議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 倶知安町

平成24年  7月 臨時会(第5回) 07月06日−01号




平成24年  7月 臨時会(第5回) − 07月06日−01号







平成24年  7月 臨時会(第5回)



          平成24年第5回倶知安町議会臨時会

               会議録(第1号)

                         平成24年7月6日(金曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員

  1番  樋口敏昭君    2番  笠原啓仁君

  3番  竹内 隆君    4番  作井繁樹君

  5番  田中義人君    6番  伊達 隆君

  7番  磯田龍一君    8番  佐名木幸子君

  9番  鈴木保昭君   10番  榊 政信君

 11番  原田芳男君   12番  森下義照君

 13番  鈴木芳幸君   14番  盛多勝美君

 15番  阿部和則君   16番  三島喜吉君

●欠席議員

  なし

●地方自治法第121条の規定により出席を求めた者

 倶知安町長              福島世二君

 倶知安町教育委員会委員長       長谷 一君

 倶知安町代表監査委員         菅 清次君

●説明員

  副町長        藤田栄二君   総務部長       関口 肇君

  民生部長       中谷慎一君   経済部長       窪田 栄君

  総務部総務課長    熊谷義宏君   経済部建設課長    阿部優子君

  経済部建設課

             西江栄二君   経済部住宅都市課長  阿部吉一君

  豪雪対策室長

  経済部住宅都市課参事(兼)

             山下誠一君   教育長        小野寺 満君

  新幹線まちづくり推進室長

  学校教育課長     田中洋子君   学校教育課主幹    中村孝弘君

  監査委員室長     田中 忠君

●職務のため出席した議会事務局職員

  事務局長       田中 忠君   議事係長       亀岡直哉君

  庶務係長       石川美子君

●議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名について

 日程第2 会期の決定について

 日程第3 前回より継続審査の議案第6号 倶知安町債権管理条例の制定について

 日程第4 行政報告

 日程第5 議案第1号 倶知安中学校グラウンド改修工事請負契約の締結について

 日程第6 議案第2号 倶知安中学校特別教室備品購入契約の締結について

 日程第7 財産取得契約の締結について

                         開会 午前9時36分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会宣告



○議長(鈴木保昭君) ただいまから平成24年第5回倶知安町議会臨時会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議宣告



○議長(鈴木保昭君) 本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(鈴木保昭君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、盛多勝美君及び三島喜吉君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(鈴木保昭君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は、本日1日限りと決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木保昭君) 諸般の報告を事務局長からいたさせます。



◎事務局長(田中忠君) 諸報告を申し上げます。

 まず第一に、今臨時会に町長から別冊配付のとおり、議案第1号から議案第3号の提出がありましたので御報告申し上げます。

 次に、総務常任委員長から委員会審査報告書の提出がありましたので、その写しをお手元に配付しておきました。

 次に、町長から、行政報告と資料の提出がありましたので、お手元に配付しておきました。

 次に、今臨時会に出席を求めた者及び議案説明のため出席通知のありました者の職、氏名を一覧表にしてお手元に配付しておきました。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第6号



○議長(鈴木保昭君) 日程第3 前回より継続審査の議案第6号倶知安町債権管理条例の制定についてを議題といたします。

 本件について委員長の説明を求めます。

 阿部総務常任委員長。



◆総務常任委員長(阿部和則君) それでは、6月の定例会に置いて、総務常任委員会に付託された事件、審査の結果、次のとおり決定をいたしましたので、会議規則第77条の規定により御報告を申し上げます。

 事件の番号、議案第6号であります。

 件名、倶知安町債権管理条例の制定についてであります。

 審査の結果、原案可決すべきものと決定いたしました。

 次ページをお開きください。

 ?、審査事件。

 議案第6号倶知安町債権管理条例の制定について。

 ?、審査の経過につきましては、記載のとおりですので、御一読お願いをいたします。

 ?、審査の視点。

 倶知安町債権管理条例の制定の内容は、現行の倶知安町税外諸収入金の徴収に関する条例と倶知安町の債権の管理に関する条例を一本化し、統一基準とその他必要な事項を定め、あわせて他の関連条例を整備することによって、町の債権管理の適正を期することを目的としているので、それが適正な制定であるかに、視点を置き審査をいたしました。

 ?、審査の概要。

 審査に当たりましては、次の改正の主なポイントについて審査をいたしました。

 (1)債権の分類。町の債権を公債権と私債権に分け、さらに公債権を法の規定によって滞納処分ができる強制徴収公債権と、裁判所に申し立てをして債権の回収を行う非強制徴収公債権に区分し、それぞれの債権にあった債権管理を行う。

 (2)債務者の情報の共有化。納期限を経過した非強制徴収公債権・私債権の強制執行を行う際に、債務者の強制徴収公債権に関する情報を利用し、債務者の状況、財産その他必要な事項を把握し徴収に務める。

 (3)延滞金の率、最低額の変更。

 公債権を納付しないときの延滞金の率を地方税法の例により滞納処分ができることになっていることから、地方税法の例による率14.6%最低額、1,000円に変更する。

 (4)強制執行等の明文化。明文化することにより、様式等を統一し、この条例によって強制執行についての手続きを進めていく。

 以上の内容について審議した結果、今回の制定の趣旨はおおむね理解できるものとし、出席の全委員の認識は一致いたしました。

 ?、審査の結論。

 議案第6号倶知安町債権管理条例の制定については、出席の全委員一致で原案可決すべきものと決定いたしました。

 ?、審査意見。

 1、債務者の情報の共有化について、個人情報の管理、運用方法等についての具体的なルールを検討すべきである。

 2、債権額の大小にかかわらず、適正、公平な債権回収を行うべきである。

 以上、よろしく御審議のほどをお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから、委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これから、前回より継続審査の議案第6号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、前回より継続審査の議案第6号倶知安町債権管理条例の制定についてを採決します。

 本案の委員長報告は、原案可決です。

 この議案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、前回より継続審査の議案第6号は、委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 行政報告



○議長(鈴木保昭君) 日程第4 行政報告を行います。

 これを許します。

 福島世二町長。



◎町長(福島世二君) おはようございます。

 このたび、北海道新幹線札幌延伸の着工認可に関しまして、行政報告を行います。

 北海道新幹線については、最後の着工条件となる、並行在来線の経営分離について、本町を含む15沿線自治体の同意文書を北海道が取りまとめ、5月23日に国土交通省に提出していたところでありましたが、6月29日、皆様、報道等で御承知のとおり、国土交通省から、北海道新幹線の新函館(仮称)・札幌間を含む未着工3区間の工事着工認可が正式に出されました。認可の概要につきましては、別添資料のとおり、区間、駅の位置、路線延長、工事費等が記載されてございます。

 これにより、昭和48年の北海道新幹線の青森・札幌間の整備計画が決定されてから39年の年月を経て、ようやく札幌までの延伸、そして本町に新幹線駅ができることが決定いたしました。これまで、長い年月の間、北海道新幹線実現のために熱心に取り組んでこられた多くの関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 その朗報を受けまして、7月2日、着工認可を記念するセレモニーが、北海道新幹線建設促進期成会の主催により、札幌市で開かれ、私と、地元期成会会長であります倶知安商工会会議所会頭が出席し、これまで認可に向けて要望活動を行ってきた皆様と、喜びを分かち合ってまいりました。

 今後は、一日も早い早期開業を実現させるためにも、24年という長い工事期間の短縮について、北海道、沿線自治体、期成会等関係団体と連携しながら、国などに強く要望してまいりたいと考えております。

 同時に、新幹線開業を見据え、本町として、新幹線駅を想定した魅力あるまちづくりを進めるための取り組みを、町民各層の御協力をいただき、早急に立ち上げたいと考えております。引き続き、議員各位並びに町民の皆様の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げ、北海道新幹線札幌延伸の着工認可決定の行政報告といたします。

 終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これで、行政報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第1号



○議長(鈴木保昭君) 日程第5 議案第1号倶知安中学校グラウンド改修工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 本案は、地方自治法第117条の規定により、私は除斥となりますので、ここで議長席を副議長と交代いたします。

 退席をいたします。よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) それでは、議案第1号に対する質疑の議事は地方自治法第106条第1項の規定により、議長にかわりまして私が務めます。よろしくお願いいたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 中村学校教育課主幹。



◎学校教育課主幹(中村孝弘君) それでは、議案第1号について御説明をさせていただきます。

 議案第1号倶知安中学校グラウンド改修工事請負契約の締結について。

 倶知安中学校グラウンド改修工事施工のため、下記請負契約を締結する。

 平成24年7月6日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、契約の目的、倶知安中学校グラウンド改修工事。契約の方法、指名競争入札の結果不落札となり、最低入札業者と随意契約いたしました。

 契約の金額、1億4,647万5,000円。

 4、契約の相手方、白木・コーリン・加藤経常建設共同企業体。代表者といたしましては、白木建設工業株式会社となります。

 裏面をごらんいただきたいと思います。

 工事概要といたしまして、グラウンドの暗渠排水、表土、フェンス等の更新工事でございます。

 面積につきましては、グラウンド全体の2万4,000平米でございます。

 トラック中央部の芝、野球場・ソフトボール等につきましては、土仕上げ、暗渠等全面更新等を行います。

 工事場所につきましては、現倶知安中学校の倶知安町北5条西2丁目となります。

 工事の完成につきましては、平成24年11月30日を予定しており、入札につきましては、平成24年7月3日に施行いたしました。

 指名業者といたしましては、籐信建設株式会社ほか6社でございます。

 次ページの図面につきましては、グラウンドの平面図となっております。参考として、つけさせていただいておりますので説明を省略させていただきます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○副議長(笠原啓仁君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 質疑なしと認めます。

 これで、質疑を終わります。

 これから、議案第1号の討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第1号倶知安中学校グラウンド改修工事請負契約の締結についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(笠原啓仁君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第1号は、原案のとおり可決されました。

 ここで、議長の除斥を解きます。

 議長の入場を許可します。

     (議長 入場)



○副議長(笠原啓仁君) 私の役目は終わりましたので、ここで、議長席を議長と交代いたします。

     (副議長、議長と交代)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第2号



○議長(鈴木保昭君) 引き続き、議案等に対する議事を行います。

 日程第6 議案第2号倶知安中学校特別教室備品購入契約の締結についてを議題といたします。

 本案については、阿部和則君は、地方自治法第117条の規定に該当し、除斥されますので、退席を求めます。

     (阿部議員 退場)



○議長(鈴木保昭君) 本案について、提案理由の説明を求めます。

 中村学校教育課主幹。



◎学校教育課主幹(中村孝弘君) 議案第2号につきまして御説明をさせていただきます。

 議案第2号倶知安中学校特別教室備品購入契約の締結について。

 倶知安中学校特別教室備品購入のため、下記契約を締結する。

 平成24年7月6日提出、倶知安町長。

 記といたしまして、契約の目的、倶知安中学校特別教室備品購入。

 契約の方法、指名競争入札の結果落札。

 契約の金額、1,659万円。

 契約の相手方、有限会社平和事務機でございます。

 裏面をごらんいただきたいと思います。

 今回の備品購入概要といたしましては、特別教室内部改修工事に伴う作業用机等の購入でございます。

 数につきましては、理科室、2教室分で実験台16台。家庭科室、調理台10台。被服室、被服台9台。技術科室、技術机13台。美術室、美術机41台となり、教師用・準備室用等も含んでおります。

 納入場所につきましては、倶知安町北5条西2丁目、倶知安中学校各特別教室となり、納入期限につきましては、平成24年10月31日としております。

 入札につきましては、平成24年7月3日に行いました。

 指名業者といたしましては、株式会社川端文化堂ほか2社でございます。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。

 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) ちょっと認識、私もわからない部分があって、それぞれ共通にしておいたほうがいいかなと思うのでお聞きするのですが、こういった物件ですね、教室などに使う、こういう物件の指名願いというか取扱業者というのは、この3社だけなのでしょうか、それよくわからないものですから、お聞きします。



○議長(鈴木保昭君) 中村学校教育課主幹。



◎学校教育課主幹(中村孝弘君) 今回選定いたしました3社につきましては、学校備品の納入において実績がある町内業者でございます。さらに、指名願いの中で、学校備品を扱っているという業者でございます。

 それ以外に想定される業者につきまして、幾つか確認をいたしましたが、指名願いの中で学校備品に該当するという指名が出ていなかったということで、今回3社とさせていただきました。



○議長(鈴木保昭君) ほかに、質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで質疑を終わります。

 これから、議案第2号の討論を行います。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第2号倶知安中学校特別教室備品購入契約の締結についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第2号は、原案のとおり可決されました。

 ここで、阿部和則君の除斥を解きます。

 阿部和則君の入場を許可します。

     (阿部議員 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第3号



○議長(鈴木保昭君) 日程第7 議案第3号財産取得契約の締結についてを議題といたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 西江豪雪対策室長。



◎豪雪対策室長(西江栄二君) 議案第3号について御説明します。

 財産取得契約の締結について。

 下記の財産を取得することについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求める。

 平成24年7月6日提出、倶知安町長。

 記としまして、契約の目的、財産の取得(除雪ドーザの購入)

 契約の方法、指名競争入札の結果落札。

 契約金額、1,314万6,000円。

 契約の相手方、コマツ建機販売株式会社札幌支店になっております。

 裏面をごらんください。

 財産取得契約締結資料。

 1、名称・数量、除雪ドーザ1台、13t級車輪式、マルチプラウ・簡易脱着装置付。形式はWA270ー6。定格出力は140PS。

 納入場所は、倶知安町除雪機械センター。

 納入期限、平成24年11月15日。

 入札執行は、平成24年7月3日であります。

 指名業者としまして、コマツ建機販売株式会社札幌支店ほか4社となってます。

 以上、よろしく御審議のほどをお願いいたします。



○議長(鈴木保昭君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。

 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) ちょっとこれ違うのではないかと思ってお聞きするのですが、このコマツ建機販売株式会社札幌支店の住所ですね、石狩市なのですよね、札幌支店の住所は。倶知安町にあるのは札幌支店ではないというふうに思うのですよね。ホームページで調べると、コマツ建機の札幌支店というのは石狩市にあるとなってます。電話の市外局番0133ですから、どうしてこれ倶知安町に住所なんか、そこのところをお聞きします。



○議長(鈴木保昭君) 西江豪雪対策室長。



◎豪雪対策室長(西江栄二君) 石狩市の新港にあります支店につきましては、コマツ建機販売株式会社札幌カンパニー札幌支店ということで、自動車の分解整備事業として登録している名称でありますので、今回の契約の相手方につきましては、そこの登録ではなくて、コマツ建機販売株式会社の札幌支店という形での契約となっておりますので、その住所の登録が倶知安町字琴平142番地の4という形での競争入札の参加指名の届け出を出しているということで、住所はそのようになっております。

 以上です。



○議長(鈴木保昭君) 原田芳男君。



◆11番(原田芳男君) それが本当に正しいのでしょうね。札幌支店は倶知安にあるということでいいのかな。札幌に札幌支店はないですよね。その登記簿上どういうふうになっていますか。登記簿上がどういうふうになっているか、札幌支店であればちゃんと登記されていると思うので。



○議長(鈴木保昭君) 西江豪雪対策室長。



◎豪雪対策室長(西江栄二君) コマツ建機販売株式会社の本社の登記は神奈川県の相模原市のほうで登記になっております。そこの場所から、今回の倶知安町の住所につきましては、コマツ建機株式会社札幌支店ということで、倶知安の住所で委任をされて登録をされて申請をしているという形になって、指名願いが出ているということです。



○議長(鈴木保昭君) ほかに、質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) これで質疑を終わります。

 これから、議案第3号の討論を行います。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木保昭君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから、議案第3号財産取得契約の締結についてを採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。



○議長(鈴木保昭君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第3号は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会宣告



○議長(鈴木保昭君) これで、本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成24年第5回倶知安町議会臨時会を閉会いたします。

                         閉会 午前10時00分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                         平成  年  月  日

  議長

  署名議員

  署名議員