議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成26年  5月 臨時会(第3回) 05月21日−01号




平成26年  5月 臨時会(第3回) − 05月21日−01号







平成26年  5月 臨時会(第3回)



         平成26年第3回倶知安町議会臨時会

              会議録(第1号)

                    平成26年5月21日(水曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  3番  竹内 隆君    4番  作井繁樹君

  5番  田中義人君    6番  伊達 隆君

  7番  磯田龍一君    8番  佐名木幸子君

  9番  鈴木保昭君   10番  榊 政信君

 11番  原田芳男君   12番  森下義照君

 13番  鈴木芳幸君   14番  盛多勝美君

 15番  阿部和則君   16番  三島喜吉君

●欠席議員

  なし

●地方自治法第121条第1項の規定により出席を求めた者

 倶知安町長               福島世二君

 倶知安町代表監査委員          菅 清次君

●説明員

  副町長       藤田栄二君   民生部保健福祉課主幹  奥村由紀恵君

  会計管理者     三好亨子君   民生部保健福祉課主幹  黒田 智君

  総務部長      中谷慎一君   経済部建設課長     西江栄二君

  民生部長      川東秀一君   経済部建設課主幹    河野 稔君

                    経済部建設課

  経済部長      阿部吉一君               福家朋裕君

                    豪雪対策室長

  総務部総務課長   熊谷義宏君   経済部建設課主幹    田村昌一君

  民生部住民課長   浅野容一君   経済部建設課主幹    小西慎一君

  民生部住民課主幹  川南冬樹君   監査委員室長      田中 忠君

  民生部保健福祉課長 初山真一郎君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      田中 忠君   議事係長        亀岡直哉君

  庶務係長      石川美子君

●議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 報告第1号 専決処分した事件の報告について

      報告第2号 専決処分した事件の報告について

 日程第4 議案第1号 平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 議案第2号 寒別橋橋梁修繕工事契約の締結について

 日程第6 議案第3号 財産取得契約の締結について

                         開会 午前9時36分



△開会宣告



○議長(鈴木保昭君) ただいまから、平成26年第3回倶知安町議会臨時会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議宣告



○議長(鈴木保昭君) 本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(鈴木保昭君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、伊達隆君及び磯田龍一君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(鈴木保昭君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日1日限りと決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木保昭君) 諸般の報告を事務局長からいたさせます。



◎事務局長(田中忠君) 諸報告を申し上げます。

 まず第1に、今臨時会に町長から別冊配付のとおり、報告第1号から報告第2号及び議第1号から議案第3号の提出がありましたので御報告いたします。

 次に、平成26年第2回臨時会報告後の議会活動につきましては、お手元に配付した議会活動報告書のとおりであります。

 次に、本臨時会に出席を求めた者及び議案説明のため出席通知のありました者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付いたしておきました。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第1号及び報告第2号



○議長(鈴木保昭君) 日程第3 報告第1号専決処分した事件の報告について及び報告第2号専決処分した事件の報告についてを一括議題といたします。

 報告を求めます。

 報告第1号、初山保健福祉課長。



◎保健福祉課長(初山真一郎君) それでは、専決処分を御報告申し上げます。

 報告第1号専決処分した事件の報告について。

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

 平成26年5月21日提出、倶知安町長。

 1ページ目をごらんいただきたいと思います。

 専決処分書。

 物損事故に係る損害賠償金について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、次のとおり専決処分をする。

 平成26年4月3日、倶知安町長。

 損害賠償の額の決定について。

 1、事故の概要。

 (1)事故発生日時、平成26年2月20日、午前10時ころ。

 (2)事故発生場所、倶知安町南5条西1丁目梶本マンション近く十字路。

 (3)事故の状況、介護の認定調査のため公用車で申請者宅に向かうため運転をしていた町臨時職員、甲が、南5西1梶本マンション地先の十字路において、相手方、乙の車両が一時停止の義務があるにもかかわらず、進入したことにより、甲の車両右前のバンパーに、ここ、御訂正をいただきたいと思います、追突となっていますが衝突と御訂正いただきたいと思います。バンパーに衝突した。甲の車両は時速30キロで走行をしていたが、避けきれなかった。なお、双方の運転手にはけがはなかったということでございます。

 2、損害賠償額。

 (1)相手方の損害総額、21万6,110円。

 (2)上記損害についての過失割合及び損害賠償額。

 過失割合は、倶知安町20%、相手方80%とし、倶知安町は相手方の損害額のうち20%を賠償する。よって、損害賠償額が4万5,222円。

 3、事故処理の方法、示談による処理ということで、場所については、2ページ目のほうに記載してございます。御参照いただきたいと思います。

 日ごろより、交通安全には注意するようにしておりますけれども、今後も改めて十分注意するように努めてまいるつもりでございます。

 以上、御報告申し上げます。



○議長(鈴木保昭君) 報告第2号、熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) 続きまして、報告第2号につきまして御説明申し上げます。

 報告第2号専決処分した事件の報告について。

 地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成26年度虻田郡倶知安町一般会計補正予算(第1号)を次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定に基づき報告する。

 平成26年5月21日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 専決処分書としまして、平成26年度虻田郡倶知安町一般会計補正予算(第1号)について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、次のとおり専決処分する。

 平成26年4月3日、倶知安町長。

 次ページをごらんになっていただきたいと思います。

 平成26年度虻田郡倶知安町一般会計補正予算(第1号)。

 平成26年度虻田郡倶知安町一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ73億3,504万6,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成26年4月3日、倶知安町長。

 事項別明細書の歳出のほうから御説明申し上げますので、5ページをお開きになっていただきたいと思います。

 3、歳出。

 3款民生費1項社会福祉費3目介護保険管理費、補正額4万6,000円、補正後の額1億4,774万6,000円、22節補償・補填及び賠償金、車両損傷事故賠償金4万6,000円でございます。

 1項合計、補正額4万6,000円、補正後の額12億6,161万円、3款合計、補正額4万6,000円、補正後の額18億3,229万9,000円です。

 歳出は、以上です。

 続きまして、前ページ4ページ、歳入でございます。

 2、歳入。

 21款諸収入4項雑入7目雑入、補正額4万6,000円、補正後の額1億6,600万6,000円です。

 公有自動車損害共済金対物賠償共済金として、歳出同額の4万6,000円です。

 4項合計、補正額4万6,000円、補正後の額2億4,420万8,000円、21款合計、補正額4万6,000円、補正後の額3億1,142万3,000円です。

 歳入につきましては、以上でございます。

 なお、2ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入歳出及び3ページの一般会計歳入歳出予算事項別明細書1、総括の歳入歳出につきましては、ただいま御説明の再計でございます。説明は省略させていただきます。

 報告第2号につきましては、以上でございます。

 御審議方、よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木保昭君) これから、一括して質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、報告第1号、報告第2号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第1号



○議長(鈴木保昭君) 日程第4 議案第1号平成26度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 川南住民課主幹。



◎住民課主幹(川南冬樹君) おはようございます。

 それでは、議案第1号につきまして御説明申し上げます。

 平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)。

 平成26年度虻田郡倶知安町の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,800万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億3,451万9,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成26年5月21日提出。

 倶知安町長。

 それでは、説明に入りますが、事項別明細書歳出から説明しますので、5ページをお開きいただきたいと思います。

 3、歳出。

 6款前年度繰上充用金1項前年度繰上充用金1目前年度繰上充用金、補正額1億8,800万円、補正後の額1億8,800万円。

 22節補償・補填及び賠償金、これにつきましては平成25年度決算見込において、不足額が生じたことによる平成25年度繰上充用金でございます。

 1項合計1億8,800万円、補正後の額1億8,800万円、6款合計、補正額1億8,800万円、補正後の額1億8,800万円。

 続きまして、4ページをごらんください。

 2、歳入。

 5款諸収入4項雑入1目雑入、補正額1億8,800万円、補正後の額2億1,005万1,000円。

 雑入でございます。

 雑入に関しまして、一応、いわゆる財源は何かというような形がございますけれども、25年度の後志広域連合において給付費の差額というものが見込まれておりますので、それを含めた形で1億8,800万円という金額を計上しております。

 1項合計、補正額1億8,800万円、補正後の額2億1,005万1,000円、5款合計、補正額1億8,800万円、補正後の額2億1,783万6,000円。

 続きまして、2ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」。

 歳入歳出及び3ページ、事項別明細書総括の歳入歳出につきましては、ただいま御説明申し上げた部分の再計でございますので、説明につきましては割愛させていただきます。

 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いします。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、質疑を終わります。

 これから、議案第1号の討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで、討論を終わります。

 これから、議案第1号平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第2号



○議長(鈴木保昭君) 日程第5 議案第2号寒別橋橋梁修繕工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 西江建設課長。



◎経済部建設課長(西江栄二君) それでは、議案第2号について御説明いたします。

 寒別橋橋梁修繕工事請負契約の締結について。

 寒別橋橋梁修繕工事施工のため、下記請負契約を締結する。

 平成26年5月21日提出。

 倶知安町長。

 記といたしまして、1、契約の目的、寒別橋橋梁修繕工事。

 2、契約の方法、指名競争入札の結果落札。

 3、契約金額、7,257万6,000円。

 4、契約の相手方、瀬尾・横関・藤信経常建設共同企業体。

 代表者、虻田郡倶知安町北3条東2丁目7番地。

 瀬尾建設工業株式会社、代表取締役社長瀬尾友一。

 裏面をお開きください。

 寒別橋橋梁修繕工事請負契約締結資料。

 1、工事概要、寒別橋橋梁修繕。

 橋の延長が70メートル、有効幅員5.5メートル、床版打替工74立米、伸縮装置補修3カ所、高欄取替工145メートル、舗装打替工375平米、仮設工一式であります。

 2、工事場所、倶知安町字寒別・豊岡の寒別橋であります。

 3、工事の完成、平成27年3月20日。

 4、入札年月日、平成26年5月19日。

 5、指名業者、瀬尾・横関・藤信経常建設共同企業体、株式会社吉本組、株式会社草別組、株式会社佐々木組、協成建設工業株式会社、阿部建設株式会社であります。

 次の裏面の図面を見ていただきたいと思います。

 ことしの寒別橋橋梁修繕工事の施工につきましては、豊岡側の2径間部分について、26年度の工事を実施することになってございます。

 それと、寒別橋につきましては、昨年も通行どめを行いましたが、ことしも10月1日から来年の3月20日までを予定として通行どめをいたします。

 これにつきましては、2月24日に地域に説明会を、豊岡・巽担い手センターで開催いたしまして、巽地区3名、豊岡地区18名、寒別区4名、計25名の方が御参加いただき、町長を初め建設課担当部署等で6名交えまして、もう1年通行どめになることに御理解と地域からの要望等を承って、一応、御了解をいただいているということでございます。

 以上でございます。よろしく御審議のほど、お願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで、質疑を終わります。

 これから、議案第2号の討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで、討論を終わります。

 これから、議案第2号寒別橋橋梁修繕工事請負契約の締結についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第3号



○議長(鈴木保昭君) 日程第6 議案第3号財産取得契約の締結についてを議題といたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 西江建設課長。



◎経済部建設課長(西江栄二君) それでは、議案第3号について御説明いたします。

 財産取得契約の締結について。

 下記の財産を取得することについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求める。

 平成26年5月21日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、1、契約の目的、財産取得(除雪ロータリ)。

 2、契約の方法、指名競争入札の結果落札。

 3、契約金額、4,093万2,000円。

 4、契約の相手方、札幌市中央区北1条西7丁目1番地、ナラサキ産業株式会社北海道支社、取締役兼執行役員北海道支社長西海谷誠心。

 裏面をお開きください。

 財産取得契約締結資料。

 1、名称・数量、除雪ロータリ除雪車、1台。これは標準仕様で2.2メーターの2,300級ですね、トンが抜けて2,300トン級と入れてください。チップバック、後輪ダブルタイヤ、スイングオーガ装置付。

 2、納入場所、倶知安町除雪機械センター。

 3、納入期限、平成26年11月25日。

 4、入札年月日、平成26年5月19日。

 5、指名業者、ナラサキ産業株式会社北海道支社、株式会社日本除雪機製作所であります。

 裏面に、除雪ロータリの概要が載ってございます。

 作業幅員として2.6メートルのオーガを装置します。また、スイングオーガにつきましては、水平から120度に開くもので、横壁や雪山が多いときに使用するものです。また、チップバックについては、オーガ部分を前下がり、前上がりする装置で、食い込みを調整できるものです。

 それから、後輪ダブルタイヤにつきましては、前輪もダブルタイヤでありますけれども、後輪についてもダブルタイヤの標準装備として取り扱うということにしています。

 あと、下には、車両の寸法等が入っておりますので御参照いただければと思います。

 以上であります。よろしく御審議のほど、お願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。

 榊政信君。



◆10番(榊政信君) 今のロータリの説明なのですけれども、2,300トン級ということで、右のページを見ますと2,600と2,800というのが書いているのですけれども、この辺もう少し詳しく教えていただきたいのですけれども、作業幅が2.6メーターという印が概要の図面、写真のところには載っているのですけれども、今の説明ですと2.2メーターということなので、どちらが正しいのでしょうか。



○議長(鈴木保昭君) 建設課主幹。



◎経済部建設課主幹(田村昌一君) ただいまの質問なのですけれども、2.2メートルなのか、2.6メートルなのかということの質問であります。

 それで、この資料の中身では2.2メートルが標準ということで、今回配備される機械については2.6メートルということで、この写真のほうの2.6メートル幅の機械になっております。



○議長(鈴木保昭君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで質疑を終わります。

 これから、議案第3号の討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで、討論を終わります。

 これから、議案第3号財産所得契約の締結についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会宣言



○議長(鈴木保昭君) これで、本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成26年第3回倶知安町議会臨時会を閉会をいたします。

                         閉会 午前9時57分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        平成  年  月  日

  議長

  署名議員

  署名議員