるとともに、東北新幹線新青森駅開業の足音がもうそこまで聞こえており、本市が魅力ある北東北の中核都市として、次なる飛躍を遂げるための礎をしっかり築き上げるための重要な節目の年に当たるものと認識しております。
 今回提案の平成21年度当初予算案は、その基本的な考え方といたしまして、1つには、これまでに培ってきた貴重な成果を徹底的にまちづくりに活用していく外への変革と、市役所内を大胆に改革することで市民の皆様の役に立ち、愛され、親しまれる市役所をつくる内への変革の2つの方向性を持って果敢に取り組んでいくこととされております。一般会計の予算額としては、実質的な規模で対前年比1.1%増の約1081億円となっております。
 それでは、重点化施策について所見を申し上げますが、「ネクスト Aomori 推進プラン」前期基本計画の体系に沿って、重点化されている施策を中心に所見を述べさせていただきます。
 初めは、まちづくりビジョンの第1章「魅力ある都市空間に 人々が行き交うまち」についてであります。
 都市・交通分野ということになりますが、本市のまちづくりの基本方針は、都市が郊外部へ肥大化し、交通やインフラ投入等を含めた非効率的な町へと向かわないよう、持続可能な都市を築く上で、雪と市域の広さ、そして環境を意図して取り組むべきであるとの認識のもと、機能的で効率的な都市構造とするために、市域をインナー、ミッド及びアウターの3つに区分し、それぞれの特性に応じた整備を推進する、いわゆるコンパクトシティの形成をまちづくりの基本理念に掲げ、これまでの継続した取り組みによりさまざまな成果があらわれておりますが、平成21年度におきましては、これらをさらに確実なものとすべく積極的な事業展開を図ることとされております。
 具体的には、まず、間近に迫った新幹線開業に向けて、本市及び津軽地域の新しい玄関口となる新青森駅周辺地域において、新青森駅前公園が平成22年3月に完成予定、現青森駅周辺地域において青森駅前広場が平成22年3月に、また、ふるさとミュージアムゾーンの中核をなす文化観光交流施設は平成23年1月の完成を目指すとされており、同時に、西の玄関口である浪岡駅周辺地区についても、本年3月には農産物等を低温で熟成する画期的な施設である低温熟成施設が、平成22年2月には、浪岡に隣接した(仮称)地域交流センターがそれぞれ完成する見込みとされております。
 さらには、青森操車場跡地の有効利用を目指し、平成20年度の民間開発可能性調査の実施により、現在、環境分野において民間企業や大学等から関心を集める低炭素型モデルタウンの構想が示され、平成21年度はそれらを踏まえた利活用計画を策定し、官民挙げて進めようとすることとされており、このことは、長い間まちづくりの懸案であった都市のかなめともなる広大な土地の利用について、希望と可能性に満ちた将来が開けてきたものだと、今後の展開に大変期待しているものであります。
 また、このようなそれぞれ重要な都市基盤プロジェクトと連動させ、人と町を有機的につなぐ交通ネットワークと情報ネットワークの構築を図るため、今ある町を上手に使い、育てるという考え方のもと、交通系ICカードを利用した決済システムの導入に向けた検討や並行在来線への新駅設置の調査検討、また中心市街地再生支援事業として、民間主導による中心市街地の新たな魅力、にぎわいづくりのための再開発事業の活動支援などの取り組みや中心市街地の活性化と市民の取り組み、意欲をコーディネートする施策を実施することにより、本市の顔であります中心市街地が活性化することによって、本市全駅のさらなる発展につながるものと期待させる内容であるとともに、来るべき東北新幹線新青森駅開業への準備が着実に進行しているものと受けとめているものであります。
 次に、第2章「四季折々に水と緑と共生する 安全ですみよいまち」についてであります。環境・エネルギーの分野ということになります。
 この分野での本市の過去20年来の取り組みとしては、本市の宝である陸奥湾からの恵みを将来世代まで長く引き継ぐことを大命題として、最も重点的かつ集中的に取り組んでいる事業として公共下水事業がありますが、この取り組みが確実な成果を上げており、平成元年では40%以下でありました公共下水道普及率が現在70%とおよそ2倍の都市基盤の整備がなされているところであります。しかしながら、現在私たちは市長が述べているところの地球市民の一員として、さらなる自然環境との共生が求められており、本市といたしましても、持続可能な循環型社会の実現を目指し、環境とエネルギーの分野に積極的な姿勢で立ち向かうことが必要であります。また、この取り組みは行政と市民が一丸となって取り組むべきであることは、過去、議会においても大いに取り上げられてきたところであります。
 このような中、本市の平成21年度においては、新エネルギーの率先導入、新エネルギーの導入支援、産学官の協働体制の構築、省エネ活動の推進、そしてごみの減量化・資源化の推進の5本の柱で取り組み方針を示しております。
 具体的な取り組みでは、一般の家庭などから排出される廃食用油をバイオディーゼル燃料に精製し、公用車両の燃料として試験的に活用することや、太陽光発電システムの設置に対して助成、環境分野における先進的な調査研究などを行う北日本新エネルギー研究センター等との強力な連携、商店街においての買い物や公共交通での運賃決済などに活用していくエコポイントを導入することなど、まさに地球市民としての地球環境問題に対する積極的な挑戦であり、将来に向かって青森市民の心がエコに根づく第一歩であると確信しているところであります。
 また、ごみの減量化・資源化の推進では、まちづくりワークショップによる市民協働での取り組みを活性化し、その中から、生ごみの減量化を目指した段ボールコンポストモニターや資源ごみの未回収団体に対する導入支援といった新たなモデル事業の実施、検証を行うなど、これまでの教訓を大いに生かした適切な取り組みへと進化させているものと考えているところであります。
 次に、第3章「恵み育む大地に 活力ある産業が躍動するまち」として、経済・産業分野についてであります。
 現在、我々が直面したことのない未曽有の経済不況が全世界を覆っておりますが、私といたしましても、市長の提案理由説明の中でも述べられたように、私たちは、この厳しい現実を直視し、しかし、困難な時期だからこそ本市が持っているさまざまな宝物を積極的に活用するなど、攻めの姿勢で取り組んでいく必要があると考えます。
 このように、平成21年度以降のこの分野の施策において、これまで培ってまいりました貴重な成果を活用し、地産多消による食料供給都市に向け、新たな取り組みに戦略的に挑戦すると同時に、本定例会に報告されている予算の専決処分のように緊急的な景気、雇用対策などのセーフティーネット的な場合には、迅速にかつ適切に対応するなどの臨機応変な対応はいち早く市民へ安心感を与えるものであり、私といたしましても非常に高く評価するものであります。
 この分野の具体的な内容でありますが、本市が誇る主力品目である米、リンゴに続く第3の品目を研究し、企業誘致のターゲット業種とする新エネルギー産業の誘致戦略とバイオ燃料作物などの作付品目等の研究、また建設業などの農業への新規参入の積極的な支援や専門窓口の新設、農家での実践的な農業研修、さらには地場産品利用店の拡大支援や地場産品の給食導入による子どもたちへの食育、加えて首都圏バイヤー等とのマッチング支援やカシス、ナマコの新商品開発と、それに次ぐ素材の発掘を進めていくことで、新たな農林水産加工品の開発など本市の現状を見きわめた今必要とされる挑戦であり、その成果を心から期待するものであります。
 また、外部力を取り込むための企業誘致を抜本的に見直し、ターゲットを絞り込んだ独自の戦略に立った企業誘致を展開することとして、本市に進出しようとする新エネルギー産業及び農工連携関連産業について、企業の需要に応じ、これまでの枠組みにこだわらないオーダーメード型の柔軟な支援を行うこととしており、このことは本市の企業誘致方針の大きな変革であり、積極的な企業誘致の実施について将来的な期待の持てることであります。
 私といたしましても、是が非でも今後の大きな成果へとつながるよう、できる限りの努力を要望するものであります。
 次に、第4章「心ふれあい 笑顔と元気がみなぎるまち」として、地域・福祉分野についてであります。
 このうち、まず子育て、子育ち支援として、安心して産み育てられる環境づくりであります。
 本市においては、平成20年度より乳幼児医療費助成の大幅な拡充や放課後児童会、放課後子ども教室での子どもの居場所づくりなど、他の中核市と比較しても重点的な予算配分を行い、非常に先進的な取り組みを行っており、市民にとって安心して産み育てることができる環境が着実に整備されているものと認識しております。
 平成21年度においては、これらの制度を継続的に実施した上で、妊婦健康診査の無料健診回数の拡充や小学校入学時における保護者負担の軽減、ファミリー・サポート・センターの新設、子育て相談体制の強化など子育て、子育ちを直接的に支援するなどのほか、本定例会初日に議決されております平成20年度補正予算により子育て、子育ちのための施設の充実など間接的な支援を含め、まことに充実した施設が展開されており子育て、子育ち支援が実に温かく展開されているものと、心温まる思いで期待しております。
 また、医療、福祉の人材確保としての市内医療機関への看護職員の定着化支援の介護従事者の確保対策などは、まさにこれからの少子・高齢化社会を見据えた時宜を得た施策であるものと、今後確実にその効果が得られるものと期待しております。さらに、今後の高齢化社会の進展に備え、地域での拠点づくりとしてこころの縁側づくりの施策に取り組むことは、高齢者が住みなれた地域で生きがいを持って暮らしていくことに大きく寄与できるものと期待しております。
 次に、第5章「未来をひらく 豊かな人を育むまち」として、教育・文化分野についてでありますが、何よりも子どもたちの安全確保に最善を尽くしており、平成23年度までに小・中学校の耐震診断及び耐震化をすべて終わるべく、最短のスケジュールで事業の計画がなされておりますことは、非常に心強いものであると認識するともに、新たに小学5年、6年生の外国語活動の支援を実施するなど、本市の特色ある教育のための環境づくりに意を用いた施策であると認識しております。
 また、文化、芸術の分野におきましても、新幹線開業を見据え、市民活動への助成対象枠の拡大やあおもり国際版画トリエンナーレ2010の開催準備など、市民が芸術、文化に親しみ、製作や鑑賞する機会の充実が継続して図られているものと考えております。
 次に、市役所改革についてであります。
 本市では、平成18年度から平成22年度までの5年間で、約305億円の財政的効果額を生み出す行財政改革プラン・プログラムに取り組んでおりますが、現在平成21年度の計画と比べ、約7億7000万円上回る効果を上げており、また、平成21年度は、これに加えさらなる民間活力の活用に積極的に取り組む観点から、本市独自の市場化テストを行うとされているほか、従来の市民課窓口の延長サービスに加え、平成21年4月1日から税関連の窓口や福祉関連の窓口等、市民生活にかかわるサービス部門について、平日午後6時まで開設時間を延長するなど、効果的な施策展開であると考えております。
 さらには、これまでのさまざまな不祥事を教訓とした新たな対策として、職員一人一人の意識改革や資質向上を支援し、あわせて不祥事を抑止することに意を用いた職員支援室を新設することや、分野ごとに8人のコンシェルジェ、いわゆる水先案内人を指名し、来庁者に対するきめ細やかな支援を提供することと、市長直属のアンテナ職員の配置などの試みは、市民から信頼回復を得ようとする、また、市民の心をもっと感じようとする行政の取り組みとして評価できるものと考えており、今後の成果に大いに期待するものであります。
 また、このほかに人材育成体制の強化や職員研修の充実、新たな人事評価制度の施行など職員そのものの改革にも積極的に取り組まれており、市役所本体の抜本的な改革を図ろうとする不退転の決意を感じる内容であり、この職員の改革が見事な成果を発揮し、市民に信頼される市民本意の開かれた青森市役所となることを望むものでございます。
 冒頭でも申し上げましたが、本市の行財政環境といたしましては、歳入面では、行財政運営の根幹をなす市税収入が大幅な減額が見込まれており、さらには地方交付税を初めとした一般財源総額についても、依然として平成16年度からの国の三位一体改革により大幅削減を受けた厳しい状況が継続しており、今後も今以上の増額が期待できない状態であると容易に想像できるものであります。
 一方、歳出面では、義務的経費である扶助費が決算ベースでは依然として増加し続けております。また、高齢者人口の増加が継続する中、平成20年度から開始された後期高齢者医療制度への確実な対応及び増加する介護保険事業への給付への負担や、あと2年足らずとなった東北新幹線新青森駅開業対策や少子化対策、さらには新清掃工場建設などの行財政需要が確実に見込まれているところであります。
 このように、依然として厳しい財政環境の中、今後確実に見込まれる行政需要に対して対応していくためには、これまでのような市の行政のみによる右肩上がりのサービスの拡大、提供はもちろんのこと、これまでのサービス水準を維持していくことでさえ大変困難な状況が想定され、厳しい自治体経営が余儀なくされているものと認識しております。
 このような中、本議会に提案されております諸予算案につきましては、本市と市民の未来を真剣に考え、他都市に先駆け抜本的な行財政改革に取り組み、さらには職員を目標以上に削減するなど確実な成果を得ることによって、自治体経営に必要な財源確保に特段の意を用いながら、本市に住まう市民がこれまでの取り組みを確かに実感できるよう、めり張りのある予算案を編成されているものであり、大いに評価するものであります。
 本議案の佐々木市長からの本案件の提案理由説明から引用させていただきます。佐々木市長は、これまでの長い歴史の中で、多くの市民の皆様によって培われてまいりましたたくさんの貴重な宝物を、新幹線がやってくる今だからこそ、生かし、使い、育てていくことが肝要であると考えます。これまでの成果を確かな実感へ、この町が持つあまたの宝物を、これから十二分に活用し、それをすべての市民が確かな実感として受けとめるときが来たのでありますと説明されております。
 私といたしましても、このことをしっかり受けとめながら、今生きる、そして次の時代を生きる世代にとっても、夢と希望が無限に広がり、「いつまでも 喜んで暮らしていける うれしいまち」と市民の皆様が確かに実感できるよう、刻々と変化するさまざまな環境や市民の心を的確に反映し、市民と一層の協働のもと、市総合計画前期基本計画の着実な推進を願うとともに、本市自治体経営のさらなるステップアップに向けた取り組みを期待しております。
 最後になりますが、地方が、そして本市が置かれている行財政環境の中、持続発展可能なまちづくりを進めるためには、健全財政の維持、確保のため現在取り組んでいる行財政改革を継続するとともに、本予算案のように新たな施策に積極的に挑戦する変革の精神を継続していかなければなりません。今後、市長及び理事者の皆様のなお一層の御尽力をお願い申し上げて、賛成討論といたします。
 議員各位の理解と御賛同を賜りますようお願い申し上げる次第であります。御清聴まことにありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 まず、議案第8号については反対討論がありますので、起立により採決いたします。
 議案第8号については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、議案第8号については委員長報告のとおり決しました。
 次に、議案第3号、議案第4号、議案第9号、議案第10号、議案第17号、議案第19号、議案第21号から議案第23号まで、議案第60号、議案第61号及び議案第67号から議案第70号までの計15件については反対討論がありますので、起立により一括採決いたします。
 議案第3号、議案第4号、議案第9号、議案第10号、議案第17号、議案第19号、議案第21号から議案第23号まで、議案第60号、議案第61号及び議案第67号から議案第70号までの計15件については、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、各案件については委員長報告のとおり決しました。
 次に、ただいま決定されました案件を除く各案件については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については委員長報告のとおり決しました。
          ──────────────────────────
日程第96 新幹線対策について 〜
日程第99 議会広報について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第96「新幹線対策について」から日程第99「議会広報について」まで、計4件を一括議題といたします。
 各案件については、各特別委員長から会議規則第104条の規定により、お手元に配付しております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第100 議案第97号 教育委員会委員の任命について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第100議案第97号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。佐々木市長。
  〔市長佐々木誠造君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(佐々木誠造君) 議案第97号について御説明申し上げます。
 平成17年第2回臨時会において御同意をいただき、任命いたしました教育委員会委員鎌田愼也氏は、来る5月19日をもって任期が満了となります。そこで、この後任について慎重に検討した結果、同氏が適任と認められますので、再任いたしたいと存じます。
 何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、同氏の経歴についてはお手元に配付いたしたとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第97号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論については通告がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第97号については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第101 議案第98号 教育委員会委員の任命について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第101議案第98号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。佐々木市長。
  〔市長佐々木誠造君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(佐々木誠造君) 議案第98号について御説明申し上げます。
 平成17年第2回臨時会において御同意をいただき、任命いたしました教育委員会委員角田詮二郎氏は、来る5月19日をもって任期が満了となります。そこで、この後任について慎重に検討した結果、同氏が適任と認められますので、再任いたしたいと存じます。
 何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、同氏の経歴についてはお手元に配付いたしたとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第98号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論については通告がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第98号については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第102 議案第99号 監査委員の選任について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第102議案第99号「監査委員の選任について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。佐々木市長。
  〔市長佐々木誠造君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(佐々木誠造君) 議案第99号について御説明申し上げます。
 平成17年第2回臨時会において御同意をいただき、選任いたしました監査委員熊谷文夫氏は、来る5月18日をもって任期が満了となります。そこで、この後任について慎重に検討した結果、柿崎俊雄氏が適任と認められますので、選任いたしたいと存じます。
 何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、同氏の経歴についてはお手元に配付いたしたとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第99号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論については通告がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第99号については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第103 議案第100号 財産区管理委員の選任について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第103議案第100号「財産区管理委員の選任について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。佐々木市長。
  〔市長佐々木誠造君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(佐々木誠造君) 議案第100号について御説明申し上げます。
 平成18年第2回定例会において御同意をいただき、選任いたしました八重菊第一財産区管理委員千葉政榮氏は、去る平成20年12月1日をもって辞任いたしました。そこで、この後任について慎重に検討した結果、千葉進氏が適任と認められますので、選任いたしたいと存じます。
 また、平成19年第2回定例会において御同意をいただき、選任いたしました大別内財産区管理委員神英男氏は、去る平成20年11月4日死去されました。そこで、この後任について慎重に検討した結果、西田一氏が適任と認められますので、選任いたしたいと存じます。
 また、平成17年第1回青森市議会定例会において御同意をいただき、選任いたしました安田財産区管理委員風晴保治氏、深沢第一財産区管理委員野澤金榮氏、土橋財産区管理委員稲田雅道氏、大別内財産区管理委員西田孝一氏、幸畑財産区管理委員小泉才助氏、佐々木光大氏、佐々木良雄氏、相坂敬一氏は、去る3月17日または3月21日をもって任期が満了となりました。そこで、この後任について慎重に検討した結果、安田財産区管理委員風晴保治氏の後任には須藤健吾氏が適任と認められますので、選任することとし、その他の方々については再任いたしたいと存じます。
 何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、これらの方々の経歴についてはお手元に配付いたしたとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第100号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論については通告がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第100号については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第104 議案第101号 人権擁護委員候補者の推薦について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第104議案第101号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。佐々木市長。
  〔市長佐々木誠造君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(佐々木誠造君) 議案第101号について御説明申し上げます。
 平成18年第1回定例会において御同意をいただき、推薦いたしました人権擁護委員中村鐵也氏、田中洋子氏、中村有子氏、落合武治氏は、来る6月30日をもって任期が満了となります。そこで、この後任について慎重に検討した結果、落合武治氏の後任には今光弘氏が適任と認められますので、推薦することとし、その他の方々については再任とし、それぞれ推薦いたしたいと存じます。
 何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、これらの方々の経歴についてはお手元に配付いたしたとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御質疑ないものと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第101号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論については通告がありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第101号については、これに同意することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。
          ──────────────────────────
日程第105 農業委員会委員の推薦

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第105「農業委員会委員の推薦」を議題といたします。
 本件については、選挙による農業委員が平成21年3月31日付で任期満了となり、議会推薦による農業委員についても同日付で任期満了となるため、あらかじめ推薦するものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 推薦方法については、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、推薦の方法は指名推選によるものと決しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 指名方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 まず、15番里村誠悦議員を指名いたしたいと思います。よって、地方自治法第117条の規定により、15番里村誠悦議員の退席を求めます。
  〔議員里村誠悦君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 農業委員に15番里村誠悦議員を指名いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました15番里村誠悦議員を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、農業委員に推薦することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名いたしました15番里村誠悦議員を農業委員に推薦することに決しました。
 15番里村誠悦議員の入場を求めます。
  〔議員里村誠悦君入場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 次に、23番三上武志議員を指名いたしたいと思います。よって、地方自治法第117条の規定により、23番三上武志議員の退席を求めます。
  〔議員三上武志君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 農業委員に23番三上武志議員を指名いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました23番三上武志議員を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、農業委員に推薦することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名いたしました23番三上武志議員を農業委員に推薦することに決しました。
 23番三上武志議員の入場を求めます。
  〔議員三上武志君入場〕
 次に、28番佐藤良隆議員を指名いたしたいと思います。よって、地方自治法第117条の規定により、28番佐藤良隆議員の退席を求めます。
  〔議員佐藤良隆君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 農業委員に28番佐藤良隆議員を指名いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました28番佐藤良隆議員を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、農業委員に推薦することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名いたしました28番佐藤良隆議員を農業委員に推薦することに決しました。
 28番佐藤良隆議員の入場を求めます。
  〔議員佐藤良隆君入場〕
 次に、30番小笠原正勝議員を指名いたしたいと思います。よって、地方自治法第117条の規定により、30番小笠原正勝議員の退席を求めます。
  〔議員小笠原正勝君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 農業委員に30番小笠原正勝議員を指名いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました30番小笠原正勝議員を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、農業委員に推薦することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名いたしました30番小笠原正勝議員を農業委員に推薦することに決しました。
 30番小笠原正勝議員の入場を求めます。
  〔議員小笠原正勝君入場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) この際、暫時休憩いたします。
  午前11時28分休憩
          ──────────────────────────
  午後1時開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
          ──────────────────────────
日程第106 議員提出議案第1号 青森市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について 〜
日程第109 議員提出議案第4号 今後の保育制度の検討に係る意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第106議員提出議案第1号「青森市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について」から日程第109議員提出議案第4号「今後の保育制度の検討に係る意見書」まで、計4件を一括議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議員提出議案第1号から議員提出議案第4号まで、計4件については、提案理由の説明及び委員会付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については提案理由の説明及び委員会の付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 議員提出議案第1号から議員提出議案第4号までの計4件については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、各案件については原案のとおり可決されました。
          ──────────────────────────
日程第110 議員提出議案第5号 青森市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の
                制定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第110議員提出議案第5号「青森市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議員提出議案第5号については、提案理由の説明及び委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、提案理由の説明及び委員会の付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、発言を許します。
 3番奈良岡隆議員。
  〔議員奈良岡隆君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(奈良岡隆君) 3番、無所属奈良岡隆です。
 議員提出議案第5号、青森市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例案に反対の立場から討論します。
 反対の大きな理由は2つです。1つには、領収書は写しでいいとされていること、そして、2つには会計帳簿などの独自の公開制度がないことです。私は、政務調査費の必要性は否定しません。むしろその役割を積極的に評価しています。なぜならば、地方分権の推進が図られる中、地方議会は執行機関に対する監視機能や政策立案機能をより高めることが求められています。政務調査費制度は、二元代表制のもと、地方自治を支える大変重要な制度だと考えているからです。また、今回の条例案については、奥谷議長のもと各会派の代表、経理責任者が11回に及ぶ真摯な議論の上にまとめ上げた結果であり、その努力に対し敬意を払うものです。
 しかし、残念ながら反対せざるを得ません。それは、今回の条例案が画竜点睛を欠いているからです。最も大切な部分が抜け落ちているからです。なぜこれまでの条例を改正するのか、提案理由には「政務調査費の透明性の向上を図るため」と書かれていますが、透明性の向上を図るために最も重要な帳簿及び証拠書類の公開規定が盛り込まれていません。これは、情報公開という時代の流れに逆行するものです。政務調査費の必要性と公正な支出を市民に理解してもらうためにも、提出した会計帳簿及び証拠書類は、市民がだれでも自由に閲覧できる制度とすべきです。独自の公開制度について、今後の検討課題とするとしていますが、これでは到底市民の理解が得られるとは思いません。
 もう1つは、今回の条例案が議員の立場から作成されたものであり、市民の目線に立っていないと感ずるからです。議員の立場から言えば、確かに領収書をもらえないケースがあります。また、領収書まで公開することで議員活動が制約されることもあります。しかし、市民の立場から言えば、領収書のないものは市民の税金である調査費として使うべきではないと思っているはずです。公正な支出であることを理解してもらうためにも、1円からの領収書、あて名と品名等が書かれた領収書の添付は絶対必要と考えます。また、領収書はコピー添付としていることに疑問を持ちます。二重支出などの誤りを防ぐ意味からも、領収書は原本とすべきです。
 宮城県議会では、この4月から支出基準を明確に定めた上で、政務調査費は実費後払い精算とすることとしています。もちろん、領収書の添付は義務づけられています。これならば、報酬の二重取りと見られることもないはずです。
 私は、今回の改正案は一歩前進であるとは思いますが、なお市民が望む水準にまで届いていないと感じます。政務調査費に対し、要らぬ誤解を生むことがないようにするためにも、また、その必要性を市民に十分理解してもらうためにも、今回の改正案は不十分と考えます。
 以上、私の考えを申し述べ、反対討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議員提出議案第5号については、反対討論がありますので、起立により採決いたします。
 議員提出議案第5号については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、本案は可決されました。
          ──────────────────────────
日程第111 議員提出議案第6号 地方自治法第180条第1項の規定による市長の専決処分事項の指定に
                ついての一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第111議員提出議案第6号「地方自治法第180条第1項の規定による市長の専決処分事項の指定についての一部改正について」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議員提出議案第6号については、提案理由の説明及び委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、提案理由の説明及び委員会の付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御質疑ないものと認めます。
 討論については通告がありませんでした。
 これより採決いたします。
 議員提出議案第6号については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議員提出議案第6号については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立多数であります。よって、本案は可決されました。
          ──────────────────────────
日程第112 議員提出議案第7号 現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅
                増額を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 日程第112議員提出議案第7号「現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議員提出議案第7号については、提案理由の説明及び委員会の付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議なしと認めます。よって、提案理由の説明及び委員会の付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。
 御質疑ありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 質疑ないものと認めます。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、発言を許します。
 1番村川みどり議員。
  〔議員村川みどり君登壇〕(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(村川みどり君) 日本共産党の村川みどりです。
 議員提出議案第7号「現行保育制度の堅持・拡充と保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書」に賛成の立場から討論を行います。
 厚生労働省の審議会は、2月24日に新たな保育の仕組みを導入する第1次報告を決定しました。2010年度か11年度の通常国会に児童福祉法改悪案を提出し、2013年度から新制度を実施する構えです。この新たな保育の仕組みの最大の特徴は、現行制度が義務づけている市町村の保育実施責任をなくし、利用者と保育所が直接契約を結ぶように変えることです。厚生労働省は、新制度で保育所に入りやすくなるかのように説明していますが、制度が変わっても保育所にあきがなければ入れないのは同じです。変わるのは、入れないのが市町村の責任ではなく親の責任になることです。さらに、親の勤務時間などに応じて保育の上限量があらかじめ決められます。これは、介護保険がモデルになっており、要介護度の認定によって受けられるサービス量が制限される仕組みと同じものです。保育の現場にこのような応益負担が導入されれば、親の経済力の差によって赤ちゃんまでが不平等に扱われ、介護難民同様保育難民が生まれかねません。
 さらに、新制度は待機児童解消を口実にしていますが、真のねらいは企業参入の促進です。企業は利潤が目的ですから、非正規職員をふやしてコストを下げ、保育の質を犠牲に、もうけを上げられるようにする仕組みです。もうからないから撤退となれば、犠牲になるのは子どもたちです。希望する保育所に入れるようにしてほしい、安心して預けられる保育所をふやしてほしい、これが子育て世代の誠実な願いであることは論をまちません。この願いに迅速にこたえる最良の道は、現行制度のもとで抜本的に保育予算をふやすことです。
 以上、御賛同を呼びかけ、賛成討論といたします。ありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議員提出議案第7号については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 議員提出議案第7号については、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(奥谷進君) 起立少数であります。よって、本案は否決されました。
 この際、私から申し上げます。
 このたび、私の諸般の事情により、議長を辞職いたしたいと思います。許可されるようお取り計らいをお願いいたします。
 なお、本件につきましては、私一身上にもかかわる事件でありますので、副議長と交代いたします。
  〔議長奥谷進君退場、副議長中川勅使男君議長席に着く〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) ただいま奥谷進議長から議長を辞職したい旨の申し出がありました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) お諮りいたします。
 この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 御異議なしと認めます。よって、議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。
          ──────────────────────────
日程追加 議長の辞職許可

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 「議長の辞職の件」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) お諮りいたします。
 奥谷進議長からの申し出のとおり、議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 御異議なしと認めます。よって、奥谷進議長からの申し出のとおり、議長の辞職を許可することに決しました。
  〔議員奥谷進君入場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) ただいま議長が欠員となりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) お諮りいたします。
 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 御異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
          ──────────────────────────
日程追加 議長の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 選挙の方法は投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) ただいまの出席議員は40人であります。
 投票用紙を配付させます。
  〔投票用紙を配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 配付漏れなしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 投票箱を改めさせます。
  〔投票箱を点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 異状なしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
  〔点呼〕
  〔各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に25番花田明仁議員及び39番大矢保議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。
  〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数40票。
 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票40票、無効投票ゼロ票。
 有効投票中、渋谷勲議員35票、藤原浩平議員5票。
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は10票であります。よって、35番渋谷勲議員が議長に当選されました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) ただいま議長に当選されました35番渋谷勲議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) この際、議長に当選されました渋谷勲議員の当選承諾のあいさつをお願いいたします。
 登壇願います。
  〔議長渋谷勲君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 議長就任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま議員各位の御推挙をいただき、議長の要職につかせていただきました。もとより浅学非才の身でありますが、身に余る光栄に存じております。同時に、県都の議会の議長として、また、中核市の議会の議長としての重責に、まことにもって身の引き締まる思いがいたしておるところでございます。今後におきましても、議員各位の御協力と御指導を仰ぎながら、円滑な議会運営に努めてまいる決意でございます。
 さて、昨今の少子・高齢化、国際化、高度情報化の進展や地球規模での環境問題の顕在化により、社会経済が大きく変革を遂げており、こうした時代の変貌に相まって、住民ニーズも多様化してきておりますが、多岐にわたる社会的要請に的確に対応していくためには、いま1度原点に立ち返り、住民の代表機関である地方議会として、地域における民意を適時適切に汲み上げ、自治体の意思決定をする前提としての政策形成機能と執行機関に対する監視機能をより充実強化していくことが不可欠であります。そのためにも、身命を賭して市民の付託にこたえるべき議長として全力を傾注してまいることを私の決意表明といたします。
 先輩議員、同僚議員の皆様、さらには市長を初めとする理事者の皆様、また報道関係の皆様方には、なお一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、議長就任のごあいさつといたします。まことにありがとうございます。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(中川勅使男君) 渋谷議長、議長席にお着き願います。
  〔副議長中川勅使男君退席、議長渋谷勲君議長席に着く〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) この際、暫時休憩いたします。
  午後1時40分休憩
          ──────────────────────────
  午後2時開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 先ほど中川勅使男副議長から副議長を辞職したい旨の申し出がありました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。
          ──────────────────────────
日程追加 副議長の辞職許可

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 「副議長の辞職の件」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 中川勅使男副議長からの申し出のとおり、副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、中川勅使男副議長からの申し出のとおり、副議長の辞職を許可することに決しました。
  〔議員中川勅使男君入場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) ただいま副議長が欠員となりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
          ──────────────────────────
日程追加 副議長の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 選挙の方法は投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) ただいまの出席議員は40人であります。
 投票用紙を配付させます。
  〔投票用紙を配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 配付漏れなしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票箱を改めさせます。
  〔投票箱を点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 異状なしと認めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
  〔点呼〕
  〔各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に25番花田明仁議員及び39番大矢保議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。
  〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数40票。
 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票37票、無効投票3票。
 有効投票中、舘山善一議員30票、大沢研議員5票、大坂昭議員2票。
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は10票であります。よって、29番舘山善一議員が副議長に当選されました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) ただいま副議長に当選されました29番舘山善一議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) この際、副議長に当選されました舘山善一議員の当選承諾のあいさつをお願いいたします。
 登壇願います。
  〔副議長舘山善一君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(舘山善一君) ただいま皆様方の御推挙によりまして、青森市議会副議長の要職につかせていただくことになりました。まことに身に余る光栄であり、また、その責任の重さを深く痛感しているところであります。議長の御指導のもと、公平で円滑な議会運営に努め、開かれた市議会を目指し全力を尽くす所存であります。
 皆様方の絶大なる御支援、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、まことに簡単でございますが、就任のあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手)
          ──────────────────────────
日程第113 議員派遣について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 日程第113「議員派遣について」を議題といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) お諮りいたします。
 本件については、お手元に配付しておりますとおり、議員を派遣することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 御異議なしと認めます。よって、お手元に配付しておりますとおり、議員を派遣することに決しました。
          ──────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
          ──────────────────────────
 閉 会

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(渋谷勲君) これにて平成21年第1回青森市議会定例会を閉会いたします。
  午後2時23分閉会
          ──────────────────────────