議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 厚真町

平成24年  3月 定例会 03月07日−01号




平成24年  3月 定例会 − 03月07日−01号









平成24年  3月 定例会



          平成24年第1回厚真町議会定例会

●議事日程(第1号)

                  平成24年3月7日(水)午前9時30分開会

   開会

   開議宣告

   議事日程の報告

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

   諸般の報告

第3 報告第1号 所管事務調査報告(各常任委員会)

第4 報告第2号 現金出納例月検査の結果報告

第5 施政方針及び予算説明(町長)

第6 教育行政執行方針(教育長)

第7 提案理由の説明

第8 同意第1号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命

   同意第2号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命

   同意第3号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命

   同意第4号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命

   同意第5号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命

第9 議案第12号 児童福祉法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定

第10 議案第13号 厚真町老人保健特別会計条例の制定

第11 議案第14号 厚真町かしわ公園スポーツ施設維持補修基金条例の廃止

第12 議案第15号 厚真町非常勤公職者の報酬及び費用弁償支給条例の一部改正

第13 議案第16号 厚真町一般職の給与に関する条例等の一部改正

第14 議案第17号 厚真町財産条例の一部改正

第15 議案第18号 厚真町学校給食センター条例の一部改正

第16 議案第19号 厚真町スポーツ施設設置条例の一部改正

第17 議案第20号 厚真町ウタリ住宅新築資金等貸付条例の一部改正

第18 議案第21号 厚真町介護保険条例の一部改正

第19 議案第22号 厚真町環境保全林条例の一部改正

    議案第28号 町道路線の認定(新町フォーラム線)

第20 議案第23号 厚真町公共下水道区域外流入分担金条例の一部改正

    議案第24号 厚真町浄化槽市町村整備推進事業に関する条例の一部改正

第21 議案第25号 厚真町営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正

第22 議案第26号 東胆振3町介護認定審査会共同設置規約の一部変更

第23 議案第27号 北海道市町村総合事務組合規約の一部変更

第24 議案第29号 町道路線の認定(美里山手支線)

    議案第30号 町道路線の認定(かえで団地1号線)

    議案第31号 町道路線の認定(かえで団地2号線)

    議案第32号 町道路線の認定(本郷団地7号線)

第25 承認第1号 専決処分の承認(平成23年度厚真町一般会計補正予算(第7号))

    承認第2号 専決処分の承認(平成23年度厚真町一般会計補正予算(第8号))

第26 議案第7号 平成23年度厚真町一般会計補正予算(第9号)

第27 議案第8号 平成23年度厚真町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

第28 議案第9号 平成23年度厚真町介護保険事業特別会計補正予算(保険事業勘定補正予算(第3号)、介護サービス事業勘定補正予算(第2号))

第29 議案第10号 平成23年度厚真町簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

第30 議案第11号 平成23年度厚真町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第31 議案第1号 平成24年度厚真町一般会計予算

    議案第2号 平成24年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算

    議案第3号 平成24年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算

    議案第4号 平成24年度厚真町介護保険事業特別会計予算

    議案第5号 平成24年度厚真町簡易水道事業特別会計予算

    議案第6号 平成24年度厚真町公共下水道事業特別会計予算

    延会宣告

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(11名)

    議長  渡部孝樹君    副議長 三國和江君

    議員  了安正秋君    議員  吉岡茂樹君

    議員  大捕孝吉君    議員  木戸嘉則君

    議員  下司義之君    議員  木本清登君

    議員  井上次男君    議員  今村昭一君

    議員  海沼裕作君

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 町長          宮坂尚市朗君  副町長         古川元三君

 教育長         兵頭利彦君   総務課長        近藤泰行君

 総務課参事       橋本欣哉君   町民福祉課長      高田芳和君

 町民福祉課参事     長谷川栄治君  まちづくり推進課長   小松豊直君

 まちづくり推進課参事  岩田善行君   産業経済課長      中川信行君

 産業経済課農業農村担当参事       産業経済課参事     遠藤秀明君

             真壁英明君

 建設課長        堀 武志君   上厚真支所長      新飯田 治君

 会計管理者       中田 匡君   農業委員会事務局長   中田 守君

 生涯学習課長(学校給食センター長)   生涯学習課参事     佐藤照美君

             佐藤好正君

 代表監査委員      石橋俊樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●職務のため議場に出席した者の職氏名

 議会事務局長      佐藤忠美    議会事務局主査     田中咲詠子

 総務人事G主任     大塚知美

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○議長(渡部孝樹君) ただいまから平成24年第1回厚真町議会定例会を開会いたします。

                              (午前9時30分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(渡部孝樹君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(渡部孝樹君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(渡部孝樹君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に井上議員、今村議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(渡部孝樹君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期については、さきの議会運営委員会で本議会の運営について協議がされておりますので、その結果について報告を求めます。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(木本清登君) 3月1日開催した平成24年第1回定例会会期等の議会運営について、議会運営委員会の結果を報告いたします。

 本定例会に提案されている議案は、町長提出案件として同意5件、承認2件、議案32件であります。また議会提出案件は報告2件であります。

 一般質問については、9名の議員から通告があり、質問項目は29件であります。請願・陳情・要望等の受理及び取り扱いについてでありますが、昨日までに受理したものは5件であり、その内容につきましては議員配付のとおりであります。

 平成23年度の各会計予算につきましては、一括上程し、予算審査特別委員会を設置し、付託の上、審査に入ります。

 次に、本定例会の日程についてでありますが、本日は施政方針及び予算説明、教育行政執行方針のほか、お手元に配付しております議事日程に従いまして議案審議を行います。

 あすは、一般議案未審議分を終了後、一般質問に入り、3日目となる9日午前中には、一般質問の予備日とさせていただきます。午後から予算審査特別委員会に移行のため、休会とさせていただきます。

 9日の午後から予算審査特別委員会を開き、付託事件の審査に入ります。

 委員会の日程は、10日、11日の休会を除き、14日までの4日間とし、審査は各所管課別に行います。委員会最終日の14日に討論、採決をし、閉会する予定でおります。

 翌15日午前は、予算審査特別委員会の予備日とし、午後から本会議を再開、予算審査特別委員会の審査を行い、討論、採決をもって平成24年度の各会計の予算議案審議を終了いたします。

 したがいまして、本定例会の会期は、ただいま申し上げましたとおりでありますが、審議の延長も考えられますことから、16日を予備日とし、本日から3月16日までの10日間とすることといたします。

 なお、定例会最終日の終了後、議員協議会及び議員会総会を予定しています。

 以上、本定例会の会期等の決定についての報告といたします。

 以上です。



○議長(渡部孝樹君) お諮りいたします。

 本定例会の会期については、ただいまの委員長報告のとおり、本日から3月16日までの10日間といたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(渡部孝樹君) 諸般の報告を行います。

 議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第1号の報告



○議長(渡部孝樹君) 日程第3、報告第1号 所管事務調査報告を議題といたします。

 内容について説明を求めます。

 最初に、総務文教常任委員長。



◆総務文教常任委員長(今村昭一君) 別冊2、2ページをお開きいただきたいと思います。

 第4回定例会においての付託を受けました事務調査につきまして、調査事件は現地調査、京町保育園改修の状況、2点は、あつまスタードーム改修後の状況。

 事務調査といたしまして、教育アドバイザー設置事業について、2点は、厚真町教育サポート事業について、3点は、総合的な学習の時間実施事業について、以上の現地調査、事務調査を1月24日に実施いたしております。内容につきましては3ページ以降に記載しておりますとおりでありますので、お目通しいただきたいと思います。

 以上であります。



○議長(渡部孝樹君) 報告が終わりましたので、質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(木戸嘉則君) 別冊2の12ページをお開きください。

 23年第4回定例会におきまして、委員会活動の議決を得た所管事務調査について報告いたします。

 去る1月19日に調査を終了しました。調査事件でありますが、現地調査1、厚真町穀類乾燥調製貯蔵施設、2、こぶしの湯あつま。

 事務調査といたしまして、厚真町穀類乾燥調製貯蔵施設の利用状況について、?こぶしの湯あつまの経営状況について。

 主な説明でございますが、13ページから38ページに内容が載ってありますのでご報告を終わります。



○議長(渡部孝樹君) 報告が終わりましたので、質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 報告第1号は、以上をもって報告済みといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第2号の報告



○議長(渡部孝樹君) 日程第4、報告第2号 現金出納例月検査の結果報告を議題といたします。

 本件は、議案書別冊2に記載の報告書をもって報告済みといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△施政方針及び予算説明



○議長(渡部孝樹君) 日程第5、施政方針及び予算説明に入ります。

 最初に、施政方針について。

 町長。

          〔町長 宮坂尚市朗君 登壇〕



◎町長(宮坂尚市朗君) 平成24年厚真町議会第1回定例会の開会に当たり、新年度の町政執行に対する所信を申し上げます。

 まずは、町民の皆さん、町議会議員の皆さんに、町政諸般にわたり特段のご理解、ご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。また、日ごろのご精励に対し深く敬意と感謝を表する次第であります。

 昨年の東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故から、ようやく1年が過ぎようとしていますが、今なお避難を余儀なくされている方々や大勢の行方不明者がいることに、心からお見舞いを申し上げますとともに、それぞれに一刻も早い復帰がかなうことや、一人でも多くの方が発見されますようお祈りいたします。

 私たち日本人は、この大震災で大きな犠牲を払うことになりましたが、いつまでも悲しみに沈むばかりでなく、多くの教訓をあすの暮らしに生かしていかなければなりません。複雑に絡み合ったサプライチェーンも、すべてが安全に機能することを前提としていました。積み上げた信用も、小さな国で起きた大きな事故で瞬く間に失うことになりましたが、いま一度、何気ない日常や平穏、日本ブランドがどんなに大勢の命や努力、犠牲の積み重ねの上に成り立っているかを謙虚に受けとめ、これまでの先達のように、私たちもまた立ちどまらずに、あすに向かって行動しなければなりません。

 例えば、TPP参加国との協議の行方は、本町や北海道に大きな影響をもたらしますので、断固たる反対表明は当然のことでありますが、全国的に広がる経済・産業構造の変革論議は、本町の持続的発展にとっても大きな転機ととらえ、タブーを乗り越えて議論を深めていかなければなりません。

 幸い、厚幌ダム建設事業の継続決定により、国営農業用水再編対策事業、道営圃場整備事業、厚真川河川改修事業など、生産基盤整備や社会基盤整備が着実に推進され、本町の潜在力は大きく向上することになります。この機に国の対応を待つだけではなく、1次産業が縮小する雇用の受け皿として、あるいは魅力ある成長産業としての再生発展の道を模索する必要があります。

 もちろん、国際化、少子高齢化の進行で、あらゆる社会制度、産業構造が変化していかざるを得ない中にあって、本町における今後の選択が、本町の持つ経営資源や地理的優位性を生かしたものでなければならないことは明らかです。またその変化の主体は、当然町民の皆さんでなければなりません。

 私は、就任以来、選択と集中、危機と挑戦、住民と地域経営という3つの視点で、健全な財政運営、移住・定住の促進、きめ細やかな社会福祉、経営基盤の拡充、子育て・教育関係の充実、安全・安心な地域社会の形成に取り組んでまいりました。ただいまは任期の4年目を務めておりますが、町民の皆さんの不安を払拭するためにも、ダイナミックに変化する政治経済の情勢に、できる限り迅速、的確に対応してまいりたいと考えております。

 ここで、平成24年度の主な施策についてご説明申し上げます。

 最初に、健康と地域福祉づくりに対する取り組みについて申し上げます。

 次世代を担う子供たちが健やかに生まれ育ち、町民の皆さんが住みなれた地域でだれもが安心して暮らすことのできる地域福祉社会づくりのための施策を総合的に進めてまいります。

 まず、児童福祉について申し上げます。

 次世代を担う子供たちの情操教育の一層の向上と子育て環境の充実を図るため、京町保育園を本年4月から保育所と幼稚園の機能をあわせ持つこども園つみきとして、定員100名で運営を開始いたします。運営に当たっては、基本保育時間を午前8時から午後6時までと従来より30分延長するほか、専任の園長を配置し、質の高い保育・幼児教育を提供してまいります。

 宮の森保育園も、厚南地区の保育拠点でありますので、保育所と幼稚園の機能をあわせ持つこども園としての整備を検討してまいります。

 保育料につきましては、既に本年度から適用する減額改定を行っており、さらに新たな制度として、保育料の1割を金券に交換できる厚真町子育て支援保育料還元事業を創設し、子育て世帯の負担軽減を図ってまいります。

 また、小・中学生の通院と中学生の入院費用等の医療費自己負担相当額を金券に交換できる厚真町子育て支援医療費還元事業と、乳幼児やひとり親家庭については、北海道の医療費助成に上乗せした医療費助成を継続して実施してまいります。妊婦健診に対する経費の助成や特定不妊治療は、北海道の助成に上乗せするなど妊娠や出産に対する支援を継続し、さらに安心できる子育て環境を確保するための新生児訪問指導や、乳幼児健康診査・相談事業等、各種の母子保健事業について引き続き実施してまいります。

 次に、障がい者福祉について申し上げます。

 障害者自立支援法に基づく各種障害福祉サービス利用者への介護給付のほか、発達支援センターで行っている児童等の個別支援では、保育所や学校など関係機関と連携して支援する巡回相談支援員により、専門的な支援を継続してまいります。これまでの障害者分野だけではなく、それらに関連するDVや虐待等の総合的な福祉課代についても、要保護児童対策協議会等を設置するなど、それぞれの事案について支援しているところですが、より適切で迅速な対応が必要なため、関係機関と連携を強化し取り組んでまいります。

 こども園つみきでは、これまでの京町保育園と同様に、障害を持った園児にマンツーマンで対応し、個々の能力を引き伸ばすよう、発達支援センターや専門機関との連携を図りながら支援してまいります。

 腎機能障害や特定疾患、精神障害者に対する通院費の助成、人工透析患者等の送迎サービス、重度障害者の医療費助成につきましても継続して実施してまいります。

 次に、高齢者福祉について申し上げます。

 高齢者福祉につきましては、高齢者の方が住みなれた地域で、可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、在宅高齢者の生活を支援してまいります。

 また、介護予防事業では、地域包括支援センターが中心となって介護予防マネジメントや総合相談に応じるほか、本年度も嘱託作業療法士を配置し、総合ケアセンターゆくりを核とした在宅高齢者に対する予防支援を継続してまいります。

 本年度からスタートいたします第5期介護保険事業計画につきましては、介護基盤の整備と介護サービスの充実から、第4期計画と比較すると介護保険サービスの給付費が約13%増加する見込みであり、これに対応するため、介護保険料を4,000円から4,500円に引き上げ、安定した運営を図ってまいります。

 次に、町民の皆さんの健康管理と健康づくりについて申し上げます。

 我が国の平均寿命が伸び高齢化が進む中、がん、心臓病、脳卒中などの生活習慣病が依然として増加傾向にありますので、特定健康診査や特定保健指導を柱とした生活習慣病予防事業と、各種健診による早期発見、早期治療を徹底するとともに、引き続き本町における地域医療と圏域の2次救急医療体制との連携を密にし、安定した医療サービスの確保を図ってまいります。また予防接種の定期接種と、昨年度から助成拡大した任意接種による疾病発症の未然防止と症状の重篤化の防止対策に、町内の医療機関と連携して取り組んでまいります。

 次に、国民健康保険事業について申し上げます。

 本年度も、国保ヘルスアップ事業、特定健康診査、特定保健指導、脳ドック健診などの保健事業を充実するとともに、レセプト点検の強化、医療費通知の実施、ジェネリック医薬品の勧奨などの対策を実施し、医療費の適正化を図ってまいります。また国民健康保険料については、負担の公平性を確保するため、より一層の滞納解消に努めてまいります。

 次に、農業振興について申し上げます

 政府は、高いレベルの経済連携の推進と、我が国の食料自給率向上や国内農業・農村の振興とを両立させ、持続可能な力強い農業を育てるため、我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画を策定し、政府全体の責任で着実に実行することを表明いたしました。

 我が国の農林漁業は、担い手不足や農山漁村の活力低下などの構造的な諸課題に直面し、競争力の向上、体質強化が喫緊の課題であり、これらの解決なくして国民に対する食料確保の道筋は描けません。また例外なき関税撤廃を原則とするTPP協定への参加は、国内農業・農村への影響のみならず、国のありようを一変しかねない極めて重大な国民的問題であります。

 農業は、単に経済性のみを追求する産業ではなく、多面的機能の発揮など、国民の暮らしと命を守る生命産業であります。世界規模での食料危機が叫ばれる中、食料安全保障という観点からも、引き続きTPP協定には参加しないよう強く求めていかなければなりません。

 このような激動する農業情勢の中、本町農業の持続性が堅持され、先達の情熱とたゆまぬ努力によって築かれてきた歴史と伝統文化を継承する農村機能を維持していくためには、待ちの姿勢ではなく、今こそ一歩前に足を踏み出さなければなりません。あらゆる分野において、担い手づくりは本町の大きな課題であり、農業においては生産基盤整備とともに極めて重要な柱であります。本町が引き続き食料供給基地の一員としての使命を果たすためにも、人を残し育てることを基本に、総合的な農業政策の展開が重要であります。

 持続可能な農業を確立するためには、本町と国、北海道の農業政策を有機的に組み合わせ、集中的、重点的に支援していかなければなりません。このため厚真町農業再生協議会において次の4点の推進活動を充実強化し、総合的な担い手の経営基盤の強化に取り組んでまいります。

 1点目は、農業者戸別所得補償制度の推進についてです。制度内容は昨年度と同様に継続されますので、引き続き円滑な実施を推進してまいります。

 2点目は、効果的な農地の流動化の推進についてです。国が示す地域農業マスタープラン、人・農地プランの策定に早急に取り組み、食と農林漁業再生基本方針・行動計画に基づく新たな政策に対応してまいります。特に優良農地の利用集積は、担い手の経営発展に極めて重要な取り組みでありますので、関係機関・団体による農地情報の共有化や、農業委員会や地域農用地利用改善団体との一層の連携により、法令に基づく農地政策を最大限に機能発揮させるとともに、農地利用集積円滑化事業による面的集積を推進してまいります。

 3点目は、農業経営の法人化の推進についてです。本町においても、農業従事者は減少の一途をたどっており、特に将来へ向かって農業の持続性を確保していくためには、単に個別農家の経営発展のみならず、協業体制による農業生産の法人化を推進することが重要であります。本年度から協業型法人を目指す集落営農組織等に対し、法人設立に向けた研修会開催等のソフト活動を支援してまいります。

 4点目は、新規就農者等の就農支援を行う体制づくりについてです。新規就農希望者の農業研修を充実させるため、農業研修受入登録農家等の組織化を図り、研修・育成機能としての研修農場システムの基礎づくりを推進してまいります。意欲ある農業後継者や新規参入者など、本町農業を支え地域貢献を果たす人材を育成し、もって本町農業の持続的発展と活性化を図るため、引き続き厚真町担い手育成夢基金を造成、運用し、農家後継の定着や新規就農者への経営支援などの総合的な資金対策を講じてまいります。

 あわせて、本年度から農家後継、新規参入者の円滑な就農と生活環境づくりとして、農地・機械設備等の初期投資に対する補助制度を講じることとし、経営開始や新規分野の取り組みなどの負担軽減を図ってまいります。また新規就農希望者の本格的な受け入れ実証事業として実施おります厚真町地域おこし協力隊・農業支援員は、本年度も継続実施し、都市地域在住者で農業自立を目指す優秀な人材を追加募集して、新たな担い手の育成、確保を図ってまいります。

 また、本町産農産物の彩りをふやし本町農業の新たな魅力を創造するため、引き続き生産者の自由な発想による新規振興作物導入等のチャレンジを支援するとともに、実需者側の評価機会を設け、新規作物の可能性を検証してまいります。またハスカップの新品種ゆうしげとあつまみらいのブランド化を進めるため、作付拡大を継続支援するともに、特産品開発行動計画の策定と連動し、関係機関全体で本町産ハスカップのブランド確立に向けた総合的な戦略づくりに取り組んでまいります。

 あわせて、販路開拓や拡大、消費者への効果的なPR活動等、本町産農産物の販売促進活動に向けた生産者、生産者団体等の積極的な取り組みに対しても継続支援してまいります。

 また、本年度新たに農業生産の省エネルギー化対策として、花卉電照栽培のLED化の初期投資を支援してまいります。

 エゾシカの個体数は、近年、全道的に増加の一途をたどっておりますが、本町ではこれまで農作物の被害防除対策として侵入防止さくの設置を支援し、金網フェンスについては総延長約250キロメートルとなりました。一部の未対策地区は残りますが、侵入防止さくの設置支援は一たん終了し、本年度は補完対策として町道2カ所にグレーチング布設による侵入防止施設を設置してまいります。農耕期間は、引き続き有害鳥獣駆除協力団体の協力を得て、エゾシカの個体数調整を実施してまいります。

 農村地域は、非農業者を含む多様な担い手による営農活動や社会活動が幾重にも折り重なって、環境保全や良好なコミュニティ社会が維持されるなど多面的機能を備えております。中山間地域等直接支払制度と、第2期対策となる農地・水保全管理支払制度は、こうした農業、農村の多面的機能の維持、増進に向けた農村振興策でありますので、両制度を有効に活用し、条件不利農地の耕作者支援や、農地、農道、用排水路等の社会共通資本と農村環境の保全活動の充実を図ってまいります

 次に、畜産振興について申し上げます。

 本町では、酪農、肉牛、養豚、大規模養鶏など多様な畜産経営が営まれておりますが、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザに代表されるように、常に家畜伝染病の脅威にさらされております。一昨年、宮崎県で発生した口蹄疫は、畜産経営はもとより地域経済、社会に大きな影響を及ぼしました。このことを踏まえ、国はこのような事態が今後起こらないよう、家畜伝染病予防法を抜本的に改正したところであり、特に畜産経営者が遵守すべき飼養衛生管理基準は、より一層厳格なものとなりました。

 家畜防疫の徹底は、個々の畜産経営の基本であると同時に、地域全体で取り組むべき大きな課題でありますので、北海道を初め関係機関・団体と連携して、改正家畜伝染病予防法の趣旨の徹底を図るとともに、引き続き家畜自衛防疫組合の自主的な活動を支援してまいります。

 酪農では、昨年度、生乳生産基盤の安定、強化を図るため、増産型の計画生産が実施されましたが、一昨年の猛暑による受胎率の低下等により生産量が減少し、苦しい経営を余儀なくされました。肉牛経営でも、東日本大震災と景気低迷の影響を受け、肉牛の市場価格が低調に推移しております。

 このような中、安定した畜産経営を持続させるため、酪農においては乳牛の固体改良と乳質改善を促進するため、引き続き胆振東部乳牛検定組合の検定事業に支援するとともに、本年度から優良雌牛の確実な確保を図るため、性判別精液の利用に支援し、酪農経営基盤の安定化を図ってまいります。

 肉用牛においては、本町産黒毛和種の市場評価を高めていくことが重要でありますので、幼齢期に給与する高たんぱく飼料の購入経費の一部を継続して支援してまいります。また町有牧野幌里牧場の搬出入路を造成、整備し、家畜防疫の徹底と利用者の利便性向上を図ってまいります。

 一昨年から、いぶり農業共済組合が検討を進めていました組合本部事務所と診療所の移転計画につきましては、昨年秋に本町新町地区において移転改築することが決定し、町におきましても宅地造成に係る諸手続を進めてまいりました。本年度は5月中旬に組合建物の建設着手ができるよう宅地造成工事を行い、移転計画に配慮してまいります。

 なお、建物は12月に完成後、移転作業を進め、年明けには新たな場所での業務開始が予定されております。

 次に、農業基盤整備について申し上げます。

 道営圃場整備事業につきましては、昨年度で美里地区が完了し、全体計画21地区のうち12地区が完了いたしました。本年度は継続地区の美里第2、軽舞、東和、豊沢、豊協第1の5地区に加え、豊協第2地区の新規採択を予定しております。また幌内富里地区については、平成26年度の地区採択に向けて、計画樹立に取り組んでまいります。

 また、自力施工等による農地区画の拡大や暗渠管設置といった簡易な農地整備に対しては、国の補助制度を活用し、整備済み農地の高度利用に取り組んでまいります。

 次に、厚幌ダム建設事業について申し上げます。

 本町の抜本的な治水対策と、農業振興のかなめとなる厚幌ダム建設事業につきましては、昨年8月26日に国土交通省において事業継続が正式に決定したところであります。今後は事業主体である北海道や関係機関と強力に連携して、平成28年ダム完成に向け、必要な予算の確保と事業促進を図ってまいります。

 次に、林業振興について申し上げます。

 林業は、依然として採算性が厳しい状況に置かれているものの、二酸化炭素吸収源として地球温暖化の防止や国土保全、水源の涵養など自然環境の維持といった森林の持つ多面的機能の発揮に加え、災害復興のために一定の役割を果たすことが期待されております。

 森林のうち、特に人工林の整備においては、植えて、育てて、切って、また植えることが重要です。そのため北海道では、造林時の森林所有者の費用負担を軽減するため、補助事業を継続実施することとしていますので、本町においても造林後に必要な下刈りに対して、引き続き独自の補助事業を実施し、森林整備を強力に後押ししてまいります。

 町有林につきましては、森林施業計画に基づく適切な保育管理に努めながら、財産価値が最大となる林齢50年をめどに収穫し、あわせて地場林業の活性化と雇用の場の確保につながるよう、植林等の造林事業を計画的に進めてまいります。

 また、新町、豊沢、宇隆地区環境保全林については路網整備を進め、環境保全林の活用方法の検討を進めてまいります。

 次に、水産業の振興について申し上げます。

 魚介類の消費量は減少傾向にあり、また魚価の低迷の長期化など、水産業を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いています。昨年の厚真地区のシシャモ漁は、漁獲量が前年比約75%減の6.4トン、取り扱い額が約1,010万円と、期待した水揚げを大きく下回りましたが、マツカワの種苗放流事業は、えりも以西太平洋沖沿岸の各漁協、自治体が一体となって実施してきた結果、現在では順調な生育で徐々に漁獲量が増加しており、町内イベントでの試食会やアンケート調査などPR活動に取り組んできたところであります。

 本年度も、引き続きシシャモふ化事業による資源確保と、マツカワの種苗生産を支援するなど栽培漁業の積極的な推進による経営の安定、強化を図ってまいります。またマツカワのブランド名である王蝶の知名度アップを図るため、漁業、関係団体と連携して広報活動に取り組んでまいります。

 次に、商工業の振興について申し上げます。

 国内経済は、公共投資の削減や低迷する個人消費など、依然として厳しい状況が続いております。本町においては、農業情勢の悪化や少子高齢化の進行が町内の商工業者の売り上げにも大きな影響を及ぼしており、商工業者の経営体力の強化と、潜在購買力を町内商店街へ誘導することが重要であります。

 商工業者の経営体力を強化するための商工会の経営指導や地域振興事業への支援、緊急に必要とする少額の運転資金を融通する中小企業短期運転資金や、中小企業振興資金に対する利子補給など、商工業者に対する金融対策を引き続き実施してまいります。また景気動向を注視しながら、必要に応じた効果的な経済対策を講じてまいります。

 次に、雇用と暮らしの安定について申し上げます。

 雇用情勢が回復しない状況にあることから、苫小牧公共職業安定所や苫小牧地域職業訓練センターとの連携を深め、町民の雇用機会が拡大するよう、求人情報や資格取得案内の周知など、身近な労働相談にきめ細かく対応してまいります。雇用創出の取り組みとしては、臨時職員の雇用による公園、街路樹管理事業、アライグマの捕獲、生育調査事業などを実施いたします。季節労働者の通年雇用化への取り組みとしては、各種セミナーの案内や資格取得制度の情報提供を行ってまいります。

 次に、観光の振興と地域活性化の推進について申し上げます。

 本町においては、厚真町グリーン・ツーリズム推進方針を策定し、地域資源を活用しながら、自然、文化、人々との交流を楽しむ活動等の取り組みを実施しており、昨年度は厚真町グリーン・ツーリズム運営協議会を立ち上げるとともに、モデルツアーを実施し、旅行会社へ提案を行うなど、都市との交流促進に向けた取り組みを進めてきたところであります。

 グリーン・ツーリズムの基本は、多くの方々がみずから交流を誘う活動に参加し、その輪の広がりによって形づくられるものであることから、運営協議会にはグリーン・ツーリズムに取り組む意欲のある町民の皆さんが参加できることとしており、本年度も推進コーディネーターの助言を得ながら、この運営協議会を核として農村滞在型余暇活動機能整備計画書の策定、ファームレストランや農家民泊の開設支援等の取り組みを進めてまいります。また、地元農畜水産資源を活用した地域メニューづくりを推進し、こぶしの湯や町内飲食店等において提供してまいります。

 観光振興を図る上では、観光協会の役割は重要でありますが、これまで厚真町観光協会事務局は町職員が兼務していたことから、プロモーション活動や新しい観光資源の開発、特産品の振興など、腰を据えて取り組むことがなかなかできない状況にありました。近年、観光協会の専任スタッフを配置して、観光振興に力を入れている市町村がふえてきておりますので、本町においても地域おこし協力隊の制度を活用し、観光振興のための事業プランの策定や情報発信力の強化、イベントの推進などの取り組みを進めていくことといたします。

 祭り、イベントにつきましては、本年度で田舎まつりが第40回目を迎えることから、周年行事にふさわしい盛大なイベントとなるように準備をしてまいります。また夏のイベントの浜まつりや冬のイベント、スターフェスタ、ランタン祭り、参加チームが増加し盛り上がりを見せているあつま国際雪上3本引き大会につきましては、道内に広く認知されていくことを期待し、引き続き支援をしてまいります。

 地域の活性化を図るための起爆剤として、特産品振興も重要であります。本町の地域資源を生かした新たな特産品開発とブランド化に向けて、市場調査や地域資源の発掘等を行いながら、特産品開発行動計画を策定するとともに、お米やハスカップを活用した新商品の開発を同時に進めてまいります。

 また、農林漁業生産者と加工、販売の一体化や、新たな産業の創出など、農林漁業者の6次産業化や食品加工業者等の振興を図るため、異業種交流セミナーの開催や支援制度を創出いたします。

 さらに、厚真町観光協会と連携し、大都市圏等で開催される物産展への出展や商談会への出品、インターネットショップの開設など販路開拓にも取り組んでまいります。

 食と観光のブランド化に向けた広域連携の取り組みについては、昨年度から胆振東部の1市4町によるスタンプラリーの実施やマーケティング調査などを行っておりますが、本年度は新しいツアー商品創出のためのモニターツアーの実施や観光情報の発信、さらには新しい食の商品開発等に取り組み、東胆振全体の魅力向上や交流人口の増加を図っていく予定であります。

 交流促進施設こぶしの湯につきましては、開設から15年以上が経過し、施設内の設備、機器の老朽化が進んでおりますので、必要な改修と更新を実施し、利用者のサービス向上を図ってまいります。

 なお、こぶしの湯周辺の土地利用につきましては、現在プランを作成中ですが、関連分野を含めて幅広い検討が必要でありますので、関係機関と連携しながら検討を進めてまいります。

 次に、企業誘致について申し上げます。

 本年度は東日本大震災を教訓に、企業におけるリスク分散志向が高まっていることから、本町の優位性を前面に出した企業の誘致に向け、情報収集や活動を行ってまいります。また福島第一原子力発電所の事故後、注目を集めている再生可能エネルギー関連の新規プロジェクトの立地についても、北海道との連携を図りながら誘致活動を行ってまいります

 次に、地域公共交通対策について申し上げます。

 平成15年度から運行を開始した循環福祉バスは、運行の効率化とサービス向上のため、一昨年10月から、予約があったときだけ走るデマンドバス方式の試験運行をスタートさせ、昨年8月からは新しい車両めぐるくんによる、利用者の玄関先から目的地まで送迎するフルデマンド運行を全町域で実施することができました。本年度はこの運行体制を守りながら、新たに厚南地域を対象に上厚真市街地へ向かう路線を新設し、買い物や路線バスへの接続がよりしやすくなるよういたします。また町外への移動手段として欠くことができない路線バスについては、引き続き赤字補てん等の対策で存続に努めてまいります。

 次に、住宅と公営住宅の整備について申し上げます。

 東日本大震災を契機に、安心して生活できる住環境と、一極に集中しない多様なエネルギーの供給が、日常の暮らしを維持する中で最も必要なことであることを痛感したところです。本年度は、住宅耐震化率の向上と省エネルギー、新エネルギーの普及促進を図るため、従来の耐震改修補助制度と、環境対策としての住宅太陽光発電システム設置補助制度、エコ住宅新築等補助制度、ペレットストーブ購入費補助制度の4つの制度を1つにまとめ、さらにこれらと組み合わせて行う住宅リフォームに対し費用の一部を補助する安全・安心、省エネ住宅推進事業を新たに創設し、使い勝手のよい補助制度で、安心して暮らせる住環境づくりを推進してまいります。

 次に、公営住宅の整備について申し上げます。

 かしわ団地4号棟、かえで団地1号棟、上厚真新団地の外装・外壁補修を実施してまいります。また町営住宅環境改善整備事業では、公営住宅等長寿命化計画に基づいて順次改善してまいります。

 次に、移住、定住について申し上げます。

 昨年度、65区画で分譲を開始したフォーラムビレッジは9区画が分譲済み、2区画が予約をいただいている状況であります。本年度は20区画の追加分譲と、道路や調整池、散策路の整備を行ってまいります。本年度も引き続き持ち家補助や苗木プレゼント、関東や関西などの大都市でのPR活動、見学会、メディアを活用した広告宣伝などを積極的に展開し、販売促進に努めてまいります。また移住を促進するため、空き家活用による住宅確保を目的とした空き家再生補助制度も引き続き行ってまいります。前年度調査した古民家については、本町の貴重な財産であり、長く後世に残すことを前提に、今後の保存・活用計画について検討してまいります。

 上厚真市街地の整備については、本年度より移住・定住促進住宅地の1カ所において、現地調査及び仮換地指定までの事業を行ってまいります。

 次に、簡易水道事業、公共下水道事業について申し上げます。

 簡易水道未給水区域解消のため、フォーラム地区の配水管布設を実施いたします。また道路整備事業に伴う浜厚真地区の布設がえ工事も実施いたします。

 統合簡易水道事業については、厚幌ダム建設事業に伴う再評価や、新町地区から東和地区までの配水管布設工事を実施いたします。

 合併処理浄化槽の整備事業については、平成21年度から浄化槽市町村設置型事業により、公共下水道整備区域外の生活排水処理を推進しており、本年度も同事業のPR活動を展開し、水洗化率の向上を図ってまいります。

 次に、道路の整備について申し上げます。

 国の公共事業予算も削減傾向にあり、今後は社会資本整備総合交付金を財源とした道路橋梁整備が中心となります。本年度は継続事業の浜厚真本線の舗装工事が完了となり、海岸1号線の改良舗装工事は引き続き実施します。新規事業としましては、橋梁長寿命化工事として、臨港大橋外3橋を施工してまいります。

 道道の整備については、継続事業の上幌内早来停車場線と北進平取線のトンネル工事が施工されます。

 新規事業としましては、厚真浜厚真停車場線の実施設計や用地買収が行われます。また東日本大震災からの復興基本法に基づく全国防災枠予算では、幌内地区の落石対策工事や厚真川河口付近の樋門自動化工事の着手が予定されております。

 次に、河川の整備でありますが、北海道管理河川である厚真川と入鹿別川の河川改修工事は、本年度も継続して実施されます。

 次に、環境対策について申し上げます。

 再生可能エネルギーなどを中心とした環境・エネルギー分野においては、福島第一原子力発電所事故を受けて、さらなる技術革新により地球環境と経済成長の高度な両立、低炭素社会の実現を図ろうとする動きが加速しております。

 本町において、再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電は、本年度に配置予定の上厚真小学校を含め、公共施設としては3基となりますが、町内全体の設置台数はまだ13基と少ない状況です。本年度は前述のとおり、住宅太陽光発電システム設置補助金を申請する住宅リフォーム補助金とセットにすることで、使い勝手を改善し普及促進を図ります。また公共施設における温室効果ガスの削減については、厚真町地球温暖化対策実行計画に基づき、目標達成に向けた取り組みを進めてまいります。

 次に、交通安全対策について申し上げます。

 昨年8月に発生した死亡事故により、町内における交通事故死ゼロは1,944日でストップいたしました。ご遺族や関係者にとっては悲しい出来事であり、また日ごろから事故撲滅を目指して交通安全運動に取り組んでいただいている関係機関や町民の皆さんにとっても、まことに残念な出来事でありました。

 交通事故は、運転者、歩行者など双方が常に交通安全を意識しマナーを守ることで、その大部分を防ぐことができます。また私だけは大丈夫だという油断は禁物であり、みずから身を守るという意識づけも不可欠です。本年度におきましても、交通安全運動の普及啓発活動を一層充実させ、交通安全協会、指導員会の皆さんととも連携しながら、交通事故のない安全な地域社会を目指してまいります。

 次に、防災対策の充実について申し上げます。

 昨年度、災害時における防災活動の高度化と、災害対策本部体制の充実や、避難所の設置運営に係る課題等を点検するため、厚南地区を対象として防災訓練を実施いたしました。訓練には、自衛隊を初め消防・警察関係者等の関係機関並びに多くの町民の皆さんに参加、ご協力をいただき、改めてお礼を申し上げます。

 本年度は、これらの経験を踏まえて、津波ハザードマップの作成に合わせて防災計画の見直しを進めるとともに、非常時における災害対策本部の運営体制の充実を図る防災訓練を進めてまいります。また、災害被災時における防災備蓄品のあり方の検討と充実に努めてまいります。

 次に、生涯学習の推進について申し上げます。

 人は、学ぶことを通して成長し、やがては社会を、そして歴史や文化を創造していきます。生涯学習は、町民一人一人が豊かな生活を送ることができるよう、その生涯にわたって、あらゆる機会、あらゆる場所において学習し、自己の人格を磨いて、その成果を適切に生かすことで、地域や社会全体の活性化を図ることを目指しております。本町の第3次総合計画における学校教育の目標は、たくましく心豊かな子供たちをはぐくむ学校教育の推進であります。

 今、学校では、次代を担う子供たちの生きる力となる確かな学力、豊かな人間性、健やかな体と調和のとれた人づくりに向けて、自然や文化を初めとする地域資源を十分に生かした教育活動を展開していただいております。

 また、学校は、子供たちが自分のよさを発見し、基礎、基本を身につけられる場所であります。学校、家庭、地域が連携、協力し、特色ある教育活動を実践して、将来の国や地域を支える児童・生徒の育成に取り組んでまいります。

 北海道立厚真高等学校については、全道的に中学卒業生の減少が住む中で、学校の魅力づくりや特色ある教育活動に、生徒、教員、PTAが一丸となって取り組んでおりますが、今後も地域の高校として発展できるよう、厚真高等学校教育振興会を通じて、通学費の助成や特色ある教育活動を支援してまいります。

 青少年の健全育成については、厚真の子供たちが地域社会の中で心豊かで健やかに成長を遂げる環境づくりに努めてまいります。特に昨年度から検討を進めてまいりました子供たちの放課後生活を充実させる取り組みにつきましては、これまで旧富野小学校における学童保育と放課後子ども教室の連携事業を目指しておりましたが、保護者の意見等を考慮し、本年度は主に小学校施設を活用した放課後子ども教室を単独で開催してまいりますが、今後における学童保育との一体化を検討する試行期間として位置づけております。

 読書活動については、中核施設であります青少年センター図書室をリニューアルし、明るく快適な読書環境へと整備しましたので、今後も図書利用の拡大に努めるともに、効果的な読書活動の推進に努めてまいります。

 スポーツの振興については、町民の皆さんの体力向上や交流の場、地域活性化の場として各種スポーツ事業を開催するとともに、スポーツ団体などへの支援を行い、地域スポーツの振興に努めてまいります。また地域スポーツの拠点でありますスポーツセンタースタードームについては、スポーツセンターの耐震改修を含む大規模改修工事も完了し、安全性などが向上しておりますが、今後も施設の適正管理に努めてまいります。

 次に、行財政運営の健全化について申し上げます。

 現在、毎年の財政シミュレーションの見直しにより、予見性を確保し安定した行政運営ができるよう努めておりますが、国は本年1月から行政改革を一層進めることを基本に、行政構造改革に取り組む行政構造改革実行法案の制定作業に取りかかりました。

 内容は、行政の資源配分の最適化、国民本位の行政の実現、豊かな公と小さな官の基本理念にのっとり、国は改革を推進する責務を有し、地方公共団体は国の施策に呼応して改革を推進する責務を有することとしております。本町においても、国の実行計画の内容を見定めながら、地域主権の時代にふさわしい規制改革に対応する業務執行体制の効率化や、中長期的な取り組み方針の研究にも着手してまいります。

 また、行政運営の効率化を図る経常経費の削減については、本年度も継続して財政シミュレーションに合わせた削減に努めているところであります。

 次に、住民主体のまちづくりを推進する取り組みについて申し上げます。

 町内の全自治会と団体を対象にした町政懇談会も、ことしで48年を迎えましたが、高齢化が進む中で皆さんからの話題は、地域のインフラ整備から、地域コミュニティをいかに存続し活性化させるかという方向へ変わってきております。地域が抱える問題を行政の力だけで、または地域の努力だけで解決することは難しくなりました。住民と行政、若者と高齢者など、立場、年齢に関係なく、相互理解のもと知恵を出し汗を流す、その協働がきめ細かな公共空間を創出し、地域社会にさらに強いきずな、安心が生まれるものと確信しております。

 長い歴史を持つ町政懇談会は、皆さんと直接対話できる貴重な機会でありますので、地域の理解と協力を得ながら、互いの情報交換と町政参加への場になるよう、内容の充実に努めてまいります。また補助機関としての各種委員会、協議会等は、今後とも女性と若年層の参加を推進し、幅広い声が町政に反映できるよう努めてまいります。

 これら町民の皆さんと行政との協働のあり方など基本的なルールを定める住民自治基本条例あるいはまちづくり基本条例につきましては、皆さんとまちづくりの実践の中で議論し、調査、研究を進めてまいります。

 以上、24年度の町政運営に対する私の基本的な考え方と主な施策について、その概要を申し上げました。非常に厳しい社会情勢でありますが、厚真町民憲章には、先達から受け継いだフロンティアスピリッツと遠大な理想を持って平和と繁栄の道を歩み続ける、そんな決意が込められています。今、私たちがなすべきことをなし、先達から受け継いだ郷土を着実に、そして力強く前進させたいと願っています。

 一日たりとも町政の停滞は許されない状況にあって、本町の新しい価値の創造と健全で活力ある地域社会を目指して、職員と一丸となって、地に足のついた政策展開を行ってまいります。

 結びに、町民の皆さん並びに町議会議員の皆さんのご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げ、私の町政執行に対する所信といたします。

 ありがとうございました。



○議長(渡部孝樹君) ここで暫時休憩といたします。再開を10時45分といたします。



△休憩 午前10時31分



△再開 午前10時45分



○議長(渡部孝樹君) 会議を開きます。

 予算説明に入ります。

 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 次に、今議会に提案いたしました平成24年度の各会計予算の大綱についてご説明申し上げます。

 平成24年度の各会計予算は、一般会計51億6,000万円、国民健康保険事業特別会計6億5,600万円、後期高齢者医療特別会計7,660万円、介護保険事業特別会計4億9,060万円、簡易水道事業特別会計3億7,790万円、公共下水道事業特別会計1億8,200万円で、予算の総額は69億4,310万円であります。

 初めに一般会計についてですが、歳入は町税15億8,235万9,000円、地方交付税17億7,600万円、国・道支出金7億7,618万5,000円、町債4億5,520万円、その他地方譲与税、地方特例交付金、使用料、繰入金、諸収入など合わせて総額は51億6,000万円で、対前年度比3.0%の減となっております。

 歳入のうち、対前年度との主な増減を申し上げますと、町税では固定資産税の減少により4.5%の減、地方交付税では、町税を中心とした基準財政収入額が減少したため4.2%の増、国庫支出金では、上厚真かえで団地公営住宅建設事業、スポーツセンタースタードーム整備事業を終了しましたので33.3%の減、道支出金につきましては、林業専用道路規格新町豊沢線開設事業などにより3.2%の増、繰入金につきましては、スポーツセンタースタードーム整備事業などが終了しましたので51.0%の減となっております。

 次に、歳出について申し上げます。

 議会費では、議会運営に要する経費として5,404万2,000円を計上、総務費では庁中管理、財産管理、地域情報化対策、定住化促進対策、交通安全対策経費などの総務管理費と、徴税費、戸籍住民基本台帳費等を合わせて2億7,106万3,000円を計上、民生費につきましては、社会福祉総務費、障がい者福祉、老人福祉、医療給付などの社会福祉費と子ども手当、こども園、へき地保育所の運営、学童保育に要する経費などの児童福祉費、その他災害救助費を合わせて7億382万6,000円を計上、衛生費につきましては、予防、保健指導、環境衛生、総合ケアセンター経費などを合わせて2億4,820万6,000円を計上、労働費につきましては、緊急雇用創出事業や労働諸費など2,323万6,000円を計上、農林水産業費につきましては、農業委員会費、農業振興、畜産業、農業開発、交流促進施設経費などの農業費と林業振興、町有林管理の林業費に水産業費を合わせて5億202万1,000円を計上、商工費につきましては、商工費、観光費、地域活性化推進費を合わせて8,173万7,000円を計上、土木費につきましては、土木管理費と道路維持、道路新設改良などの道路橋梁費及びダム対策経費などの河川費並びに住宅管理費などの住宅費と公園管理、公共下水道経費、宅地整備費などの都市計画費を合わせて5億4,263万円を計上、消防費につきましては、胆振東部消防組合負担金を計上している消防費と災害対策費を合わせて3億1,641万1,000円を計上、教育費につきましては、教育委員会経費などの教育総務費と小・中学校の管理、教育振興経費、文化財保護、厚南会館、青少年センター、創作館運営経費などの社会教育費と体育振興と体育施設、学校給食センター運営経費などを合わせて6億1,588万5,000円を計上、ほかに地方債の元利償還金である公債費、職員の給与費、予備費を合わせて、平成24年度の一般会計の歳出予算の総額は51億6,000万円といたしました。

 次に、国民健康保険事業特別会計について申し上げます。

 平成24年度における医療給付費は、前年度の当初予算に比べ3.7%の減額と見込みましたが、保険給付費と共同事業拠出金などは減額する見込みで、歳入歳出予算総額は6億5,600万円を計上、これに要する財源のうち、一般被保険者、退職被保険者の保険料は1億8,786万円と見込んでおります。

 次に、後期高齢者医療特別会計について申し上げます。

 本会計は、北海道を1つとした広域連合で運営される後期高齢者医療保険の本町被保険者の保険料を扱うための特別会計でありますが、平成24年度における歳入歳出予算総額は7,660万円を計上、歳入の主なものは、被保険者の保険料と保険基盤安定拠出金としての一般会計繰入金であります。

 次に、介護保険事業特別会計について申し上げます。

 平成24年度における保険事業勘定につきましては、介護給付費が前年度の当初予算に比べ9.3%の増と見込み、歳入歳出予算総額は4億6,150万円を計上、これに要する財源のうち第1号被保険者の保険料は8,013万9,000円と見込んでおります。

 介護サービス事業勘定につきましては、厚南デイサービスセンター、グループホームなどの居宅介護サービス事業費と介護支援事業費が、前年度の当初予算に比べ17.8%増加すると見込み、歳入歳出予算総額として2,910万円を計上、これに要する財源のうち介護給付費収入などのサービス収入は418万1,000円と見込んでおります。

 次に、簡易水道事業特別会計について申し上げます。

 平成24年度の主な事業は、統合簡易水道事業などでありますが、職員給与、浄水場の管理など総務費で6,856万8,000円、施設の維持費、建設改良費など施設費で2億5,013万円、ほかに公債費、予備費を合わせて歳出予算の総額は3億7,790万円を計上、これに要する財源のうち使用料及び手数料は1億1,670万6,000円と見込みました。

 最後に、公共下水道事業特別会計について申し上げます。

 平成24年度の主な事業は、浄化槽市町村整備推進事業などでありますが、職員給与などの総務費で2,179万9,000円、施設管理費、浄化槽整備など施設費で8,820万4,000円、ほかに公債費、予備費を合わせて歳出予算の総額は1億8,200万円を計上、これに要する財源のうち使用料及び手数料は3,962万2,000円、受益者負担金は276万9,000円と見込みました。

 以上、平成24年度の各会計予算についてご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△教育行政執行方針



○議長(渡部孝樹君) 日程第6、教育行政執行方針に入ります。

 教育長。

          〔教育長 兵頭利彦君 登壇〕



◎教育長(兵頭利彦君) 平成24年第1回厚真町議会定例会の開会に当たり、厚真町教育委員会の所管行政の執行に関する主な方針について申し上げます。

 昨年の東日本大震災により、我が国はかつてない甚大な被害を受け、教育界も大変な混乱と影響を受けました。その衝撃に揺れた1年が今過ぎようとしておりますが、悲しみ、苦しみに見舞われた被災者や次代を担う子供たちの日常生活も、徐々に回復に向かい、教育環境も改善への歩みを続けておりますが、よりよく安心し過ごせる生活や学ぶ環境が一日も早く整うことを心から願うものであります。

 今、国内は震災復興を初め少子高齢化の進行、国際競争の激化、産業の空洞化等に直面している一方で、世界は国や地域という境界を超えて、一層結びつきを強めており、広い視野に立ってグローバル化時代に対応する人材の育成がますます求められております。教育委員会では、本年、本町の未来を担う子供たちが夢と希望を持ち、主体的に未来を切り開くことができるよう、その基礎となる確かな学力、好ましい生活習慣と体力向上を初め、自己と他者との関係を構築するコミュニケーション能力など基礎的・基本的な知識、技能をしっかりと身につけた、たくましく生き抜く児童・生徒の生きる力の育成を教育の重点に据えて取り組んでまいります。

 また、社会教育においても、地域の子供から大人まですべての人が他者と協働して新たな価値を生み出すなど、町民一人一人が多様な目的を持って幸福感を追求しながら、みずからを高めることができるように、学校教育と社会教育が一体となって厚真町教育計画の実現に取り組み、潤いのある地域づくりを目指して、本年も各分野の施策を推進してまいります。

 学校教育について申し上げます。

 最初に、教育環境の充実でありますが、本年は昨年の小学校に引き続き、中学校が新学習指導要領の全面実施となり、授業時数の増加や教科書の一新など、質、量の両面で教育の充実が図られます。そこで学校教育においては新学習指導要領が目指す基礎的・基本的な知識、技能の確実な定着と、これらを活用する力の育成に向け、指導の達成目標を明確にしながら、わかりやすい授業を通じて物事をしっかりと考える力を身につける指導に努めてまいります。

 また、児童・生徒の好ましい人間関係や学級の温かい雰囲気づくりに心がけ、児童・生徒が安心して自分の力を発揮できる学校づくりと、教育アドバイザーや教育サポーターの配置により、児童・生徒へのきめ細かな指導の徹底、学びの機会や定着を保障する補充学習、さらには校内の課題に即した授業改善などを支援してまいります。また本年から本町の特色ある教育として、文部科学省の教育課程特例校の指定を受けて、小学校第1学年から外国語活動に取り組み、厚真町独自のカリキュラムや教育課程の工夫を凝らしてALTの活用を図りながら、児童・生徒のコミュニケーション能力の素地や基礎を養う外国語活動に取り組んでまいります。

 この外国語活動は、小・中・高等学校の教員がかかわり合って展開することにより、小学校から中学校英語、高校英語とのスムーズな接続を図るとともに、グローバル化社会に対応できる、活用性の高い外国語活動を組織的に育成することを目指しております。

 さらに、本年から教科書や教材の大型化、児童・生徒の体格に合わせて天板の面積が大きく、下肢空間が広がったJIS新規格の机、いすへの計画的な更新を行うとともに、自然エネルギーへの関心の高まりや環境問題に関心を深める教育活動を充実するため、上厚真小学校に太陽光発電施設の設置を行い、教育環境の充実も図ってまいります。

 次に、学力向上の取り組みについてですが、これまで5回実施された全国学力・学習状況調査は、その実施ごとに教育課題が明らかとなり、学校では指導の工夫や改善に努めていますが、今なお解消されない課題が存在しております。北海道教育委員会では、昨年の6月の教育行政執行方針で、平成26年度の全国調査までに、本道の学力を全国平均以上にするという目標を掲げ、学校、家庭、地域が一体となって学力向上に取り組む学力向上総合事業を打ち出すなど、実効性のある教育活動を推進しております。教育委員会では、道教委が掲げた目標達成に向けて、これまでの全国学力・学習状況の調査の結果や、標準学力検査での結果をもとに、各学年ごとに児童・生徒一人一人のつまづきを細かく把握し、校内における課題の共有化の徹底と実効ある改善方策の樹立、教育課程編成への的確な反映や学級間、学校間の連携、協力を推進しながら、組織的で計画的な学力向上に取り組んでまいります。

 本年は、道教委が推進する学力向上総合事業による各種学力アップの取り組みを初め、本町の教育課題を町内の学校が共有し、全町挙げて教育課題の解消に取り組む方策づくりや授業改善などを行うため、厚真町学力向上推進委員会の設置を行い、小・中学校4校の連携を図った学力づくりを推進してまいります。

 また、厚真教師力アップ研修会や、校内課題に即した外部講師による校内の授業研究の充実、胆振教育局の指導主事訪問、公開研究会、さらには厚真町教育研究会の研修支援などを通じて、教員の指導技術の向上を図り、児童・生徒一人一人の基礎的・基本的な学力の定着を目指す授業づくりを学校と連携して取り組んでまいります。

 さらに、確かな学力の定着は日々の生活と密接にかかわっているため、学ぶ意欲を育てる体力、運動能力の向上、学びの定着に向けた家庭学習や規則正しい生活習慣の徹底など、学校、家庭、地域の連携協力の環境づくりを促進して、総合的な学力向上に努めてまいります。

 次に、特別支援教育の推進についてですが、特別支援教育は一人一人の違いに目を向け、より理にかなった教育指導や支援を行うことを目的にしています。本年は小・中学校の特別支援学級を7学級とし、学校生活や学習への支援を要する児童・生徒に対する特別支援教育支援員を1名増員して、個別の教育ニーズにこたえてまいります。

 防災と安全教育の充実については、地震、火山噴火、台風や集中豪雨などの自然災害を初め事故、災害に対して迅速かつ適切に対処するためには、災害の歴史や災害の性格を知り、災害から身を守る正しい知識と実践力を身につけなければなりません。そこで関連教科や特別活動など学校の教育活動全体を通じて防災教育の充実に努めるとともに、本年見直しが行われる厚真町防災計画に合わせて学校の避難体制のあり方も検討してまいります。

 さらに、子供たちの周辺には、災害のほかにも不審者の出現や危険箇所も存在しています。このため本年も通学路の安全マップ、交通安全教室、避難訓練など安全教育の推進を図って、危険を回避する能力の育成に努めてまいります。

 次に、豊かな心と健やかな体の育成についてですが、今、社会全体で規範意識や倫理観の低下が広がる中で、未来を担う子供たちには社会性や規範意識、思いやりなどの豊かな心を育てることが大切になっています。そこで本年も児童・生徒が感動を覚える教材の活用を初め、学校の実情に即し、応じた道徳教育を推進してまいります。

 また、本町ではこれまでも、いじめを許さない学校づくりに教職員挙げて取り組み、大きな問題の発生防止に努めていますが、いじめや心の悩みは表に出にくい問題であり、今後とも定期的な児童・生徒からのアンケート調査の実施など、学校全体で子供たちの変化を注意深く観察し、養護教諭のメンタルケアを中心とした相談活動などを徹底して、いじめや心の悩みなど早期発見と解消に努めてまいります。

 健やかな体づくりでは、体力は人間の活動の源であり、健康維持ばかりではなく意欲や気力といった精神面を初め学ぶ意欲にも大きくかかわっています。このため体育授業の工夫や部活動など、日ごろの生活に体を動かす習慣づくりを学校、家庭、地域と連携して取り組んでまいります。

 食育の推進と学校給食についてですが、子供たちが豊かな人間性をはぐくみ生きる力を身につけていくためには、何よりも食が重要であります。本年も食は生きる上での基本と位置づけ、さまざまな地域資源や活動を通じて、食に関する知識と食を選択する力の習得、健全なる食生活を実践することができる食育活動を推進してまいります。

 また、本年度から厚真町こども園つみきの3歳児以上へ給食提供を実施することになりましたので、その必要な体制を整えながら、地元食材の活用を充実して安全・安心でおいしい学校給食の提供に努めてまいります。

 次に、厚真高等学校への支援ですが、厚真高等学校が地域の高校として存続するためには、学校の魅力づくりや特色ある教育活動の充実を図ることが求められています。本年は小・中・高等学校とかかわり合いを深めた外国語活動を充実するとともに、社会が求める人材育成や、自己の能力開発と魅力づくりに取り組むキャリア教育を支援してまいります。

 次に、社会教育について申し上げます。

 最初に、町民が学び合える生涯学習の推進についてですが、地域社会が大きく変化する中で、人材こそが地域の成長を牽引したり支える貴重な資源であります。少子高齢化社会を迎えて、地域の活力の低下が懸念されていますが、地域社会が持続可能な社会として、より強固なものとなり、自信と活力を生み出すためには、その土台となる一人一人が生涯にわたり自己を磨き、高め、そして社会に貢献していくことが何よりも必要となります。そこで本年、新たに将来のまちづくりを担う人材育成を目指して、青年層を対象とした厚真次世代担い手養成塾の開設を行うとともに、婦人部活動や生涯学習講座を初め団体活動やグループ活動、文化活動を支援し、地域の潜在能力を高め、町民相互が結集して、潤いと活力のある生涯学習活動を推進してまいります。

 次に、家庭教育と青少年教育の推進についてですが、家庭教育はすべての教育の出発点であり、家族団欒は、コミュニケーションや基本的な生活習慣の確立を初め社会ルールやマナーの習得、学習習慣などを身につける役割を担うとともに、子供の頑張りや伸び、つまづきを褒めたり励ましたり、時にはしかったりしながら自己の社会性を育てる大切な場であります。本年も家庭の役割に理解を深めるため、入学児童の保護者や児童・生徒の保護者を対象としたセミナーの開催、学校やPTAと連携した家庭教育学習など各種活動を通じて、家庭教育の向上に取り組んでまいります。

 また、青少年が文化、芸術に触れる機会や、子供会を初め親子の体験活動など、さまざまな取り組みを通じて青少年の豊かな成長を促してまいります。さらに本年新たに子供たちの豊かな放課後生活の充実に向けて、小学校の体育館などを活用して、放課後子ども教室開催事業を試行的に実施し、体力や運動能力を初め体験活動を通じて、次代を担う子供たちの豊かな成長を支えるとともに、将来のあり方を検討してまいります。

 読書活動の充実についてですが、人は読書を通じて視野を広げ、多くのことを身につけ、学びの成長が促されます。特に子供にとっての読書は、読む力や考える力、想像力や判断力、表現力や感性を養い、豊かな心の形成に大切なものとなっております。本年は、昨年策定した厚真町子ども読書活動推進計画に沿って読書活動の普及に取り組むとともに、図書室の蔵書の充実を初め家庭や地域における読書活動の推進に向けた親子読書手帳の発行、図書フェスティバル、ブックスタート事業、読み聞かせ団体による読書機会の提供、読書感想文コンクールなど、家庭や学校、地域とのつながりを深めて、子供の心を育てる読書活動を推進してまいります。

 次に、郷土資料と埋蔵文化財の発掘についてですが、郷土資料は、郷土の歴史を後世に伝えるとともに、地域の文化の認識を深めて人々の誇りと愛着を育て、町の活性化に大きな役割を果たしています。昨年は約半世紀前に出土したつぼが常滑焼と判明し、本州や北方交易の拠点としての本町の役割にも注目が集まっておりますが、本年も本町の歴史や文化に関する資料を収集、保管、展示を行いながら、厚真町の歴史や文化に触れる機会を設けてまいります。

 また、天然記念物に指定されている北海道犬の厚真犬は、飼い主の減少により種の保存が急務となっています。そこで本年、新たに天然記念物北海道犬厚真保存会に加入する新規登録犬や既存登録犬を対象に、犬の購入代金、登録手数料及び予防注射料に係る経費を助成し、種の保存に取り組む飼い主を支援してまいります。

 さらに、埋蔵文化財発掘調査では、厚幌ダム建設に伴う検証が終了し、本年から発掘調査が本格化いたしますので、必要な体制を整え、調査に万全を期してまいります。

 健康とコミュニティ育成のスポーツ活動についてですが、健康で自立した生活を生涯にわたって送ることは、だれもが望むところであります。スポーツは健康維持増進とともに生活習慣病の予防や治療を初め地域コミュニティの形成など、さまざまな役割を担っております。本町の中核施設である体育館やスタードームも大型改修を終え、施設環境の充実が図られましたので、本年も集まリンピックなど国内外のスポーツ行事を企画し、町民一人一人の心身の健康の増進とともに、楽しみや生きがいづくりなど、明るく活力のある地域社会づくりを進めてまいります。

 また、スポーツ団体の支援や学校地域支援本部事業などによる学校体育活動や運動部活動の支援も引き続き実施いたします。

 さらに、本年はスポーツセンター駐車場の路盤の改修工事を行うとともに、体育施設の効率的な管理のあり方について継続して検討してまいります。

 以上、平成24年度の教育行政の執行に関する主な方針について申し上げましたが、教育は個人の豊かな社会性ばかりではなく、地域社会の未来にかかわる重要な役割を担っています。本年も厚真町の教育目標である、自然と文化を愛し、広い心で活力に満ち、生涯学び続ける人間の育成を目指して、教育、文化、スポーツの普及に最善を尽くしてまいりますので、町民の皆様、並びに町議会議員の皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。



○議長(渡部孝樹君) ここで休憩といたします。再開を11時25分といたします。



△休憩 午前11時12分



△再開 午前11時25分



○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(渡部孝樹君) 日程第7、新年度予算以外の議案について提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 本日、ご提案申し上げる案件は同意5件、議案32件、承認2件であります。

 同意第1号から同意第5号 厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命について、以上5件につきましては、厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員は、平成24年3月31日をもって任期満了となります。このうち現委員であります秋永徹氏、河口富士雄氏、西田敏之氏及び池田明美氏の4名については引き続き任命することとし、またイトウジュンジ氏につきましては今期をもって退任されることになりましたので、後任に表町の櫻井裕子氏を同審議会委員に任命したく、議会の同意をいただこうとするものであります。

 議案第1号から議案第6号までは、平成24年度の厚真町一般会計予算並びに国民健康保険事業特別会計など6つの特別会計予算となっております。

 議案第7号 平成23年度厚真町一般会計補正予算について。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億5,658万円を追加し、歳入歳出予算の総額を59億4,713万2,000円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、大半が執行残の整理ですが、増額補正の主なものとしては、総務費では財政調整基金積立金及び減債基金積立金などの追加、民生費では国民健康保険事業特別会計繰出金及び障害者自立支援給付事業費などの追加、農林水産業費では軽舞地区道営圃場整備事業費、東和地区道営圃場整備事業費、豊沢地区道営圃場整備事業費、農業体質強化基盤整備促進事業費などの追加、土木費では公園等整備事業費の追加、教育費では中学校校舎維持管理事業費などの追加、給与費では給与費及び共済費などの追加であります。

 この補正の財源として、道支出金等の特定財源で2億656万9,000円、町税と一般財源で5,001万1,000円と見積もり、収支のバランスをとったところであります。また浜厚真本線道路整備事業など8事業の繰越明許費、道営圃場整備事業など3事業の地方債補正につきましても、あわせて行おうとするものであります。

 議案第8号 平成23年度厚真町国民健康保険事業特別会計補正予算について。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ125万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を6億8,374万3,000円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、償還金及び還付加算金で国庫支出金等返還金の追加、総務管理費等における事業執行残の減額などであります。

 議案第9号 平成23年度厚真町介護保険事業特別会計補正予算について。

 今回の補正は、保険事業勘定において歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ2,100万5,000円を追加し、保険事業勘定歳入歳出予算の総額を4億4,645万7,000円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、介護サービス給付費、介護予防サービス給付費及び高額介護サービス費等の増額であります。

 また、介護サービス事業勘定においては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20万円を追加し、介護サービス事業勘定歳入歳出予算の総額を2,542万7,000円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、介護予防ケアプラン作成委託料の増額によるものであります。

 議案第10号 平成23年度厚真町簡易水道事業特別会計補正予算について。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ953万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を2億1,270万円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、統合簡易水道事業の厚幌ダム負担金の減額などであります。

 議案第11号 平成23年度厚真町公共下水道事業特別会計補正予算について。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ769万円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億9,261万円とするものであります。

 歳出における補正の内容は、浄化槽整備費の浄化槽整備工事の減額などであります。

 議案第12号 児童福祉法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について。

 児童福祉法の一部改正により、障害児支援施設の名称等が整理されることに伴い、厚真町乳幼児等医療費の助成に関する条例外2件の条例の一部を改正するため、児童福祉法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例を制定しようとするものであります。

 議案第13号 厚真町老人保健特別会計条例の廃止について。

 老人保健制度廃止に伴う経過措置として、医療費の請求遅延分や過誤分の請求などの精算事務のため設けていた厚真町老人保健特別会計を、その設置義務がなくなったため廃止しようとするものであります。

 議案第14号 厚真町かしわ公園スポーツ施設維持補修基金条例の廃止について。

 厚真町かしわ公園スポーツ施設維持補修基金は、老朽化が進む施設の効能維持や長寿化を図ることを目的とし平成17年度に造成し、管理運営を行ってまいりましたが、平成23年度において実施した厚真町スポーツセンター改修事業の財源として、当該基金造成額を全額費消しましたので、厚真町かしわ公園スポーツ施設維持補修基金条例を廃止しようとするものであります。

 議案第15号 厚真町非常勤公職者の報酬及び費用弁償支給条例の一部改正について。

 スポーツ基本法の制定に伴う体育指導委員の名称変更、東胆振3町介護認定審査会委員の設置に伴う報酬額の設定、身体障害者相談員・知的障害者相談員の設置に伴う報酬額の設定及び外国青年英語指導助手の報酬額見直しに伴い、厚真町非常勤公職者の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第16号 厚真町一般職の給与に関する条例等の一部改正について。

 平成23年人事院勧告に準じて厚真町一般職の給与改定を行うため、厚真町一般職の給与に関する条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第17号 厚真町財産条例の一部改正について。

 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、地方公共団体の財政健全化に関する法律の一部改正が行われ、国等に対する寄附金等の支出制限が廃止されたことに伴い、厚真町財産条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第18号 厚真町学校給食センター条例の一部改正について。

 厚真町こども園つみきに対する給食を実施するため及び運営委員会の委員の数の変更に伴い、厚真町学校給食センター条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第19号 厚真町スポーツ施設設置条例の一部改正について。

 平成17年に運営を終了している鹿沼地区水泳プール、幌里地区水泳プール及び楢山地区水泳プールを平成23年12月に解体廃止したことに伴い、厚真町スポーツ施設設置条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第20号 厚真町ウタリ住宅新築資金等貸付条例の一部改正について。

 北海道アイヌ住宅改良促進事業実施要綱の改正に伴い、貸付要件等の変更が必要となったため、厚真町ウタリ住宅新築資金等貸付条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第21号 厚真町介護保険条例の一部改正について。

 3年ごとに見直しをしております第5期高齢者福祉計画、介護保険事業計画により、平成24年度から平成26年までの3年間に必要となる介護給付費の上昇を見込み、円滑な介護保険事業を運営していくために、介護保険料を改正するため、厚真町介護保険条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第22号 厚真町環境保全林条例の一部改正について。

 公共事業の用に供するため、新町、豊沢、宇隆地区環境保全林から新町フォーラム線道路予定区域1万5,000平方メートルを減ずるため、厚真町環境保全林条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第23号 厚真町公共下水道区域外流入分担金条例の一部改正について。

 議案第24号 厚真町浄化槽市町村整備推進事業に関する条例の一部改正について。

 以上2件については、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、下水道法の一部が改正され、公共下水道事業計画の認可制度が廃止されたことから、厚真町公共下水道区域流入分担金条例及び厚真町浄化槽市町村整備推進事業に関する条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第25号 厚真町営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について。

 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、公営住宅法及び同法施行令の一部が改正されたことに伴い、読みかえ規定の規定設定が必要となることから、厚真町営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第26号 東胆振3町介護認定審査会共同設置基約の一部改正について。

 平成24年度から、東胆振3町介護認定審査会の事務局が、むかわ町から厚真町に変更になるため、東胆振3町介護認定審査会共同設置規約の一部を変更しようとするものであります。

 議案第27号 北海道市町村総合事務組合規約の一部変更について。

 上砂川町が、平成24年4月から砂川地区広域消防組合に加入することにより、消防関係の共同処理する事務を砂川地区広域消防組合が取り扱うことに伴い、事務組合、構成団体に変更が生じることから、北海道市町村総合事務組合規約の一部を変更しようとするものであります。

 議案第28号 町道路線の認定について。

 新町フォーラム線につきましては、町道新町中央線から町道フォーラム4号線を結ぶ区間を道路申請することから、町道路線として認定しようとするものであります。

 議案第29号 町道路線の認定について。

 美里山手支線につきましては、町道新町美里線から分岐する道路で、沿線住民より町道認定の要望があり敷地も寄附されることから、町道路線として認定しようとするものであります。

 議案第30号 町道路線の認定について。

 かえで団地1号線につきましては、上厚真かえで団地公営住宅整備事業で整備した道路を町道路線として認定しようとするものであります。

 議案第31号 町道路線の認定について。

 かえで団地2号線につきましては、上厚真かえで団地公営住宅整備事業で整備した道路を町道路線として認定しようとするものであります。

 議案第32号 町道路線の認定について。

 本郷団地7号線につきまして、本郷公営住宅整備事業で整備した道路を町道路線として認定しようとするものであります。

 承認第1号 専決処分(平成23年度厚真町一般会計補正予算)の承認について。

 今冬における除雪費に不足が生じたため及び準用河川ハビウ川の川床低下に伴う河川床どめ工事実施のため、平成23年度厚真町一般会計補正予算を専決処分したので報告し、承認を得ようとするものであります。

 承認第2号 専決処分(平成23年度厚真町一般会計補正予算)の承認について。

 この冬における除雪費に不足が生じたため、平成23年度厚真町一般会計補正予算を専決処分したので報告し、承認を得ようとするものであります。

 以上が、本日ご提案申し上げております議案の提案理由であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第1号ないし同意第5号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第8、同意第1号から同意第5号までの厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命を一括して議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(古川元三君) 議案書本冊の1ページをお開き願います。

 1ページの同意第1号から10ページの同意第5号までの厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員の任命についてご説明をいたします。

 5名の委員がいらっしゃいますが、いずれも本年3月31日をもって任期満了となりますので、4名の方には引き続き、1名の方を新たに任命することについて同意をお願いしようとするものでございます。

 まず、同意第1号からでございますが、2ページに記載の厚真町字富里の秋永徹さん。

 それから、同意第2号は、4ページに記載の厚真町錦町の河口富士雄さん。

 同意第3号では、6ページに記載の苫小牧市の西田敏之さん。

 同意第4号では、8ページに記載の厚真町字厚和の池田明美さん。

 以上の4名の方につきましては、先ほど申し上げましたとおり再任について同意をお願いしようとするものでございます。

 次に、同意第5号についてでございますが、現委員でありますイトウジュンジさんの退任に伴いまして、10ページに記載の厚真町表町の櫻井裕子さんの新任同意でございます。

 次に、5名の皆さんの略歴等についてご説明をいたします。

 説明資料の1ページをお開き願います。

 秋永徹さんの略歴でございますが、本籍、現住所、生年月日、学歴、職歴、公職歴等については、ここに記載のとおりでございます。厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員は、平成14年から5期10年間在任されてございます。

 次に、2ページでございます。

 河口富士雄さんの略歴でございますが、本籍、現住所、生年月日、学歴、職歴、公職歴等については、ここに記載のとおりでございます。厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員は、平成14年から5期10年間在任されてございます。

 次に、3ページでございます。

 西田敏之さんの略歴でございますが、本籍、現住所、生年月日、学歴、職歴、公職歴等については、ここに記載のとおりでございます。厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員は、平成20年から2期4年間在任されております。

 次に、4ページでございますが、池田明美さんの略歴でございます。本籍、現住所、生年月日、学歴、職歴、公職歴等については記載のとおりでございます。厚真町情報公開・個人情報保護審査会委員は、平成22年から1期2年間在任されてございます。

 次に、櫻井裕子さん、5ページでございます。

 櫻井裕子さんの略歴でございますが、本籍、現住所、生年月日、学歴、職歴、公職歴は、ここに記載のとおりでございます。

 以上5名の方は、それぞれ豊かな識見をお持ちの方でございますので、ぜひご同意をくださいますようお願い申し上げ、説明といたします。

 以上でございます。



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、同意第1号から同意第5号までに対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、同意第1号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、同意第1号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、同意第1号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 次に、同意第2号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、同意第2号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、同意第2号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 次に、同意第3号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、同意第3号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、同意第3号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 次に、同意第4号に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 それでは、同意第4号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、同意第4号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 次に、同意第5号に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 それでは、同意第5号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、同意第5号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第9、議案第12号 児童福祉法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第12号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) ただ、確認だけさせていただきますが、他の入所者と同じ扱いになったと。じゃその以前はどうだったのかという、いわゆる結果としては、そしてまたその待遇というのは同じという仕組みになるのか、確認だけさせていただきます。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) 今までの制度では、通所している者につきましては自己負担が発生しております。その自己負担に対するそれぞれの乳幼児、ひとり親、重度で、それぞれのほうで自己負担分を助成していたということになります。

 今後につきましては、入所者と同じく福祉関連のほうで助成がありますので、この町の条例に基づく助成がなくなるということでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第12号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 それでは、議案第12号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第10、議案第13号 厚真町老人保健特別会計条例の廃止を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第13号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第13号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第13号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第11、議案第14号 厚真町かしわ公園スポーツ施設維持補修基金条例の廃止を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第14号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 次に、議案第14号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第14号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 ここで休憩といたします。再開は午後1時といたします。



△休憩 午前11時57分



△再開 午後1時00分



○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第12、議案第15号 厚真町非常勤公職者の報酬及び費用弁償支給条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第15号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 知的障害者・身体障害者相談員新設、これはいつからどういうふうに設置をされる予定なのか。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) この身体障害者相談員と知的障害者相談員につきましては、23年3月31日まで北海道が実施機関で実施しておりました。権限移譲で本年4月1日から市町村に移ることから、北海道がこれまで支払ってきた報酬と同額に設定をしたものでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 外国青年英語指導助手の賃金についてなんですけれども、この年数の数え方についてなんですが、厚真町での勤務年数なのか、それとも日本国内での勤務年数なのかということです。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) お答えいたします。

 今回の改正は、財団法人自治体国際化協会から指示があったものでございまして、日本国内、この額を適用してくださいということでございます。なお24年4月1日以降ですね、それ以降に任用される者に対してでございます。したがいまして従来、昨年から我が町で雇用している者については該当はいたしません。従来どおりの金額となってございます。

          〔発言する者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) あと、通算の関係ですけれども国内です。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 大捕議員。



◆(大捕孝吉君) 説明資料の11ページのスポーツ推進費、改定後はスポーツ推進委員ということなんですけれども、今までずっと体育指導委員という形で何年もやってきたわけで、これ名前を改定したということについては制度上の何か理由があって変わったのか、ちょっとお聞きしたいんですけれども。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) 先ほども説明ありましたが、昭和36年に新設されておりましたスポーツ基本法が、昨年の23年8月24日にスポーツ振興法として改まりました。その中で、名称につきましても従来の体育指導委員をスポーツ推進委員に改めるということで、これは全国一律に名称を改正するということで、それに基づいた改正となっております。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第15号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第15号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第13、議案第16号 厚真町一般職の給与に関する条例等の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第16号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 人事院勧告なので、それを受け入れるということなんでしょうけれども、給与に関してはここ数年ずっと割かれ続けけていますよね。民間との調整ということもあるし、それから昨年の震災の財源確保ということも目的としてはあるとは思うんですけれども、一方で個人の家計を見たときに、収入だけが下がって固定した長期の支出、例えば住宅ローンとかそういったものはそのまま置かれているわけですよね。そういうことに関して、この人事院勧告をそのまま受け入れるということについてのお考えをお伺いしたいということです。



○議長(渡部孝樹君) 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) 人事院勧告に準じてということでございますが、議員おっしゃられるように、地域経済であったり家庭の家計に及ぼす影響というのももちろんあるかとは思いますが、あくまでも地方公務員は地方公務員によりまして国に準じてということでございますので、本町としては国並びに道に準じてこれを行うということにいたしておりますので、ご理解をいただきたいというふうに思っております。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第16号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 反対討論いたします。

 人事院勧告の決定とはいえ、地域経済の活性化ということを考えたときに、給与の額が下がるというのは一番地域経済に大きな影響があります。そういう意味では、厚真町が現状の給与を維持できるんであれば、そのまま下げないで継続するべきだと思います。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で討論を終わります。

 それでは、議案第16号について起立により採決をいたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立多数であります。

 したがって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第14、議案第17号 厚真町財産条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第17号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第17号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第17号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第15、議案第18号 厚真町学校給食センター条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 学校給食センター長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) (議案書及び資料により説明)



△休憩 午後1時23分



△再開 午後2時00分



○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 学校給食センター長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第18号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 井上議員。



◆(井上次男君) 今の説明の中で、学校以外にも食事を提供できると。その後の説明の中で、こども園のこと言っておられましたが、あくまでもそういう形で例えば私想定するには、例えばグループホームですね、夕食を提供するとかそういうことは全く想定しないで、学校以外というのは保育園を想定した説明だったんでしょうか、お尋ねします。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) お答えします。

 現状では、今のところこども園でございます。ただそのグループホームそれらにつきましては、教育委員会が検討して決めることになってございますので、今のところにつきましてはこども園でございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第18号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第18号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第16、議案第19号 厚真町スポーツ施設設置条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第19号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第19号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第19号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第17、議案第20号 厚真町ウタリ住宅新築資金等貸付条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第20号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

 木戸議員。



◆(木戸嘉則君) ウタリからアイヌの人たちにと、名称の変更はどうしてなされたのかお伺いいたします。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) お答えいたします。

 平成9年に、通称アイヌ新法が成立しておりまして、今までウタリという表現がされていましたけれども、そこでウタリからアイヌというふうに表現が変わっております。それに基づきまして、従来の条例はウタリという名称でございましたけれども、アイヌに変わっておりますので改正しようとするものでございます。



○議長(渡部孝樹君) 木戸議員。



◆(木戸嘉則君) ちなみに、現在でもウタリ協会とかってあると思うんですけれども、ないんですかね。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) 現在は、北海道はアイヌ協会北海道支部という名称だと思います。厚真町につきましては過去にウタリ協会厚真支部というのがございました。代表者の方が亡くなられましてから自然消滅的な形でずっと活動されておりませんでしたが、23年4月に新たな会員を持ちまして、北海道アイヌ協会厚真支部が設立されまして、これから活動を開始しております。

 以上でございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかに。

 木本議員。



◆(木本清登君) ちょっとすみませんけれども、宅地取得資金のことなんですけれども、300平方メートルを乗じて得た額を超えない額ということは、例えばフォーラムビレッジを求めた場合は、あそこ600平米ですよね。どういう計算方法になる。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) 取得単価の1平方メートル当たりの取得単価に300平方メートルを掛けた額が590万円を超えてしまったら、限度額として590万円という意味なんです。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 井上議員。



◆(井上次男君) これ、多分アイヌ新法ですから、北海道ですから、道のほうから来たその並びでこう改正したと思うんですが、貸し付ける金額は結構大きい数字になります。これは基本的には利息は発生しないという考えでよろしいんでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) その辺につきましては、これから規則で制定していきますけれども、北海道の規則を見ますと2%でございますので2%というふうに考えております。これに係る財源につきましては、町が一括貸し付けを行いますけれども、4分の1が補助金として道から入ってくることになります。

 以上でございます。



○議長(渡部孝樹君) 井上議員。



◆(井上次男君) 今、2%と想定していると言われたんですが、国の銀行利子も含めて1.8%以上とれないという形になっていると思うんですが、2%じゃちょっと高いのかなとも感じるんですが、その辺も検討しておられるんでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) このアイヌ住宅の貸付につきましては、一般的なローンを利用できない方を対象と想定してございまして、その率につきましては北海道のほうで2%というふうに設定していますので、そっちのほうに準じてというふうには思っておりますけれども、それ何%になりますか、これからまた理事者とも協議させていただきたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 木本議員。



◆(木本清登君) すみません、さっきの質問の続きなんですけれども、せっかく町で定住促進をしているときに、町の条例で何かフォーラムビレッジせっかく売ろうとしているのに、何か半分しか貸し付けできないですよというの、同じ町の間で横のつながりがうまくできていないんだね、やっぱりフォーラムビレッジも想定したような条例のつくり方でもよかったんではないのかなと思うんだけれども、その辺いかがですか。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) このアイヌ住宅新築資金の貸付条例につきましては、先ほどもご説明させていただきましたとおり、北海道のアイヌ住宅改良促進事業実施要綱がございまして、その内容に沿った全く同一内容で制定しようとするものでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 条例の名称についてお伺いします。

 ウタリをアイヌの人たちというふうに改めているわけですけれども、条例ではウタリ住宅からアイヌ住宅ということで、アイヌとそのまま使っていますよね。この辺の考え方というのはどうなんでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) これにつきましても、準則どおり表現させていただいております。ご理解をお願いします。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第20号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第20号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第18、議案第21号 厚真町介護保険条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第21号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 次に、議案第21号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第21号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第22号及び議案第28号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第19、議案第22号 厚真町環境保全林条例の一部改正及び議案第28号 町道路線の認定を一括して議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 最初に、産業経済課参事。



◎産業経済課参事(遠藤秀明君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 続いて、建設課長。



◎建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第22号及び議案第28号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 井上議員。



◆(井上次男君) 今、認定路線の約1キロあるんですが、これは設計して25年度からということなんですが、当初は砂利道だと思うんですが、幅は幾らぐらい、8メートルぐらいで設計するんでしょうか、その辺お聞きしたい。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 今、これ25年に国費要求で、新年度24年度には概則するわけですけれども、3種4級で片歩道ということで、道路敷地として推計されるのは15メーター程度と。幅員は2車線ですから7.5メーター、それに片歩道というふうに今は考えてございます。ただし国交省協議が要りますんで、その辺概則で協議してまいりたいというふうに考えてございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 根本的にこの1キロ、そしてこの場所にしなければならない理由。どういうことを言いたいかというと、接続させる場所、その地形とかからいくと、まだほかの線形もあるかなと。何ゆえにこういう路線形が必要なのかお尋ねします。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 新町中央線と接続した理由としては、新町公園通り線、真っすぐにしたり接続した場合には、道路延長としては短くなるんですけれども、国費道路として採択する上で、またフォーラムの利用とかそういう関係で、中央線にぶつけると補助対象になりやすいという面もございますし、現地を直営で踏査しておりますんで、一番切り盛りとかそういう関係でいいんでなかろうかということで、道路のほうと協議もしてこういう線形になるというふうになってございます。

 以上でございます。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 金をかけたいという意味があるのかどうか、切り盛り、この山と深い沢と結ぶということを考えたときの工事費、当然に私が言わんとするところはどこを指しているか当然わかるだろうと思いますけれども、恐らく比較すると3分の1以下もしくは半額に違い経費でもって、この中学校の下の道路に接続させることができるというふうに考えますが、これやっぱり小より大を兼ねるという意味があるんでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) いずれは議員言われるように、厚真中学校と結べば距離も短いしということになるんですけれども、道路幅員、構造的には、将来的に幹線ということで道路を通らないで行くという方向で今協議をしております。そしてこのルート的に真っすぐすると安くなるんでないかということになりますけれども、補助採択上、その交通形態、新町中央線を意識した路線にしなければ採択にならないということで、事前協議もいたしておりますんで、これでご認定をいただきたいというふうに考えてございます。

 以上です。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 補助事業でやるから、小より大がいいという意味かなというふうに聞こえるんですが、だれがここを通るのかなと。いわゆる通学するという面で考えても、非常に遠回りということにもなるし、いわゆるここに将来的にどのぐらいの人が、いわゆるそういう子供がいるのか、住むかどうかということもありますけれども、しかしこの学校の裏側をもしも1人なり2人なりが通ると、いや、どうしてこっち、もう少し近いところで入っていかなかったかなと思うのは当然だろうなと。国費で補助金もらってやるにはこのぐらいしないとだめだと。しかし全くこれは線形で考えると、地形的にもそんなに上がり下がりのない頂上部分をすーっと通っていく非常につくりやすい地形があるのに、あえて山坂を越えていくと。何とも納得いたしかねるんですが、いや、補助金もらうからいいんだという話になりますか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 今、議員言われたように、補助金だけを意識しているんではございません。当然、道路に構造比較というものがございますので、それで3種4級が道路企画として、一般交通通過が新町の住宅地や通学路へ流入することから、住環境及びスクールゾーンの危険性が増大しないようにという関係も総体的に判断して、国の補助事業にのっかって節約するという考えで、国の補助だからということじゃなくて交通量、そういうものを総体的に国の事業に採択されるということは、そういう総体的に判断されて一番いい路線であるということですので、その辺をご理解願いたいということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) いや、ですからさっき言ったように、だれが通るかと。だれが通るという想定をしているかということをもう一度お尋ねします。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 当然、フォーラムの宅地分譲とかそういうものの方が通ったり、あるいは今現在危険な農道、まだ改良されていない農道もあるということで、この路線ができれば町民として子浦地区の方が安全な急坂を通らないで入れるというメリットもございますので、そういう面、総体的に考えたらこの路線は必要でなかろうかということで、国のほうもいいんでなかろうかというご返事をいただいているところでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) フォーラムビレッジの開発に合わせて、そこから中学校へ抜ける道路ができると非常に有効だろうなというようなことを議論してきて、ここでそれが形になってきたんだなとは思っていたんですけれども、やはりどうしても納得できないのはこの動線なんですけれども、1つはその町道新町中央線の設計段階で、もしかするとこういうものは既にあったのか、それを形にしただけというふうにもとれるわけですけれども、その辺をちょっとお伺いしたいということと、もう一つは厚真町で野球場が本郷にあるわけですけれども、レフトの奥に町道が走っていて公式野球ができないという欠点があります。ここに町道を通すことによって、中学校のグラウンドのレフト側のわきに道路が通るわけですけれども、かなりのボールがここに飛んでくることが想定されます。交通安全上も何らかの対策が必要だということになると思うんですが、そういったこともセットで対策を打っていくのかどうか、お伺いしたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 最初の質問で、新町中央線について将来設定されていたんでなかろうかという話は全くございません。その当時は考えておりません。

 それと、この24年度予算で立木伐採と設計概則ですね、その関係を今新年度予算で見ているわけですけれども、それで25年から補助採択を受けようとしているんですけれども、その中で何案かうちのほうでつくりまして、そういう球場とかそういう安全面ですね、ないようにうちのほうでは設計をして進めていきたいなというふうに考えてございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) もう一つお伺いしたいんですが、環境への影響についてどのような調査がされたか、もしくは検討がされたかお伺いしたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 土木課の土木グループの職員3名で、12月と1月に現地踏査、歩いて調査しまして、沢とかそういう関係で、今のところ直営で考えられるルートはこの辺が一番よかろうと、環境も破壊しないで済むんでないかということで、今のところを選定したところでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) もう一つ、起点と終点がありますから、高低差はどのぐらいなんですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) それを今新年度に、ただ現地踏査しただけですから、この等高線上の起伏しか今のところはわかりません。ただ、そんな急勾配になる設計ではございません。やや平坦になるかと思います。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 起点と終点は等高線上でもわかりますかね。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 申しわけないんですけれども、今、この図ではちょっとわからないんで、後ほど詳細な等高線図わかりましたらお知らせしたいと思います。よろしいでしょうか。

          〔「10から20もないぐらいか、ないんだけれども、このまま行くとこの沢越しが一番ひどい」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) ほかに。

 今村議員。



◆(今村昭一君) ちょっと納得しかねるな。なぜこんなわざわざ、今環境の問題もあったけれども、無駄にこの環境保全林を伐採して広げていく云々、これがここにしなければならないもっと大きな理由があるというんならともかく、あえてここの大きな沢を越えた、当然にこれはカルバートするのか何するのかという話になりますけれども、そんな何千万円の余計な金をかけなくて済むところへ接続できる、そうしたら、いや、こっちのほうは住宅地で道路が幅員が狭いと、じゃあと1メーター今拡幅するということは可能ではないのか、あの道路が今何メートルなのかな、そんなに大型車がどんどん通行する道路でもないだろうし、それといわゆる通学として考えたときに、山の中を1キロというよりも、やっぱり100メートルでも短いほうがいいんじゃないかという、そういういろんな面からいっても、違う中学校の下のほうに接続する方法で考えるべきだと、これは再考を要するんじゃないかと思いますが。



○議長(渡部孝樹君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) この路線の設定につきましては、今、建設課長が申し上げましたように、私も実は現地に行ってまいりました。その結果がこれということでございます。その現地を見た検討した結果でございますけれども、まず今村議員おしゃっているように厚真中学校のすぐそばの道路がございます。これは1つはまず幅員が非常に狭いということがございます。これ歩道ないのかな。

          〔「ない、1メーター」と呼ぶ者あり〕



◎副町長(古川元三君) 施設帯のような歩道ですね、今1メーターぐらいの歩道しかないということでございまして、それでもう1点が、現地へ行くとわかるんですけれども、これは切り土のマークが今ついています。かなり高いんですよね、その切り土のののり面がかなり立っているということでございまして、ここにすりつけるのはかなり、こちら今環境保全林のほうをかなり切り土になるかなという感じを受けました。

 それと、もう一つの道路ございますね。図面でいきますと、今申し上げました厚真中学校の道路の左側の道路になりますか、これは両歩道ついているのかな。歩道がついている道路でございます。そして、ここも環境保全林に入ったらすぐ実は沢があるんですね。結構深い沢でございます。見た目、かなり深い沢で、ここでこの距離ですりつけるとなると、結構な細工が必要かなというふうに私どもは判断したところでございます。

 それと、何度も先ほどから申していますように、ここに道路ができますと、やっぱり人情として少しでも近いほうをやっぱり通るようになるんですよね。フォーラムの人が例えば町へ行く、それから市街地を通って安平町を抜けて千歳市へ行くとか札幌市へ行くといったときに、多分この道が非常に近い道になりますので、この道を通るようになるんですよ。そうすると、今、閑静な住宅街となっているところを通すのは非常にしのびないということの判断もございました。

 それで、あと新町中央線のほうを改めて私どもも見たところでございますが、私ちょっと山のほうは入っていないんですが、同じような心配を、実は沢がございますんで等高線の間隔も非常に狭いので大丈夫かということを申し上げましたんですが、担当職員にですね、実際に行った担当職員の話では、いや、この程度の沢であれば、すりつけ期間が非常に長いもんですから、そんなに苦労しないで通せるんじゃないかという判断を職員がしたものでございますから、ここに提案をしたということでございます。ぜひご理解をいただきたいというふうに思います。よろしくお願いします。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第22号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 再検討すべきということで、この議案は保留すべき問題ということで提案いたします。



○議長(渡部孝樹君) 井上議員。



◆(井上次男君) 賛成討論したいと思います。

 これは、以前フォーラムビレッジが設計段階で、道路が非常時にどこを通るか、いろいろな質問しました。そうしたら、この道からやはりここに抜けるのが非常時のとき一番ベターであると、私たち求めている部分だと考えておりますので、このまま進めるのがいいんじゃないかと、そういう意味で賛成いたします。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 賛成討論いたします。

 フォーラムビレッジを政策的に開発してきたわけですけれども、やはりアクセス道路というのはたくさんあったほうがいいというふうに思いますし、そういう意味では町へつなげる道路が、今、道道1本に頼っているわけですけれども、その道道に何かあったときと考えたときに、やはりこういう複線が絶対必要だというふうに思いますし、今後想定されるスクールバスの運行路線を考えても、この線形ですね、当初はもっと近いところ、なだらかなところというふうにも私も思ったわけですが、今説明を聞いていてここは有効なんだなと、現地も何回も行って確認されたということですから、非常にこれには期待をしたいというふうに思います。

 ただ1つ、先ほども言いましたが野球場のわきを通るということで、それに対する対策、それから雨が降ったときに、この野球場の縁が崩れるということもしばしば起きていますから、それに対する対策もあわせて検討していただきたいということで、賛成といたしたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で討論を終わります。

 それでは、議案第22号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立多数であります。

 したがって、議案第22号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第28号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第28号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立多数であります。

 したがって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第23号及び議案第24号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第20、議案第23号 厚真町公共下水道区域外流入分担金条例の一部改正及び議案第24号 厚真町浄化槽市町村整備推進事業に関する条例の一部改正を一括して議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第23号及び議案第24号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 木本議員。



◆(木本清登君) ちょっと聞きたいんですけれども、認可区域外と事業区域外ですか、事業と認可が違うということは、都市計画区域外と区域内のことなんですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 都市計画区域とかそういうのは関係ございませんので、権限移譲によって地域主権改革一括法による語句の整理ということでございます。権限移譲です。



○議長(渡部孝樹君) 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) ちょっと補足説明させていただきます。

 現在まで国の法律で、例えばその事業区域を認可区域として規定をしていたと。ですから市町村の申請に基づいて認可を国が行っていたと。今回の地域主権改革一括法につきましては、それぞれの権限あるいは事業計画を進める権利を市町村にゆだねておりますので、認可という言葉自体が、もう国に認可を求めることはないということになりますので、字句の修正をしたということでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第23号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第23号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第23号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第24号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第24号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第21、議案第25号 厚真町営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第25号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第25号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第25号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第22、議案第26号 東胆振3町介護認定審査会共同設置規約の一部変更を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(高田芳和君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第26号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第26号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第26号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第23、議案第27号 北海道市町村総合事務組合規約の一部変更を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第27号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) なしと認めます。

 次に、議案第27号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第27号について採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号ないし議案第32号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第24、議案第29号から議案第32号までの町道路線の認定を一括して議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第29号から議案第32号までに対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 井上議員。



◆(井上次男君) 町道の新町美里線の山手支線についてお尋ねいたしたいと思います。

 たしか、これはほ場整備でこの道路は完成しているんですが、本来は延長線上に3軒ほどのうちがないと町道を認定しない、3軒あれば申請あれば町道認定するという形だったと思っているんですが、ここ、たしか2軒しかないんですが、この道路は町に寄附されたということで、それを優先的に考えて町道認定という基本的な考え方でおられるでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 平成21年11月1日に、これ産業建設常任委員会で認定基準法を設定させていただきましたけれども、その中の要項では、一応戸数は3戸ということを特例として書いてあるんですけれども、この場合、家は2戸なんですけれども、ほ場整備で耕作者1人おりますんで、そしてそこを通らなければならないと。それからほ場整備で整備した道路については、戸数がなくても町で維持管理するというふうになってございますんで、認定をお願いしたいということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 井上議員。



◆(井上次男君) ほかの地域にもこういうところ、想定するにあるんですが、そういう形で申請すれば、必然と前例がありますから、そういう形で認めるということになると思うんですが、そういう考えでよろしいでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 今申しましたように、認定基準は遵守しますけれども、その中にも例えばほ場整備とかいろいろ区画整理とかそういう事業に伴うものとかそういうもの、公益性の高いものについては認定していきますけれども、ただし書きで町長の定めるところによるという何かの条件がございますので、基本的には一応認定基準に準じて認定を考えてございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) ほ場整備に伴うというところをもう一度確認させていただきたいんです。明瞭な言葉でお願いします。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 町道美里山手支線の認定についてですが、道営ほ場整備事業で整備した幅員5メートル、延長223メーターの道路で、沿線住宅にこのほか土地所有者1戸の計3戸が利用する道路であるということで、これはほ場整備事業にやるときにうちのほうで譲渡を受けるわけなんですよね。そのときに受け手をうちのほうで認定すれば、ある程度改良済みということでいたしますんで、その分、認定することによって、いずれにしても管理しなければならんということで、町道に認定すると交付税がいただけるということなもんですから、そういうほ場整備済みのものについては認定していくということでございます。そして維持管理もある程度かからないということなもんですから、そういうことで。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) ほ場整備に伴って整備された幅員5メートル、利用者を含めた関係者が3名の場合は、町道として認定するということでよろしいんですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 今は山手支線のことで言ってございますんで、あくまでも先ほど申しましたように、21年11月1日に認定基準を定めましたんで、それに準じてやっていきますけれども、その中に道営ほ場整備事業でやるある程度改良した道路については、維持管理は町がやるということになってございますので、認定して維持管理をしていくということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 私の質問に、イエスかノーで答えていただきたいです。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 戸数とかそういう関係は、道営ほ場整備事業を認定する場合には関係はございません。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) そうすると、道営ほ場整備事業で整備された道路については、町道として認定するということでよろしいんですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) これは認定基準に書いてあるんですけれども、第5条ですね、土地区画整理事業、これは5種類ほどあるんですけれども、都市計画法に基づく開発行為事業、(3)として土地改良事業、(4)として農道整備事業、これが道営ほ場関係が入るんですよ。(5)に林道整備事業、こういう事業をやったものに関しては町は考慮していくと、そして最小幅員については道路幅員の有効幅員が4メーター以上であると、これは建築基準法で定められておりますんで、4メーターでも構わないです。

 以上です。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 道営ほ場整備事業に伴って整備された復員4メーター以上の道路に関しては、町道として認定をするということでよろしいですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 自治会のほうで、そのほ場整備の関係の事業をやった方々が、当然意見も尊重しなければならないんで、これは私道としていいといった場合には、うちで了解をもらわないと受けられませんので、了解を得たものですね、そのうち。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 今の美里山手線の説明の中には、自治会のという説明は一切なかったように思いますが、そのあたりはどうなんでしょうか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 先ほど井上議員がおっしゃったように、3名の方の土地の寄附をいただいてございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 今、説明の中で自治会のというのがあったので、それを確認させていただいたんですけれども、狭い意味の自治会ということですか、3名というのは。美里自治会というような意味合いでとらえたんですけれども、そういうことではないということですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) ほ場整備事業をやるときには、自治会でいろいろ話をされるんですよね。そこに農業関係とうちのほうが行って、これは町道として公益性があるとか、そういうものの判断をしましていろいろ話し合うと。そして土地については公道として認定する場合については寄附ですよというお話を申し上げて、公益性の高いものについては認定できますよというふうにして、話し合いで行ってございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 道営ほ場整備事業と自治会との関係というのが、どうも正確ではないんじゃないかと思うんですが、道営整備事業は自治会の事業ではないですよね。ちょっともう少し正確な説明をお願いしたいんですが。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 道路認定の場合は、一応自治会、公道ですから自治会にも了解をいただくと。そして認定する場合に地権者、いわゆる受益者ですね、ほ場整備の場合、その寄附行為が要ると、そして公道になりますんで、自治会とも協議しなければならないということでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) ある程度の企画のあるものが逐次町道に認定されるということは、地域の人にとっては利便性が上がるのかなと思いますが、こういうようなことでもって町内、相当あちこちに箇所がふえてくるなという気がするんですが、その辺はどんな日程で逐次認定していくという考えでいるのか、一応お尋ねしたいなと思います。

 それと、かえで団地の1号、2号、見ようによっては、何かこの1号線、2号線の名前のつけ方がこんな形かなと思ったりもするんですが、やっぱり担当としては何か思惑が、まあということですけれども一応確認します。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 1点目の今後の予想ですね、これは理事者からも言われて、いろいろ戸数とかうちのほうで今調べて、ある程度どういうものが今後認定になるのか、それは調査中でございます。何軒あってこういうところは認定しなければならんのかというふうに、それは調査中でございますので、また必要になってくれば認定として提案させていただくかもしれません。

 そして、かえで団地1号、2号については団地ということで、私ども余りその名称ですね、一応かえで団地ということなもんですから、電話連絡、補修関係するときに業者に修繕とか頼むということになれば、かえでという名称を入れればその路線網をつくったときに、行く場所があそこの場所だなということでわかりやすいという面もあって、1号、2号と。意味合いはございません。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) いやいや、そんな名前がどうのこうのじゃなくて線の形の話をしているんで、1号と2号のところへ真っすぐ行って曲がるのが1本かなと、それでその中間から来るのが1本かなという意味で言いました。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) これはうちのほうで今一括認定してございますけれども、施工年度違いますんで、準町道として管理してきたとおりの路線で1号、2号と、それで1号は既存にある町道豊川上厚真線、これ1級町道なんですよね。町道でいえば幹線1級という上位級の道路から起点を通るということで、なおかつ共和上厚真線、従来に通じると、そして幹線と幹線を結ぶ補助幹線ということで認定させていただいたと。施工年度と考慮して決めさせていただいたということでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) ちょっとやっぱりさっきのすっきりしないんで、もう一度お伺いしたい。今、ほ場整備をして、本線からかなりの距離があるところに家が建っている。そこに行くまでに受益者がその家の方等含めて3軒ある。復員4メーターの道路ができましたという場合、町道として認定するということでよろしいんですか。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 基本的にはそうなんですけれども、ある程度自治会のほうで、自分たちのところは自分たちで使いやすいように使うという方も中にはおられるんですよ。あくまでも寄附されないものについては認定できませんので、その点についてだけは、委員言われたところとちょっと全部がという部分では、外れるんでなかろうかということでございます。自分の地先の人がたで使いたいという道路、自分たちで管理して十分できるという人がたもおります。そういうことでございます。



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 僕が言ったのは、その要件を満たした場合は認定するんですかという話です。みずからその要件を満たさないような行為をして、例えば自分で自由に使いたいんだとか、町に道路用地を寄附しないのだとか、そういう人のことではなくて、今言われた要件をすべて満たしたと、なおかつ自治会というか、その地域の方々のそういう了解も得たんだという場合は、町道認定をするのかということなんです。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) それは、そのとおりでございます。



○議長(渡部孝樹君) 木本議員。



◆(木本清登君) 今の新町美里線ですけれども、これ基盤整備事業で地域の人と検討してできた道路だから町道認定するということですか。別になくてもいいんですよね。例えば住宅がなくても、基盤整備で地域全体で計画して検討して、基盤整備でそれなりの道路をつくったから認定したという過去形でよろしいですね。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 過去形もございますし、現在形もございます。やはり当然認定道路をつくった場合、ずっと維持管理できればいいんですけれども、高齢とか跡継ぎがいないとか、せっかくほ場整備でつくった道路が管理できなくなったという場合に、道のほうでも町が受けないとやれないということもございまして、そういう関係を総体的に考えて決めさせていただいているということでございます。ご理解願います。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 今、利便性、地域住民にとって利便性が高まる、利点が多いだろうな、メリットが多いだろうなとは思いますよ。ただ将来的にいろいろこの基準緩和というのかな、していって、あれもこれもという町道に全部引き受けていって、本当に大丈夫かなという気も一部ではする。そのことも含めてどうなのかなと。3軒を2軒でもいいよと、1軒でもいいよと、全部いいよというときに、それは町の財政としてあれもこれもみんな引き受けていって本当に大丈夫なのかなという心配もちょっとしますけれども、そこら辺どうでしょう。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 今、将来的にそういう関係、いろいろ理事者のほうからそういう面でそういうものがこれからどのぐらい出るのか、そしてあるいは公益性がどうなのか、そういうものをこれから調査して、認定基準のある程度そういうものがそろったら、また附則か何かでお願いをしたいなと、今それを調査をさせていただくということでご回答ということで、そのときまた協議すると調べた結果ですね。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 調べるって、どこまで調べているのか調べていないのかというの気になるんだけれども、もうここまで来ちゃったわけ、これを決定すればね。これを決定すればここまで来ちゃったと。2軒じゃなくて2軒が利用していればと。そうしたら、うちなくても3人利用していればいいのかというところまで拡大解釈もできないでもない。ということ、もうこの段階で相当に拡大したなという気がするんですよ。これでこの基準で拾っていかなければならないということで大丈夫かというのが第1です。ですから、どこで本当に限度をつけるのかなと。これを認めたじゃないかと、これを認めたじゃないかというのを枝葉をちょっとつけると、すごい何でもオーケーみたいに近いんだよね、もうね。それはちょっと気になりますけれども。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 議員ご心配されるのはもっともだと思いますけれども、いわゆる道営ほ場整備ですね、これからもやるところもあるし、いろいろございますんで、現在あるところ、これから将来あるところ、いろいろ設計されるわけですから、その辺、基本的には公平性、今までこうしてきたものに対して類似のものには認定するという、そういうある程度基盤整備でやっているわけですから、そして砂利も入れて幅員もきちっとしていると、用地処理もなるわけですから、そういうものは今まで従来どおりしていく必要があるのでなかろうかと。

 あと、未改良の部分ですね、全く。その部分については、あくまでも今の認定基準に沿って考えていきたいなということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) もうちょっと違う答弁してほしいなと思うのは、いやいや、交付税で入ってくるから維持管理分はその部分で大方もう見られるんだよと、そんな答弁があるかなと思ったんですが、ちょっとそんな答弁になるのかならないのか確認します。



○議長(渡部孝樹君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) あくまでも町道というのは公道ですから、不特定多数の者が通ると、道路法に準ずるという規制がかかりますんで、やはりそれを満たすような道路を考えていかなければならんということもございますんで、まずその道路法に準ずる道路かということを考えなければならないと。それに付随してそういう整備事業に……

          〔「聞いたことに答えて」と呼ぶ者あり〕



◎建設課長(堀武志君) 交付税ですか。当然それは入ります。ただ、うちらとしては道路法上の道路にするということはそういうことで、そういうものを重視していかなければならないということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) 今回の町道認定5路線ございますが、これに伴う交付税の基準財政需要額の算入なんですけれども、年間約290万円ぐらい見込まれる数字となってございます。

          〔「5路線」と呼ぶ者あり〕



◎総務課参事(橋本欣哉君) 5路線合計です。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第29号に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第29号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第30号に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第30号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第31号に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第31号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第31号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第32号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第32号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第32号は原案のとおり可決されました。

 ここで休憩といたします。再開を3時50分といたします。



△休憩 午後3時40分



△再開 午後3時50分



○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△承認第1号及び承認第2号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第25、承認第1号及び承認第2号 専決処分の承認を一括して議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、承認第1号及び承認第2号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。

 次に、承認第1号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、承認第1号について採決いたします。

 本案について、報告のとおり承認することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、承認第1号は報告のとおり承認することに決定いたしました。

 次に、承認第2号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。

 それでは、承認第2号について採決いたします。

 本案について、報告のとおり承認することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、承認第2号は報告のとおり承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(渡部孝樹君) 日程第26、議案第7号 平成23年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 続いて、補足説明を求めます。

 最初に、産業経済課農業農村整備担当参事。



◎産業経済課農業農村担当参事(真壁英明君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 次に、建設課長。



◎建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)



○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第7号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 木本議員。



◆(木本清登君) 予算書のどこでもよろしいんですけれども、補正予算の今度の予算書もそうなんですけれども、説明項目のところの番号の下に、昨年まではたしか横線があったはずなんですよね。これ、ことしの予算書もないんですか、これ意図的ですか、それとも印刷ミスですか。



○議長(渡部孝樹君) 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) 確かに、昨年までは横線がありました。それで平成22年度に財務会計システムのシステム変更ございまして、新しいシステムが、その下線というかラインが入らないものなんです。それで基本的には変わらないんですけれども、そんなことでご了解いただきたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) ここで宣告いたします。本日の会議時間は、議事進行の都合により延長が予想されますので、あらかじめ宣告いたします。

 ほかに質疑ありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) この3月の補正というのは、決算審査に近いものがありますよね。そういう意味ではたくさん出てきたんですけれども、まず46ページの451、鳥獣害防止総合支援事業が大幅に減額になったんですけれどもその内容ですね。

 それと、次48ページ、農産物ブランド化推進事業についてなんですけれども、これは政策的に目玉事業ですよね。新年度にも予算組まれているんですけれども、こういったものが執行残が出てしまうということに関して、これを完全執行する努力が本当にされたのかどうかということをまずお伺いしたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 産業経済課長。



◎産業経済課長(中川信行君) 初めに、鳥獣害防止総合支援事業の1,335万6,000円の減額補正についてご説明を申し上げます。

 この事業につきましては、10地区で当初で町の予算といたしましては1,400万円を計上させていただいておりました。その後、国からの鳥獣害防止の協議会に直接入る国の内示額が下回ったということで、6月に1,746万円を増額を決定をいただいておりまして、予算現額といたしましては3,146万円、町の予算で持ってございました。これは6月時点の整備計画で74キロの金網フェンスの設置を予定しておりましたけれども、鹿沼地区におきまして、むかわ町との接続を念頭に入れながら、当初計画で入鹿別沿いに上流部から高規格道路の日高自動車道まで設置をする計画でしたけれども、むかわ町との間で二宮地区と最短距離で結ぶことを断続的に協議をしてきたところでございます。最終的には二宮地区とむかわ鹿沼地区、これを最短距離で結ぶという合意に至ったところでございまして、その結果、約16キロ短縮ということになりまして、トータルで74キロの計画が58キロになったということでございます。

 まだ最終的な決算額出ておりませんが、3月末までに最終的なむかわ町と同意を至ったところを設置する予定にしておりますけれども、今現在で事業費、6月時点で9,620万円総事業費を予定しておりましたが、総事業費といたしましては今現在約7,700万円ということでございます。国からの補助金につきましては変わりございません。そこで受益者負担も約600万円ほど減額になりますし、町の負担、これも1,335万6,000円の減額になったということでございます。

 それから、次に農産物のブランド化の事業でございますが、これはハスカップの新品種のゆうしげとあつまみらいのハスカップ部会が更新をする、あるいは新植をするという場合に補助をするというものでございまして、当初1,000株の予定でございます。実績といたしましては、23年度につきましては905株ということでございますし、また単価につきましても3,500円程度当初見込んでおりましたが、3,392円ということで21万5,000円の減額ということになったところでございます。

 農産物のブランド化ということで、この新しい新品種の作付につきましては、今後もこの2品種、付加価値が高い品種でございますので、この2品種の作付について積極的に支援をしてまいりたいという考えでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) もう一つの執行残についてですけれども、50ページの512番、町有林造成事業ですね、これがなぜこのような大きな数字が出ているのかということと、それから52ページですけれども……

          〔発言する者あり〕



◆(下司義之君) いや、それと違う。植樹会、その下でしょう。52ページですけれども530番、商工費の中の観光イベント事業で、田舎まつり運営実行委員会補助金の減額で、臨時職員の賃金ということでしたが、なぜこれが執行できなかったのかということをお伺いしたいと思います。



○議長(渡部孝樹君) 産業経済課参事。



◎産業経済課参事(遠藤秀明君) まず、50ページの町有林造林事業375万6,000円の減額の理由でございます。町有林の人工林、それから人工造林地ごしらえ、下刈り、除間伐作業につきましては事業執行の残でございます。ただ、今回作業路開設につきましては新規開設を予定していたところ、旧路網がありましたね。その拡幅作業だけで済んだということがございまして、事業費が安価で実施できたということによる減でございます。事業の作業路の開設につきましては、当初2,400メートルの予定をしておりました。それで単価も1,500円というふうに組んでおりましたけれども、最終的には延長は3,567メートルというふうにふえたんですけれども、単価は今のような旧道を利用できたということで、単価が437円で済んだということで、これが大きな減額の実績減ということになっております。

 また、続きまして52ページ、観光イベント支援事業の田舎まつり運営実行委員会の運営費補助金の25万円の減額でございますが、これは運営実行委員会のほうで田舎まつりの開催に向けた臨時職員を採用するということで、運営費補助という形で町からお支払いしているところなんですけれども、昨年につきましては、町の私どもの商工観光林業水産グループに配置されております町の臨時職員、これがそのまま、この田舎まつりのほうの運営についてお手伝いをいただいたということで、運営実行委員会そのものについては、その部分についての採用はなかったということで、その分を補助金の減額ということで今回補正減をするというものでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかに。

 下司議員。



◆(下司義之君) 今の田舎まつりの臨時職員の件なんですけれども、町の臨時職員で間に合ったということであれば、当初の予算自体が必要なかったということになりますよね。ちょっとそれはこの説明としてはふさわしくないと思うんですよ。やはりそのようなことが発生しないようにしないといけないと思いますし、新年度に関しては新しい事業も組まれているようですから、決算というか1年たってみたら、いや、職員で対応できたからその分の人件費浮きましたなんていうことになるのかどうか、そういうことにはならないんだと思うんですけれども、もう一度ちょっとお伺いしたいんですけれども、この臨時職員は本当に雇わなくてよかったんですか。



○議長(渡部孝樹君) 産業経済課参事。



◎産業経済課参事(遠藤秀明君) この町の臨時職員につきましては、私どもの採用というか、町全体での職員の配置の中での商工観光林業水産グループへの配置になりましたんで、その配置については総務課長からご答弁していただきます。

 ただ、田舎まつりの運営実行委員会としましては、新年度の予算としてもそうなんですけれども、当然、実行委員会としてはその職員を短期間ですけれども採用を予定をしているということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) 昨年は、雇用創出ということで緊急雇用事業も実施いたしております。雇用を確保するという意味と、緊急的な経済対策ということで実施したところでございます。例年より多く臨時職員を確保できたということから、一般的に田舎まつりとは申しますが、町の一般定例業務も一部兼ねておりますので、緊急雇用のほうで対応させていただいたということでございます。

 人材としては、その分当然ふえて実施しているということでございますので、田舎まつり実行委員会の運営費の部分については確かに減っておりますが、トータルの雇用確保という意味では、同じだけは確保されているということでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 54ページですけれども、これはどの事業がどうということではないんですけれども、住宅建設費の執行残、結構出ています。入札執行残だと思うんですけれども、それから土木費の公園費についても、公園等整備事業の中で浜厚真環境衛生公園トイレ整備事業、これについても執行残が大きく出ていますよね。これは入札残でなければ説明いただきたいと思うんですが、もし入札残だということであれば、安ければいいのかということなんですね。その辺の基本的な入札価格に対する考え方をちょっとお伺いしたいんですが。



○議長(渡部孝樹君) 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) お尋ねの住宅建設費の執行残についてでございますが、いわゆる入札執行残もございますが、その前の段階の設計が予算額に対して設計額が下がったという部分もございまして、両方の要因が事業によってはございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかに。

 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 説明資料の47ページのところに、土地開発基金保有地ということがあるんですよね。今まで基金というのはすべて現金というか、現金に近いような貯金とかそういうものであるのかなと思ったんですがね、こういう土地になってきますと、地価があってないようなものなんですよね、もう今の時代は。それで24年の説明資料を見ていたところ、土地開発基金でまだこれ現金以外で持っているものがあるんですよね。ということは、これ本当にこの金額が正しいのかどうか、そしてまたこういう土地というのは今後どういうふうに処理されていくべきなのか、同じ役場内というのも変だけれども、町で売買するときはその金額でいってそれは差し支えないというか、それは変じゃないんですけれども、それ以外のところになったらどういうことになってくるのか。



○議長(渡部孝樹君) 会計管理者。



◎会計管理者(中田匡君) ただいま、海沼議員から土地開発基金の保有の土地についてのご質問がございました。それで、ただいまのご質問の中でほかにも保有している土地があるというご指摘がございましたが、現在の段階ではこの浜厚真の土地だけでございます。ほかの土地については既にもう振りかえてございますので、この公園予定地のみの土地を保有しております。

 したがいまして、この土地が今回一般会計で購入されれば、土地開発基金による保有土地はなくなります。ですから今後の見通しというようなことは発生しない。今後、土地開発基金をどのように、また先行取得するかどうかという問題はありますけれども、とりあえず土地はもうこれで終わりだということでございます。



○議長(渡部孝樹君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 補正からちょっと外れるかもしれませんが、ちょっと我慢してください。あと貸付金ってあるんですよね。それも発生というのか、土地開発基金の中にね、これはどういうふうに判断すればいいですか。



○議長(渡部孝樹君) 会計管理者。



◎会計管理者(中田匡君) 厚真町土地開発基金条例の中に目的がございまして、公用、または公共用の土地の、あるいは公共の利益のために取得の必要がある土地をあらかじめ取得する、これはいわゆる先行取得ということですね。それによって事業の円滑な執行を図るというのが土地開発基金の目的でございます。したがいまして、まず先行取得、土地を先行取得するということが1つの目的なんですけれども、この中に厚真町土地開発公社に対する貸し付けも含まれるということで、国から通知をいただいておりますので、先行取得と土地開発公社に対する貸し付けの両方ができるということでやっております。



○議長(渡部孝樹君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) ちょっと本当に申しわけないです。ここで23年末って9,000万円貸しているんですね、貸付金。公社にこんなに貸していたかどうか、ちょっとうろ覚えなんですけれども、こんなに貸していなかったような気がするんですけれども。



○議長(渡部孝樹君) 会計管理者。



◎会計管理者(中田匡君) ただいま海沼議員は、多分私と同じ資料を見ていると思いますけれども、9,032万円余りの貸し付けをしております。すみません、これは22年度末ですね、22年度末でございます、すみません。それできょう現在の貸し付けは7,318万3,000円余り。23年度に償還がございました。したがいまして今現在は7,318万3,000円余りの貸し付けとなっております。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 何か今聞いていて、いつ土地開発基金でこの土地をどうやって取得したんだったかな、何だかややこしいことになってきているなと思って、公社があったなと思ったら土地開発基金で土地を取得している。それと今さらながら1,000平米当たりにすると83万円、これは余り安くない値段だなと思ったりもしていますけれども、その辺ちょっと確認したいと思います。

 それと、31ページは何だ、総務寄附金5万円と10万円を見込んでいる。見込んでいるって、これもう既にあったんでないのかなと思うんですが、見込んでいるというふうな説明だったような気がするので確認したいと思います。

 52ページと4ページのこれは今言った道路で、この基金との関連があるからちょっと意味がそういうことだなとは思うけれども、不足が167万円だと、差し引きしたのかなと。54ページはこの1万8,135平米に対して1,507万円、こっちは3,636平米だけれども不足だ。いつ何をどうして不足になったのか、ちょっと確認します。

 ちょっとそれと関連して、スタードームの改修なんですが、12月補正予算で600万円で実施をしていた、ちょっと途中休館をしてと。そうしたらまた何か休館をして、また何か改修があるんだと。あれ、何をどうしたのかなと。確認します。



○議長(渡部孝樹君) 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) ただいまの今村議員のご質問の1つ目と3つ目の土地開発基金と土地のことに関することについてお答えをいたします。

 最初の土地開発基金で所有しておりました土地について、いつということでございましたが、昭和61年に取得いたしております。1,800万円で今回のこの土地2万1,771平米を取得しているものでございます。当時、議会の議決をいただいて不動産の取得をしたということでございます。

 この取得した説明資料47ページの図面で申しますと、このうち今回補正予算を用いて町道については、金額で申しますと302万1,403円、公園で1,506万9,622円の購入価格であるというふうに説明を申し上げました。公園費につきましては、この額で当然取得しておりますし、この町道でございますが予算書でいいます52ページ、先ほど建設課長が申し上げました道路用地購入費167万円というのは、この302万1,000円との差額については、既定予算の道路用地購入予算残として持っているということから、その不足分を167万円を今回補正させていただいたと。実際にはこの302万1,000円で取得するということでございます。まさしく不足分については既定予算の残りを使わせていただくという設定でございます。



○議長(渡部孝樹君) スタードーム。

 総務課参事。



◎総務課参事(橋本欣哉君) それでは、私のほうから31ページと32ページの総務費寄附金についてお答えいたします。

 ちょっと私の説明がまずかったのかもしれませんが、これにつきましては一般寄附金5万円、ふるさと厚真応援寄附金10万円、両方とも既にご寄附をいただいてございます。そういうことでございます。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) スタードームの人工芝の張りかえの関係でございますけれども、実は1月24日実施の総務文教常任委員会の現地調査でこの内容はご説明したところでございますけれども、当初人工芝の張りかえにつきましては、全体の総体の経費がかなり大きくなるということで、当初全体張りかえも考えたところですけれども、テニスコートを中心に消耗の激しい部分を部分張りかえという形で実施をし、11月の末をもって、その1次の工事は終了いたしております。

 ところが、ゲートボール競技の会員の方から、ちょうどその部分で張りかえた継ぎ目がゲートの部分にかかると、ゲートボール競技に非常に支障が出るということで非常にクレームが出まして、いろいろ検討を重ねた結果、執行残もございましたので、その工事の中で追加でやろうということで決定をしたわけでございます。それで既に3カ月先の長期利用の予約というのは入れておりましたので、そのあいている合間で実施しなければならないということで、実はこの工事、もう終了いたして、あと外周の既存の芝と新しい芝、高くなっていますから、そこのすり合わせだけ今残して、もう完了間近という状態になっております。

 そんなことで、2度の改修工事という形になってしまいまして、利用者には大変ご迷惑かけたところでございますけれども、そんな形で利用者にしてみれば1回1カ月ほど休んでいて、またこの時期になって1週間ほど休館にしたということで、ご迷惑をかけたところでございます。



○議長(渡部孝樹君) 今村議員。



◆(今村昭一君) よく何かわかったような。例えばきょうとか休んでいませんか。4日の時点で見たら終わったのかなと思って見ました。そうしたら、まだ休むんだと聞いたんですが、そこを確認します。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) ただいま言いましたように、ちょうど合宿等、土日の大会等がもう既に入っておりまして、それで平日ちょうど2週にまたがっての改修ということで、主に平日ということになりますと町民の方の利用にご迷惑かけておりますけれども、そんなことで土曜日をまたオープンにして、平日休館という形で工事を変則的にやらせていただいております。



○議長(渡部孝樹君) ここでお諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ……

          〔発言する者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 下司議員。



◆(下司義之君) 58ページ、これは何だっけ、別冊1の58ページですね。中学校費の燃料費に不足が出たということなんですが、学校ごとの金額を教えていただきたいということと、それから64ページの教育費の体育振興費の中の体育指導委員費なんですが、これの執行残が出ていますが、これの理由、お願いします。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) さきに、別冊1の64ページの体育指導委員費の執行残について説明をさせていただきます。

 委員報酬で18万4,000円の減となっております。当初の予算では会議及び体育行事等で延べで138人分、これを見ておりました。決算的は延べで115人ということで23人分の減となっております。これの一番大きな理由といたしましては、行事の部分でミニバレーボール大会、体育指導委員12人おりまして、4日間の日程で予定をしておりましたが、チーム数の関係で3日間になったと。そこでもう12人が減と。それと定例の会議ですとか研修会等の欠員の関係でこの執行残という形になっております。そんなことで委員費用弁償におきましてもこれに連動して減額となった状況でございます。



○議長(渡部孝樹君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) 各学校の使用料の今回補正で上げてございますので、見込みの量ということでよろしいでしょうか。中央小学校が……

          〔「中学校」と呼ぶ者あり〕



◎生涯学習課長[学校給食センター長](佐藤好正君) 中学校だけでよろしいですか。厚真町の中学校、厚中が3万6,000リッター、厚南中学校が一応3万2,000リッターを見込んでございます。



○議長(渡部孝樹君) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第7号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) それでは、討論なしと認めます。

 それでは、議案第7号について起立により採決いたします。

 本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(渡部孝樹君) よろしいです。起立全員であります。

 したがって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(渡部孝樹君) ここでお諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 本日は以上をもって延会いたします。

                              (午後5時27分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

        議長

        署名議員

        署名議員