議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 清水町

平成18年第4回定例会(第1日) 本文




2006.11.29 : 平成18年第4回定例会(第1日) 本文


                                午前09時01分開会
◯議長(庄司勝彦君) おはようございます。
 ただいまから、平成18年第4回清水町議会定例会を開会いたします。
 ただいま出席している議員は16名です。
 本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第106条の規定によって、16番 山本博保君、17番 鈴木 耕君を指名いたします。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。
 今定例会の会期は、本日から12月13日までの15日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 異議なしと認めます。
 したがって、今定例会の会期は、本日から12月13日までの15日間に決定いたしました。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第3 諸報告を行います。
 初めに、監査委員から、平成18年9月分の例月出納検査結果報告書の提出がありましたので、写しをお手元に配付しておきました。
 次に、去る10月27日、静岡市において、静岡県町村議会議長会定期総会が開催されました。総会における要望事項及び決議につきましては、その写しをお手元に配付しておきました。
 なお、この総会の席において、平成18年度静岡県町村議会議長会自治功労者表彰がありましたので、受賞された方々をここに御報告申し上げます。
 まずは、議員在職19年以上、名倉 勉君、鈴木 耕君、山本博保君、以上3名の諸君であります。
 続いて、議員在職11年以上、坪内 昇君、杉山勝次君、森野善広君、そして、不肖私、庄司勝彦の4名の諸君であります。
 次に、11月21日、伊豆市において、東部地区6市4町議会議長連絡会が開催され、副議長とともに出席いたしました。
 次に、11月22日、東京都において、第50回町村議会議長全国大会が開催され、これに出席をいたしました。
 次に、今定例会に地方自治法第121条の規定によって出席を求めました者の名簿は、お手元に配付のとおりであります。
 なお、今定例会から説明員席の一部に変更がありましたので、席表をお手元に配付しておきました。
 また、今定例会の最終日に全員協議会を予定しております。
 以上で諸報告を終わりますが、この際、町長から発言を求められておりますので、これを許します。 町長 平井弥一郎君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 皆さん、おはようございます。
 ただいま議長から発言のお許しをいただきましたので、この場をお借りいたしまして、一言申し上げさせていただきます。
 既にご承知のことと存じますが、私は、来年2月18日の町長選挙には出馬しないことといたしました。出馬しない最大の理由は、3期12年を限度とし考えてきたところでありますが、態度表明が遅くなりましたことにつきましては、おわび申し上げます。私の任期は来年3月10日までありますが、その間、全力で町長の職務を務めてまいりますので、議員各位の御理解、御協力をよろしくお願い申し上げます。
 なお、去る11月24日には斎藤沼津市長さんにお会いし、ごあいさつをしてまいりました。その折、あわせてごみ・し尿処理問題の解決に向けて御理解をいただくようお願いしてまいりましたことを御報告させていただきます。


◯議長(庄司勝彦君) 以上で町長の発言を終わります。
 それでは、議事を進めます。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第4 陳情14号 安全・安心の医療と看護の実現のため「医師・看護師等の確保に関する意見書」採択を求める陳情書についてを議題といたします。
 本件は、平成18年第3回清水町議会定例会において民生文教委員会に付託し、閉会中の継続審査となっておりました。
 委員長より報告を求めます。 民生文教委員長 藤井道夫君。
           (民生文教委員長 藤井道夫君登壇)


◯民生文教委員長(藤井道夫君) ただいま議題となりました陳情14号 安全・安心の医療と看護の実現のため「医師・看護師等の確保に関する意見書」採択を求める陳情書について、民生文教委員会における審査の経過とその結果を御報告申し上げます。
 本案は、平成18年第3回定例会の9月5日に本委員会に付託され、9月8日に審査を行いましたが、次期定例会までの閉会中の継続審査となっておりました。11月6日に、陳情14号の審査を、委員全員と、当局から参考意見を聞くため、助役、健康福祉課長の出席を得て審査に入りました。
 質疑はなく、討論を行い、委員から、「夜勤を含む看護師の必要人数が充足されていないこと、また医師の不足については全国的にも大きな問題となっていることから、この陳情を採択すべき」との討論がありました。
 ほかに討論なく、採決したところ、陳情14号については、賛成多数により採択すべきものと決定をいたしました。
 以上、御報告申し上げます。


◯議長(庄司勝彦君) 委員長の報告を終わります。
 委員長の報告に対する質疑を許します。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これで質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 次に、賛成討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これをもって討論を終わります。
 これより陳情14号を採決いたします。
 本陳情に対する委員長の報告は採択であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長(庄司勝彦君) ありがとうございます。挙手多数であります。
 したがって、陳情14号は、委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。
 ここで暫時休憩いたします。
 休憩中に議会運営委員会を開いてください。
                                午前09時10分休憩
                                ────────
                                午前09時19分再開


◯議長(庄司勝彦君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。
 ただいま藤井道夫君ほか2名から、発議第16号が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第1とし、日程の順序を変更し、直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 異議なしと認めます。
 したがって、発議第16号を日程に追加し、追加日程第1とし、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定いたしました。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 追加日程第1 発議第16号 医師・看護師等の確保に関する意見書についてを議題といたします。
 提出者の説明を求めます。 9番 藤井道夫君。
              (9番 藤井道夫君登壇)


◯9番(藤井道夫君) ただいま議題となりました発議第16号 医師・看護師等の確保に関する意見書についてでありますが、朗読をもって提案理由にかえさせていただきます。
 発議第16号 医師・看護師等の確保に関する意見書について、地方自治法第112条及び清水町議会会議規則第13条の規定により、別紙のとおり議案を提出する。
 平成18年11月29日
 清水町議会議長 庄司勝彦 様
                        提出者 清水町議会議員 藤井道夫
                        賛成者    同    杉山勝次
                               同    吉川清里
 以上、敬称を略させていただきました。
(別紙)
          「医師・看護師等の確保に関する意見書」
 静岡県内の医療機関における医師・看護師の不足は深刻化し、地域医療の確保に重大な影響を与えている。
 必要な医師・看護師が十分に確保され、地域住民が安全で行き届いた医療・看護を受けるためには、医師・看護師の就業条件の改善と医療機関へのコスト保障が必要である。
 よって、国においては、必要な医師・看護師が地域医療機関において十分に確保されるよう、下記の事項について特段の措置を講ずるよう強く要望する。
                   記
1 医師・看護師の就業条件の改善と確保対策を抜本的に強化すること
2 看護師の夜勤日数上限規制について法整備を行うこと
3 医師・看護師の配置基準の改善を行うこと
4 診療報酬の改善を行うこと
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
 平成18年11月29日
                             静岡県駿東郡清水町議会
 内閣総理大臣 様
 総務大臣   様
 財務大臣   様
 文部科学大臣 様
 厚生労働大臣 様
 以上であります。
 何とぞ議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。


◯議長(庄司勝彦君) 提出者の説明を終わります。
 質疑に入ります。
 発言願います。 17番 鈴木 耕君。


◯17番(鈴木 耕君) 1、2、3、4ということでありますが、3の医師・看護師の配置基準の改善を行うこと、このことについて概要を御説明願いたいですが。


◯議長(庄司勝彦君) 暫時休憩をいたします。
                                午前09時29分休憩
                                ────────
                                午前10時06分再開


◯議長(庄司勝彦君) 大変お待たせをいたしまして申し訳ありませんでした。休憩を閉じ、会議を再開いたします。
 鈴木君の質疑に対する答弁を求めます。 9番 藤井道夫君。
              (9番 藤井道夫君登壇)


◯9番(藤井道夫君) それでは、ただいまの質問に対しての答弁をさせていただきます。
 法的な医師・看護師の配置基準は決定されているが、現状の医師・看護師の就業状況は厳しく、現在の高度化した医療状況の中で、看護に対し十分な医療活動を行うのに危うい状況が出てきている。このため、配置基準の改善を求めるものであります。
 以上でございます。


◯議長(庄司勝彦君) ほかにございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これで質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております発議第16号については、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 異議なしと認めます。
 したがって、発議第16号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 次に、賛成討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これをもって討論を終わります。
 これより発議第16号を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長(庄司勝彦君) ありがとうございます。挙手多数であります。
 したがって、発議第16号は、原案のとおり可決されました。
             (「議長、動議」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 18番 名倉君。


◯18番(名倉 勉君) ただいまの採決の結果は何対幾つだか発表してください。


◯議長(庄司勝彦君) 手を挙げなかった方は3名でございます。
            (「それ、違うよ」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 失礼しました。5名でございます。
        (「はっきり見て回答してください」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) はい、すみません。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第5 議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(駿豆学園管理組合規約の一部を変更する規約について)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井弥一郎君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(駿豆学園管理組合規約の一部を変更する規約について)、御説明申し上げます。
 本組合は、当町を含む4市5町をもって組織され、知的障害者福祉法に基づく更生施設として運営されてまいりました。
 本案は、障害者自立支援法の本格施行に伴い、同法の規定に基づく自立支援施設へ移行するため、規約に規定する事務の内容を変更するものであります。
 本年9月28日付で組合から規約の変更の依頼がありましたので、地方自治法第179条第1項の規定により、同日専決処分をし、同条第3項の規定に基づき御報告し、御承認をお願いするものであります。
 よろしくお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
 質疑に入ります。
 発言願います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これで質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第61号については、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 異議なしと認めます。
 したがって、議案第61号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) 次に、賛成討論の発言を許します。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長(庄司勝彦君) これをもって討論を終わります。
 これより議案第61号を採決いたします。
 本案を原案のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長(庄司勝彦君) ありがとうございます。 挙手全員であります。
 したがって、議案第61号は、原案のとおり承認することに決定いたしました。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第6 議案第62号 静岡県後期高齢者医療広域連合規約についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第62号 静岡県後期高齢者医療広域連合規約について、その概要を御説明申し上げます。
 本案は、高齢者の医療の確保に関する法律に基づき、75歳以上の高齢者等が加入する後期高齢者医療制度が平成20年度から施行されるため、規約を定め、県内の全市町が加入する静岡県後期高齢者医療広域連合を設置することについて、地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものであります。
 以上、規約につきまして御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第7 議案第63号 清水町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第63号 清水町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 本案は、国の人事院規則の改正に伴い休息時間が廃止されることにより、町職員の休息時間の15分を廃止し、1日の勤務時間が6時間を超える場合には、少なくとも1時間の休憩時間を置くため改正するものであります。
 これに伴い、不足する15分の勤務時間を充足させるため関係例規を改正し、役場の閉庁時間については、現行の5時15分から5時30分に変更いたします。
 その他保健センター及び図書館の閉館時間につきましても、本条例の規則におきまして同様の改正を行うものであります。
 以上、改正の内容について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第8 議案第64号 清水町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第64号 清水町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 本案は、非常勤消防団員等にかかる損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、清水町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正するものであります。
 改正の主な内容でありますが、傷病補償及び障害補償にかかる傷病・障害等級ごとの障害及び介護補償の金額について迅速な対応を可能にするため、規則で定めることとしたものであります。
 以上、改正の内容について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第9 議案第65号 清水町立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第65号 清水町立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 本案は、清水町立幼稚園の保育料等について、行政改革推進委員会からの答申や近隣市町の状況等を勘案し、見直しを行うものであります。
 改正の内容でありますが、平成4年以来据え置かれていた保育料について、月額5,000円を5,500円に改正するとともに、あわせて入園時の手数料1,000円を廃止するものであります。
 以上、改正の内容について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第10 議案第66号 字の区域の変更についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第66号 字の区域の変更について御説明申し上げます。
 的場地先の食遊市場は平成17年に開設されましたが、その出店者はいずれも沼津卸商社センターの組合員であり、他の組合員と同様に組合員方針に基づいて経営しており、自主防災や交通安全等の自治活動においても卸団地の一員として活動し、対外的にも卸団地の一員として認知されている状況であります。
 しかしながら、所在番地が的場番地であるため郵便物の誤配等も生じており、卸商社センターから、食遊市場の字区域について、的場から卸団地に変更の申請がございました。
 町としても、この地域の土地利用等の状況から、字の区域の変更は妥当と判断されるため、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 以上、字の区域の変更につきまして御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第11 議案第67号 平成18年度清水町一般会計補正予算(第2回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第67号 平成18年度清水町一般会計補正予算(第2回)について、その概要を御説明いたします。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から2,936万5,000円を減額し、歳入歳出それぞれ76億3,179万円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 財産収入では、預金の利率上昇に伴い、各基金の利子収入に17万円余を追加いたします。
 繰入金では、介護保険事業特別会計における前年度の精算分を追加するとともに、財政調整基金から繰入金を減額し、あわせて2,600万円余を減額いたします。
 諸収入では、自治総合センターから、コミュニティー活動にかかる助成金と救急振興財団からの救急体制強化のため、資器材導入にかかる助成金620万円余を追加いたします。
 町債では、高規格救急自動車の寄贈に伴い、950万円余を減額いたします。
 次に、歳出について申し上げます。
 まず、各科にわたる人件費でありますが、本年度の人事異動等に伴い、総額2,800万円余を減額いたします。
 総務費では、人件費のほか、自治会等におけるコミュニティー活動を助成するための補助金や財政調整基金及び減債基金への積立金を追加し、あわせて920万円余を減額いたします。
 民生費では、人件費のほか、後期高齢者医療費制度における広域連合設立準備等にかかる負担金の追加や、国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計への繰出金の補正など、あわせて1,000万円余を減額いたします。
 土木費では、人件費のほか、公共下水道事業特別会計繰出金の追加など、あわせて770万円余を追加いたします。
 消防費では、人件費のほか、高規格救急自動車の寄贈に伴い、あわせて1,600万円余を減額いたします。
 教育費では、人件費のほか、育英基金繰出金を追加し、あわせて180万円余を追加いたします。
 以上、平成18年度清水町一般会計補正予算(第2回)について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第12 議案第68号 平成18年度清水町土地取得特別会計補正予算(第1回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第68号 平成18年度清水町土地取得特別会計補正予算(第1回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に77万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億3,437万5,000円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 財産収入では、土地開発基金の預金利率の上昇に伴い、利子に1万2,000円を追加いたします。
 繰入金では、一般会計繰入金として、76万円余を追加いたします。
 次に、歳出の主なものについて申し上げます。
 公債費では、旧県東部看護学校跡地の取得に伴う借り入れ利率の確定により、76万円余を追加いたします。
 以上、平成18年度清水町土地取得特別会計補正予算(第1回)について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第13 議案第69号 平成18年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第69号 平成18年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に594万円を追加し、歳入歳出それぞれ28億1,653万4,000円といたします。
 これは、本年度の人事異動に伴う人件費を増額し、その財源として、一般会計からの繰入金を増額するものであります。
 以上、平成18年度清水町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第14 議案第70号 平成18年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第70号 平成18年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額から471万8,000円を減額し、歳入歳出それぞれ12億4,042万6,000円といたします。
 まず、歳入について申し上げます。
 国庫支出金では、介護保険制度の改正に伴うシステム改修事業費補助金の交付により57万余を、財産収入では、預金利率の上昇に伴い介護保険保険給付支払準備基金利子の増額が見込まれることから、5万7,000円を追加いたします。
 繰入金では、4月の人事異動等に伴う職員の給与等及び介護保険制度の改正に伴うシステム改修事業費補助金の交付により、あわせて705万円余を減額し、雑入では、平成17年度沼津市ほか3市町介護認定審査会共同設置負担金の確定により返還金が生じたことから、170万円余を追加いたします。
 次に、歳出について申し上げます。
 総務費では、4月の人事異動等に伴い、職員の給与等が減少したことにより、640万円余を減額いたします。
 基金積立金では、利率の上昇に伴い、介護保険保険給付支払準備基金利子の増額分を当該基金に積み立てるため5万7,000円を、諸支出金では、平成17年度沼津市ほか3市町介護認定審査会共同設置費の返還金を一般会計に繰り出すため170万円余を追加いたします。
 以上、平成18年度清水町介護保険事業特別会計補正予算(第2回)について御説明申し上げましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
    ───────────────────────────────


◯議長(庄司勝彦君) 日程第15 議案第71号 平成18年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第1回)についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。 町長 平井君。
             (町長 平井弥一郎君登壇)


◯町長(平井弥一郎君) 議案第71号 平成18年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第1回)について、その概要を御説明申し上げます。
 当補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に340万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ9億25万8,000円といたします。
 これは、本年度の人事異動に伴う人件費を増額し、その財源として一般会計からの繰入金を増額するものであります。
 以上、平成18年度清水町公共下水道事業特別会計補正予算(第1回)について御説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。


◯議長(庄司勝彦君) 提案者の説明を終わります。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御苦労さまでした。
                                午前10時32分散会
    ───────────────────────────────
○地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
  平成18年11月29日


               清水町議会議長     庄 司 勝 彦
               ─────────────────────────

               署名議員(16番)    山 本 博 保
               ─────────────────────────

               署名議員(17番)    鈴 木   耕
               ─────────────────────────