議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月06日−01号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月06日−01号







平成23年  6月 定例会(第2回)



          平成23年第2回倶知安町議会定例会

               会議録(第1号)

                         平成23年6月6日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  3番  竹内 隆君    4番  作井繁樹君

  5番  田中義人君    6番  伊達 隆君

  8番  佐名木幸子君   9番  鈴木保昭君

 10番  榊 政信君   11番  原田芳男君

 12番  森下義照君   13番  鈴木芳幸君

 14番  盛多勝美君   15番  阿部和則君

 16番  三島喜吉君

●欠席議員

  7番  磯田龍一君

●地方自治法第121条の規定により出席を求めた者

 倶知安町長              福島世二君

 倶知安町教育委員会委員長       長谷 一君

 倶知安町農業委員会会長        伊達 隆君

 倶知安町選挙管理委員会委員長     逢坂幸裕君

 倶知安町代表監査委員         菅 清次君

●説明員

  副町長        藤田栄二君   総務部長       関口 肇君

  民生部長       中谷慎一君   経済部長       窪田 栄君

  会計管理者      上手雅文君   総務部総務課長    熊谷義宏君

  総務部企画振興課長  文字一志君   総務部税務課長    小杉義昭君

  総務部税務課

             浅上 勲君   民生部住民課長    黒田 勉君

  納税対策室長

  民生部                民生部

             斉藤裕子君              槙野寿弘君

  住民課主幹              環境対策課長

  民生部環境対策課           民生部

             佐藤美津子君             初山真一郎君

  清掃センター所長           保健福祉課長

  民生部                民生部

             菊池敏文君              大島隆史君

  保健福祉課参事            保健福祉課主幹

                     経済部

  みなみ保育所長    栗原俊郎君              川東秀一君

                     商工観光課長

                     経済部建設課

  経済部建設課主幹   菅原順一君              西江栄二君

                     豪雪対策室長

  経済部                経済部住宅都市課参事(兼)

             阿部吉一君              京田隆一君

  住宅都市課長             新幹線まちづくり推進室長

  経済部住宅都市課

             河野 稔君   経済部水道課長    三好亨子君

  景観対策室長

  経済部水道課主幹   中村公一君   教育長        小野寺 満君

  学校教育課長     田中洋子君   学校教育課主幹    中村孝弘君

  社会教育課長     矢吹俊男君   総合体育館長     菅原雅仁君

  学校給食センター所長 浅野容一君   美術館長       岡崎 毅君

  農業委員会事務局長  大島 曜君   農業委員会事務局次長 大内 基君

  選挙管理委員会書記長 関口 肇君   監査委員室長     田中 忠君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長       田中 忠君   議事係長       黒田 智君

  庶務係長       石川美子君

●議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 陳情第1号 住民の安全・安心なくらしを支える交通運輸行政の充実を求める陳情書

 日程第4 行政報告

 日程第5 報告第1号 倶知安町土地開発公社の決算及び予算に関する報告について

 日程第6 報告第2号 平成22年度における情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況について

 日程第7 報告第3号 繰越明許費繰越計算書について

      報告第4号 繰越明許費繰越計算書について

      報告第5号 繰越計算書について

                         開議 午前9時32分



△開会宣告



○議長(鈴木保昭君) ただいまから、平成23年第2回倶知安町議会定例会を開会します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議宣告



○議長(鈴木保昭君) これから、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(鈴木保昭君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、作井繁樹君、田中義人君、佐名木幸子君び森下義照君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(鈴木保昭君) 日程第2 会期の決定を議題にします。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、本日から6月16日までの11日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は、本日から6月16日までの11日間に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木保昭君) 諸般の報告を事務局長よりいたさせます。



◎事務局長(佐々木義隆君) 諸報告を申し上げます。

 まず第一に、今定例会に町長から別冊配付のとおり、報告第1号から報告第5号、及び議案第1号から議案第4号の提出がありましたので御報告申し上げます。

 次に、町長から行政報告と資料の提出がありましたので、お手元に配付いたしておきました。

 次に、今定例会に陳情第1号の提出がありましたので、その写しをお手元に配付いたしておきました。

 次に、鈴木保昭議長が6月3日、小樽市で開催された、北海道新幹線建設促進後志・小樽期成会、並びに北海道横断自動車道黒松内・小樽間建設期成会に出席いたしました。

 次に、今定例会に出席を求めた者及び議案説明のため出席通知のありました者の職、氏名を一覧表にしてお手元に配付しておきました。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情の付託



○議長(鈴木保昭君) 日程第3 陳情の委員会付託を行います。

 本日までに受理した陳情は、お手元に配付した写しのとおり、陳情第1号は経済建設常任委員会に付託します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 行政報告



○議長(鈴木保昭君) 日程第4 行政報告を行います。

 福島町長。



◎町長(福島世二君) おはようございます。

 それでは、行政報告を申し上げます。

 平成22年度各会計決算につきましては、5月31日をもって出納閉鎖となりましたので、決算見込みについて御報告を申し上げたいと思います。

 まず、一つ目、一般会計でございますが、歳入歳出差引額が3億4,414万7,000円、そのうちの翌年度の繰越財源といたしまして、1,333万5,000円、再差引額が3億3,081万2,000円であります。

 二つ目、国民健康保険特別会計でありますが、赤字の▲の1億6,945万2,000円であります。

 三つ目、老人保健事業特別会計としては、ゼロであります。

 それから、4番目、後期高齢者医療事業特別会計は56万6,000円でございます。

 五つ目、介護保険サービス事業特別会計はゼロ。

 それから、6番目、公共下水道事業特別会計は176万7,000円でございます。

 それから、七つ目、地方卸売市場事業特別会計は2万3,000円。

 それから、八つ目の公共用地先行取得事業特別会計はゼロ。

 以上のとおり、国民健康保険事業特別会計、老人保健事業特別会計、介護保険サービス事業特別会計、公共用地先行取得事業特別会計を除きまして、それぞれ剰余金が見込まれております。

 なお、国民健康保険事業特別会計の歳入歳出差引不足額は、繰上充用金の議決をいただきまして、歳入不足を補てんをいたしたわけであります。

 今後、整理によりまして多少数字の動きがあろうかと思いますが、その点をお含みおきをいただき、現時点における決算見込みについての報告といたします。

 なお、詳細については、この裏面に記載をしておりますので、よくごらんになっていただきたいと、このように思います。

 以上をもちまして、行政報告を終わります。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、行政報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第1号



○議長(鈴木保昭君) 日程第5 報告第1号倶知安町土地開発公社の決算及び予算に関する報告についてを議題といたします。

 報告を求めます。

 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、報告第1号につきまして御説明申し上げます。

 報告第1号倶知安町土地開発公社の決算及び予算に関する報告について。

 倶知安町土地開発公社の決算及び予算について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告する。

 記といたしまして、1、平成22年度事業報告書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書、財産目録。

 2といたしまして、平成23年度事業計画、予算、資金計画。

 平成23年6月6日提出。

 倶知安町長。

 裏面をお開きいただきたいと思います。

 2ページから11ページにわたりまして資料をつけてございます。

 3ページをごらんいただきたいと思います。

 まず、平成22年度第38期事業報告でございます。

 1としまして、本年度事業執行の概況につきましては、?特定収益事業、当期につきましては公社事業はございません。

 2といたしまして、次年度へ繰り越された資金及び負債並びに本年度末の損益につきましては、平成22年度末損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書、財産目録のとおりでございます。次ページ以降で御説明させていただきたいと思います。

 また、3といたしまして、庶務関係事項、理事会の開催回数でございますが、平成22年度におきましては2回行ってございます。定款に規定する理事会議決案件といたしまして、議案2件、原案可決いただいてございます。

 中身につきましては、まず、平成22年5月18日に公拡法第18条第3項の規定によります平成21年度の事業報告、損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書、財産目録について、倶知安町長へ届け出ておりまして、承認を受けてございます。

 もう1点につきましては、平成23年3月25日に、公拡法第18条第2項の規定によります平成23度の事業計画及び予算並びに資金計画について倶知安町長の承認を得てございます。

 それでは、4ページをごらんになっていただきたいと思います。

 平成22年度倶知安町土地開発公社損益計算書でございます。

 ?、?の事業収益及び事業原価につきましては、ございません。

 ?の販売業及び一般管理費の事業損失部分でございますが、7万円の損失として計上してございます。この内訳につきましては、法人町道民税の法人道民税2万円、法人町民税分5万円の均等割額の支出でございます。

 また、?番の事業外収益につきましては、受取利息といたしまして、預金利息1万5,747円ございましたので、それを同額雑収益に1万5,747円を計上いたしました。

 ?、事業外費用経常利益または経常損失の額につきましては、これらを差し引きいたしますので、5万4,253円の損失となりまして、この額が一番最後におりてまいりますので、当期純利益、当期純損失の額につきましては、5万4,253円となったところでございます。

 続きまして、5ページ、平成22年度倶知安町土地開発公社貸借対照表でございます。

 まず、資産の部につきましては、流動資産合計といたしまして、2,003万1,764円ございます。固定資産等ございませんので、資産合計といたしましては、この金額が合計となりまして、2,003万1,764円となってございます。

 また、右側の欄に入りますが、負債の部、固定負債、ともにございません。資本の部になりまして、資本金といたしましては500万円、資本金合計でございます。また、前期繰越準備金、また、当期純損失、それぞれ1,508万6,017円と、当期純損失部分については5万4,253円の損失、これを差し引きますと準備金の合計といたしましては、1,503万1,764円となります。

 資本の合計並びに負債資本合計ともに2,003万1,764円となってございます。

 次に、6ページをお開きいただきたいと思います。

 平成22年度倶知安町土地開発公社キャッシュ・フロー計算書でございます。

 これにつきましては、ただいま4ページの損益計算書、また5ページの貸借対照表の再計のため、説明は省略させていただきます。

 また、7ページ、平成22年度倶知安町土地開発公社財産目録、及び次ページ、8ページの監査意見書につきましては、記載のとおりでございますので、説明は省略させていただきます。

 9ページをごらんいただきたいと思います。

 平成23年度事業計画予算、資金計画でございます。

 事業計画、予算、資金計画につきましては、次ページ以降の10ページ、11ページで記載のとおりでございます。内容につきましては、事業計画はございませんが、預金利息6,000円の収入と、法人住民税の7万円の支出のみでございますので、10ページ、11ページにつきましても省略とさせていただきまして、報告第1号につきましては、以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、報告第1号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第2号



○議長(鈴木保昭君) 日程第6 報告第2号平成22年度における情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況についてを議題といたします。

 報告を求めます。

 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、報告第2号につきまして御説明申し上げます。

 報告第2号平成22年度における情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況について。

 倶知安町情報公開条例(平成11年倶知安町条例第19号)第31条及び倶知安町個人情報保護条例(平成11年倶知安町条例第20号)第46条の規定に基づき、平成22年度における条例の運用状況を別記のとおり報告する。

 平成23年6月6日提出。

 倶知安町長。

 裏面をごらんいただきたいと思います。

 平成22年度における情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況報告書でございますが、1並びに2の情報公開条例、また個人情報保護条例に基づきます公文書の開示請求につきましては、平成22年度におきましては、ございませんでした。

 3といたしまして、情報公開個人情報保護審査会の開催状況についてでございますが、平成22年度におきましては、平成22年5月21日に開催してございまして、内容といたしましては、平成21年度におけるこれら情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況についての報告等々を行っているという状況でございます。

 報告第2号につきましては、以上でございます。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、報告第2号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 報告第3号から報告第5号まで



○議長(鈴木保昭君) 日程第7 報告第3繰越明許費繰越計算書について、報告第4号繰越明許費繰越計算書について、及び報告第5号繰越計算書についてを一括議題といたします。

 報告を求めます。

 報告第3号。

 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、報告第3号について御説明申し上げます。

 私のほうから、一般会計につきまして報告をいたします。

 繰越明許費繰越計算書について。

 地方自治法第213条第1項の規定により、平成22年度虻田郡倶知安町一般会計予算の繰越明許費は、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告する。

 平成23年6月6日提出。

 倶知安町長。

 裏面をお開きいただきたいと思います。

 平成22年度の倶知安町一般会計繰越明許費の繰越計算書でございます。

 款、項、事業名、翌年度繰越額について、御説明いたしたいと思います。

 まず、3款民生費1項社会福祉費、地方介護・福祉空間整備等施設整備事業といたしまして、翌年度繰越額6,000万円でございます。

 同じく民生費、2項児童福祉費、南児童館外部改修事業、翌年度繰越額429万5,000円でざいます。

 4款に入りまして、4款衛生費1項保健衛生費、水道事業負担金。中身につきましてはニセコ高原比羅夫線交付金の交安工事に伴います送・配水管布設替実施設計業務でございます。翌年度繰越額635万2,500円。

 6款農林水産業費1項農業費、道営畑地帯総合整備事業倶知安北部地区負担金1,036万円のうち、翌年度繰越額24万円でございます。

 8款土木費4項都市計画費、公共下水道事業特別会計繰出金でございます。中身につきましては、ニセコ高原比羅夫線交付金交安工事に伴います汚水管渠実施設計業務でございます。420万円の翌年度繰越額でございます。

 5項住宅費、南9条団地屋根裏断熱改修事業2,000万円、望羊団地共同通路雪害対策事業144万9,000円でございます。

 9款消防費1項消防費、災害対策費といたしまして250万円。

 10款教育費に入りまして、2項小学校費につきましては、学校図書館メディア整備事業に500万円、3項中学校費におきましては、学校図書館メディア整備事業400万円、5項社会教育費、公民館図書室システム導入及び環境整備事業920万円、5項同じく社会教育費、絵本館図書館システム導入及び環境整備事業420万円、7項文化福祉センター費、文化福祉センター耐震補強・改修工事実施設計事業815万円でございます。翌年度繰越額、合計1億2,958万6,500円というものでございます。

 報告第3号一般会計分につきましては、以上でございます。



○議長(鈴木保昭君) 報告第4号、三好水道課長。



◎水道課長(三好亨子君) 報告第4号について御説明を申し上げます。

 繰越明許費繰越計算書について。

 地方自治法第213条第1項の規定により、平成22年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算の繰越明許費は、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。

 平成23年6月6日提出。

 倶知安町長。

 裏面をごらんください。

 平成22年度の倶知安町公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書でございます。

 1款1項ニセコ高原比羅夫線、通称ひらふ坂交付金交安工事に伴う汚水管渠実施設計業務、翌年度繰越額420万円。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) 報告第5号、中村水道課主幹。



◎水道課主幹(中村公一君) 報告第5号について御説明いたします。

 繰越計算書について。

 平成22年度水道事業に係る繰越計算書を地方公営企業法第26条第3項の規定により報告いたします。

 平成23年6月6日提出。

 倶知安町長。

 裏面をごらんください。

 平成22年度倶知安町水道事業会計予算繰越計算書。

 地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額。

 1款資本的支出1項建設改良費、ニセコ高原比羅夫線交付金交安工事に伴う配水管他布設替実施設計業務委託。

 予算計上額が1億637万9,000円、支払義務発生額9,836万6,407円、翌年度繰越額680万円。財源の内訳につきましては、一般会計繰越金でございます。不用額121万2,593円。

 以上でございます。



○議長(鈴木保昭君) これから、一括して質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、報告第3号、報告第4号及び報告第5号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の議決



○議長(鈴木保昭君) お諮りいたします。

 議事の都合により6月7日から6月12日までの6日間、休会としたいと思います。御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、6月7日から6月12日までの6日間、休会とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会宣告



○議長(鈴木保昭君) これで、本日の日程は、全部終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

                         散会 午前9時54分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                         平成  年  月  日

  議長

  署名議員

  署名議員

  署名議員

  署名議員