議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成26年  3月 臨時会(第1回) 03月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成26年  3月 臨時会(第1回) − 03月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成26年  3月 臨時会(第1回)





        平成26年第1回臨時会会議録(第1号)

               平成26年3月24日(月曜日)午前10時00分開会  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 会 宣 告
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.日程第 2 会期の決定について
 1.日程第 3 諸般の報告について
 1.日程第 4 発議案第1号白石勝士君の議席の指定について
 1.日程第 5 発議案第2号議席の一部変更について
 1.日程第 6 議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北
         斗市青少年問題協議会条例の一部改正について
 1.日程第 7 議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号
         北斗市立季節保育所条例の一部改正について
 1.日程第 8 議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例
         の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の
         設置に関する協議について
 1.日程第 9 議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第6号
         平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算について
 1.日程第10 議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第10
         号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算について
 1.日程第11 議案第22号定住自立圏形成協定の締結について
 1.日程第12 議案第23号北海道市町村職員退職手当組合規約の変更に関する協議につ
         いて
 1.散 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(21名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      3番 三 浦 利 明 君       4番 白 石 勝 士 君
      5番 白 戸 昭 司 君       6番 宮 下 寿 一 君
      7番 藤 田 啓 実 君       8番 ? 村   智 君
      9番 花 巻   徹 君      10番 寺 澤 十 郎 君
     11番 仲 村 千鶴子 君      12番 渡野辺 秀 雄 君
     13番 秋 田 厚 也 君      14番 坂 見 英 幸 君
     15番 栃 木 正 治 君      16番 水 上   務 君
     17番 小 泉 征 男 君      18番 中 井 光 幸 君
     19番 坂 本   勉 君      21番 高 田   茂 君
     22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇欠 席 議 員(1名)
      2番 泉   信 男 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      5番 白 戸 昭 司 君      18番 中 井 光 幸 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君    代 表 監査委員  奥 野 信 博 君
 委  員  長

 農業委員会会長  木 村 英 一 君
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  沢 村 俊 也 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  菅 井 利 通 君    民 生 部 長  石 川 英 明 君
 経 済 部 長  石 田   優 君    建 設 部 長  井 口   博 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  木 村 彰 宏 君

 総務部総務課長  工 藤   実 君    総  務  部  種 田   宏 君
                       企 画 財政課長

 総務部税務課長  宮 川   亨 君    総務部収納課長  今 野 正 男 君
 市民部市民課長  天 満 浩 之 君    市民部環境課長  出 口 弘 幸 君

 民  生  部  深 田 健 一 君    民  生  部  石 川 英 明 君
 社 会 福祉課長               保 健 福祉課長

 民  生  部  田 村 宏 美 君    経済部農林課長  浜 谷   浩 君
 国 保 医療課長

 経  済  部  山 崎 勝 巳 君    経済部観光課長  千 代   紳 君
 水産商工労働課長

 建設部土木課長  山 崎 孝 人 君    建  設  部  今 村 尚 ? 君
                       都 市 住宅課長

 建  設  部  田 中 正 人 君    建  設  部  梅 田 一 生 君
 上 下 水道課長               新幹線対策課長

 総 務 部総務課  楠 川   修 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  永 田   裕 君    学 校 教育課長  高 井 茂 昭 君
 社 会 教育課長  岡 村 弘 之 君
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────
〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  中 村   奨 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  ? 田 雄 一 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開会)

 ──────────────────



△副市長の発言

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 開会に先立ちまして、滝口副市長より発言を求められておりますので、これを許します。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 議員の皆様方に置かれましては、本会議開会前の貴重なお時間をいただき、大変恐縮に存じております。

 市長の動静につきまして御報告申し上げます。

 市長は、病気療養のため入院をしておりましたが順調に回復し、去る3月22日に退院いたしました。退院してからまだ日が浅く、もう少しの時間、静養させていただき、体調を完全な状態に戻してから公務への復帰をしたいとのことから、本日の会議は欠席をさせていただくことになりました。心からおわびを申し上げ、議員の皆様方に置かれましては、よろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。

 ──────────────────



△開会宣告・開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) ただいまから、平成26年第1回北斗市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定によって、

     5番 白 戸 昭 司 君

    18番 中 井 光 幸 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△日程第2

  会期の決定について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、本日から28日までの5日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、今臨時会の会期は、本日から28日までの5日間とすることに決定いたしました。

 なお、会期日程は、既に配付のとおりであります。

 ──────────────────



△新議員の紹介

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) ここで、新議員の紹介をいたします。

 2月23日に行われました北斗市議会議員補欠選挙において当選されました白石勝士君を御紹介いたします。

 白石勝士君、当選の挨拶をお願いいたします。



◆4番(白石勝士君) このたびの補欠選挙で当選させていただきました白石勝士と申します。

 議会は3年ぶりでございますので、いささか緊張してございますが、市民の負託に応えられるよう全力で頑張ってまいりたいと思います。今後とも一つよろしくお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 以上で、新議員の紹介を終わります。

 ──────────────────



△日程第3

  諸般の報告について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第3 諸般の報告を行います。

 今臨時会において市長から提出された議件は、議案第1号より議案第23号まで及び報告第1号並びに同意第1号より同意第6号まで諮問第1号の以上31件であります。

 本日の議事日程は、印刷してお手元に配付のとおりであります。

 地方自治法第121条の規定によって本会議に出席する説明員及びその委任者は、その職、氏名を印刷してお手元に配付のとおりであります。

 次に、欠員となっておりました文教厚生常任委員1名は、委員会条例第7条第1項の規定により白石勝士君を2月28日付けで議長において指名をいたしましたので報告いたします。

 次に、2番泉信男君から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 次に、説明員の欠席について報告いたします。

 高谷市長、吉元教育委員会委員長から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第4

  発議案第1号白石勝士君の議席の指定について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第4 発議案第1号白石勝士君の議席の指定を行います。

 今回、当選になりました白石勝士君の議席は、会議規則第4条第2項の規定により4番に指定いたします。

 ──────────────────



△日程第5

  発議案第2号議席の一部変更について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第5 発議案第2号議席の一部変更を行います。

 今回、新たに当選になりました白石勝士君の議席の指定に関連し、会議規則第4条第3項の規定により議席の一部を変更いたします。

 藤田啓実君の議席を7番に変更いたします。

 それでは、ただいま指定いたしました議席にそれぞれお着き願います。

 ──────────────────



△日程第6

  議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第6 議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正についてまでの、以上3件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてより議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正についてまでの以上3件につきまして、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第11号北斗市職員定数条例の一部改正についてでございますが、本件は、本年4月から職員の雇用と年金の接続を図るために導入します再任用制度による常時勤務する職員の増加及び定員適正化計画に基づく直近の職員数の削減に伴い、条例第3条各号に規定する職員の定数のうち、市長の事務部局の職員、教育委員会の事務部局の職員、水道事業に従事する職員及び教育委員会の所管に属する学校の職員の定数を増減するものでございます。

 なお、このたびの改正によって、職員定数の合計を245人から247人とするものでございます。

 次に、議案第12号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正についてでございますが、本件は、職員が国及び道との人事交流、または公益的法人等への職員派遣による勤務地の異動、または単身赴任をしなければならない場合において、当該職員に対し、公務員給与制度上の地域手当及び単身赴任手当等を支給するため、給与条例及び関係条例の一部改正を行おうとするものでございます。

 主な改正の内容についてでございますが、勤務地を東京都内、または札幌市内とする場合に支給する地域手当を第9条の2とし、勤務地の異動による単身赴任者に支給する単身赴任手当を第10条の3として、新たな条項を追加するとともに、単身赴任手当を支給される職員の住居手当について、配偶者等が居住する住宅にかかる住宅手当支給に関する規定を整備し、あわせて地域手当を基礎額等に含める時間外手当及び期末・勤勉手当等の関係する給与条項について、所要の改正を行うもので、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 また、このたびの給与条例の一部改正に伴い、関係条例の所要の整備を附則に規定するものでございます。

 次に、議案第13号北斗市青少年問題協議会条例の一部改正についてでございますが、本件は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、これまで地方青少年問題協議会法で定められていた会長及び委員の要件が廃止され、市町村の条例で定めることとされたことによるものでございます。

 主な改正の内容についてでございますが、青少年の健全育成につきまして、総合的に重要事項を調査、審議し、施策の適切な実施を期するため、関係機関相互の連絡調整を図らなければならないことから、会長はこれまでと同様、市長をもって充てることを規定しようとするものでございます。

 なお、委員の構成につきましては、青少年の健全育成に関する幅広い意見や専門的な分野からの意見を必要とするものであり、これまでと同様、関係行政機関の職員3名、学識経験者7名で組織しようとするもので、法律の施行に合わせ、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本件に関しては、3件とも総務常任委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、3件とも総務常任委員会に付託の上、審査することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第7

  議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第7 議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正についてまでの以上4件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてより議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正についてまでの以上4件につきまして、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第14号北斗市立学校設置条例の一部改正についてでございますが、本件は、平成26年4日1日より茂辺地小学校と茂辺地中学校が併置校となり、茂辺地中学校の所在地を現在の茂辺地小学校の所在地に変更するものでございます。

 次に、議案第15号北斗市奨学金条例の一部改正についてでございますが、本件は、北斗市の奨学金制度の対象者について、新たに高等専門学校と短期大学の専攻科に在学する生徒を追加しようとするものでございます。

 なお、専攻科は、独立行政法人大学評価・学位授与機構が認定したものに限ることとし、施行日を公布の日からとするものでございます。

 次に、議案第16号北斗市社会教育委員設置条例の一部改正についてでございますが、本件は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、これまで社会教育法で定められていた社会教育委員の委嘱基準が削除され、文部科学省令で定める委嘱基準を参酌して市町村の条例で定めることとされたことによるものでございます。

 改正の内容についてでございますが、第3条以下を繰り下げ、第2条に文部科学省令で規定する社会教育委員の委嘱基準を追加するもので、法律の施行に合わせ、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第17号北斗市立季節保育所条例の一部改正についてでございますが、本件は、平成24年度及び25年度の2カ年にわたり休止している東前季節保育所につきまして、本年3月末をもって廃所することとしたため、条例の一部改正を行おうとするものでございます。

 東前季節保育所の運営再開につきましては、これまで関係団体と協議を進めてまいりましたが、地域の児童は、常設保育所への入所を希望し、季節保育所への入所の希望がないことから、開設困難な状況に至り、廃所しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本件に関しては、4件とも文教厚生常任委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、4件とも文教厚生常任委員会に付託の上、審査することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第8

  議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第8 議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議についてまでの以上4件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてより議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議についてまでの以上4件につきまして、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第18号北斗市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてでございますが、本件は、函館圏都市計画新駅周辺地区地区計画の変更に伴い、新駅周辺地区地区整備計画区域の商業業務地区の一部を中層住宅地区に変更しようとするもので、本条例第3条に規定する建築物の用途の制限及び第6条に規定する建築物の敷地面積の最低限度につきまして、それぞれ中層住宅地区を追加し、建築物の用途の制限等を新たに定め、施行日を公布の日からとするものでございます。

 次に、議案第19号市道路線の認定についてでございますが、今年度、道路法の改正により、道路ストック事業として修繕が可能となる道路について、道路法の適用が必須条件となったことから、市内の全路線を調査した結果、七重浜118号線、七重浜119号線、七重浜168号線、追分31号線、追分62号線につきましては、開発行為による帰属後の未認定であり、追分98号線、久根別17号線、常盤17号線、押上2号線、押上8号線、押上15号線は道路改良工事後の未認定。さらには、七重浜126号線、東浜56号線につきましては、寄附行為後の未認定であることが判明したことから、これらの路線について新たに市道と認定し、また、追分96号線につきましては、寄附行為により新たに認定し、東浜21号線は終点変更のため、中野通60号線、中野通61号線、中野通62号線は開発行為による帰属のため、市渡45号線は道道渡島大野停車場線の市道降格による移管のため、トラピスト通線は延長整備による終点変更のため認定がえをするものでございます。

 次に、議案第20号市道路線の廃止についてでございますが、先ほど申し上げました未認定路線の判明により、七重浜118号線、七重浜119号線、追分31号線、追分62号線、久根別17号線、常盤17号線、押上2号線、押上8号線、七重浜126号線につきましては、起終点変更による認定がえ、東浜21号線は終点の変更による認定がえ、中山第2号線、中山第4号線は道路としての機能を有していないため、トラピスト通線は終点の変更による認定がえが必要となったため廃止するものでございます。

 次に、議案第21号北斗市の区域内における函館市道の設置に関する協議についてでございますが、函館市道「西桔梗中央線」は、北斗市と函館市との共同事業により拡幅整備を予定している道路で、拡幅整備に必要な用地について、北斗市の区域内に求めることになります。したがいまして、函館市道の一部が北斗市の区域内に設置されることになり、地方自治法第244条の3第1項の規定により、関係普通地方公共団体の協議により設けることができることとされていることから、同条第3項の規定により議会の議決を得ようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本件に関しては、4件とも産業建設常任委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、4件とも産業建設常任委員会に付託の上、審査することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第9

  議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第6号平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第9 議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第6号平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についてまでの以上6件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第6号平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についてまでの以上6件につきまして、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算についてでございますが、歳出から申し上げますと、主な内容といたしましては、事務事業の確定見込みによる減額計上のほか、国の補正予算に伴う事業実施による追加、降雪回数の増加による除排雪経費の追加、総合体育館屋根火災に伴う復旧経費の追加、農業振興対策事業基金及び文教施設整備基金への積立金の追加となっております。

 なお、国の補正予算に伴う事業といたしましては、社会資本整備総合交付金事業、新幹線新駅周辺整備事業、市営住宅長寿命化事業で、合わせて11億2,247万8,000円を追加計上しております。

 そのほか追加補正の主なものといたしましては、国民健康保険事業特別会計繰出金、農業活性化対策農業振興事業経費、北海道新幹線駅部建設事業経費などとなっております。また、減額補正の主なものといたしましては、障がい者医療給付経費、後期高齢者医療広域連合負担金、土地区画整理事業特別会計繰出金などとなっております。

 次に、歳入につきましては、歳出に見合う国・道支出金、基金繰入金、諸収入、市債などをそれぞれ追加及び減額計上したほか、市税、地方交付税及び繰越金を追加計上しております。

 以上の結果、歳入歳出にそれぞれ15億2,835万3,000円を追加し、総額を223億1,866万4,000円とするものでございます。

 第2表、繰越明許費につきましては、新駅附帯施設整備負担金や新駅南北連絡通路整備負担金など12件の事業につきまして、事業完了が翌年度にわたることから繰り越しするものでございます。

 第3表、地方債の補正につきましては、総合分庁舎大規模改修事業に充てる地方債の廃止。市渡第2号線道路改良事業及び新駅周辺整備事業に充てる地方債については、国の補正予算に伴う事業実施による変更でございます。

 次に、国民健康保険事業特別会計補正予算についてでございますが、歳入歳出それぞれこれまでの実績及び3月までの執行見込みにより、所要の補正をしております。

 歳出につきましては、保険給付費の一般被保険者療養給付費及び出産育児一時金並びに共同事業拠出金の高額医療費共同事業医療費拠出金及び保険財政共同安定化事業拠出金などを減額計上しております。

 歳入につきましては、歳出に見合う国・道支出金、療養給付費と交付金、共同事業交付金などを追加、または減額計上したほか、一般会計繰入金及び国民健康保険税をそれぞれ追加及び減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出からそれぞれ1億2,994万4,000円を減額し、総額を65億4,422万1,000円とするものでございます。

 次に、後期高齢者医療事業特別会計補正予算についてでございますが、歳出につきましては、これまでの実績及び3月までの執行見込みにより、後期高齢者医療広域連合納付金などを減額計上しております。

 歳入につきましては、歳出に見合う財源として後期高齢者医療保険料、一般会計繰入金及び繰越金などを追加及び減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出からそれぞれ1,670万2,000円を減額し、総額を4億5,927万2,000円とするものでございます。

 次に、介護保険事業特別会計補正予算についてでございますが、歳入歳出それぞれこれまでの実績及び3月までの執行見込みにより所要の補正をしております。

 歳出につきましては、保険給付費の地域密着型介護サービス給付費及び介護予防サービス給付費を減額計上し、基金積立金の介護給付費準備基金積立金を追加計上しております。

 歳入につきましては、歳出に見合う財源として国・道支出金、支払基金交付金、一般会計繰入金及び繰越金などを追加及び減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出それぞれに1,637万8,000円を追加し、総額を36億4,539万円とするものでございます。

 次に、土地区画整理事業特別会計補正予算についてでございますが、歳出につきましては、事務事業の執行見込みによる減額計上のほか、国の補正予算に伴う事業実施により、土地区画整理事業経費を追加計上しております。

 歳入につきましては、歳出に見合う国・道支出金、諸収入、市債、一般会計繰入金をそれぞれ追加及び減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出にそれぞれ4,160万3,000円を追加し、総額を5億2,324万8,000円とするものでございます。

 第2表、繰越明許費につきましては、土地区画整理事業につきまして、事業完了が翌年度にわたることから繰り越しするものです。

 第3表、地方債の補正につきましては、土地区画整理事業に充てる地方債について、国の補正予算に伴う事業実施による変更でございます。

 最後に、下水道事業特別会計補正予算についてでございますが、歳出につきましては、事務事業の確定見込みにより、下水道事業費で特定環境保全公共下水道事業経費を減額計上しているほか、国の補正予算などに伴い、公共下水道事業経費及び函館湾流域下水道事業経費を追加計上しております。

 歳入につきましては、歳出に見合う財源として一般会計繰入金、諸収入及び市債を追加計上しております。

 以上の結果、歳入歳出にそれぞれ593万9,000円を追加し、総額を13億3,653万7,000円とするものでございます。

 第2表、繰越明許費につきましては、公共下水道事業及び函館湾流域下水道事業につきまして、事業完了が翌年度にわたることから繰り越しするものです。

 第3表、地方債の補正につきましては、流域下水道事業に充てる地方債について、国の補正予算に伴う事業実施による変更でございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

 初めに、議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入は項で行い、歳出は目で行います。

 歳出より行います。

 第2款総務費、1項総務管理費、5目財産管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目総合分庁舎及び支所費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 11目新幹線開業対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 12目諸費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項選挙費、2目参議院議員選挙費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目障がい者医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目高齢者福祉費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目高齢者医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目児童措置費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目農地費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第7款商工費、1項商工費、3目観光費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道路橋りょう費、1目道路維持費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目道路新設改良費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項都市計画費、2目土地区画整理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目街路事業費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目下水道費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目新幹線対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5項住宅費、1項住宅管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 9款消防費、1項消防費、2目災害対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項社会教育費、2目青少年健全育成費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、1目臨時災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項農林水産施設災害復旧費、1目臨時災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項文教施設災害復旧費、3目保健体育施設災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第13款職員給与費、1項職員給与費、1目職員給与費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 以上で、歳出を終わります。

 歳入に入ります。

 第1款市税、1項市民税。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項固定資産税。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第6款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第9款地方特例交付金、1項地方特例交付金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第10款地方交付税、1項地方交付税。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第13款使用料及び手数料、1項使用料。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第14款国庫支出金、1項国庫負担金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項国庫補助金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項委託金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第15款道支出金、1項道負担金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道補助金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第16款財産収入、2項財産売払収入。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第17款寄附金、1項寄附金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第18款繰入金、1項基金繰入金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第19款繰越金、1項繰越金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第20款諸収入、5項雑入。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第21款市債、1項市債。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 21番高田茂君。



◆21番(高田茂君) それで、21款のほうで、これ説明欄のほうに分庁舎改築、それから、市渡第2号線の改良、地域周辺整備事業と、こういうことで、いずれも3事業がそれぞれ合併特例債を受けているわけでございます。これもまた、まだ26年度のほうの補正には入っていないのですが、やはり、この動きをやっているわけなのですが、これなぜ、こういうふうなことになるのかと。せっかく当初で見ていたのが減額になってみたり、新しくまた入ってくると。国の補助との関係もあるのだろうけれども、この三つのことの内容を一つお知らせをいただきたいと。

 それから、これ合併特例債ですから、いわゆるこの特例債には、非常に効率な、いわゆる交付税がついているということでございまして、特例債を補助の後、残りに対する95%は起債できると。さらに、その掛ける70%、66.5%の交付税が受けられると。こういう仕組みになっているわけですね。

 したがって、合併は18年からですから、その10年間、平成18年だから平成27年までというふうになるのですが、この辺の期限はどのようになっているのか、これ、関連して聞くわけですけれども、期限がどういうふうになっているかということと、さらに、この起債をできる枠がどのくらい今日残っているのか、それをお知らせいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 御質問にお答えいたします。

 まず、総合分庁舎大規模改修事業によって2億600万円減となってございます。この理由につきましては、歳出の14ページごらんいただきたいのですが、国、道の補助金が、これは元気交付金でございます。元気交付金が新たに充当になるということでございましたので、これ、通常の集落活性化という補助も充てているのですが、それ以外の従前裏については合併特例債を充てていたのですが、その集落活性化事業の補助金の裏にも元気交付金が充たるということが判明いたしましたので、その分を充て、合併特例債を下げたと。特定財源を振りかえたということでございます。

 また、市渡第2号、新駅周辺整備につきましては、提案理由でも御説明いたしましたとおり、今般、国の補正予算で前倒しして繰越事業で実施いたします事業についての財源で、新たに増額して計上したものでございます。

 あと、合併特例債の期限でございますが、期限につきましては、合併後10年間ということになっておりましたが、済みません。2年ほど前の法改正によりまして、5年間の延長ができるということになってございます。したがって、北斗市においては、平成27年が10年目なのですが、それからさらに5年間、法律的には延長が認められる制度になったということでございますが、これは、合併計画を変更しなければならないという作業が伴います。これにつきましては、選挙が終わりまして、新市長とも十分相談した上で今後の事業見込みを立てながら、合併計画の延長についても検討してまいりたいというふうに考えております。

 それと合併特例債の枠という御質問がございました。



○議長(池田達雄君) 沢村総務部長。



◎総務部長(沢村俊也君) 高田議員の御質問にお答えを申し上げます。

 合併特例債の関係でありますけれども、合併特例債の10年間でいうところの算定されている額というのは、107億8,690万円という枠がございます。これは、情報的にはちょっと古いのですけれども、25年度の当初予算の状況の場面では、25年度の借り入れまでを予定して40億5,000万円ほど当初ではございました。その時点でいいますと、借り入れる残りの要素といいますか、それが67億円程度というようなことでございまして、今回の増減補正なり等を含めていけば、その分が結果としてふえてくるというようなことでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 高田茂君。



◆21番(高田茂君) 最後のその合併特例債の期限が18年から10年間ということだったのですが、課長の説明では5年間ほど延びたと、延長したと。こういうことでございます。これについてはわかります。

 それから当初計画。今、部長答えたように積み上げて107億円あったと。そのうち40億5,000万円ですから、あと67億ほど残があると、こういうことなのですね。これは何に使ってもいいという話にもならないわけですから、これ、条件があるわけですから、当初はやっぱりきちんと、この合併後これこれをやりますという事業がかなり並んだのですね、かなりといったって何十本もというほどでもないのですけれども、こういうことからすると、いわゆる第一次総合計画に載っているとおり、やっぱりこれらのことを忘れないで、ぜひ、これの効率なせっかくの特例債ですから100%でひとつ、何ていうのかな、予算計上して評価すると、住民サービスに持っていくと、こういうことも必要なのだろうと思いますけれども、その辺の考えはいかがですか。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 まず合併計画の延長については、法律上そのように5年間できたということで、市によっては合併計画、合併市町村計画、俗にまちづくり計画というものを変更しなければなりませんので、変更については今後検討してまいりたいということでございます。

 それと今、合併特例債の考えでございますが、何でもかんでも議員御承知のとおり対象になるとは言えません。合併後、サービスを統一するための施設整備、あるいは効率的にする場合のハード整備の事業、そういったものに充てられるということでございまして、まちづくり計画で登載している事業につきましては、私どもも鋭意合併時の協議を尊重して実施に努めてきたものというふうに考えてございますし、その他の時代の変遷で、やはり、事業の実施、時期がまだ達していないというものも中にございますので、これは、今後の検討課題になろうかというふうに考えております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、歳入を終わります。

 次に、第2表、繰越明許費の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第3表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第1号の質疑を終わります。

 次に、議案第2号平成25年度北斗市国民健康保険事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第2号の質疑を終わります。

 次に、議案第3号平成25年度北斗市後期高齢者医療事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第3号の質疑を終わります。

 次に、議案第4号平成25年度北斗市介護保険事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第4号の質疑を終わります。

 次に、議案第5号平成25年度北斗市土地区画整理事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第2表、繰越明許費の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第3表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第5号の質疑を終わります。

 次に、議案第6号平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第2表、繰越明許費の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第3表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第6号の質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第1号平成25年度北斗市一般会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号平成25年度北斗市国民健康保険事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号平成25年度北斗市後期高齢者医療事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号平成25年度北斗市介護保険事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号平成25年度北斗市土地区画整理事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号平成25年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

 開会を11時10分頃と予定しております。

   (午前10時47分 休憩)

 ──────────────────

   (午前11時10分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第10

  議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第10号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第10 議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第10号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算についてまでの以上4件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第10号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算についてまでの以上4件につきまして、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算についてでございますが、今回の補正予算は、国の補正予算に伴う事業の追加及び平成25年度予算への事業の前倒しによる減額並びに労務単価の上昇による増額計上などとなっております。

 以下、歳出から主な補正内容を申し上げますと、第3款民生費は、臨時福祉給付金支給事業で、消費税率の引き上げに際し、低所得者に与える負担の影響などを考慮した暫定的、臨時的な措置として行う臨時福祉給付金支給事業に要する経費として1億6,338万円を追加計上するとともに、子育て世帯臨時特例給付金給付事業費で、消費税率の引き上げに際し、子育て世帯への影響緩和と消費の下支えを図るための臨時的な給付措置として行う子育て世帯臨時特例給付金給付事業に要する経費として5,850万5,000円を追加計上しております。

 第8款土木費は、道路橋りょう新設改良費で、トラピスト通線道路改良舗装工事測量設計委託料320万円を追加し、国の補正予算に伴い市渡第2号線道路改良事業経費4,000万円を減額計上しております。新幹線対策費では国の補正予算に伴い、新幹線新駅周辺整備事業経費で9億8,179万9,000円を減額計上しております。

 第13款職員給与費は、臨時福祉給付金支給事業及び子育て世帯臨時特例給付金給付事業に伴う職員手当として432万2,000円を増額計上しております。

 このほか、各費目における工事請負費、委託料及び修繕料で、平成26年2月以降適用の労務単価の上昇による影響額2,064万円を増額計上しております。

 続きまして、歳入の主なものについてでございますが、国庫支出金は、臨時福祉給付金支給事業及び子育て世帯臨時特例給付金事業費補助金として、合わせて2億2,620万7,000円を追加し、国の補正予算に伴い、新駅周辺整備事業交付金3億8,992万円などを減額計上するとともに、市債では、同じく国の補正予算に伴い、新駅周辺整備事業に充てる地方債など、合わせて5億7,720万円を減額計上しているほか、一般財源として地方交付税を1,960万9,000円増額計上し、事務事業に要する経費の財源としております。

 以上の結果、歳入歳出からそれぞれ7億7,217万2,000円を減額し、総額を189億7,243万円とするものでございます。

 第2表、地方債の補正につきましては、市渡第2号線道路改良事業に充てる地方債1,520万円の廃止及び新駅周辺整備事業に充てる地方債5億6,200万円の減額でございます。

 次に、土地区画整理事業特別会計でございますが、歳出につきましては、第2款事業費の土地区画整理事業費で、国の補正予算に伴い、新駅土地区画整理事業造成工事6,250万円を減額計上しております。

 歳入につきましては、国庫支出金、諸収入、市債などを減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出からそれぞれ6,250万円を減額し、総額を4億9,726万5,000円とするものでございます。

 第2表、地方債の補正につきましては、土地区画整理事業に充てる地方債640万円の減額でございます。

 次に、下水道事業特別会計でございますが、歳出につきましては、第1款下水道費の下水道事業費で、国の補正予算に伴い、函館湾流域下水道事業負担金122万円を減額計上しております。

 歳入につきましては、一般会計繰入金及び市債を減額計上しております。

 以上の結果、歳入歳出からそれぞれ122万円を減額し、総額を14億108万5,000円とするものでございます。

 第2表、地方債の補正につきましては、流域下水道事業に充てる地方債120万円の減額でございます。

 最後に、水道事業会計補正予算についてでございますが、収益的予算の支出について、営業外費用では、消費税及び地方消費税について509万7,000円を減額計上するなど、総額で507万2,000円を減額計上しております。資本的予算の支出について、建設改良費で上磯峠下線配水管布設替工事6,896万7,000円を追加計上しております。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

 初めに、議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入は項で行い、歳出は目で行います。

 歳出より行います。

 第2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目財産管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目企画費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目総合分庁舎及び支所費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 9目住民施設管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項選挙費、2目知事及び道議会議員選挙費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第3款民生費、1項社会福祉費、8目臨時福祉給付金支給事業費。



○議長(池田達雄君) 三浦利明君。



◆3番(三浦利明君) 臨時福祉給付金、補正になっていますけれども、これ、どういう内容なのかというのと、実際の給付するときの手続、申請なのか通知なのか、その辺のところ詳しくちょっと教えてください。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 三浦議員の御質問にお答えいたします。

 臨時福祉給付金ですが、提案理由でも述べましたように、今回、消費税の引き上げに際して低所得者に対する適切な配慮を行うため、暫定的、臨時的な措置として、国が全額負担して市町村が実施する事業でございます。

 内容につきましては、26年1月1日を基準日といたしまして、北斗市でいえば市民税の均等割が課税されていない者を対象といたします。こういった均等割の非課税の者、またはそれらに扶養されている方については1人1万円。さらに老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族年金等の特定の年金、また、児童扶養手当の受給者については、さらに5,000円が加算されるという制度でございます。ただし、生保の受給者は除くということになってございます。

 それで、手続なのですが、まず26年度の市民税の均等割が、まだ税の課税決定がなされておりませんので、その結果を踏まえまして、市民税が非課税である旨の通知とあわせて臨時福祉給付金の申請書を対象とほぼ思われる方に事前に送りまして、それから、市役所もしくは両支所、分庁舎で申請を受けるという予定でございます。また、郵便申請も受け付けることも検討しているというところでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) ただいまの三浦議員に関連してでございますけれども、住民はこの消費税に関してというのは、よく理解しているのですけれども、その申請手続が市役所から来るのか来ないかのかというのが一番で、自分が対象になるのかならないのかというのも、やっぱり本人たちは不安だと思うのですけれども、その辺の取り組みはどうしていただけるのか、お知らせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 御質問にお答えいたします。

 手続につきましては、先ほども申し上げましたように、まず26年の市民税の課税。6月中旬かと思いますが、その時点で、市民税の均等割が課税されていないものというのがわかります。それと、26年1月1日時点の住民基本台帳を名寄せ処理いたしまして、それで対象と思われるあくまでも方でございます。申告状況により非対象になる場合もございますので、そういう税の情報を名寄せいたしまして、非課税である旨の通知とあわせて申請書を、対象と思われる方に事前にお送りするということでございます。税の課税の確定の後だということでございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目子育て世帯臨時特例給付金事業費。

 三浦利明君。



◆3番(三浦利明君) この子育て世帯の臨時特例給付金、これも上のほうと同じように手続的なものの通知、そして、これの給付金の配付、時期、その辺のところ教えてください。



○議長(池田達雄君) 深田社会福祉課長。



◎社会福祉課長(深田健一君) 三浦議員の御質問にお答えをしたいと思います。

 この子育て世帯臨時福祉給付金になりますけれども、この手続については、まず対象者が児童手当の受給者ということになっておりまして、そこで毎年6月に養育の状況だとか、看護の状況ということで、現況届というものを6月に実施しております。この現況届にあわせて、子育て世帯のこの児童手当の受給者に対して申請書、そして、案内のチラシということで配布をするというふうに考えてございます。

 また、支給する時期は、児童手当、現況届が6月いっぱいまでということで取りまとめをしますので、7月以降支給をするということで考えてございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第4款衛生費、1項保健衛生費、4目健康センター管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目環境衛生費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項清掃費、1目清掃総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目塵芥処理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第6款農林水産業費、1項農業費、4目農業施設管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目畜産業費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目農地費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 8目基幹水利施設管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項林業費、2目林業振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項水産業費、2目水産業振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第7款商工費、1項商工費、3目観光費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道路橋りょう費、1目道路維持費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目道路橋りょう新設改良費。

 ?村智君。



◆8番(?村智君) 14ページの単独道路等整備事業経費、トラピストの前の道路の設計委託料出ておりますが、これは、一応確認ですけれども、工事完了の予定はいつということで決めているか、お願いします。



○議長(池田達雄君) 山崎土木課長。



◎土木課長(山崎孝人君) 現在、予定ですが、26年度中に完成させようというふうに今のところ考えてございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) ?村智君。



◆8番(?村智君) 今トラピスト前のいわゆる「ローマへの道」ということで年2回やっていますけれども、年度中というと、12月には間に合わないような形の年度中なのか、それとも、そこにうまくぶつけられるように考えているのかを確認させてください。



○議長(池田達雄君) 山崎土木課長。



◎土木課長(山崎孝人君) 今回、委託のほうを補正させていただくのですが、26年度内の完成を目指してまずは設計をしようと。それで、工事のほうなのですが、やはり最後は舗装工事になりますので、そうすると、さすがに1月、2月というわけにはいきませんので、何とか12月中には完成させたいと。ただ、12月24日ですかね、ぎりぎり間に合うかというふうには思っております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項河川費、1目河川総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項都市計画費、2目土地区画整理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目公園費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目下水道費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目新幹線対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5項住宅費、1目住宅管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第9款消防費、1項消防費、2目災害対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項小学校費、1目学校管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目学校建設費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項中学校費、1目学校管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項社会教育費、3目公民館費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目文化センター費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目文化財保護費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5項保健体育費、2目保健体育施設費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目学校給食運営費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、1目臨時災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第13款職員給与費、1項職員給与費、1目職員給与費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 以上で、歳出を終わります。

 歳入に入ります。

 第10款地方交付税、1項地方交付税。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第12款分担金及び負担金、1項負担金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第14款国庫支出金、2項国庫補助金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第18款繰入金、1項基金繰入金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第21款市債、1項市債。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、歳入を終わります。

 次に、第2表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第7号の質疑を終わります。

 次に、議案第8号平成26年度北斗市土地区画整理事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第2表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第8号の質疑を終わります。

 次に、議案第9号平成26年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入、歳出、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、次に、第2表、地方債補正の質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第9号の質疑を終わります。

 次に、議案第10号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算についての質疑を許します。

 水道事業会計、一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第10号の質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第7号平成26年度北斗市一般会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号平成26年度北斗市土地区画整理事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号平成26年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号平成26年度北斗市水道事業会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第11

  議案第22号定住自立圏形成協定の締結について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第11 議案第22号定住自立圏形成協定の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第22号定住自立圏形成協定の締結について、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、函館市と渡島、檜山管内の各市、町が相互に役割を分担し、連携を図りながら圏域に必要な都市機能及び生活機能を確保し、住民が安心して暮らせる定住自立圏を形成することを目的といたしまして、函館市との間に定住自立圏形成協定を締結しようとするものでございます。

 本協定により、今後連携しようとする取り組みの分野につきましては、協定書、別表にありますようにドクターヘリの導入など、広域医療体制の充実を初め、広域観光の推進や地域公共交通の維持、確保、基幹道路等のネットワーク整備の促進、国際化の推進など、いずれも各市、町が協力して役割分担や連携を図ることで、道南全体のメリットにつながるものと考えておりますので、定住自立圏形成協定の議決に関する条例の規定により議会の議決を得ようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

 小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 今この定住自立圏構想についての目的から始まって、いろいろ提案されましたけれども、そもそもこの構想が出た背景というのは、日本の人口の減少と。平成47年には1,000万を超える人口が減少するということと、もう一つは、同じく平成47年には高齢化、高齢者人口が45%までなるという予測をされた中で、何とか地方から都市圏への人口の流出を防ぐと、防ぎながら地方圏の活性化を図っていくというのが背景としてあったわけであります。

 そういった中で、こういう構想が出てくるというのは、私ども地方においては大変結構な話ですから、結構なことですからいいわけですが、この提案された中身のことについて、幾つか質問させていただきます。

 まず一つ目なのですが、この協定書の第6条の3項に、廃止の通告をしてから2年経過後に効力を失うというふうになっているのですが、これ、こういうふうに決めたという理由は何なのか、すぐお互いが納得すれば廃止をするということでいいのではないかという、そういう項目もありますけれども、この2年というふうに決めた背景というのは何なのか、この辺を一つお尋ねをしたいと思います。

 それから、いろいろ別表の中に政策課題が載っかっていますけれども、この政策、恐らく、細かいビジョン、これから中心市が中心になって立てると、今年度中に予定では立てるということなのですが、これ、いつころになるのか。その中身は、この別表に出ていることの具体的な細かいことということで理解していいのかどうか。これが二つ目ですね。

 それから、三つ目なのですけれども、この別表に載っている中で、大まかに書かれていますから、ちょっとなかなか中身のこと理解できないのですが、恐らく、この別表に載っかっている中身というのは、それなりの具体性を持った中で、こういうことを取り上げて書いているのだろうと思うのですよ。そこで、お尋ねしたいのは、一つはドクターヘリの維持管理費。それから、今もやられている初期救急医療体制の負担、こういったものがどの程度出てくるのか。

 それから、次に広域観光の関係で、これもお尋ねしますけれども、中心地と連携してイベント及びプロモーション活動を行うとあるのですけれども、この辺の具体的なものが持っているのであればお知らせいただきたい。同時に、観光商品及び観光ルートの開発に取り組むとあるのですけれども、この観光商品開発とは、どのようなことを考えられているのか、この辺もわかればお知らせいただきたいと思います。

 それから、今度は、地域の公共交通の関係なのですが、これも中心市と連携して区域内の公共交通手段の維持確保をするということで、これ当然のことなのですけれども、この連携するというこの中身、どのようなことなのか、この辺もお知らせいただきたいと思います。

 それから、この交通の関係なのですが、ネットワークの形成に向けた取り組みを推進すると、こういうふうに書かれていますけれども、これも具体的なことがあればお知らせをいただきたいと思います。

 それから、もう一つ最後に、そもそもこの構想が出てきたというのは、冒頭人口の問題だとか、高齢化の問題だとかというのが背景になって出てきたわけでありますから、そして、地方から都市圏への人口流出ということの減少というのは、地方で働く場がないからどんどん都市圏へ若い人たちが流れていくというのが、大きな原因なのだろうと思うのですよ。そういうことを背景から考えていくと、何で企業誘致の関係がこの政策課題の中に出てこなかったのか。私は一番最初に載っけてやるべきことではないかなと。この構想の背景で、この構想が出てきた関係からいうと、一番最初に企業誘致の関係、要は、雇用の場を確保するということが一番大事な部分だろうと思ったものですから。なぜ、ここにそういう問題が出てこなかったのか、その辺の、恐らく、中心市との話し合いもされたのでしょうから、その辺の中身について、お尋ねしたいと思います。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 御質問にお答えいたします。

 まず協定案の第6条の関係でございます。協定でございます。双方が対等な立場で取り決めをすると。一種の契約行為でございまして、今協定しても将来それを変更、あるいは廃止の手続も当初から定めていく必要があるということで、このように定めてございます。

 それで、甲または乙、函館市と北斗市ですが、またはですので、どちらかがあらかじめ議会の議決を経た上で、その旨を他方に通告いたしまして、これは、廃止をしたいという意思を一方に通告してから、一定期間たった場合は、効力を失うという内容でございます。この間にもう一度条件を話し合って、話に至らなくても済むようなことにならないのか、話し合いによる内容でございますので、ただ、期限もつけないとそれが未来永劫、一方通行になってしまうということで、あえてこのような期間を設けているというところでございます。

 また、ビジョンでございますが、この協定の中心市となる函館市において、この協定に基づく連携項目に基づきまして、具体の取り組み内容について、定住自立圏共生ビジョンというのを策定いたします。策定に当たりましては、引き続き私ども周辺町も協議に参加してまいりたいというふうに考えております。策定時期なのですが、函館市の考えでは、26年9月末を目標にしているということを伺っております。

 続きまして、別表にあります具体例の中に、ドクターヘリと初期医療の市の負担についての問い合わせでございます。

 まず、ドクターヘリにつきましては、現在、別な保健福祉部局が集まった医師等が加わった調整会議という協議機関がございまして、それについて、運用の具体方法、負担について協議中でございます。現時点においては、ドクターヘリについての北斗市の負担は、26年度は180万円程度になるのではないかということでございます。

 また、初期医療につきましては、これは規定で行っている函館市の夜間急病センターでございます。御承知のとおり、北斗市民も利用しているセンターでございまして、それにつきましては、後ほど民生部長からお答えさせていただきます。

 それと広域観光についてでございますが、プロモーションの実施と滞在観光促進の観光メニューの開発というふうに二つに分かれております。

 プロモーションについては、これはまず、規定の函館市と私どもも開業して実施しております「南北海道グルメパーク」、「函館・東北チャリティープロモーション」、それと、「在京旅行代理店の訪問」について、こういった規定の事業については、引き続き実施していく考えでございます。開業が間近に控えますので、今後の協議では別な取り組みも出てくる可能性もございます。

 また、観光については、これは滞在型観光のメニューを民間において開発していただきたいために、広域的に取り組めないかということで、ファムトリップといいまして、旅行関係者の現地視察の企画等が、今具体の取り組み内容として協議の内容になっているというところでございます。

 また、次の公共交通なのですが、交通手段の維持、確保といたしましては、これは、渡島、檜山周辺町全部ではございません。一つは、北斗市と木古内町とそれぞれ函館市が協定の中身で、これについては、第三セクターの鉄道の上についてビジョンに位置づけてまいろうという方向で、協議を進めております。当然利用拡大も考えていかなければならないということで、協議してまいりたいと思っております。

 もう一つは、新駅と既成市街地、観光地とのアクセスについての実証実験も検討課題に上がってございます。

 次、交通のネットワークにつきましては、これについては道路ネットワークでございます。縦貫自動車道、函館江差自動車道、あと、新外環状道路等の市町村をまたがる道路ネットワークについて、引き続き建設を促進していこうという規定の内容が、ビジョンに盛り込まされるよう協議を重ねております。

 それと企業誘致の関係で、これが、これにないのはなぜかということでございます。

 これについては、議論の中で、当然働く場と人口定住は密接なつながりがあるというふうに認識しておりますが、やはり、それぞれ企業誘致するに当たって、誘致するに当たっての基盤の状況とかも、なかなか全市町村が違うという問題がございます。整理といたしましては、個々にやはり誘致活動しながら、特に函館圏が一つの経済圏として、まず産業振興財団とか、あと、企業誘致の活性化協議会というのも組織されておりますので、その一つの函館圏という経済圏の中で、今の推進の仕方で十分ではないかという考え方で、本協定には出ていないということでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) 私のほうからドクターヘリ等についての内容について、若干説明させていただきたいと思います。

 まず、ドクターヘリにつきましては、今まで、先ほど財政課長のほうからの話ありましたとおり、遠方調整会議等でいろいろと議論はしてきております。その中で、まず運用は27年1月からということを目標にしながら、今準備を進めているということでございます。

 それで、負担ということになりますけれども、運行に係る経費の総額に対して、国や道の補助金が来ます。それから、医療に係る診療報酬、こういうものが入ってくるということで、それらの収入を除いたものということで、補助対象経費ということで、特にヘリの格納庫等に係る費用であるだとか、消耗品等に係る経費、これらで補助対象外経費というものを2市16町で負担をするということにしようということになってございます。

 負担の割合については、均等割と利用割という二つに考えておりまして、均等割については、それぞれの市町村。現時点では、市町村同じで、函館市は多いのですけれども、それぞれの市町村95万4,000円、26年度の均等割ということで考えてございます。利用割につきましては、先ほど申し上げましたとおり、1月からの運用ということでございますので、26年度につきましては3カ月分ということで、あくまでもこれは、道央、道北、その他のドクターヘリの運用状況等の中で、それぞれの距離によって利用件数、その他を出した予測という利用割ということで、北斗市については年間で95件程度、ですから、平成26年度については20件程度ということで88万円程度、合わせて現時点では180万円ほどの予算が必要になってくるのかなということで、今話し合われているという状況でございます。

 それともう一つ、初期救急医療の関係でございますけれども、これについては今、函館市と北斗市と七飯町、この2市1町で夜間急病センター等の運営経費の負担というようなことで、協定を結んだ中で実施をしておりますけれども、この定住自立圏構想の中で、具体的な話し合いはまだされておりませんが、今の感触とするとそのままいくのではないかというふうに予測をしております。

 現時点での負担の中では、北斗市と七飯町を除くほかの町の負担については、函館市が負担しているというそういう状況で、今運用しているという状況でございますので、そのままいくのではないかなという推測だけですけれども、ちょっと推測になりますが、今のところまだそういう具体的な協議はしていないということで、御理解いただきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) いろいろ説明いただきましたけれども、今のドクターヘリの部長の答弁の中で、均等割、利用割ということなのですが、この北斗市95件というのは利用割というふうに聞いたのですけれども、そういう理解でよろしいのかどうなのか。

 それから、この均等割と利用割ということなのですが、均等割は均等割ですからあれですけれども、利用がどんどんふえてくれば利用したところがどんどんふえていくと、こういう理解でいいのですね。これがまず一つですね。

 それから、国のほうから中心市に4,000万円、それから、周辺の市町には1,000万円という金が出るということなのですが、これ、どういうことなの。こういう国から来るお金だけで処理していこうという考えなのかどうなのか、それ以上のものが市の財政のほうから出ていくのかどうなのか。この辺も、恐らく、必要に応じて出ることもあるのだろうと思うのですが、その辺ちょっとお尋ねをしたいと思います。

 それから、それ以外の部分については、今現在やっていることがほとんどこの中身に入っているということですよね。問題は、企業誘致なのです。いろいろあるのでしょうけれども、一番どこの町村も都会に人口が流出していくというのが、働く場がないからだということだと思うのですね。それで、よその町のことは聞きませんけれども、うちとしてこの問題、私は一番大きなところだと思っているのですが、うちとしてこの企業誘致の関係で、先ほど、今までどおりのそれぞれでやろうというようなことですけれども、うちの町として、この企業誘致に関してどのように考えているのか、この構想の中身を推進していく上で積極的にやっていくのか、私は今までのやっていることを考えると、そう積極的にやっているとは思っていませんけれども、これからこういう構想を本当は構想どおりにやろうとすれば、やっぱり若い人たちをここから出さないようにするべきだというふうに思うものですから、うちの町としてどう考えるのか、どう対応していくのか、この辺をお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) 私のほうからドクターヘリの関係について、お答えを申し上げたいと思います。

 先ほどの説明の中で、均等割、利用割という話がありました。利用割95件というのは、年間の利用割の件数ということなのですが、あくまでも現時点での推測の件数になります。それで、初年度になりますので、その推測の件数に基づいた利用割ということで、負担金のほうは計上される形になりますが、あくまでも精算という形になります。精算の方法につきましては、年度内なのか翌年度なのかという、その辺はまだ決まっておりませんけれども、実際の利用件数に応じて後からの精算ということで考えているということでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 小泉議員の企業誘致の基本的な考え方ということの御質問でございます。

 先ほど、企画財政課長がお答えしたとおりで、定住自立圏の中の項目としては、今後どうするのかということからすると、先ほどお答えしたとおりで、それぞれがこれまで取り組んでおりますので、企業誘致という事業の性質からいって適地であるということと、それから、相手企業がどういうところを選ぶかということもありまして、全体でどうするのかこうするのかというよりは、これまでどおり、それぞれ函館市と共通な部分もあると思いますけれども、それ以外のほうで最終的にどういう企業を、それぞれの市、町が望んで、どういう企業がそれぞれの選んだ町に立地したいとかということもありますので、そういうようなことから定住自立圏の中では、今後取り組むかどうかということからすれば、今のところはそういう考え方はないということでございます。

 そういうこともありまして、市のほうの企業誘致の基本的な考え方ということでございますけれども、これは、市長がこれまでも御答弁させていただいているとおりで、まずは、新駅の周辺に商業施設を誘致するということで、そういうものをこれから充実させるということが、今のところの課題でございます。

 それから、もちろん企業誘致というのは、製造業というのが雇用も含めて裾野が広い業種でございますので、今のところ具体的な形で受け皿になるような用地というのがないような状況ですけれども、そういうことも含めて、今のところは駅前の周辺にそういう商業施設を誘致することによって雇用も生まれてくるし、それから、雇用が生まれるということは、先ほど議員お話しのとおりで定住する、そこに住んで生活をしていただくということにつながると思いますけれども、そういうようなことから、企業誘致については、これからもしっかりと取り組んでいくような考え方を持っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 御質問の中にありました国の財政措置について、お答えいたします。

 御質問にありました国の財政措置ですが、特別交付税共生ビジョンに位置づけられる事業について、周辺市町が要した経費の一般財源分について、1,000万円分を特別交付税で措置するという内容になってございます。それで、25年度までは周辺市町1,000万円上限だったのですが、26年度から上限が1,500万円に拡大されたというふうになっているところでございます。

 また、市が負担したビジョンに位置づけられた事業が全部その特別交付税に影響あるのかというと、これは規定の提示、先ほど申し上げた規定の事業の経費も一部、現段階で特別交付税の算定項目になっているものもございます。これから新規に取り組む事業については、その他の算定項目もにらみながら、定住自立圏のこのビジョンに位置づけられたものについては、無条件でその算定項目になるということなので、一定程度の財政的なメリットはあるのではないかというふうに理解してございます。

 また、お金があるから、はいというものではなくて、提案理由でも申し上げましたとおり、やはり道南を全体として生活レベルを上げていこうということに基づいて、それぞれの市、町で、このようにこういうふうに至った経緯がございますので、私どもも道南の一員として、道南全体の活性化、定住促進のために適切な役割分担、連携を果たしていくということが、基本的な考えでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) ちょっと昼になりましたけれども、1点だけお尋ねさせてください。

 今、副市長いろいろ企業誘致の関係で答弁していましたけれども、新幹線の駅前の関係ですね。全く企業が来ない実態の中で、いろいろやっているのでしょうけれども、その中身を聞いたのではなくて、それはもうわかっている話で、いろいろやっていても物になってこないというのはわかっている話で、それを踏まえてこの定住自立圏構想の中で、私は一番大事な部分だと思うのですけれども、それは、中心市との関係ではやらないということなので、ここの町としてどうするかということで、今の現状を踏まえて物になっていないというものを踏まえてどうするのだと。これ、大事ではないのだと思えば、それはやらないということになるかもしれませんけれども、私は大事だと思うので、今の現状を踏まえて今後どうするのだと、もっと強力にやるのだという答えを本当は私は欲しかったのですけれども、その辺の考えについて、最後にお尋ねします。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) ただいまの御質問なのですけれども、現状というのは、私どもも御指摘のとおりだと思っております。これから企業誘致、つまり、新駅のほうにどれだけ企業を誘致するかというこれからの考え方ですけれども、経済の動向というのも少しずつよくなってきている事実もありまして、一昨年、それから、その前よりはいろいろな話が来ております。

 これまでは、そういう話を待って、その話を受けてから、じゃあ動きましょうかというようなことになっていましたけれども、それは、そういう企業誘致という積極的な姿勢から話が来なかったということもあって、そういうような対応をしていましたけれども、これからは外に向かってどうやって北斗市のよさという企業誘致をする条件として、よさがあるかということをこれまで以上に、PRするとかということを進めていきたいと考えております。

 具体的なお話からすると、新聞紙上で出たような立地の関係の記事も出たりしていますけれども、そういうなところをまずしっかりと進めるということも含めて、宿泊施設にしても、それから商業施設にしても、金融機関だとか、それから地元にある企業も含めていろいろな情報を集めながら、どちらかというと、町の姿勢からこれから積極的に市のほうで外に向かってそういう企業誘致を進めているということをPRしながら、できるだけ早目に企業誘致、立地してくれる商業施設だとかというのを誘致していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 暫時休憩いたします。

   (午後 0時04分 休憩)

 ──────────────────

   (午後 1時10分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告を行います。

 説明員の欠席について報告いたします。

 奥野代表監査委員から、午後の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第11

  議案第22号定住自立圏形成協定の締結について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 石川民生部長より発言を求められておりますので、これを許します。

 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) 先ほどの小泉議員の御質問の私の答弁の中で、ちょっと間違っていたところがございますので、訂正をさせていただきたいと思います。

 ドクターヘリの北斗市の1年間の利用件数ということで、95件ということで、先ほど説明をさせていただいたわけでございますけれども、78件の誤りでございましたので、謹んで訂正をさせていただきたいと思います。大変申しわけございませんでした。



○議長(池田達雄君) 小泉議員よろしいですか。

 議案第22号の質疑は、他にございませんか。

 白石勝士君。



◆4番(白石勝士君) まず、この協定なのですけれども、内容を読むと函館市が中心とあってさまざま策定していき、その中で調整していくのかなという感じがするのですが、協定の1条からずっと読んでもちょっとわからなかったところがあるので御質問します。

 今後もあるでしょうけれども、さまざまな事業を行う上での協議や事業の調整等について、協議会なり何なりそういったことを行うと思うのですが、それらについての枠組みとか手順についてを、まずお知らせください。

 もう一つ、別表の2の国際化の推進に関連するのかなとちょっと思っているのですが、新駅開業まで2年程度ということですが、函館市のほうではアリーナの建設を進めてまして、5,000人規模のものということになっています。最近のああいったものの集客といいますか、利用促進のトレンドの一つは、国際会議の誘致ということが上げられていますので、当然函館市の側も、そういったことを考えて計画を進めているのではないかと思います。なので、この別表のウの国際化の推進に少し絡んだ内容が、今後いろいろと出てくるのではないかと思いますが、現時点で御承知の範囲でお知らせいただければと思います。

 それと、別表3の人材育成等についてなのですけれども、これ、内容を見ると職員の合同研修等の実施とありますが、この合同研修というのは、具体的にどういったものを指すのか。例えば、一期内だけでのこの函館市とか、北斗市の中だけで集まって研修する、そういったこともあるでしょうが、それとは別に視察研修のようなもの、職員同士で合同で他の地域に出かけていって見聞を広めるとか、さまざまな調査活動するとか、そういったことも含まれるのかどうかについて、お知らせください。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 今後の協議の枠組みと手順についての御質問を承りました。

 枠組みについては、特に事務担当でこれこれと組織をつくるというのはございません。当然そういう企画、どの市町にも企画調整部門はおるかと思いますが、当然そういったところが広域の渉外的な業務はやるということで、適時やっていくのが基本でございます。先ほど、答弁で申し上げました共生ビジョンにつきましては、これは中心地たる函館市が策定するものですが、当然函館市が単独でつくるのではなく、その策定の過程においては、各市、町との協議はしていただきますし、函館市もそのつもりだということでございます。

 また、ビジョンを策定に当たっては、民間の方も交えて懇談会という組織をつくりまして、そこで策定と進行管理もするということなので、この中でも周辺市、町の代表が入るということになってございます。具体については、今後協議するというふうになってございます。

 それと、国際化の推進でございます。

 別表第2に連携の取り組みの項目、そして、国際化の推進とありますが、これにつきましては、先ほども申し上げましたが、道南全体として連携していくものということでございます。国際化については、それぞれハードウェアをつくるところとかというのもあるかもしれませんが、まず、国際交流の集いと。これは、七飯町の民間がつくり出した歴史というのがございまして、それを核に道南の周辺市町と住民との交流をやっているものがありますので、これをさらに充実していこうという趣旨でございます。定住自立圏として取り組むビジョンに具体の取り組み内容としてやるのは、まず交流の部分をもっと充実させていきましょうという方向で、協議をしていくということでございます。

 続きまして、これの別表3にあります人材育成等についての合同研修ですが、これも具体は、どのようにするかは今後の協議によるものということでございます。範囲なのですが、あくまでもこの項目については、函館市と全周辺市、町が協定を結んで連携しようということなので、その範囲は、渡島、檜山になるものというふうに思います。ただし、任意だというふうでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 白石勝士君。



◆4番(白石勝士君) ありがとうございます。大体わかりましたが、それでは、協議の枠組みとかについては、そのときの都度都度の担当課とかで適宜やるような感じに聞こえましたけれども、新しいことをやるとなったら、やっぱりこれ、政策ということに関わると思うので、最終的にはそれぞれの首長がどういった考えを持っていて、それをどう道南とか、そういった枠組みでまとめていくか、こういうことになろうかと思いますが、そういった広域の政策をもんだりとか、するようなそういった枠組みというものは、今のところまだなくて都度都度、最終的には首長同士の考え方をぶつけていくと、こんな感じになるということでよろしいのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 政策的なものの広域の合意の形成というのは、法律等に定まっているものはございません。基本的には、都度やるということでございます。それが事務的に事務方の報告で済むものと、そうではなく、直接首長同士が意見を交わすという方法があろうかと思いますので、その内容によって適時協議、調整をしていくということが基本ではないかというふうに考えております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第12

  議案第23号北海道市町村職員退職手当組合規約の変更に関する協議について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第12 議案第23号北海道市町村職員退職手当組合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) −登壇−

 ただいま上程されました議案第23号北海道市町村職員退職手当組合規約の変更に関する協議について、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、全道的な一部事務組合である北海道市町村職員退職手当組合から、上川中部消防組合及び伊達・壮瞥学校給食組合が解散脱退することになったため、地方自治法第286条第1項の規定による構成団体の脱退に伴う規約の変更について、地方自治法第290条の規定により議会の議決を得ようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、質疑を終わります。

 これより討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 以上で、本日の日程は、全部終了いたしました。

 ──────────────────



△休会の議決

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 議案審査のため、あすから27日までの3日間、休会することとしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、あすから27日までの3日間、休会することに決定いたしました。

 ──────────────────



△散会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 本日は、これで散会いたします。

       (午後 1時22分 散会)