議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 清水町

平成21年第2回定例会(第2日) 本文




2009.06.04 : 平成21年第2回定例会(第2日) 本文


                                午前09時00分開議
◯議長(久保田静輝君) おはようございます。
 ただいま出席している議員は16名であります。
 本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第1 議案第28号 住民票の写し等の交付に関する事務の事務委託に関する規約の変更に係る協議についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 質疑はないようですので、質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第28号は、総務建設委員会に付託することに決定いたしました。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第2 議案第29号 清水町地域交流センター条例についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) これにて質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、民生文教委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第29号は、民生文教委員会に付託することに決定いたしました。
 ここで、あらかじめお願い申し上げます。
 平成21年度の補正予算の審議については、議事促進のため、なるべく所管の委員会において質疑されますよう御協力願います。
 また、質疑及び答弁については、該当するページを指定して御発言願います。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第3 議案第30号 平成21年度清水町一般会計補正予算(第1回)についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 まず、歳入全般についての質疑を許します。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これにて歳入全般についての質疑を終わります。
 次に、歳出全般についての質疑を許します。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これにて歳出全般についての質疑を終わります。
 次に、歳入歳出全般を通して質疑を許します。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これで質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会及び民生文教委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第30号は、総務建設委員会及び民生文教委員会に付託することに決定いたしました。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第4 議案第31号 平成21年度左岸香貫徳倉幹線下水道工事第1工区の請負契約の締結についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これで質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第31号は、総務建設委員会に付託することに決定いたしました。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第5 議案第32号 平成20年度西小学校渡り廊下改修工事(繰越)の請負契約の締結についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これにて質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 御異議なしと認めます。
 したがって、議案第32号は、総務建設委員会に付託することに決定いたしました。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第6 議案第33号 平成21年度清水町消防署救助工作車取得契約の締結についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これにて質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第33号は、総務建設委員会に付託することに決定いたしました。
      ────────────────────────────


◯議長(久保田静輝君) 日程第7 議案第34号 土地買収補償費請求調停についてを議題といたします。
 質疑に入ります。
 発言願います。 5番 石垣君。


◯5番(石垣雅雄君) この議案第34号ですが、参考資料の方を、一番最後なんですけども、読ませていただきましたけども、平成9年度に境界が確定しなかったわけですが、買収面積も確定をせずに拡幅工事、工事施行承諾を得て拡幅整備を行ったと言われておりますが、この施行承諾書の内容というのはどういう内容が入っているのか。ここに、多分面積とか何かが入っていると思いますけども、いくらになっていたかお答え願えますでしょうか。


◯議長(久保田静輝君) 答弁願います。 建設課長 二村君。


◯建設課長(二村一郎君) 工事の方は、地元の要望に基づいて進めているということで、地権者の方も、土地の買収の面積が確定することの時間を要するということも理解いただきました中で工事の施行承諾をいただいて工事の方の実施を認めていただいております。
 この工事の施行承諾の内容についてでありますが、土地の買収並びに物件移転補償に先立って施行することを承諾する、また、この買収の数量及び位置について多少の変動があっても異議はありませんと、こういう内容になっております。
 また、この工事施行承諾書の施行面積についてでありますが、72.69平方メートルとなっております。
 以上であります。


◯議長(久保田静輝君) 5番 石垣君。


◯5番(石垣雅雄君) 72.69平米であると。ありがとうございます。
 この文書で、「その後さまざまな資料をもとに関係機関と協議し、境界確定の作業を進めたが、確定するまでには至らなかった」ということでありますが、これは平成9年に工事を始めて、今まで固定資産税は、移転登記されていないと思いますけども、固定資産税は多分減免になっていると思いますけども、この固定資産税の数字は、面積は台帳の方ではお幾つになっていますでしょうか。


◯議長(久保田静輝君) 答弁願います。 建設課長 二村君。


◯建設課長(二村一郎君) この土地について定かな資料をちょっと持ち合わせておりませんが、通常、分割登記が、例えば、基準日の1月1日をまたぐことがあります。このようなときには、仮に分割されているということで、この固定資産にかかる面積は、町の方で買収された面積は、通常、差し引いた面積に賦課するような手続をとっております。
 したがいまして、この土地についても、この72.69平米のものについての課税はしていないものと考えますが、この辺について、資料をすぐに調査いたします。
 以上であります。


◯議長(久保田静輝君) 5番 石垣君。


◯5番(石垣雅雄君) 最後の質問になると思いますけど、平成9年から平成20年、約11年か12年たっているわけですけれども、数字が、72.69平米ということが、もう既に平成9年から出ているわけですよね。それで、まだ支払いを申立人にされていないということで、多分、申立人も、しびれを切らして裁判所の調停にかけたのだと思います。
 調停の方も、ここに書いてありますけれども、官地は存在せずと、町に支払いを命ぜられたということが書いてありますけども、裁判所でも、調停の方でも確定をしましたので、申立人の方に、できれば早めの、10年間の、謝罪というか、それをされまして、9月30日に支払いをするということですけども、これは早めにお支払いをするという形をとるべきだと思いますけども、その辺のお考えをお伺いします。


◯議長(久保田静輝君) 答弁願います。 建設課長 二村君。


◯建設課長(二村一郎君) 本案の議決をいただきまして調停の方の成立の運びとなります。したがいまして、議決をいただいた後につきましては、できる限り早くその対応を進めていきたいと思います。
 この調停の内容にありますように、相手方からは、まず登記に必要な書類の提出をいただきまして、その後に登記の手続の作業になりますので、お互い、できる限り早く処理ができるように進めていきたいと思います。
 なお、この謝罪につきましては、双方いろいろの話し合いを進める中で行われてきた経過がありますので、相手方とよく相談する中で、必要なものがあるならば謝罪の方も考えますけども、現状におきまして、双方の主張が食い違っていたということがまず第一にあります。それで、裁判所に判断をしていただいた中で、こういうことが、結果として処理ができるようなことになったということがありますので、どちらが勝ったとか悪いとかというようなことは一切なかったと私は考えております。
 以上であります。


◯議長(久保田静輝君) ほかにございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) ないようですので、これにて質疑を終わります。
 本案については、会議規則第39条第1項の規定によって、総務建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(久保田静輝君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第34号は、総務建設委員会に付託することに決定いたしました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御苦労さまでございました。
                                午前09時13分散会
      ────────────────────────────
◯地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
  平成20年6月4日


               清水町議会議長     久保田 静 輝
               ────────────────────────

               署名議員(6番)    佐 野 俊 光
               ────────────────────────

               署名議員(7番)    武 藤 哲 二
               ────────────────────────