議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成25年  3月 定例会(第1回) 03月14日−05号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 03月14日−05号







平成25年  3月 定例会(第1回)



          平成25年第1回倶知安町議会定例会

               会議録(第5号)

                        平成25年3月14日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  4番  作井繁樹君    5番  田中義人君

  6番  伊達 隆君    7番  磯田龍一君

  8番  佐名木幸子君   9番  鈴木保昭君

 10番  榊 政信君   11番  原田芳男君

 12番  森下義照君   13番  鈴木芳幸君

 14番  盛多勝美君   15番  阿部和則君

 16番  三島喜吉君

●欠席議員

  3番  竹内 隆君

●地方自治法第121条第1項の規定により出席を求めた者

 倶知安町長                 福島世二君

 倶知安町教育委員会委員長          長谷 一君

 倶知安町農業委員会会長           大橋章夫君

 倶知安町選挙管理委員会委員長        逢坂幸裕君

 倶知安町代表監査委員            菅 清次君

●説明員

  副町長        藤田栄二君   総務部長       関口 肇君

  民生部長       中谷慎一君   経済部長       阿部吉一君

  医療担当部長     澤口敏明君   会計管理者      上手雅文君

  総務部総務課長    熊谷義宏君   総務部企画振興課長  文字一志君

  総務部総務課

             赤木裕二君   総務部税務課長    小杉義昭君

  防災担当課長

  総務部税務課

             浅上 勲君   民生部住民課長    川東秀一君

  納税対策室長

  民生部                民生部

             斉藤裕子君              菅原雅仁君

  住民課主幹              環境対策課長

  民生部環境対策課           民生部

             佐藤美津子君             初山真一郎君

  清掃センター所長           保健福祉課長

  民生部                民生部

             菊池敏文君              川南冬樹君

  保健福祉課参事            保健福祉課主幹

                     経済部

  みなみ保育所長    栗原俊郎君              福家直人君

                     商工観光課長

  経済部農林課長    大島 曜君   経済部建設課長    阿部優子君

  経済部建設課             経済部住宅都市課参事(兼)

             西江栄二君              山下誠一君

  豪雪対策室長             新幹線まちづくり推進室長

  経済部住宅都市課

             河野 稔君   経済部水道課長    三好亨子君

  景観対策室長

  経済部水道課主幹   中村公一君   教育長        窪田 栄君

  学校教育課長     田中洋子君   社会教育課長     槙野寿弘君

  学校給食センター所長 大内 基君   学校教育課主幹    中村孝弘君

  総合体育館長     浅野容一君   風土館長       岡崎 毅君

  農業委員会事務局長  伊藤敏一君   選挙管理委員会書記長 関口 肇君

  監査委員室長     田中 忠君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長       田中 忠君   議事係長       亀岡直哉君

  庶務係長       石川美子君

●議事日程

 日程第1 議案第1号 平成25年度虻田郡倶知安町一般会計予算

      議案第2号 平成25年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算

      議案第3号 平成25年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算

      議案第4号 平成25年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算

      議案第5号 平成25年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算

      議案第6号 平成25年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算

      議案第7号 平成25年度倶知安町水道事業会計予算

      議案第8号 倶知安町財政健全化基金の費消について

      議案第10号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について

      議案第11号 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について

      議案第12号 倶知安町職員給与条例の一部改正について

      議案第13号 倶知安町国民健康保険税条例の一部改正について

      議案第15号 倶知安町介護予防及び生活支援事業条例の一部改正について

      議案第16号 倶知安町老人デイサービスセンター条例の全部改正について

      議案第20号 倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

                         開議 午前9時31分



△開議宣告



○議長(鈴木保昭君) これから、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木保昭君) 諸般の報告を事務局長からさせます。



◎事務局長(田中忠君) 諸報告を申し上げます。

 本日の会議録署名議員は、樋口敏昭、田中義人、佐名木幸子及び森下義照の各議員であります。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号から議案第8号及び議案第10号から議案第13号及び議案第15号から議案第16号及び議案第20号



○議長(鈴木保昭君) 日程第1 議案第1号平成25年度虻田郡倶知安町一般会計予算、議案第2号平成25年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算、議案第3号平成25年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算、議案第4号平成25年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算、議案第5号平成25年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算、議案第6号平成25年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算、議案第7号平成25年度倶知安町水道事業会計予算、議案第8号倶知安町財政健全化基金の費消について、議案第10号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第11号倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について、議案第12号倶知安町職員給与条例の一部改正について、議案第13号倶知安町国民健康保険税条例の一部改正について、議案第15号倶知安町介護予防及び生活支援事業条例の一部改正について、議案第16号倶知安町老人デイサービスセンター条例の全部改正について及び議案第20号倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてを一括議題とします。

 これから提案理由の説明を求めるわけですが、各議員におかれましては、事前に各常任委員会等で詳しく説明を受けており、それぞれが精査が済んでいることと思いますので、簡単に常識の範疇の中で御説明をお願いを申し上げます。

 提案理由の説明を求めます。

 議案第1号、関口総務部長。



◎総務部長(関口肇君) それでは、議案第1号について御説明申し上げます。予算書の1ページ目をお開きください。

 議案第1号平成25年度虻田郡倶知安町一般会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ76億4,600万円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 債務負担行為。

 第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、第2表、債務負担行為による。

 地方債。

 第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第3表、地方債による。

 一時借入金。

 第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの限度額は20億円と定める。

 歳出予算の流用。

 第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 それでは、まず、歳入歳出予算の事項別明細の歳出から御説明を申し上げますので、48ページをお開きください。

 それでは、48ページです。説明に当たりましては、目の本年度予算額、比較増減、細目金額の順で説明し、節につきましては、新規事業や主なものについて説明させていただくことを御了解いただきたいと存じます。

 それでは、早速入ります。

 3、歳出。

 1款議会費1項議会費1目議会費9,666万円、983万円の減。1、職員人件費分1,870万9,000円。2、議会分7,795万1,000円。1節報酬から、50ページ、19節までの計上であります。49ページにおきまして、4、共済費、議員共済会負担金公費負担分1,694万1,000円、186万円の減となっております。次に、50ページです。50ページにおきましては、ここには載っておりませんが、13節及び15節におきまして、会議録の検索システム導入委託及び本会議場を音響機器システム改修工事等終了によりまして、2の議会分につきましては927万7,000円の減となっております。

 50ページ、下段です。

 1項合計、1款合計、ともに9,666万円、983万円の減。

 次のページ、51ページ。

 2款総務費1項総務管理費1目一般管理費3億1,737万3,000円、2,481万8,000円増。1、職員人件費分2億4,543万1,000円。ここにおきましては、3の職員手当等におきまして、下の段でございますが、退職手当組合特別精算金2,400万円を計上しております。これは、3年ごとの精算によるもので、本年度計上となっております。2、総務分4,603万7,000円。1節報酬から、53ページの19節までの計上となっております。53ページをお開きください。19節負担金・補助及び交付金におきまして、下から2行目です。北海道派遣職員負担金1,100万円を新たに計上しております。これにつきましては、医療担当部長に係る人件費分でございまして、昨年度は6月の補正で計上いたしているところでございます。次、54ページです。3、管財分2,195万5,000円。11節需用費の光熱水費におきまして、旧東陵中の校舎に係る電気料198万円を追加計上しております。4、行政分395万円。

 次に、55ページ。

 2目文書広報費642万1,000円、74万6,000円の増。9節から、次ページの19節までの計上でございます。

 次に、56ページ。

 3目財政管理費54万6,000円、5万円の減。

 4目会計管理費41万8,000円、増減はありません。

 57ページ。

 5目財産管理費4,577万円、815万4,000円の減。1、総務分2,138万7,000円。4節から18節までの計上でございます。次のページ、58ページです。2、管財分2,438万3,000円。この細目におきましては、庁舎耐震診断委託料456万円並びに公共用地先行取得特別会計操出金377万5,000円が終了により減額となっております。次に、59ページです。15節工事請負費223万4,000円のうち、下の段でございますが、町道東2丁目南通1号配水管布設工事、これにつきましては、南3東2の旧職員住宅跡地を分譲する予定でございますが、その土地に係る水道管の移設でございます。

 59ページの下段です。

 6目財政調整基金費19万7,000円、2,000円の減。

 60ページです。

 7目企画費4,329万9,000円、268万8,000円の増。13節委託料におきまして、真ん中ぐらいですが、じゃがりん号運行業務委託料1,874万9,000円、昨年に比べまして113万6,000円の増額計上をしております。

 次に、62ページです。

 8目表彰審議委員会費10万4,000円、増減はありません。

 9目地方振興費1,388万9,000円、106万5,000円の増。1、総務分1,250万7,000円。63ページ。2、自衛隊対策分89万7,000円。3、生活安全分48万5,000円。

 次に、64ページです。

 10目自治振興費4,890万3,000円、1,218万4,000円の増。65ページの19節負担金・補助及び交付金でございますが、下からの四つ目、道道ニセコ高原比羅夫線防犯灯整備事業負担金1,230万9,000円。これは継続事業でございますが、630万円増額計上をしております。また、その下、コミュニティー助成事業補助金190万円、それから、岩尾別会館改修事業補助金150万円。このコミュニティー助成金につきましては、高砂地域センター備品購入の補助金でございます。この二つとも、いずれも新規計上でございます。

 次に、66ページです。

 11目研修費203万円、11万6,000円の増。

 12目職員厚生費419万円、1万3,000円の減。

 13目交通安全対策費1,665万8,000円、156万円の増。67ページ、15節工事請負費でございますが、ここにおきまして、交通安全灯新設工事115万4,000円、交通安全灯建替工事25万円、合わせて140万円、昨年に比べまして100万円の増額計上をしております。

 次に、68ページです。

 14目事務改善費8,004万4,000円、3,001万4,000円の増。まず、13節の委託料でございますけれども、1,882万3,000円、ここにおきまして、昨年より、この委託料におきましては1,638万2,000円減額計上となっております。まず、この中で、総合行政システムジータウンに係りまして、ジータウン機器を自庁内の運用から北海道町村会情報システム協議会のデータセンター共同運用へ移行することによりまして、従来の保守委託料から北海道町村会情報システム協議会負担金への計上として19節のほうに移っております。その中で、13節委託料、69ページの上のほうでございますが、ホームページ更改作業及び保守委託料250万円新たに計上しております。それから、一番下のところです。15節工事請負費1,780万円。その中で、下の二つでございます。国道5号線光ケーブル地中化工事750万円、それから、ひらふ坂電線地中化に伴う光ケーブル撤去工事850万円。これは、いずれも新規で計上いたしております。次に、70ページです。19節負担金・補助金におきまして、先ほど御説明申し上げましたとおり、一番下でございますが、総合行政システム運用費負担金2,732万1,000円。これは委託料のほうから移行しております。

 次に、71ページです。

 15目姉妹都市交流費96万6,000円、1万4,000円の減。

 それから、16目諸費1,110万1,000円、100万円の増。1、住民税分1,100万円。2、公営住宅分10万円。3、医療分1,000円。

 一番下でございます。1項合計5億9,190万9,000円、6,595万8,000円の増でございます。

 次に、72ページです。

 2項徴税費1目税務総務費8,289万1,000円、32万8,000円の減。1、職員人件分8,232万9,000円。2、住民税分35万6,000円。3、資産税分12万円。4、総務分8万6,000円。

 2目賦課徴収費1,870万6,000円、199万9,000円の増。1、住民税分329万円。2、資産税分922万円。74ページです。13節委託料におきまして、一番下の行でございますが、固定資産評価業務、標準宅地鑑定委託料として593万3,000円、新たに計上いたしております。なお、昨年でございますが、時点修正評価業務委託124万6,000円並びに固定資産管理システムエリア拡張委託業務169万6,000円の終了により減額となっております。3、納税分619万6,000円。1節から、次のページの19節までの計上でございます。

 75ページの下段です。

 2項合計1億159万7,000円、167万1,000円の増。

 次に、76ページです。

 3項戸籍住民基本台帳費1目戸籍住民基本台帳費4,847万6,000円、202万4,000円の増。1、職員人件費分3,385万1,000円。2、戸籍住民基本台帳費1,462万5,000円。

 次のページでございます。

 77ページ、下段。3項合計4,847万6,000円、202万4,000円の増。

 次に、78ページです。

 4項選挙費1目選挙管理委員会費776万7,000円、28万5,000円の増。1、職員人件費分697万7,000円。2、選管分79万円。

 79ページ。

 2目選挙啓発推進費6万5,000円、増減はございません。

 3目参議院議員通常選挙費1,035万円。これは、本年7月に予定をされております第23回の通常選挙にかかる費用でございます。1節報酬から、次のページの18節までの計上です。

 次に、80ページ、下段です。

 4項合計1,818万2,000円、1,063万5,000円の増。

 5項統計調査費1目統計調査費756万7,000円、91万4,000円の増。1、職員人件費分639万1,000円。2、統計調査費117万6,000円。1節の報酬から、次のページの19節までの計上でございます。

 次に、82ページの下段でございます。

 5項合計756万7,000円、91万4,000円の増。

 6項監査委員費1目監査委員費1,169万7,000円、12万8,000円の増。1、職員人件費分933万9,000円。2、監査委員費235万8,000円。

 次に、84ページの下段です。

 6項合計1,169万7,000円、12万8,000円の増。

 2款合計7億7,942万8,000円、8,133万円の増でございます。

 次に、85ページ。

 3款民生費1項社会福祉費1目社会福祉総務費3億4,289万5,000円、9,782万1,000円の増。1、職員人件費分6,733万7,000円。2、福祉分3,201万3,000円。87ページの上段。3、国保分2億4,352万5,000円。これにつきましては繰出金でございまして、国民健康保険事業特別会計繰出金2億4,352万5,000円。昨年に比べまして、9,636万4,000円の増となっております。そのうち、法定外繰出金として8,700万円、新たに計上でございます。4、健康推進分2万円。

 2目老人福祉費1億1,468万8,000円、342万4,000円の減でございます。1、職員人件費分2,530万2,000円。2、在宅福祉分6,869万4,000円。1節報酬から、89ページ、扶助費までの計上でございます。89ページでございます。19節負担金・補助及び交付金、この中で、489万2,000円となっておりますが、昨年度、特別養護老人ホームの建設費補助金がございましたが、その終了によりまして699万3,000円の減となっております。次に、90ページです。3、地域包括支援センター分39万7,000円。4、居宅介護支援事業所分22万5,000円。91ページ。5、地域支援高齢者予防費1,812万円。6、地域包括的支援事業費195万円。

 次に、3目介護保険管理費1億4,059万9,000円、786万4,000円の増です。1、職員人件費分745万5,000円。次に、92ページです。2、介護保険管理費1億3,314万4,000円。

 次に、93ページ。

 4目介護認定調査費2,380万3,000円、93万7,000円の増。1、職員人件費分966万円。2、受託認定調査費831万円。次のページ、94ページです。3、町認定調査費583万3,000円。

 95ページ。

 5目後期高齢者医療費1億6,258万1,000円、121万9,000円の増。それから、この中におきまして、19節負担金・補助金は、療養給付費の負担金でございますが、昨年度に比べまして545万7,000円の増。また、28節の繰出金におきましては、後期高齢者医療事業特別会計繰出金でございますが、昨年度に比べまして423万8,000円の減となっております。

 6目障害者福祉費3億9,989万4,000円、2,975万9,000円の増。1、福祉分3億7,094万4,000円。1節報酬から、97ページの扶助費までの計上でございます。96ページをお開きください。96ページの13節委託料におきまして、下から二つ目でございますが、障害者相談支援事業委託料1,268万6,000円。これにつきましては、羊蹄山麓相談支援センターの相談員増員によりまして、委託料が733万円増額となっております。19節負担金・補助金におきまして、97ページの下でございます、第58回北海道手をつなぐ育成会全道大会倶知安大会補助金50万円、これを新たに計上しております。20節扶助費3億3,197万円、これにおきましては、まず一番上、介護給付費、訓練等給付費2億9,237万8,000円、これにつきましては1,871万3,000円の増額となっております。それから、その下、育成医療扶助53万8,000円、これは新規でございますけれども、この支給事務が法定移譲事務として北海道から移譲のために新規計上をしております。次のページでございます。98ページ。2、医療分2,797万6,000円。3、障害程度区分認定審査会費97万4,000円。

 次に、99ページ。

 7目障害児早期療育推進費2,044万3,000円、532万8,000円の増。この中におきまして、まず、1の発達支援センター事業でございますけれども、これは昨年度までは児童デイサービス事業という名称でございました。まず、その中で、13節委託料2,000万3,000円。この下でございますが、早期療育・発達支援業務委託料1,921万3,000円。これに、職員増加による委託料の増加で491万2,000円の増額としております。

 次に、8目地域会館費2,333万1,000円、1,928万2,000円の増でございます。13節委託料473万4,000円、そのうち、下から二つでございますが、北地域会館耐震補強工事実施設計業務委託料150万円並びに南地域会館耐震補強工事実施設計業務委託料150万円、いずれも新規計上しております。次に、100ページです。15節工事請負費1,740万円におきまして、北、南ともに耐震補強工事、北が820万円、南、920万円、新に計上いたしております。

 9目国民年金費19万1,000円、増減はありません。

 10目保健福祉会館費726万4,000円、9万7,000円の増。

 次に、101ページの下段でございます。

 1項合計12億3,568万9,000円、1億5,888万3,000円の増です。

 次に、102ページです。

 2項児童福祉費1目児童福祉総務費4億3,258万4,000円、848万円の減です。1、職員人件費分1億5,044万1,000円。2、福祉分2億4,503万8,000円。次のページ、104ページです。3、医療分3,339万6,000円。この中で、20節の扶助費でございますが、乳幼児医療費助成金3,220万円、計上してございます。昨年より500万円減額計上しておりますが、これにつきましては、例年、この扶助費決算により多額の不用額が発生しているために、実績を勘案しまして500万円減額で計上をいたしております。4、養育医療分370万9,000円。この4の養育医療分でございますけれども、これは法定移譲事務として支給事務が北海道から移譲になったために、この4細目は新たに計上となっております。

 次に、105ページ。

 2目児童館費2,328万4,000円、139万9,000円の増。1、児童館費1,010万6,000円。1節報酬から、106ページの19節までの計上でございます。106ページ。2、児童クラブ費1,317万8,000円。

 次に、107ページ。

 3目青少年相談費215万6,000円、6,000円の増でございます。

 次に、108ページです。

 4目母子福祉費549万5,000円、増減はありません。1、福祉分5万円。2、医療分544万5,000円。

 109ページ。

 5目みなみ保育所費4,672万7,000円、203万3,000円の減でございます。4節共済費から、次ページの19節までの計上でございます。

 次に、111ページ。

 6目倶知安保育所費2,712万6,000円、261万9,000円の減。共済費から、次のページ、19節までの計上でございます。

 次に、113ページをお開きください。

 7目八幡保育所費1,381万8,000円、88万2,000円の増。4節の共済費から、次のページの19節までの計上でございます。

 次に、114ページの下段をごらんください。

 2項合計5億5,119万円、1,084万5,000円の減。3款合計17億8,687万9,000円、1億4,803万8,000円の増。

 次のページ。

 4款衛生費1項保健衛生費1目保健衛生総務費3億6,378万2,000円、1億6,009万1,000円の増。1、職員人件費分9,491万2,000円。2、生活安全分8万円。3、地域衛生分3,179万2,000円。116ページです。4、母子保健分、2,093万円。1節報酬から、次のページの扶助費までの計上でございます。118ページをお開きください。5、福祉分2億1,606万8,000円。ここにおきまして、19節負担金・補助及び交付金2億1,589万7,000円でございます。そのうち、上から2行目、救急医療体制整備補助金2,812万円でございます。これにつきましては、休日夜間急病センター運営費1,700万円を増額計上をしております。それから、同じく118ページの一番下でございます。救急医療等体制整備補助金1億4,000万円、これは厚生病院の赤字財政支援分でございまして、当初予算で計上しているものでございます。

 次に、119ページ。

 2目老人保健対策費、1,853万2,000円、33万7,000円の減でございます。

 次に、120ページです。

 120ページ、3目予防費2,976万8,000円、28万4,000円の増。1、母子保健分2,061万2,000円。2、健康推進分915万6,000円。

 次のページ。

 4目火葬場費1,602万5,000円、736万4,000円の増でございます。この中で、4節共済費から、122ページの19節までの計上でございます。11節需用費の修繕料におきまして7,006万円のうち、火葬炉の老朽化による修繕料の増ということで542万円の増となっております。

 次に、122ページです。

 5目環境衛生費1,864万7,000円、272万7,000円の増。1、地域衛生分832万1,000円。次のページでございます、123ページ。2、環境分890万2,000円。124ページをお開きください。13節の続きでございますが、羊蹄山麓地域廃棄物広域処理施設整備状況業務委託474万6,000円。それから、環境基本計画進行管理支援業務委託料126万円、ともに新規で計上しております。3、生活安全分142万4,000円。

 6目エキノコックス対策費71万3,000円、増減はありません。

 1項合計4億4,746万7,000円、1億7,012万9,000円の増。

 2項清掃費1目塵芥処理費2億5,713万7,000円、580万2,000円の増です。1、職員人件費分1,880万3,000円。2、清掃センター分2億3,833万4,000円。4節共済費から、127ページの公課費までの計上でございます。126ページ、11節需用費です。このうち修繕料3,126万5,000円、これにつきましては、清掃センターの修繕料557万9,000円を増額しております。

 次に、128ページです。

 2目リサイクルセンター費4,699万5,000円、20万円の増。13節委託料4,365万円でございますが、これは資源回収業務委託料ほかの委託料でございます。

 次に、129ページ。

 3目し尿処理費3,939万7,000円、422万4,000円の減でございます。これは、19節の羊蹄山麓環境衛生組合負担金でございます。

 下段でございます。

 2項合計3億4,352万9,000円、177万8,000円の増。

 4款合計7億9,099万6,000円、1億7,190万7,000円の増でございます。

 次に、130ページです。

 5款労働費1項労働諸費1目労働諸費2,427万3,000円、120万5,000円の増。1、職員人件費分804万1,000円。2、労働諸費1,623万2,000円。 131ページ。

 2目労働施設費243万2,000円、15万3,000円の増。

 次に、下段でございます。

 1項合計、5款合計、ともに2,670万5,000円、135万8,000円の増です。

 次に、132ページです。

 6款農林水産業費1項農業費1目農業委員会費2,554万9,000円、75万4,000円の増です。1、職員人件費分1,860万1,000円。2、農業委員会分694万8,000円。

 次に、133ページ中段です。

 2目農業総務費3,665万3,000円、37万7,000万円の減。1、職員人件費分3,648万2,000円。次に、134ページです。2、農業総務費17万1,000円。

 3目経営安定対策費430万4,000円、29万7,000円の減。

 次に、135ページ。

 4目農業振興費2,234万円、655万4,000円の増。1、単独事業分2,206万9,000円。次に、136ページです。136ページ、19節の続きでございますが、一番下の行、馬鈴薯原種確保対策補助金650万円とあります。これは、大和馬鈴薯の原種圃場の修復工事補助金で650万円を新規計上しております。2、農業振興費27万1,000円。

 5目畜産業費2,590万4,000円、289万8,000円の増。

 次のページ、138ページです。

 6目農地費3,867万円、263万8,000円の減。2節の給料から、139ページ19節までの計上でございます。

 それでは、140ページをお開きください。

 7目基幹水利施設管理費1,658万9,000円、297万9,000円の増。

 次に、下段でございます。

 1項合計1億7,000万9,000円、987万3,000円の増。

 次に、2項林業費1目林業総務費1,229万5,000円、31万4,000円の増。1、職員人件費分749万5,000円。2、林業総務費480万円。

 次に、142ページです。

 2目林業振興費1,899万6,000円、10万1,000円増。1、補助事業分424万3,000円。143ページ。2、単独事業分1,475万3,000円。この中で、15節工事請負費でございます、1,327万7,000円、森林環境保全整備事業を継続でございますけれども、昨年より323万2,000円増額となっております。

 次に、144ページ。

 3目機構分収造林費764万3,000円、683万8,000円の増。この中におきまして、15節工事請負費754万2,000円、これにつきましても、造林地整備工事の増によりまして683万8,000円増額計上を行っております。

 下段。2項合計3,893万4,000円、725万3,000円の増。

 6款合計2億894万3,000円、1,712万6,000円の増。

 次のページ。

 7款商工費1項商工費1目商工総務費2,871万9,000円。

 2目商工振興費3,924万3,000円、102万6,000円の減。1節の報酬から、147ページ19節までの計上でございます。147ページでございます。147ページの19節負担金・補助及び交付金におきまして、真ん中あたりでございますけれども、商店街空店舗活用事業補助金180万円の計上でございます。これは、対象件数が減ったことによりまして、昨年より120万円減額計上となっております。それから、下から三つ目のプレミアム商品券発行事業補助金900万円、前年同額を計上しております。

 次に、下段。

 1項合計6,796万2,000円、82万1,000円の減。

 148ページです。

 2項観光費1目観光費6,262万7,000円、1,435万6,000円の増。1、観光費5,692万円。4節共済費から、150ページの19節までの計上でございます。この中で、13節委託料の149ページの一番下でございます、ひらふ高原地域活性化事業計画及び観光中核施設基本計画策定業務委託料300万円を新たに計上しております。それから、150ページです。これも19節でございますが、中間よりやや上でございます。倶知安観光協会事業補助金1,793万円、388万円増額計上をしております。それから、150ページの一番下から二つ目でございます。ニセコ高原比羅夫線街路樹整備事業負担金1,241万円、これは継続でございますが、工事に伴いまして1,010万円ほど増額計上を行っております。151ページ。2、サンスポーツランド管理費570万7,000円。この中で、15節工事請負費と備品購入費におきまして、ともに水道メーター更新工事等、新規計上をしております。

 下段です。

 2項合計6,262万7,000円、1,435万6,000円の増。

 7款合計1億3,058万9,000円、1,353万5,000円の増。

 次に、152ページです。

 8款土木費1項土木管理費1目土木総務費6,863万5,000円、427万5,000円の減。1、職員人件費分5,923万円。2、土木総務費576万8,000円。次に、154ページです。3、地籍管理分279万8,000円。

 155ページ。4、豪雪対策分83万9,000円。この細目におきましては、豪雪対策基本計画改定事業委託が昨年終了しておりますので、200万円の減となっております。

 下段です。

 1項合計6,863万5,000円、427万5,000円の減。

 次のページです。156ページ。

 2項道路橋りょう費1目道路橋りょう総務費5,596万1,000円、296万5,000円の減。1、職員人件費分2,374万円。2、道路橋りょう総務費3,222万1,000円。11節需用費におきまして、光熱水費380万円を計上しております。この中におきましては、ひらふ坂歩道のロードヒーティング電気代250万円ほどが増額となっております。次に、157ページ、13節委託料でございます。一番下、道道ニセコ高原比羅夫線歩道改良工事に伴う無電柱化引込事業委託料2,200万円。昨年と継続でございますが、600万円ほど減額となっております。

 2目道路修繕費5,442万1,000円、94万2,000円の減。

 次に、159ページです。

 3目道路新設改良費1億1,585万4,000円、2,481万8,000円の増。この中で、13節委託料1,135万円。一番上でございますが、北7条東通歩道造成工事建物調査業務委託料100万円、これを新に計上しているところでございます。それから、一番下の15節工事請負費1億250万円。西1丁目通3号道路、これはいわゆる都通でございますが、道路改良工事2,500万円ほか、道路改良5件の工事で、新規で計上しております。

 160ページです。

 4目除雪対策費3億6,052万円、1,630万4,000円の増。1、職員人件費分27万円。2、管理分3億6,025万円。4節共済費から、162ページの19節までの計上でございます。161ページ。13節委託料でございます。上から2行目、除雪業務委託料1億8,500万円。それから、その一つ下でございますが、排雪業務委託料6,450万円、ともに両方合わせまして200万円ほど増額計上としております。次に、162ページです。18節備品購入費4,442万6,000円。本年度におきましては、除雪専用トラック4,435万円の購入でございます。なお、昨年度は除雪ドーザーを購入しておりまして、1,200万円ほど、この18節では減額となっております。19節負担金におきましては、私道等除排雪補助金1,580万円、前年と同額を計上しております。

 5目橋りょう維持費1億3,313万円、9,270万円の増。この中で、15節工事請負費でございます、寒別橋橋梁修繕工事1億2,500万円、寒別橋橋梁修繕附帯工事800万円、本年度から新たに工事を実施するものでございます。

 下段。2項合計7億1,988万6,000円、1億2,991万5,000円の増。

 163ページ。

 3項河川費1目河川総務費215万5,000円、42万2,000円の増。

 2目河川改良費354万7,000円、606万5,000円の減。その中で、15節工事請負費でございます、砂利川等土砂撤去工事150万円、豊岡東4号沈砂池土砂撤去工事50万円を計上しております。

 下段。3項合計570万2,000円、564万3,000円の減でございます。

 164ページ。

 4項都市計画費1目都市計画総務費5,083万6,000円、827万7,000円の減。1、職員人件費分4,237万1,000円。2、都市計画分76万9,000円。165ページ。3、景観対策分70万8,000円。次に、166ページです。4、建築分122万円。5、新幹線推進分576万8,000円。13節委託料におきまして、新駅周辺施設整備計画検討業務委託料、継続実施するものでございます。

 次に、167ページ。

 2目公共下水道事業費2億7,421万8,000円、271万1,000円の増。公共下水道事業特別会計繰出金でございます。

 3目公園費4,336万1,000円、1,162万7,000円の増。4節共済費から、169ージ、18節までの計上でございます。168ページです。13節委託料、それから、下の15節工事請負費におきまして、六郷鉄道記念公園トイレ改修といたしまして、委託料で120万円、工事請負費で1,080万円、合わせて1,200万円を新規計上を図っております。

 次に、169ページ、下段でございます。

 4項合計3億6,841万5,000円、606万1,000円の増。

 次に、170ページです。

 5項住宅費1目住宅管理費1億3,243万9,000円。1、職員人件費分4,227万3,000円。2、住宅分6,941万8,000円。1節報酬から、172ページの19節までの計上でございます。その中で、昨年度でございますけれども、住宅分と次の3の補助事業分の中で、合わせまして、委託料、工事費におきましては、旧白樺団地跡地宅地分譲地造成事業分事業の工事終了によりまして、この目の中では6,683万8,000円ほどの減額となっております。171ページの15節です。工事請負費986万8,000円、しらゆき団地住戸改善工事436万8,000円、望羊団地テープヒーター設置工事550万円、合わせて986万8,000円の計上となっております。次に、172ページです。19節負担金・補助及び交付金3,802万5,000円。一番上、くっちゃん型住宅建設促進助成金3,500万円、これは新たな新規計上としております。それから、その下、住宅改修助成金300万円、これにつきましては、リフォームの助成終了によりまして1,400万円の減額計上となっております。3、補助事業分2,074万8,000円。13節委託料におきまして、ノースパークタウン秋棟長寿命化等改善工事実施設計業務委託料420万円を新たに計上。また、15節工事請負費におきましても、しらゆき団地住戸改善工事、継続実施でございます。

 下。公営住宅建設費1億6,980万5,000円の減。これは白樺団地3号棟建替工事終了によりまして、廃目となっております。

 5項合計1億3,243万9,000円、2億3,973万8,000円の減。

 8款合計、12億9,507万7,000円、1億1,368万円の減となっております。

 次のページ。

 9款消防費1項消防費1目消防費3億3,982万9,000円、1,352万4,000円の増。羊蹄山ろく消防組合負担金でございますけれども、これは消防団員の報酬の見直し、それから、デジタル指令台導入にかかわります起債の償還金、それから、3年ごとの退職手当組合特別精算金等の増によりまして増えております。

 2目災害対策費5億2,665万6,000円、5億2,253万8,000円の増。1、職員人件費分3万円。2、災害対策分142万1,000円。次、174ページ。3、防災施設費5億2,520万5,000円。15節の工事請負費におきまして、デジタル防災行政無線施設再整備事業設備設置工事5億2,500万円を計上しております。

 下段です。

 1項合計、9款合計、ともに8億6,648万5,000円、5億3,606万2,000円の増でございます。

 次のページ。

 10款教育費1項教育総務費1目教育委員会費328万1,000円、59万9,000円の減。

 次に、176ページです。

 2目事務局費8,093万1,000円、122万6,000円の増。1、職員人件費分6,383万2,000円。2、事務局費1,709万9,000円。

 次に、178ページです。

 3目財産管理費2,715万3,000円、108万6,000円の減。

 下段です。

 1項合計1億1,136万5,000円、45万9,000円の減。

 2項小学校費1目学校管理費8,401万8,000円、40万2,000円の増。4節の共済費から、181ページ、18節までの計上でございます。

 181ページをお開きください。

 2目教育振興費4,951万3,000円、429万7,000円の増。7節賃金から、183ページ、20節までの計上でございます。182ページです。13節委託料、通学バス運行委託料1,768万2,000円。昨年と比べまして100万円ほどの増額となっております。

 次に、183ページ、下段です。

 2項合計1億3,353万1,000円、469万9,000円の増。

 次に、184ページです。

 3項中学校費1目学校管理費3,648万7,000円、6億4,327万4,000円の減。4節共済費から、185ページ、18節までの計上でございます。この中で、昨年度、委託料及び工事費、備品購入費、合わせて、倶中増改築事業の終了によりまして6億3,700万円ほどの減額となっております。

 186ページです。

 2目教育振興費3,894万5,000円、43万4,000円の減。教育振興費でございます。この中で、7節賃金345万6,000円、これは、新たに臨時教員1人を雇用するために345万6,000円を計上してございます。それから、14節使用料及び賃借料でございます。真ん中あたり、教育用パソコン更新に係るリース料168万2,000円を新たに計上しております。

 それから、187ページ、下段です。

 3項合計7,543万2,000円、6億4,370万8,000円の減。

 次に、188ページ。

 4項幼稚園費1目幼稚園費2,450万円、136万2,000円の増。4項合計も同額でございます。

 5項社会教育費1目社会教育総務費5,601万7,000円、1万3,000円の増。1、職員人件費分5,309万9,000円。2、社会教育総務費291万8,000円。

 次に、190ページです。

 2目公民館費840万6,000円、2,437万8,000円の減。この目におきましては、公民館のトイレ改修工事、グランドピアノ購入終了によりまして2,400万円の減額となっております。

 191ページ。

 3目青少年教育費132万5,000円、14万9,000円の増。

 次のページです。192ページ。

 4目成人教育費92万2,000円、増減はありません。

 5目青少年センター費950万4,000円、193万7,000円の増。1、青少年センター費786万5,000円。次のページ、193ページ。2、世代交流センター費163万9,000円。

 次に、194ページです。

 6目文化振興費98万3,000円、1万3,000円の増。

 7目美術館費2,411万8,000円、127万6,000円の増。1節報酬から、196ページの19節までの計上でございます。196ページでございます。15節工事請負費、収蔵庫収納棚設置工事、美術館自立看板張替え工事、合わせまして127万2,000円の計上でございます。それから、18節備品購入費126万円、小川原脩美術作品1点購入126万円でございます。

 8目郷土資料館費1,070万6,000円、41万9,000円の増。

 次に、197ページ、下段です。

 5項合計1億1,198万1,000円、2,057万1,000円の減。

 次に、198ページです。

 6項保健体育費1目保健体育総務費4,734万3,000円、48万7,000円の増。1、職員人件費分3,145万9,000円。2、保健体育総務費1,588万4,000円。

 次に、200ページです。

 2目学校保健体育費1,256万7,000円、145万9,000円の増。学校保健体育費におきまして、11節需用費184万5,000円のうち、消耗品費180万円。この中には、フッ化物洗口用消耗品120万円ほどが増額となっております。

 それから、201ページ。

 3目体育館費3,644万8,000円、83万4,000円の減。4節共済費から、203ページの19節までの計上でございます。

 次に、204ページをお開きください。

 4目体育施設費4,376万7,000円、1,895万3,000円の増。1、体育施設費344万5,000円。205ページの2、水泳プール管理費2,752万7,000円。下の段、15節工事請負費でございます。プール暖房ボイラー更新工事450万円、以下、合わせまして2,010万円の計上となっております。次に、206ページです。3、パークゴルフ場管理費1,279万5,000円。

 それから、207ページ。

 5目町技普及振興費1,393万3,000円、259万3,000円の減。208ページの19節までの計上でございます。

 次に、209ページ。

 6目学校給食センター費1億9,546万5,000円、1,272万4,000円の増。1、職員人件費分5,233万円。2、学校給食センター分1億4,313万5,000円。1節報酬から、211ページの19節までの計上です。210ページをお開きください。委託料の211ページのほうでございます。一番下、学校給食センター実施設計業務委託料2,677万1,000円を新たに計上しております。15節工事請負費401万1,000円、学校給食センター移転改築予定地の搬入路設置工事401万1,000円を計上しております。

 211ページ、下段です。

 6項合計3億4,952万3,000円、3,019万6,000円の増。

 次のページです。

 7項文化福祉センター費1目管理費3,816万4,000円、6,040万4,000円の減です。1、職員人件費分1,661万4,000円。2、管理費2,155万円。7節から、214ページ、19節までの計上でございます。この細目におきましては、耐震補強工事が終了したことによりまして、6,000万円ほどの減額となっております。

 次に、214ページの中段でございます。

 7項合計3,816万4,000円、6,040万4,000円の減。

 8項諸費1目諸費676万9,000円、301万7,000円の減です。これは、昨年の中学校の閉校事業終了によります補助金の減が主なものでございます。

 216ページ。

 2目障害児教育振興費1,177万3,000円、373万1,000円の増。7節賃金におきまして、学習支援員賃金1,100万円を計上しております。これは、支援員を本年度5人から10人に増員するため475万円の増額を図っております。

 次に、下段です。

 8項合計1,854万2,000円、71万4,000円の増。

 10款合計8億6,303万8,000円、6億8,817万1,000円の減。

 次のページ。

 11款災害復旧費1項公共土木施設災害復旧費1目道路橋りょう災害復旧費1,474万6,000円、910万9,000円の増。ここで、15節工事請負費でございますが、1,400万円を計上しております。これは、平成24年度の凍上災害復旧工事にかかる附帯工事分1,400万円でございます。

 下段。1項合計、11款合計、ともに1,474万6,000円、910万9,000円の増でございます。

 次に、218ページ。

 12款公債費1項公債費1目元金6億6,745万6,000円、3,172万4,000円の減。償還元金132件分でございます。

 2目利子1億1,647万円、206万円の減。これは、償還金利子176件、並びに、一時借入金利子でございます。

 3目公債諸費2万8,000円、増減はございません。

 1項合計、12款合計、ともに7億8,395万4,000円、3,378万4,000円の減です。

 次のページ。

 13款予備費1項予備費1目予備費250万円、前年同額でございます。

 1項合計、13款合計、ともに同額でございます。



○議長(鈴木保昭君) 暫時休憩をいたします。

               午前10時37分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時51分 再開



○議長(鈴木保昭君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第1 前回の議事を継続いたします。

 総務部長より説明をお願いいたします。



◎総務部長(関口肇君) それでは、引き続き、歳入について御説明を申し上げます。13ページをお開きください。

 1款町税1項町民税1目個人7億593万1,000円、5,826万3,000円の増。1、現年課税分7億379万8,000円。2節滞納繰越分213万3,000円。

 2目法人9,736万7,000円、3,935万6,000円の減。1節現年課税分9,735万3,000円。14ページ。2節滞納繰越分1万4,000円。

 1項合計8億329万8,000円、1,890万7,000円の増。

 次のページ。

 2項固定資産税1目固定資産税8億8,067万3,000円、1,919万円の減。1節現年課税分8億7,649万円。2節滞納繰越分418万3,000円。

 2目国有資産等所在市町村交付金1,814万1,000円、40万8,000円の減。

 2項合計8億9,881万4,000円、1,959万8,000円の減。

 次のページです。16ページ。

 3項軽自動車税1目軽自動車税2,284万5,000円、41万8,000円の増。1節現年課税分2,283万円。2節滞納繰越分1万5,000円。

 3項合計2,284万5,000円、41万8,000円の増。

 17ページ。

 4項町たばこ税1目町たばこ税1億8,280万2,000円、3,039万6,000円の増。4項合計も同額でございます。

 5項入湯税1目入湯税2,082万円、127万円の減。5項合計も同額でございます。

 18ページです。

 6項都市計画税1目都市計画税7,723万2,000円、6万9,000円の増。1節現年課税分7,687万1,000円。2節滞納繰越分36万1,000円。

 6項合計7,723万2,000円、6万9,000円の増。

 1款合計20億581万1,000円、2,892万2,000円の増。

 2款地方譲与税1項1目地方揮発油譲与税2,800万円、100万円の減。1項合計も同額でございます。

 次のページ。

 2項1目自動車重量譲与税6,900万円、100万円の減。2項合計も同額でございます。

 2款合計9,700万円、200万円の減。

 3款利子割交付金1項1目利子割交付金368万1,000円、119万6,000円の減。1項合計、3款合計、ともに同額でございます。

 4款配当割交付金1項1目配当割交付金150万円、50万円の増。1項合計、4款合計も、ともに同額でございます。

 次に、20ページです。

 5款株式等譲渡所得割交付金1項1目株式等譲渡所得割交付金50万円、増減はございません。1項合計、5款合計も、ともに同額でございます。

 6款地方消費税交付金1項1目地方消費税交付金1億6,900万円、400万円の増。1項合計、6款合計、ともに同額でございます。

 7款ゴルフ場利用税交付金1項1目ゴルフ場利用税交付金780万円、300万円の減。1項合計、7款合計、ともに同額でございます。

 8款自動車取得税交付金1項1目自動車取得税交付金1,700万円、100万円の減。1項合計、8款合計、ともに同額でございます。

 9款国有提供施設等所在地市町村助成交付金1項1目国有提供施設等所在地市町村助成交付金63万3,000円、15万円の減。1項合計、9款合計、ともに同額でございます。

 10款地方特例交付金1項1目地方特例交付金500万円、増減はございません。1項合計、10款合計も、ともに同額でございます。

 22ページ。

 11款地方交付税1項1目地方交付税24億4,600万円、1,100万円の増。1節地方交付税におきまして、普通地方交付税21億3,300万円、特別地方交付税3億1,300万円。特別交付税につきましては、4,500万円の増を見込んでおります。1項合計、11款合計、ともに同額でございます。

 12款交通安全対策特別交付金1項1目交通安全対策特別交付金300万円、増減はございません。1項合計、12款合計、ともに同額でございます。

 13款分担金及び負担金1項負担金1目民生費負担金6,693万9,000円、855万1,000円の増。1節児童福祉費負担金4,387万円。2節老人福祉費負担金500万円。24ページです。3節障害児早期療育推進費負担金1,419万6,000円。4節認定審査会共同設置負担金248万1,000円。5節養育医療費負担金139万2,000円。これは、歳出のほうでもお話ししました、法定移譲事務として支給事務の北海道から移譲となるための新規計上でございます。

 2目農林水産業費負担金671万8,000円、13万8,000円の増。

 3目教育費負担金48万1,000円、増減はございません。

 1項合計、13款合計、ともに7,413万8,000円、868万9,000円の増。

 25ページ。

 14款使用料及び手数料1項使用料1目行政財産使用料382万円、2万1,000円の減。1節土地使用料66万8,000円。2節建物使用料315万2,000円。

 2目総務使用料245万円、22万1,000円の増。

 3目衛生使用料285万円、増減はありません。

 4目農業使用料923万6,000円、17万1,000円の増。

 5目土木使用料9,783万8,000円、168万5,000円の増。1節道路使用料423万4,000円。2節河川使用料93万1,000円。26ページです。3節公園使用料46万2,000円。4節住宅使用料9,221万1,000円。これにつきましては、白樺団地の3号棟が完成によりまして、10戸、270万円ほど増額となっております。また、滞納繰越額におきまして40万円の30%、12万円となっておりますが、これは滞納繰越額が260万円ほど減少になり、78万円減額となっているものでございます。

 6目教育使用料2,040万2,000円、258万円の減。1節社会教育使用料519万円。2節保健体育使用料1,521万2,000円。ここにおきまして、下から2行目、リフト使用料250万円を計上しております。これは、25年度から町内の小学生以下のリフト使用料を無料とするために、150万円減額計上となっております。

 1項合計1億3,659万6,000円、52万4,000円の減。

 2項手数料1目総務手数料749万円、3,000円の増。1節督促手数料30万9,000円。2節戸籍住民基本台帳手数料650万円。3節税証明手数料67万5,000円。4節営業証明手数料6,000円。

 2目民生手数料2万5,000円、増減はありません。

 次に、28ページです。

 3目衛生手数料3,070万8,000円、3万5,000円の増。1節清掃手数料3,024万5,000円。2節畜犬登録手数料45万1,000円。3節犬の飼育管理手数料1万2,000円。

 4目農林水産業手数料32万4,000円、1万6,000円の増。

 5目土木手数料50万1,000円。前年同額でございます。

 2項合計3,904万8,000円、5万4,000円の増。

 14款合計1億7,564万4,000円、47万円の減。

 29ページ。

 15款国庫支出金1項国庫負担金1目民生費国庫負担金3億3,796万円、101万3,000円の増。1節身体障害児者福祉費負担金1,166万9,000円。2節児童手当国庫負担金1億6,677万6,000円。3節保険基盤安定国庫負担金564万3,000円。4節障害者介護給付費等国庫負担金1億5,276万8,000円。5節母子保健衛生費国庫負担金110万4,000円。なお、教育費国庫負担金は廃目となっております。3,740万円の減、これは倶中増改築事業終了によるものでございます。

 1項合計3億3,796万円、3,638万7,000円の減。

 30ページです。

 2項国庫補助金1目総務費国庫補助金1,377万4,000円、623万5,000円の増。1節総務費補助金1,377万4,000円。1番上でございます、地域公共交通確保維持改善事業費補助金とありますが、これは、じゃがりん号の運行補助金でございます。638万9,000円ということで、昨年度に比べまして458万9,000円の増額となっております。

 それから、2目民生費国庫補助金1,004万7,000円、97万2,000円の減。1節社会福祉費補助金549万5,000円。2節児童福祉費補助金455万2,000円。

 3目衛生費国庫補助金198万3,000円、2万4,000円の増。1節環境衛生費補助金106万円。2節保健衛生費補助金92万3,000円。

 4目商工費国庫補助金744万6,000円、全額増額でございます。1節観光費補助金におきまして、社会資本整備総合交付金として、ニセコ高原比羅夫線街路樹整備事業費負担分744万6,000円、これを新規計上としております。

 31ページ。

 5目土木費国庫補助金1億9,575万円、1,223万9,000円の減。1節道路橋りょう費補助金1億5,840万円。これは、社会資本整備総合交付金の北7条東通歩道造成工事分1,980万円は継続でございます。それから、雪寒道路除雪業務委託分2,600万円、これも継続となっております。それから、次の、ニセコ高原比羅夫線無電柱化に伴う引き込み事業分1,320万円も継続でございます。次に、橋梁長寿命化工事分、これは寒別橋修繕工事に係る分7,500万円、それから、雪寒機械購入分、これは除雪トラック購入分2,440万円でございます。2節都市計画事業費補助金600万円、これは六郷鉄道記念公園トイレ改修工事分600万円の新規計上でございます。3節住宅費補助金3,135万円。この中で、公営住宅等ストック総合改善事業分とございます、933万7,000円、これは、しらゆき団地改善工事分744万6,000円とノースパークの工事実施設計分189万1,000円でございます。それから、公的賃貸住宅家賃低廉化事業分、これは白樺団地建てかえに係る分でございます。それから、公営住宅家賃減免事業分245万円、それから、民間住宅施策推進補助事業分1,750万円、これにつきましては、くっちゃん型住宅建設補助事業に係る分でございます。

 次に、6目教育費国庫補助金501万2,000円、6,736万3,000円の減。1節小学校費補助金14万2,000円。2節中学校費補助金19万円。3節幼稚園就園奨励費補助金468万円。この6目におきましては、倶中増改築事業4,700万円と、それから、文化福祉センター耐震補強事業分2,063万3,000円、これが昨年で終了しておりますので、この分が減額となっております。

 2項合計2億3,401万2,000円、6,686万9,000円の減。

 32ページです。

 3項委託金1目総務費委託金1,086万4,000円、984万8,000円の増。1節総務管理費委託金1万4,000円。2節戸籍住民基本台帳費委託金50万円。3節選挙費委託金1,035万円、これは、参議院議員通常選挙費委託金でございまして、新たにこの節を設けております。

 2目民生費委託金228万9,000円、25万8,000円の減。1節社会福祉費委託金225万3,000円。2節児童福祉費委託金3万6,000円。

 3目土木費委託金290万円、増減はありません。

 3項合計1,605万3,000円、959万円の増。

 15款合計5億8,802万5,000円、9,366万6,000円の減。

 33ページ。

 16款道支出金1項道負担金1目民生費道負担金1億7,805万8,000円、948万9,000円の増。1節社会福祉費負担金323万2,000円。2節身体障害児者福祉費負担金583万4,000円。3節児童手当道負担金3,569万2,000円。4節保険基盤安定道負担金5,703万9,000円。次に、34ページです。5節障害者介護給付費等道負担金7,570万9,000円。6節母子保健衛生費道負担金55万2,000円。

 1項合計1億7,805万8,000円、948万9,000円の増。

 35ページ。

 2項道補助金1目総務費道補助金508万1,000円、59万3,000円の増。1節電源立地地域対策交付金440万円。2節土地対策費交付金8万8,000円。3節消費者行政活性化事業補助金59万3,000円。

 2目民生費道補助金3,676万5,000円、404万4,000円の減。1節社会福祉費補助金1,940万1,000円。2節児童福祉費補助金1,736万4,000円。

 36ページ。

 3目衛生費道補助金22万2,000円、1,129万2,000円の減。ここにつきましては、昨年、妊婦健診、子宮がんワクチン接種に係る補助金が廃止となりまして、交付税措置とされることになったために、この3目においては減額となっております。

 4目農林水産業費道補助金2,723万1,000円、103万9,000円の増。1節農業費補助金1,875万2,000円。2節林業費補助金847万9,000円。

 5目商工費道補助金150万円、全額の増でございます。これは、地域づくり総合交付金として比羅夫高原地域活性化事業計画の策定に係る補助金を新たに計上したものでございます。労働費道補助金、833万5,000円の廃目でございます。これは、緊急雇用創出事業の終了による減となっております。それから、土木費道補助金200万円の減、これも、地域景観づくり推進業務の終了によりまして廃目となっております。

 2項合計7,079万9,000円、2,253万9,000円の減。

 37ページ。

 3項委託金1目総務費委託金2,381万2,000円、76万2,000円の増。1節総務管理費委託金50万円。2節徴収費委託金2,220万円。3節戸籍住民基本台帳費委託金1万2,000円。4節統計調査委託金110万円。

 2目民生費委託金1,000円、増減はありません。

 3目農林水産業費委託金3万1,000円、3万円の増です。

 次に、38ページ。

 4目土木費委託金277万円、2万1,000円の減。1節除雪費委託金145万円。2節河川費委託金87万3,000円。3節都市計画費委託金5,000円。4節建築確認申請等委託金44万2,000円。

 下段。3項合計2,661万4,000円、77万1,000円の増。

 16款合計2億7,547万1,000円、1,227万9,000円の減。

 次のページ、39ページ。

 17款財産収入1項財産運用収入1目財産貸付収入2,719万円、293万1,000円の増。土地貸付収入673万5,000円。2節建物貸付収入1,694万1,000円。ここにおきまして、旧ハローワークを新幹線事務所として鉄運機構に貸し付けによりまして増額となっております。3節物品貸付収入351万4,000円。

 2目利子及び配当金43万3,000円、4万1,000円の増。

 1項合計2,762万3,000円、297万2,000円の増。

 2項財産売払収入1目不動産売払収入6,503万円、4,500万円の増。1節土地売払収入6,500万円。この土地売払収入につきましては、南3東2の旧職員住宅跡、これを3区画1,500万円。また、白樺団地分譲地、全18区画のうち5,000万円を見込み、計上をしております。2節建物売払収入1万円。次に、40ページです。3節立木売払収入2万円。

 2目物品売払収入1万円、1万円の減でございます。

 2項合計6,504万円、4,499万円の増。

 17款合計9,266万3,000円、4,796万2,000円の増。

 18款寄附金1項寄附金1目ふるさと応援寄附金1万円、増減はありません。

 2目一般寄附金50万7,000円、同じく増減はありません。

 3目社会福祉事業資金寄附金1万円、前年同額、増減はありません。

 4目教育振興資金寄附金1万円、同じく増減はございません。

 1項合計、18款合計、ともに53万7,000円、増減はありません。

 41ページ。

 19款繰入金1項基金繰入金1目財政健全化基金繰入金3億4,000万円、1億4,000万円の増。1節財政健全化基金繰入金でございますが、公共下水道事業、除排雪業務委託料事業、国庫特別会計法定外繰出金、それから、厚生病院の財政支援に充てるものでございます。

 2目国鉄胆振線代替輸送確保基金繰入金403万7,000円、113万9,000円の増。それから、ふるさと応援基金繰入金100万円、それから公共施設整備基金繰入金1億円、それから介護保険基金繰入金1,000円、いずれも廃目となっております。

 1項合計3億4,403万7,000円、4,013万8,000円の増。

 2項特別会計繰入金1目介護保険サービス事業特別会計繰入金381万6,000円、6万2,000円の減。

 それから、2目後期高齢者医療事業特別会計繰入金1,000円、前年同額でございます。

 2項合計381万7,000円、6万2,000円の減。

 19款合計3億4,785万4,000円、4,007万6,000円の増でございます。

 次に、42ページです。

 20款繰越金1項繰越金1目繰越金5,000万円、増減はございません。1項合計、20款合計、ともに同額でございます。

 21款諸収入1項延滞金・加算金及び過料1目延滞金105万円、増減はありません。

 2目加算金5万円、これも増減はございません。

 1項合計110万円、増減はございません。

 2項貸付金元利収入1目労働者生活資金貸付金元金収入1,500万円、前年同額でございます。

 2目地域総合整備資金貸付金元利収入714万2,000円、これも前年同額でございます。

 2項合計2,214万2,000円、増減はございません。

 3項受託事業収入1目後期高齢者医療広域連合受託事業収入59万円、2万6,000円の減。

 2目介護認定審査会受託事業収入1,855万3,000円、78万3,000円の増。 3目地域支援事業受託収入2,462万7,000円、1万9,000円の増。

 3項合計4,377万円、77万6,000円の増です。

 次に、44ページ。

 4項雑入1目滞納処分費30万円、増減はありません。

 2目弁償金30万1,000円、これも増減はありません。

 3目違約金及び延納利息1,000円、これも前年同額でございます。

 4目過年度収入1,000円、これも前年同額。

 5目宝くじ交付金収入300万円、これも前年同額でございます。

 6目学校給食費収入7,354万円、147万7,000円の減となっております。

 7目雑入1億7,348万8,000円。1節医療費返還金530万円。2節機構分収造林負担金754万2,000円。3節雑入1億6,064万6,000円。この中で、上から3行目でございます、後志広域連合派遣負担金2,293万2,000円ということで、373万7,000円の増額となっておりますが、これは派遣人員が2人から3人になったことによるものでございます。それから、真ん中あたりでございますが、当番病院開設町村負担金1,124万8,000円、これは関係町村の負担金が684万2,000円の増額となっております。それから、下から四つ目でございます、障害者相談支援事業町村負担金901万5,000円ということで、521万円の増額となっております。それから、46ページの下から2行です。コミュニティ事業補助金、これは高砂地域センター備品の助成金190万円の新規になっております。それでは、1番下段でございます。小切手未払資金組み入れ1,000円の減、廃目のためです。

 4項合計2億5,063万1,000円、2,763万6,000円の増。

 21款合計3億1,764万3,000円、2,841万2,000円の増。

 47ページ。

 22款町債1項町債1目民生債2,040万円、全額の増額でございます。これは北地域会館の耐震補強事業債、それから南地域会館の耐震補強事業債、合わせまして2,040万円でございます。

 2目農林水産業債730万円、180万円の増。

 3目土木債8,240万円、4,690万円の減でございます。この中で、道路橋梁整備事業債7,330万円。北7条東通歩道造成事業債、これは継続でございます、1,180万円。それから、雪寒機械購入事業債1,650万円。これは除雪トラックに係る分、それから、寒別橋修繕事業債、寒別橋に係る分4,500万円、合わせまして7,330万円の計上です。2節公営住宅建設事業債910万円。これは、しらゆき団地長寿命化改善事業債、継続に係るものでございます。

 4目消防債5億2,500万円、全額増額でございます。これは、デジタル防災行政無線の施設再整備事業債として計上するものでございます。

 5目辺地対策事業債1,600万円、これも全額増額となっております。辺地対策事業債ということで、これは、ひらふ高原5号線道路改良事業債でございます。

 6目臨時財政対策債3億1,600万円、400万円の減でございます。

 なお、教育債4億3,510万円、これは倶中改善改修、それから、文化福祉センター耐震補強等、終了いたしましたので、廃目でございます。

 1項合計、22款合計、9億6,710万円、7,720万円の増でございます。

 それでは、歳入が終わりまして、次に、7ページをお開きください。

 第2表、債務負担行為でございます。事項、期間、限度額の順で御説明を申し上げます。

 事務用パソコン借上料、平成26年度から平成30年度まで、747万1,000円。

 総合行政システムセンタープリンタ借上料平成26年度から29年度まで、616万円。

 LGWAN接続ルータ借り上げ、平成26年度から平成29年度まで、12万1,000円。

 財務会計システム借上料、平成26年度から30年度まで、550万4,000円。

 みなみ保育所給食調理業務委託事業、平成26年度、53万3,000円。

 倶知安保育所給食調理業務委託事業、平成26年度、41万5,000万円。

 JA農地取得資金利子補給金、平成26年度から50年度まで、201万1,000円。

 塵芥収集業務委託事業、平成26年度、154万6,000円。

 廃棄物処理業務委託事業、平成26年度、509万8,000円。

 次に、8ページです。

 資源回収業務委託事業(瓶・缶等)、平成26年度、61万8,000円。

 紙・プラ製容器包装処理業務委託事業、平成26年度、140万円。

 紙・プラ製容器包装収集業務委託事業、平成26年度、77万3,000円。

 生ごみ処理業務委託事業、平成26年度、327万2,000円。

 生ごみ収集業務委託事業、平成26年度、123万5,000円。

 資源処理業務委託事業、平成26年度、83万6,000円。

 中学校パソコン整備事業、平成26年度から30年度まで、1,093万3,000円。

 浄化槽設置に伴う水洗化工事資金利子助成金、平成26年度から30年度まで、平成26年度から平成30年度までに支払うべき利子に相当する部分を助成するものとする。

 倶知安町中小企業振興融資に係る利子補給金、平成26年度から32年度まで、平成26年度から平成32年度までに支払うべき利子に相当する部分を利子補給するものとする。

 次に、9ページです。

 第3表、地方債でございます。

 目的、限度額、方法、利率、償還の方法の順で御説明を申し上げます。

 北地域会館耐震補強事業費、970万円。普通貸借または証券発行。3%以内。ただし、利率の見直し方式で借り入れる政府資金及び銀行、その他について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法でございます。政府資金については、その融通条件により、銀行その他の場合には、その債権者と協定するものとする。ただし、町財政の都合により、据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還、または低利に借りかえすることができる。

 南地域会館耐震補強事業費、1,070万円。起債の方法、以下、条件は皆同じでございますので、省略いたします。

 公有林造林事業費、730万円。

 北7条東通歩道造成事業、1,180万円。

 雪寒機械購入事業債、1,650万円。

 次に、10ページです。

 寒別橋橋梁修繕事業費、4,500万円。

 しらゆき団地長寿命化改善事業費、910万円。

 デジタル防災行政無線施設再整備事業費、5億2,500万円。

 辺地対策事業費、1,600万円。

 臨時財政対策債、3億1,600万円。

 合計、9億6,710万円でございます。

 なお、2ページから6ページまでの第1表、歳入歳出予算、11ページ、12ページの歳入歳出予算事項別明細書の総括は、ただいまの再計でございますので、説明は省略させていただきます。

 また、220ページから227ページまでの給与費明細書、並びに、228ページから239ページまでの債務負担の支出予定額等に関する調書、地方債の現在高の見込みに関する調書、その他特別職報酬明細書につきましては、記載のとおりでございますので、説明を省略させていただきます。

 以上でございますので、審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) ありがとうございました。

 議案第2号、議案第3号及び議案第4号、中谷民生部長より説明を求めますが、12時まで説明してください。それ以降休憩をとって、また午後からということにしようかなというふうに思います。よろしくお願いいたします。

 中谷民生部長。



◎民生部長(中谷慎一君) それでは、国保会計について、議案第2号について御説明を申し上げます。

 予算書の国保、後段のほうでございます。まず、1ページをお開きいただきたいと思います。

 平成25年度虻田郡倶知安町国民健康保険事業特別会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億5,178万4,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 一時借入金。

 第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高限度額は4億円と定める。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 それでは、歳入歳出事項別明細の歳出より御説明申し上げます。

 11ページにお進みいただきたいと思います。

 3、歳出。

 1款総務費1項1目一般管理費、予算額2,938万7,000円、185万3,000円の増。1、職員人件費分といたしまして、一般職3名分で2,446万1,000円。2節から4節共済費までの計上でございます。2、国保係分492万6,000円。4節共済費から、次項19節までの計上でございます。12ページをごらんいただきたいと思います。この中で、13節委託料でございます。特定世帯に係る軽減延長に伴うシステム改修委託料18万9,000円、新規計上でございます。

 2目広域連合負担金、予算額6億110万7,000円、3,401万6,000円の増。19節負担金・補助及び交付金において、後志広域連合負担金6億410万7,000円を計上いたしてございます。

 1項合計、予算額6億3,349万4,000円、3,586万9,000円の増でございます。

 13ページ。

 2項1目賦課徴収費、予算額408万5,000円、13万9,000円の増でございます。1、賦課徴収費29万2,000円。11節、12節、需用費、役務費の計上。2、住民税分72万4,000円、需用費及び役務費の計上でございます。3、納税分306万9,000円。1節報酬から、次ページの27節公債費までの計上で306万9,000円でございます。

 次のページ、14ページでございます。

 2項合計、予算額408万5,000円、13万9,000円の増。

 3項1目運営協議会費、予算額22万3,000円、前年同額の計上でございまして、運営協議会、運営経費、1節報酬から19節負担金・補助及び交付金までの計上としてございます。

 3項合計、予算額22万3,000円。前年同額の計上。1款合計、予算額6億3,780万2,000円、3,600万8,000円の増となってございます。

 15ページでございます。

 2款保健事業費1項1目特定健康診査等事業費、予算額658万1,000円、129万7,000円の減。13節委託料で、特定健診等の委託料を658万1,000円計上してございます。

 1項合計、2款合計、ともに予算額658万1,000円、129万7,000円の減としてございます。

 3款公債費1項1目利子、予算額109万6,000円、前年同額の計上でございます。23節において、一時借入金利子を計上しているものでございます。1項、3款合計、それぞれ、ともに予算額109万6,000円、前年同額の計上となってございます。

 16ページでございます。

 4款諸支出金1項1目一般被保険者保険税還付金、予算額300万円、前年同額としてございます。23節におきまして、過年度分の保険税過誤納戻金、還付金300万円の計上でございます。

 2目退職被保険者等保険税還付金、予算額10万円、前年同額。23節の計上で10万円でございます。

 3目一般被保険者還付加算金、予算額20万円、前年同額。23節において、還付加算金20万円を計上してございます。

 4目退職被保険者等還付加算金、予算額5,000円、前年同額。23節における還付加算金5,000円の計上としてございます。

 1項合計、4款合計、ともに予算額330万5,000円、前年同額でございます。

 17ページでございます。

 5款予備費1項1目予備費、予算額300万円、前年同額。予備費として300万円の計上でございます。1項合計、5款合計、ともに予算額300万円で、前年同額の計上でございます。

 続いて、歳入を御説明申し上げます。

 国保の6ページにお戻りください。

 2、歳入。

 1款国民健康保険税1項1目一般被保険者国民健康保険税、予算額3億6,054万6,000円、9,932万7,000円の減でございます。1節医療給付費分現年課税分2億5,614万6,000円。2節後期高齢者支援金分現年課税分5,869万9,000円。3節介護納付金分現年課税分2,456万3,000円。4節医療給付費分滞納繰越分1,727万3,000円。5節後期高齢者支援金分滞納繰越分244万3,000円。6節介護納付金分滞納繰越分142万2,000円でございます。

 次に7ページ、次のページでございます。

 2目退職被保険者等国民健康保険税、予算額が1,937万3,000円、97万5,000円の増としてございます。1節医療給付費分現年課税分1,359万5,000円。2節後期高齢者支援金分現年課税分302万6,000円。3節介護納付金分現年課税分234万6,000円。4節医療給付費分滞納繰越分30万9,000円。5節後期高齢者支援金分滞納繰越分として5万5,000円。6節介護納付金分滞納繰越分として4万2,000円の計上でございます。

 1項合計、1款合計、ともに予算額3億7,991万9,000円、835万2,000円の減となってございます。

 8ページでございます。

 2款使用料及び手数料1項1目督促手数料、予算額10万円、前年同額の計上でございます。督促手数料でございます。項、款の計も、同額となってございます。

 3款繰入金1項繰入金1目一般会計繰入金、予算額2億4,352万5,000円、9,636万4,000円の増でございます。1節保険基盤安定繰入金(保険税軽減分)といたしまして5,136万円。2節その他一般会計繰入金1億9,216万5,000円としてございますが、この中の事務費等相当分の中に法定外繰り入れといたしまして、本年度から8,700万円ほど増額をして繰り入れることといたしております。

 1項合計、3款合計、ともに予算額2億4,352万5,000円、9,636万4,000円の増でございます。

 次ページでございます。

 4款繰越金1項1目繰越金、予算額1,000円、前年同額、前年度繰越金でございます。1項、それから4款、ともに1,000円の計上で、前年同額でございます。

 5款諸収入1項1目税附帯収入、予算額100万円、前年同額の計上で、保険税の滞納金分の計上でございます。項合計も同額でございます。

 2項1目預金利子、予算額1,000円、前年同額の計上で、預金利子1,000円の計上でございます。項合計も同額でございます。

 次のページ、10ページでございます。

 3項1目後志広域連合受託事業収入、予算額658万1,000円、129万7,000円の減。1節後志広域連合受託事業収入でございます。項合計も同額となってございます。

 4項1目雑入、予算額2,065万7,000円、5,200万4,000円の減でございます。1節雑入におきまして、2,065万7,000円の計上としてございます。

 4項合計、予算額2,065万7,000円、5,200万4,000円の減。

 5款合計、予算額2,823万9,000円、5,330万1,000円の減となってございます。

 なお、2ページ、3ページの第1表、歳入歳出予算の歳入歳出、及び、5ページの国保会計歳入歳出予算事項別明細書、総括につきましては、ただいまの再計でございます。説明は省略をさせていただきます。

 また、18ページから25ページの給与費明細書につきましても、記載のとおりでございます。説明は省略をさせていただきます。

 以上でございます。

 続いて、後期高齢者の特別会計に行きたいと思います。

 後期高齢者のページ、第1ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第3号でございます。平成25年度虻田郡倶知安町後期高齢者医療事業特別会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の後期高齢者医療事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億4,730万7,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 それでは、9ページをお開きいただきたいと思います。事項別明細の歳出から御説明を申し上げます。

 3、歳出。

 1款総務費1項1目一般管理費、予算額240万1,000円、22万1,000円の増でございます。一般管理費240万1,000円、7節賃金から19節負担金・補助及び交付金までの計上でございます。本項合計も、同額の計上といたしてございます。

 2項1目賦課徴収費、予算額92万円、5,000円の増でございます。賦課徴収費といたしまして92万円、9節旅費から、次ページ、12節役務費までの計上でございます。2項合計、予算額92万円、5,000円の増でございます。

 1款合計、予算額332万1,000円、22万6,000円の増。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金1項1目後期高齢者医療広域連合納付金、予算額1億4,293万5,000円、1,277万6,000円の減としてございます。19節負担金・補助及び交付金といたしまして1億4,293万5,000円の計上でございます。 1項合計、2款合計、ともに予算額1億4,293万5,000円、1,277万6,000円の減でございます。

 11ページでございます。

 3款諸支出金1項1目還付金、予算額50万円、前年同額計上で、23節において還付金を計上してございます。

 2目還付加算金、予算額5万円、前年同額で、23節において還付に係る加算金5万円を計上するものでございます。

 1項合計、予算額55万円、前年同額でございます。

 2項1目繰出金、予算額1,000円、前年同額でございます。一般会計へ繰出金として1,000円の計上でございます。2項合計、予算額1,000円、前年同額。

 3款合計、予算額55万1,000円、前年同額でございます。

 12ページございます。

 4款予備費1項1目予備費、予算額50万円、前年同額として予備費に50万円を計上するものでございます。1項合計、4款合計、ともに予算額50万円で、前年同額の計上としてございます。

 6ページへお戻りください。歳入を説明申し上げます。

 2、歳入。

 1款後期高齢者医療保険料1項1目後期高齢者医療保険料、予算額1億604万9,000円、804万4,000円の減としてございます。1節現年度分1億514万円。2節滞納繰越分90万9,000円でございます。1項合計、1款合計、ともに予算額1億604万9,000円、804万4,000円の減でございます。

 2款使用料及び手数料1項1目督促手数料、予算額3万2,000円、前年同額でございます。1項、2款合計も、それぞれ、ともに3万2,000円、前年同額計上としてございます。

 7ページでございます。

 3款繰入金1項1目事務費繰入金、予算額899万4,000円、100万1,000円の減でございます。1節共通事務費繰入金466万2,000円。2節徴収事務費等繰入金433万2,000円。

 2目保険基盤安定繰入金、予算額3,221万8,000円、323万7,000円の減。1節保険基盤安定繰入金でございます。 1項、3款合計、ともに予算額4,121万2,000円、423万8,000円の減でございます。

 4款繰越金1項1目繰越金、予算額1,000円、前年同額で、前年度繰越金の計上としてございます。1項、4款合計、ともに1,000円の計上で、前年同額でございます。

 8ページでございます。

 5款諸収入1項1目延滞金、予算額5,000円、前年同額の計上でございます。

 2目過料、予算額4,000円、前年同額の計上でございます。1項合計、予算額9,000円、前年同額。

 2項1目預金利子、予算額3,000円、前年同額の計上で、預金利子でございます。本項合計も、同額でございます。

 3項雑入1目雑入、予算額1,000円、26万8,000円の減でございます。3項合計、予算額1,000円、26万8,000円の減。

 5款合計、予算額1万3,000円、26万8,000円の減でございます。

 なお、2ページ、3ページの第1表、歳入歳出予算の歳入歳出及び5ページの事項別明細書総括につきましては、ただいまの再計でございますので、説明は省略をさせていただきます。

 本議案につきましては、以上でございます。

 続きまして、介護サービスのほうに参りたいと思います。介護サービス事業の1ページの議案第4号を御説明を申し上げます。

 平成25年度虻田郡倶知安町介護保険サービス事業特別会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の介護保険サービス事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ381万7,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 まず、事項別明細、歳出より御説明申し上げます。

 5ページをお開きいただきたいと思います。

 3、歳出。

 1款基金積立金1項1目介護保険基金積立金、予算額1,000円、前年同額でございまして、25節において介護保険基金に1,000円を積み立てるものでございます。本項、本款、同額でございます。

 2款諸支出金1項1目他会計繰出金、予算額381万6,000円、6万2,000円の減としてございます。28節繰出金として、一般会計繰出金381万6,000円の計上でございます。1項合計、2款合計、ともに予算額381万6,000円、6万2,000円の減としてございます。

 続いて、前のページでございます。歳入でございます。

 2、歳入。

 1款サービス収入1項1目居宅支援サービス計画費収入、予算額381万6,000円、6万2,000円の減。1節居宅支援サービス計画費収入でございます。1項、1款、ともに予算額381万6,000円で、6万2,000円の減としてございます。

 2款財産収入1項1目利子及び配当金、予算額1,000円、前年同額でございまして、介護保険基金の利子1,000円を計上するものでございます。1項合計、2款合計、ともに予算額1,000円で、前年同額の計上としてございます。

 なお、2ページの第1表、歳入歳出予算の歳入歳出、及び、3ページの事項別明細書総括につきましては、ただいまの再計でございます。説明を省略をさせていただきます。

 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) この際、暫時休憩をいたします。

               午前11時51分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時33分 再開



○議長(鈴木保昭君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第1 前回の議事を継続します。

 議案第5号平成25年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算について説明をお願いいたします。

 三好水道課長。



◎水道課長(三好亨子君) 議案第5号を御説明申し上げます。

 公共下水道の1ページをお開き願います。

 議案第5号平成25年度虻田郡倶知安町公共下水道事業特別会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億7,833万2,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 債務負担行為。

 第2条、地方自治法第214条の規定により、債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、第2表、債務負担行為による。

 地方債。

 第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第3表、地方債による。

 一時借入金。

 第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は4億円と定める。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 内訳については、事項別明細で御説明申し上げますので、12ページをお開きください。

 歳出から御説明申し上げます。

 3、歳出。

 1款公共下水道事業費1項公共下水道事業費1目公共下水道管理費1億4,682万1,000円、782万円の増。1、職員人件費分1,431万6,000円。2節給料から4節共済費まででございます。2、下水道分1億3,250万5,000円。1節報酬から、14ページ27節公課費でございます。

 次に、15ページ。

 2目公共下水道建設改良費8,179万9,000円、7,662万9,000円の減。1、補助事業分1,300万円、委託料でございます。2、単独事業分6,879万9,000円。2節給料から、16ページの19節負担金・補助及び交付金でございます。

 16ページ、下段、1項合計、1款合計、ともに2億2,862万円、6,880万9,000円の減でございます。

 次に、17ページ。

 2款公債費1項公債費1目元金3億4,460万9,000円、1,150万4,000円の増。23節償還金・利子及び割引料でございます。

 2目利子1億469万5,000円、23節償還金・利子及び割引料でございます。

 1項合計、2款合計、4億4,930万4,000円、552万9,000円の増となっております。

 次に、18ページ。

 3款諸支出金1項諸費1目還付金31万円、前年同額でございます。償還金・利子及び割引料でございます。1項合計、3款合計、同額でございます。

 4款予備費1項予備費1目予備費10万円。前年同額でございます。1項合計、4款合計、同額でございます。

 次に、歳入でございます。

 8ページをお開きください。

 2、歳入。

 1款分担金及び負担金1項分担金1目公共下水道事業受益者分担金516万9,000円、158万3,000円の増。1節現年賦課分500万4,000円。2節滞納繰越分16万5,000円。

 1項合計516万9,000円、158万3,000円の増でございます。

 2項負担金1目公共下水道事業受益者負担金144万5,000円、30万1,000円の減。1節現年賦課分140万5,000円。2節滞納繰越分4万円。

 2項合計144万5,000円、30万1,000円の減。

 1款合計661万4,000円、128万2,000円の増となっております。

 次に、9ページ。

 2款使用料及び手数料1項使用料1目公共下水道使用料2億468万円、917万3,000円の減。1節現年賦課分2億429万8,000円。2節滞納繰越分38万2,000円。1項合計、2款合計、同額でございます。

 3款国庫支出金1項国庫補助金1目公共下水道事業補助金650万円、5,930万円の減。公共下水道事業補助金でございます。1項合計、3款合計、同額でございます。

 次に、10ページ。

 4款繰入金1項繰入金1目一般会計繰入金2億7,421万8,000円、271万1,000円の増。一般会計からの繰入金でございます。1項合計、4款合計、同額でございます。

 5款繰越金1項繰越金1目繰越金1万円、前年同額でございません。1項合計、5款合計、同額でございます。

 6款諸収入1項預金利子1目預金利子1,000円。1項合計、同額でございます。

 2項雑入1目雑入1万1,000円。1節消費税還付金1,000円。2節雑入1万円。2項合計、同額でございます。

 6款合計1万2,000円、前年同額でございます。

 7款町債1項町債1目公共下水道事業債1億8,630万円、120万円の増でございます。公共下水道事業債でございます。1項合計、7款合計同額でございます。

 次に、4ページをお開きください。

 第2表、債務負担行為。

 水洗便所改造等資金貸付金利子補給金。期間、平成26年度から平成30年度まで。限度額、平成26年度から平成30年度までに支払うべき利子に相当する部分を利子補給するものとする。

 水洗便所改造等資金貸付金に伴う損失補償。平成26年度から平成30年度まで。限度額、平成26年度から平成30年度までに生じた損失を補償するものとする。

 倶知安町下水道終末処理場処理業務委託事業。期間、平成26年度。限度額462万1,000円。

 次に、5ページ、第3表、地方債でございます。

 公共下水道事業債、限度額5,130万円。公共下水道事業費資本費平準化、限度額1億3,500万円。合計で1億8,630万円。起債の方法、利率、償還の方法については記載のとおりでございます。

 27ページ、債務負担行為に係る調書、28ページ地方債に関する調書、19ページから26ページの給与費明細については、記載のとおりのため省略させていただきます。2ページから3ページ、第1表、7ページ、総括表については、再計のため省略させていただきます。

 以上でございます。



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案第6号、福家商工観光課長。



◎商工観光課長(福家直人君) それでは、議案第6号を説明させていただきます。

 議案第6号平成25年度虻田郡倶知安町地方卸売市場事業特別会計予算。

 平成25年度虻田郡倶知安町の地方卸売市場事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ603万5,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算による。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 それでは、事項別明細書の歳出のほうから御説明申し上げますので、市場会計5ページをごらんください。

 3、歳出。

 1款市場事業費1項市場事業費1目市場事業費603万5,000円、115万9,000円の増でございます。1節の報酬から、次のページ、19節まで、記載のとおりでございますけれども、対前年におきまして増減の大きなものを御説明させていただきます。5ページの11節需用費におきまして、修繕料224万8,000円等を計上させていただいてございます。この分につきまして、新年度におきまして、事務所の南外壁修繕ほか、駐車場グレーチング等の補修等々の修繕におきまして、92万円ほどの対前年増額を見込んで計上してございます。

 続いて、歳入を御説明させていただきます。前のページ、4ページをごらんください。

 2、歳入。

 1款使用料1項使用料1目使用料602万5,000円、115万9,000円の増でございます。売上高割使用料、及び面積割使用料の金額、予算計上でございます。1項及び1款合計、ともに602万5,000円、前年115万9,000円の増でございます。

 2款繰越金1項繰越金1目繰越金1万円の計上、前年同額でございます。1項、2款、ともに同額の計上でございます。

 続いて、2ページ。

 歳入歳出予算、第1表、及び、3ページ、事項別明細の1、総括、及び、7ページの給与費明細書につきましては、記載のとおりでございます。再計でございますので、説明を省略させていただきます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) 続きまして、議案第7号、三好水道課長。



◎水道課長(三好亨子君) 議案第7号を御説明申し上げます。

 1ページをお開きください。

 議案第7号、平成25年度倶知安町水道事業会計予算。

 総則。

 第1条、平成25年度倶知安町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 業務の予定量。

 第2条、業務の予定量は、次のとおりとする。

 第1号、給水戸数、上水道7,128戸、簡易水道718戸、専用水道1戸。

 第2号、年間給水量、上水道187万800立方メートル、簡易水道30万2,000立方メートル、専用水道1万9,000立方メートル。

 第3号、1日平均給水量、上水道5,125立方メートル、簡易水道827立方メートル、専用水道52立方メートル。

 第4号、主な建設改良事業、配水管布設替工事外、メーター器更新事業。

 2ページをお開きください。

 収益的収入及び支出。

 第3条、収益的収入及び支出の総額は、次のとおりと定める。

 収入。

 第1款水道事業収益2億8,751万3,000円、第1項営業収益2億7,434万3,000円、第2項営業外収益1,317万円。

 支出。

 第1款水道事業費用3億42万1,000円、第1項営業費用2億5,875万6,000円、第2項営業外費用4,145万9,000円、第3項特別損失6,000円、第4項予備費20万円。

 資本的収入及び支出。

 第4条、資本的収入及び支出の予定額は次のとおりと定める。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億7,536万円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額701万2,000円、当年度分損益勘定留保資金1億1,493万4,000円、減債積立金5,000万円及び建設改良積立金341万4,000円で補填するものとする。

 収入。

 第1款資本的収入2,836万5,000円、第1項工事負担金780万円、第2項他会計負担金2,056万5,000円。

 支出。

 第1款資本的支出2億372万5,000円、第1項建設改良費1億3,951万円、第2項企業債償還金6,421万5,000円。

 一時借入金。

 第5条、一時借入金の限度額は、1億円と定める。

 議会の議決を経なければ流用することができない経費。

 第6条、次に掲げる経費については、これらの経費の金額をこれら以外の経費の金額に流用し、また、これら以外の経費をこれらの経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 第1号、職員給与費6,182万7,000円。

 第2号、交際費6万円。

 棚卸資産購入限度額。

 第7条、棚卸資産の購入限度額は182万3,000円と定める。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 内訳につきましては、附属説明資料で御説明申し上げます。25ページをお開きください。

 収益的収入明細書。

 1款水道事業収益2億8,751万3,000円、141万4,000円の減。

 1項営業収益2億7,434万3,000円、227万6,000円の減。1目給水収益2億5,328万3,000円、175万9,000円の減。上水道料金2億679万3,000円。簡易水道料金4,413万9,000円、専用水道料金235万1,000円。

 26ページをお開きください。

 2目その他の営業収益2,106万円、51万7,000円の減。手数料94万5,000円、委託料1,159万2,000円、加入金814万円、雑収入38万3,000円。

 2項営業外収益1,317万円。86万2,000円の増。

 1目受取利息5万円、1万円の減。

 2目他会計負担金1,116万6,000円。101万円の減。

 3目消費税及び地方消費税還付金188万3,000円、188万2,000円の増。これにつきましては、平成23年度の決算をもとに24年度を決定しておりましたけれども、23年度の収入が少なかったために、還付金の金額がふえたということでございます。

 4目雑収益7万1,000円。増減ございません。

 次に、27ページ。

 収益的支出明細。

 1款水道事業費用3億42万1,000円、2,104万8,000円の増。1項営業費用2億5,875万6,000円、2,598万2,000円の増。1目原水及び浄水費1,218万1,000円、493万7,000円の増。備消耗品費から公課費まででございます。

 次に、28ページ。

 2目配水及び給水費1,722万8,000円、157万6,000円の増。賃金から補償費まででございます。

 次に、29ページ。

 3目総係費9,507万5,000円、1,480万8,000円の増。給料から31ページ、負担金まででございます。

 次に、31ページ。

 4目簡易水道維持管理費1,784万6,000円、390万4,000円の増。賃金から、32ページ、公課費まででございます。

 次に、33ページ。

 5目専用水道維持管理費141万円、5,000円の減。賃金から公課費まででございます。

 33ページ、下段、6目職員厚生費7万8,000円、前年同額でございます。

 次に、34ページ。

 7目減価償却費1億295万円、161万6,000円の減。減価償却に要する費用でございます。

 8目資産減耗費1,198万8,000円、237万8,000円の増。資産除却に要する費用でございます。

 2項営業外費用1目支払利息3,632万4,000円、309万2,000円の減。企業債の利息でございます。

 2目消費税及び地方消費税503万5,000円、184万2,000円の減。

 3目雑支出10万円、前年同額でございます。

 35ページ。

 3項特別損失6,000円、前年同額でございます。1目過年度損益修正損6,000円、前年同額でございます。その他特別損失については、ゼロとなっております。

 4項予備費20万円、前年同額でございます。1目予備費20万円、同額でございます。

 36ページ。

 資本的収入明細書。

 1款資本的収入2,836万5,000円、441万6,000円の増。1項工事負担金780万円、345万1,000円の増。1目工事負担金780万円、345万1,000円の増。

 2項他会計負担金2,056万5,000円、96万5,000円の増。1目他会計負担金、同額でございます。

 次に、37ページ。

 資本的支出明細書。

 1款資本的支出2億372万5,000円、3,872万6,000円の増。1項建設改良費1億3,951万円、3,574万4,000円の増。1目配水設備拡張費1億423万8,000円、2,733万円の増。旅費から工事請負費まででございます。

 次に、39ページ。

 2目メーター費276万7,000円、56万9,000円の増。

 3目メーター改良費3,250万5,000円、784万5,000円の増。

 2項企業債償還金6,421万5,000円、298万2,000円の増。1目、同額でございます。

 4ページから6ページまでの実施計画書、7ページ、資金計画については、再計のため省略させていただきます。8ページから14ページの給与費明細については、記載のとおりでございますので省略させていただきます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案第8号、第10号、議案第11号及び第12号、熊谷総務課長より説明を求めます。

 熊谷総務課長。



◎総務課長(熊谷義宏君) それでは、初めに、議案第8号につきまして御説明申し上げます。

 議案第8号倶知安町財政健全化基金の費消について。

 平成25年度において、倶知安町財政健全化基金を次のとおり費消するため、議会の議決を求める。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、1、費消金額につきましては3億4,000万円以内。2といたしまして、費消目的といたしましては、公共下水道事業、除排雪業務委託事業、国民健康保険事業、救急医療等体制整備事業に充てるためというものでございます。

 議案第8号につきましては、以上でございます。御審議方、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、議案第10号につきまして御説明申し上げます。

 議案第10号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きになっていただきたいと思います。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 特別職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 改正の理由といたしましては、一番下段に記載しております。ごらんになっていただきたいと思います。改正理由といたしましては、倶知安町特別職職員報酬等審議会の答申に基づき、平成24年度に引き続き、平成25年度の町長及び副町長の給料月額を減ずること、並びに、本町の厳しい財政状況に鑑み、人件費の削減を行うため、期末手当の支給割合を減ずること、及び、期末手当基礎額に対する加算をしないことについて所要の改正を行うものでございます。

 内容につきましては、次のページに新旧対照をつけてございますので、そちらをごらんになっていただきたいと思います。

 下線部分が、変更になる部分でございます。

 附則、第8項中におきましては、「及び24年度」とあるのを、改正の「から平成25年度まで」に改めるものでございます。

 また、附則第9項中、「平成24年12月」とあるのを「平成25年12月」に改めるものでございます。

 具体的なものにつきましては、これまで独自削減を行っております6月期末手当につきましては、0.05カ月の減、また、12月におきましては0.1カ月の減。年間合わせて0.15カ月の独自削減。この部分につきまして、25年度も引き続き行うという内容のものでございます。

 前ページ、附則に返っていただきまして、附則。この条例は、平成25年4月1日から施行するという内容のものでございます。

 議案第10号は、以上でございます。

 次に、議案第11号につきまして御説明申し上げます。

 議案第11号倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部改正について。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 裏面をごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 倶知安町教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 改正理由につきましては、下段に記載のとおり、特別職と同等の内容となってございます。

 倶知安町特別職職員報酬等審議会の答申に基づき、平成24年度に引き続き、平成25年度の教育長の給料月額を減ずること、並びに、本町の厳しい財政状況に鑑み、人件費の削減を行うため、期末手当の支給割合を減ずること、及び、期末手当基礎額に対する加算をしないことについて所要の改正を行う内容となってございます。

 次のページに新旧対照表をつけてございます。

 附則第7項中におきましては、「及び平成24年度」とあるのを、「から平成25年度まで」に改め、また、附則第8項につきましては、「平成24年12月」とあるのを「平成25年12月」に改めるものでございます。

 具体の内容につきましては、特別職、町長、副町長と同じ期末手当の独自削減の内容を平成25年度も継続するというものでございます。

 前ページ、附則に返っていただきまして、この条例は、平成25年4月1日から施行するものでございます。

 議案第11号につきましては、以上でございます。

 引き続きまして、議案第12号を説明させていただきます。

 議案第12号倶知安町職員給与条例の一部改正について。

 倶知安町職員給与条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。

 倶知安町職員給与条例の一部を改正する条例。

 倶知安町職員給与条例の一部を次のように改正する。

 改正理由につきましては、下段に記載のとおりでございます。

 なお、改正ポイントといたしましては、2点ございます。まず1点目、平成24年度に引き続き平成25年度の職員の期末手当の支給割合を減ずること、及び、期末手当基礎額に対する加算をしないことについて、これが一つのポイントでございます。もう1点につきましては、並びに、平成23年度の人事院勧告に基づく経過措置の廃止に伴いまして、平成24年度の人事院勧告による若年層の昇級抑制を受けた回数等を考慮し、1号棒上位の号俸に調整するため所要の改正を行うものとなってございます。

 次のページに新旧対照表を記載してございます。

 改正内容につきましては、附則第12項中、「及び平成24年度」とあるのを「から平成25度まで」に改めるものでございます。

 具体の内容といたしましては、12月手当におきまして0.05カ月分の独自削減を行っておりますが、これを引き続き25年度も行うという内容のものでございます。

 前ページ、附則に返っていただきまして、附則、第1項施行期日、この条例は、平成25年4月1日から施行する。

 第2項といたしまして、平成25月4月1日における号俸の調整。平成25年4月1日において、31歳以上39歳未満の職員のうち、当該職員の平成19年1月1日、平成20年1月1日及び平成21年1月1日の昇級その他の号俸の決定の状況を考慮して、調整の必要があるものとして、町長の定める職員の平成25年4月1日における号俸はこの項の規定の適用がないものとした場合に同日に受けることとなる号俸の1号俸上位の号俸とするという内容のものでございます。

 以上、議案第12号について御説明申し上げました。御審議方、よろしくお願いするものであります。



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案第13号、斉藤住民課主幹、お願いいたします。



◎住民課主幹(斉藤裕子君) 議案第13号について御説明いたします。

 倶知安町国民健康保険税条例の一部改正について。

 倶知安町国民健康保険税条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きください。

 倶知安町国民健康保険税条例の一部を改正する条例。

 倶知安町国民健康保険税条例(昭和35年倶知安町条例第7号)の一部を次のように改正する。

 下段の説明の欄をごらんください。

 国民健康保険税の賦課限度額(介護納付金分)を改正するものであります。

 次に、4ページの参考の表をごらんください。

 この左の表が国で定める法定限度額です。平成25年につきましては、医療分が51万円、後期分が14万円、介護分が12万円、合計77万円です。右の表が倶知安町の限度額です。今回改正するのは、介護分の限度額を11万円から12万円に改正案でございます。この改正によりまして、国の法定限度額と倶知安町の限度額が同じになります。

 次に、新旧対照表、2ページをごらんください。

 第2条第4項です。11万円を12万に改正です。第22条、11万円を12万円に改正です。

 次に、1ページの附則の欄をごらんください。

 施行期日。

 第1項、この条例は、平成25年4月1日から施行する。

 適用区分。

 第2項、この条例による改正後の倶知安町国民健康保険税条例の規定は、平成25年度以降の年度分の保険税について適用し、平成24年度分までの保険税については、なお従前の例による。

 以上でございます。



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案第15号及び議案第16号、初山保健福祉課長、お願いいたします。



◎保健福祉課長(初山真一郎君) それでは、議案第15号について御説明いたします。

 倶知安町介護予防及び生活支援事業条例の一部改正について。

 倶知安町介護予防及び生活支援事業条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きいただきたいと思います。

 倶知安町介護予防及び生活支援事業条例の一部を改正する条例。

 倶知安町介護予防及び生活支援事業条例(平成12年倶知安町条例第3号)の一部を次のように改正する。

 2ページ目の下段のほうに改正理由の説明書きを記載してございますので、ごらんいただきたいと思います。

 次の理由により、条例の一部改正を行うものである。

 第1号、事業の対象者に要支援、要介護の状態に陥る可能性が高いと認められる者に準ずるものを加え、対象者の範囲を拡大すること。

 第2号、寝具の洗濯サービス手数料の額について所得区分を廃止すること。

 第3号、手数料の減免対象者を拡大し、規定を整備すること。現行は、通所型介護予防事業及び寝具洗濯サービス事業を対象としているが、これに軽度生活援助事業及び生活管理指導短期宿泊事業を加えるというものでございます。

 中身について、3ページ、4ページの新旧対照表で御説明をしたいと思います。

 まず、第3条第1号から第5号まで記載してございますが、ここにつきましては、それぞれ「町長」という文言を加えて、文言を整理してございます。なお、第3条第3号の部分の軽度生活援助事業については、ここのところに、その他これに準ずる者と町長が認め者ということで、この部分を拡大する部分で文言を入れてございます。

 それから、4ページ目の第4条ですけれども、ここは事業に係るサービスについては、全て町長に申請するという規定を設けてございます。

 それから、第5条、手数料の徴収です。この部分では、第3条の事業に係る、第1号と2号は除いて、3号、4号、5号の事業について、それぞれ規定をし直していまして、第3号におきましては、別表に定める額というものを用意していたのですけれども、この部分を廃止して、所得区分の廃止をしてございます。

 それから、第6条、手数料の減免については、第3条で規定している事業の全てを減免対象とする規定をここで設けております。

 それから、第7条につきましては、第3条第1号の通所型の介護予防の利用料をデイサービスセンターの設置管理条例に定める規定をしてございます。

 以上が内容でございまして、2ページ目の附則のほうでございます。

 附則。

 この条例は、平成25年4月1日から施行するということでございます。

 続きまして、議案第16号について御説明いたします。

 倶知安町老人デイサービスセンター条例の全部改正について。

 倶知安町老人デイサービスセンター条例の全部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 裏面をお開きいただきたいと思います。

 倶知安町老人デイサービスセンター設置管理条例。

 倶知安町老人デイサービスセンター条例、平成17年倶知安町条例第23号の全部を改正する。

 この改正理由につきましても、4ページ目の下段のほうに説明書きとして記載してございます。

 次の理由により、条例の全部を改正するものである。

 第1号、センターの利用の申請を要する者、及び、介護予防及び生活支援事業条例との関連で申請を要しない者について明記すること。

 第2号、利用料の額及び減免について規定を整備すること。

 第3号、その他規定全般について整備することということでございます。

 なお、この条例の改正内容につきましても、5ページから8ページ目まで記載してございます新旧対照表によって御説明したいと思います。

 まず、表題のほうです。老人デイサービスセンター条例を老人デイサービスセンター設置管理条例というふうに表題を変えてございます。

 それから、6ページ目の第6条で、利用時間を、10時からというものを9時からに改正してございます。

 それから、第7条の利用者の範囲ということで、ここの第3号のところで、生活保護法の規定による居宅介護の後に、「及び介護予防(介護保険法第8条の2第7号に規定する介護予防通所介護に限る。)」という部分を加えてございます。

 それから、第4号では、「倶知安町介護予防及び生活支援事業条例(平成12年倶知安町条例第3号)第3条第1号イに規定する通所型介護予防事業の実施が適当であると町長が認める者」というものを加えております。

 その後、第5号は番号を繰り下げております。

 それから、第8条の利用の申請等ということで、町長への利用申請を利用対象者により規定をしたということで、第7条でうたっている第4号、第5号については、町長に対しての申請が必要というものを規定をしている。

 それから、7ページ目の利用定員から第12条の利用料までは、これは、条例番号の繰り下げをしてございます。

 それから、第12条の第3項で、利用料の額をうたい直してございます。第1号で第7条の第2号、第3号に掲げる部分という部分を、これは介護保険法の規定に基づいて指定居宅サービス事業者に支払うべき額ということにしておりまして、第2号、第3号につきましては、それぞれ金額をここで明記してございます。

 それから、8ページ目、第13条、利用料の減免ということです。ここでは、介護予防及び生活支援事業条例による改正と整合した減免をここで規定してございます。

 その後の部分は、条例番号の繰り下げをしてございます。

 以上が、改正の内容でございます。

 戻りまして、附則です。

 附則。

 この条例は、平成25年4月1日から施行するという内容で、どうぞ御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案第20号。

 三好水道課長より説明を求めます。



◎水道課長(三好亨子君) 議案第20号を御説明申し上げます。

 倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について。

 倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を次のように改正する。

 平成25年3月4日提出、倶知安町長。

 1ページ目、ごらんください。

 倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例。

 倶知安町公営企業に従事する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を次のように改正する。

 改正の理由でございますが、下段、説明をごらんください。

 平成24年に引き続き、平成25年12月に支給する職員の期末手当の支給割合を減ずるため所要の改正をするものであり、町職員の例に合わせての改正でございます。

 内容につきましては、2ページの新旧対照表で御説明を申し上げます。

 附則の7でございますが、「平成23年及び平成24年」とありましたのを「平成23年から平成25年まで」に改正するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の議決



○議長(鈴木保昭君) お諮りします。

 本日の会議は、これで延会したいと思います。御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会宣告



○議長(鈴木保昭君) 本日は、これで延会することに決定いたしました。

 本日は、これで延会をいたします。ありがとうございます。

                         延会 午後2時39分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                         平成  年  月  日

  議長

  署名議員

  署名議員

  署名議員

  署名議員