議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 清水町

平成19年第4回定例会(第1日) 本文




2007.11.27 : 平成19年第4回定例会(第1日) 本文


                                午前09時00分開会
◯議長(吉田 功君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、平成19年第4回清水町議会定例会を開会いたします。
 ただいま出席している議員は16名です。
 本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。
 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、6番 佐野俊光君、8番 原 喜久雄君を指名いたします。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今定例会の会期は、本日から12月14日までの18日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) 異議なしと認めます。
 したがって、今定例会の会期は、本日から12月14日までの18日間に決定いたしました。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第3 諸報告を行います。
 初めに、監査委員から、平成19年8月分、9月分までの例月出納検査結果報告書の提出がありましたので、その写しをお手元に配付しておきました。
 次に、去る10月30日、静岡市において静岡県議長会定例総会が開催され、これに出席いたしました。
 次に、去る11月5日、静岡市において静岡県地方議会議長連絡協議会が開催され、副議長とともにこれに出席いたしました。
 次に、去る11月12日、御殿場市において東部地区6市4町議会議長連絡会が開催され、副議長とともにこれに出席をいたしました。
 次に、今定例会に地方自治法第121条の規定によって出席を求める者の名簿は、お手元に配付したとおりであります。
 なお、今定例会から説明員席の一部に変更がありましたので、席表をお手元に配付しておきました。
 また、今定例会の最終日に全員協議会を予定しております。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第4 行政報告を行います。
 町長から行政報告の申し出がありましたので、これを許可します。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 皆さん、おはようございます。
 平成19年第4回清水町議会定例会を開催するに当たり、行政上の諸問題について御報告を申し上げます。
 当町のごみ・し尿の処理にかかわる諸問題は町の最重要課題として取り組んでいるところであり、議員各位をはじめ町民の皆様には大変御心配をおかけしてまいりましたが、おかげさまで、このたび、平成20年度からのごみ・し尿処理の再委託につきまして沼津市に受け入れていただくことになりましたことを、ここにまず御報告を申し上げます。
 本件につきましては、本年7月25日に沼津市長と面会し、信頼関係を回復するとともに、あらためてごみ・し尿処理の解決に向けた協議の場の設置を申し入れてきたものであります。
 事務協議では、清水町がごみ・し尿処理を断念した平成17年度の文書の撤回及び平成20年度からの再委託について申し入れ、その後4回にわたる協議を重ね、沼津市から提起された4項目の事項について、清水町からは次のように回答をしてきたところであります。
 1点目は、沼津市に負担した2施設の建設費等負担金約15億円余の返還については、今後施設を再使用することによりこの問題は解決されたもの、2点目は、平成18年度からごみ・し尿処理の委託を断念したことについては、当町から断念したものであり、その後他市町への委託に要した費用等は所定の手続きを踏んだ上で当町が責任を持って執行したものであるということ、3点目は、ごみ・し尿処理施設の周辺対策について、沼津市と協力しながら当町としても最大限努力をしていくということ、そして、4点目でありますが、清水町の合併に対する考え方については、広域での合併が必要であると考えており、東部広域都市づくり研究会等を通じ、沼津市をはじめ近隣市町と連携を図っていくということであります。
 以上について、沼津市からは、文書の撤回を受け入れるとともに、4項目の内容を誠実に遵守することを前提に、平成20年度からごみ・し尿処理を再受託していただける旨の御回答をいただきました。
 この問題の解決に当たりましては、沼津市長及び沼津市議会の皆様方の御英断に支えられたこと、そのことについて心から感謝を申し上げるとともに、清水町議会議長をはじめ議員各位の御理解、御協力に深く感謝をするものであります。
 また、現在、清水町のごみ・し尿処理を受け入れていただいている三島市、函南町の関係の各位には、衷心より感謝を申し上げるものであります。
 なお、去る10月26日、斎藤沼津市長にあらためて面会し、一連の御厚意に対し御礼を申し上げた際、沼津市長より、文書の撤回を受け入れること、平成20年度からごみ・し尿処理を再受託する旨の回答を文書でいただきましたことをあわせてここに御報告申し上げます。
 今後につきましては、事務レベルの協議を進めていくこととなり、現在、単価等についても協議をしているところであります。
 いずれにいたしましても、議員各位の深い御理解、そして後押しをしていただきましたことを、この場をお借りし、厚く御礼を申し上げます。
 次に、静岡県後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の保険料率等について御報告を申し上げます。
 医療制度改革関連法案が国会で可決、成立し、老人保健制度の医療を受けている75歳以上の高齢者と65歳以上の一定の障害のある人は、平成20年度から、新しい後期高齢者医療制度で医療を受けることとなります。
 この制度の運用は、都道府県ごとにすべての市町村が加入する広域連合が行うこととなっており、去る11月23日に静岡県後期高齢者医療広域連合の臨時議会が開催され、保険料率を定めた静岡県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例等が全会一致で可決されましたので、御報告を申し上げます。
 なお、広域連合議会で可決されました後期高齢者医療に関する条例による保険料率等につきましては、今後、町民の皆様方に周知徹底を図ってまいります。
 以上、行政報告を述べさせていただきました。よろしく御理解を賜りますようここにお願い申し上げ、御報告といたします。


◯議長(吉田 功君) 以上で町長の行政報告を終わります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第5 議案第62号 清水町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 議案第62号 清水町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。
 本案は、本年8月に実施された人事院勧告に基づき国家公務員の給与が改正されることに伴い、当町職員の給与も国に準じて改正をするものであります。
 主な改正でありますが、給与について、民間給与との格差を埋めるため、給料表の1級から3級までの一部について改正をするとともに、扶養手当について、1人につき500円引き上げ、月額6,500円とするものであります。
 以上の改正につきましては、本年4月にさかのぼり適用をいたします。
 次に、勤勉手当の支給率について、民間の支給割合に見合うよう、0.05カ月分引き上げ、年間で1.5カ月といたします。
 この改正は、本年12月の賞与について遡及適用をいたします。
 以上、国家公務員の給与改定に準じたものであります。
 次に、当町の給与について、年々国家公務員及び近隣自治体職員との給与格差が生じておりますことから、現在、平成22年3月31日まで限定的措置としておりました定期昇給の抑制措置を、本年12月31日付をもって廃止するものであります。
 また、地域手当につきましても、近隣自治体の状況を勘案し、平成20年4月から、1%引き上げ、6%とするものであります。
 以上、改正の内容につきまして御説明をさせていただきました。よろしく御審議をお願い申し上げます。


◯議長(吉田 功君) 提案者の説明を終わります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第6 議案第63号 平成19年度清水町一般会計補正予算(第4回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 議案第63号 平成19年度清水町一般会計補正予算(第4回)について御説明を申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から483万8,000円を減額し、歳入歳出それぞれ75億7,598万2,000円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 国庫支出金では、西小学校給食棟のアスベスト除去工事にかかわる交付金として、460万円余を追加いたします。
 県支出金では、県議会議員選挙が無投票となったことに伴い、620万円を減額いたします。
 繰入金では、財政調整基金の繰入金として320万円余を減額いたします。
 次に、歳出について申し上げます。
 まず、各款にわたる人件費でありますが、給与の改定に伴う増額及び本年度の人事異動等に伴う減額を相殺し、総額840万円余を減額いたします。
 総務費では、人件費のほか、平成20年度から実施する町税のコンビニ収納にかかわるシステム等の資機材導入経費を追加する一方、無投票となった県議会議員選挙の経費を減額し、あわせて3,000万円余を減額いたします。
 民生費では、人件費のほか、後期高齢者医療制度における広域連合の情報提供態勢の整備に伴う委託料の追加や国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計への繰出金の補正など、あわせて1,500万円余を追加いたします。
 土木費では、人件費のほか、公共下水道事業特別会計繰出金の減額など、あわせて1,000万円余を減額いたします。
 教育費では、人件費のほか、新年度の入学生徒の受け入れに必要な中学校校舎の改修工事費を追加し、あわせて52万円を追加いたします。
 以上、平成19年度清水町一般会計補正予算(第4回)について御説明をいたしました。よろしく御審議をお願い申し上げます。


◯議長(吉田 功君) 提案者の説明を終わります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第7 議案第64号 平成19年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 議案第64号 平成19年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に53万円を追加し、歳入歳出それぞれ29億5,909万9,000円といたします。
 これは、本年度の人事異動及び給与改定に伴う人件費を追加し、その財源として、一般会計から繰入金を追加するものであります。
 以上、平成19年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)について御説明を申し上げました。よろしく御審議をお願い申し上げます。


◯議長(吉田 功君) 提案者の説明を終わります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第8 議案第65号 平成19年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 議案第65号 平成19年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に113万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ13億1,023万5,000円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 財産収入では、介護保険保険給付支払準備基金利子の増額が見込まれていることから、2万2,000円を追加し、繰入金では、本年度の人事異動及び給与改定に伴う人件費の増額により、その財源として、一般会計から繰入金111万円を追加いたします。
 次に、歳出について申し上げます。
 総務費では、本年度の人事異動等に伴う人件費の増額により、111万円を追加し、基金積立金では、介護保険保険給付支払準備基金利子の増額分を当該基金に積み立てるため、2万2,000円を追加いたします。
 以上、平成19年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)について御説明を申し上げました。
 よろしくお願いいたします。


◯議長(吉田 功君) 提案者の説明を終わります。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 日程第9 議案第66号 平成19年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第3回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。町長 山本博保君。
              (町長 山本博保君登壇)


◯町長(山本博保君) 議案第66号 平成19年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第3回)について御説明を申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に7,329万円を追加し、歳入歳出それぞれ12億5,238万9,000円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 繰入金では、本年度の人事異動に伴い、一般会計繰入金について、740万円余を減額いたします。
 町債では、事業債の補償金免除繰上償還に伴う借替債として、8,000万円余を増額いたします。
 次に、歳出について申し上げます。
 下水道事業費では、人事異動に伴う人件費のほか、事業債の補償金免除繰上償還の財源として、工事請負費を減額し、あわせて1,200万円余を減額いたします。
 公債費では、繰上償還に伴い、元金を8,500万円余増額いたします。
 以上、平成19年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第3回)について御説明を申し上げました。
 以上、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(吉田 功君) 提案者の説明を終わります。
 ここでお諮りいたします。
 徳倉橋等対策特別委員会の設置についてを日程に追加し、追加日程第1とし、直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) 異議なしと認めます。
 したがって、徳倉橋等対策特別委員会の設置についてを日程に追加し、追加日程第1とし、直ちに議題とすることに決定いたしました。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 追加日程第1 徳倉橋等対策特別委員会の設置についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 徳倉橋やその周辺の安全性の確保が図られるよう町と県に働きかけるため、8人の委員をもって構成する徳倉橋等対策特別委員会を設置し、徳倉橋等の調査・研究にかかわる一切の活動をこの特別委員会に付託の上、調査が終了するまでの閉会中の継続審査としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) 異議なしと認めます。
 したがって、徳倉橋等対策特別委員会を設置することに決定いたしました。
 ここでお諮りいたします。
 ただいま設置された徳倉橋等対策特別委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第2として直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) 異議なしと認めます。
 したがって、徳倉橋等対策特別委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第2として直ちに議題とすることに決定いたしました。
   ──────────────────────────────────


◯議長(吉田 功君) 追加日程第2 徳倉橋等対策特別委員の選任についてを議題といたします。
 徳倉橋等対策特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定によって、議長が議会に諮って指名することとなっておりますが、議場において指名することに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) 異議なしと認めます。
 よって、議長より特別委員を指名いたします。
 徳倉橋等対策特別委員に、3番 原 久一君、5番 石垣雅雄君、7番 武藤哲二君、8番 原 喜久雄君、10番 岩崎高雄君、11番 遠藤忠宏君、13番 吉川清里君、14番 久保田静輝君、以上8人の諸君を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(吉田 功君) ありがとうございます。異議なしと認めます。
 したがって、ただいま指名した諸君を徳倉橋等対策特別委員に選任することに決定いたしました。
 委員会条例第8条第2項の規定によって、正副委員長を互選していただきたいと思います。
 その間、会議は暫時休憩いたします。
 委員会室の方でよろしくお願いいたします。
                                午前09時27分休憩
                                ────────
                                午前09時42分再開


◯議長(吉田 功君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。
 徳倉橋等対策特別委員会における正副委員長の互選について、その結果を御報告申し上げます。
 徳倉橋等対策特別委員長に遠藤忠宏君、徳倉橋等対策特別副委員長に吉川清里君、以上のとおり決定いたしました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
 どなた様も御苦労さまでした。
                                午前09時43分散会
   ──────────────────────────────────
◯地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
 平成19年11月27日

               清水町議会議長     吉 田   功
   ──────────────────────────────────
               署名議員(6番)    佐 野 俊 光
   ──────────────────────────────────
               署名議員(8番)    原   喜久雄