議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成27年  3月 定例会(第1回) 03月23日−06号




平成27年  3月 定例会(第1回) − 03月23日−06号







平成27年  3月 定例会(第1回)



         平成27年第1回倶知安町議会定例会

              会議録(第6号)

                    平成27年3月23日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  3番  竹内 隆君    5番  田中義人君

  6番  伊達 隆君    7番  磯田龍一君

  8番  佐名木幸子君   9番  鈴木保昭君

 10番  榊 政信君   11番  原田芳男君

 12番  森下義照君   14番  盛多勝美君

 15番  阿部和則君   16番  三島喜吉君

●欠席議員

 13番  鈴木芳幸君

●地方自治法第121条第1項の規定により出席を求めた者

 倶知安町長               西江栄二君

 倶知安町教育委員会委員長        長谷 一君

 倶知安町農業委員会会長         大橋章夫君

 倶知安町選挙管理委員会委員長      逢坂幸裕君

 倶知安町代表監査委員          菅 清次君

●説明員

  副町長       窪田 栄君   会計管理者     三好亨子君

  総務部長      中谷慎一君   民生部長      川東秀一君

  医療担当部長    高濱勝則君   経済部長      阿部吉一君

                    総務部総務課

  総務部総務課長   熊谷義宏君             赤木裕二君

                    防災担当課長

                    総務部企画振興課参事

  総務部企画振興課長 文字一志君             黒田健一君

                    (兼)新幹線まちづくり推進室長

  総務部企画振興課

            河野 稔君   総務部税務課長   小杉義昭君

  景観対策室長

  総務部税務課

            佐藤真由美君  民生部住民課長   浅野容一君

  納税対策室長

  民生部住民課主幹  川南冬樹君   民生部環境対策課長 菅原雅仁君

  民生部環境対策課

            佐藤美津子君  民生部保健福祉課長 初山真一郎君

  清掃センター所長

  民生部保健福祉課主幹        民生部保健福祉課主幹

            黒田 智君             奥村由紀恵君

  倶知安保育所長   福坂正幸君   みなみ保育所長   柳沢利宏君

  経済部商工観光課長 中村孝弘君   経済部農林課長   大島 曜君

                    経済部建設課

  経済部農林課主幹  木村直樹君             福家朋裕君

                    豪雪対策室長

  経済部建設課主幹  河野 稔君   経済部建設課主幹  田村昌一君

  経済部建設課主幹  小西慎一君   経済部水道課長   浅上 勲君

  経済部水道課主幹  中村公一君   教育長職務代理者  田中洋子君

  学校教育課長    田中洋子君   社会教育課長    福家直人君

  学校教育課主幹   佐々木勇二君  学校給食センター所長

                              大内 基君

  総合体育館長    菅原康二君   風土館長      岡崎 毅君

  農業委員会事務局長 伊藤公二君   選挙管理委員会書記長

                              中谷慎一君

  監査委員室長    田中 忠君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      田中 忠君   議事係長      亀岡直哉君

  庶務係長      石川美子君

●議事日程

 日程第1 議案第1号 平成27年度虻田郡倶知安町一般会計予算

      議案第2号 平成27年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算

      議案第3号 平成27年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算

      議案第4号 平成27年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算

      議案第5号 平成27年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算

      議案第6号 平成27年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算

      議案第7号 平成27年度倶知安町水道事業会計予算

      議案第8号 倶知安町財政健全化基金の費消について

      議案第9号 倶知安町公共施設整備基金の費消について

      議案第10号 倶知安町教育振興基金の費消について

      議案第11号 倶知安町社会福祉事業基金の費消について

      議案第14号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について

      議案第15号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第16号 倶知安町職員給与条例の一部改正について

      議案第19号 倶知安町乳幼児等医療費助成条例の一部改正について

                         開議 午前9時32分



△開議宣告



○議長(鈴木保昭君) これから、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木保昭君) 諸般の報告を事務局長からいたさせます。



◎事務局長(田中忠君) 諸報告を申し上げます。

 本日の会議録署名議員は、佐名木幸子、榊政信、原田芳男の各議員であります。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号から議案第11号及び議案第14号から議案第16号及び議案第19号



○議長(鈴木保昭君) 日程第1 一括議題の議事を継続します。

 これから、議案第2号平成27年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) 一般質問等でも述べたのですが、何ていうかもう国民健康保険税そのものが支払いの限度をもう超えている状況だという、加入者にとってはそういう状況に置かれているわけですよね。やはり、もう今度は引き下げていくべきではないかと。

 例えば、旭川市なんかは3年連続引き下げになったのかな、とういう状況ですし、倶知安町もやっぱりそういう状況、そういうふうにしていかないと加入者は大変ではないかなというふうに思いますし、こないだ介護保険の負担とね、後期高齢者医療の負担分2万円ずつ引き上げたのだけれども、介護保険について言えば、介護保険の引き上げの説明のところで老人の、要するに65歳以上の人口がふえたからだという説明されたのだけれども、逆に言えば、そうすれば65歳以下の割合が下がったわけだから、国保のほうで納める介護保険の部分は本当は引き下げなければならないことだと思うのですよ、逆に言えばね。そういった意味でも、やっぱり引き下げをすべきではないというふうに思いますが、いかがでしょう。



○議長(鈴木保昭君) 住民課主幹。



◎住民課主幹(川南冬樹君) ただいま、原田議員からの国保税の引き下げをというような形の御質問だと思います。

 12月ですね、定例のときに平成27年度の賦課限度額の引き上げという形で上程させていただき、議決をいただいたわけでございますけれども、原田議員が御指摘されている部分というのは、いわゆる収入の低い方が多い中で、いわゆるその税率を下げてというようなお話しだと思うのですけれども、12月定例のときに引き上げた部分というのは、あくまでも収入の多い方、例えば医療分でいえば今限度額が51万ですか、という形になってございますけれども、これ所得に直しますと大体600万前後ぐらいの世帯がいわゆる限度額をいくという形になります。所得で600万というと、かなりの収入というような形になると思うのですよね。

 ちなみに、平成26年度の限度超過世帯数というのがあるのですが、個々一般退職、それから後期、それから介護のいわゆる2号、これが全体で157世帯。平成27年度、まだ税のほうが固まっておりませんので推測ではあるのですが、平成27年度で限度超過世帯数というのが134世帯というふうに、こちらのほうで見込んでおります。

 税率を下げるという形で、一般質問のときにも町長のほうから答弁申し上げましたとおり、いわゆる倶知安町の国保税率というのは管内から比べるとかなり低く抑えられていると。また、平成30年度におきましては、都道府県化という形になって、保険料の統一等を踏まえた形で作業が進むような形になっております。このような状況下で、いわゆる税率の引き下げというのは、今のところ厳しいのかなというような、担当としてはそういうふうに考えております。

 できれば、国保会計の運営を円滑に行う上で、一般会計からの投入をして赤字を解消していくというのが今現在のやり方かなというふうに考えておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) 余り答弁長くなるから、答弁余り求めたくないところなのだけれども、ただ認識してほしいのは、所得で600万円と言われたけれど、それはさまざまな法定控除引く前の話しだからね、全然違うのですよね、国保の場合には。それがありますし、社会保険料比べてもかなり高い保険料払わなければならないっていうのは実態としてあるのですよね。

 それで、限度額の問題ないという話されたのだけれども、これは固定資産割とかいろんなものがあるので、商売やっている人とか農家の人にとっては実際の収入がなくても限度額を超える人が出てくるというのも実態としてあるわけですよね。そういう意味で引き下げてほしいということを申し上げているし、限度額の引き上げには反対だということを申し上げてきました。

 余り長くなく、簡単に答弁のほうお願いします。



○議長(鈴木保昭君) 住民課主幹。



◎住民課主幹(川南冬樹君) 原田議員の御指摘は、ごもっともな御指摘だと思います。

 原田議員が御指摘の中で、資産割、これ資産割ってもともと御自宅だとか、相続したり何かして課税されるような状況でございますけれども、将来的にはこの資産割という部分については、残すか残さないかというのはちょっと議論の余地があるのかなと思いますので、その辺は研究してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで、議案第2号の質疑を終わります。

 これから、議案第3号平成27年度虻郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、議案第3号の質疑を終わります。

 これから、議案第4号平成27年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これから、議案第5号平成27年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、議案第5号の質疑を終わります。

 これから、議案第6号平成27年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、議案第6号の質疑を終わります。

 これから、議案第7号平成27年度倶知安町水道事業会計予算の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、議案第7号の質疑を終わります。

 これで、日程第1 一括議題の質疑を終わります。

 この際、暫時休憩いたします。

     午前9時40分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時01分



○議長(鈴木保昭君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第1 前回の一括議題の議事を継続いたします。

 これから、議案第1号の討論を行います。

 討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) それでは、日程1に上程されている議案第1号平成27年度虻田郡倶知安町一般会計予算、議案第2号平成27年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算、平成27年度介護保険サービス勘定、平成27年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療特別会計予算及び関連議案のうち、議案第8号倶知安町財政健全化基金の費消について、議案第14号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第15号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う条例の整備に関する条例の制定についてについて、一括して反対の立場で討論をいたします。

 まず、議案第1号平成27年度虻田郡倶知安町一般会計予算について申し上げます。

 平成27年度予算は、歳入歳出それぞれ75億1,300万円で、昨年より2.4%増の予算編成になっています。

 今回の予算には、中学校卒業までの医療費の無料化や合同墓の調査費の計上など、町民が願っていた施策が盛り込まれており、高く評価をし、お礼を申し上げる次第でございます。

 しかしながら、一方で、長年お年寄りが望んでいる福祉ハイヤーの所得制限の撤廃や、30枚に戻してほしいとの願いに応えないこと、多くの父母が危惧を抱いているフッ化洗口の実施。どう考えても無理があるヒラフスキー場のエリアマネージメントへの固執による業務委託費の計上、ひらふ高原地区観光中核施設については、民間が建設し町が一部借りるといいながら、町が980万円の設計業務費を予算計上しており、質疑への答弁も的外れな答弁に終始し、予算の正当性があるのか疑義が深まるばかりであります。

 情報の保護が懸念される社会保障・税番号制度への準備のための予算計上、大幅引き上げの介護保険料の激変緩和など、みじんも考えない冷たい予算などであります。

 第2は、当初予算において、この十数年使われたことのない基金の繰り入れの計上も大問題であります。町の財政は殊さら厳しいと見せかけるためではと疑義の目が向けられるものであります。

 日本共産党倶知安町委員会は、住民のさまざまな要求を取りまとめ、町長に提案してまいりました。議会でも質問してまいりました。

 原発の防災計画や子どもの教育、除雪など、切実な町民要求が寄せられています。中学校卒業までの医療費の無料化は実現しましたが、多くの問題については検討する気がないと受け取らざるを得ない態度であります。住民とともにという目線がないと言わざるを得ません。年金が下がり、給与所得が円安、物価高で目減りする中で、住民の暮らしと営業を守る目線の町政を強く求めるものであります。

 国民健康保険も、昨年介護分、後期高齢者医療分、それぞれ2万円引き上げられました。国が負担を減らし続ける中で、加入者の負担がふえ続ける状況になっています。国民健康保険の加入者は比較的所得の低い世帯が多いことから、ほかの社会保障と比べても負担が2倍3倍となっています。暮らしを守る観点から、1世帯1万円の引き下げを求めるものであります。

 後期高齢者医療保険も保険料の引き上げが進められ、介護保険料とともに年金から天引きされ、暮らしに大きな影響を与えています。また、介護保険のケアプランの作成に当たっても、国の介護支援1、2の介護保険からの除外や、介護1、2の施設入所外しなど、地方自治体や住民にとって先行きの不安が増す状況になっています。国の住民に対する仕打ちに厳しい抗議を町としてすべきであり、暮らしを守る施策を実施することを強く求めます。

 また、議案第14号と15号については、教育委員会のあり方が問われるものです。教育委員の互選で決める委員長を廃止し、町長が提案する教育長が代表するとするものです。国会で、国民や関係者の民主主義に反する内容に、教育委員会の形骸化につながると危惧する声や反対を押し切り法律が成立しましたが、3月に新しい教育長を決めれば、とりあえず旧来の形で進めることは可能でありましたが、町長は新法にこだわり、さまざまな危惧に耳を傾けようとしません。町長は政治家であります。新町長の船出を危惧するものであります。

 以上を申し上げまして、反対討論といたします。



○議長(鈴木保昭君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 田中義人君。



◆5番(田中義人君) 平成27年度一般会計予算に対して、賛成の立場で討論をさせていただきます。

 75億円規模の予算では、中学校までの医療費無料化など予算が組まれているなど評価できるところがございます。ただし、依然として厳しい財政状況にあるこの町の財政でありますが、そんな中、今後進めていかなければならない公共施設の更新の皮切りとなる給食センターの建設費等も計上されてございます。現給食センターの老朽化が進んでいる状況からは、早急に対応しなくてはならず、その進め方には相当気を配って進めていただきたいと考えます。

 今回の給食センターについては、実施設計の予算を中身精査のために一時予備費に積んで議会の関与を示し、実施設計に入るという段階では意見を付してまいりました。しかし、その設計内容使用等12億7,000万円にも及ぶという中身は変わらず、工事管理費や工事費用をこの予算上計上してございます。

 さらに、先日の予算の質疑に対する職員の答弁の中に、議会軽視、条例軽視ともとれる発言があり、本日冒頭で謝罪がありました。こういった考えの上に成り立った予算ではないことを切に願うところであります。

 今回の予算は、西江新町長の意思を反映する時間も余りなかったのではないのかと推測いたしますが、今回の建設費等、今後は議会、住民にわかりやすく説明していただき、しっかりと進めていただくことを強く求めるものであります。

 一般会計予算全体に関しましては、児童福祉等の予算も充実してきていることなどを見ると、賛成する立場で西江町長を応援したいと思います。

 これをもって、私の賛成討論にさせていただきます。



○議長(鈴木保昭君) ほかに討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで討論を終わります。

 これから、議案第1号平成27年度虻田郡倶知安町一般会計予算を採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数です。

 したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第2号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第2号平成27年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算を採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数です。

 したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第3号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第3号平成27年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算を採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数です。

 したがって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第4号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第4号平成27年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算を採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数です。

 したがって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第5号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第5号平成27年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第6号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第6号平成27年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第7号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第7号平成27年度倶知安町水道事業会計予算を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第8号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第8号倶知安町財政健全化基金の費消についてを採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数であります。

 したがって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第9号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第9号倶知安町公共施設整備基金の費消についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第10号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第10号倶知安町教育振興基金の費消についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第11号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第11号倶知安町社会福祉事業基金の費消についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第14号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第14号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正についてを採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数です。

 したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第15号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第15号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを採決します。

 この採決は、起立により行います。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(鈴木保昭君) 起立多数であります。

 したがって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第16号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第16号倶知安町職員給与条例の一部改正についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

 これから、議案第19号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第19号倶知安町乳幼児等医療費助成条例の一部改正についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の議決



○議長(鈴木保昭君) お諮りします。

 本日の会議は、これで散会したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会宣告



○議長(鈴木保昭君) 本日はこれで延会することに決定いたしました。

 本日は、これで散会をいたします。

                        散会 午前10時18分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        平成  年  月  日

  議長

  署名議員

  署名議員

  署名議員