議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成26年  3月 定例会(第1回) 03月13日−05号




平成26年  3月 定例会(第1回) − 03月13日−05号







平成26年  3月 定例会(第1回)



         平成26年第1回倶知安町議会定例会

              会議録(第5号)

                    平成26年3月13日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  4番  作井繁樹君    5番  田中義人君

  6番  伊達 隆君    7番  磯田龍一君

  8番  佐名木幸子君  10番  榊 政信君

 11番  原田芳男君   12番  森下義照君

 13番  鈴木芳幸君   14番  盛多勝美君

 15番  阿部和則君   16番  三島喜吉君

●欠席議員

  3番  竹内 隆君    9番  鈴木保昭君

●地方自治法第121条第1項の規定により出席を求めた者

 倶知安町長               福島世二君

 倶知安町教育委員会委員長        長谷 一君

 倶知安町農業委員会会長         大橋章夫君

 倶知安町選挙管理委員会委員長      逢坂幸裕君

 倶知安町代表監査委員          菅 清次君

●説明員

  副町長       藤田栄二君   会計管理者     三好亨子君

  総務部長      中谷慎一君   民生部長      川東秀一君

  医療担当部長    澤口敏明君   経済部長      阿部吉一君

                    総務部総務課

  総務部総務課長   熊谷義宏君             赤木裕二君

                    防災担当課長

                    総務部企画振興課参事

  総務部企画振興課長 文字一志君             山下誠一君

                    (兼)新幹線まちづくり推進室長

  総務部企画振興課

            河野 稔君   総務部税務課長   小杉義昭君

  景観対策室長

  総務部税務課

            佐藤真由美君  民生部住民課長   中村孝弘君

  納税対策室長

  民生部住民課主幹  菅原康二君   民生部環境対策課長 菅原雅仁君

  民生部環境対策課

            佐藤美津子君  民生部保健福祉課長 初山真一郎君

  清掃センター所長

  民生部保健福祉課主幹        民生部保健福祉課主幹

            川南冬樹君             奥村由紀恵君

  倶知安保育所長   福坂正幸君   みなみ保育所長   栗原俊郎君

  経済部商工観光課長 福家直人君   経済部農林課長   大島 曜君

  経済部農林課主幹  木村直樹君   経済部建設課長   西江栄二君

  経済部建設課

            福家朋裕君   経済部建設課主幹  河野 稔君

  豪雪対策室長

  経済部建設課主幹  田村昌一君   経済部水道課長   浅上 勲君

  経済部水道課主幹  中村公一君   教育長       窪田 栄君

  学校教育課長    田中洋子君   社会教育課長    槙野寿弘君

  学校給食センター所長        学校教育課主幹   佐々木勇二君

            大内 基君

  総合体育館長    浅野容一君   風土館長      岡崎 毅君

  農業委員会事務局長 伊藤公二君   選挙管理委員会書記長

                              中谷慎一君

  監査委員室長    田中 忠君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長      田中 忠君   議事係長      亀岡直哉君

  庶務係長      石川美子君

●議事日程

 日程第1 議案第1号 平成26年度虻田郡倶知安町一般会計予算

      議案第2号 平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算

      議案第3号 平成26年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算

      議案第4号 平成26年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算

      議案第5号 平成26年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算

      議案第6号 平成26年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算

      議案第7号 平成26年度倶知安町水道事業会計予算

      議案第8号 倶知安町財政健全化基金の費消について

      議案第9号 倶知安町公共施設整備基金の費消について

      議案第10号 倶知安町教育振興基金の費消について

      議案第15号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について

      議案第16号 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について

      議案第17号 倶知安町職員給与条例の一部改正について

      議案第18号 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部改正について

      議案第21号 サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例の全部改正について

      議案第22号 倶知安町下水道条例の一部改正について

      議案第23号 倶知安町営住宅管理条例の一部改正について

      議案第24号 倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部改正について

      議案第25号 倶知安町水道事業給水条例の一部改正について

                         開議 午前9時30分



△開議宣告



○副議長(笠原啓仁君) おはようございます。これから、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○副議長(笠原啓仁君) 諸般の報告を事務局長からいたさせます。



◎事務局長(田中忠君) 諸報告を申し上げます。

 本日の会議録署名議員は、田中義人、榊政信、森下義照、盛多勝美の各議員であります。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号から議案第10号及び議案第15号から議案第18号及び議案第21号から議案第25号



○副議長(笠原啓仁君) 日程第1 議案第1号平成26年度虻田郡倶知安町一般会計予算、議案第2号平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算、議案第3号平成26年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算、議案第4号平成26年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算、議案第5号平成26年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算、議案第6号平成26年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算、議案第7号平成26年度倶知安町水道事業会計予算、議案第8号倶知安町財政健全化基金の費消について、議案第9号倶知安町公共施設整備基金の費消について、議案第10号倶知安町教育振興基金の費消について、議案第15号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第16号倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について、議案第17号倶知安町職員給与条例の一部改正について、議案第18号倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部改正について、議案第21号サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例の全部改正について、議案第22号倶知安町下水道条例の一部改正について、議案第23号倶知安町営住宅管理条例の一部改正について、議案第24号倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部改正について及び議案第25号倶知安町水道事業給水条例の一部改正についてを一括議題とします。

 これから提案理由の説明を求めるわけですが、各議員は事前に各常任委員会等で説明を受けており、それぞれ精査が済んでいることと思いますので、簡単に説明をお願いいたします。

 提案理由の説明を求めます。

 中谷総務部長。



◎総務部長(中谷慎一君) それでは、議案第1号について御説明を申し上げます。予算書でございます、ページ開いていただきまして、3枚目です。

 議案第1号平成26年度虻田郡倶知安町一般会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ73億3,500万円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 債務負担行為。

 第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、第2表、債務負担行為による。

 地方債。

 第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第3表、地方債による。

 一時借入金。

 第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は20億円と定める。

 歳出予算の流用。

 第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号、各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 それでは、49ページへお進みください。

 歳入歳出予算事項別明細の、歳出より御説明を申し上げます。

 なお、説明に当たりましては、款項並びに目及び事業名にて説明をさせていただきます。また、本年度予算額及び比較増減の順で説明をし、節につきましては、新規事業もしくは主な事業について説明させていただきます。

 3、歳出。

 1款議会費1項1目議会費9,697万7,000円、31万7,000円の増。職員人件費分、一般職2名1,897万2,000円、議会分7,800万5,000円。

 飛んでいただきまして、51ページでございます。

 1項合計、1款合計ともに9,697万7,000円、31万7,000円の増。

 次ページでございます。2款総務費1項1目一般管理費2億9,235万6,000円、2,501万7,000円の減。職員人件費分、特別職2名、一般職26名、2億2,850万5,000円、総務分3,613万2,000円。54ページでございます。13節委託料におきましては、下ほどでございます、人事給与システム標準報酬制対応改修委託料37万8,000円及び訴訟事務委任状30万円、それぞれ新規計上としてございます。55ページ、管財分2,360万8,000円、行政分411万1,000円。

 56ページでございます。2目文書広報費684万8,000円、42万7,000円の増、文書広報費684万8,000円でございます。

 57ページ、3目財政管理費55万5,000円、9,000円の増、財政管理費55万5,000円でございます。

 4目会計管理費42万5,000円、7,000円の増、会計管理費でございます。

 次ページ、58ページでございます。5目財産管理費5,444万1,000円、867万1,000円の増、総務分といたしまして2,108万4,000円。59ページ、管財分3,335万7,000円、13節委託料におきましては、下ほどでございます、PCB廃棄物処理委託料875万7,000円及び収集運搬委託料16万6,000円、並びに、役場庁舎望楼撤去設計業務委託料150万2,000円、それぞれ新規計上するものでございます。

 60ページでございます。6目財政調整基金費19万7,000円、前年同額で25節積立金、利子、預金利子ほかの計上でございます。

 61ページ、7目企画費7,080万5,000円、2,750万6,000円の増。企画費7,080万5,000円でございます。62ページをごらんください。19節負担金・補助及び交付金におきましては、中ほどでございます、胆振線代替バス運営事業維持費補助金、昨年に比して2,900万円余り増額の3,345万8,000円としてございます。

 63ページ、8目表彰審議委員会費10万4,000円で、前年同額の計上でございます。1節、9節の計上でございます。

 9目地方振興費1,393万8,000円、4万9,000円の増。総務分といたしまして、1,262万円の計上でございます。64ページ、自衛隊推進分83万4,000円、生活安全分48万4,000円。

 65ページでございます。10目自治振興費4,394万4,000円、540万9,000円の減でございます。自治振興費4,349万4,000円。次ページ、66ページをごらんいただきたいと思います。19節負担金・補助及び交付金におきまして、上から2段目でございます、街路防犯灯設置費補助金、120万円余り増額の455万円としてございます。また、下段から2番目でございますが、道道ニセコ高原比羅夫線防犯灯整備事業負担金、昨年に引き続きの計上で730万円ほか、3,013万4,000円の計上としてございます。

 67ページ、11目研修費203万円、前年同額の計上でございます。研修費でございます。

 12目職員厚生費432万9,000円、13万9,000円の増。

 13目交通安全対策費1,738万3,000円、72万5,000円の増としてございます。次ページでございます。68ページ中ほど、15節工事請負費におきましては、交通安全灯新設工事149万1,000円を計上してございます。

 69ページ、14目事務改善費7,675万8,000円、328万6,000円の減。事務改善費7,675万8,000円でございます。13節委託料におきましては、70ページでございますが、地域イントラ・庁内ネットワーク監視端末更改設定業務委託料72万7,000円及びプロキシサーバ更改・仮想化業務委託料177万2,000円、並びに、ウイルス対策ソフトウエアバージョンアップ業務委託料40万5,000円、それぞれ新規に計上してございます。それから、14節使用料及び賃借料、下段でございます、連続OCR機器借上料77万5,000円、新規計上でございます。それから、15節工事請負費におきましては、下段でございますが、道道ニセコ高原比羅夫線電線地中化に伴う光ケーブル撤去工事、昨年、工事未執行のため、本年度、再度300万円計上をいたすところでございます。

 71ページを飛ばしていただいて、72ページでございます。15目姉妹都市交流費1,162万4,000円、1,065万8,000円の増でございます。この目におきましては、本年度スイス、サンモリッツ市姉妹提携50周年となるわけでございますが、これにかかわる記念事業等の経費1,000万円余り増額計上したものでございます。まず、8節報償費におきましては、サンモリッツ記念式典交流会出演者謝礼20万円。それから、9節におきましては、公式訪問団の旅費の増額。10節交際費におきましても、記念事業関連交際費、増額してございます。12節役務費についても同様に増額。13節委託料におきましては、サンモリッツ記念式典通訳業務委託料33万円、新規としてございます。14節使用料及び賃借料におきましては、記念式典関連のバス借上料の計上でございます。19節負担金・補助及び交付金におきましては、公式訪問と合わせまして海外研修を行うための補助金500万円を新規計上。それから、サンモリッツ市との青少年の交流のための補助金60万円、隔年で行ってございますが、ことし60万円計上してございます。

 16目諸費1,110万円、1,000円の減としてございます。住民税分1,100万円、23節償還金・利子及び割引料で過誤納還付金でございます。公営住宅分、同じく23節公営住宅使用料過誤納還付金の計上でございます。

 1項合計6億638万7,000円、1,447万8,000円の増でございます。

 74ページでございます。2項1目税務総務費8,014万1,000円、275万円の減。職員人件費分、一般職10名で7,964万3,000円、住民税分33万6,000円、資産税分7万6,000円、総務分8万6,000円。

 2目賦課徴収費2,554万6,000円、684万円の増でございます。住民税分324万5,000円、資産税分1,527万7,000円。76ページをごらんください。13節委託料におきまして、航空写真撮影及び家屋図作成業務委託料795万円及び固定資産評価業務委託料399万6,000円、それぞれ新規計上でございます。納税分702万4,000円、77ページにおきまして、8節報償費におきましては、相続財産管理人選任予納金100万円、新規計上としてございます。

 2項合計1億568万7,000円、409万円の増でございます。

 78ページ、3項1目戸籍住民基本台帳費4,832万7,000円、14万9,000円の減、職員人件費分、一般職5名、3,505万8,000円、戸籍住民基本台帳費1,326万9,000円。

 79ページ、下段でございます、3項合計4,832万7,000円、14万9,000円の減。

 80ページ、4項1目選挙管理委員会費796万円、19万3,000円の増。職員人件費分、一般職1名、712万6,000円、選管分83万4,000円。

 81ページでございます。2目選挙啓発推進費6万5,000円、前年同額計上でございます。

 3目倶知安町長選挙費801万3,000円、新規計上でございます。

 83ページへお進みください。4目北海道知事及び北海道議会議員選挙406万1,000円、新規計上としてございます。

 84ページでございます。ここで、加筆をお願いしたいと思います。5目の倶知安町農業委員会選挙でとまってございますが、農業委員会選挙費でございます。大変失礼をいたしました。

 本年度予算額といたしまして、197万7,000円、新規計上としてございます。

 なお、85ページの参議院議員通常選挙につきましては、廃目としてございます。

 4項合計2,207万6,000円、389万4,000円の増でございます。

 86ページ、5項1目統計調査費859万5,000円、102万8,000円の増でございます。職員人件費分、一般職1名671万5,000円、統計調査費188万円。1節報酬におきましては、平成26年経済センサス基礎調査及び平成26年商業統計調査員報酬85万8,000円及び2015年農林業センサス調査員・指導員報酬54万3,000円、それぞれ新規計上としてございます。

 87ページ、5項合計859万5,000円、102万8,000円の増でございます。

 88ページ、6項1目監査委員費1,175万6,000円、5万9,000円の増。職員人件費分、一般職1名、939万2,000円、監査委員費236万4,000円。6項1,175万6,000円、5万9,000円の増。

 2款合計8億282万8,000円、2,340万円の増でございます。

 90ページ、3款民生費1項1目社会福祉総務費3億4,135万6,000円、153万9,000円の減。職員人件費分、一般職8名、6,837万7,000円、福祉分3,223万1,000円でございます。92ページをごらんください。国保分といたしまして、28節繰出金国民健康保険事業特別会計繰出金2億4,072万8,000円、それから、保健指導分11節需用費の計上2万円でございます。

 2目老人福祉費1億1,523万4,000円、54万6,000円の増としてございます。職員人件費分、一般職4名、2,374万4,000円。93ページ、在宅福祉分6,987万7,000円でございます。94ページへお進みください。19節負担金・補助及び交付金におきましては、中ほどでございますが、高齢者事業団運営補助金40万円増額をし、200万円の計上としてございます。また、20節扶助費におきましては、老人福祉施設入所措置費2,772万円ほか、2,826万3,000円の計上をするものでございます。95ページ、地域包括支援センター分40万1,000円、居宅介護支援事業所分22万9,000円。96ページ、地域支援高齢者予防費1,812万円、地域包括的支援事業286万3,000円。

 3目介護保険管理費1億4,770万円、710万1,000円の増。職員人件費分、一般職1名、500万2,000円でございます。97ページ、介護保険管理費1億4,269万8,000円、13節委託料におきましては、高齢者保険福祉計画策定業務委託料205万7,000円新規計上、それから、19節負担金・補助及び交付金におきましては、後志広域連合負担金1億3,948万円ほかの計上としてございます。

 98ページでございます。4目介護認定調査費2,399万3,000円、19万円の増。職員人件費分、一般職1名966万8,000円、受託認定調査費837万2,000円。99ページ、町認定調査費595万3,000円。

 100ページでございます。5目後期高齢者医療費1億8,692万1,000円、2,434万円の増。19節負担金・補助及び交付金におきましては、療養給付費負担金1億3,908万1,000円を計上するものでございます。また、28節繰出金におきましては、後期高齢者医療事業特別会計繰出金として4,784万円を繰り出すものでございます。

 6目障害者福祉費4億1,391万円、1,401万6,000円の増。福祉分といたしまして、3億8,492万円。101ページにおきまして、13節委託料でございますが、下段でございます、生活支援事業手話奉仕員養成講座事業業務委託料57万3,000円、新規計上とするものでございます。また、19節負担金・補助及び交付金におきましては、下ほどでございますが、地域活動支援センター夢の匠運営事業補助金300万円余り増額の600万円としてございます。102ページでございます。20節扶助費におきましては、介護給付費・訓練等給付費3億1,510万3,000円のほか、3億5,241万5,000円の計上とするものでございます。103ページ、医療分でございます。2,801万6,000円、障害支援区分認定調査会費97万4,000円。

 104ページ、7目障害児早期療育推進費2,088万2,000円、43万9,000円の増。発達支援センター事業として2,088万2,000円の計上でございます。

 8目地域会館費328万円、2,005万1,000円の減としてございます。地域会館費328万円でございます。

 105ページ、9目国民年金費58万3,000円、39万2,000円の増でございます。13節委託料におきまして、年金生活者支援給付金対応システム改修委託料43万2,000円、新規計上でございます。

 10目保健福祉会館費770万5,000円、44万1,000円の増でございます。保健福祉会館費でございます。

 106ページでございます。下段でございます。1項合計12億6,156万4,000円、2,587万5,000円の増でございます。

 107ページ、2項1目児童福祉総務費4億3,901万2,000円、642万8,000円の増。職員人件費分、一般職19名、1億5,046万円、福祉分2億5,141万9,000円。次ページ、108ページでございます。13節委託料におきましては、下段でございます、子ども・子育て支援事業計画策定業務委託料377万円、新規計上とするものでございます。109ページにおいて、20節扶助費でございますが、子育て支援事業155万円、児童手当2億4,038万円、合わせて2億4,193万円を計上してございます。医療分といたしまして3,342万4,000円の計上でございまして、20節扶助費におきましては、乳幼児医療費助成金3,220万円の計上としてございます。110ページでございます。養育療養費分として370万9,000円、20節扶助費におきましては、養育療養費(未熟児)給付分として360万円の計上としてございます。

 2目児童館費2,724万円、395万6,000円の増でございます。児童館費として1,134万円。111ページでございます。児童クラブ費1,590万円でございますが、この中では、受入時間延長にかかわる経費の増額分といたしまして、賃金において増額計上をしてございます。

 続いて、112ページでございます。3目青少年相談費215万6,000円、前年同額計上でございます。青少年相談費215万6,000円。

 113ページでございます。4目母子福祉費551万2,000円、1万7,000円の増額でございます。福祉分5万円、医療分として546万2,000円。20節扶助費におきましては、母子家庭等医療費扶助480万円の計上でございます。

 114ページでございます。5目みなみ保育所費4,766万8,000円、94万1,000円の増。みなみ保育所費でございます。

 続いて、116ページでございます。6目倶知安保育所費2,947万4,000円、234万8,000円の増としてございます。倶知安保育所費でございます。

 118ページでございます。7目八幡保育所費1,962万7,000円、580万9,000円の増としてございます。この関係につきましては、1、2歳児受入体制強化のため、賃金の増額及び11節修繕料におきまして増額計上をしているところでございます。

 119ページでございます。2項合計いたしまして5億7,068万9,000円、1,949万9,000円の増。

 3款合計18億3,225万3,000円、4,537万4,000円の増でございます。

 120ページでございます。4款衛生費1項1目保健衛生総務費3億2,744万3,000円、3,633万9,000円の減。職員人件費分、一般職12名、9,381万8,000円、生活安全分8万円、地域衛生分3,174万1,000円。それから、121ページでございます。保健指導分2,183万6,000円。123ページでございます。福祉分といたしまして1億7,996万8,000円、19節負担金・補助及び交付金におきましては、救急医療体制整備補助金2,812万円ほか、下段でございますが、救急医療等体制整備補助金1億4,000万円ほかの計上で、1億7,979万6,000円としてございます。なお、厚生病院の増改築に係る補助金3,610万円ほどございましたが、昨年で終了をしてございます。

 124ページでございます。2目老人保健対策費1,985万2,000円、132万円の増でございます。老人保健対策費1,985万2,000円。13節委託料におきましては、健康診査委託料1,615万円を含み、1,710万2,000円の計上としてございます。

 125ページ、3目予防費3,064万6,000円、87万8,000円の増でございます。予防費3,064万6,000円でございます。

 126ページでございます。4目火葬場費1,043万円、559万5,000円の減。火葬場費として1,043万円の計上でございます。

 127ページでございます。5目環境衛生費1,615万5,000円、249万2,000円の減としてございます。地域衛生分843万6,000円。129ページでございます。環境分といたしまして、638万9,000円の計上でございます。13節委託料におきましては、下ほどでございますが、羊蹄山麓地域廃棄物広域処理施設工程監理業務委託料324万円及び四線川水質検査業務委託料22万8,000円、それぞれ新規計上としてございます。130ページでございます。生活安全分133万円の計上でございます。

 6目エキノコックス対策費71万1,000円、2,000円の減額計上でございます。

 1項合計4億523万7,000円、4,223万円の減でございます。

 131ページ、2項1目塵芥処理費2億7,774万2,000円、2,060万5,000円の増でございます。職員人件費分、一般職2名、1,883万4,000円、清掃センター分2億5,890万8,000円。133ページまでお進みください。13節の委託料でございますが、133ページに可燃ごみ処理業務委託料677万2,000円、新規計上とするものでございます。

 続いて、135ページまでお進みください。2目リサイクルセンター費5,116万7,000円、417万2,000円の増。リサイクルセンター費として5,116万7,000円を計上してございます。

 135ページ、3目し尿処理費4,302万4,000円、362万7,000円の増としてございます。19節負担金・補助及び交付金におきまして、羊蹄山麓環境衛生組合負担金として4,302万4,000円を計上してございます。

 2項合計3億7,193万3,000円、2,840万4,000円の増。

 4款合計7億7,717万円、1,382万6,000円の減でございます。

 136ページでございます。5款労働費1項1目労働諸費2,302万9,000円、124万4,000円の減。職員人件費分、一般職1名、679万7,000円、労働諸費1,623万2,000円。21節貸付金におきましては、労働者生活資金貸付金1,500万円を計上してございます。

 137ページ、2目労働施設費279万2,000円、36万円の増としてございます。労働施設費279万2,000円でございます。

 1項合計、5款合計ともに2,582万1,000円、88万4,000円の減とするものでございます。

 138ページ、6款農林水産業費1項1目農業委員会費2,807万5,000円、252万6,000円の増。職員人件費分、一般職2名、1,877万3,000円、農業委員会分930万2,000円。

 140ページ、2目農業総務費3,761万円、95万7,000円の増。職員人件費分、一般職5名、3,744万円、農業総務費17万円。

 141ページ、3目経営安定対策費407万8,000円、22万6,000円の減。単独事業分407万8,000円。

 4目農業振興費4,646万4,000円、2,412万4,000円の増でございます。なお、19節負担金・補助及び交付金におきましては、このページ最後の欄でございますが、農業後継者及び担い手対策事業補助金25万円の倍額の50万円計上としてございます。それから、142ページでございます。下段のほうでございますが、種子馬鈴薯適正管理促進事業補助金2,570万円、それから、青年就農給付金事業給付金300万円、環境保全型農業直接支援対策事業補助金169万円、それぞれ新規に計上してございます。143ページでございます。農業振興費27万1,000円。

 5目畜産業費3,103万2,000円、512万8,000円の増としてございます。単独事業分3,103万2,000円。144ページでございます。15節工事請負費におきましては、花園牧場取水管敷設工事130万円を計上してございます。

 145ページ、6目農地費4,324万7,000円、457万7,000円の増でございます。単独事業分といたしまして、一般職2名分人件費を含み、4,324万7,000円の計上でございます。146ページでございますが、13節委託料におきまして、下段でございます、扶桑沈砂池土砂上げ業務委託料65万円、新規に計上でございます。15節工事請負費におきまして、寒別排水路修繕工事97万2,000円、新規でございます。147ページ、19節負担金・補助及び交付金におきまして、下段でございますが、排水路補強対策事業補助金50万円、これも新規計上としてございます。

 7目基幹水利施設管理費1,655万3,000円、3万6,000円の減でございます。

 148ページ、下段でございます。1項合計2億705万9,000円、3,705万円の増でございます。

 149ページ、2項1目林業総務費733万1,000円、496万4,000円の減。職員人件費分、一般職1名、339万2,000円、林業総務費393万9,000円。

 150ページ、2目林業振興費1,591万5,000円、308万1,000円の減。補助事業分といたしまして、371万2,000円の計上。151ページにおきまして、単独事業分といたしまして、1,220万3,000円でございます。

 152ページでございます。3目機構分収造林費274万5,000円、489万8,000円の減。機構分収造林費でございます。

 2項合計2,599万1,000円、1,294万3,000円の減。

 6款合計2億3,305万円、2,410万7,000円の増でございます。

 7款商工費1項1目商工総務費3,396万9,000円、525万円の増でございます。職員人件費、一般職4名、3,396万9,000円。

 2目商工振興費3,909万1,000円、15万2,000円の減。商工振興費3,909万1,000円の計上です。155ページをごらんください。19節負担金・補助及び交付金におきましては、倶知安町商工会議所補助金、それから、倶知安町商店街活性化事業補助金並びにプレミアム商品券発行事業補助金等を含み、3,551万5,000円の計上とするものでございます。

 1項合計7,306万円、509万8,000円の増。

 156ページ、2項1目観光費7,683万3,000円、1,420万6,000円の増。観光費として6,410万4,000円でございます。13節委託料におきましては、157ページにわたりますが、下段でございます、ひらふ高原地区観光中核施設整備調査業務委託料600万円、それから、マスコットキャラクター着ぐるみ作成業務委託料91万8,000円、それぞれ新規計上としてございます。158ページでございます。これは、19節負担金・補助及び交付金でございますが、158ページの先頭のほうでございますが、ひらふ地域防犯カメラ等設置補助金195万円。それから、少し下がっていただきまして、倶知安町観光協会事業補助金100万円余り増額の1,905万円の計上としてございます。続いて、159ページ、サンスポーツランド管理費でございます。1,272万9,000円の計上としてございます。7節賃金におきましては、パート、日々雇用賃金、それぞれ新規計上でございます。それから、15節工事請負費におきましては、サンスポーツランド内部改修工事ほか、893万円の計上とするものでございます。

 2項合計7,683万3,000円、1,420万6,000円の増。

 7款合計1億4,989万3,000円、1,930万4,000の増でございます。

 160ページ、8款土木費1項1目土木総務費6,922万1,000円、58万6,000円の増。職員人件費分、一般職7名、5,988万4,000円、土木総務費619万1,000円。162ページへお進みください。地籍管理費でございます、288万円の計上。163ページにおきましては、豪雪対策分として26万6,000円の計上でございます。

 1項合計6,922万1,000円、58万6,000円の増でございます。

 164ページ、2項1目道路橋りょう総務費5,377万3,000円、218万8,000円の減。職員人件費分、一般職3名、2,408万8,000円、道路橋りょう総務費2,968万5,000円。165ページにおきまして、13節委託料でございます。高速道路ネットワーク検討調査業務委託料260万円、新規計上としてございます。

 2目道路修繕費6,542万2,000円、1,100万1,000円の増でございます。道路修繕費6,542万2,000円。166ページでございます。13節委託料におきましては、下段でございますが、路面性状調査業務委託料360万円、道路付属物点検業務委託料480万円、それぞれ新規計上とするものでございます。なお、15節工事請負費におきましては、その他修繕工事100万円増額の1,400万円の計上としてございます。

 167ページでございます。3目道路新設改良費1億1,305万8,000円、279万6,000円の減。単独事業分1億1,305万8,000円でございます。13節委託料におきましては、ニセコ高原山田線道路詳細設計業務委託料161万円及び道道蘭越倶知安線引込道路等詳細設計業務委託料90万円、それぞれ新規計上とするものでございます。また、15節工事請負費におきましては、上から二つ目でございますが、西1丁目南通1号道路改良工事1,800万円、新規計上とするものでございまして、ほかの工事につきましては昨年に引き続き実施するものとして、1億200万円の計上としてございます。168ページでございます。17節公有財産購入費及び22節補償・補填及び賠償金につきましては、北7条東通歩道造成工事に係る用地買収及び移転補償でございます。

 4目除雪対策費4億2,995万円、6,943万円の増でございます。職員人件費分27万円、時間外手当でございます。管理分、4億2,968万円。169ページにおきまして、13節委託料でございますが、これらにつきましては、25年度におきまして、昨年、増額補正をしていることから、26年度、新年度におきましても、それらの補正分も含み増額し、除雪関連経費委託料を計上しているものでございます。それから、15節工事請負費におきましては、流雪溝ポンプ室受電設備取替工事918万円、新規計上とするものでございます。170ページ、18節備品購入費でございますが、本年度は除雪ロータリー車を購入するため4,541万円、新規計上としてございます。また、19節負担金・補助及び交付金におきまして、私道等除排雪補助金におきましては、若干ではございますが、増額補正の1,600万円とするものでございます。

 5目橋りょう維持費9,053万円、4,260万円の減でございます。橋りょう維持費9,053万円。13節委託料におきましては、橋梁点検業務委託料900万円、新規計上でございます。また、15節工事請負費におきましては、昨年に引き続き、寒別橋橋梁修繕工事を行うものでございます。19節負担金・補助及び交付金におきましても、寒別橋の修繕関連でございます。通行止めに伴うハイヤー利用助成金140万円を見込むものでございます。

 2項合計7億5,273万3,000円、3,284万7,000円の増でございます。

 3項1目河川総務費110万円、105万5,000円の減でございます。11節、13節の計上でございます。

 2目河川改良費182万7,000円、172万円の減でございます。

 3項合計いたしまして、292万7,000円、277万5,000円の減としているものでございます。

 172ページでございます。4項1目都市計画総務費5,544万3,000円、460万7,000円の増。職員人件費分、一般職5名、3,613万4,000円。都市計画分、75万1,000円、173ページ、景観対策分、984万5,000円。174ページでございます。13節委託料におきましては、倶知安町地域景観広告推進調査業務委託料といたしまして、調査及びガイドライン策定のため306万2,000円の新規計上でございます。また、15節工事請負費におきましては、倶知安町ひらふ高原地区公共サイン設置工事531万4,000円、新規計上でございます。建築分、159万9,000円。次のページでございますが、新幹線推進分711万4,000円でございます。13節委託料におきましては、新幹線倶知安駅周辺地区まちづくり基本調査業務委託料516万3,000円、新規計上でございます。19節負担金・補助及び交付金におきまして、下段でございますが、北海道新幹線建設負担金として、調査及び設計に係る3分の1の10分の1に相当する40万円、新規計上でございます。

 2目公共下水道事業費2億9,317万9,000円、1,896万1,000円の増でございます。28節繰出金におきまして、公共下水道事業特別会計繰出金として計上しているものでございます。

 176ページ、3目公園費5,091万9,000円、755万8,000円の増。公園管理費5,091万9,000円でございます。177ページ、13節委託料におきましては、下段でございます、旭ケ丘総合公園水遊び広場改修工事測量設計業務委託料290万6,000円、新規計上としてございます。178ページにおきましては、15節工事請負費におきまして、旭ケ丘総合公園水遊び広場改修工事ほか1,929万5,000円の計上としてございます。

 4項合計3億9,954万1,000円、3,112万6,000円の増。

 5項1目住宅管理費2億6,477万8,000円、1億3,233万9,000円の増。職員人件費、一般職5名、4,242万4,000円。住宅分6,723万7,000円。181ページにおきまして、15節工事請負費ノースパークタウン秋棟長寿命化等改善工事ほか、新規に354万6,000円を計上してございます。また、19節負担金・補助及び交付金におきましては、くっちゃん型住宅建設促進事業補助金及び住宅改修助成金、それぞれ増額計上をするものでございます。182ページでございます。補助事業分といたしまして1億5,511万8,000円、13節委託料におきましては、羊蹄団地長寿命化等改善工事実施設計業務委託料503万円、新規計上。15節工事請負費におきましては、ノースパークタウン秋棟長寿命化等改善工事1億5,008万8,000円、新規計上でございます。

 5項合計2億6,477万8,000円、1億3,233万9,000円の増。

 8款合計14億8,920万円、1億9,412万3,000円の増でございます。

 9款消防費1項1目消防費3億1,967万4,000円、2,015万5,000円の減でございます。19節負担金・補助及び交付金において、羊蹄山ろく消防組合負担金3億1,967万4,000円でございます。なお、平成元年事業の消防庁舎起債償還が昨年終わってございます。したがいまして、都合合わせて2,000万円余り減額となってございます。

 2目災害対策費1,100万8,000円、5億1,564万8,000円の減でございます。なお、この減につきましては、デジタル防災無線工事終了による減となってございます。職員人件費分3万円、災害対策費といたしまして1,049万7,000円。184ページでございます。備品購入費、18節でございますが、防災用備品、作業服ほか購入、それから簡易無線機移動局購入、合わせて640万5,000円の計上でございます。防災施設費48万1,000円の計上としてございます。

 1項合計、9款合計ともに3億3,068万2,000円、5億3,580万3,000円の減でございます。

 10款教育費1項1目教育委員会費248万円、80万1,000円の減でございます。教育委員会費248万円。

 186ページ、2目事務局費7,580万7,000円、512万4,000円の減。職員人件費、一般職7名、5,738万7,000円。事務局費1,842万円。なお、7節賃金におきましては、外国人転入生緊急派遣通訳賃金、1名から2名に増員するための予算、250万円余り増額の288万円としてございます。

 188ページでございます。3目財産管理費2,716万6,000円、1万3,000円の増。単独事業分2,716万6,000円でございます。

 1項合計1億545万3,000円、591万2,000円の減。

 2項1目学校管理費8,508万8,000円、107万円の増でございます。学校管理費8,508万8,000円。飛んでいただきまして、191ページでございます。15節工事請負費におきましては、西小学校職員室電話機更新工事ほか、187万5,000円の計上を新規にしてございます。

 2目教育振興費6,343万7,000円、1,392万4,000円の増。教育振興費6,343万7,000円でございます。次ページをお開きください。14節使用料及び賃借料におきまして、中ほどでございますが、教育用パソコン借り上げ980万円、新規計上でございます。続いて193ページでございますが、20節扶助費におきましては、要保護・準要保護児童援助費及び特別支援教育就学奨励費を含み、1,320万円の計上でございます。

 2項合計1億4,852万5,000円、1,499万4,000円の増としてございます。

 194ページ、3項中学校費でございます。

 1目学校管理費3,228万4,000円、420万3,000円の減。学校管理費3,228万4,000円でございます。

 196ページにお進みください。2目教育振興費4,139万8,000円、245万3,000円の増でございます。教育振興費4,139万8,000円でございます。なお、7節賃金におきましては、臨時教員賃金、1名から2名増員するため、400万円余り増額の759万円としてございます。197ページ、扶助費におきましては、要保護・準用保護の生徒援助費ほか、1,003万7,000円の計上とするものでございます。

 3項合計7,368万2,000円、175万円の減でございます。

 198ページでございます。4項幼稚園費でございますが、1目幼稚園費2,465万円、15万円の増。19節負担金・補助及び交付金におきましては、幼稚園就園奨励費補助金、それから私立幼稚園の振興補助金、合わせて2,465万円の計上でございます。

 4項合計2,465万円、15万円の増でございます。

 5項1目社会教育総務費5,188万5,000円、413万2,000円の減。職員人件費分、一般職6名、4,862万8,000円。199ページ、社会教育総務費325万700円。

 200ページ、2目公民館費836万1,000円、4万5,000円の減でございます。201ページでございますが、19節負担金・補助及び交付金におきましては、倶知安町文化協会補助金ほか、153万8,000円の計上とするものでございます。

 3目青少年教育費104万8,000円、27万7,000円の減でございます。19節負担金・補助及び交付金につきましては、くっちゃん町子ども特派員派遣事業助成金を継続するほか、40万2,000円の計上としてございます。

 202ページでございます。4目でございます。成人教育費87万1,000円、5万1,000円の減。19節負担金・補助及び交付金におきましては、倶知安町女性の会補助金ほか、43万2,000円の計上でございます。

 5目青少年センター費785万円、165万4,000円の減でございます。青少年センター費でございます。203ページ、世代交流センター費172万7,000円。

 204ページでございます。6目文化振興費100万5,000円、2万2,000円の増でございます。文化振興費でございます。

 7目美術館費3,139万2,000円、727万4,000円の増。美術館費でございますが、1節報酬におきましては、美術館長の報酬として240万円、新規計上をしてございます。206ページへお進みください。15節工事請負費におきましては、美術館収蔵庫屋上防水工事ほか、437万7,000円の計上、新たに計上してございます。また、18節備品購入費におきましては、小川原脩美術作品購入として472万5,000円を新規に計上するものでございます。

 207ページ、8目郷土資料館費1,151万8,000円、81万2,000円の増でございます。郷土資料館費でございます。208ページ中ほど、15節工事請負費におきましては、風土館屋根等修繕工事97万5,000円を新規に計上してございます。

 5項合計1億1,393万円、194万9,000円の増。

 6項保健体育費でございます。

 1目保健体育総務費5,219万4,000円、485万1,000円の増でございます。職員人件費分、一般職4名、3,438万2,000円。保健体育総務費1,781万2,000円。211ページでございますが、19節負担金・補助及び交付金につきましては、体育協会補助金、実年ソフトボール大会全国大会が開催される分、増額をし、予算計上としているものでございます。都合合わせまして、861万4,000円の計上としてございます。

 2目学校保健体育費1,244万3,000円、12万4,000円の減。学校保健体育費でございます。

 212ページ、3目でございます。体育館費3,799万円、154万2,000円の増。体育館費3,799万円でございます。214ページにお進みいただきたいと思います。15節工事請負費におきましては、総合体育館照明電動昇降装置修繕工事ほか、365万円新たに計上をしてございます。

 215ページでございます。4目体育施設費3,048万8,000円、1,327万9,000円の減。体育施設費でございます。15節工事請負費におきましては、ソフトボール球場改修工事ほか、510万円、新たに計上をするものでございます。216ページでございます。水泳プール管理費868万6,000円。217ページ、パークゴルフ場管理費1,336万5,000円。

 218ページでございます。5目でございます。町技普及振興費1,768万5,000円、375万2,000円の増でございます。町技普及振興費でございます。219ページ、15節工事請負費におきましては、リフト索輪交換工事ほか、240万9,000円の新たな新規計上でございます。

 220ページでございます。6目学校給食センター費1億7,129万5,000円、661万2,000円の増でございます。職員人件費分、一般職7名、5,291万1,000円、学校給食センター分、1億1,838万4,000円。222ページでございます。15節工事請負費におきましては、学校給食センター移転改築予定地搬入路設置工事、昨年に引き続いて、再度、計上をさせていただくものでございます。

 続いて、223ページでございます。7項文化福祉センター費でございますが、1目管理費4,000万9,000円、184万5,000円の増でございます。職員人件費分、一般職2名、1,696万4,000円。管理費、2,304万5,000円。224ページ、13委託料におきましては、下段でございます、大ホール椅子洗浄業務委託料90万円、新規計上としてございます。また、15節工事請負費におきましては、文化福祉センター地下重油タンク内面ライニング工事182万円、新規計上でございます。

 7項合計4,000万9,000円、184万5,000円の増。

 8項諸費でございます。

 1目諸費688万6,000円、11万7,000円の増でございます。19節負担金・補助及び交付金におきましては、倶知安町教育研究会補助金ほか、688万6,000円の計上としてございます。

 続いて、227ページまでお進みください。2目障害児教育振興費1,177万3,000円、前年同額の計上としてございます。

 8項合計1,865万9,000円、11万7,000円の増。

 10款合計8億4,700万3,000円、1,474万7,000円の増でございます。

 228ページです。11款災害復旧費1項1目道路橋りょう災害復旧費77万1,000円、1,397万5,000円の減。単独事業分、77万1,000円でございます。

 1項合計、11款合計ともに77万1,000円、1,397万5,000円の減としてございます。

 12款公債費1項1目元金6億4,531万3,000円、2,214万3,000円の減。23節償還金・利子及び割引料において、償還元金119件、6億4,531万3,000円の計上。

 2目利子1億151万1,000円、1,495万9,000円の減。23節償還金・利子及び割引料におきまして、償還利子161件及び一時借入金利子合わせまして、1億151万1,000円の計上でございます。

 3目公債諸費2万8,000円、前年同額の計上としてございます。

 1項合計、12款合計ともに7億4,685万2,000円、3,710万2,000円の減でございます。

 230ページでございます。13款予備費1項1目予備費250万円、3,078万2,000円の減でございます。

 1項合計、13款合計ともに250万円、3,078万2,000円の減でございます。

 続いて、13ページへお戻りください。13ページ、次、歳入でございます。



○副議長(笠原啓仁君) この際、暫時休憩します。10分程度といたします。

     午前10時47分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時57分 再開



○副議長(笠原啓仁君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 総務部長。



◎総務部長(中谷慎一君) それでは、引き続き、歳入を御説明申し上げます。

 13ページ、ごらんいただきたいと思います。

 2、歳入。

 1款町税1項1目個人6億4,011万3,000円、6,581万8,000円の減でございます。現年課税分6億3,798万円、滞納繰越分213万3,000円。

 2目法人1億2,809万8,000円、3,073万1,000円の増。現年課税分1億2,808万4,000円。14ページ、2節滞納繰越分1万4,000円。

 1項合計7億6,821万1,000円、3,508万7,000円の減。

 2項1目固定資産税9億2,431万9,000円、4,364万6,000円の増。1節現年課税分9億2,067万8,000円、2節滞納繰越分364万1,000円。

 2目国有資産等所在市町村交付金1,853万8,000円、39万7,000円の増、現年課税分でございます。

 2項合計9億2,085万7,000円、4,404万3,000円。

 16ページでございます。3項1目軽自動車税2,346万2,000円、61万7,000円の増。1節現年課税分2,344万7,000円、2節滞納繰越分1万5,000円。

 3項合計2,346万2,000円、61万7,000円の増。

 4項1目たばこ税1億8,176万4,000円、103万8,000円の減。現年課税分でございます。

 4項合計も、それぞれ同額でございます。

 5項1目入湯税2,710万3,000円、628万3,000円の増で現年課税分。

 5項合計もそれぞれ同額でございます。

 18ページ、6項1目都市計画税7,641万8,000円、81万4,000円の減。1節現年課税分7,612万2,000円、2節滞納繰越分29万6,000円。

 6項合計7,641万8,000円、81万4,000円の減。

 1款合計20億1,981万5,000円、1,400万4,000円でございます。

 2款地方譲与税1項1目地方揮発油譲与税2,800万円、前年同額計上でございます。地方揮発油譲与税でございます。

 1項合計も、それぞれ同額でございます。

 19ページ、2項1目自動車重量譲与税6,700万円、200万円の減としてございます。

 2項合計につきましては、それぞれ同額。

 2款合計9,500万円、200万円の減でございます。

 3款利子割交付金1項1目利子割交付金465万円、96万9,000円の増でございます。

 1項、3款ともに465万円で、96万9,000円の増でございます。

 4款配当割交付金1項1目配当割交付金150万円、前年同額でございまして、1項、4款ともに150万円、前年同額でございます。

 5款株式等譲渡所得割交付金1項1目株式等譲渡所得割交付金50万円、前年同額計上でございます。

 1項、5款ともに同額の計上としてございます。

 6款地方消費税交付金1項1目地方消費税交付金2億円、3,100万円の増としてございます。

 1項合計、6款合計ともに予算額2億円で、3,100万円の増額計上とするものでございます。

 7款ゴルフ場利用税交付金1項1目ゴルフ場利用税交付金780万円で、前年同額計上。

 1項及び7款合計も、それぞれ同額の780万円でございます。

 8款自動車取得税交付金1項1目自動車取得税交付金1,000万円の計上で、700万円の減額となります。

 1項、8款それぞれ1,000万円の計上で、前年比較700万円の減としてございます。

 9款国有提供施設等所在市町村助成交付金1項1目国有提供施設等所在市町村助成交付金60万1,000円、3万2,000円の減でございます。

 1項、9款合計ともに60万1,000円の計上で、3万2,000円の減としてございます。

 10款地方特例交付金1項1目地方特例交付金500万円の計上で、前年同額でございます。

 1項及び10款の合計についても、ともに同額でございます。

 11款地方交付税1項1目地方交付税24億4,400万円、200万円の減でございます。普通地方交付税21億2,400万円、特別地方交付税3億2,000万円の計上でございます。

 1項合計、11款合計ともに24億4,400万円で、200万円の減額計上でございます。

 12款交通安全対策特別交付金1項1目交通安全対策特別交付金285万円、15万円の減でございます。

 1項合計、12款合計ともに285万円、15万円の減額でございます。

 13款分担金及び負担金1項1目民生費負担金6,526万1,000円、167万8,000円の減。児童福祉費負担金4,377万2,000円、老人福祉費負担金470万円、障害児早期療育推進費負担金1,287万7,000円、認定審査会共同設置負担金252万円、養育医療費負担金139万2,000円でございます。

 2目農林水産業費負担金668万1,000円、3万7,000円の減。農業費負担金でございます。

 3目教育費負担金48万1,000円で、前年同額計上。教育諸費負担金でございます。

 1項合計、13款合計ともに7,242万3,000円、171万5,000円の減でございます。

 25ページ、14款使用料及び手数料1項1目行政財産使用料382万5,000円。5,000円の増額計上でございます。土地使用料66万8,000円、建物使用料315万7,000円。

 2目総務使用料273万円で、28万円の増。じゃがりん号使用料でございます。

 3目衛生使用料285万円、前年同額計上で、保健衛生使用料でございます。

 4目農業使用料850万8,000円、72万8,000円の減。畜産施設使用料でございます。

 5目商工使用料100万円、新規計上でございます。サンスポーツランドくっちゃん使用料100万円の計上でございます。

 6目土木使用料9,763万3,000円、20万5,000円の減。道路使用料といたしまして423万4,000円。次ページでございます。河川使用料93万1,000円、公園使用料46万2,000円、住宅使用料9,200万6,000円。

 7目教育使用料1,928万2,000円、112万円の減でございます。社会教育使用料507万円、保健体育使用料1,421万2,000円。

 1項合計1億3,582万8,000円、76万8,000円の減。

 2項手数料1目総務手数料758万円、9万円の増。督促手数料30万9,000円、戸籍住民基本台帳手数料659万円、税証明手数料67万5,000円、営業証明手数料6,000円。

 2目民生手数料2万5,000円、全額、前年同額計上で、社会福祉手数料でございます。

 28ページ、3目衛生手数料3,068万3,000円、2万5,000円の減。清掃手数料3,022万円、畜犬登録手数料45万1,000円、犬の飼育管理手数料1万2,000円。

 4目農林水産業手数料31万3,000円、1万1,000円の減。農業手数料でございます。

 5目土木手数料50万1,000円、前年同額計上で、優良宅地認定申請手数料1,000円、地籍手数料50万円。

 2項合計3,910万2,000円、5万4,000円の増。

 14款合計1億7,493万円、71万4,000円の減でございます。

 15款国庫支出金1項1目民生費国庫負担金3億4,932万9,000円、1,136万9,000円の増。身体障害児者福祉費負担金1,094万9,000円、児童手当国庫負担金1億6,828万4,000円、保険基盤安定国庫負担金573万1,000円、障害者介護給付費等国庫負担金1億6,326万1,000円、母子保健衛生費国庫負担金110万4,000円。

 2目災害復旧費国庫負担金3,324万7,000円、新規計上でございまして、平成24年発生凍上災害復旧事業国庫負担金3,324万7,000円でございます。

 1項合計3億8,257万6,000円、4,461万6,000円の増でございます。

 30ページ、2項1目総務費国庫補助金1,775万1,000円、397万7,000円の増。総務費補助金でございます。

 2目民生費国庫補助金575万4,000円、429万3,000円の減。社会福祉費補助金。

 3目衛生費国庫補助金168万3,000円、30万円の減。環境衛生費補助金106万円、保健衛生費補助金62万3,000円。

 4目商工費国庫補助金1,294万4,000円、549万8,000円の増。観光費補助金でございます。

 5目土木費国庫補助金2億4,073万8,000円、4,498万8,000円の増。道路橋りょう費補助金1億2,958万円、都市計画事業費補助金1,000万円、住宅費補助金1億1,158万8,000円。

 6目教育費国庫補助金498万1,000円、3万1,000円の減。小学校費補助金12万1,000円、中学校費補助金16万円、幼稚園就園奨励費補助金470万円。

 2項合計2億8,385万1,000円、4,983万,9000円の増でございます。

 32ページでございます。3項1目総務費委託金36万8,000円、1,049万6,000円の減。総務管理費委託金1万8,000円、戸籍住民基本台帳費委託金35万円。

 2目民生費委託金343万4,000円、114万5,000円の増。社会福祉費委託金340万円、児童福祉費委託金3万4,000円。

 3目土木費委託金759万円、469万円の増。除雪費委託金でございます。

 3項合計1,139万2,000円、466万1,000円の減。

 15款合計6億7,781万9,000円、8,979万4,000円の増。

 16款道支出金1項1目民生費道負担金1億8,775万4,000円、969万6,000円。社会福祉費負担金323万2,000円、身体障害児者福祉費負担金547万4,000円、児童手当道負担金3,604万3,000円、保険基盤安定道負担金6,082万3,000円。次ページ、障害者介護給付費等道負担金8,163万円、母子保健衛生費道負担金55万2,000円。

 1項合計1億8,775万4,000円、969万6,000円の増。

 2項1目総務費道補助金1,454万円、945万9,000円の増。電源立地地域対策交付金440万円、土地対策費交付金7万6,000円、消費者行政活性化事業補助金95万4,000円、原子力防災対策費補助金441万円、姉妹都市交流費補助金470万円。

 36ページでございます。2目民生費道補助金4,180万6,000円、504万1,000円の増。社会福祉費補助金1,764万8,000円、児童福祉費補助金2,415万8,000円。

 3目衛生費道補助金30万8,000円、8万6,000円の増。保健衛生費補助金30万8,000円でございます。

 37ページ、4目農林水産業費道補助金5,624万4,000円、2,901万3,000円の増。農業費補助金4,894万7,000円、林業費補助金729万7,000円。

 5目土木費道補助金130万円、新規計上でございまして、地域づくり総合交付金130万円でございます。

 なお、商工費道補助金については、廃目としてございます。

 2項合計1億1,419万8,000円、4,339万9,000円の増でございます。

 38ページ、3項1目総務費委託金2,856万9,000円、475万7,000円。総務管理費委託金50万円、徴収費委託金2,220万円、戸籍住民基本台帳費委託金1万2,000円、統計調査委託金179万6,000円、選挙費委託金406万1,000円。知事・道議選挙分でございます。

 39ページ、2目民生費委託金1,000円で、前年同額計上。児童福祉費委託金でございます。

 3目農林水産業費委託金1,000円、3万円の減でございます。農業費委託金。

 4目土木費委託金509万円で、232万円の増でございます。除雪費委託金379万5,000円、河川費委託金91万5,000円、都市計画費委託金5,000円、建築確認申請等委託金37万5,000円。

 3項合計3,366万1,000円、704万7,000円の増でございます。

 16款合計3億3,561万3,000円、6,014万2,000円の増でございます。

 40ページ、17款財産収入1項1目財産貸付収入2,506万円、213万円の減でございます。土地貸付収入673万5,000円、建物貸付収入1,694万1,000円、物品貸付収入138万4,000円。

 2目利子及び配当金40万4,000円、2万9,000円の減。利子及び配当金でございます。

 1項合計2,546万4,000円、215万9,000円の減。

 2項1目不動産売払収入5,003万円、1,500万円の減でございます。土地売払収入5,000万円、建物売払収入1万円、立木売払収入2万円。

 2目でございます。物品売払収入1万円、前年同額、物品売払収入でございます。

 2項合計5,004万円、1,500万円の減でございます。

 17款合計7,550万4,000円、1,715万9,000円の減。

 18款寄附金1項1目ふるさと応援寄附金1万円、前年同額。

 2目一般寄附金50万7,000円、前年同額。

 3目社会福祉事業資金寄附金1万円、前年同額でございます。

 4目教育振興資金寄附金1万円、前年同額でございます。

 1項合計、18款合計ともに53万7,000円で、前年同額計上でございます。

 42ページ、19款繰入金1項1目財政健全化基金繰入金3億円、4,000万円の減でございます。

 2目ふるさと応援基金繰入金900万6,000円、新規に繰り入れるものでございます。

 3目公共施設整備基金繰入金1,000万円、新規繰り入れでございます。

 4目国鉄胆振線代替輸送確保基金繰入金3,345万8,000円、2,942万1,000円の増。

 5目教育振興基金繰入金40万円、新規繰り入れでございます。

 1項合計3億5,286万4,000円、882万7,000円の増でございます。

 2項1目介護保険サービス事業特別会計繰入金381万6,000円、前年同額。

 2目後期高齢者医療事業特別会計繰入金1,000円、前年同額でございます。

 2項合計381万7,000円で、前年同額。

 19款合計3億5,668万1,000円、882万7,000円の増額計上でございます。

 20款繰越金1項1目繰越金5,000万円、前年同額計上で、前年度繰越金でございます。

 1項、20款合計、それぞれ同額でございます。

 21款諸収入1項1目延滞金105万円、前年同額計上としてございます。

 2項加算金5万円、前年同額計上でございます。

 1項合計110万円、前年同額の計上です。

 44ページ、2項1目労働者生活資金貸付元金収入1,500万円、前年同額。

 2目地域総合整備資金貸付金元利収入714万2,000円、前年同額でございます。

 2項合計2,214万2,000円、前年同額でございます。

 3項1目後期高齢者医療広域連合受託事業収入66万4,000円、7万4,000円の増。

 2目介護認定審査会受託事業収入1,839万円、16万3,000円の減。

 3目地域支援事業受託収入2,491万9,000円、29万2,000円の増でございます。

 3項合計4,397万3,000円、20万3,000円の増。

 4項1目滞納処分費30万円、前年同額。

 2目弁償金30万1,000円、前年同額。

 3目違約金及び延納利息1,000円、前年同額。

 4目過年度収入1,000円、前年同額でございます。

 5目宝くじ交付金収入300万円、前年同額。

 6目学校給食費収入7,459万9,000円、105万9,000円の増でございます。

 46ページでございます。7目雑入でございます。1億6,596万円、752万8,000円の減。医療費返還金640万円、機構分収造林負担金240万円、雑入、その他雑入といたしまして1億5,716万円でございます。

 47ページ、4項合計2億4,416万2,000円、646万9,000円の減。

 21款合計3億1,137万7,000円、626万6,000円の減でございます。

 48ページでございます。22款町債1項1目農林水産業債580万円、150万円の減でございます。

 2目土木債1億8,020万円、9,780万円の増。

 3目災害復旧債740万円、新規計上でございます。平成24年発生凍上債災害復旧事業債でございます。

 4目臨時財政対策債2億9,500万円、2,100万円の減でございます。

 なお、民生債、消防債、辺地対策事業債につきましては、廃目としてございます。

 1項合計、22款合計ともに4億8,840万円、4億7,870万円の減としてございます。

 次に、7ページにお戻りください。

 第2表、債務負担行為でございます。

 事項、期間、限度額の順で御説明を申し上げます。

 まず、連続OCR機器借上料(平成26年度事業)、平成27年度から30年度まで、310万円。

 保健福祉会館電話機器等借上料(平成26年度事業)、平成27年度から30年度まで、114万4,000円。

 みなみ保育所給食調理業務委託事業(平成26年度事業)、平成27年度、57万5,000円。

 倶知安保育所給食調理業務委託事業(平成26年度事業)で、平成27年度、45万円。

 塵芥収集業務委託料(平成26年度事業)、平成27年度、152万8,000円。

 廃棄物処理業務委託事業(平成26年度事業)、平成27年度、246万9,000円。

 生ごみ収集業務委託事業(平成26年度事業)、平成27年度、135万2,000円。

 生ごみ処理業務委託事業(平成26年度事業)、平成27年度で315万5,000円でございます。

 次のページでございます。資源処理業務委託事業(平成26年度事業)、平成27年度、103万円。

 資源回収業務委託事業(ビン・缶等)(平成26年度事業)、平成27年度、67万9,000円。

 資源回収業務委託事業(紙・プラ製容器包装)(平成26年度事業)、平成27年度、81万8,000円。

 容器包装廃棄物処理業務委託事業(紙・プラ製容器包装)(平成26年度事業)、平成27年度、144万円。

 JA農地取得資金利子助成金(平成26年度事業)、平成27年度から51年度まで、201万1,000円。

 小学校パソコン整備事業(平成26年度事業)、平成27年度から31年度まで、6,375万2,000円。

 浄化槽設置に伴う水洗化工事資金利子助成金(平成26年度事業)、平成27年度から31年度まで、平成27年度から平成31年度までに支払うべき利子に相当する部分を助成するものとする。

 倶知安町中小企業振興融資に係る利子補給金(平成26年度事業)、平成27年度から33年度まで、平成27年度から平成33年度までに支払うべき利子に相当する部分を利子補給するものとする。

 続いて、次のページです。第3表、地方債でございます。

 起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法の順で御説明を申し上げます。

 まず、公有林造林事業費、限度額580万円、普通貸付または証券発行、利率といたしましては3%以内、ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び銀行その他について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率といたします。政府資金については、その融通条件、銀行その他の場合については債権者と協定するものとする。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえることができるものといたします。

 北7条東通歩道造成事業費1,080万円、以下、条件は同じなので省略をさせていただきます。

 西1丁目通3号道路改良事業費2,250万円。

 西1丁目南通1号道路改良事業費1,620万円。

 北2条西通道路改良事業費2,340万円。

 次ページでございます。雪寒機械購入事業費1,250万円。

 寒別橋橋梁修繕事業費1,980万円。

 ノースパークタウン秋棟長寿命化等改善事業費7,500万円。

 凍上災害復旧事業費(H24発生分)740万円。

 臨時財政対策債2億9,500万円でございます。

 以上、10件合計いたしまして4億8,840万円、昨年に比較いたしまして4億7,870万円の減となるものでございます。

 なお、2ページから6ページ、第1表、歳入歳出予算の歳入歳出、及び、11ページ、12ページ、一般会計歳入歳出予算事項別明細書、総括につきましては、ただいまの再計でございますので、説明は省略をさせていただきます。

 また、231ページから238ページの給与費明細書及び239ページから246ページの債務負担行為の前年度末までの支出額並びに当該年度以降の支出予定額等に関する調書、247ページから248ページの地方債における各年度末の現在高に関する調書、及び、249ページから250ページのその他特別職報酬明細書についても、記載のとおりでございますので、説明は省略をさせていただきます。

 一般会計については、以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第2号及び第3号。

 中村住民課長。



◎住民課長(中村孝弘君) それでは、私のほうから、議案第2号、第3号につきまして、続けて御説明をさせていただきます。

 議案第2号平成26年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の国民健康保健事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ6億4,651万9,000円と定める。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 一時借入金。

 第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、4億円と定める。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 それでは、歳出から御説明をさせていただきますので、事項別明細の11ページをごらんいただきたいと思います。

 説明につきましては、一般会計と同様に行わさせていただきたいと思います。

 3、歳出。

 1款総務費1項1目一般管理費2,766万6,000円、172万1,000円の減。職員人件費分といたしまして、一般職3人分1,936万9,000円でございます。

 2、細目、国保係分829万7,000円、これについても共済費から19節までの分でございます。

 次ページ、12ページ中段、13節委託料、国保事業実績報告システムバージョンアップ事業委託料につきましては、新規事業でございます。

 続きまして、2目広域連合負担金6億41万1,000円、369万6,000円の減。19節負担金・補助及び交付金、後志広域連合負担金でございます。

 1項合計6億2,807万7,000円、541万7,000円の減です。

 続きまして、13ページ、2項徴税費1目賦課徴収費403万4,000円、5万1,000円の減でございます。

 1細目の賦課徴収費30万1,000円、需用費、役務費でございます。住民税分72万9,000円、納税分300万4,000円でございます。

 次ページをごらんいただきたいと思います。

 2項合計403万4,000円、5万1,000円の減でございます。

 3項1目運営協議会費22万3,000円、前年同額でございます。運営協議会費22万3,000円でございます。

 3項合計22万3,000円、前年同額。

 1款合計6億3,233万4,000円、546万8,000円の減でございます。

 続きまして、15ページ、2項保健事業費1項1目特定健康診査等事業費678万4,000円、20万3,000円の増額でございます。特定健康保険の委託料でございます。

 1項合計、2款合計、ともに678万4,000円、20万3,000円の増額です。

 3款公債費1項1目利子109万6,000円、前年同額でございます。22節償還金利子及び割引料の一時借入金の利息でございます。

 1項合計、3款合計109万6,000円、前年同額でございます。

 16ページに移ります。4款諸支出金1項1目一般被保険者保険税還付金300万円、前年同額でございます。一般被保険者の過誤納還付金でございます。

 2目退職被保険者等保険税還付金10万円、前年同額で、こちらも過年度保険料の過誤納還付金でございます。

 3目一般被保険者還付加算金20万円、前年同額で、こちらも過誤納の還付加算金でございます。

 4目退職費保険者等還付加算金5,000円、前年同額でございます。こちらについても過誤納の加算金でございます。

 1項合計、4款合計ともに330万5,000円、比較、前年同額でございます。

 続きまして、17ページ、5款予備費1項1目予備費300万円、前年同額でございます。

 1項合計、5款合計ともに300万円、前年同額でございます。

 続きまして、歳入、事項別明細について御説明をさせていただきますので、6ページをごらんいただきたいと思います。

 6ページ、2、歳入。

 1款国民健康保険税1項1目一般被保険者国民健康保険税3億5,716万4,000円、338万2,000円の減額でございます。医療給付費現年課税分2億5,532万7,000円。2節としまして、後期高齢者支援金分現年課税分5,855万4,000円。介護納付金分現年課税分2,378万8,000円、医療給付費分滞納繰越分1,531万9,000円、後期高齢者支援金分納付繰越分272万5,000円、介護納付金分滞納繰越分146万1,000円。

 続きまして、7ページでございます。2目退職被保険者等国民健康保険税1,869万円、68万3,000円の減でございます。医療給付費分現年課税分1,306万1,000円、後期高齢者支援金分現年課税分289万2,000円、介護納付金分現年課税分232万6,000円、医療給付費分滞納繰越分31万6,000円、後期高齢者支援金分滞納繰越分5万7,000円、介護納付金分滞納繰越分3万8,000円。

 1項合計、1款合計、ともに3億7,585万4,000円、406万5,000円の減額でございます。

 8ページをごらんいただきたいと思います。2款使用料及び手数料1項1目督促手数料10万円、前年同額でございます。

 1項合計、2款合計ともに10万円、前年同額でございます。

 3款繰入金1項1目一般会計繰入金、保険基盤安定繰入金としまして4,957万4,000円、その他一般会計繰入金としまして、1億9,115万4,000円。

 1項合計、3款合計ともに2億4,072万8,000円、279万7,000円の減額でございます。

 9ページです。4款繰越金1項1目繰越金1,000円、比較は前年同額でございます。前年繰越金1,000円でございます。

 1項合計、4款合計ともに1,000円、前年同額でございます。

 5款諸収入1項1目税附帯収入100万円、前年同額でございます。保険税の延滞金となっております。

 1項合計100万円、前年度同額でございます。

 2項1目預金利子1,000円、前年同額でございます。

 2項合計1,000円、前年同額でございます。

 10ページに移ります。3項1目後志広域連合受託事業収入678万4,000円、20万3,000円の増でございます。

 3項合計678万4,000円、20万3,000円の増です。

 4項雑入1目雑入2,205万1,000円、139万4,000円の増額でございます。雑入でございます。

 4項合計2,205万1,000円、比較としては139万4,000円の増。

 5款合計2,983万6,000円、159万7,000円の増額でございます。

 なお、2ページ、3ページ、第1表の歳入歳出予算の歳入歳出、及び、5ページ、歳入歳出予算事項別明細書、1、総括の歳入歳出につきましては、御説明しました予算の再計ですので、説明を省略させていただきます。

 また、18ページから25ページにかけましての給与費明細書につきましては、記載のとおりとなっておりますので、説明を省略させていただきます。

 第2号につきましては、以上でございます。

 続きまして、第3号となります。後期高齢者の特別会計事業予算をごらんいただきたいと思います。

 後期の1番となってございます。

 議案第3号平成26年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の後期高齢者医療事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億6,318万6,000円と定める。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 それでは、歳出から御説明をさせていただきます。9ページ、事項別明細をごらんいただきたいと思います。

 それでは、3、歳出。

 1款総務費1項1目一般管理費232万1,000円、8万円の減。一般管理費としまして、7節から19節まで232万1,000円となっております。

 1項合計232万1,000円、8万円の減。

 2項1目賦課徴収費94万5,000円、2万5,000円の増。こちらにつきましても、9節旅費から、次ページ12節まで、94万5,000円となっております。

 10ページをごらんいただきたいと思います。2項合計94万5,000円、2万5,000円の増。

 1款合計326万6,000円、5万5,000円の減。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金1項1目後期高齢者医療広域連合納付金1億5,886万9,000円、1,593万4,000円の増となっております。こちらにつきましては、19節負担金・補助及び交付金で広域連合の負担金となってございます。1億5,886万9,000円です。

 1項合計、2款合計ともに1億5,886万9,000円、1,593万4,000円の増となっております。

 続きまして、11ページ、3款諸支出金1項1目還付金50万円、前年同額でございます。償還金・利子及び割引料として、償還金を見ております。

 2目還付加算金5万円、前年同額でございます。

 1項合計55万円、前年同額でございます。

 2項繰出金1目繰出金1,000円、前年同額でございます。

 2項合計1,000円、前年同額。

 3款合計55万1,000円、前年同額でございます。こちらは一般会計の繰入金となっております。

 続きまして、12ページでございます。4款予備費1項1目予備費50万円、前年同額でございます。

 1項合計、4款合計ともに50万円、前年同額でございます。

 続きまして、歳入事項別明細についての御説明をさせていただきます。6ページをごらんいただきたいと思います。

 6ページ、2、歳入。

 1款後期高齢者医療保険料1項1目後期高齢者医療保険料1億1,530万円、925万1,000円の増。現年度分といたしまして1億1,439万円、滞納繰越分91万円。

 1項合計、1款合計ともに1億1,530万円、925万1,000円の増でございます。

 2款使用料及び手数料1項1目督促手数料3万2,000円、前年同額でございます。

 1項合計、2款合計ともに3万2,000円、前年同額でございます。

 続きまして、7ページでございます。3款繰入金1項1目事務費繰入金867万1,000円、32万3,000円の減です。共通事務繰入金としまして439万4,000円、徴収事務費等繰入金427万7,000円。

 2目保険基盤安定繰入金3,916万9,000円、695万1,000円。保険基盤安定繰入金でございます。

 1項、3款ともに4,784万円、662万8,000円の増でございます。

 4款繰越金1項1目繰越金1,000円、前年同額でございます。前年度繰越金として見ております。

 1項、4款合計ともに1,000円、前年度同額でございます。

 続きまして、8ページでございます。5款諸収入1項1目延滞金5,000円、前年同額でございます。

 2目過料4,000円、前年同額でございます。

 1項合計9,000円、前年同額でございます。

 2項預金利子1目預金利子3,000円、前年同額でございます。項の合計につきましても、同額でございます。

 3項雑入1目雑入1,000円、前年同額でございます。

 3項合計1,000円、前年同額。

 5款合計1万3,000円、前年同額でございます。

 なお、2ページ、3ページ、第1表の歳入歳出予算の歳入歳出、及び、5ページ、歳入歳出予算事項別明細書の、1、総括の歳入歳出につきましては、再計でございますので、説明を省略させていただきます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第4号。

 初山保健福祉課長。



◎保健福祉課長(初山真一郎君) それでは、議案第4号について御説明いたします。

 平成26年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の介護保険サービス事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ381万7,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 私のほうも、事項別明細の歳出のほうから御説明いたしますので、5ページをお開きください。

 3、歳出。

 1款1項基金積立金1目介護保険基金積立金、予算額1,000円、前年度と同額でございます。25節の積立金、介護保険基金積立金でございます。

 1項、1款ともに1,000円、前年度と同額でございます。

 2款諸支出金1項繰出金1目他会計繰出金381万6,000円、前年同額でございます。28節繰出金一般会計繰出金でございます。

 1項、2款ともに381万6,000円、前年度と同額になってございます。

 前ページの歳入のほうをお開きください。

 2、歳入。

 1款サービス収入1項予防給付費収入1目居宅支援サービス計画費収入381万6,000円、前年度と同額でございまして、居宅支援サービス計画費の収入でございます。

 1項、1款ともに381万6,000円、前年度と同額でございます。

 2款財産収入1項財産運用収入1目利子及び配当金1,000円、前年度と同額でございまして、介護保険費でございます。

 1項、2款ともに1,000円、前年度と同額と計上させていただいております。

 なお、2ページ目の第1表、歳入歳出予算、及び、3ページの歳入歳出予算の事項別明細書、1、総括の説明は記載のとおりでございますので、省略させていただきたいと思います。

 以上、よろしく御審議をお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) この際、暫時休憩いたします。

 再開は13時30分の予定です。

     午前11時53分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時30分 再開



○副議長(笠原啓仁君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第1、前回の議事を継続します。

 議案第5号。

 浅上水道課長。



◎水道課長(浅上勲君) それでは、議案第5号について御説明申し上げますので、公共下水道事業特別会計予算の1ページをごらんになっていただきたいと思います。

 議案第5号平成26年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ10億1,997万7,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 債務負担行為。

 第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、第2表、債務負担行為による。

 地方債。

 第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第3表、地方債による。

 一時借入金。

 第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は4億円と定める。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 それでは、まず、歳入歳出予算の事項別明細書の歳出から御説明申し上げますので、12ページをお開きください。

 なお、説明に当たりましては、目の本年度予算額、それから比較増減額、それと細目金額、節の順で説明させていただきます。また、節の関係につきましては、新規追加、そういったものの説明をさせていただきたいと思いますので、御了解いただきたいと思います。

 3、歳出。

 1款公共下水道事業費1項公共下水道事業費1目公共下水道管理費1億5,940万9,000円、1,258万8,000円の増。職員人件費分1,623万3,000円、給料から共済費合わせてでございます。

 下水道分1億4,317万6,000円。13ページでございます。13節委託料1億422万6,000円、こちらにつきましては、中段になりますけれども、終末処理場業務委託料、こちらにつきましては、近年の労務単価がふえておりますので、その辺を追加して、増減で、今回、予算計上をさせていただいております。続きまして14ページ、同じく委託料でございますけれども、2段目ですね、マンホール断熱蓋交換設置業務委託料、こちらにつきましては、ふたの劣化によりまして、マンホールぶたの中に入っております発泡スチロール、これが落下、最終的には閉塞の原因となることに伴いまして、新年度、60カ所程度を予定しております。150万円新規計上でございます。それと下段、企業会計移行業務委託料400万円、こちらにつきましては、平成29年ごろになるかと思いますけれども、今、国のほうで議論しておりますが、公共下水道事業についても水道事業と同じように、法適用の事業というようなことで、今現在、取り進めているようでございます。その前段でございますけれども、資産管理の部分、その辺の整理を今回前倒しして、400万円計上しております。合わせて1億422万6,000円でございます。

 それから、15節工事請負費、脱水機室照明器具工事照明改修工事130万円でございます。こちらにつきましては、脱水機室の照明器具劣化によります取りかえということで、8台ほど更新の予定でおります。

 18節備品購入費、処理場の関係でございますけれども、窒素分析器用CCDリアクター購入、それとインクジェットプリンター購入、合わせまして19万5,000円の新規計上でございます。

 続きまして、15ページ、1項公共下水道事業費2目公共下水道建設改良費4億804万7,000円、3億2,624万8,000円の増でございます。

 まず、補助事業分といたしまして、3億7,400万円、内訳でございますけれども、委託料としまして、終末処理場機械・電気設備更新工事施工監理業務委託料400万円でございます。こちらにつきましては、繰越明許で行っております脱水施設1台目の機械・電気設備の関係と、この後説明申し上げますけれども、2台分、こちらについての監理業務の委託料でございます。15節工事請負費、終末処理場脱水施設、2台目でございますけれども、機械設備更新、それとあわせまして電気設備更新工事、それと中央第3−1雨水管渠新設工事8,000万円、合わせまして3億7,000万円の新規計上でございます。中央第3−1雨水管渠新設工事につきましては、北7条東通道路改良工事に伴う排水処理雨水管渠整備でございます。単独事業分3,404万7,000円。

 16ページをごらんになっていただきたいと思いますけれども、13節委託料でございます。一般国道5号線電線共同溝工事に伴う汚水管渠実施設計業務委託料400万円の新規計上でございます。こちらの関係につきましては、国道5号線電線地中化工事に伴います、支障になる下水道管渠の移設工事、こちらにつきましては、前年度に引き続き、今回、駅前通の交差点から南3条通まで、こちらを予定しております。

 17ページでございます。15節工事請負費、一番上でございますけれども、特定環境保全公共下水道山田枝線汚水管渠新設工事、400万円の計上でございます。こちらにつきましては、スキー場地区の泉郷地区内、こちらのほうに住宅建築の要望がございますので、こちらに関連しての工事でございます。それから下段になりますけれども、特定環境保全公共下水道道道ニセコ高原比羅夫線道路改良工事に伴うマンホール調整工事、80万円の新規計上でございます。こちらにつきましては、ひらふ坂道路改良施工に伴います表面高、基準面の調整に伴う工事でございます。

 以上、1項合計、1款合計ともに、本年度予算額5億6,745万6,000円、3億3,883万6,000円の増でございます。

 続きまして、18ページでございます。2款公債費1項公債費1目元金、償還金・利子及び割引料、償還元金で3億5,568万3,000円の計上でございます。

 2目利子9,642万8,000円、826万7,000円の減でございます。償還金・利子及び割引料、償還利子9,542万8,000円、一時借入金利子100万円、合わせまして9,642万8,000円の計上でございます。

 1項合計、2款合計ともに4億5,211万1,000円、280万7,000円の増でございます。

 続きまして、19ページ。3款諸支出金1項諸費1目還付金31万円、前年度同額でございます。過誤納還付金、国庫返納金合わせまして、31万円の計上でございます。

 1項合計、3款合計ともに31万円、前年度と同額でございます。

 4款予備費1項1目予備費、本年度予算額10万円の計上でございます。前年度と同額でございます。

 続きまして、歳入の説明に移りますので、8ページをお開きください。

 2、歳入。

 1款分担金及び負担金1項分担金1目公共下水道受益者分担金402万8,000円、114万1,000円の減でございます。現年賦課分399万5,000円、滞納繰越分3万3,000円。

 1項合計402万8,000円、114万1,000円の減でございます。

 2項負担金1目公共下水道事業受益者負担金107万2,000円、37万3,000円の減でございます。現年賦課分101万2,000円、滞納繰越分6万円。

 2項合計107万2,000円、37万3,000円の減でございます。

 1款合計510万円、151万4,000円の減でございます。

 続きまして、9ページでございます。2款使用料及び手数料1項使用料1目公共下水道使用料2億1,517万6,000円、1,049万6,000円の増でございます。現年賦課分2億1,448万5,000円、こちらにつきましては、消費税3%転嫁を見越しての計上となっております。滞納繰越分69万1,000円。

 1項合計、2款合計ともに2億1,517万6,000円、1,049万6,000円の増でございます。

 3款国庫支出金1項国庫補助金1目公共下水道事業補助金2億150万円、1億9,500万円の増でございます。内訳としましては、社会資本整備総合交付金でございます。

 1項合計、3款合計ともに2億150万円、1億9,500万円の増でございます。

 続きまして、10ページ。4款繰入金1項繰入金1目一般会計繰入金2億9,317万9,000円、1,896万1,000円の増でございます。

 1項合計、4款合計ともに2億9,317万9,000円、1,896万1,000円の増でございます。

 5款繰越金1項1目繰越金、本年度予算額、前年度同額の1万円でございます。

 1項合計、5款合計ともに1万円の予算計上でございます。

 6款諸収入1項預金利子1目預金利子、前年度同額の1,000円の予算計上でございます。

 続きまして、11ページ、2項雑入1目雑入、本年度予算額、前年度同額の1万1,000円でございます。内訳といたしましては、消費税還付金、雑入ということでございます。

 2項合計1万1,000円、前年度と同額でございます。

 6款合計1万2,000円、こちらも前年度と同額でございます。

 7款町債1項町債1目公共下水道事業債3億500万円、1億1,870万円の増でございます。内訳としましては、公共下水道事業債、事業債分1億7,000万円、資本費平準化債1億3,500万円、合わせまして3億500万円の予算計上でございます。

 1項合計、7款合計ともに3億500万円、1億1,870万円の増でございます。

 続きまして、4ページをお開きになっていただきたいと思います。

 第2表、債務負担行為。

 事項、倶知安町下水終末処理場処理業務委託事業(平成26年度事業)、期間、平成27年度、限度額516万1,000円でございます。

 続きまして、5ページごらんになっていただきたいと思います。

 第3表、地方債。

 起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法の順で説明をさせていただきます。

 まず、公共下水道事業費、1億7,000万円、普通貸借または証券発行、3%以内、ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び銀行その他について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。政府資金については、その融通条件により、銀行その他の場合は、その債権者と協定するものとする。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができる。

 公共下水道事業費資本費平準化、1億3,500万円。以下、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、ただいま説明申し上げたとおりでございます。

 合計限度額3億500万円でございます。

 なお、2ページから3ページ、第1表、歳入歳出予算、歳入歳出、それから、7ページ、歳入歳出予算、事項別明細書、1、総括、歳入歳出につきましては、ただいま説明申し上げました再計でございますので、説明は省略させていただきます。

 また、20ページから27ページの給与費明細書並びに28ページ、債務負担の支出予定額などに関する調書、29ページ、地方債の現在高の見込みに関する調書につきましては、記載のとおりでございますので、説明は省略させていただきます。

 以上で、説明を終わらせていただきます。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第6号。

 福家商工観光課長。



◎商工観光課長(福家直人君) それでは、議案第6号を御説明をさせていただきます。

 議案第6号平成26年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算。

 平成26年度虻田郡倶知安町の地方卸売市場事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ617万円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 それでは、事項別明細書の歳出から御説明させていただきますので、5ページをお開きください。

 3、歳出。

 1款市場事業費1項1目市場事業費617万円、対前年13万5,000円の増でございます。内容といたしましては、1節報酬、市場運営委員会報酬3回分を見込んでの10万8,000円、以下、共済費、旅費、交際費、それぞれ所要の金額、例年同様の想定の金額で計上してございます。

 11節需用費、消耗品のほか、修繕料といたしまして、事務所の西側外壁改修等を見込んで計上してございます。需用費合計240万5,000円。

 12節、手数料及び保険料にて32万2,000円計上してございます。

 続いて、6ページをごらんください。13節市場駐車場ほかの除雪委託料ほか、所要の保安管理に係る委託ということで、282万円を計上してございます。

 14節につきましては、会社所有の倉庫の借り上げ料ということで40万円の計上でございます。

 19節、市場協会負担金ほかで4万円の計上となってございます。

 1項合計、1款合計ともに617万円、13万5,000円の増となってございます。

 続いて、歳入を御説明を申し上げます。4ページをごらんください。

 2、歳入。

 1款使用料1項1目使用料616万円、13万5,000円の増となってございます。市場使用料におきまして、売上高割使用料456万2,000円、面積割使用料159万8,000円、合わせまして616万円の計上でございます。

 1項合計、1款合計ともに616万円、13万5,000円の増となっております。

 2款繰越金1項1目繰越金1万円、前年同額の計上でございます。前年度繰越金の計上でございます。

 1項合計、2款合計ともに1万円、前年同額の計上でございます。

 なお、2ページ、第1表、歳入歳出予算の歳入歳出、及び、3ページ、事項別明細書の1、総括につきましては、ただいまの再計となりますので、省略をさせていただきます。

 また、7ページ、給与明細につきましては、説明を省略させていただきます。

 よろしく御審議のほど、お願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第7号。

 浅上水道課長。



◎水道課長(浅上勲君) それでは、議案第7号の説明を申し上げますので、水道事業会計予算書の1ページをお開きになっていただきたいと思います。

 議案第7号平成26年度倶知安町水道事業会計予算。

 総則。

 第1条、平成26年度倶知安町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 業務の予定量。

 第2条、業務の予定量は、次のとおりとする。

 第1号、給水戸数、上水道7,697戸。

 第2号、年間給水量、上水道212万7,298立方メートル。

 第3号、1日平均給水量、上水道5,828立方メートル。

 第4号、主な建設改良事業、配水管布設替工事ほか、メータ器更新事業でございます。

 続きまして、2ページでございます。

 収益的収入及び支出。

 第3条、収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

 第1款水道事業収益2億9,804万7,000円、第1項営業収益2億8,441万5,000円、第2項営業外収益1,362万9,000円、第3項特別利益3,000円。

 支出でございますけれども、第1款水道事業費用2億8,711万4,000円、第1項営業費用2億4,724万円、第2項営業外費用3,966万6,000円、第3項特別損失8,000円、第4項予備費20万円。

 資本的収入及び支出。

 第4条、資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億6,123万8,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額868万3,000円、当年度分損益勘定留保資金1億2,367万円、減債積立金2,000万円及び建設改良積立金888万5,000円で補填するものとする。)

 収入。

 第1款資本的収入2,338万3,000円、第1項工事負担金180万円、第2項他会計負担金2,158万2,000円、第3項固定資産売却代金1,000円。

 支出でございます。

 第1款資本的支出1億8,462万1,000円、第1項建設改良費1億1,725万8,000円、第2項企業債償還金6,736万3,000円。

 一時借入金。

 第5条、一時借入金の限度額は1億円と定める。

 議会の議決を経なければ流用することができない経費。

 第6条、次に掲げる経費については、これらの経費の金額をこれら以外の経費の金額に流用し、または、これら以外の経費をこれらの経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 第1号、職員給与費5,059万5,000円。第2号、交際費6万円。

 たな卸資産購入限度額。

 第7条、たな卸資産の購入限度額は179万4,000円と定める。

 平成26年3月3日提出、北海道虻田郡倶知安町長。

 支出から説明申し上げますので、28ページお開きになっていただきたいと思います。なお、今回の予算につきましては、まず、水道事業の統合に伴いまして、従来、簡易水道、それから専用水道、それぞれ区分しておりましたけれども、今回から区分の表記を一本化させていただいております。また、平成26年度の予算、決算から、会計規定の見直しに伴いまして新会計基準を適用しておりますので、勘定区分がふえている箇所もございますので御了解をいただきたいと思います。

 それでは、28ページ、収益的支出明細書でございます。

 1款水道事業費用、本年度予定額2億8,711万4,000円、1,330万7,000円の減でございます。

 1項営業費用2億4,724万円、1,151万6,000円の減でございます。

 1目原水及び浄水費1,733万2,000円、515万1,000円の増でございます。備消耗品費から公課費にかけて、合計で1,733万2,000円の予算計上でございます。修繕費なのですけれども、こちらについては、それぞれ新規計上でございますけれども、各施設の配管改修、それから防水改修、防水修繕、そういったもので260万7,000円の予算計上をさせていただいております。

 2目配水及び給水費3,199万7,000円、1,476万9,000円の増でございます。こちら、29ページでございますけれども、中段以降、修繕費でございますけれども、こちらにつきましても、非常用発電設備点検整備、こちらは、ひらふ増圧ポンプ場の関係でございますけれども、45万4,000円の新規計上をさせていただいております。それから、下段でございますけれども、低区配水池建具改修、こちらにつきましても、新規で468万8,000円の計上をさせていただいております。

 続きまして、30ページでございます。

 3目総係費、本年度予定額7,416万2,000円、2,091万3,000円の減でございます。こちらにつきましては、給料、手当、報酬、法定福利費、賃金、次ページに行っていただきまして31ページ、こちらは昨年とほぼ同様の内容でございます。

 32ページに行っていただきまして、中段でございますけれども、4目、それから5目、こちらの簡易水道維持管理費、それと専用水道維持管理費、こちらにつきましては廃目とさせていただいております。

 続きまして、6目職員厚生費でございます。今年度予定額8万円、2,000円の増でございます。委託料でございまして、職員福利厚生事業委託料、それから細菌検査委託料でございます。

 7目減価償却費、本年度予定額1億795万4,000円、500万4,000円の増でございます。減価償却に要する費用といたしまして、上水道、旧簡水、旧専用水道、それぞれ1億795万4,000円の予算計上でございます。続きまして、33ページ、水利権27万6,000円、合わせまして1億795万4,000円の予算計上でございます。

 8目資産減耗費、本年度予定額1,571万5,000円、372万7,000円の増でございます。固定資産除却に関する費用といたしまして、上水道1,446万1,000円、旧簡易水道125万4,000円、合わせまして1,571万5,000円の予算計上でございます。

 2項営業外費用、本年度予定額3,966万6,000円、179万3,000円の減でございます。

 1目支払利息、本年度予定額3,306万6,000円、325万8,000円の減でございます。企業債利息といたしまして、上水道1,062万9,000円、旧簡易水道2,243万7,000円、合わせまして3,306万6,000円の予算計上でございます。

 2目消費税及び地方消費税、本年度予定額650万円、146万5,000円の増でございます。

 3目雑支出金、過誤納還付金でございますけれども、前年度同額の10万円の予算計上でございます。

 3項特別損失、本年度予定額8,000円、2,000円の増でございます。

 1目固定資産売却損、2目過年度損益修正損6,000円、3目その他特別損失1,000円のそれぞれの予算計上でございます。

 4項予備費、本年度予定額20万円、1目同額の20万円でございます。

 続きまして、収入の説明を申し上げますので、26ページをごらんになっていただきたいと思います。

 収益的収入明細書でございます。

 1款水道事業収益、本年度予定額2億9,804万7,000円、1,053万4,000円の増でございます。

 1項営業収益、本年度予定額2億8,441万5,000円、1,007万2,000円の増でございます。

 1目給水収益2億5,832万9,000円、504万6,000円の増でございます。水道料金といたしまして、それぞれ内訳書いてございますけれども、消費税3%転嫁させていただいての計上でございまして、2億5,832万9,000円の予算計上でございます。

 2目その他の営業収益2,608万6,000円、502万6,000円の予算計上でございます。手数料といたしまして103万5,000円、委託料1,209万2,000円、水道利用加入金1,252万円、雑収入43万9,000円でございます。

 続きまして、2項営業外収益、本年度予定額1,362万9,000円、45万9,000円の増でございます。

 1目受取利息、本年度予定額、前年と同額の5万円でございます。

 2目他会計負担金1,009万7,000円、106万9,000円の減でございます。こちらにつきましては、一般会計からの負担金ということでございます。

 3目長期前受金戻入、本年度予定額340万9,000円、こちらにつきましては、新規の計上でございます。

 4目消費税及び地方消費税還付金1,000円、188万2,000円の減でございます。

 5目雑収益、本年度予定額7万2,000円、1,000円の増でございます。比羅夫取水ポンプ設備に関する維持管理費及び不納欠損分消費税ほか、合わせまして7万2000円の計上でございます。

 3項特別利益、本年度予定額3,000円の増でございます。こちらにつきましても、それぞれ1項1目固定資産売却費2目過年度損益修正益、3目その他特別利益、新規計上でございます。

 続きまして、35ページをお開きになっていただきたいと思います。

 資本的支出の明細書でございますけれども、1款資本的支出、本年度予定額1億8,462万1,000円、1,910万4,000円の減でございます。

 1項建設改良費1億1,725万8,000円、2,225万2,000円の減。

 1目配水設備拡張費8,074万9,000円、2,348万9,000円の減でございます。工事請負費でございますけれども、今回、7,500万円、新規に計上させていただいております。

 内訳でございますけれども、まず、一般国道393号線防雪柵設置工事に伴う、これは通称寺坂になりますけれども、上がったところの場所になりますけれども、配水管布設がえ工事でございます。

 それと、町道北7条東通道路改良工事に伴う配水管布設替工事、これはちょうどセレモニーホールさとうさんのあたりだと思いますけれども、予算計上させていただいております。

 それと、3、老朽配水管布設工事(1工区)でございますけれども、こちらは都通の最終年ということで予定しております。

 それから、四つ目といたしまして、老朽配水管布設替工事(2工区)でございますけれども、こちらにつきましては、富士見の南2線石綿管の更新工事でございます。

 それから五つ目でございますけれども、北8線橋添架水道管吊り金具外改修工事でございます。

 それから、比羅夫調整池塩水ポンプ他更新工事といたしまして、塩水ポンプ2台、自動軟水装置1台の更新工事を予定しております。

 冷水川ポンプ場No.1送水ポンプ更新工事、多段渦巻きポンプ1台の更新を予定しております。

 それから、高砂取水流量計更新工事でございますけれども、こちらは水源地でございますが、超音波流量計1台の更新を予定しております。

 それと、例年設けておりますけれども、配水管布設工事ということで、随時対応していきたいと思います。

 続きまして、2目メータ費、本年度予定額367万4,000円、90万7,000円の増でございます。メータ器新設、それからメーターボックス新設ということで、それぞれ367万4,000円の計上でございます。

 3目メータ改良費3,283万5,000円、33万円の増でございます。メータ器更新、それからメータボックス更新いたしまして、合わせまして3,283万5,000円の予算計上でございます。

 2項企業債償還金6,736万3,000円、314万8,000円の増でございます。

 1目企業債償還金6,736万3,000円、314万8,000円の増でございます。こちらにつきましては、上水道、それから旧簡易水道分の企業債償還金でございます。

 続きまして、34ページ、資本的収入明細書の説明をさせていただきます。

 1款資本的収入、本年度予定額2,338万3,000円、498万2,000円の減でございます。

 1項工事負担金1目工事負担金、本年度予定額180万円、600万円の減でございます。こちらにつきましては、町道北7条東通道路改良工事に伴います水道補償費分ということで、180万円の予算計上をさせていただいております。

 2項他会計負担金2,158万2,000円、101万7,000円の増でございます。

 同じく1目他会計負担金2,158万2,000円、一般会計負担金ということで、統合前の簡易水道の建設改良分2,158万2,000円でございます。

 3項固定資産売却代金1目固定資産売却代金1,000円の新規計上でございます。

 それで、大変申しわけないのですけれども、32ページお開きになっていただきたいと思います。大変申しわけないのですけれども、4目簡易水道維持管理費、それから5目専用水道維持管理費、それぞれ廃目扱いにしております。以下、目でございますけれども、順次、職員厚生費を4目、それから、以下、減価償却費を5目、それと33ページへ行っていただきまして、資産減耗費、これを6目に改めていただきたいと思います。大変申しわけなく思います。

 戻ります。なお、4ページから6ページ、こちらの予算実施計画の収益的収入及び支出、それから資本的収入及び支出、それと7ページの資金計画、それと8ページから14ページの給与費明細書は記載のとおりでございますので、説明は省略させていただきます。

 また、15ページから25ページの予定貸借対照表、予定損益計算書につきましても記載のとおりとなっておりますので、説明は省略させていただきます。

 以上、よろしくお願いします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第8号、議案第9号及び第10号。

 中谷総務部長。



◎総務部長(中谷慎一君) それでは、議案第8号について御説明を申し上げます。

 倶知安町財政健全化基金の費消について。

 平成26年度において、倶知安町財政健全化基金を次のとおり費消するため、議会の議決を求める。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 1といたしまして、費消金額、3億円以内。費消目的、公共下水道事業、除排雪業務委託事業、国民健康保険事業、救急医療等体制整備事業に充てるため。

 続きまして、議案第9号でございます。

 倶知安町公共施設整備基金の費消について。

 平成26年度において、倶知安町公共施設整備基金を次のとおり費消するため、議会の議決を求める。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、費消金額、1,000万円以内。費消目的、旭ケ丘総合公園水遊び広場改修事業に充てるため。

 続きまして、議案第10号でございます。

 倶知安町教育振興基金の費消について。

 平成26年度において、倶知安町教育振興基金を次のとおり費消するため、議会の議決を求める。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、費消金額、40万円以内。費消目的、小学校教育用パソコン更新事業に充てるため。

 以上でございます。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第15号、議案第16号及び第17号。

 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、議案第15号を御説明申し上げます。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 改正内容につきましては、2ページの新旧対照表をごらんになっていただきたいと思います。

 附則第10項中下線部分、平成26年3月31日を平成27年3月31日に改めるものでございます。

 また、附則に次の1項を加えるものです。

 12項といたしまして、期末手当の額は、平成26年度に限り、期末手当基礎額について第2条第4項の規定中「に100分の15を乗じて得た額を加算した額」を削り、算出した額とするというものでございます。

 なお、今回の改正の趣旨につきましては、1ページ下段に書いてございます。ちょっと説明が前後いたしましたが、こちらのほうをごらんになっていただきたいと思います。

 改正理由といたしましては、倶知安町特別職職員報酬等審議会の答申に基づきまして、平成26年度における町長及び副町長の給与に関して、次のとおり所要の改正を行うものとなっております。

 ポイントといたしましては、2点ございます。まず、1点につきましては、平成25年度に引き続いて、給料月額について、町長については3万5,000円、副町長については3万円を減ずるというものでございます。

 また、2点目といたしまして、期末手当の額は、給料月額に15%乗じて得た額を加算しないで算出した期末手当基礎額をもとに算出した額とするという内容のものでございます。

 附則に返っていただきまして、この条例は平成26年4月1日から施行するというものでございます。

 続きまして、議案第16号です。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きください。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 改正理由につきましては、下段の説明のところをごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町特別職職員報酬等審議会の答申に基づき、平成26年度における教育長の給与に関し次のとおりとするため、所要の改正を行うものであります。

 1点目といたしまして、平成25年度に引き続き、給料月額を2万7,500円を減ずるものであります。

 2点目として、期末手当の額は、期末手当基礎額について給料月額に15%を乗じて得た額を加算しないで算出した基礎額をもとに算出した額とするという内容のものであります。

 中身は、新旧対照表2ページをごらんになっていただきたいと思いますが、平成26年3月31日とあるのを平成27年3月31日に改めるものであります。

 また、附則に11項として1項を加えるものであります。期末手当の額は、平成26年度に限り、期末手当基礎額について第3条第3項の規定中「に給料の月額に100分の15を乗じて得た額を加算した額」を削り、算出した額とするとするものでございます。

 前ページに戻っていただきまして、附則といたしまして、この条例は平成26年4月1日から施行する。

 以上でございます。

 続きまして、議案第17号について御説明申し上げます。

 倶知安町職員給与条例の一部改正について。

 倶知安町職員給与条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町職員給与条例の一部を改正する条例。

 倶知安町職員給与条例の一部を次のように改正する。

 改正理由につきましては、2ページの説明をごらんになっていただきたいと思います。

 次の理由により所要の改正を行うものです。3点あります。

 1点目といたしましては、人事院勧告に基づき、50歳代後半層における給与水準の上昇を抑制するために、55歳を超える職員について標準の勤務成績における昇級を停止し、特に勤務成績が優秀である場合のみ規則で定める基準により昇給させるというポイントが一つ。

 もう1点につきましては、本町の厳しい財政状況に鑑みまして、人件費の削減措置として平成26年度中における職員の給料の月額を減ずる。

 3点目といたしまして、平成26年4月1日において、45歳未満の職員を対象に給与構造改革実施のために抑制されてきた昇給を1号俸回復する内容であります。

 改正の中身につきましては、3ページの新旧対照表をごらんになっていただきたいと思います。

 初めに、条例第4条の第6項を次のように改めるものであります。6項といたしまして、「55歳を超える職員の第4項の規定による昇給は、同項に規定する期間におけるその者の勤務成績が特に良好である場合に限り行うものとし、昇給させる場合の昇給の号俸数は、勤務成績に応じて規則で定める基準に従い決定するものであるという内容に改めるものであります。これにつきましては、人事院勧告による改正がございまして、55歳を超える職員につきましては、標準の勤務成績では昇給しないこととするという内容が、こちらの規定により取り扱うものとなってございます。

 次に、附則第13項の次に14項と15項、この2項を加えるものであります。

 初めに、14項といたしましては、平成26年4月1日から27年3月31日の間における第3条第2項に定める職員に対する給料月額は、同条第1項及び第4条第10項の規定にかかわらず、これらの規定による給料月額からその給料月額に次の表に掲げる職員及び職務の級の区分に応じ、同表の減額率の欄に定める割合を乗じて得た額を減じた額とする。表といたしまして、職員及び職務の級、3級については減額率100分の1、4級、5級につきましては、100分の2、6級については100分の3、これは、職員の給料月額につきましては、それぞれ、3級については1%、4級、5級の職員については2%、6級の職員については3%減額して、給料月額を支給するという取り扱いの内容となっております。

 また、15項の追加部分、再任用短時間職員、休職者及び附則第8項の規定の適用を受ける職員の給料月額並びに給料月額をもとに算出する各手当(期末手当及び勤勉手当を除く。)及び勤務1時間当たりの給与の額は、前項の規定による減額された給料月額をもとにした額とするという項を加えるものであります。この内容につきましては、給料月額をもとに算出する各手当、例えば超過勤務手当等の基礎額については、あくまでも上段の表に示された減額された給料月額をもとに算出した額のものを使用するというような内容となってございます。

 改正内容は、以上であります。

 附則に返っていただきまして、附則として施行期日、1、この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 第2項としまして、平成26年4月1日における号俸の調整。平成26年4月1日において45歳に満たない職員、括弧は省略します、のうち、当該職員の平成19年1月1日、20年1月1日及び平成21年1月1日の昇給その他の号俸の決定の状況を考慮して、調整の必要があるものとして町長の定める職員の平成26年4月1日における号俸は、この項の規定の適用がないものとした場合に、同日に受けることとなる号俸の1号俸上位の号俸とするという規定内容になりますが、この内容につきましては、かつて、平成18年に給与表の改定があったときに、それに伴いまして、平成19年から平成22年1月1日の昇給時に、昇給の抑制された職員が人勧の取り扱いによりあったところでございますが、この昇給の抑制の回復につきましては、平成23年4月1日から順次回復をしてきているところでございますけれども、この26年4月1日におきましても、引き続き昇給抑制の回復の一つとして、45歳に満たない職員の回復を1号俸図るという取り扱いの中身となってございます。

 議案第17号につきましては、以上でございます。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第18号。

 浅野総合体育館長。



◎総合体育館長(浅野容一君) それでは、議案第18号について御説明いたします。

 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部改正について。

 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 それでは、裏面の1ページ目をごらんください。

 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部を改正する条例。

 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例の一部を次のように改正する。

 まず、下段の説明でございます。

 次の理由により、所要の改正をするものである。

 一つとして、本町におけるパークゴルフの愛好者をふやし、パークゴルフ競技の振興を図るため、町民の大人に限り使用料を減額し、シーズン券を発行する。

 二つ目として、規定の整備を図る。

 それでは、新旧対照表で御説明いたしますので、3ページ目をごらんください。

 倶知安町旭ケ丘公園パークゴルフ場管理運営条例新旧対照表。

 これの右側の現行でございます。目的の第1条、3行目の終わりから4行目にかけてでございます。

 倶知安町都市公園条例、この括弧の中でございますが、「(昭和55年倶知安町条例第5号)」となってございます。これを、改正案では平成24年倶知安町条例第29号に改めるものでございます。

 下段に行きまして、現行の別表でございます。1回券、大人の1回券、12回券、500円及び5,000円になってございます。これにつきまして、大人の券をア、イというふうに分けまして、アとしまして一般、これにつきましては500円、5,000円、変わりありません。イとしまして、このアのうち、倶知安町に住所を有する者、金額的には400円でございます。それと、大人のうち、シーズン券としてイの下段でございますが、1万8,000円、シーズン券を導入するものでございます。

 一番下の用具貸出料、これを、単に現行では200円となってございます。これを、1日200円に修正するものでございます。

 摘要でございます。1回券の部分でございますが、当日に限り通用ということでございます。

 それと、現行の下段、「(使用料には消費税及び地方消費税相当額が含まれる)」となってございます。これを改正案で備考1としまして、使用料には、消費税及び地方消費税相当額が含まれる、二つ目として、倶知安町に住所を有する者とは、倶知安町の住民基本台帳に記録のある者をいうということでございます。

 それでは、1ページ目にお戻りください。

 附則として、この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 以上でございます。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第21号。

 福家商工観光課長。



◎商工観光課長(福家直人君) それでは、議案第21号を御説明をさせていただきます。

 議案第21号サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例の全部改正について。

 サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例の全部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 まず、1ページ目をごらんください。

 サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例。

 サン・スポーツランドくっちゃん設置管理条例の全部を改正する。

 続いて、3ページ目をお開きください。3ページ目下段に、この条例の全部改正の理由趣旨を記載してございます。

 次の利用により条例の全部を改正するものでございます。

 まず一つ目といたしまして、施設の状況及び利用の実態に鑑み、従来の指定管理者による管理から町長の管理に改めるものでございます。

 二つ目といたしまして、本町を訪れる観光客に対しても野外スポーツ活動の機会を提供し、施設の利用の促進と本町の観光振興を図るものでございます。

 また、三つ目といたしまして、この施設のうち多目的広場、ミーティングルームにつきましての使用は無料とするということでございます。

 それでは、全部改正の内容につきまして、新旧対照表に基づきまして御説明いたします。

 4ページをごらんください。

 左のほう、改正案でございますけれども、まず、こちらの件名、タイトルのところの末尾のほう、括弧欄、現行の「(平成14年倶知安町条例第26号)」につきまして、改正におきましては、「(平成16年倶知安町条例第16号)」に改めるものでございます。

 続いて、第1条の件名でございますけれども、右の現行、趣旨といった記載を、左改正案につきましては、設置及び目的に改正するものでございます。

 それから、第1条の文言におきまして、1行目のところ、町民の以後に、改正におきましては「及び本町を訪れる観光客」を加えまして、現行の2行目のところでございますけれども、「により福祉の増進を図ること」、これを削除いたします。

 それから、第1条の一番下の行のところでございますけれど、現行の「管理」という文言につきまして、改正案におきまして「管理運営」に改めるものでございます。

 第2条につきましては、現行の記載で、号の番号の表示がございますけれども、これを削除するものでございます。

 第3条におきましては、現行のほうで、第3条及び第4条、指定管理に係る管理ということでの規定がございますけれども、これを削除いたしまして、左の改正案におきまして、第3条、施設の範囲ということでの規定でございます。第3条、スポーツランドの施設の範囲は、次のとおりとするということで、(1)の管理棟から(5)その他附帯施設までを列記してございます。

 改正案のほうで、第4条におきまして、職員の設置について記載してございます。第4条、スポーツランドに、施設長その他必要な職員を置くということでの規定でございます。

 次のページをごらんいただきたいと思います。

 左の改正案のほうにおきまして、第5条及び第6条にわたりまして、使用の許可、それから使用の制限ということでの規定でございますけれども、こちら、対比におきまして右のほう、現行におきまして、第7条で利用の許可、それと第8条利用の制限という記載でございます。これらの「利用」といった表示から「使用」といった表示でございますけれども、こちらは管理が指定管理者から町長に変わるということに伴いましての、この表示の変更ということでございます。

 なお、ここの現行及び改正案の条文の中におきましては、指定管理者から町長に管理が変わるということでの所要の文言の改正がございます。

 それから、左側の改正案の第7条におきましては、他人への譲渡等の禁止という文言の規定をしてございます。第7条、使用者はスポーツランドの使用の権利を他人に譲渡し、またはその全部もしくは一部を転貸してはならないといったことに改めてございます。

 それから、改正案の第8条におきましては、特別設備等の許可についての規定をしてございます。

 それから、6ページ目にわたりますが、改正案の第9条、第10条、第11条におきまして、使用料に関しまして、第9条につきましては使用料の設定の考え方、それから第10条、使用料の減免、第11条にわたりまして、使用料の還付といった内容につきまして規定をしてございます。

 なお、この利用料、使用料に関しましての現行の規定につきましては、右の欄の13条以降に記載されているものを、改正案におきましては、9条、10条、11条にまとめて移しているという状況でございます。

 それから、左の改正案の12条につきましては、原状回復の義務について、所要の文言改正をしながらうたってございます。

 それから、改正案の13条、破損等に対する責任ということで、こちらも文言改正に伴いましての規定をしてございます。

 次の7ページをごらんいただきたいと思います。

 改正案の14条におきまして、委任ということで、この条例の施行について必要な事項は規則で定めるというふうにうたってございます。

 次に、別表でございますけれども、先ほど今回の改正の趣旨ということでの御説明をさせていただきましたけれども、基本的に、各施設の利用につきまして、利用料をいただく部分につきましては現行の金額を設定してございますけれども、この別表、全部改正ということで下線の表示はございませんが、下段のほう、テニスのボールの使用、あるいは多目的広場、ミーティングルームの使用に係りましては無料ということでの改正ということでございます。

 ページを戻っていただきまして、2ページをごらんいただきたいと思います。

 附則でございます。

 この条例は、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第22号。

 浅上水道課長。



◎水道課長(浅上勲君) それでは、議案第22号について御説明申し上げます。

 議案第22号倶知安町下水道条例の一部改正について。

 倶知安町下水道条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんいただきたいと思います。1ページでございます。

 倶知安町下水道条例の一部を改正する条例。

 倶知安町下水道条例の一部を次のように改正する。

 2ページの上段の説明をごらんになっていただきたいと思います。

 まず、今回、3点改正の理由がございますけれども、まず一つ目といたしましては、社会保障の安定財源の確保などを図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正するなどの法律及び社会保障の安定財源の確保などを図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律の規定による消費税及び地方消費税の税率の引き上げ3%分を現行の下水道使用料に転嫁すること。

 それから二つ目、下水道使用者が下水道に水道水以外の水を排除することとなった場合など、使用の態様の変更の届け出に関し、必要な規定を設けること。こちらにつきましては、近年、本州などにおきまして、温泉施設スーパー銭湯、そういったところで、水道水以外の水、温泉水とか井戸水などでございますけれども、これらを計測メーターを経由しないで、バイパス管を施工し、下水道管の排水量を実際より少なく見せかけるというような方法で、下水道使用料を過少に支払うというような事例が見受けられているようです。それに伴いまして、不正未払いに対応するべく、今回、規定の整備をさせていただいております。

 それから、三つ目といたしまして、公共下水道の敷地などの占用料に関する規定を整備すること。こちらにつきましては、条例の中で、倶知安町道路占用料徴収条例、これを準用している規定がございますけれども、こちらも税務改正されていることから、それの整理を今回させていただきました。内容につきましては、3ページからの新旧対照表のほうで御説明を申し上げたいと思います。

 まず、第21条の後に第21条の2ということで、こちらなのですけれども「様態」となっておりますけれども、逆でございます、「態様」に改めていただきたいと思います。大変申しわけございません。使用の態様の変更の届け出といたしまして、第21条の2、使用者は、水道水の排除に加えて水道水以外の水を排除することとなったとき、及び水道水以外の水を使用するための設備に変更があったときは、規則で定めるところにより遅滞なくその旨を町長に届け出なければならない。

 それから、第29条第3項を、「徴収方法、減免などについて」、その部分を「徴収方法等については」に改めます。それから、以下、「倶知安町道路占用料徴収条例(昭和31年条例第2号)第2条から第8条までの規定を準用する」この部分を「倶知安町道路占用料徴収条例(平成17年倶知安町条例第27号)第2条から第6条までの規定の例による」というような内容に改めさせていただきます。

 それから、罰則の関係でございますけれども、第32条の第8号、こちらにつきまして、「第6条第1項、第11条、第27条又は第29条第1項の規定による申請書又は書類、第6条第2項の前段、第17条第1項の前段、第18条第1項若しくは第2項又は第19条の規定による届出書又は第26条の規定による資料で不実の記載のあるものを提出した申請者又は資料の提出者」、こちらを「第6条第1項、第11条、第27条又は第29条の規定による申請書又は書類、第6条第2項本文、第17条第1項本文、第18条第1項若しくは第2項、第19条又は第21条の2の規定による届出書又は第26条の規定による資料で不実の記載のあるものを提出した申請者、届出者又は資料の提出者」に改めます。

 4ページでございますけれども、別表でございます。こちらの別表の下水道使用料でございますけれども、基本料金、一般用でございますけれども、1カ月につき基本水量、汚水排除量6トンまで、これを現行972円、こちらを1,002円、それから、超過料金汚水排除量6トンを超える部分を1トンにつき162円、こちらを167円。同じく、浴場用でございますけれども、現行、汚水排除量100トンまで3,100円、こちらを3,200円、それから、汚水排除量100トンを超える部分は1トンにつき、現行31円、こちらを32円に改めるものでございます。

 1ページに戻っていただきまして、附則でございますけれども、施行期日、第1項、この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 経過措置といたしまして、第2項、この条例による改正後の倶知安町下水道条例第21条第1項の規定は、平成26年5月メーター検針分(6月徴収分)から適用し、同年4月までのメーター検針分の料金については、なお従前の例によるものでございます。

 以上で、説明を終わります。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第23号。

 西江建設課長。



◎建設課長(西江栄二君) それでは、議案第23号について御説明いたします。

 議案第23号倶知安町営住宅管理条例の一部改正について。

 倶知安町営住宅管理条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きください。

 倶知安町営住宅管理条例の一部を改正する条例。

 倶知安町営住宅管理条例(平成9年倶知安町条例第7号)の一部を次のように改正する。

 説明欄で2ページをお開き願います。

 次の理由により所要の改正をするものである。

 ?としまして、世帯規模と住宅規模の整合性を確保するため、間取りの大きい住宅の単身の入居者に対して住みかえの要請をし、かつ、住みかえを実施することに関し必要な事項を定める。これにつきましては、昨年、江別市の単身世帯のミスマッチによる取り組みの報道を受けまして、昨年6月の定例議会でも佐名木議員から一般質問、さらには、その後、経済建設常任委員会においても、単身世帯の住みかえ推進が求められておりましたので、この間検討し、今回、条例整備をすることにしました。

 町営住宅の当初入居時には、住戸規模に見合った世帯でしたが、子どもの独立や配偶者の死亡等で世帯規模が縮小し、単身化することにより、世帯規模と住戸規模のミスマッチが生じ、現在、3LDKに14世帯、それから、3DK7世帯が単身世帯として入居している状況にあります。子育て向けの住居供給をする上でも、また、町営住宅を効率よく有効活用していくためにも、今回改正するものであります。

 ?に、小学校就学前の子がいる世帯の入居要件が優遇されていたが、この優遇を義務教育を終了する日までの間にある子がいる世帯に引き上げる。これにつきましては、収入超過者が公営住宅に引き続き3年以上入居していて、収入超過者となる基準を超える者は、公営住宅の明け渡しを努力する義務があり、さらに2009年度の法改正によって、入居者の家賃に割増家賃、いわゆる近傍同種の家賃と本来の家賃の差額に割り増しをかけて加算することになっておりましたが、これにつきましては、5年間の経過措置によって、従前の収入超過者となった年数にかかわらず、同率で家賃を決定いたしました。今回の経過措置がなくなることにより、大幅に家賃が高くなるため、子育て世帯の配慮として、義務教育が終了するまで優遇措置をとることにしました。該当する世帯は3世帯ほどいて、現在、家賃は二、三万円程度が七、八万円程度にはね上がるという状況もありますので、そのことを踏まえて、今回改正するものです。

 それでは、改正案について新旧対照表で御説明したいと思います。3ページ目をお開きください。

 36条に、次の1条を加えます。住みかえの要請。第36条の2、町長は、世帯規模と住宅規模の整合性を確保するため、規則で定める入居者に対し、現に入居している町営住宅から同一団地内の2DKまたは2LDKの間取りの町営住宅へ移転すること(以下「住みかえ」という)を要請することができる。ただし、次の各号のいずれかに該当する入居者には、住みかえを要請することはできない。

 1号、第27条第1項の規定により、収入超過者と認定された入居者または同条第2項の規定により高額所得者と認定された入居者。

 2号、第40条第1項各号のいずれかに該当し、町営住宅の明け渡しを請求することができる入居者。

 2項、住みかえの対象の町営住宅に入居するときの手続は、第11条(第1項第2号を除く)の規定の例による。

 3項、住みかえ後の町営住宅の家賃については、第17条の規定の例による。

 4項、町長は、住みかえ後の町営住宅の敷金について、第18条の規定にかかわらず、住みかえ前の町営住宅の敷金をもってこれを充当する。この場合において、住みかえ前の町営住宅の敷金の額が住みかえ後の町営住宅の敷金の額を超えるときは、その超える額は還付し、住みかえ後の町営住宅の敷金の額に満たないときはその不足額は徴収しない。

 5項、町長は、住みかえを行った入居者に対し、第39条の規定による明け渡しの検査に合格したときは、規則で定める移転料算定基準により算定した移転料(算定した移転料の額は17万1,000円を超えるときは17万1,000円とする)を支払わなければならない。

 6項、町長は、住みかえを行った入居者に対し、第20条第1号の規定する住みかえ前の町営住宅の入居者の費用負担義務の一部または全部を免除することができる。

 別表中、3、小学校就学前の子がいる世帯を、3、義務教育を終了する日までの間にある子がいる世帯に改める。

 戻りまして、1ページ、附則。

 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 なお、36条の2の、規則で定めるというところがあるのですが、この条例が制定から規則で定めるのですが、3LDK、3DKの住宅につきましてはから、2DKに受ける同じ団地内で移動をできる団地につきましては五つということで、それを規則で定めてございます。できる団地につきましては、ノースパークタウン、望羊団地、ひまわり団地、白樺団地、しらゆき団地、この五つが可能であるということで、その団地の五つを住みかえできるという形で、規則で規定することにしています。

 以上であります。よろしく御審議のほど、お願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 議案第24号及び第25号。

 浅上水道課長。



◎水道課長(浅上勲君) それでは、議案第24号について御説明申し上げます。

 議案第24号倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部改正について。

 倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部を改正する条例。

 倶知安町水道事業剰余金の処分等に関する条例の一部を次のように改正する。

 下段の説明でございますけれども、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、地方公営企業法及び地方公営企業法施行令が改められ、組入資本金制度・みなし償却制度が廃止されたことに伴い、今回、所要の改正を行うものでございます。

 内容につきましては、2ページの新旧対照表で御説明を申し上げたいと思います。

 まず、第2条中に第8項を追加いたします。内容といたしましては、減債積立金を使用して企業債(建設改良費の財源として借り入れたものに限る)を償還した場合及び建設改良積立金を使用して建設または改良を行った場合においては、その使用した減債積立金及び建設改良積立金の額に相当する金額を自己資本金に組み入れるものとする。こちらのほうが、先ほど説明いたしました組入資本金制度の関係でございますけれども、法律に基づきまして、従来、法律上規定されておりましたものが、今回、法改正に伴いまして廃止となりました。同様の内容を、今回、条例で規定するものでございます。

 続きまして、第3条中でございますけれども、資本剰余金の処分、こちら中段でございますが、平成16年倶知安町水道事業規定第4号、こちらを平成26年倶知安町水道事業規程第3号に改めるものでございます。

 また、資本剰余金の取り崩しといたしまして第4条がございますけれども、こちらにつきましては、先ほど説明の、みなし償却制度の廃止の関係でございます。平成26年4月1日以降、みなし償却制度が廃止になりますので、直接補填する必要性もなくなるということから、今回、この条文を削除させていただきます。

 続きまして、欠損の処理でございますけれども、第5条、中段下でございますけれども、資本剰余金の次、「(前条の規定により取り崩すことができる部分を除く。)」を削りまして、この第5条を第4条とするものでございます。

 1ページに戻っていただきまして、附則でございますけれども、この条例は、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 続きまして、議案第25号でございます。

 議案第25号倶知安町水道事業給水条例の一部改正について。

 倶知安町水道事業給水条例の一部を次のように改正する。

 平成26年3月3日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町水道事業給水条例の一部を改正する条例。

 倶知安町水道事業給水条例の一部を次のように改正する。

 下段の説明書きでございますけれども、これも、先ほど下水道の条例の関係で説明申し上げたとおり、消費税の3%分に係る転嫁の関係でございます。

 内容につきましては、3ページの新旧対照表のほうで御説明申し上げます。

 別表第1といたしまして、別表を次のように改めるものでございます。

 まず、家事用でございますけれども、6トンまで、基本料金、現行787円、こちらを810円、それから、超過料金、6トンを超え1トンを増すごとに131円、こちらを135円に改めるものでございます。業務用、こちらにつきましては10トンまで基本料金1,470円、これを1,512円、超過料金、こちらにつきましては10トンを超え1,000トンまで、1トン増すごとに147円、こちらを151円、1,000トンを超え1トン増すごとに、現行131円、こちらを1トン増すごとに135円。浴場用でございますけれども、100トンまで、現行1万3,125円、こちらを1万3,500円、100トンを超え1トン増すごとに131円、こちらを135円に。臨時用でございますけれども、現行10トンまで3,255円、こちらを3,348円、10トンを超え1トン増すごとに325円、こちらを334円に、それぞれ改めるものでございます。

 1ページに戻っていただきまして、附則でございます。

 附則。

 施行期日、第1項。この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 経過措置、第2項。この条例による改正後の倶知安町水道事業給水条例第26条の規定は、平成26年5月メーター検針分(6月徴収分)から適用し、同年4月までのメーター検針分の料金については、なお従前の例によるものとするということでございます。

 以上で、説明を終わります。



○副議長(笠原啓仁君) この際、暫時休憩いたします。10分程度。

     午後2時58分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時07分 再開



○副議長(笠原啓仁君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第1 前回の議事を継続します。

 これから、議案第1号平成26度虻田郡倶知安町一般会計予算及び関連議案として、議案第8号、議案第9号、議案第10号、議案第15号、議案第16号、議案第17号、議案第18号、議案第21号、議案第23号の質疑を行います。

 まず、歳出の款別質疑を行います。

 1款議会費については、質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 質疑なしと認めます。

 これで、1款の質疑を終わります。

 2款総務費について、質疑はありませんか。

 作井君。



◆4番(作井繁樹君) 59ページの、この望楼の撤去委託金、済みません、私も記憶が定かでなくてあれですけれども、平成24年の耐震で危険だとされていて、当初、25年度中に撤去するような話もあったかと思っていたのですが、何か予算は取っていなかったと思うのですけれども、もう一回、ちょっと経緯を説明していただいてよろしいですか。簡単にで結構です。



○副議長(笠原啓仁君) 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) ただいまの望楼撤去の設計業務委託の計上にかかわって、これまでの経過ということでございますが、議員おっしゃったとおり、昨年、役場庁舎耐震診断をしたときに、本庁舎の耐震診断、全体的には耐震性に疑問があるという結果になったところでございますけれども、特に望楼につきましては、耐震診断におけるIs値が、庁舎よりも耐震性を有していない、また、耐震補強も非常に困難であって極めて危険なことから、解体撤去を検討すべきであるというような耐震結果を受けたものであります。それで、その結果を踏まえまして、平成26年度のこの当初予算におきましては、まず、撤去に当たっての予算概要を確定したいということで、この設計業務委託を計上させていただいたところであります。なお、この当時の建材からいきまして、可能性的にはアスベストが含有している可能性もあるということで、その予算概要を確定するに当たりましては、その調査費を含みまして設計委託として計上したという流れになってございます。



○副議長(笠原啓仁君) 作井繁樹君。



◆4番(作井繁樹君) 新年度、26年度でそれを設計して、27年度で撤去したいという見込みだということでよろしいのですか。



○副議長(笠原啓仁君) 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) まずは、その撤去するに当たっての予算概要を確定させて、その後、予算が許せば、本年度補正予算でも計上してするのか、あるいは27年度に改めまして予算計上するのか、その辺につきましては、理事者サイドのほうとも検討させていただいて対応することになると思います。



○副議長(笠原啓仁君) ほかにありませんか。

 原田君。



◆11番(原田芳男君) まず一つは、69ページの事務改善費の関係です。

 ここで、加入した光ファイバの保守委託料というものが含まれているのですが、この関係については、いつまで、多分、NEC方式のままのやつだと思うのですよね。これ、未来永劫、このNEC方式でやっていくのかな。どんどんあそこが広がっていけば、現在の容量では足りなくなるというか、ふやしていかなければならないわけですよね、加入者がふえればふえるほど。これ、NEC方式でどんどんふやしていくのか、それとも、やめて、NTT方式に変えていくのかということが非常に問題になるのだけれども、ここら辺、どういうふうにしようとしているのでしょうかね。やはりNTT方式に変えたほうが、未来、これから先のことを考えればいいのではないかというふうに思うのですが、これはどのように今後扱っていくのかということを、ひとつ、1点はその点です。

 それから、次に、74ページの徴税費の関係です。この関係について、先日の臨時議会だったかな、ミスというか、返還しなければならないというか、こういう事案が発生したわけですよね。それで、ここで聞きたいのは、徴税費の関係で、滞納者の人はちゃんと滞納を払ってもらうというのは当たり前なのだけれども、その段階で、やはりかなり人権無視的な発言もされる場合もあるわけですよね。住民向けにはかなり厳しいことをおっしゃる。だけれども、自分がミスしたときには、何ら処分というのはないのだけれども、外に厳しく、内に優しいのではないかというふうに思うのですが、この点、町長はどのようにお考えなのか、やっぱり聞かなければならないのではないかというふうに思うのですよね。この点ではどうでしょうかね。やはりあれだけ厳しいことを住民におっしゃるのだから、当然、当事者としては、みずから減給を申し出るとか、そういうこともあっていいのではないかという気がするのだけれども。どうでしょうかということですね。

 それから、次に80ページで、選挙管理委員会にお伺いをいたします。選挙管理委員会は、選挙のために大変御苦労されて、ポスター掲示の看板を立てられたりされているのですよね。どんなに天候が悪くてもやらなければならないということで、大変な仕事だなと思うのですが、そこで、一つ聞きたいのは、掲示板を立てる基準ですね、これはどのような基準で立てられているのかなというのを教えていただきたいです。というのは、全く道路からも見えないし、人里離れたというか、国道ぶちなのだけれども、もう全然見えないところに立っている掲示板もあるのですよね。あれは誰が見るために立てているのかよくわからない。だから、そういう意味では、基準はどのようになっているのか。これは、選管に、私もそのときに、あんなところにどうして立てるのということでお聞きをしたら、この次の選挙までには直しますという返事が返ってきたのだけれども、どのような基準で、どのようにしようとしているのか、その点をお伺いしたいというふうに思います。本当にキツネかタヌキか熊が見るしかないようなところに立っているものもあるのですよね。その点ついて、お願いをいたします。



○副議長(笠原啓仁君) それでは、まず熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、初めに、69ページの、加入者系光ファイバ保守委託料について、今後、この関係については、将来的にどう考えているのかということについて、まず御答弁申し上げたいと思います。

 そもそも、この光ファイバ系の関係につきましては、御承知のとおり、山田、樺山地区に敷設いたしましたインターネット用の光ファイバケーブル、それの通信機器の保守関係でなっております。ただ、このエリア、御承知のとおり、ただいま道道比羅夫線歩道造成整備に伴いまして工事をしているところでございまして、このエリアにつきましては、いずれにいたしましても、この歩道造成整備に当たりまして、NTT柱であるとかの伐柱もされる計画となっております。この意味合いでは、このNTTの北電柱も含め、伐柱計画に合わせて、本町としても光ファイバケーブルの撤去を行う予定でおります。その面からも、現在、このエリアにつきましては、それぞれの建物所有者あるいは居住者の方々に、現時点ではNTTの光のエリアにも該当していることから、随時、そこの移行のアナウンスをしているところであります。ひらふ坂につきましては、このアナウンスでは、めどといたしましては平成26年、本年の6月末をめどにNTTのほうへの移行をお願いするというような格好にアナウンスをしております。また、ウェルカムセンター経由につきましては6月末なのですけれども、その他につきましては、おおむね、たしか9月ぐらいだったと思いますけれども、それをめどに移行をしていただき、こちらの加入者系光ファイバケーブルにつきましては、一定の事業を、成果もしたということで、縮小の傾向、廃止する傾向という方向で進んでおります。

 なお、平成26年度予算計上も、この保守委託につきましては、昨年400万円程度計上してございましたけれども、この部分については、その移行も踏まえまして、本年度については235万9,000円というような減の計上としているところであります。概要といたしましては、そのような内容となってございます。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) 中谷選挙管理委員会書記長。



◎選挙管理委員会書記長(中谷慎一君) 原田議員からの、ポスターの掲示板の関係だと思います。基準はどのようになっているかということでございます。公職選挙法の施行令に基づきまして、ポスターの掲示場、規定されてございます。この中で、選挙人の登録者数によって、それぞれ掲示場の箇所が定められてございます。おおよその基準として、1,000人未満につきましては面積の広いところ、面積によりまして5カ所から8カ所程度と。それから、1,000人から5,000人については7カ所から9カ所、それから、5,000人から1万人未満は8カ所から9カ所、1万人以上の場合には9カ所、10カ所というように、面積によって定められてございます。それに従いまして、倶知安町におきましても、有権者が今、1万二千四、五百人ほどございますが、投票区が10カ所ほど設けてございます。その投票区の中で、政令に定める実設置数といたしまして、全体では52カ所、今現在設置してございます。この中で、道選管と協議した中で、面積的に比較的狭い、あるいは居住人口が少ないということで、基準より下回って設置している部分もございます。したがいまして、これは、施行令及び道選管との協議をした中で設置しているということでございます。

 もう一つ、道路から見えない、見えにくいところにあるのではないかということだったと思いますが、これは、ちょっと、どこの場所とはおっしゃっておりませんでしたが、393方面かなと、そんなことを想定してございますが、基本的には、393大和方面でございますが、研修センターに、敷地の中に設置しているものがございます。これに関しましては、393、国道を通過するときには、確かに死角になる部分はございます。設置につきましては、大和研修所につきましては、地域のごみ収集箱を置かせていただいてございます。その中で、地域の住民、有権者の皆さんも、常にごみの排出に利用されていると。それから、地域の寄り合い等にも使用されていると。多くの住民が目に触れるという判断のもとに、今回は設置、今までさせていただいてきたというような内容でございます。

 なお、より、地域の住民、有権者の皆様が確認しやすい場所などがあるかないか、それらも含めて、現地調査を行いながら、今後、設置場所を検討してまいりたいと思います。



○副議長(笠原啓仁君) 藤田副町長。



◎副町長(藤田栄二君) 徴税費に関連いたしまして、職員の対応についての御意見ございました。徴税にかかわる職員はもちろんのこと、やはり町職員全般に言えることなのですけれども、町民に対する、住民の皆さんに対する接遇ということでは、常日ごろより、公平公正な立場で、また、親切に対応するようにということで、これまでも努めてきたところでございますけれども、御指摘のようなことがあれば、それは当然改めて、町職員として節度を持って対応していくというふうに考えてございます。

 また、先般の還付加算金の取り扱いについて間違った部分ございました。これについても、何回か町長から管理職会議、また職員全員について、こういったことのないようにという御指導を受けてございますし、また、職員研修等を通じて、職員の資質の向上に努めているところでございます。

 また、これまでも事務取り扱いについて不手際等がございましたが、職員については、それぞれ、注意処分、あるいはそれ以上の懲戒処分というのもございましたし、適正な処分については取り扱ってきているという状況でございます。

 いずれにいたしましても、今後も、町職員全員が、町民の皆さんに対する接遇の向上、マナーの向上について努めていきたいというふうに考えてございます。



○副議長(笠原啓仁君) 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) 事務改善費の関係、NEC方式というのは一刻も早くやめたほうが、私はお金の無駄だと思っているのですよね。というのは、このNTT方式だと、NTTが契約して、1軒1軒光ケーブルを引いていくのだけれども、NEC方式の場合はNTT回線とつなぐためのコンバーターを中間に設けなければだめなのですよね。方式が全く違うので。NTTは1軒1軒配線する方式だけれども、NECは1本の回線で10軒くらいまとめてやる方式だから。だから、これを早くやめない限りは無駄なお金がかかってしまうのではないかというふうに思うので、一刻も早くなくするようにしていただきたいものだなというふうに、まずお願いしておきます。

 それから、徴税費の関係です。この関係については、やはり住民にあれだけ厳しいことをおっしゃるわけだから、みずから襟を正すというのは、非常にこれは大事なことだと思うのだよね。そうしないと、住民にも言えなくなるわけでしょう。私も同席したことありますけれども、ひどいなと思うこと、何回もありましたよね。だから、やはりそういう意味では、みずからもやはり襟を正さなければだめだと私は思うのです。その、みずから襟を正すという部分はどのようにお考えなのか、もう一回聞いておきたいというふうに思います。

 それから、選挙管理委員会の関係、選管書記長のほうからお話あったように、393の一番最後の部分なのですよね。あれ、研修センターの前にあるばかりに、全く393からも見えないですよね。あれ、少しずらす、入り口のほうにずらすとかすれば見えるのに、あれ、どうしてあんなところに立てたのかと思って不思議で仕方ないです、私も。あれ、畑に行く人も、毎日通れば別だけれども、畑に行くときに、通るときしか見えない、一人か二人か、そんなようなところなのですよね。国道を通る人からも見えない、そんなところに何で、よりによって立てたのかなと私は思っているのです。ぜひ改善していただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 来年は町長の選挙もありますし、せっかく張った町長のポスターが、福島さんのポスターかどうかわかりませんけれども、見えないというのもかわいそうなものだなというふうに思いますので、ひとつよろしくお願いします。



○副議長(笠原啓仁君) 藤田副町長。



◎副町長(藤田栄二君) 徴税費に関連して、みずから襟を正すようなことで、厳粛に受けとめて、町職員全員が、住民の皆さんとやはり、先ほど申しましたとおり、公正、公平な立場できちんと対応できるように努めてまいりたいというふうに思います。



○副議長(笠原啓仁君) 榊政信君。



◆10番(榊政信君) それでは、3点ほど質問をさせていただきたいと思います。

 まず、55ページなのですけれども、この中の管財分の需用費の関係なのですけれども、光熱水費で710万円ということで、昨年630万円だったのですけれども、80万円ほどふえておりました。昨年というか、平成25年度につきましては、旧東陵中学校の維持管理費ということで200万円ほどふえているというお話だったのですけれども、今回80万円ほどふえまして、12月の補正の関係で、除雪費が補正でふえたと思うのですが、それの分がふえたと理解してよろしいのでしょうか。その辺、ちょっと説明をお願いいたしたいと思います。

 それと、66ページなのですけれども、19節の負担金、補助金の関係なのですけれども、ここの街路防犯灯の設置の補助金と、それの電気料の交付金ということで、昨年よりも設置費が170万円ほど、それと電気代が76万円ほどアップされております。これについて、概要といいますか、LEDですとか電気代のアップだとか、いろいろあると思うのですが、その辺の御説明をお願いしたいと思います。

 それと、最後なのですけれども、70ページです。ここの使用料の関係で、事務用パソコン借上料ということで342万8,000円、25年度よりも56万円ほどふえているのですけれども、25年度のときの説明が、パソコンの入れかえということで、平成24年が80台、25年が80台ということで、160台ほど入れかわったと思うのですが、今回ふえている理由について御説明願いたいと思います。

 以上3点、よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) 初めに55ページ、光熱水費、昨年度から比較して80万円ほど増額しているという内容ということですが、これにつきましては、議員もおっしゃるとおり、26年度につきましても、旧東陵中学校の電気分については、この中で含んでおります。また、これで言っている光熱水費の中の分については、あくまでも、この本庁舎の電気代、それと上下水道代が入っております。その庁舎電気代につきましては高圧受電施設ということでありまして、昨年からの電気料の増額分、合わせて、おおよそ80万円の増としている内容であろうと、積算上はなっております。

 また、70ページの事務用パソコンの関係でございますけれども、これは342万8,000円の計上でございますけれども、これにつきましては、あくまでも、平成24年度、それと平成25年度、職員用パソコンの更改の借上料で、この部分につきましては債務負担行為、たしか組んでいると思いますので、その分の予算計上となっております。



○副議長(笠原啓仁君) 中村住民課長。



◎住民課長(中村孝弘君) それでは、榊議員からの御質問、66ページの電気の関係でございます。

 まず、防犯灯の設置に関しましては、各町内会からLED化の要望が出ておりまして、昨年、要望を取りまとめたところ、ことしもふえております。町長のほうで予算をつけていただきまして、昨年56基に対して、ことしは90基の予算となっております。また、もう一方の電気料金の交付金でございますが、こちらに関しましては、北電の値上げが出ておりまして、各町内会からのものを取りまとめて、今回、予算計上をさせていただいております。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) ほかに。

 伊達隆君。



◆6番(伊達隆君) 72ページの姉妹都市交流費ということで、ことしがサンモリッツとの提携50周年ということで、全体で約1,000万円ちょっとの予算が組まれておりますけれども、この72ページの交流式典出演者謝礼、あるいはまた借上場所、あるいは町民研修助成金、そのほかのほうで575万円ということでの、一連の詳しいお話が聞ければなと思うのですけれども、いかがですか。



○副議長(笠原啓仁君) 文字企画振興課長。



◎企画振興課長(文字一志君) ただいまの、サンモリッツ50周年を迎えるに当たりまして、記念式典等の予算を、今回、姉妹都市交流費ということで計上をさせていただいております。サンモリッツ市長を初め、御一行が、今のところ6人と聞いておりますけれども、5月27日に倶知安町へ到着されまして、29日に倶知安を離れるということで、今準備しているところでございます。その中で、歓迎セレモニーですとか、記念式典ですとか、レセプションだとか、町民の方々と、可能な限り日本文化等の体験をしていただきながら、交流を深めていきたいなと考えてございます。

 さらに、こちらからサンモリッツへ向けて、既に訪問団を公式訪問団として予定しております。町長、議長を初め、町民の皆様に、数多くの皆様がスイス・サンモリッツを訪れるということで、研修を兼ねて計画をしております。その日程につきましては、7月1日から7月9日ということで、現時点ですけれども、その中で公式訪問団を組んで訪れていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) 森下義照君。



◆12番(森下義照君) 59ページです。委託料のPCB廃棄物処理委託料と運搬委託料と出ているのですが、これは今回新たに出たものなのですか。それとも、このPCBの処置については、かなり前に処置しなさいということで出ているはずなのですが、処置しないで保管していて、今回処理するというのですか。その辺、ちょっと聞きたいのですけれども。

 それと68ページ、工事請負費、交通安全灯新設工事149万1,000円ですか、これはどんなものを指して新設するというのか、その辺だけちょっと教えてください。



○副議長(笠原啓仁君) 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、初めに、PCBの廃棄物処理委託に関連しての御質問でございましたけれども、これにつきましては、放っておいて今まで処理しなかったということではなくて、そもそもの流れからちょっと簡単に御説明申し上げますと、平成13年度に、国のほうで、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な管理の推進に関する特別措置法という法律ができて、その当時、このPCBが人体に及ぼす影響があるということから、各自治体踏まえて、それらの性質が入っているものについては撤去しなければならないというような取り組みが、この時点でまず開始されたところであります。そして、この国の法律を受けまして、北海道といたしましては、この北海道ポリ塩化ビフェニル、要するに、PCB廃棄物処理計画を策定いたしまして、平成13年にこれは北海道のほうで策定したものでございます。この時点で、このPCB関連の処置ができる工場といいますか、それが北海道にはなかったということであります。北海道といたしましては、国が日本環境安全事業株式会社というところと協議して、それぞれ全国に、その処理をする拠点的な施設を整備していったと。北海道におきましては、室蘭市にある日本環境安全事業株式会社というところが稼働を始めて、それで受け入れを開始したというところになっております。それまでの間、この北海道のPCB廃棄物処理計画に基づきまして、各自治体の、特に蛍光灯安定器なのですけれども、これについては、各自治体で一体幾つあるのか、また、保管方法はどのようにしているかというのを、毎年度、北海道としては把握して、随時、室蘭の工場が受け入れを開始したと同時に、順番にといいますか、受け入れをしていったと。それが、受け入れが開始されたのが、昨年の6月ぐらいであるということであります。それで、本町といたしましては、平成26年度のその順番といいますか、時期が来ましたら、この日本環境安全事業株式会社との委託契約により処理を行うという予算措置となっております。また、それに伴いまして、専用容器で運搬することになりますので、その運搬委託料も合わせて予算計上をしているという内容のものとなってございます。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) 中村住民課長。



◎住民課長(中村孝弘君) 御質問がありました68ページ、交通安全灯に関しまして、これは、一覧につきましては、現在町で持っております交通安全灯独立灯の建てかえ1灯、それに共架型の3灯の交換を予定しております。場所につきましては、老朽化が進んで危険が伴うところから順次ということで、現在、場所は決定はしておりません。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) 森下義照君。



◆12番(森下義照君) もう一度質問します。

 このPCBについては、そうしたら、現在、保管しているということで、どこで保管をしているのか、それは安全性を保ちながら保管をしているのか、その辺ですね。

 それと、交通安全灯、場所はまだ決定していないということですね。この安全灯というのは、どこのやつを指しているのですか、古くなっているというのは。そこだけちょっと教えてください。



○副議長(笠原啓仁君) 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) 保管の方法につきましては、現在、電気保安室の一角に、専用容器、言葉で表現いたしますと、200リットル用のドラム缶のような容器に保管しております。数といたしましては、蛍光灯安定器130基、重さにして、およそ300キロというような状況になっております。



○副議長(笠原啓仁君) 中村住民課長。



◎住民課長(中村孝弘君) 交通安全灯につきまして、現在、町のほうで約200基ほど管理をしております。その中で、数が数ですので、老朽化が進んでいるところが順次出てきておりますので、そこに対応するための予算となっております。主に通学路等、安全を優先するところということになっておりまして、状況を確認しながら、順次やっております。

 以上です。



○副議長(笠原啓仁君) 磯田龍一君。



◆7番(磯田龍一君) 今、交通安全灯の話が出たのですが、私は、66ページの工事請負費の中で、メルヘン通りの街路灯修繕工事146万円ですか。メルヘン通りというのは、工事やってまだ真新しいのですが、どういうことなのですかね。



○副議長(笠原啓仁君) 中村住民課長。



◎住民課長(中村孝弘君) 66ページ、工事請負費のメルヘン通りでございます。こちらにつきましては、メルヘン通りの街路灯のカバーがガラスでできているものでございます。ガラスですので、破損等が起きて、降ってきて危ないということで、平成23年から4年計画で、順次、アクリルのものにカバーをかえている状況でございます。ことし、平成26年度は、予定最終年で11個交換する予定となり、全てアクリルにかわる予定となっております。



○副議長(笠原啓仁君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 総務費、ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) これで、2款の質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の議決



○副議長(笠原啓仁君) お諮りします。

 本日の会議は、これで延会したいと思います。御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会宣告



○副議長(笠原啓仁君) 本日は、これで延会することに決定しました。

 本日は、これで延会します。

                         延会 午後3時44分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                        平成  年  月  日

  副議長

  署名議員

  署名議員

  署名議員

  署名議員