議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 厚真町

平成24年  3月 定例会 03月15日−03号




平成24年  3月 定例会 − 03月15日−03号









平成24年  3月 定例会



          平成24年第1回厚真町議会定例会

●議事日程(第3号)

                 平成24年3月15日(木)午後1時30分開議

   開議宣告

   議事日程の報告

第1 会議録署名議員の指名

   議会運営委員会報告

第2 議案第1号 平成24年度厚真町一般会計予算(予算審査特別委員会報告)

   議案第2号 平成24年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算(予算審査特別委員会報告)

   議案第3号 平成24年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算(予算審査特別委員会報告)

   議案第4号 平成24年度厚真町介護保険事業特別会計予算(予算審査特別委員会報告)

   議案第5号 平成24年度厚真町簡易水道事業特別会計予算(予算審査特別委員会報告)

   議案第6号 平成24年度厚真町公共下水道事業特別会計予算(予算審査特別委員会報告)

第3 提案理由の説明

第4 議案第33号 和解について

第5 意見書案第1号 北海道電力泊原発1、2号機の再稼動を認めないことを求める意見書

第6 閉会中の継続審査の申出

第7 所管事務調査の申出

   閉会宣告

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(11名)

    議長  渡部孝樹君    副議長 三國和江君

    議員  了安正秋君    議員  吉岡茂樹君

    議員  大捕孝吉君    議員  木戸嘉則君

    議員  下司義之君    議員  木本清登君

    議員  井上次男君    議員  今村昭一君

    議員  海沼裕作君

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 町長          宮坂尚市朗君  副町長         古川元三君

 教育長         兵頭利彦君   総務課長        近藤泰行君

 総務課参事       橋本欣哉君   町民福祉課長      高田芳和君

 町民福祉課参事     長谷川栄治君  まちづくり推進課長   小松豊直君

 まちづくり推進課参事  岩田善行君   産業経済課長      中川信行君

 産業経済課農業農村担当参事       産業経済課参事     遠藤秀明君

             真壁英明君

 建設課長        堀 武志君   上厚真支所長      新飯田 治君

 会計管理者       中田 匡君   農業委員会事務局長   中田 守君

 生涯学習課長      佐藤好正君   生涯学習課参事     佐藤照美君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●職務のため議場に出席した者の職氏名

 議会事務局長      佐藤忠美    議会事務局主査     田中咲詠子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(渡部孝樹君) 議会を再開し、これより本日の会議を開きます。

                              (午後1時30分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(渡部孝樹君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(渡部孝樹君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に了安議員、吉岡議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会報告



○議長(渡部孝樹君) 次に、議会運営委員会から報告を求められておりますので、これを許します。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(木本清登君) 本定例会会期中において、昨日までに要望2件、請願1件を受理したことから、昨日、議会運営委員会を開催し、その取り扱いについて協議したので、その結果を報告いたします。

 受理した3件のうち、要望の2件は議員配布とし、請願であります「こぶしの湯及びその周辺を道の駅として登録する取り組みに関する請願」については、産業建設常任委員会に付託の上、審査することといたしましたので報告します。

 以上、報告といたします。



○議長(渡部孝樹君) 以上で議会運営委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号ないし議案第6号の審査結果報告、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第2、議案第1号 平成24年度厚真町一般会計予算、議案第2号 平成24年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算、議案第3号 平成24年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算、議案第4号 平成24年度厚真町介護保険事業特別会計予算、議案第5号 平成24年度厚真町簡易水道事業特別会計予算及び議案第6号 平成24年度厚真町公共下水道事業特別会計予算を一括して議題といたします。

 予算審査特別委員会の審査結果の報告を求めます。

 予算審査特別委員長。



◆予算審査特別委員長(海沼裕作君) 議案書別冊4の2ページをお開きください。

 予算審査特別委員会の審査報告をいたします。

 本特別委員会は、議案第1号から議案第6号までの平成24年度厚真町各会計予算を審査するために、3月8日に議長を除く全議員をもって設置されました。

 その後、3月9日から町長以下担当職員の出席を求め、3月14日まで実質4日間にわたり所管課別に審査をいたしました。

 審査に当たっては、提案された予算が住民ニーズを的確に反映しているか、限られた財源を効率よく配分しているか、公平であるか、今までの施策に対する評価や検証がきちんと行われているか、算出根拠は妥当か、費用対効果はどうかなどを主眼に置き、活発に質疑を行い、意見を述べ、議論を展開したところであります。

 こうした議論を踏まえ、最終日の3月14日、本委員会において討論、採決を行った結果、議案第1号から議案第6号までのいずれの会計も全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定したものでございます。

 なお附帯意見としては、1、グループ制の積極的な活用を図るとともに、特に新規事業については、庁内組織の横断的連携を深めること。

 2、上厚真の定住促進住宅整備推進に向けては、短期間での完売が重要であり、そのためにも魅力ある施策に心がけること。

 3、各種事業の推進に向けては、職員定数や財政面も考慮しながら時代に対応した専任職員の配置を検討するとともに、先進地視察での再確認にも心がけること。

 以上3点が、委員会会議中に質疑、意見として出されました。町長初め各執行機関におかれましては、これらの意見に集約された一言一句を真摯にかみしめ、予算執行に反映されるよう強く望むものであります。

 以上、申し添えまして審査結果の報告といたします。



○議長(渡部孝樹君) ただいまの報告に対する質疑は、全議員による審査でありましたので省略いたします。

 次に、議案第1号 平成24年度厚真町一般会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 それでは、議案第1号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第1号は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第2号 平成24年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第2号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第2号は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第3号 平成24年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第3号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第3号は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第4号 平成24年度厚真町介護保険事業特別会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第4号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第4号は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第5号 平成24年度厚真町簡易水道事業特別会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第5号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第6号 平成24年度厚真町公共下水道事業特別会計予算に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第6号について起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(渡部孝樹君) 日程第3、提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げる案件は、議案1件であります。

 議案第33号 和解について。

 厚真町高丘で、造成工事が長年にわたり中断されている北海道ロイヤルゴルフクラブゴルフ場あつまリゾート所有地の処理に関する協議を、美津濃株式会社と進めてまいりましたが、このたび最終的な合意に至ったため、和解することについて地方自治法の規定に基づき議会の議決をいただこうとするものであります。

 以上が本日ご提案申し上げております議案の提案理由であります。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第4、議案第33号 和解についてを議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 まちづくり推進課参事。



◎まちづくり推進課参事(岩田善行君) 議案書別冊3、1ページをお開きください。

 議案第33号 和解について。

 厚真町高丘で整備中のゴルフ場用地の処理に関し、次のように和解することについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求める。

 議案書2ページをお開きください。

 和解の相手方は、記載のとおりでございます。

 今回、相手方と議案書3ページ以降の最終合意書案のとおり合意いたしました。その内容についてご説明いたします。

 第1条、これは目的についての記載でございます。

 第2条、土地の取得については、現在、破産管財人が管理する土地を破産管財人から取得する内容でございます。これにかかわる費用や取得の手続については、すべて相手方の費用で行います。土地については、7ページの別紙目録1、本件土地に記載のとおりでございます。

 戻っていただきまして第3条は防災工事についてでございます。防災工事の内容について、議案書8ページ、9ページにて説明いたします。

 別紙目録(2)防災工事仕様、8ページでございます。ナンバー?、ナンバー3、ナンバー5コルゲート管対策及びナンバー4コルゲート管対策でございます。ナンバー3、ナンバー5コルゲート管については、上載加重を撤去しつぶれを防ぐ状況でつぶれ対策を行います。ナンバー4コルゲート管対策については、この上に管理用通路を設置いたしますので、現状維持といたします。

 ?、ナンバー1、ナンバー2ボックスカルバートについてはクラックの補修を行います。

 ナンバー?、管理用道路の整備、添付した9ページの、ちょっと見づらいですけれども、黒く太く塗った部分、通路整備工というところで旗上げされてございますけれども、この部分にかかわる整備でございます。現在、27ホールございまして、この部分についてはハラ造成の18ホール分の管理用通路でございます。残りの既にできあがっている9ホール分については、カート道路を使用して管理をいたします。幅員は3メートル、砂利敷きでございます。

 それからナンバー?です。ボックスカルバート法面雨裂補修ということで、のり面部分の雨による雨裂の補修でございますけれども、のり肩部分で排水を行います。

 次にナンバー?でございます。1、2、3号土砂流出防止工がございまして、その部分について、30メートル、30メートル、1メートル、900立米になりますが、体積土砂のしゅんせつを行います。

 ナンバー?です。ポップナイ沢川1号橋対策、ポップナイ沢川にかかります橋の橋梁護岸の背面土砂に良質土を裏込めする工事でございます。

 最後に?、ナンバー9、ナンバー10仮設コルゲート管の撤去でございます。これについては、工事のときに仮設として沢を埋め立てて通路にしたコルゲート管が放置されておりましたので、撤去してもとの沢に戻す。これが防災工事の内容でございます。

 議案書4ページに戻っていただきまして、第4条、土地の寄附についてでございます。

 土地の寄附は、防災工事が終了後に行います。

 第5条は、瑕疵担保責任でございまして、2年間とするものでございます。

 第6条は、維持管理についてでございますが、厚真町が行う。

 第7条は、基金でございまして、基金は記載の金額を厚真町へ寄附する。

 第8条、平成8年8月8日に連名で提出されました大型地域開発に関する工事誓約書の相手方の義務を免除する条項でございます。

 5ページお願いします。

 第9条、厚真町議会の議決と相手方の取締役会の承認を得たことの保証ということでございます。

 第10条でございますけれども、この最終合意書が失効となる場合、これについては、破産管財人から相手方が土地を取得できないとき、それと何らかの理由により防災工事を行うことができないときでございます。

 第11条は、秘密保持条項でございます。

 第12条は、権利義務の譲渡等の禁止条項でございます。

 第13条は、最終合意の定めるところに従う条項でございます。

 議案書6ページお願いします。

 第14条は、定めのない事項や疑義が生じた場合は協議解決する。

 以上が最終合意書案内容であり、このとおり合意書を締結することについて議会の議決を求めるものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第33号に対する質疑を許します。

 今村議員。



◆(今村昭一君) この契約どおりに進展していた状態で、厚真町に寄附される、厚真町の所有になる時期はいつごろになるでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) まちづくり推進課参事。



◎まちづくり推進課参事(岩田善行君) 今後のあらかたのスケジュールをご説明します。

 今、この議決が可決という形になりますと、今現在、底地につきましては破産管財人が所有というか管理している物件になります。それが処理ということで土地をまず処理します。そのときに相手方がその土地を所有する手続をとる。まずその和解の相手方の所有地にしてから防災工事を始める。その後に、防災工事については5カ月間ほど工期が必要ですということになります。今の状況で物事がスムーズにいけば、年内には私どものほうに土地の寄附という形になろうかと思います。



○議長(渡部孝樹君) ほかに。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑は終わります。

 次に、議案第33号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第33号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。

 したがって、議案第33号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△意見書案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第5、意見書案第1号 北海道電力泊原発1、2号機の再稼動を認めないことを求める意見書を議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 福島原発以来、非常に原子力発電所に関心が高いときになっております。

 この北海道、地元におきまして、泊原発1号機、2号機の再稼動について知事判断が迫っているということから、この意見書を提出しようとするものでありまして、別冊5の2ページ、朗読をもって提案理由にかえたいと思います。

 北海道電力泊原発1、2号機の再稼動を認めないことを求める意見書。

 東日本大震災・東電福島第一原発事故から1年が経過しています。

 今なお福島では、多くの人びとが避難や転居を余儀なくされ、「あたり前のくらし」とふるさとを奪われたままであります。

 放射能の除染や事故の賠償もほとんどこれからで、原発事故はいまだに収束せず、事故の原因も明らかになっていません。

 2月20日に関西電力の高浜原発3号機が定期検査のため停止し、全国54基の原発のうち稼動しているのは東京電力柏崎刈羽原発6号機と北海道電力泊原発3号機の2基のみとなりました。

 4月に泊原発3号機が定期検査に入ると、全国すべての原発が停止することになります。

 道民のくらし、産業、地域を守るために、未来を担う子供たちのために、北海道として、泊原発1、2号機の再稼動を認めないことを求めます。

 以上、地方自治法第99条の規定により提出しようとするものでありまして、提出先は北海道知事であります。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、意見書案第1号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、意見書案第1号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、意見書案第1号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(渡部孝樹君) 起立多数であります。

 したがって、意見書案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査の申出



○議長(渡部孝樹君) 日程第6、閉会中の継続審査の申し出を議題といたします。

 産業建設常任委員長から、付託事件である、こぶしの湯及びその周辺を道の駅として登録する取り組みに関する請願について、会議規則第75条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、閉会中の継続審査について申し出のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△所管事務調査の申出



○議長(渡部孝樹君) 日程第7、所管事務調査の申し出を議題といたします。

 申し出の内容を局長に説明させます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(佐藤忠美君) 所管事務調査の申し出内容につきまして説明をいたします。

 最初に、総務文教常任委員会から事務調査3件、現地調査1件出てございまして、事務調査としまして、青少年センター図書室の運営について、巡回福祉バス運行事業について、NPO法人ゆうあいネットあつまの高齢者グループホームの増築計画についてでございます。現地調査としましては、青少年センター図書室の状況でございます。

 産業建設常任委員会から事務調査が3件、現地調査が3件出てございます。事務調査としまして、統合簡易水道事業計画について、新町浄水場の状況について、上厚真地区浄水場の状況についてでございます。現地調査としましては、統合簡易水道事業計画地の確認、新町浄水場の状況、上厚真地区浄水場の状況でございます。

 これ以外に、議会運営委員会から事務調査としまして、次期議会の会期日程など議会運営に関する事項について、議長の諮問に関する事項について、議員の視察研修についての3件でございます。

 以上でございます。



○議長(渡部孝樹君) ただいまの説明内容のとおり閉会中の委員会開催についてご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の繰り上げについて



○議長(渡部孝樹君) ここで、会期の繰り上げについてお諮りいたします。

 本定例会の会期については、あすまでの10日間と決議されておりますが、付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、会期を1日繰り上げた上、閉会いたしたいと思います。

 これについてご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、本定例会の会期は本日までと決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(渡部孝樹君) 以上をもって、平成24年第1回厚真町議会定例会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでした。

                              (午後1時57分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

         議長

         署名議員

         署名議員