議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 厚真町

平成22年  3月 定例会 03月10日−02号




平成22年  3月 定例会 − 03月10日−02号









平成22年  3月 定例会



          平成22年第1回厚真町議会定例会

●議事日程(第2号)

                 平成22年3月10日(水)午前9時30分開議

   開議宣告

   議事日程の報告

第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第8号 平成21年度厚真町一般会計補正予算(第12号)

第3 議案第9号 平成21年度厚真町国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)

第4 議案第10号 平成21年度厚真町老人保健特別会計補正予算(第3号)

第5 議案第11号 平成21年度厚真町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

第6 議案第12号 平成21年度厚真町介護保険事業特別会計補正予算(保険事業勘定補正予算(第3号)、介護サービス事業勘定補正予算(第6号))

第7 議案第13号 平成21年度厚真町簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)

第8 議案第14号 平成21年度厚真町公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)

第9 議案第1号 平成22年度厚真町一般会計予算

   議案第2号 平成22年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算

   議案第3号 平成22年度厚真町老人保健特別会計予算

   議案第4号 平成22年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算

   議案第5号 平成22年度厚真町介護保険事業特別会計予算

   議案第6号 平成22年度厚真町簡易水道事業特別会計予算

   議案第7号 平成22年度厚真町公共下水道事業特別会計予算

   閉議宣告

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(10名)

    副議長 井上次男君    議員  木戸嘉則君

    議員  下司義之君    議員  木本清登君

    議員  三國和江君    議員  渡部孝樹君

    議員  今村昭一君    議員  海沼裕作君

    議員  米田俊之君    議員  木村幸一君

●欠席議員(1名)

    議長  河村忠治君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 町長          宮坂尚市朗君  副町長         古川元三君

 教育長         兵頭利彦君   総務課長        近藤泰行君

 総務課参事       佐藤忠美君   町民福祉課長      加藤恒光君

 町民福祉課参事     長谷川栄治君  まちづくり推進課長   小松豊直君

 まちづくり推進課参事  岩田善行君   産業経済課長      中川信行君

 産業経済課参事     新飯田 治君  建設課長        堀 武志君

 建設課参事       西尾 茂君   上厚真支所長      高田芳和君

 会計管理者       中田 匡君   農業委員会事務局長   當田昭則君

 生涯学習課長      佐藤好正君   生涯学習課参事     佐藤照美君

 農業委員会会長     小納谷 守君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●職務のため議場に出席した者の職氏名

 議会事務局長      本多範行    議会事務局主査     蛇池克広

 議会事務局主任     田中咲詠子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○副議長(井上次男君) 議会を再開し、これより本日の会議を開きます。

                              (午前9時30分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○副議長(井上次男君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○副議長(井上次男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に木本議員、三國議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第2、議案第8号 平成21年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 続いて、補足説明を求めます。

 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(佐藤好正君) (議案書及び資料により説明)



○副議長(井上次男君) ここで質疑に入る前に、暫時休憩いたします。

 10時50分まで休憩いたします。



△休憩 午前10時35分



△再開 午前10時50分



○副議長(井上次男君) 会議前に引き続き会議を開きます。

 議案第8号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 太陽光の中央小学校のでお尋ねしますけれども、屋根の耐久性とかなんとかで中央小だけになったと。まず、敷地がないのかどうか。あえて屋根でもっていくから耐久力とかなんとかという話なるのですけれども、地べたを使うというのが一番安全性もろもろでいいんじゃないかということと、それからもう1点は、上であろうと下であろうとですけれども、縦横長さを考えたときのいわゆる耐風力、風に耐えるというそういう面からの構造も、これでは1枚物になっているということから、そこら辺で非常な最終的に受ける土台のところが厳しいなということで、段違いで設置するという工法は考えられたのかなと。1枚の物をずらっといくんじゃなくて、段違いにすることによって風も抵抗が軽減されることと、降った雪の落雪も1カ所じゃなくて分散させて落下させられるという意味合いからも、段差で設置していくという工法は検討の中にあったかどうか。

 いずれにしても、屋根につけるということは将来的な耐久年数、10年もすればどちらかというとその屋根自体に非常な負担から設置がえをしなければならなくなるのではないかみたいな話もあります。一般家庭でならなおさらということですから、まず第一には地べたを活用すると、そういう敷地が全くないのかどうかということと、分割方式ですね。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 設置する場所でございますけれども、これにつきましては当初、学校の敷地の中で、まず地上置き、それから壁につけられないか、それから屋根がいいのか、どこの場所がいいのかということでいろいろ打ち合わせをさせていただきまして、最終的には屋上が一番学校の機能として支障がないということで、今、屋上に決めさせていただきました。当然、風に対する計算につきましてはしてございますので、これにつきましては問題ないと思うのですが、段差をつけたとしても、やはり風を受ける面積は恐らく同じでございますので、そういう意味で一番安い方法を今回とらせていただいたというふうに解釈をしてございます。

 ただ、確かに屋上に置くことによって、地上に置いた場合とはやはり建物の上に置いていますので、屋上といいますか建物における防水だとかなんとかという部分もあるのですけれども、ただこのパネル自体を下に置きますと、パネル自体は3ミリぐらいの強化ガラスでできているものですから、外部から物が当たればやっぱり壊れるということもございますので、そういうことで今回、屋上に置かせていただいたということがございます。先ほど雪につきましても、当然雪の加重につきましては、今回1枚物ですけれども、全体としては雪の加重も計算してチェックをしていただいてますので、そこら辺の問題はないかというふうに考えてございます。

 以上です。



○副議長(井上次男君) 敷地。



◎建設課参事(西尾茂君) 敷地につきましても、地上に置いた場合の敷地の使い方、かなり面積とるものですから検討したのですけれども、いい場所がなかったということでここに決めさせていただきました。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑はありませんか。

 木本議員。



◆(木本清登君) 太陽光の関連から質問いたします。

 太陽光について2件ほど質問いたします。

 まず、教育的な面なんですけど。環境問題とか、科学的な面とか、経済的な面だとか、いろいろ教育的に目指す目標が想定されると思うのですが、それをもう少し詳しく説明願えたらお願いします。

 それと、もう1点は、工事発注の件ですが、あつまネットのときのようにメーカーへ発注するのか、それとも工事業者へ発注するのか。もし、また工事業者に発注するのであれば、地場企業の参入を考えているのか。その辺をお願いします。



○副議長(井上次男君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(佐藤好正君) それでは、教育の面について説明させていただきます。

 太陽光パネルを設置することによりまして、児童・生徒が実感できる。要するに、モニターですね。モニターを見て今発電の状況がこうで、そして電力が入ってくる、出ていくというのをモニターを見て教育できる。そして、新学習指導要領にもこういう電力を、こういう省エネ、省電気、こういうものについても新学習指導要領にも基づきまして、小学校3年、4年、6年、そういう幅広い学年がこの太陽光についての授業ももっているということでございますので、これは有益な物だと感じてございます。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 今、木本議員からご質問ございました発注した場合の業者の関係でございますけれども、これは私どもは当然、電気工事、地元の電気工事会社でも十分可能というふうに担当としては考えてございます。



○副議長(井上次男君) ほかにありませんか。

 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 繰越明許費についてお伺いをいたします。

 繰越明許の中にいろいろなものがあったんですが、繰り越しをしたというその理由についてそれを1つずつお願いします。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 全体的なことで申し上げますと、それぞれ来年度、つまり21年度でもちろん実施することがちょっとできなかったというのが総体的な考え方でございます。この中には、すべてほとんど工事的なものがございますので、全体的にはそういったことで繰り越しをするというのが1つでございます。

 それから、中には子ども手当のシステム構築事業というのがございます。これらは3月に国のほうから補助が入ってまいりますので、今3月補正でありますので、今年度中はできないというのももちろんございますし、あるいは後ほど個々に説明しますけれども、予防接種のように先ほど申し上げました制度が変わりまして、これから新制度の対象者で行わなければならないというのがありますので、それは年度内には無理といったものもございます。総体的な言い方をしますとそのようなことでございます。

 後、担当課のほうからご説明申し上げます。



○副議長(井上次男君) 総務課長。



◎総務課長(近藤泰行君) 個別に説明をさせていただきます。

 まず、総務課所管のほうでは、この7ページの繰越明許費の一番上でございます。町有地整備事業、これは青少年センター向かいの駐車場でございますが、現在、凍結期間でございますので春以降、凍結が抜けてから舗装整備をするということでございます。

 それと、総務課所管では下のほうの9款の消防費、防災無線整備事業、J−ALERTの整備でございます。これは21年度の補正予算で予算を計上させていただいておりますけれども、全国一斉整備を予定いたしております。このJ−ALERTの機械の製造自体が今年の夏ごろを予定しているものですから、繰り越し事業ということでございます。

 以上です。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 7ページの表、2番目にございます地域情報化整備事業40万円、これはポータルサイトの構築にかかわるものでございます。委託は終わっておりますが、イメージづくり、これは基本コンセプトに構築するというか考えるものにちょっと時間がかかりまして、内容としましては、オールあつまとしていろいろな目的、観光とか地震とかいろいろな面でアクセスしてこられる方に対して、すべての情報を提供できるようなホームページをつくって、また独自のサービスもつくっていきたいというコンセプトの中で委託をしております。この中身をつくり上げていく中では、商工青年部とか新撰組、もしくは役場の内部のプロジェクトチーム、これらの話し合いの中で中身、つくり上げていきたいということでこれに時間を要すると、そのために繰り越しをいたしまして、いいものをつくっていきたいということでここに上げてございます。

 それと、もう一つは、4款衛生費1項保健衛生費の2番目に……、すみません、今申しましたもう一つ下の行になります。地域情報化整備事業の地域活性化・公共投資1億1,500万円。これにつきましては、豊沢、宇隆、東和、桜丘、美里地区、これらの情報化整備ということで市街地で行っておりますBフレッツの拡張工事でございます。これにつきましては、この事業の認可がおりたばかりでございまして、これから作業を始めるということで繰り越し事業になってございます。

 次に、4款衛生費の中の段にございます、市街地等緑化環境整備事業200万円。これにつきましては、市街地内の植栽を考えてございます。これの植栽の場所等は地元の方々と協議しながら、場所、植樹の時期、それらを決めていくということで繰り越しというふうにいたしております。



○副議長(井上次男君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(加藤恒光君) 児童福祉費の子ども手当システム構築事業329万7,000円でございます。子ども手当につきましては、ご承知のとおり月1万3,000円ということで22年度から実施されるわけでございますけれども、この事業を進めるに当たって、厚生労働省の補助金が交付されるということで、市町村がシステム開発等によって児童手当から子ども手当への円滑な移行を図るということから、移行に必要なシステムの開発、それに伴う整備に要する経費を交付しますということでございます。基準額といたしまして基礎額が300万円、プラス住民の人数に応じた額ということになってございます。このシステムの開発を委託するに当たりまして、3月、今回予定を申し上げまして議決をいただいてから発注したのでは21年度中には完成しないということから、北海道のほうの指導もございまして、繰越明許で対応するようにというふうに指示をされているところでございます。

 以上でございます。



○副議長(井上次男君) 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) 予防接種事業の33万6,000円につきましてご説明いたします。これにつきましては、昨年に補正させていただきました新型インフルエンザの予防接種事業の助成金でございます。これにつきましては、国のほうで平成21年から22年へ事業を繰り越して助成を、対象の枠を延長するという要綱が決定されまして、道のほうでもそれを追従して22年度も実施してよろしいということでございます。

 それで、うちのほうとしましても、接種をされていない方がまだかなりの方がおります。それと既に接種をされているんですが申請に来られていない方、この方もまだかなりおります。うちのほうでもそれぞれ通知をしているんですが、まだ申請されていないということで、これらの方が4月以降に、もし申請に来た場合に、この制度を打ち切っていますと対象とならなくなることから4月に申請がきても助成の対象としまして、国の助成制度を受けられるような形をとるために繰り越しをしております。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 4款衛生費の簡易水道事業特別会計の繰り出し金でございますが……

          〔「ちょっとそこまで言っていない。これは衛生費だから。違うでしょ。暫時休憩お願いします。」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時07分



△再開 午前11時08分



○副議長(井上次男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 失礼いたしました。簡易水道特別会計繰出金の2,200万円でございますけれども、これにつきましては、先般のきめ細かな交付金事業の中で繰り出し金としてはかったものでございまして、その内容につきましては、上野地区の配水管布設事業がございます。冬期間でございますので、この工事は難しいということできめ細かな事業に参加したばかりでございますので、新年度22年度で行いたいということでそういうことになってございます。よろしいでしょうか。



○副議長(井上次男君) 産業経済課長。



◎産業経済課長(中川信行君) 農林水産業費、農業費、美里第2地区道営ほ場整備事業でございますが、この事業につきましては、昨年度国の補正事業として追加された分でございます。区画整理で33.2ヘクタールということで、全体事業費4億2,700万円ということで事業補正されたものでございますが、夏季施工については進捗度といたしまして約50%、全体事業費といたしまして2億1,900万円を繰り越すということでございまして、その町の事業負担額2,737万5,000円を次年度に繰り越そうとするものでございます。



○副議長(井上次男君) 産業経済課参事。



◎産業経済課参事(新飯田治君) その下の7款商工費、1項の商工費、事業名としては上厚真地区商店街街路灯整備事業でございます。これにつきましては、冬季間の施工がやってやれないことはないということでございますが、基本的にナトリウム灯11基、それとLED灯が2基ということで、どちらにしましてもNTTの電柱に共架させるということで考えてございますので、現在今NTTの担当のほうと打ち合わせ中ということでございますので、施工については来年に繰り越したいと考えてございます。



○副議長(井上次男君) 建設課長。



◎建設課長(堀武志君) 8款土木費の2項、5項、道路橋梁費、都市計画費についてでございますが、道路が4本、公園の公園灯が3基ございますけれども、これについては、期間的にまず道路については凍結していると、それと路面も雪がまだ残っているということで年度内には無理であろうと。そして公園灯についても同じく、雪が積もって凍結しているということで繰り越しをお願いしたところでございます。

 以上です。



○副議長(井上次男君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(佐藤好正君) 10款の教育費、2項の小学校費、事業名太陽光発電施設整備事業でございますけれども、この事業につきましては、9月に設計の議決をいただきまして2月20日に終了してございます。したがいまして、事業費の予算が今月になりましたので今年度中の事業の終了の見込みがございませんので、繰り越しをさせていただきます。



○副議長(井上次男君) 生涯学習課参事。



◎生涯学習課参事(佐藤照美君) 表の一番下、4項社会教育費、事業名公民館分館整備事業。これは地域活性化・きめ細かな臨時交付金によりまして実施するものでありますが、699万円。これは2月の臨時議会におきまして、補正予算として議決をいただいている事業でございます。これの中身につきましては、公民館改修工事ということで、上厚真五区以下5館の壁、屋根の塗装工事、また東和生活館の女子トイレの拡張、そしてルーラルマナビィハウスの玄関前の路盤改修ということで、時期的にこの冬期間には実施が無理ということでこれを繰り越しさせていただくものでございます。

 以上でございます。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 今、1つずつその理由を聞いたわけですが、理由がはっきりしなかったものが何点かあるわけなんです。繰越明許の理由というのは、工事ができないというはっきりとした理由がなければ繰り越しはできないわけなんです。それで、理由は一生懸命しなかったからできなかったという、例えれば、一生懸命してもできなかったものは繰り越しできるんですけれども、一生懸命しないものを繰り越しすることは宿題を残したと同じことなんです。それで今1つずつ聞いたわけなんです。

 例えば、今気がついたところで言うと、40万円のポータルサイト。ちょっと時間があればできる。ちょっと時間があれば、今までなぜしなかったのか。それから、衛生費の簡易水道の繰出金。これなぜ繰り出ししなかったのか。工事ができなくても繰り出しはできるでしょ、一般会計から特別会計に。その2点。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) ポータルサイトについてお答えいたします。

 これは、昨年の予算特別委員会で議論いただいたところでありまして、内容につきまして、いろいろ議論いただきました。それらを考慮しながら考えていったわけでございます。当初私が考えておりましたのは、各町内のリンクを張る、接続するだけ。これをメインに考えておりましたが、いろいろ考えていった経過、それだけではなくて独自のサービスを考えていく、例えばバーチャルモールとか、掲示板とか。バーチャルモール、仮想商店街とか掲示板、それとあと自治体にホームページをつくられていない方、それらの方々もいかに取り組んでいくか、こういうことを考えていくと、なかなか時間がかかってしまったのは事実でございます。これらのコンセプトがはっきりした段階で委託はしたんでございますが、それを煮詰めていく、それを将来に向けた発展形として構築していく中には、これからそれらを担っていただくであろう商工会なり商工会青年部、もしくは新撰組、これらの方々との意見というかお話し合いも進めていかなければならないな、そういうことを考えていく中でもう少し時間をかけながら、一たん終わらせてまた新たな構築ということではなくて、それらの話し合いを進めながらポータルサイトの構築をしていきたいということで、今回繰り越しをお願いしたところでございます。

          〔「議長。もう1点ですか。ちょっと申しわけないです。」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) あの、1つずつしたほうが僕も忘れないので。2つ一緒にされますと質問の内容がちょっと変わってしまいますので、1つずつ、今のポータルサイトついてお伺いします。

 予算を40万円と決めて、予算を計上したわけなんですよね。その構築していく間に、あれも入れようこれも入れようということは、予算外になってくるわけです、それは。予算外になろうとするものに対していつまでも延々とそれも続けていっていいのかどうか。予算は予算の範囲ですべきだったらそんなに長く伸びないはずなんです。その辺どのようにお考えですか。いつまでも予算外のことまで考えてやっていくのか。

          〔「ちょっと関連いいですか。」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) 構想が膨らんでいく中で、この40万円じゃできないということになったんじゃないですか。どうなんでしょうか。今のお話聞いていると、とても40万円でできるような規模のものではないと思うんですけれども。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) ポータルサイト、こういったソフトものは道路建築物のようにはっきりした形、その形に要する経費というものがはっきりしていないものでございます。ですから、構想が膨らんでいってもその手戻りにならないようなつくり方、それらをできるのではないかというふうに思っておりますので、この40万円、これに今考えているのがこれと全然あわないのではないかというふうには、私はそこまでは思っておりません。それらを考えた中でも十分に、この金額の中でそれらに発展性を含めたもののつくり方ができるのではないかなというふうには考えております。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) そうすると、予算は適正であったかどうかということなんです。予算の計上は。年度当初の、40万円というのは。構想がだんだん膨らんでいって、それで補正かければいいんですけれども、補正をかけないでいままで来てしまった。でも40万円でできるというのは予算が甘かったのか、考えがその構成を膨らませていった、そういうことが甘かったのか、どちらなんでしょうか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 当初考えていた中で、よりいいものをということだけを考えておりました。実際につくろうとするものが予算に制約される、または予算が膨らんでいくという発想をしていなかったものですから、いかにこの当初考えていたものをよりいいもの、より発展性のあるものにしたいかということで、今までお答えしたつもりでございます。そのためには、協議、それに応じてすぐにつくるのではなくて、いろいろな協議を重ねた上でつくったほうがよりいいものができるというふうに思ってやった次第でございます。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 特に質問に対して今、答えていなかったと思うんですが。ある程度のところへきて、できないと見通しがついた場合には、補正をかけるなり何かをして、年度中にできるものはするというのが建前だと思うんです。これは多分、年度中にできた仕事です、これは。これは繰越明許には適さないと思います。と思っているのですが、採決のときはそれは別かもしれません。今の気持ちでは、これは繰り越しにつかないものだと思います。

 次に、衛生費の簡易水道への繰り出し金。お願いします。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 先ほどの繰り出し金の繰り出しをする理由のところで申し上げましたけれども、この事業につきましては、きめ細かな交付金をすべて充当する事業です。ですから、町のほうにこの交付金が一たん入ってきて、この繰出金のその財源はすべてその交付金だということでご理解をいただきたいと思います。ですから、その事業を行うために繰り出しをするのであるということでございます。仮にそうでないと、この繰り出し金だけで繰り越しとなりますと、逆にこの簡易水道事業特別会計の余剰金ということで出てきますので、そうではない、あくまでもその事業を起こすための繰り越し財源ということで、交付金が絡んでいるということでご理解をいただきたいと思います。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 一般会計と特別会計ちょっと入り乱れるのですが、水道のほうでも繰越明許を多分するんですよね、してるんです。この別冊見ると。それでまだ審議前なんですがちょっと引用して使います。繰越金があったとしても繰越明許を起こせば、別に何の問題もないと思うんです。特別会計でも。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 先ほど言いましたように、あくまでも交付金事業としまして、事業特定をさせまして繰り出しを行うということですから、その繰り越し金、今議員がおっしゃった繰り越し金の部分、ちょっと私のほうでは理解できませんでしたけれど、あくまでもこのきめ細かな交付金が町の歳入として入ってきて、それを財源として事業を特定したもので繰り出しをするということでございますので、私のほうではそれは何ら差し支えはないと思ってもおりますし、今言った繰り越し金とちょっと絡みについてわかりませんけれども。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) そのきめ細かな交付金、それは入ってきてから2,000万円という計上できるんではないんですか。入ってこないの。



○副議長(井上次男君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時23分



△再開 午前11時30分



○副議長(井上次男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 大変申しわけございませんでした。まず、最初に先ほど申し上げましたように、この事業につきましては、きめ細かな交付金を財源として充てるということは私が申し上げたとおりでございます。仮に、まだこの交付金につきましては、これからつまり22年度になってから入ってくるお金でございます。仮にこの繰り出し金をもっていって歳入が入ってこないようなことになると、一般財源の持ち出しが当然でてまいりますので、ですから先ほどから申し上げましたとおり、この財源を入れた形で繰り越しをさせていただくと、特定させていただくということで、今回この補正をさせていただいたということでご理解いただければと思います。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) まず、地域情報化整備事業40万円の繰り越しについて、若干補足をさせていただきたいと思います。今、本人にもちょっと改めて事情を聞いてきましたが、やっぱり本人も、先ほど小松も自分から申し上げておりましたが、構想はずっと持っておりまして、その構想も去年の予算特別委員会でのやりとりも踏まえて、構想を随分膨らませていたようでございます。はっきり言って膨らませ過ぎてちょっと遅くなってしまったということで、年度末になってから業者と具体的な相談に入ったところ、やはり業者さんのほうでも年度内の完成はちょっと難しいということがわかりましたので、それで繰り越しをさせていただきたいということでございます。海沼議員ご指摘のとおりで、若干怠慢のところがあったことは否めないところでございまして、大変申しわけなく思ってございます。

 それと、今の簡易水道事業特別会計繰出金の2,200万円でございますが、特定財源として地域活性化・きめ細かな臨時交付金を充ててございます。これは先ほど佐藤参事が申し上げましたように、年度内に入ってくる金ではございません。ちょっとおくれて入ってくるわけでございますが、年度内に特別会計のほうに繰り出しを執行いたしますと、当然歳入がないわけでございますから、一般財源を振りかえるか、それとも一借を起こしてお支払いしなきゃならないということもございます。

 それと、もう1点、簡水のほうに繰り出したときに来年度に剰余金として残ります。剰余金が発生することになります。簡水のほうでは繰り越しをして22年度で工事を発注いたしますので。うちのほうで先に繰り出しをいたしますと、一般会計繰入金として入るわけでございますが、それが剰余金となって最終的には一般財源というふうになってしまいますので、特定財源がそこでなくなるという、形式上なくなるということでございますので、そういうことがございまして、本来であれば、こういった事情がなければ年度内繰り出しをするべきところでございますが、そういった事情を踏まえまして繰り越しをさせていただきたいということでございますので、ご理解をお願いいたします。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) 簡易水道への繰り出し金の件ですが、これ一般会計に入金を、年内に歳入見込みなのですか。この額は。歳入見込みの額は繰り越しも何もできないんじゃないんですか、これは。



○副議長(井上次男君) 副町長。

          〔「ちょっと待って」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 失礼しました。この事業につきましては、いろいろな事業がございましたけれども、それぞれの中で終わった事業につきましては当然21年度の中で、5月までありますので入ってくるものもあります。でも、そうでない長期にかかる事業につきましては、その範囲内21年度の中での歳入では無理なところもちょっとあります。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) きめ細かな臨時交付金につきまして、ちょっとご説明いたします。これの全事業につきましてつい先日、2月の末に交付決定がきております。今この中に年度内にできる事業、2つの事業、それ以外については繰り越しという予定で今、国のほうに繰り越しの承認申請を上げているところでございます。年度内終了事業につきましては、今実績報告を上げて概算払いということで、この2つの事業については年度内、会計閉鎖の5月までの間に入る予定でおります。それ以外の繰り越し承認を受けた事業、今回ここでご提案している事業なんですが、これにつきましては、平成23年3月これまでの事業期間ということで繰り越しを行いますのでそれ以降に入ってまいります。ですから、22年度の会計閉鎖までの平成23年5月までの間に、今回繰り越した事業の国庫補助金が入ってくる予定となっております。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) すみません。私、先ほど一借の話を申し上げましたが、今の説明によりますと21年度中には入ってきませんので、一借ではなくて一般財源の振りかえということでございますので、訂正いたします。申しわけございません。



○副議長(井上次男君) 海沼議員。



◆(海沼裕作君) この件ちょっと、何かわかったようなわからないような、本当に複雑な心境です。何かこれは、会社でいうと粉飾に当たるのかもしれない、こういうやり方は。何かそんな感じ。僕の心の中は粉飾です、これは。

 それで、先ほど副町長か、地域情報化、ポータルサイトについて若干怠慢ということで若干とはどのくらいの怠慢なんですか。これは、あしたの一般質問に関連します。僕の一般質問にも関連する話です。若干怠慢だったというような気がするという先ほど、ポータルサイトを作成するに当たって、12月ぐらいからこれには手をつけたということですが、予算は4月には決定したんですよね。その4月から12月の期間を怠慢というのか、どういうことを若干の怠慢なんですか、これは。僕はこれ非常に、できなかったとか、重大な怠慢だと思いますよ、これは。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) 若干と申し上げましたが、若干の部分は訂正させていただきます。職務怠慢でございました。申しわけございませんでした。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

 木本議員。



◆(木本清登君) 歳入の10ページなんですが、今、ちょっと先に答弁に出てしまったのかあれなんですけれども。使用料の地域情報通信サービス使用料ですか、これどうしてこのようになってしまったのか。あと、現在これあつまネットのことですよね。どうしてこのような結果が起きたのかと、現在どんな状況なのかと、今後どのようにしようとしているのか説明願います。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 議案書9ページ、10ページ、情報通信サービス使用料547万9,000円の減についてでございますが、これは当初予算728万5,000円をみております。これは目標でありますあつまネットの加入者数、これを150件と見積もりまして、それの7カ月分、平均して7カ月分の使用料ということで728万5,000円を計上しております。

 実際に、今年度21年度の決算見込みとしましては、加入者数が62件、きのう1件加入者の申し込みがございましたので、今現在では63件の加入状況がございます。ただ、これらの方々については、21年度の後半に加入していただいたということもありまして、実際には4カ月、平均すると4カ月ちょっと、4カ月半ぐらいの使用料の徴収期間ということがございます。それによりまして、これだけの精査いたした結果547万9,000円。これが歳入の過大見積もりであったということになってございます。

 今後でございますが、この63件の方々、この方々が1年間、12カ月の使用料を払っていただけるというふうに計算いたしますと、約500万円ちょっと506万円ぐらいの年間使用料になる予定になります。実際にかかる維持管理費用、これは回線使用料とか電柱の共架使用料、保守点検委託料、これらの歳出となるものは21年度でいいますと525万円、歳出見込みになっております。21年度だけを見ますと、歳入で175万円の使用料の歳入がありまして、支出は525万円。差額といたしまして352万円の赤という結果になります。21年度につきましては。同じ加入者数で1年間使用料を払っていただいた場合、先ほど506万円と言いましたけれども、この中でいきますとかかる経費というのはそれほど変わるわけではございませんので、やや歳出と歳入、近い値になるのではないかなという、現状の加入者数で比較するとそのように考えております。ただ、これからも加入者数の増加には努めてまいりたいと思いますので、そのように考えております。



○副議長(井上次男君) 木本議員。



◆(木本清登君) 150件で一応想定して、歳入歳出がいいということですよね。これもし63件で、あまりこれからも営業努力というのかな、しないでこのままいったら加入者の負担がふえるとか、町の持ち出しがふえるとか、そういうことがでてくるんですか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 当初、計画いたしました段階で150件を目標としているのは、これは維持管理費、それと機器が何年かで使えなくなった場合の更新費用、これらをすべて賄うためには約150件ぐらいの加入者数が必要だ、そういうことがございまして、それを目標として使用料を決めていた経過がございます。

 実際に、21年度運営を行いまして実際にかかる費用というのがだんだんわかってきております。最大でかかりましても年間650万円ぐらいの管理費用がかかるのではないかなという、今回の実績を見てそのように考えております。それに対して使用料、今現在の63件、62件で考えますと、年間506万円の使用料ということになってございます。ですから、機器の更新費、将来でてくるであろう機器の更新というものを本来は考えなければならないんですが、これをちょっと先送りというふうに考えますと、あと20件ほどの加入者数を、加入していただければ、年間の歳入歳出のバランスといいますか、赤字にはならない経営にはもっていけるという、最低限の目標としてあと20件ほどは加入する努力をしてまいりたいというふうに思っております。



○副議長(井上次男君) 木本議員。



◆(木本清登君) そういうことですか。あと最低でも20件加入できるように頑張ってください。よろしくお願いします。



○副議長(井上次男君) ほかに。

 三國議員。



◆(三國和江君) 別冊1の44ページ、公園用地の購入の件なんですけれども、これを見ると住宅街の中に駐車場ということを、2区画なってますけれども、これ宅地ということじゃなく、あくまでも駐車場ということで購入ということなんですか。それと、宅地でなく駐車場にしたというのはどういう理由があるのか、そこら辺ちょっとお聞きしたいんですけれども。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) 駐車場用地として購入するということでございまして、以前から表町駐車場近くに公園の駐車場がないということ、それからイベント等でもいろいろあそこの場所を使っているということも踏まえて、そういうことを考慮して、駐車場として使用するために購入したということでございます。



○副議長(井上次男君) 三國議員。



◆(三國和江君) 現在、町の中に駐車場がかなりあります。その駐車場はほとんどとまっていない状態なんです。それで表町公園の中に、この2区画の駐車場を入れるということは、まだまだほかの駐車場が使われないということにもなるんですよね。なぜ宅地でなければ、宅地であれば逆に売れるということも想定できるんじゃないかなと思います。そのバランス、住宅街にこの2区画の駐車場を置いて、バランス的に見たときに本当にそこが駐車場でいいのかどうか。イベントだけに、本当に1年間に何回しか使わないイベントだけに、その2区画の駐車場が必要なのか、そこら辺をちょっとどういう考えで購入ということで、もう一度お伺いしたいです。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) 表町公園は平成16年につくられたものでございまして、実はその時から、議会も含めましてあの公園に駐車場がないというのはいかがなものかという、実は論議が随分された経緯がございます。その時、町側の答弁としては、役場にも駐車場がありますし、市街の中にもたくさん駐車場がありますということで申し上げたんですが、いやそれでも、それは都会の話であって、田舎のこういった田舎の場合、役場から表町公園まで歩いて下手したら数分で着くぐらいの距離なんですけど、実はその役場に車をとめて表町公園に行く人はいないという論議があったんです。そういうことも踏まえまして、イベント、一昨年の一般質問だったでしょうか、イベントをやる上でも必要な土地ではないかということがございます。そういったことも踏まえて今回購入するということでございます。

 それと、今も現実駐車場ございませんが、公営住宅と表町公園の間の道路に実は路上駐車随分されているんです。決して道路は、歩道は結構広いんですが、車道そのものはそんなに広い道路でないものですから、そこに駐車場をつくって誘導したいというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○副議長(井上次男君) 三國議員。



◆(三國和江君) あそこに駐車場、道路のところに並木公園の駐車場、すぐ前のところに道路ありますけれども、確かにとめてはあります。でもそんなにばんきにとめているような、そういうような感じでは受けとめてはおりません。宅地、それこそ駐車場、やっぱりこれもう一回、きちんと考えてやったほうがいいと思います。

 以上です。



○副議長(井上次男君) 関連、下司議員。



◆(下司義之君) 実はこれ大きな問題なんです。副町長がお答えいただいてますけど、平成14年の第4回定例会のときの畑嶋議員の一般質問に対して当時の藤原町長が、駐車場そこにはつくりませんと断言しているということと、それから木本議員が平成20年の4回定例会かな、ちょっと記憶があいまいなんですが、やはりこの表町公園の駐車場に関しての質問をしているんです。その時に、これは宮坂町長だと思うんですけれども、駐車場つくらないという答弁をしています。

 ここは、そういう意味では大きな政策転換とも言えるんですね。考え方が全く変わったと。ですから、そうであればしっかりした説明をしなければいけないのではないかなというふうに思います。この後、私が一般質問の中でこの件も取り上げますので、今回あまり詳しくは入らないつもりではいるのですが。そういう問題ではないかなというふうに認識しているんです。

          〔「関連。」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 買うのは仕方ないかと思いますけれども、これは。当分買い手がない間、現状で駐車場として使うというぐらいは、とりあえず仕方ないかなという程度の話でありまして、駐車場にするというのはやっぱり問題だろうと。イベントのときに、たかが20台少々でしょう、恐らくここにとめたとしても。

 それから、路上駐車の話もありましたけれども、根本的にそういう話になると、スタートラインの公園の設計自体から問題があったという話にいかざるを得なくなっちゃうんだけれども、そこら辺の普段の路上駐車の一列ぐらいはやむを得ない範囲かなと。仮にイベントで云々と、言ってみれば将来的に田舎祭りをここでずっとするかどうかも定かではないという気もするわけです。それで、当座駐車場がなくて、どうしても5台、10台がそばにとめたいというようなことがあるんであれば、この公園自体をちょっと変更すべきかな、芝生の奥の部分を一列車が入れるようにでもすると。祭りの状況見ていても、あの奥のところに車を一列並べても、まあまあ何とかなるだろうという感じで見ていますから、イベントのときには、こんな宅地を使うんじゃなくて、公園の奥の一列、車がどうしても入らなければならない車が入れるスペースとしてというような考え方もできるかなと。いずれにしても、宅地として整備したものを駐車場にしてしまうと。それもたかが20台、30台とはいかないでしょう。それは、恒久的駐車場という話、駐車場はなしでスタートしたんですから、これはやっぱりそうそう簡単にそんなことしていけることではないだろうと。

          〔「関連」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) 後から質問しようかなと思っていたんですけれども、この用地購入については補正予算ではちょっとそぐわないと私思うんですよ。先ほどから、いろんなところの用地購入が補正予算で上がってきましたけれども、こんな固定されたものを計画的にできるものを何で補正予算で購入しなければならないのか。本当は補正予算にふさわしい事業ではないと思うんです。その点についてもお願いします。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) まず、表町公園の近隣の宅地を町がなぜ公園の駐車場用地として買うのかというご質問でございます。

 確かに、宅地として分譲していく方針に変わりはないというのは、これまで事あるたびに当時の理事者、私もそういう方針でおりました。ただ、大きなイベント、例えば田舎祭りも含めて、あそこの表町公園だけでは、やややっぱりスペースが足りないということもございまして、確かに木本議員からもご指摘があって、町でそれを買い求めないのかというご質問だったと思いますが、それについては、土地開発公社と町が連携をとって、当面支障ないように公社のほうに維持してもらうんだというお答えをさせていただいたと思います。ただ、公社が持っている以上、公社の負担につながりますので、やはり適切な時期に町が買い求めて、その必要な土地を確保するのが適切ではないかなという考えに至ったわけでございます。

 その際に、宅地というよりは、当面町がいろんなイベント等の予備の土地として確保しておくのが適切だという以上、何の目的も持たずにあそこを放置しておくのももったいない話でございますので、先ほどから出ていましたように、路上駐車の解消も含めて、ちょっと説明が足りなかったんですが、暫定的に駐車場として活用していきたいということで、今回購入費と、それから改修のための砂利を入れる、当初予算でこの土地について砂利を入れるということで、本格的な駐車場として完全に舗装まで整備をするつもりはございません。あくまでも、今の段階では暫定的に駐車場用地として使っていきたいんだということでご提案申し上げました。

 それと、もう一点、補正予算と当初予算のタイミングもご指摘ございました。

 確かに計画的にこういったものを買うことは可能でございます。ただ、当初予算は、地方財政厳しくて、そして不透明な部分もたくさんございます。年度当初では必要な十分な財源を確保できないケースも、交付税の算定が7月ぐらいにありまして、そして決算の仕方、それから税金の補足が完全にできたころに、その年度の一般財源がややおくれて明らかになるということもございます。できれば、当初予算で考えていなかった以上の一般財源が確保される場合は、優先順位を決めて補正予算という形で公共サービスをしていくというふうに方針を決めてございます。そういう中では、このようにまとまった財源が確保されるときに、今まで積み重なってきた、宿題になっておりました土地の購入もできるのではないかなと。

 特に、今回表町の駐車場用地だけではなくて、基金が所有している土地も、実はこれまで早く町が買い戻すべきだとご指摘を受けていた土地もございます。そういった土地もある程度資金が必要でございますので、年度内の一般財源として少しでも余裕が生まれたときに買うべきだなということで補正予算で対応させていただいたということでございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) それなら次年度予算ででも組めばいいことであって、要するに購入という目的、先ほどから質問のある公園用地にしたって、今すぐどうしても買わなければならないというほど緊急なものではないですよ。ただ駐車場として今使えるから使おうかというぐらいの感じだから、何も急いで買わなければないもので、それが補正予算でないと、私はそう思うんです。やはりもっともっと緊急性のあるものがほかにあるだろうに、そういう固定したものを買うのに補正予算を組んで、そういう予算があるんだったら、ほかの事業のほうに向けていただいたほうが、補正予算で組めるだけの予算が余ったって言うなら、そのほうがふさわしいと思うんですよ。ただ、今どうしても使わなければならないというような土地でないものに補正予算を充てるということ自体が、補正予算の趣旨に反しているんでなかろうかと考えるんですが、いかがでしょう。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 補正予算として展開する中で、当然新たな政策を組んで、新たな行政サービス事業を起こす場合にも当然補正予算ということもあるんですが、そういった重要な事業についてはじっくりと検討した上で、一般的には当初予算、もしくはその当初予算に間に合わない場合に6月補正、9月補正という形で準備を進めているというのが大いにございます。

 ただ、歳入の場合は、必ずしも長期計画の中で明確にこの年度にはこのぐらいの余裕が出るとか、それから、当初予算に見込んだ以上に国の手当が大きかったとかいうのは年度途中でないとわからないということもございます。そういった財源を一たん基金として積んで、そして、翌年度以降にまた計画的に取り崩して使うという方法も確かにございます。そういった趣旨で使うという方法もあるんではございますが、当町として想像以上の財源を確保できたときには、これまで宿題として積み重なってきたものを少しでも早く解決したいという思いで、今回、この土地についても補正予算で対応させていただいた。それから、土地開発基金で今まで買っていた土地についても、こういったタイミングでなければなかなか購入できないということで買い戻したということでございます。

 ですから、どうしても3月の決算が明らかになるまではなかなか手をつけられないものを、3月だから買えたということでございます。



○副議長(井上次男君) ここで休憩したいと思います。午後1時から再開いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後零時03分



△再開 午後1時00分



○副議長(井上次男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 木村議員。



◆(木村幸一君) この前の質問に続いて、質問させていただきますけれども。

 土地購入について、先ほどお金があるから買うんだと言われましたけれども、さきに100万以下の工事でも、補正予算で組むのはふさわしくないという話で、本予算まで延期しているものもあるんですよ。そういう中で、土地みたいに計画のできるものを本予算に組まないで補正で組むということは、私はこれはやめたほうがいいと思うんです。基金に積んでおいて本予算でちゃんと確実に買うべきであると思うし、先ほど町長が答弁の中で、あそこの今問題になっている公園のそばの土地を宅地で買いますと言いましたけれども、ここでは、宅地という名前も載っていない、公園用地という購入費になっております。そういうことは、買った上で地目変更をするのか、それはどうかという点をまず町長に尋ねたいのと、参事のほうに、先ほど面積は言っておりましたけれども、あのハートフルタウンの場合では、北側は5%価格をおさめております。それで、2口買うとなれば、同じ人が2口買うというときは、もう一つの地区は10%引きになる、そういう約束があるのですが、その点はどうなっているかお聞きいたします。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 木村議員のおっしゃった土地の買うタイミング、そういったときには十分に配慮するようにというご意見も今後は重く受けとめていきたいと思います。

 それと、宅地で買うという話でございますが、今ハートフルタウンで宅地として分譲している土地を、当面は町として暫定的に公園の駐車場用地として使っていくというふうにお答えしたつもりでございます。

 そして、地目については、そのまま宅地の地目ということで管理をしていきたいとそのように思っております。価格については、担当のほうでお答えさせていただきます。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 土地の割引制度についてお答えいたします。

 平成21年3月に行われました土地開発公社理事会において、このハートフルタウンの割引制度を決めたところでございます。

 内容は、複数区画購入割引制度といたしまして、本人及び2親等以内の親族が同時に複数宅地を購入する場合、分譲価格の5%割引を行う。それと、既に宅地購入者本人及び1親等以内の親族が宅地購入する場合、分譲価格の5%割引を行うというふうに決めております。これの趣旨は、移住、定住を促進するための割引制度ということでございまして、今回のような町及び企業、これらは想定しておりませんので該当していない、該当させていないところでございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) そうすると、あそこの土地は、幾らになるかは答えてもらえないのですか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課参事。



◎まちづくり推進課参事(岩田善行君) 今、ハートフルタウンのこの2区画につきましては、北側ということでございまして5%の割引ということになってございます。それで、681.48平米でございますので、207坪ほどになります。それで、当初分譲した金額が坪当たり2万9,800円、5%を引きますと坪当たり2万8,310円です。それに207坪を掛けますと586万円程度になると、2区画で586万円程度になるということでございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) そうすると、この値段で購入ということでよろしいのでしょうか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 失礼いたしました。ちょっとわかりにくかったこと、申しわけございません。

 北側宅地という部分は、もう既に単価で引かれております、5%分。この5%分を引いた単価で今回の購入金額というのを出しております。先ほど言いました複数区画の割引というのは、これは町とか団体、企業は入らないということでご理解願いたいと思います。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) 何かおかしいですよ。私は変わらないというのを先ほど聞いたから、さっき面積を参事が言ったから、1区画が幾らかと聞いたんだから、それを言ってくれればいいのであって、5%引き入らないなら入らなくていいから、この区画は幾らだという値段を言っていただければそれが答弁になると思うんですけれども、なしてちゃんと言っていただけないんですか。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 大変失礼しました。

 その土地の1区画ずつの値段を申し上げます。

 まず、46番地の7でございますけれども、この価格が391万4,400円、46番地の8でございますけれども、この土地が292万1,250円、合わせて683万5,650円、切り上げをしまして、予算で683万6,000円ということで上げさせていただいたところでございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) 100万の土地、何で高いのか。となりの46番の7。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) 今、申し上げましたように46の7番地と46の8番地、2区画を買ったものでございます。まず、46の8につきましては土地開発公社が現に売り出している、ハートフルタウンの宅地として売り出している価格ということで算出してございます。それから、46の7番地につきましては、これは平成21年8月25日に土地開発公社のほうに、町のほうから公園用地として先行取得をお願いした土地でございまして、地主との話し合いの中で391万4,400円となったものでございまして、その値段で町は今回買い取るということでございます。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

 木村議員。



◆(木村幸一君) 最初に、ちょっと収入のほうでお聞きしたいんですけれども、14ページの土木費補助金の中で、住宅交付金、この減額の760万というのは事業ができなかったから減額なのか、減額だからできなかったのか、その点についてお聞きしたいのと、それから、定住促進住宅維持補修事業の総体の請負金額、減額が122万4,000円になっておりますけれども、これ工事金額、その点だけです。お願いします。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 地域住宅交付金の769万円の減額につきましては、これは公営住宅の建設工事費を精算いたしまして、入札残のところで下がったものですから、それで補助金として下がったということでございます。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 定住促進住宅の維持補修事業の122万4,000円の減額につきまして、これは入札執行残でございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) 執行残は私もわかっています。その入札、要するに請負金額が幾らであったかということを聞きたかったんです。



○副議長(井上次男君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時12分



△再開 午後1時19分



○副議長(井上次男君) 会議を開きます。

 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) すみません。定住促進住宅の維持補修事業につきましては、予算額2,100万円でございました。その中で、内外装工事で1,834万3,500円、それから厨房機器で52万5,000円、それからテレビで88万7,250円を支出しておりまして、残りが122万4,000円で執行残として出てございます。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑はありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 24ページの企画費の中のまちおこし奨励事業なんですが、もう少し詳しく説明いただけないかなと思うんですけれども。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) よろしければ、資料のほうを配付してもいいですか。



○副議長(井上次男君) いいです。

 休憩いたします。



△休憩 午後1時21分



△再開 午後1時22分



○副議長(井上次男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 今回の奨励事業10万5,000円につきましては、現在宇隆の山口農園で生産されているハスカップ、これを使ったハスカップ酒とハスカップ割りソーダ、これらが北海道ビール醸造株式会社で現在販売されておるところでございます。ただ、これらのラベルについては、その材料の原産地を北海道産ハスカップとしか表示されていない状況でございますので、この奨励事業を使いまして新たなラベルを作成するというものでございます。

 この案というのが、今お配りしたイメージで、上のほうがハスカップ酒、瓶に張るラベルの原案でございます。中にある四角いのが、これが缶、ハスカップ割りソーダの缶にこのシールを張りつけていくというもので、各5,000枚ずつ印刷する経費として15万7,500円の要請が上がってきております。これに対する3分の2補助ということで10万5,000円を積算しているところでございます。

 内容につきましては、ハスカップ酒、これは500ミリリットルの瓶で1,200円という値段で販売しているところでございますが、なかなか高いということと、全国的な知名度がまだないということで、さほど売れ行きが芳しくないようでございます。そこで、今回このラベルをつくるのと同時に500ミリリットルという瓶なんですけれども、これもちょっと高い瓶、一輪挿しのようなイメージの瓶を使用しておりますので、これをもう少し小さい瓶にして、値段も半分程度、それらの瓶を厚真町限定ということで、とりあえず5,000ラベル分の5,000本をつくって、町内で販売し、それらの動向を見て販路を拡大していきたいという、そういう計画でおります。

 今回の奨励金の内容についてはこういったところでございます。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) これ、事業主体はどこになるんですか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 山口さん、個人になります。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) まちおこし奨励事業というのは個人が対象でしたか。グループでなければというような規定はなかったでしょうか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 補助対象は団体、サークル、同好会等、あと個人も含まれております。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) もう既に商品として流通しているということだったんですが、後づけでシールをつくることになったという、そういった経緯というのは何か補助申請に当たって説明はありましたか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 既に流通しているというのは、これは北海道ビール醸造で、当初からその会社でつくっている製品が流通しているということです。

 今回、この新たな瓶、新たなラベルで販売したいというのは、今回の事業の申請が2月に上がってきておりまして、これの事業期間が2月22日から3月26日の間に、このラベル作成とラベル張りの作業を行いたいということで町に申請が上がってきております。これらの内容を審査して、2月11日にこの事業計画の内容の申請がございました。内部で審査をいたしまして、2月19日で事前着工といいましょうか、この事業の承認をしているところでございまして、今作業中でございます。予算がついた段階におきまして、補助金の交付決定を行う予定でおります。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。



◆(今村昭一君) ちょっと確認だけしますけれども、既に出回っているものと、今これからつくろうとしているものは同じものというのか、いわゆる山口さんから行っているハスカップなのか、それは別物で、それをまねしたというかそういうものと似たやつを、今こういうことでつくるというのか、その辺ちょっとわからないので。

 なんか500ミリリットル1,200円で出回っている、250ミリリットルにするとその単価は何ぼ予定しているんでしょう。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 既に出回っているラベルを張りかえるということになります。ただ、張りかえる手間というか、その中で、今申しましたように、今出回っている瓶のほうは500ミリリットルで1,200円という高価な瓶、高価な値段になっておりますので、今回新たなラベルで売り出そうとしているのは、中身は同じなんですけれども、瓶の質も落して、量も落している、山口さんのほうでは600円から700円程度想定したいというお話を伺っております。それで、町内で販売をしてまいりたいということです。それと、原料は100%、山口農園で生産されたハスカップを使っております。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) 補助対象が山口さんということなんですけれども、物はお酒ですよ。山口さん自体が酒類の販売許可を持っているかどうかちょっとわからないんですが、単独でこの販売までできるのかどうか、それと、もう一つは、町内で広く販売されているのかどうか、その2点です。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 山口さんが販売するのではなく、販売そのものは今までどおり北海道ビール醸造株式会社が行うことになります。今回、山口さんが行おうとしているのは、今、その会社が単独でつくっているラベルには厚真という表示がないということで、そのラベルだけを変える費用、これは、会社のほうではそれの費用を持っていただければ会社のほうでそのラベルを変えますよという話になりましたので、今回そのラベルだけをつくるということでございます。

 350ミリリットル入りの缶、コーラの缶とか同じような缶のハスカップソーダ割りですか、ハスカップ酒ソーダ割り、これは町内のお店に販売しております。この瓶の酒のほうはまだ販売されていないと思われます。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 広く販売されているかということでございますが、申しわけございません。どの範囲までというのは、ちょっと今聞いておりません。ただ、近場でいいますと、空港等にはこのハスカップ酒の瓶のほうは置いてあるということは聞いております。

 町内は、ハスカップ酒、缶のほうは売ってございますが、瓶のほうは町内ではまだ販売されていないというふうに聞いております。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) こういうことなんです。このハスカップの缶に関しては、昨年の生活応援商品券の景品の中にこの缶が入っていたんです、実は。その缶を確認しても、どこにも厚真町というものはなかったんです。ただ、たしか厚真町の特産品というパンフレットの中にこれが記載されていたんですよ。ですから、表示があったほうがいいなとは思っていたんです。ですから、これは願ったりかなったりだと思っていたのですが、ただ、その話の中で、販売する場所が限定されている、町内の1店に限定されているというような話があったんです。

 町おこし奨励事業で補助対象は個人でも構わないということなんですが、その個人に補助したものを特定のところに限定して販売することでも対象にするのかどうかということだけなんです。それでも構わないのか、それともこれは広くやっぱり販売していかないといけないというふうに考えるのか、そういう視点なんです。これは、昨年の豚丼のときにもそういう質問をたしかしています。豚丼に関しても、町内に広く広めるという目的があるんだということで答弁をいただいているんですよ。その辺の整合性なんです。



○副議長(井上次男君) 関連、今村議員。



◆(今村昭一君) 製造して販売するというのは、根本的に民間の会社で、山口さんは原料を納めているだけ、原料を納めている人がラベルをつくって提供する、意味がさっぱりわからないというか、じゃ、ラベルをつくって納めたら、1本売れたら1円とか2円とかという割り戻しが来るんでしょうか。何がどういうふうになってこういくのか、こういう事業もあるのかな。よくわからないんですけれども。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) まず、広く販売するのかというのは、今確かに1点のみが、缶、ソーダ割りのほうを扱っておりますが、今後ほかの店でも扱っていただけるという話は聞いております。徐々に広がっていくものというふうに思っております。

 それと、その次の質問ですけれども、これは今販売している会社、北海道ビール醸造株式会社、本来は自分の会社の方針としてラベルを変える、中身の表示を変えるということなんですが、今回の場合はそれほど全体としての売れ行きがないと、その中で新たにそういったラベルの交換なり新たな印刷の手間はできないので、それらの提供があればその分だけの印刷はしますよということです。それがうまくいった場合には、本来会社のほうですべて厚真産という表示のもとで販路を広げていくという、今回、ラベルを厚真産と変えた実験的な第一歩、それで町内での取り扱い店も広げていきますし、いろいろなお土産なり特産品として私どももそれを活用していって、将来の販路拡大につなげていける第一歩というふうに今考えております。



○副議長(井上次男君) 今村議員。



◆(今村昭一君) それで、この商標登録ということになるとどうなるんですか。これ、ただ野放しなのか、こういう状態の商標登録もしてもらう、してもらうのか、するのかという話になるんだけれども、なんかややこしいこんな仕組みがどんなプラスになるのかな。うちの加工場も何もない状態であれですけれども、馬路村、ゆずで何十という商品をつくっている工場で何億という販売額を、何億じゃない30億か、そんな産業を起こしているわけですけれども、極めて中途半端というか、ラベルをつくって提供する、本当にうなるしかないんですけれども、せめて商標登録というのはだれがどうするのか、その権利というか。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 今回はそこまでの話はちょっとしておりませんので、確認してみたいと思います。



○副議長(井上次男君) 今村議員。



◆(今村昭一君) いや、極めて販売がまだ知れていると、販売が知れているんだからだれもまねする人もいないと、じゃ、そんなものにこんなことしてどうするかと行ったり来たりする話になっちゃうんだけれども、やっぱり品物を出すという段階では、これは多く販売して実績を上げていくとか何とかということになってくれば、商標というのは非常に大変な重大な問題ではないかなと、売れたときに考えるわと、売れたときには遅いんじゃないかという気もすると、ちょっと余りにも中途半端過ぎるかなという気がしますけれども。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) その登録をどうするのか、だれがするのかというのは確認しておりません。ただ、今回の奨励補助金、これはあくまでも事業をされる方がどうするかということで、それの今行おうとすることが奨励事業補助金に該当するかしないかの判断で今回決めさせていただいているものでございます。ですので、登録は非常に大事ですが、その登録をするかしないかによって奨励補助金出すか出さないかの判断の項目にはなっておりませんでしたので、そこまで調べてはおりませんでした。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) 今の商標権の侵害については非常に簡単に調べることができますよ。特許庁のホームページでハスカップ酒と入れてやればぶつかるかどうかというのはすぐわかるんですよ。そういったのは関係する機関に問い合わせすればすぐ確認とれますので、商標権の侵害をしているような商品に対して補助をするというのは、やっぱり適切ではないというふうに思います。

 それと、もう一つ、先ほどの販路に関してなんですけれども、拡大しなければいけないという義務規定があるのか、それとも、そうじゃないよと、限定した場所での販売でも構いませんよというふうにするのかというところなんですよ。必ずしも販路を広くしなさいという指導をしなければいけないということでもないのかなと。例えば、グループでやっているようなときは、そのグループ内で販売しましょうという取り決めもあるかなと思うんですが、その辺なんです。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 広く、広範囲にというのは必須条件ではございません。ただ、まちづくり奨励補助金という性格上、今現状の1店のみの販売というのはどうなのかなという。山口さん本人から徐々に広げていきたいという意向と、それともう既に置いていいですよ、置かせてくださいという話の店が複数ありますという話を聞いているところですので、全く問題ないなという判断をしているところです。



○副議長(井上次男君) 今村議員。



◆(今村昭一君) 現状、厚真町産云々で、これは、原料は山口さんだけから行っているということなのか、山口さん以外の生産者からも行っているということなのか、それから、今は山口さんだけだけれども、徐々に必要に応じていろんな厚真町からの生産者からもここに納められるというのか、それもちょっと。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 今現在は、山口農園のハスカップだけです。そういうこともございまして、生産者とその会社のほうとでこういう話し合いができたということになっておりまして、今後、これがうまく出荷量がふえる、そうなると当然ハスカップの納入もふえてきますので、こうなると、町全体のハスカップの販売にいい影響に向かっていくということで、今、私が聞いている範囲では、山口さんはそういったことで需要をふやす方策の1つとしてこういう方法をとっていきたいんだというふうには聞いております。



○副議長(井上次男君) ほかにありませんか。

 木本議員。



◆(木本清登君) まず、今回基金の積立金というのが約1億8,000万ぐらいあるようなんですけれども、これは今後もこのようにやっていこうとしているのか、それとも、今回に限り、何か住民サービスが怠ったせいなのか、しわ寄せがどんなだったのか、それともこのままこの程度のことは毎年やっていこうとしているのか教えてください。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 議案書で申し上げますと、25ページから26ページに基金の積立金が載っていると思います。

 今回の基金積立につきましては、当初の剰余金の関係がもちろんあります。その関係で、財政調整基金に積まなければならない。これは、地方財政法の中でもうたっていますので、ある程度積まなければならないということも含めまして、財調につきましては6,500万程度の基金を積ませていただいたというのがまず一つでございます。

 それから、地域振興基金につきましては、これは先ほどご説明申し上げましたが、公共投資臨時交付金のこともございますし、あるいは、寄付金のことももちろんございます。

 それから、雇用創出推進事業、これも申し上げましたけれども、21年度の交付税の中に雇用創出推進費として5,000万入っていますので、それをこれから活用するために、こちらのほうに積ませていただいたという内容でございます。

 それから、公共施設維持補修基金費、これにつきまして1,000万積ませていただきました。これにつきましても、ご承知のとおり、今後におきましても公共施設いろいろな補修が出てまいりますので、やはり通常の一般財源の中でできない分もありますので、できる限り余剰があれば積みたいというのがこの部分でございます。

 さらには、もう一つ、28ページですか、社会福祉総務費の中でのエンゼル基金の積立金がございます。こちらには約3,000万円ほど積ませていただきました。これにつきましても、町長施策等いろいろ出てきます。特に、町長につきましては教育予算とか少子化対策について施策的にいろいろ考えてございますので、もちろんきのうも申し上げましたけれども、これから認定子ども園ということもあります。大きな事業もありますので、そういった面で、このエンゼル基金に3,000万ほど積ませていただくということでございます。これが毎年できるかというとそうではございませんので、やはり財政上のこともございますので、毎年このような形でできるとは言い切れません。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

 下司議員。



◆(下司義之君) 朝の話に戻るんですけれども、ソーラーシステムもたしかまだ終わっていないですよね。どう考えても教育的な効果を考えたときには、やはり地上に設置したほうがいいと思うし、これを上厚真は校舎の耐震強度の関係で屋根に置けないのでということなんですけれども、どうもやはりこの点は納得できないです。教育的目的がかなり重要なのではないかというふうに思うんです。とすれば、なるべく子供たちが普段目に触れるところに設置をして、例えばそこにいたずらをして、それを壊したというようなことがあっても、それはそれとして教育的、教育としての非常に効果があったという解釈ができるんではないかと。産業用の太陽電池として設置するのであれば別でしょうけれども、学校に設置するということであればそのような方法が適切ではないかという気はするんです。現時点で、この設置方法を変更できないのかどうかということについてお伺いしたいということです。

 それから、本当にどのようにして、こういう中央小学校に1カ所になってしまったのかということ、その経緯ですね。

          〔「関連です」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 木戸議員。



◆(木戸嘉則君) 平成24年から本町において小学校が2校になるわけで、やはりそれを見越した上の中で、上小と中央小のバランスをとるべきであって、それと、子供たちの教育の格差が生まれてくるのではないかと思うんですけれども、その辺もつけ加えて質問したいと思います。



○副議長(井上次男君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(佐藤好正君) お答えいたします。

 まず、なぜ地上じゃだめなのですかというお尋ねですけれども、朝も建築参事が申したとおり、いたずら等があって、それが危険であるということでございますけれども、そのようなほかに、電気の光をとるのに効率的に屋上のほうがよいのではないかと、あと、教育現場のほうからも、学校のグラウンドのそばにあるとやっぱり邪魔になる可能性があるということ、これも申されてございました。あと教育の関係で、ソーラーにじかに触れる、見られるということも考えまして、屋上も出入りできるように今考えてございまして、見るという場合には当然教師がついていきますので、先生の誘導のもとにソーラーパネルを見学できるというふうに配慮いたしたいと思ってございます。

 なぜ上厚真はだめだったのかというのが、これも午前中に申したとおり、ちょっと建物が特殊な形状でございまして、校舎がちょっとアーチ型になってございますので、あそこに載せる場合には構造計算をしなくてはいけないよと、上厚真を建てた設計会社が申してございますので、その構造設計料が、これが意外に高くつきまして校舎で270万、体育館で110万円というふうに、両方合わせても、構造計算だけでも300万程度かかると。そこまでかけてそこに設置するあれがあるのかなということで協議した結果、上小は今回オミットさせていただいたという経緯でございます。



○副議長(井上次男君) ほかにありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) なんかこれでいいという、水かけ論みたいな進展だからどうしようもないんですが、よく考えてくださいとしか言えない。

 ハスカップのほうの話に戻りますけれども、次いでで、こういう中途半端じゃなくて、やっぱりまた馬路村の例を出しますけれども、ゆず一つでもって30億産業ができていると。うちもハスカップがこれだけの、厚真町全体での生産量は相当な量になっているかなと。さらにこれから伸ばそうということも可能なんだろうし、ここで馬路村をまねしたハスカップの産業というものは、一般質問でそういう加工産業云々ということ以前にもしたことがあって、やり取りどうだったかなと思うんですが、そういう方向の検討というのはされているでしょうか。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 厚真町の農産物等を活用して付加価値を高めていきたいというのは、私の基本的な姿勢でございます。ただ、厚真町内に、今そういった技術をお持ちの方がいらっしゃらないということもございまして、さまざまな機関に働きかけて協力をいただくという方針でございますし、実際にその農業者なり商業者なりがかかわっていく場合に、どうしても小さめな試験をいろいろ重ねていくという必要はやっぱりあると思います。そういったものを育成という観点でさまざまな支援をさせていただかなければ、やはりリスクを負うだけになりますから、こういった例え一つのラベルでも、少しずつ支援をしてそれを大きく育てていくと、やがては、それがある程度大きなロットになる場合に、例えば生産加工施設だとか、そういった設備投資に結びつけていくと、やっぱり段階を追って育成する視点が必要ではないかなと思っております。

 ですから、話がもとに戻りますが、ぜひ付加価値を高める努力を町内でなるべく完結できるような努力もしていきたいと。ただ今現在は多方面の機関を活用して、協力を求めたほうがまだリスクが少ないのではないかということでこういう形になっているということでご承知をいただきたいと思います。



○副議長(井上次男君) 下司議員。



◆(下司義之君) ハスカップに戻ってしまったので、ちょっとハスカップの話もまたしたいと思いますが、5,000枚ラベルと言っていましたね。1回のロットでどれぐらいつくるのかわからないんですけれども、1つは、恐らく予算の中ではこういったものが出てこないと思うので、ここで次いでといってはなんですが、お伺いしたいのは、買い込みをしないといけないと思うんですよ、製品を。その買い込みをすることに対する支援です。例えば低利の融資制度をつくるとか、そういったことの町の支援策ができないのか。それから、今回ラベルのだけで出てきましたけれども、販路開拓とかそういったことはあわせて要望がなかったのか、例えばパンフレットをつくるとか、そういったものがなかったのか、そういったことに対して、町は今後支援していく考えがあるのかというのをお伺いしたいですが。



○副議長(井上次男君) まちづくり推進課長。



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 今購入支援、そういった関係についてはこれから考えていくことになると思いますが、今回そういったことの要請というか補助申請はございませんでしたので、ちょっと考えておりませんでした。ただ、必要なことでございますので、今後考えて。

          〔「購入しないでやる」と呼ぶ者あり〕



◎まちづくり推進課長(小松豊直君) 今回はそういう話はなくて、本当のラベル張りだけのものでございますので、ただ、いろいろな面を考えるとやはり一体的な支援、これは今回奨励補助金という立場でいくと、これは申請があった人に対して町と一緒にやっていきましょうという趣旨なので、そこまでのことは考えておりませんでしたが、今ご提案、ご質問あったように大切なことでありますので、一体的には考えていきたいというふうに思います。



○副議長(井上次男君) 産業経済課参事。



◎産業経済課参事(新飯田治君) それでは、販路開拓の関係でございますが、このたび、22年度の施政方針の中にもうたってございます。厚真町のグリーンツーリズムの推進方針の中で、今後の取り組み等にうたっておりまして、基本的に町内で生産される農産物等の特産品のPRと、それとともに厚真町の知名度を上げるということで、現在研究会のほうから町内に特産品の展示または販売をするリアルショップ、そういうものについて設置をお願いしたいという、そういうご意見もございましたので、来年度リアルショップという形で今検討しておりますのは、こぶしの湯、ここを中心にそういう取り組みをして、今後の特産品等の販売の拡大についても図ってまいりたいということで考えております。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 一般質問でやり取りしなければならないようなことにあれなんですけれども、時期が時期であれですから、馬路村にちょっと研修に行くというようなことをされたらどうかなと、役場職員、農協職員。馬路村の例、しつこく言いますが、農協のある職員のアイデアでというか、提案で村長が、よし、それじゃ加工場つくろうということになってスタートしていったと。これは、民間、グループや何かの力に任せてばかりで、それはなかなか規模が発展していかない話だろうなと。やっぱりどこかで思い切ったものが、まず建物がなくては物事進まないという話になるんだろうと。ラベルをつくってやっていたってらちが明かない話だなと。そのぐらい思い切った考えがやっぱり早急にしなければならないんじゃないかと思うんですが。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 農産物を生産される方、それからそれの付加価値を高めて販売される、今は6次産業なんていう言い方もするぐらいでございます。1掛ける2、2掛ける3という、そういった一体的な事業を展開しないと、なかなか生産者がある程度の所得を得られないという状況でございます。そういう観点からも、できれば今言ったように加工施設、もしくは加工するための産業、企業が育つのが一番理想でございます。それも、ある程度の販売戦略とか、それからどの程度付加価値を高めて、その付加価値を高めるための原料をかなり生産できるかどうか、そういったいろんな要素が絡んできますので、そういったものを今いろいろと研究しているところでございます。

 苫小牧にハスカップサービスというところがありまして、なかなかの先行した取り組みをされています。それも厚真町のハスカップを提供していただいていろんな商品を開発している、そしてネットで販売しているということでございますが、やっぱり厚真町のこれだけの生産量といいましても、大きな加工施設、加工場が本格的に製品として販売するためにはまだまだ少ないという、実は過去にもそういう評価をいただいております。

 そういう意味で、まずは十分な生産を確保すること、その途中でこういう販路をある程度確保しておいて知名度を上げておく、知名度を上げなければ他地域に飲み込まれてしまう危険もありますので、並行してそういう作業をやりつつ、最後馬路村みたいな本格的な加工施設がつくれるのが理想だなと思っております。

 話は一足飛びに行きませんが、例えば、これから並行する予定の加工施設等もそういったものも十分考慮していかなければならないなという考えでおります。もうちょっとお待ちいただきたいと思いますし、機会があれば、ぜひ職員もまた馬路村等を視察させていただきたいと思います。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

          〔発言する者なし〕



○副議長(井上次男君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第8号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 駐車場の関係ですけれども、新年度予算の中まで及ぶと砂利を敷く云々とかいう予算があるようですけれども、あくまでも、これは取得することについてはやむを得ないかなと、ただし、あくまでも現状でもって空いている期間を駐車場で使うのはやぶさかではないと。

 ただし、将来的なことを考えて、そんなことで続くわけではありませんから、私が一例として申し上げました、公園そのものの奥の芝生の部分に5台なり10台なりをイベントのときには入れられるような、そういう細工をすべきだろうと。したがって、そういうことを附帯条件として、この駐車場購入のことについて認めるということにしたいと思います。



○副議長(井上次男君) ほかに討論ありませんか。

          〔発言する者なし〕



○副議長(井上次男君) 以上で討論を終わります。

 それでは、議案第8号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○副議長(井上次男君) 起立多数であります。

 したがって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第3、議案第9号 平成21年度厚真町国民健康保険事業特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第9号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

 米田議員。



◆(米田俊之君) 66ページ、67ページの償還金ですけれども、この内容で、療養給付による償還が生じるというようなことですか。これは、もっと具体的にいうとどういうような。



○副議長(井上次男君) 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) 平成20年度に療養給付費負担金として町のほうに歳入がございました。これが医療費の関係の精算が常に毎年あるわけでございまして、これの精算によりまして、思ったより医療費の伸びがなかったということで、精算により次年度に返還するというようなことで毎年ふえることもありますし、こういうふうに返還をするということもございます。

 以上です。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

          〔発言する者なし〕



○副議長(井上次男君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第9号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第9号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第4、議案第10号 平成21年度厚真町老人保健特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第10号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第10号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第10号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第5、議案第11号 平成21年度厚真町後期高齢者医療特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課参事。



◎町民福祉課参事(長谷川栄治君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第11号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第11号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第11号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第6、議案第12号 平成21年度厚真町介護保険事業特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(加藤恒光君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第12号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

 木村議員。



◆(木村幸一君) 処遇改善ということはそれに従事している人の給料が上がったとか、待遇が上がったというふうに解釈してよろしいですか。



○副議長(井上次男君) 町民福祉課長。



◎町民福祉課長(加藤恒光君) そのとおりでございます。

 いろいろ事業者でどのような取り組みをするのかはいろいろありまして、一時金で渡すのもよろしいでしょうし、職員の研修を充実するとか、いろんなメニューが、それは事業者が考えて、それが道でその計画が認められれば交付金を交付します。こういうことでございます。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第12号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第12号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第7、議案第13号 平成21年度厚真町簡易水道事業特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第13号に対する質疑を許します。

 質疑ありませんか。

 木村議員。



◆(木村幸一君) 今、説明された中で、繰越明許費に関してなんですけれども、先ほども7ページで繰り越して、繰越明許で繰り越していた事業と別な事業なんでしょうか。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 事業としては同じ事業でございます。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) それではちょっとおかしくなりませんか。先ほどはお金がないから繰り越していないから、繰越明許で残したんだと言って、こっちで金もらっていないのに何で繰り越すんですか。お金ないなら繰り越す必要ないんじゃないか、その点について一つお願いいたします。



○副議長(井上次男君) 副町長。



◎副町長(古川元三君) 先ほどの一般会計もそうでしたが、簡水特別会計におきましても歳出の予算を次年度に繰り越すというものでございます。これはこれで、簡水として工事費として歳出組んでありますから、当然繰り越さないと事業ができません。

 さっきの一般会計につきまして、一般会計として簡水に繰り出すための歳出でございます。あれもやはり同じ歳出でございます。歳出予算について繰り越したものでございまして、特に矛盾はないと思います。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) そうしたら、先ほどの説明では、お金が入ってこないから、わからないから、それを蓄えて繰り越しした額、こっち金入ってこないのに支出していたら、もし入ってこなくてもやるんですか。そういうことにならないですか。支出組んでいるということは、収入なくても工事をするという理屈になると私はそう思うんですけども、おかしくないですか、それ。先ほどの説明とは大分おかしいです。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) お金が入ってくる、入ってこないというのは、ちょっと言い方が違ったかもしれませんけれども、あくまでも事業としまして確定される前ですけれども、予算化をさせていただいて、内定でございますので、その段階で事業として議会にお願いをして予算化をさせていただく、今回その部分についての一般会計としましては、この特別会計の中での事業としての繰出金で歳出として起こさせていただいた、その分を繰り越しをさせていただいたということでございます。

 さらに、この簡易水道特別会計の繰越明許費につきましては、私どものほうからの繰出金が、繰越事業がございますので、それの事業を当然引き継ぐわけでございますので、それについて、同じ中で事業としてその分を繰越明許で起こすという流れでこちらに載せたものでございまして、間違いではないと思っていますけれども、説明不足かもしれませんけれども。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) どうも納得できない。そういうふうになれば、ほかの工事にしたって予算化しなくても、それこそ繰越明許でこっちで予算して、こっちでやりたいですといったらやれるような感じになるんですよ、そんなこと言ったら。けれども、片一方から予算化できないから繰越明許しますよと、こっちで支出しますよという、そういうことにはならんと思うんですが。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 失礼しました。

 そうですね。私の言い方が間違ったかもしれません。今、木村議員さんがおっしゃったのは、予算化ができないというのはつまり歳入がはっきりしていないという、そういう部分だったのかなと思いますけれども。あくまでも今回のきめ細かな交付金事業といいますのは、国の第2次補正の21年度予算として設けられたものでございます。それについて、私どもの町で、当然21年度事業として起こさなければならないものでございますけれども、先ほどから申し上げていますとおり、どうしても2月に補正を上げた事業につきまして、今年度中での事業実施は難しいということでありますので、あくまでも21年度事業でそれを国は繰り越しをするということでございます。ですから、当然私どものほうも交付申請の中ではそういう形でやっていますので、歳入としてそれがもらえるかどうかわからないということは言えないと思います。もちろん申請はしていますので、そういう言い方はしません。あくまでもそのきめ細かな交付金というものを充てて、この事業を行うんだということでございますので、これでよろしいでしょうか。



○副議長(井上次男君) 木村議員。



◆(木村幸一君) どうもおかしいのは、それならば、そこで繰り越さなくなってこっちで繰り越しているんだから、そっちになくすればいい。入るということはもう事業でやるんだからこっちへやるんだよというんであれば、さっき7ページで繰り越さないで、この簡水のところで繰り越しておけば何の問題もないような解決方法だと思います。そういうことをダブって繰り越すからおかしくなるんです。



○副議長(井上次男君) 総務課参事。



◎総務課参事(佐藤忠美君) 歳入につきましては、一たん特別会計に真っすぐ入るならいいんです。うちの場合は、企業会計、公営企業会計ではございませんので、歳入については一般会計のほうに入ってまいります。

 ですから、例えばやり方としまして、2通り考えられると思います。1つは、今言ったような繰り越しの中で行う、つまり事業そのものが水道会計ですから、特別会計なので、今回のような形でそちらのほうで事業を起こしてもらうという方法もあるかもしれません。もう一つ考えられるのは、うちはできませんけれども、じゃ、一般会計の中でその事業をやればいいじゃないかと、一般会計の中で事業をやれるんだったら、町に歳入来ますので、それだけで繰越明許すればいいんじゃないかということになると思いますけれども、どうしても水道事業ですので、特別会計がございますので、その中でやらせていただきたいということでございますので、歳入は、もう1度申し上げますけれども、町の一般会計に入ってくる、一括して入ってくるものですから、ですから、それをもとに繰越明許させていただくというのが1つでございますし、逆に特別会計のほうではその歳入はもう当然来るものと、当然来ますので、それを21年度事業でありますので、繰り越しでも21年度事業ですから、もう3月の議会ここしかありませんので、その一般会計から繰り入れされた事業について、特別会計としては繰り越しをさせていただくんですよと、21年度事業として。そういう見方をとっていただければと思います。



○副議長(井上次男君) 米田議員。



◆(米田俊之君) たしか水道事業の中で、結構緊急を要するような地域というのがあると思います。話を聞くと、そういう緊急地域以外においても、例えば、宇隆地域なんかもう水が足りないというような話も聞こえているわけです。特に、人間の水の問題です。やっぱりほかの公共性よりもかなり高い状況にあると思うんです。まして町民もそういうような形で要望しているというような形ならば、いつ来るんだかわからないような補助事業を当てにするよりも、何とかそういう前に進めていくというような方法を考えていかなければならないと思うんですけれども、その辺、課長どうお考えですか。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 今のご質問でございますが、未給水区域の給水という意味でございますね。

 確かに未給水区域につきましては、今、厚幌ダムに水源を求めていまして、これからそこら辺の先行きはちょっとまだはっきりはしていない部分ございますけれども、今繰越明許で提案させていただいたように、少しずつ未給水区域を解消してきているところでございますので、全体的にはやっぱり大きな尺度でいけば、やっぱり水が足りないという部分も出てくると思いますので、今後そこら辺を含めて、今、本郷の山手地区だとか、来年度予算にのせさせていただいていますけれども、少しずつ拾っていきたいというふうに考えてございます。



○副議長(井上次男君) 米田議員。



◆(米田俊之君) 国の事業という、国の都合の中で、やっぱり入る時期が早いはずであったのが遅くなったというような形の中で、どっちかというと、やっぱり国の責任も大分あると思うんですけれども、問題はやっぱりそういう町民が必要としている部分が、やはりいろんな地域に必要としている人たちがいるということなんですよ。やっぱりこの部分の公共事業という部分では、やっぱり緊急性があると私は思うんです。ですから、やっぱりこういう補助事業が遅くなるというような形ならば、他の何とか補助事業という部分が変えていく、万が一、この事業がなかったら、どこかここかいろんな事業を探さなければならない、その辺どうお考えになっているか、町長にちょっとお伺いしたいと思います。



○副議長(井上次男君) 町長。



◎町長(宮坂尚市朗君) 基本的には絶対量は足りない状況でございますので、少しずつ様子を見ながら拡張しているというのが現状でございます。そして、21年度についてはたまたま適切な財源があったので、やや前倒しできたのかなということでございますので、幾ら緊急性があるからといって、全町域の未給水区域を一気に解消するのは、今の段階では無理だということをご理解いただきたいと思います。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑ありませんか。

          〔発言する者なし〕



○副議長(井上次男君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第13号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第13号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○副議長(井上次男君) 日程第8、議案第14号 平成21年度厚真町公共下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。

 本案について説明を求めます。

 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) (議案書により説明)



○副議長(井上次男君) 説明が終わりましたので、議案第14号に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。

 今村議員。



◆(今村昭一君) 浄化槽整備で、上厚真を重点的に進めようとしたところがなかなかうまく進まなかった、これもしたがって全町域対象にして進めている、それでも余りうまくいかない、数は進まないのかなと思うんですが。特に上厚真が予定したところが意外といかなかったという、何か希望しない理由はどんな理由があるのかなと、そんなのをちょっと聞いてみたいと思うんですが。でき上がってみると非常にいいもんだなと、その辺の理解が足りないのかなと、もしかしたら。ちょっとお尋ねします。



○副議長(井上次男君) 建設課参事。



◎建設課参事(西尾茂君) 確かに戸数がやっぱりいかないというのは、浄化槽のほかに屋内の水道だとか便器取りかえとか、そこら辺のやっぱり金銭的な面がお金かかっているんだというふうに理解してございます。

 上厚真のときもかなり説明会で感触よかったものですから、かなりつけていただけるのかなというふうに思っていたんですけれども、結果として以外に伸びなかったというのは、今、今村議員言われたとおりだと思います。

 当初、21年から23年まで一応モデル事業ということで100基予定してございまして、これは補助率が3分の1から、モデル事業になると100基、2分の1に補助率上がるものですから、何とかあと2年間頑張って100基に近づけたいということでグループ全体で今動いているところでございます。



○副議長(井上次男君) ほかに質疑はありませんか。

          〔発言する者なし〕



○副議長(井上次男君) 以上で質疑を終わります。

 次に、議案第14号に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 討論なしと認めます。

 それでは、議案第14号について起立により採決いたします。

 本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(井上次男君) 起立全員であります。

 したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号ないし議案第7号の上程、委員会付託



○副議長(井上次男君) 日程第9、議案第1号 平成22年度厚真町一般会計予算、議案第2号 平成22年度厚真町国民健康保険事業特別会計予算、議案第3号 平成22年度厚真町老人保健特別会計予算、議案第4号 平成22年度厚真町後期高齢者医療特別会計予算、議案第5号 平成22年度厚真町介護保険事業特別会計予算、議案第6号 平成22年度厚真町簡易水道事業特別会計予算及び議案第7号 平成22年度厚真町公共下水道事業特別会計予算を一括して議題といたします。

 ただいま議案となりました、議案第1号から議案第7号までの7議案についてお諮りいたします。

 この7議案については、議長を除く全議員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(井上次男君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 ここで、ただいま設置されました特別委員会の正副委員長の互選を行うため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時58分



△再開 午後3時04分



○副議長(井上次男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 予算審査特別委員会の結果を局長に報告させます。



◎議会事務局長(本多範行君) それでは、私のほうから予算審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告いたします。

 委員長に渡部委員、副委員長に井上委員がそれぞれ互選されました。

 以上でございます。



○副議長(井上次男君) ただいまの報告をもって、正副委員長の互選の結果報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○副議長(井上次男君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまです。

                              (午後3時05分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

        議長

        副議長

        署名議員

        署名議員