議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成26年  3月 臨時会(第1回) 03月28日−委員長報告・質疑・討論・採決−02号




平成26年  3月 臨時会(第1回) − 03月28日−委員長報告・質疑・討論・採決−02号







平成26年  3月 臨時会(第1回)





        平成26年第1回臨時会会議録(第2号)

               平成26年3月28日(金曜日)午前10時00分開会  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.日程第 2 議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北
         斗市青少年問題協議会条例の一部改正について
 1.日程第 3 議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号
         北斗市立季節保育所条例の一部改正について
 1.日程第 4 議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例
         の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の
         設置に関する協議について
 1.日程第 5 報告第1号平成26年度北斗市土地開発公社の事業計画及び会計予算につ
         いて
 1.日程第 6 選挙第1号選挙管理委員及び同補充員の選挙について
 1.日程第 7 同意第1号副市長の選任につき同意を求めることについて
 1.日程第 8 同意第2号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 1.日程第 9 同意第3号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 1.日程第10 同意第4号監査委員の選任につき同意を求めることについて
 1.日程第11 同意第5号固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることに
         ついて
 1.日程第12 同意第6号渡島公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 1.日程第13 諮問第1号人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて
 1.閉 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(21名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      3番 三 浦 利 明 君       4番 白 石 勝 士 君
      5番 白 戸 昭 司 君       6番 宮 下 寿 一 君
      7番 藤 田 啓 実 君       8番 ? 村   智 君
      9番 花 巻   徹 君      10番 寺 澤 十 郎 君
     11番 仲 村 千鶴子 君      12番 渡野辺 秀 雄 君
     13番 秋 田 厚 也 君      14番 坂 見 英 幸 君
     15番 栃 木 正 治 君      16番 水 上   務 君
     17番 小 泉 征 男 君      18番 中 井 光 幸 君
     19番 坂 本   勉 君      21番 高 田   茂 君
     22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇欠 席 議 員(1名)
      2番 泉   信 男 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      6番 宮 下 寿 一 君      17番 小 泉 征 男 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 市     長  高 谷 寿 峰 君    教 育 委 員 会  吉 元 正 信 君
                       委  員  長

 選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君    代 表 監査委員  奥 野 信 博 君
 委  員  長

 農業委員会会長  木 村 英 一 君
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  沢 村 俊 也 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  菅 井 利 通 君    民 生 部 長  石 川 英 明 君
 経 済 部 長  石 田   優 君    建 設 部 長  井 口   博 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  木 村 彰 宏 君

 総務部総務課長  工 藤   実 君    総  務  部  種 田   宏 君
                       企 画 財政課長

 総務部税務課長  宮 川   亨 君    総務部収納課長  今 野 正 男 君
 市民部市民課長  天 満 浩 之 君    市民部環境課長  出 口 弘 幸 君

 民  生  部  深 田 健 一 君    民  生  部  石 川 英 明 君
 社 会 福祉課長               保 健 福祉課長

 民  生  部  田 村 宏 美 君    経済部農林課長  浜 谷   浩 君
 国 保 医療課長

 経  済  部  山 崎 勝 巳 君    経済部観光課長  千 代   紳 君
 水産商工労働課長

 建設部土木課長  山 崎 孝 人 君    建  設  部  今 村 尚 ? 君
                       都 市 住宅課長

 建  設  部  田 中 正 人 君    建  設  部  梅 田 一 生 君
 上 下 水道課長               新幹線対策課長

 総 務 部総務課  楠 川   修 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  永 田   裕 君    学 校 教育課長  高 井 茂 昭 君
 社 会 教育課長  岡 村 弘 之 君
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────
〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  中 村   奨 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  ? 田 雄 一 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開会)

 ──────────────────



△開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) これより、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定によって、

     6番 宮 下 寿 一 君

    17番 小 泉 征 男 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告をいたします。

 本日の議事日程並びに本会議に出席する説明員及びその委任者は、その職氏名を印刷して、お手元に配布のとおりであります。

 次に、2番泉信男君から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 次に、説明員の欠席について報告いたします。

 吉元教育委員会委員長、木村農業委員会会長から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 次に、高谷市長から、本日の会議に遅参する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第2

  議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正についてまでの、以上3件を一括議題といたします。

 総務常任委員長の報告を求めます。

 三浦総務常任委員長。



◆総務常任委員長(三浦利明君) −登壇−

 総務常任委員会に付託された議案の審査結果を次のとおり報告いたします。

 1、事件名。

 (1)議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正について。

 (2)議案第12号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 (3)議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正について。

 2、審査の経過。

 3月25日委員会を開催し、副市長、担当部課長の出席を求め、提案説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、採決をし、結論を出しました。

 3、審査の結果。

 議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 理由。

 本件は、本年4月から職員の雇用と年金の接続を図るために導入する再任用制度により常時勤務する職員の増加及び定員適正化計画に基づく直近の職員数の削減に伴い、条例第3条各号に規定する職員の定数のうち、市長の事務部局の職員、教育委員会の事務部局の職員、水道事業に従事する職員及び教育委員会の所管に属する学校の職員の定数を削減するものであり、これにより職員定数の合計を245人から247人とするものであります。

 本件については、定員減をした部署の理由、教育委員会はどこがどのように減るのか、職員増についての考え方等についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第12号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 理由。

 本件は、職員が国及び道との人事交流、または公益的法人等への職員派遣による勤務地の異動、または単身赴任をしなければならない場合において、当該職員に対し、公務員給与制度上の地域手当及び単身赴任手当等を支給するため、給与条例及び関係条例の一部改正を行おうとするものであります。

 主な改正の内容については、勤務地を東京都内または札幌市内とする場合に支給する地域手当を第9条の2とし、勤務地の異動による単身赴任者に支給する単身赴任手当を第10条の3として、新たな条項を追加するとともに、単身赴任手当を支給される職員の住居手当について、配偶者等が居住する住宅にかかる住宅手当支給に関する規定を整備し、あわせて地域手当を基礎額等に含める時間外手当及び期末・勤勉手当等の関係する給与条項について、所要の改正を行い、平成26年4月1日から施行するものであります。

 また、このたびの給与条例の一部改正に伴い、関係条例の所要の整備を附則に規定するものであります。

 本件については、今まではどのように支給していたのか、他市の状況はどうなっているか、手当の金額は市町村で決められるのか等についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 理由。

 本件は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、これまで地方青少年問題協議会法で定められていた会長及び委員の要件が廃止され、市町村の条例で定めることとされたことにより、条例の一部改正を行おうとするものであります。

 主な改正の内容については、青少年の健全育成について、総合的に重要事項を調査、審議し、施策の適切な実施を期するため、関係機関相互の連絡調整を図らなければならないことから、会長はこれまでと同様、市長をもって充てることを規定しようとするものであります。

 なお、委員の構成については、青少年の健全育成に関する幅広い意見や専門的な分野からの意見を必要とするものであり、これまでと同様、関係行政機関の職員3名、学識経験者7名で組織しようとするもので、法律の施行にあわせ、平成26年4月1日から施行するものであります。

 本件については、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 失礼いたしました。最初のページの学校の職員の定数を削減するというふうに発言したみたいですけれども、増減するものであります。訂正させていただきます。

 以上、報告とさせていただきます。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第12号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第3

  議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第3 議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正についてまでの、以上4件を一括議題といたします。

 文教厚生常任委員長の報告を求めます。

 坂本文教厚生常任委員長。



◆文教厚生常任委員長(坂本勉君) −登壇−

 文教厚生常任委員会に付託された議案の審査結果を次のとおり報告する。

 事件名。

 (1)議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正について。

 (2)議案第15号北斗市奨学金条例の一部改正について。

 (3)議案第16号北斗市社会教育委員設置条例の一部改正について。

 (4)議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正について。

 審査の経過。

 3月25日火曜日、委員会を開催し、副市長、教育長、担当部課長の出席を求め、提案説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、採決をし、結論を出した。

 審査の結果。

 (1)議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 理由。

 本件は、昭和26年4月1日より茂辺地小学校と茂辺地中学校が併置校となり、茂辺地中学校の所在地を現在の茂辺地小学校の所在地に変更するものである。

 本件については、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (2)議案第15号北斗市奨学金条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 理由。

 本件は、北斗市の奨学金制度の対象者について、新たに高等専門学校と短期大学の専攻科に在学する生徒を追加しようとするものである。

 なお、この専攻科は、独立行政法人大学評価・学位授与機構が認定したものに限ることとし、施行日を公布の日からとするものである。

 本件については、独立行政法人大学評価・学位授与機構が認定した専攻科の数、公立高校・大学の学費はどのくらいかかるのかなどについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (3)議案第16号北斗市社会教育委員設置条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 理由。

 本件は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、これまで社会教育法で定められていた社会教育委員の委嘱基準が削除され、文部科学省令で定める委嘱基準を参酌し、市町村の条例で定めることとされたことにより、条例の一部改正を行おうとするものである。

 改正の内容については、第3条以下を繰り下げ、第2条に文部科学省令で規定する社会教育委員の委嘱基準を追加するもので、法律の施行にあわせ、平成26年4月1日から施行するものである。

 本件については、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 (4)議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 理由。

 本件は、平成24年度及び25年度の2カ年にわたり休止している東前季節保育所について、本年3月末をもって廃所とすることとしたため、条例の一部改正を行おうとするものである。

 東前季節保育所の運営再開については、これまで関係団体と協議を進めてきているが、地域の児童は、常設保育所への入所を希望し、季節保育所への入所の希望がないことから、開設困難な状況に至り、廃所しようとするものである。

 本件については、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上、文教厚生常任委員会の審査結果報告といたします。

 訂正をさせてもらいたいと思います。

 議案第14号の理由のところでありますけれども、本件は、昭和26年という発言をしておりますけれども、平成26年4月1日ということで訂正をさせていただきます。

 以上であります。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第15号北斗市奨学金条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第16号北斗市社会教育委員設置条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第4

  議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第4 議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議についてまでの、以上4件を一括議題といたします。

 産業建設常任委員長の報告を求めます。

 山本産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(山本正宏君) −登壇−

 産業建設委員会に付託されました議案の審査結果を次のとおり報告いたします。

 1、事件名。

 (1)議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について。

 (2)議案第19号市道路線の認定について。

 (3)議案第20号市道路線の廃止について。

 (4)議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議について。

 審査の経過。

 3月26日委員会を開催し、副市長、担当部課長の出席を求め、提案説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、採決をし、結論を出しました。

 審査の結果。

 議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 理由。

 本件は、函館圏都市計画新駅周辺地区地区計画の変更に伴い、新駅周辺地区地区整備計画区域の商業業務地区の一部を中層住宅地区に変更しようとするもので、本条例第3条に規定する建築物の用途の制限及び第6条に規定する建築物の敷地面積の最低限度について、それぞれ中層住宅地区を追加し、建築物の用途の制限等を新たに定め、施行日を公布の日からとするものであります。

 本件につきましては、高さ制限、建蔽率はどうなっているか、用途制限を受けるところから話があった場合の対応等についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第19号市道路線の認定について。

 原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 理由。

 本件は、今年度、道路法の改正により、道路ストック事業として修繕が可能となる道路について、道路法の適用が必須条件となったことから、市内の全路線を調査した結果、七重浜118号線、七重浜119号線、七重浜168号線、追分31号線、追分62号線については、開発行為による帰属後の未認定であり、追分98号線、久根別17号線、常盤17号線、押上2号線、押上8号線、押上15号線は道路改良工事後の未認定、さらに、七重浜126号線、東浜56号線については、寄付行為後の未認定であることが判明したことから、これらの路線について新たに市道として認定し、また、追分96号線につきましては、寄付行為により新たに市道として認定し、東浜21号線は終点変更のため、中野通60号線、中野通61号線、中野通62号線は開発行為による帰属のため、市渡第45号線は道道渡島大野停車場線の市道降格による移管のため、トラピスト通線は延長整備による終点変更のため認定がえをするものでございます。

 本件につきましては、未認定だった理由、未認定だったことによる影響、道道の移管により増となる予算額等についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第20号市道路線の廃止について。

 原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 理由。

 本件は、未認定路線の判明により、七重浜118号線、七重浜119号線、追分31号線、追分62号線、久根別17号線、常盤17号線、押上2号線、押上8号線、七重浜126号線については、起終点変更による認定がえ、東浜21号線は終点の変更による認定がえ、中山第2号線、中山第4号線は道路としての機能を有していないため、トラピスト線は終点の変更による認定がえが必要となったため、廃止するものであります。

 本件につきましては、東浜21号線は今まで除雪していたのか、市道に認定と廃止の仕方等についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議について。

 原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 理由。

 本件の函館市道「西桔梗中央線」は、北斗市と函館市との共同事業により拡幅整備を予定している道路で、拡幅整備に必要な用地について、北斗市の区域内に求めることとなることから、函館市道の一部が北斗市の区域内に設置されることになります。

 地方自治法第244条の3第1項の規定により、関係普通地方公共団体との協議により設けることができることとなっていることから、同条第3項の規定により議会の議決を得ようとするものであります。

 本件につきましては、道路の管理は別途協議となっているがどの程度進んでいるのか、拡幅により予想される交通量増の対策、道路と歩道の除雪の考え方等について、質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上、御報告申し上げ御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第19号市道路線の認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第20号市道路線の廃止についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第5

  報告第1号平成26年度北斗市土地開発公社の事業計画及び会計予算について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第5 報告第1号平成26年度北斗市土地開発公社の事業計画及び会計予算についてを議題といたします。

 報告を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました報告第1号平成26年度北斗市土地開発公社の事業計画及び会計予算について、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく報告でございまして、北斗市土地開発公社における平成26年度の予定事業につきましては、平成20年度に取得いたしました東前近隣公園用地について、引き続き市と連携を図りながら適切に管理することでございます。

 会計予算につきましては、収益的収支のみで、収入は事業外収益として受取利息1,000円、支出は販売及び一般管理費として理事会の開催費用など、19万1,000円をそれぞれ計上いたしております。

 以上、御報告申し上げます。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第6

  選挙第1号選挙管理委員及び同補充員の選挙について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第6 選挙第1号選挙管理委員及び同補充員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定いたしました。

 選挙管理委員には、種田信二君、森政勝君、大折伸明君、白尾陽子君、以上の諸君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名しました諸君を、選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名しました種田信二君、森政勝君、大折伸明君、白尾陽子君、以上の諸君が選挙管理委員に当選されました。

 次に、選挙管理委員補充員には、次の諸君を指名いたします。

 第1順位日計邦義君、第2順位柴田吉章君、第3順位澤田暁君、第4順位畠山恵子君、以上の諸君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名しました諸君を、選挙管理委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名しました第1順位日計邦義君、第2順位柴田吉章君、第3順位澤田暁君、第4順位畠山恵子君、以上の諸君が順序のとおり選挙管理委員補充員に当選されました。

 暫時休憩いたします。

 再開を10時50分ごろと予定しております。

   (午前10時34分 休憩)

 ──────────────────

   (午前10時46分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第7

  同意第1号副市長の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第7 同意第1号副市長の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 なお、高谷市長に置かれましては、病気療養復帰間もないことから、提案説明については、議席で着席のまま行うことを議長において、これを許可いたします。

 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) −登壇−

 大変失礼とは存じますが、ごらんのような状態でございますので、お許しをいただきまして、この席から着席のまま、ただいま上程されました同意第1号副市長の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方自治法第162条の規定に基づき副市長を選任することについて同意を得ようとするものでございます。

 現副市長の滝口直人君は、来る3月29日をもちまして任期満了となりますが、滝口君は、平成22年3月から現在まで副市長として私を補佐し、主に職員の担任する事務を監督し、すぐれた人格で、信望も厚く、識見豊かなことから再度適任と考え、選任いたしたいと存じます。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 そのまま暫時休憩いたします。

   (午前10時49分 休憩)

 ──────────────────

   (午前10時49分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△副市長挨拶

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) ただいま選任同意されました副市長より挨拶したい旨の申し出がありましたので、これを許します。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) ただいま副市長選任の議件につきまして、御同意をいただきましてまことにありがとうございました。これもひとえに議員の皆様方の御高配のたまものであると存じ、心より感謝とお礼を申し上げます。もとより浅学非才ではございますが、市長が目指す北斗市のまちづくりの実現のため、全身全霊を傾け努力してまいる所存でございます。議員の皆様方に置かれましては、変わらぬ御指導御鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、挨拶をさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(池田達雄君) 暫時休憩いたします。

 再開を11時5分ごろを予定しております。

   (午前10時50分 休憩)

 ──────────────────

   (午前11時05分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告を行います。

 高谷市長、楠川総務係長から、本日の会議を早退する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第8

  同意第2号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第8 同意第2号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました同意第2号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき教育委員会の委員を選任することについて、同意を得ようとするものでございます。

 現委員の吉元正信さんは、来る3月29日をもちまして任期満了となりますが、吉元さんは、平成20年12月から現在まで委員長として尽力され、教育行政に精通しておりますことから再度適任と考え、選任いたしたいと存じます。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第9

  同意第3号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第9 同意第3号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました同意第3号教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき教育委員会の委員を選任することについて同意を得ようとするものでございます。

 現委員の永田裕君は、来る3月29日をもちまして任期満了となりますが、永田君は、平成24年5月から現在まで委員として尽力し、教育行政に精通しておりますことから再度適任と考え、選任いたしたいと存じます。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 そのまま暫時休憩いたします。

   (午前11時09分 休憩)

 ──────────────────

   (午前11時09分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第10

  同意第4号監査委員の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第10 同意第4号監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました同意第4号監査委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方自治法第196条第1項の規定に基づき監査委員を選任することについて同意を得ようとするものでございます。

 監査委員は、財務管理、事業の経営管理、その他行政運営に関し、すぐれた識見を有する方を選任するものでございます。

 現委員の奥野信博さんが、本年5月28日をもちまして任期満了となりますので、その後任の委員といたしましては、茂辺地1丁目4番17号、現北斗市固定資産評価審査委員会委員の野口秀一さんを適任と考えまして提案するものでございます。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第11

  同意第5号固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第11 同意第5号固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました同意第5号固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方税法第423条第3項の規定に基づき固定資産評価審査委員会の委員を選任することについて同意を得ようとするものでございます。

 現委員の野口秀一さんから、来る5月28日付をもちまして委員辞職の申し出があり、これを承認いたしました。後任の委員といたしましては、渡島信用金庫上磯支店長などを歴任され、固定資産の評価に関し、識見豊かな本町3丁目18番13号、小林廣司さんを適任と考え、選任いたしたいと存じます。

 なお、任期につきましては、前任者の残任期間となりますので、平成27年3月29日までとなります。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第12

  同意第6号渡島公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第12 同意第6号渡島公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました同意第6号渡島公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき公平委員会の委員を選任することについて、同意を得ようとするものでございます。

 現委員の松井敏夫さんが、来る3月31日をもちまして任期満了となりますので、その後任の委員といたしましては、長万部町税務課長などを歴任され、人事行政に関し、識見豊かな山越郡長万部町字長万部325番地の4、小池孝司さんを適任と考え、選任いたしたいと存じます。

 よろしく御同意のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、これに同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、これに同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第13

  諮問第1号人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第13 諮問第1号人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました諮問第1号人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき法務大臣に対し、人権擁護委員の候補者を推薦することについて、意見を求めるものでございます。

 現委員の下重建治さんは、本年6月30日をもちまして任期満了となりますが、下重さんは、平成23年7月から在任し、広く社会の実情に通じ人権問題に精通しておりますことから再度適任と考え、推薦いたしたいと存じます。

 よろしく御賛同くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、異議なく答申することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、異議なく答申することに決定いたしました。

 ──────────────────



△閉会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 以上をもちまして、今臨時会に付議された案件は、全部終了いたしましたので、平成26年第1回北斗市議会臨時会を閉会いたします。

 どうも御苦労さまでございました。

       (午前11時17分 閉会)