議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成26年  3月 定例会(第1回) 02月10日−議案質疑−02号




平成26年  3月 定例会(第1回) − 02月10日−議案質疑−02号







平成26年  3月 定例会(第1回)





        平成26年第1回定例会会議録(第2号)

               平成26年2月10日(月曜日)午前10時00分開議  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.諸般の報告について
 1.日程第 2 議案第1号平成26年度北斗市一般会計予算についてより議案第8号平成
         26年度北斗市水道事業会計予算についてまで
 1.延 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(20名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      3番 三 浦 利 明 君       4番 藤 田 啓 実 君
      5番 白 戸 昭 司 君       6番 宮 下 寿 一 君
      8番 ? 村   智 君       9番 花 巻   徹 君
     10番 寺 澤 十 郎 君      11番 仲 村 千鶴子 君
     12番 渡野辺 秀 雄 君      13番 秋 田 厚 也 君
     14番 坂 見 英 幸 君      15番 栃 木 正 治 君
     16番 水 上   務 君      17番 小 泉 征 男 君
     18番 中 井 光 幸 君      19番 坂 本   勉 君
     21番 高 田   茂 君      22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇欠 席 議 員(1名)
      2番 泉   信 男 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      3番 三 浦 利 明 君      21番 高 田   茂 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 教 育 委 員 会  吉 元 正 信 君    選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君
 委  員  長               委  員  長

 代 表 監査委員  奥 野 信 博 君    農業委員会会長  木 村 英 一 君
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  沢 村 俊 也 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  菅 井 利 通 君    民 生 部 長  石 川 英 明 君
 経 済 部 長  石 田   優 君    建 設 部 長  井 口   博 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  木 村 彰 宏 君
 総務部出納室長  佐 藤 理陽子 君    総務部総務課長  工 藤   実 君

 総  務  部  種 田   宏 君    総務部税務課長  宮 川   亨 君
 企 画 財政課長

 総務部収納課長  今 野 正 男 君    市民部市民課長  天 満 浩 之 君

 市民部環境課長  出 口 弘 幸 君    市  民  部  伊 勢 美智子 君
                       七 重 浜支所長

 市  民  部  小 辻 敏 彦 君    民  生  部  深 田 健 一 君
 茂 辺 地支所長               社 会 福祉課長

 民  生  部  石 川 英 明 君    民  生  部  田 村 宏 美 君
 保 健 福祉課長               国 保 医療課長

 経  済  部  浜 谷   浩 君    経  済  部  山 崎 勝 巳 君
 農 林 課 長               水産商工労働課長

 経  済  部  千 代   紳 君    建  設  部  山 崎 孝 人 君
 観 光 課 長               土 木 課 長

 建  設  部  今 村 尚 ? 君    建  設  部  田 中 正 人 君
 都 市 住宅課長               上 下 水道課長

 建  設  部  梅 田 一 生 君    総 合 分 庁 舎  天 満 淳 一 君
 新幹線対策課長               市 民 窓口課長

 総 務 部総務課  楠 川   修 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  永 田   裕 君    学 校 教育課長  高 井 茂 昭 君

 社 会 教育課長  岡 村 弘 之 君    学 校 給 食  上 出 啓 二 君
                       共同調理場所長
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────
〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  中 村   奨 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  ? 田 雄 一 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開議)

 ──────────────────



△開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) これより、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定によって、

     3番 三 浦 利 明 君

    21番 高 田   茂 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告をいたします。

 本日の議事日程並びに本会議に出席する説明員及びその委任者は、その職氏名を印刷して、お手元に配付のとおりであります。

 次に、2番泉信男君から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 次に、説明員の欠席について報告いたします。

 高谷市長から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第2

  議案第1号平成26年度北斗市一般会計予算についてより議案第8号平成26年度北斗市水道事業会計予算についてまで

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 議案第1号平成26年度北斗市一般会計予算についてより議案第8号平成26年度北斗市水道事業会計予算についてまでの、以上8件を一括議題といたします。

 前回の議事を継続いたします。

 これより、細目質疑を行います。

 初めに、議案第1号平成26年度北斗市一般会計予算についての質疑を許します。

 歳入は項で行い、歳出は目で行います。

 歳出より行います。

 第1款議会費、1項議会費、1目議会費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費。

 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 59ページの事業改善会議の関係でお尋ねしますけれども、この事業、今年度はどんな事業が俎上に乗っかってくるのか、これが一つ。

 それからもう1点、実は昨年というか、ことしの分の会議をやられた内容、市のほうのホームページで見させていただいたのですが、それぞれ委員の皆さんから活発な意見、貴重な意見が出されておりましたけれども、この出されたものというのは、最終的に改善会議のメンバーの個人個人としての結論が出てくるのか、会議として全体で出てくるのか、この辺をちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 小泉議員の御質問にお答えしたいと思います。

 まず事業改善会議、26年度の予定ですが、個別具体の事業は今のところ決定してございません。この会議につきましては、市の行っている事業について、社会情勢等の変化に伴って、当初の導入目的、実施時の目的等々、現状とのずれ等が見受けられるというような事業につきまして、市民目線で市民の皆さんから御意見をいただいているところでございますので、そういった目的に照らして、新年度に入ってから具体の事業については取り決め、決定をしてまいりたいというふうに考えております。

 また、25年度実施しました事業改善会議の結果についてでございますが、まずは、先ほど申し上げました目的に沿って、個々の市民委員の皆さんお一人お一人のお考えをお聞きした上で、結果につきましては、事業改善会議の中での結果という認識、押さえを私どもしてございます。

 ただし、中期的な方向性を仕分けていただくということで実施しておりますが、事業改善会議の結果が全てだとは思っておりませんので、まずは、この改善会議の結果を受けて、今度は庁舎内部の中で、副市長を座長とします行革推進本部の中で市の方針を決定していくというような進めを考えてございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 中期的な観点から仕分けをしているというようなこと、いつもの答弁でよくわかっているのですが、この改善会議のメンバーの皆さん、そのメンバーで出てきたことを市のほうで検討していくということなのですが、もう少しこのメンバーの皆さん、せっかくいろいろと考えて、貴重な意見を出してくれているわけですから、今、課長の言われたようなことから、もう少し前に出て、この改善会議のメンバーに、権限とまでは言いませんけれども、もう少し取り上げて決定をしていくということを私はすべきでないかなと。今までを見ていますと、何となくこの方たちが意見を出して、あとは市のほうでいろいろ検討してということで、それがどうなったのかというのが、何となくだらだらしているような感じに見えるのです。前にどれだけ進んでいくのかというのはよく見えてこない部分があるものですから、中期的な考え方ということから、少しスピードアップして、短期的に変えるものは変えるというような姿勢がもう少しあっていいのでないかなというような気がしているのですが、この辺はいかがでしょうか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) お答えをいたします。

 まず手法として、行革の一つとしてこの事業改善会議を実施してございます。当然、市として実施してきた各種事業の方針を見直す、改善するということになれば、やはりこの会議に全ての権限をゆだねるということは、非常に委員につかれる皆さんにとっても重たい任務になると思いますので、まずは私ども、その改善会議で出された結果、これは改善会議の結果ですが、その中で、それぞれの委員さんから御指摘をいただいている部分、御指摘をピックアップして、その資料をもとに今度は、先ほど申し上げました内部の行革推進本部の中で吟味をしていくというふうになっておりますので、事業改善会議の結果、それから、会議の中で市民の皆さんから出された意見は、全てそれを含んだ上で、私ども検討した上で結果を出しているということで、御理解をいただきたいと思います。

 それから、中期的な方向性ということで、進みが遅いのではないか、スピードアップするべきでないのかという趣旨の御指摘でございます。これまでやってきた中で、これは中期的な方向といえども即座に方針を決めてやっているものも幾つか出てきております。例えば、農業用廃プラスチック等の処理に関する補助等も、これは26年度で廃止をするというような流れもつくってございますので、中期的な方向とはいえ、内部で検討した結果、これは直ちに見直すべき、改善すべき方向に進むものは進めているというような状況でございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 他にございませんか。

 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) 1点だけ、ちょっと確認をさせてください。

 59ページの職員研修経費特別旅費、25年度当初予算では580万5,000円ということになっていまして、今回、304万5,000円の計上と、こうなっています。この内容について、最終的に減額補正になったから、実績ベースにあわすのかということなのかもわかりませんが、その辺のところをちょっとお知らせください。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 花巻議員の御質問にお答えします。

 職員研修費が280万円ほど減額になってございます。この減額の理由について御説明をします。

 まず減少となっているもの、議会の視察に随行する職員の旅費で64万円の減額、それから、職員の専門研修の中でアカデミーの研修がございますが、そちらのほうも71万6,000円の減額、人数にして半数程度に減額しております。それから、道庁との相互交流、これで札幌勤務時の職員に対して日額旅費、研修旅費を支給してございましたが、そちらのほうが人員が前年度見込みの人員よりも少ない、期間的にも1年に満たないということもありまして、210万円の減額。

 さらには、今度は増加の部分がございまして、職員が各個別に受け持ちの中で課題を抱えているもの、これについて先進地に自発的に視察研修に行くというような旅費については、逆に人数的には倍にふやして、71万8,000円を増額してございます。これを合わせまして、この金額が25年度との比較で、減額となっているという内容でございます。



○議長(池田達雄君) 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) わかりましたけれども、ちょっと見た感じの中で、視察、職員研修をするべきなのだけれども、そこに割く時間がないとか、そういうふうなことがあって減額をせざるを得ないというふうなことがあったのかなという疑問があってお伺いしたのですが、時間がないということは、人が足りないからそれをカバーする人がいないと。よって、こういうふうになったのかなという疑問を持ったのですが、その辺はそうではないということでいいのですか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) お答えします。

 決して、研修に行くべき職員が時間がなくて行かないという結果ではなくて、個々の目的に沿って積み上げた結果、減額となっているという状況でございます。

 また、これまでも、当然課題等を勉強しなければ、研修しなければならないものについては、これは時間の有無ということは余り念頭に置いておりませんので、勉強すべきものは勉強していただくということで進めてきているという状況でございます。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目文書広報費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目財政管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目会計管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目財産管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目企画費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目総合分庁舎及び支所費。

 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 清掃業務委託料についてお伺いしたいと思います。

 今年度、496万9,000円ということで、昨年度は225万9,000円。これについては、多分、分庁舎を改修していたので、その分の関係でないかなと思っていますけれども、それ以前は331万4,000円ということで、今年度50%アップになっているわけでございますけれども、今改修しているので、いろいろとその部分の新しい部分が出てくるので、その辺の面積がふえたので見たのか、今まで、かつて逆に3階まであったけれども3階を使っていないので、1階、2階程度の清掃で済んだからこの金額ですよということなのか、ちょっとその辺の事情をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 中井議員の御質問にお答えします。

 分庁舎の清掃経費でございます。今、御質問にありましたように、清掃の面積、頻度につきまして、昨年度と比べて増としたということでございます。利用の計画にかんがみて、きれいにしなければならないところは、その数量がふえたということで、増になったということでございます。



○議長(池田達雄君) 渡辺総合分庁舎長。



◎総合分庁舎長(渡辺武美君) 中井議員の御質問にお答えいたします。

 現在、分庁舎につきましては、清掃面積1階から3階まで合わせますと約2,268平米という全体の面積がございまして、実際に平成25年度につきましては、1階の清掃と、御存じのとおり2階の一部に函館広域森林組合が入ってございまして、そこの一部の清掃しか計上してございませんでした。これが新年度になりますと、1階から3階までそれぞれ清掃業務が出てまいります。それで、1階の清掃業務については一般事務室用ということですが、3階につきましては、球技場あるいは多目的室と、それから廊下と、それぞれ出てまいります。2階につきましては、現在、郷土資料館ということに考えてございますけれども、郷土資料館につきましては、営業が今の予定としては10月以降ぐらいになるのかなということですので、現在のところ、全く2階の清掃分はこの中には含まれていないと。ある程度清掃の内容等も郷土資料館につきましては、どのような清掃業務になるかということもまだはっきり具体的に決定してございませんので、その清掃業務が判明し次第ですけれども、その場合に、分庁舎の清掃業務と合わせて、一体化して発注をして清掃業務を行うという考えでございます。ですから、現在のところは、実際に1階の清掃、あるいは3階の清掃業務というところの金額になってございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 今資料室の関係が出ましたので、私も今この金額がふえているものですから、資料室の分も含めているのかなという思いがあったのですけれども、例えばそうだとしても、款項が違うので、社会教育のほうとか、そちらのほうになるので、この部分には含まれないのかなという思いがありますので、今後検討することであれば、それは含まれないのでないかなと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 御質問にお答えいたします。

 歳出の予算は目的別ということでございますので、その趣旨からすると、郷土資料室に係る維持管理経費も含まれるということですので、教育費が適当であるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 渡辺総合分庁舎長。



◎総合分庁舎長(渡辺武美君) お答えいたします。

 ただいま企画財政課長のほうから、教育財産施設ですから、当然教育費で清掃を見るというふうにお答えしましたけれども、具体的に一体の庁舎の中で、私ども今考えているのは清掃。トイレも1階から3階までございますし、一連の作業としてやるほうが、当然経費的にもベターであれば、安ければ、その内容いかんによっても一体的に管理するほうが私どもとしてはよろしいのかなとは思っていますけれども、具体的に財政側と全体の中で、庁舎の中でも具体的な方針としてはまだ掲げておりません。これについては今後、その辺は予算の張りつけのこともありますし、それから、維持経費のこともありますので、十分検討して、これから平成26年度の途中になろうかと思いますけれども、それから清掃費が計上になっていくと、その中で十分検討してまいりたいと思ってございます。



○議長(池田達雄君) 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 分庁舎長の言うのはわかるのです。ですから、それはそれでいいと思うのです。ただ、按分の仕方があると思うのです。一体で掃除をしたときに、面積割でやって、そしてここの郷土資料室の分は何平米あるから、全体からこの部分を引いて社会教育に回しますよと、そういうとらえ方でいいのでないかな。だから、今分庁舎長の言うとおり、掃除するのは一体でやったほうが安くなるので、そこはあとは按分計算して、ただ、そこに科目別に載せなさいよということを言いたかったわけなのですが、そこを理解していただければなと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 執行は効率的に、目は別でも効率的に執行する方法というのはございます。やり方とすれば、設計上きちんと明確に区別するものについては区別して積算して、それから入札結果を反映して、理論上、按分して支出するという方法がとられるものと。現にそうしているものも一部ございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 8目コミュニティ振興費。

 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 73ページの地域共同対策事業の補助金、100万円計上されているのですが、もう三、四年前ぐらいから始まった事業かと思うのですが、これまでの実績について、まずお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 まず、この制度は、旧大野町にあった制度を合併時引き継いだものでございまして、18年度から既に計上して事業を実施してございます。

 実績なのですが、24年度までなのですが、実はこれ、共同対策事業補助金ということで一つの細節ですが、制度としては二つございまして、町内会が対象になる共同事業、それ以外の公共公益的な団体が対象となる活性化事業という二つの制度がございます。全体で、18年度から24年度までの実績は、17年度の決算が途中だったのでそれも北斗市に引き継いでカウントいたしますと、24年度までは実績が13件でございます。そのうち共同が2件ということで、残り11件は活性化事業による対象事業があったということでございます。

 失礼いたしました。具体的な内容でございますが、共同については、これは町内会が対象となる事業でございまして、環境整備や地域芸能の伝承等に資する事業の場合、ハードにあっては100万円、ソフトにあっては30万円を上限に補助する制度でございまして、平成18年に千代田町内会の小公園の整備事業、それと、平成19年には久根別・東浜10町会連絡協議会が久根別住民センター落成記念の地域主体セレモニー事業に対して補助してございます。

 あと活性化なのですが、これについては、18年から23年までは大野農業高校さんが地域づくり活動、高齢者の除雪だとか、学校でつくった試作品の市民への実験的な販売等々行っておりまして、大野農業高校は18年度から23年度までこの事業を活用してございます。これが活性化です。

 あと一部、市内のスポーツ団体、それと吹奏楽の団体に対しても、全国大会に行く際に、その旅費、経費の一部に補助しているということでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) いろいろ詳しく説明したようですけれども、よく聞いていてもわからないのですが、聞きたいのは、この前のページに町内会の活性化事業などもありまして、町内会にとっては、この活性化対策のトータルで9万円、全部消化すれば9万円出る事業、これは私も町内会長をやっているものですから、すごく助かっているのです。でもなおかつ事業をやる上でもっとこれを大きくしたいとか、そういうふうに考えても、なかなか町内会というのは予算が限られていて、ないものですから、かといって値上げを簡単にできる関係もありませんから。それで、この地域の共同対策事業、この事業をもう少しこの町内会のやっている事業にも何とかできるような、あるいは前のほうの活性化事業の助成も上げてもいいのですけれども、この地域共同対策事業をもう少し使いやすいような形にできないのかなと。

 実は私どもは防災の関係から、これは地域の皆さんが、いわゆる「向こう三軒両隣」の関係をつくるのが防災にとっても一番いい方法だと。特に弱者を救済する場合の対策としては、「向こう三軒両隣」の関係を密にしていくことがいいことだと、有効だという考えから、町内会の活動そのものをそっちの方向にシフトしていっているのです。ところが、予算の関係もありまして、なかなか多くの人を集められないという、集まるか集まらないかの話もあるのですが、集められないという部分があります。集めるとすればお金がかかりますので、そういう面で、この事業をもう少し使いやすくできないのかなというふうに考えたものですから、今質問しているのです。この辺の考え方というのは、この共同対策事業の補助金の考え方というのはいかがでしょうか。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 小泉議員の御質問にお答えいたします。

 地域共同対策事業のそもそもというのは、今議員おっしゃったような、町内会がこういう事業に取り組みたいけれども、いろいろな制約がある、その一つに予算だとかがあると思いますけれども、今個別の町内会に交付しているというのは、いろいろなメニューがあって、防災も一つに入っています。これは市長の公約で進めてきましたけれども、町内会の皆様方にもいろいろな融通性がきくというようなことも含めて、定額で交付することは交付するということで、一定の評価をいただきました。これからは、いろいろな町内会、個別の事情だとか、それから、町内会の進むべき方向というのを皆さんが決めた中で、いろいろな事業をやる上で、市のほうと話をしてもらうということが前提になりますけれども、そういうことに対しては、今のところ制度は、この地域共同対策事業というのが当てはまるわけでございまして、先ほど内容の中で、島川、千代田町内会のお話ですけれども、千代田町内会で地元の公園を整備したいという声がありまして、そういうことにも実績として使っていただいたこともあります。

 ですから、今後はいろいろな町内会の要望の中で、こういうことを取り組みたいということを市のほうにお寄せいただければ、その中で、この地域共同対策事業というのを柔軟に使えるような方法で、今後検討していきたいというふうにして考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 今のお話はよくわかったのです。わかったのですけれども、島川さんの町内会の話はハードの面の話だと思うのですが、ソフトの面で、私どもの町内会の、あるいはよその町内会も当てはまる部分があると思うのですが、もっとやっている事業を拡大していきたいというときに、いろいろな制約が出てくるということなので、そういったことで、この事業の予算をもっと使いやすいような形でできないのかなということなのです。先ほど言いましたように、活性化事業のほうは、これはこれで大変助かったのです。私どもは、9万円もらって助かった。だけれども、二つの事業をやりまして、やはり9万円というのは足りない部分がありますよね。もうちょっと拡充というか、していきたいという考えもあるのですが、なかなか予算の関係もあってできてこないということなものですから、この事業をもうちょっとそっちの方向に使えるような仕組みにしてもらえないのかなということでお尋ねしています。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 先ほどの答弁、ちょっと足りなかった面もあったと思いますので、お話ししますけれども、今小泉議員おっしゃったとおりで、町内会がそれぞれの独自の取り組みをするということについて、実績としては、先ほどハードというお話をされましたけれども、これからいろいろなソフトも出てくると思います。ですから、そういうような中で、町内会が競い合っていい事業をやるということはモデルにもなりますし、それから、同じ定額で交付している事業の中の防災でも、町内会と同じような事業ではなくて、それぞれ独自の事業をやるということは、そういうものの奨励になりますので、制度については、先ほどお話ししたとおり、今後、内容についてはきちんとした形で、今の御質問を受けて、町内会の皆様方によく制度を知っていただいた上で、今後、内容について執行させていただくようなことになろうと思いますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) 今の小泉議員の質問とちょっと関連はしますけれども、71ページ。今町内会活動活性化交付金の話もちょっと出てきていました。774万円、予算ついています。平成25年度は減額補正して144万円削っています。去年と同じ予算を組んでいる。そして、窮屈な状況でいろいろやりとりしているみたいな話も出てきていますから、これは実績ベースで考えれば減らしてもいいような予算になるのだけれども、有効に活用している町内会が多くあるとすれば、その内容についてよく検討して、144万円、つけた予算全額使えるぐらいの、そういう幅広い受けというのはできないものだろうか。144万円減額補正して、そしてなおかつ26年度も同じ予算計上をするということになると、いかがかなと、その内容の検討も引っくるめて、どうなのでしょうかね。



○議長(池田達雄君) 天満市民課長。



◎市民課長(天満浩之君) 花巻議員の御質問にお答えします。

 今年度計上している774万円、これについては、昨年度当初予算と同じということで、25年度の補正予算でも144万円を減額させていただきました。この774万円に関しては、均等割交付金の3万円、それから、六つの事業それぞれの1万円ということで最大で1町会9万円という形で、86町会がございますので、合計で774万円という額にしてございます。これについては、年度当初いろいろ町内会で会議がある際に、こういう事業があります、どんどん利用してくださいということで周知をしているところでございまして、24年度から25年度に比べますと35事業ほどふえまして、金額にすると35万円ふえているということで、ことし、26年度に関しても、それぞれまだ9万円に満たない町内会が、どれだけ今までやっていなかった事業をやるかということが、まだちょっとうちのほうでもつかめていない状況ですので、マックス、最大で全て9万円の86町会、774万円の予算を計上しているというところでございます。



○議長(池田達雄君) 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) 9万円掛ける町内会の数ででき上がった予算、こういう説明でございます。9万円に未達の町内会は事業を承知していながら、やれなかった、やらなかったということなのか、メニューがきつくて、やりたくてもできなかったというふうな押さえはどういうふうに考えておられますか。要は、町内会の活動を活発にさせてやるということは、行政としても助かる話です。環境整備の関係も含めてやっていただければありがたい話ですから、満額使っていただければ、これは北斗市としても助かると。よって予算をつけると、こういうことなのだと思うので、その辺のところはいかがなものでございますか。



○議長(池田達雄君) 天満市民課長。



◎市民課長(天満浩之君) お答えいたします。

 私どもも、それぞれの町内会のほうには、先ほど申したとおり、いろいろな形で周知をしまして、ぜひこの交付金事業を使っていただきたいというふうには思っています。ただ、町内会によって、規模の大小、たくさんいるところ、少ない世帯数で運営している町内会、それぞれ個別の事情があるというふうには感じていますので、なかなかできるもの、できないものが存在しているものだろうかというふうには思ってございます。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 花巻議員の御質問の中でのお答えなのですけれども、この事業は、先ほどお話ししたとおり、86町内会に全て、そういうようなことからいうと均等割の交付と、それから、例えば交通安全だとか清掃だとか環境整備。そういうものというのは、市のほうがこういうことを標準的なものとして取り組んでいただきたいというようなことで9万円ということが決まったわけでございますけれども、いろいろな規模の問題、町内会で取り組める問題、取り組めない問題というのはあろうかと思いますけれども、基本的には全部の町内会に交通安全だとか、それから防災だとか、清掃だとか、六つの項目については取り組んでいただきたいという前提で、常に予算組みをするわけでございます。ですから、できる限りその町内会の中でできることを、交通安全でも大きいところと小さいところはできることが違うと思いますけれども、とにかく手がけてもらえれば、それはそれで一つの補助の目的というのは達成することになりますので、これから、補助制度ができて3年目になりますけれども、こういうようなことが続いていって、最終的には全ての町内会が、当初1万円の対象交付になる項目について、何らかの形で、例えば防災であれば防災について話し合う会合を持つとか、交通安全であれば立哨をするとか、旗を立てるとか、そういうことがあれば、当然交付の対象になりまして、最終的には774万円全部が執行されるようなことが市のほうとしては理想的だと考えておりますので、これからも町内会の会長さんと役員さん等とお話しした中で、何らかの形でメニューにある事業について、町内会で取り組んでいただくようなことをお願いしていきたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) わかるのですけれども、メニューの中身その他、全部町内会長に明示をして、できることを提案してもらって、均等割の3万円と1事業1万円ですか、上限9万円と、こういうふうに決めているということなのですけれども、世帯数その他の関係もあって、やりたくてもやれない町内会もあって、減額補正せざるを得なくなったと、こういうことなのでしょう、25年度は。(「申請が上がってきていない」と呼ぶ者あり)上がってきていないということは、やれないということでしょう。それで、そういう状況ですから、9万円という上限を若干緩めたらいかがなものですかね。やれる町内会がもっとあれば、それは活動が活発な町内会ですから、補助する意味はあるわけだから、その辺の検討というのはいかがなものでしょうかね。これ、ちょっと答えをお願いしたい。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 緩めるというよりも、結局これはどの町内会も、市のほうとしてはこういうことで取り組んでもらいたいということがありますので、もちろんそういういろいろな活動の活発な町内会というのは、この制度ではなくて違う制度も含めていろいろな、先ほど小泉議員の話もありましたけれども、特に町内会の中でこれとは別にさらにやりたいということは、そういうことからいうと、先ほどのお話ししたような形で、今後検討することになると思いますけれども、少なくとも町内会の皆様方がどういう形でも結構ですので、交通安全にしても防災にしても、話し合ったりいろいろなことをやれば、その町内会できっかけができるわけですから、この制度自体はやはり町内会の中で、市がこれから標準的なメニューとして挙げたものをできる限り、人数が少ない町内会でも何かのきっかけをつくるために、その項目を話し合ってもらったり、できる範囲で行動してもらうということで制度を進めていきたいというふうにして考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 菅井市民部長。



◎市民部長(菅井利通君) 補足説明させていただきます。

 町内会の活性化交付金、これは町内会への財政支援という考えを持っております。それで、補助金ではなく交付金にしたというのも、何らかの取り組みをしていれば、それで1万円に該当すると。補助金のように、一つの事業をやらなければ絶対1万円は出さないのだということではなしに、ほんのちょっとしたことでも取り組んでいればいいと。例えば環境美化についても、そういう環境に関する取り組みを若干でもしていると、それで1万円がもらえるのだということでやっておりますので、補助金という形での、絶対この事業は取り組まなければ1万円もらえないと、そういうことでこの交付金制度を設けてはいないということで、御理解いただきたいと思います。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 10番寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) 今花巻議員、小泉議員が言いました町内会の活動資金ということで、いろいろ質問いたしておりましたけれども、それに関連いたしまして、この地域対策事業に対して、今花巻議員も、枠をもう少しゆるめたらどうなのだと。大きい私たちの町内会の事業をすると、3万円では全然足りない場合が出てくるのです。防災にしても参加してくださいというと、30名、40名出てくる。そうすると、1人にジュース1本でも、のどが乾くだろうというような配布をしてもそれでも到底足りない。それの分に対しては、私たちも町会から出しているのですけれども、もう少し枠を広げると、防災に対しても、私たちは函館市の西桔梗町のお茶の宇治園というところまで歩くのです。そうすると大体20分かかる。それで、御苦労さんと、帰って会館で反省をする。それは防災については大変いいのですけれども、今度防犯の面で、私たち年2回やっているのです、夜回りをして。それは地域で、私たち13町会が一つになって、どの班を回ろうかというように、地域、地域で工面をしている。そういう面でも、かなり1回歩くごとに御苦労さんと、ジュース1本なり、そういうのをやると全然足りない、また町内会からも出す。そういうように、もし事業のやれなかった町内会には、少しでも協力してやっている町内会に、もう少しプラスアルファのような活動資金を組む枠組みなどはないのか、そういう検討をしたことがあるのか、ちょっとお尋ねしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 寺澤議員の御質問にお答えいたします。

 議員も今の御質問の中で御指摘されていたとおり、大きい町内会というのは、財政的にもほかの小さい町内会に比べても会員数も多いですから、町内会のそういう事業をやる上でも受け皿というのは、小さいところよりもずっと柔軟性があると思っております。

 この制度というのは、先ほど花巻議員にもお話ししましたけれども、今いろいろなところで行政と一緒になって、市長が言う「市民協働」ということなのですけれども、今いろいろな町内会、住民の方々にもわかってもらったり、動いてもらったりしたいという項目六つを選んで、今のところ事業をやるところに対して助成しているわけですけれども、そういうようなことからすると、この均等割3万円と個別の六つの事業というのは、大きいところでも小さいところでも必ず住民はいらっしゃるわけですから、手がけていただきたいという趣旨の制度でございますので、それが仮に今のところ申請がないところについて、大きいところと小さいところ差をつけるというような考え方でこの制度は成り立っておりませんので、この制度自体は、市民の皆様方にそういう交通安全でも防災でも、本来行政がやるべきことなのですけれども、それを市民の皆様方と一緒にやるということを前提に、事業の効果、あるいは市民の皆様方が交通安全だとか防災について、さらに御自分たちができることをやっていくということを奨励するためのものでございますので、必ずしも予算が残ったから大きいところにそれを配分するとか、一生懸命やっているところに配分するとかというようなことでこれまでも検討してきませんでしたし、今後もそういうことではなくて、全ての町内会に行政と一緒になっていろいろな行政課題を克服していただくというような制度で、今後も進めていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 9目住民施設管理費。

 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 消防設備点検委託料についてお伺いしたいと思いますが、これは何年ごとにやるのか、あと、規模的には毎年やらなければならないものもあるのか、その辺。また、これ、昨年はなかったみたいなのですけれども、七重浜、茂辺地、ことし一緒にやるのか、それぞれもしあれでしたら、内訳を教えていただきたいなと思います。



○議長(池田達雄君) 天満市民課長。



◎市民課長(天満浩之君) 中井議員の御質問にお答えします。

 この消防設備点検につきましては、昨年度まで市有建物管理経費という形で、市有の建物に関して一括計上されたものを、それぞれの科目に振り分けた関係で、今回から住民施設管理経費の中に、消防設備点検の部分の予算が出てきたというものでございます。これに関しては、毎年実施しているものでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 沢村総務部長。



◎総務部長(沢村俊也君) 中井議員の質問でございますが、今市民課長から言った部分の内訳の部分でありますけれども、昨年度から予算書のまとめをちょっと変えてございまして、今御指摘の部分の内訳ということになりますと、予算書のページで言えば204ページ、205ページのほうに、住民施設別の部分での内訳を入れて表示をさせていただいてございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) いいですか。

 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 9目住民施設管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 10目交通安全対策費。

 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 交通安全対策経費、昨年の予算も900万円で、本年も900万円計上してございます。この対象になるものですけれども、カーブミラーだとか、それから白線含めて、ほかもろもろあるわけです。ちょうど冬期間除雪等で、それぞれの標識含めて、傷んだところの修理、それから更新。この件については、市道、道道、国道、それぞれあるわけですけれども、特に市道に関するものだということで認識をしてございます。

 先般、藤田議員の一般質問でも、稲里地区の道路に関する安全対策の質問がございました。これ、どうなのでしょうね、通勤、通学の安全・安心の確保というのは、第一義的には大変一番配慮してやらなければならないものだろうということで認識しております。

 そこで、修理だとか更新というのは、その都度、どこかの時期で担当課が回って、その判断の上で修理、更新ということになろうかと思います。

 それともう一つ、近年、地域によって非常に差があるのですけれども、人口密集地といいますか新興住宅街含めて、交通安全に対する地域の要望というのですか、そういうものが出ている地域があろうかと思います。そういう意味では、修理と更新に関してはわかるのですけれども、改めて交通安全の対策としてこれらの施設の整備をするというようなことが、今私が言ったような町内会を含めて要望が出されているとすれば、それらも対象として、この900万円の予算の範囲内で対応するのかどうかも含めて、実際、修理、更新を含めて、新たな施設の整備がどういう状況になっているのか、市全体でのまずその辺のあたりの話をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 坂本議員の御質問にお答えしたいと思います。

 まず、道路施設と交通安全というような部分での維持補修ということで、この900万円の予算の中で、1点目、御説明をさせていただきたいと思います。

 毎年度、この900万円の予算を使って、春先、雪解け後から夏場を中心に、道路の白線、これらの薄れてきているところの引き直しといいますか、補修を行います。それから、交通安全のカーブミラー、これも傷んでいる箇所もありますし、それから、新設要望の箇所もありますので、そういったものに対応していく。さらには、道路の安全施設としては、防護柵もございまして、これもやはり冬期間の除雪で傷んでくる防護柵というのも出てまいりますので、こういったものをパトロールをしながら、春先以降、補修をしていく。また、新たに防護柵を設置する箇所があれば、これはやはり修理を最優先としつつ、予算の中で対応していくというようなことになります。

 また、道路関係の安全施設で、道路照明灯、主要交差点、市道になりますけれども、管理が市の道路である場合の道路照明灯なり、それから視線の誘導標識。これも一般質問の議論の中でも出てまいりました、ドライバーに危険なラインを視線に促す標識等がありますので、これらも補修を中心に、新規の要望があれば対応していくというような格好でございます。

 それから、交通安全に関する地域の要望を踏まえて、どういった対応、対策というようなお尋ねかと思います。

 近年、防犯、それから、安心・安全というような部分への住民の皆さんの意識の高まり、それから、活動も実際に活発にやっていただいていますので、いろいろな要望が出てまいります。主に出てまいりますのは、やはり道路に関する規制、一時停止ですとか信号の設置、それから速度規制の強化だとか、いろいろな要望が出てまいりますが、これらにあっては、市が単独して実施できるもの、それから、公安委員会。つまり、警察機関のほうの権限があって、そちらのほうに我々が要望事項として住民の皆さんの声を伝えていって、できるものは実施をしていただくという流れになりますが、なかなか警察機関のほうで実施していただかなければならないものというのは、スピード感を持って対応していただけない事情がある、というのが正直なところでして、私ども市のほうで単独でできる、例えば、ドライバーなり歩行者の皆さんに注意喚起を促す啓発看板、それから、1点目の部分で申し上げましたカーブミラー等含めた交通安全施設の整備、設置というようなことはやっていきますが、そのような関係にあるというようなことが2点目のお答えでございます。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 私が心配している地域等含めて、そこの地域の町内会、関係者含めて、それぞれ市の側を通じて道なり道警なり地元の警察署含めて対応されていることについては、十分承知の上での質問であります。

 ただ、やはり地域でそういう出される問題については、ものによっては、やっぱり深刻な状況のもとに切実な願いで出されている案件もあるようです。えてして重大な事故が起きてから対応するというのが、今までの対応の仕方でなかったのかなということで、私は思っております。十分関係者含めて、今現時点でやれる最大限のことはやられていることは、私もそういう認識でおりますけれども、ぜひとも地域で出されている問題については、それぞれの関係者の諸事情があるかと思うんですけれども、一つは、何回も言いますけれども、重大な事故が起きてからそのことを対応するというようなことのないような、それぞれの関係者の対応を望みます。

 私も直接担当課で、この件についてはある程度の話を伺っておりますので、これ以上の議論はならないのですけれども、私が一番心配するのは、先ほど言ったように、重大な事故が起きたらようやく腰を上げてやるというような対応についてはいかがかなというような思いでございますので、十分今の対応で考えているということはわかりますけれども、このことに対して行政側もなかなか言いづらい面もあるかと思うのですが、もし対応としての考え方がありましたら、答弁をお願いしたいと思います。難しいのは最初から承知での質問でございますので、特別な思いで考え方がありましたら答弁のほどお願いをしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) お答えしたいと思います。

 重大な事故が起こらないと動かないのかというのは、これはただいま議員からの御指摘の前にも、さまざまな地域、町内会長からもいろいろ言われてございます。何せ重大な事故が起こらないとという根っこにある要望というのは、例えば信号機を設置してほしい、横断歩道を設置してほしい、つまり市が実施主体となれないものでございますので、私どもも正直、警察のほうに行って、いろいろな地域の状況、声を含めて御説明をしてまいりますが、私どもも歯がゆい思いがあります。しかしながら、いかんせん諸事情が許せなければ、その実施に至らないわけですから、思いは一緒でございます。

 なお、北斗市で各町内会初めさまざまな交通安全啓発をしていただく際に、必ず中央署なり北斗交番所長なりが出席をされて、地域の皆様にお願いをしてまいっていることが、交通安全、防犯というのは、警察なり市役所、行政機関だけでは決して安全はつくれない。やはり地域の皆さんの力があってこそということで、地域の皆さんの取り組みについては、非常に感謝、敬意を表しておられます。そういうことから申し上げれば、規制なり設備に頼るのもこれは正解だと思うのですけれども、やはり一人一人、ドライバーなり歩行者なりの意識というものも、交通安全に向けた意識を徹底していくと。これも必ず警察側からも言われることでございます。その辺は、意識啓発ということでは、我々市のほうで進めていかなければならないことと思いますので、その両面で、今後も交通安全対策に取り組んでまいりたいというふうに思います。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 11目新幹線開業対策費。

 8番?村智君。



◆8番(?村智君) 新幹線開業PR事業経費、272万6,000円なのですけれども、75ページです。報酬金、消耗品、ご当地キャラクター、土地借り上げと、四つありますけれども、まず2万円で土地借上料という形になっていますけれども、どのような形で2万円の土地を借りて使用するのか。

 あとは、PR事業経費という形で、これ、ずーしーほっきーの委託だと思いますけれども、どのような職種の会社に委託するつもりであるのか、もしくは、経験はあるということをリサーチされて、そういう先方を決めていくのかということの確認と、PR事業といいながら、新規のPR事業、ずーしーほっきー以外の新幹線開業としてのPRの事業の経費というのがちょっと見当たらないので、そこは何か考えていないのか、あるのかをお聞かせください。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 3点御質問を承りました。

 まず、土地借上料なのですが、土地借上料につきましては、大野町時代からあって、北斗市になって、版面のデザインを変えたのですが、「北海道新幹線2015北斗市開業」という看板を、これは本郷地区と市渡地区の民有地に2カ所に置いてございますので、その年間の土地の借上料ということでございます。

 それと、ご当地キャラクター運用業務委託料の委託先の業者の考え方の御質問だと思いますが、民間業者については、イベントの企画運営会社を考えております。また、それもやはり、人材が函館圏から緊急的なことを考えて、すぐに配置できるような会社ということで、指名願いの出ている業者さんには、それが可能かどうかはリサーチしてございます。

 それと、3点目、ずーしーほっきー以外ということでございますが、今回は骨格予算ということで、これは政策的な判断も必要かと思いますので、私からはっきりした答弁は申し上げられませんが、当面、市民皆様から投票いただいたもの、また、大学の皆さんも一生懸命やられて、そこそこネットで、私どもも予想外で評判なのですけれども、そういったものを大事に、本来、ずーしーほっきーが北斗市の観光振興、物産振興に貢献するように、できる限り活用していきたいという考えが基本でございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 暫時休憩いたします。

 再開を11時15分ごろといたします。

   (午前11時02分 休憩)

 ──────────────────

   (午前11時16分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 8番?村智君。



◆8番(?村智君) 今回のずーしーほっきーがとても好評であるというのは、ネット上でもそうですし、マスコミ、あとは学校関係の子どもたちも含めて、たくさんいろいろな話を聞かせていただいていますので、このままあと2年後、新幹線開業までしっかりやっていただければいいと思うのですけれども、一部あるまちで、キャラクターで失敗している例がありますので、一番それが懸念するところではあるものですから、今回、委託する先の選定には十分留意していただきたいということで質問させていただきました。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 10番寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) ただいまの?村議員に関連してでございますけれども、委託業者を頼むということでございますけれども、その委託業者はどのような選考で選ぶのだろうか。入札なのだろうか、それとも公募なのだろうか、その辺を伺いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 予算議決後、当然、業者を決めなければいけませんが、指名競争入札で決めたいというふうに考えております。

 また、指名競争入札につきましては、市の指名願いに出ている役務の中から指名願いを見まして、当然、実績のあるところを考慮して指名して、価格によって競争して、業者を決定したいというふうに考えております。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 新幹線開業対策経費、キャラクターの話を含めて、お二方、議員の皆さんからお話があったのですけれども、私は、この新駅開業効果活用促進委員会。この中身ですけれども、議員側としては、特別委員会を設置して、旧大野の時代から含めて、市になってからも継続して、先進地の視察も含めて、市の側にいろいろな形で議論しながら具申をしてきた経緯がございます。

 実はこの関係の行事というか、催し物といいますか、先般も函館市内でのこの新幹線開業に向けての道南サミットというような形で、議員の皆さんも、私も含めて参加をした経緯がございます。

 私一番心配するのは、各市町村これに向けていろいろなことをやられております。この間のサミットの中でも、これは学者先生というのは一方的な話で我々もなかなか理解できない面もあったのですけれども、要は、やっぱり開業効果を一番享受するのはやっぱり地元の北斗市ということでいえば、一番大事なことだろうというのは思っています。

 ただ、効果というのは、やっぱり1点集中ではなくて、その点が面的に広がって、その相乗効果で私どもの市もさらにその恩恵を受けるようなものだろうなということで、私は認識しています。

 そのことを考えると、今まで私も一般質問、何回となくやらせてもらったのですが、なかなか決め手がないというか、これをやれば全てが解決されるということがなかなか見当たらないのも現状かなということで、私は思っています。

 そこでお伺いしますけれども、議員側としては、特別委員会を通じていろいろな議論をして、市の側と歩調を合わせて、具体的にはこうだ、どうだというようなことでお話をしてきた経緯があるのですけれども、この委員会そのものは、委員会の構成もあろうかと思うのですけれども、あと2年ぐらいしかない中で、御存じのように、誘致の企業も本当になかなか思うようにいかないとか何かということで、マスコミにもそういう形での記事しか出ていない状況であります。

 そのことを考えると、この委員会で実際、委員の皆さん、どういうメンバーでどういう議論をされているのかなと。

 あわせて、この予算を見ますと、費用弁償、数十万円計上されていますけれども、これは多分、どこかに勉強しに行かれて先進地を見て、それをどういう形で生かそうかというようなことの経費ではないかなと思うのですが、委員の構成とこの費用弁償の計上の中身、それから、我々議員側と市の側でいろいろな話した経緯も含めた中で、どういう形での委員の中での話の中身になっているのか、まずその辺についてお聞かせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 新駅開業効果活用促進委員会の謝礼、4万円でございますが、これは以前御質問があって御答弁しましたが、市のほうで今年度、新駅の整備、観光振興、また、総合的な宣伝を一つに一体的に盛り込んだアクションプランをつくることを現在やっております。夏に委員さんから意見を伺う場ということで提言を受けましたが、一部、道や渡島振興局の取り組みも多少具体化してきたものですから、その整合のチェックを今しているところで、年度内には公表できるようにしたいというふうに思っております。

 26年度なのですが、つくっただけではなく、その進行管理は行政がしますが、私どもの進行管理について御意見を伺うという機関でございます。メンバーなのですが、産業経済の5団体と町会連合会、かなでーる協会、女性団体連絡協議会、新幹線の市の期成会、公聴会の各代表者10名に委員をお願いしてございます。

 こういう委員を選んだというのは、これはやはり開業効果を生かすためには、やはり産業団体、民間の方もそれなりに一生懸命やりたいという思いがあるということで、そういった方からの取り組みもプランには盛り込むことにしておりますので、そういった民間の方の意見も聞いた上で、公共でやるもの、民間でやるものを一体的にプランニングをして、進行管理しながら、調整を図りながら、それぞれの立場、行政なり民間なりで進めていきましょうというような趣旨でございます。

 以上です。(「費用弁償なんか……」と呼ぶ者あり)

 普通旅費でございますが、これは私どもお願いした委員が視察に行く費用弁償ではございません。私ども一般職員が使用する旅費でございます。中身については、今道庁が主催する、道庁も新幹線開業効果をオール北海道に行き渡らせようということを目的に、北海道の戦略会議というのを主催してございます。それに、私ども市長を初め、私と観光課長が幹事ということでなっておりますので、その会議に行く際の旅費でございます。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 中身については、わかりました。

 もう一つ、私非常に心配していることがあります。前回、先ほどお話ししたように、函館で道南サミットがありました。行政の主催でなかったから、ああいう形も仕方がないなということで聞いてきたのですけれども、商工会関係、自治体関係は函館市さんと木古内町さん。そしてあそこで、入り口で迎えていたのは、木古内町さんが一生懸命自分のところのグッズも含めて、キャラクターも動員してやっていました。やっぱりその辺なのですよね。何となく、例えば、新聞市場で見る限り、例えば日胆。洞爺から含めたあっち、登別だとか洞爺とか観光地ありますよね。そういう意味では、新幹線のラインから外れている自治体が今回、函館市さんと組んで広域観光を考えるみたいな、その中になかなか北斗市のかかわりが記事としても正面きって載るようなことも余りないし、その辺、どうなっているのかという心配をしています。

 ただ、近間になってようやく北関東あたりに、近隣の函館市さん含めて、一緒にPRに行ったり、物産展に出たりということで動き出していますけれども、もう少し、やはり周りの函館市さん、七飯町さん含めて、直接関係ない観光絡みだとか、そういうことに意欲のある地域の人方の情報を取り組んで、いかに自分たちがかかわっていくかという姿勢を積極的に打ち出して行動するということが、もっと努力が私は必要なのではないかなという気がしてございます。

 そういう意味では、前回の道南サミットというのは、そういう感じを痛切に感じた1人であります。私だけではないだろうと思うのですが、実際、担当の管理職もあの中に出席をして。実はあの後、懇親会めいた案内もあって、私どもは何も案内もなくてそのままバスで帰ったわけでありますけれども、もっとやっぱり積極的にかかわって、そこに出席をして自分たちの思いを発信して、その反応を見て次の手を打つような、そういうことが私は必要なのでないのかなと思っています。

 決して何もやっていないということではないのだろうと思いますけれども、少なくともマスコミ等、新聞紙上で見る限りでは、なかなか北斗市もさすがだなみたいな記事が出ないことを考えると、少し残念な思いはしています。確かに新幹線の対策特別委員会等でもいろいろ勉強しながら、そういうことに果敢にアタックしていることは十分承知でありますけれども、何となく、マスコミに載るだけが一つのPRの手法ではないといえばそれまでの話なのですけれども、非常にそういう意味では、あそこでやっぱり取り沙汰されること自体がインパクトのあるものだと私は感じておりますけれども、実際、どうなのでしょう。函館市さん、七飯町さん、それから道南全域あたりのかかわり、たしか広域観光だ何とかという協議会がありますけれども、その中での北斗市としての発信の仕方というのは、どこかに問題あるのでないかなと私は思っていますけれども、その辺の考え方などというのはどういう考え方で事に当たっているのか、本音でその辺は思いを聞かせてもらいたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 まず、新幹線の開業対策というくくりで考えますと、いろいろな分野の取り組みの結集だと思っております。その考え方とすれば、それぞれの市町が主体的に行うもの、あるいは議員がおっしゃるように、広域でやったほうがそれぞれの地域に効果が及ぶものというのは、確かにあるというふうに思っております。

 私ども具体的には、先だって日胆というのが北斗市がなかったということなのですが、まず私どもは、やはりそういった広域な調整をするというのは、道なり、道の機関である渡島総合振興局、そこも政策部門、観光部門、いろいろな部門がありますので、そういった場では、やはり新駅というのは、道南の発展につながる駅だということで、私どもも道も認識しておりますので、具体の取り組みについて、また調整しなければならない問題点は、事務レベルで随時情報交換、あるいは会議の席で協議しているところでございます。なかなか見えないというのがあるかもしれませんが、私どもはそんなにゆっくりでいいとかというふうには全く思っておりませんので、先ほど札幌に行く会議の席でも、やはり札幌の経済人の方に、北斗市にできる駅、道南の駅はこういうことですと。観光についても、やはり私どもは観光振興元年で取り組み始めて3年ですが、やはり函館市、七飯町さんは観光の先輩ですから、道南全体とすれば観光の素地があって、その中で、北斗市も今こういうことをやっていますよと、アイテムを、道南の魅力をつくるためにこういうことをやっていますという情報を提供しながら、民間の中で、例えば交通についても、事業化を検討していただくよう働きかけるような形で意見交換をしているという状態でございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他に。

 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) ただいまの関係なのですが、いろいろ坂本議員言っているとおりだと私も思っているのです。それに対する今の答弁聞いていますと、いろいろやっているということなのですが、全く表に何も見えてこない。実はこれ、市民の皆さんから、「何をやっているのですかと、何も見えてこないのですけれども、何をやっているのですか、あなた方議員、何をやっているのですか」と言われるのですよ。今坂本議員言ったように、特別委員会でもいろいろやっていると思うのですが、表に全く出てこない。だから、今の答弁、やっている、やっているというのですが、もう少し表に出してPRするようなことを私はやっていかないと全く埋もれてしまうような気がするのです。

 一つ心配しているのは、これから駅名がJRのほうで決まりますよね。函館市と相談もするということになっているのですが、全くここからニュースも何も出ていかないということになると、私はJRのほうで、北斗市さんは大したこと考えていないのでないかなというような感覚になって、結局は、「新函館」というふうになっていくのでないかなと、こういう心配もしているのですよ。ですから、その心配もさることながら、せっかくできる駅の地元ですから、これはもう少し何とか、考えているというのだけれども、表に出して、市民の皆さんを初め全国にPRしていくと。さっき、ゆるキャラの質問もありましたけれども、せっかく反響のあるゆるキャラもできたのですから、これをどうやって生かしていくかということも含めて、私はやってほしいと思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) 具体の事業化の広域的なもの、北斗市でやる事業も含めてなのですが、効果がなかなかという御意見かと思います。私のほうからは、観光についてもそれぞれの部署で、うちの市も経済部初め頑張っていると思います。

 それと、広域なのですが、広域との調整となると、それぞれのやはり市町の利害を調整するのに時間がなかなかかかるということで、市だけの考え方では決められないというのが実態でございます。ただ、やはり道南としてどうあるべきだということで常に考えて話し合いには加わっているということでございます。

 また、その結果なのですが、市はいろいろと基盤整備は、新駅ができるまちとして周辺整備をやっいると、これが北斗市の役割であろうというふうに思いますが、やはり効果を生かす取り組みについても、情報発信不足があるということは、これはかねがね私どもも聞いておりますし、市長もそのような認識だというふうに思っております。確固たる方針と、それを発信していくすべというのでしょうか、そういったものも十分意識しながらやらないと、今議員御心配なことは当然持たれるだろうなというふうに考えておりますし、今もそういう思いで市役所一体となって開業対策に当たっていきたいなという考えでございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 今まで坂本議員を初め、いろいろやりましたからあれですけれども、課長、今、広域、広域と、広域のことばかり言っていますけれども、自分のまちがどうなのだということを私は一番最初に出していかないと、隣の木古内町さんだって函館市さんだって自分のまちのニュース出ているでしょう。出ていないのはここだけですよ。それを黙っているというのは、私は何かすっかり忘れ去られてしまうような感じもしますので、これは、せっかく北斗市に駅ができるのだからこれを起爆剤にして振興発展させようということで、莫大なお金をかけてやっているのですよ。ですから、もう少し、真剣に考えているのでしょうけれども、自分のまちとしてどうするのか、こういったことを早く、考えていることがあれば表に出して、そしてPRしていくということが、私は大事だと思っているのですよ。そういうことで、もう1回ちょっと答弁してください。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 坂本議員、そして小泉議員から、今、これからの新幹線を生かしたまちづくりということでお話がありましたけれども、私どもも思いは同じでございます。PR下手だとか、外に発信が足りないというのも、私たちもわかっておりますし、ただ、昨年に、例えばきじひき高原まつりをやったとか、それからローマへの道だとか、いろいろな面で、前よりは具体的なものも取り組んでおります。これから実際に、あと2年しかないのか、2年あるかというお話になると思いますけれども、これは議員の皆様方からも御心配をいただいておりますけれども、市のほうとしても、これまでの方法で進めていけばどうなるかということも含めて、それは危機感は持っております。ですから、そういうことからいって、具体的なもの、北斗市はほかと違うとか、あるいは函館市だとか七飯町と連携してこういうことをやっていきますよということを、議員の皆様方とのお話の中でも含めて、そういうものができたら、なおさら外に向かって発信していくということは大事なことだと思っておりますので、できる限り具体的で、それから、内容が皆さんのお考えになっていることを取り入れた中で、これから事業を進めてまいらなければならないと思っております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 最後に一つ、いろいろと先ほどから面倒な部分もあるということも出ていましたけれども、そういうことであれば、せっかく駅が来るのですから、プロのコンサルでも頼んで、どうやって新幹線絡みでまちを発展させていくかという部分を、もし難しいということであれば、プロというか、まちづくりに詳しい人に対して相談をしながらやっていくというのも一つの手だと思うのですが、最後にこの辺、ひとつお答えください。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) ただいまの小泉議員の御意見なのですけれども、やっぱり基本的なものは、幾らプロのコンサルをお願いするにしても、市がどういう方向でやっていくかということを基本で持たなければならないと思っております。

 ですから、そういうようなことからいって、業務の中で、先ほどずーしーほっきーの委託だとかというのがありましたけれども、そういうものについては業務で委託するようなことも考えますし、それから、市がそのまま直営でやらなくても、いろいろなことでアイデアだとか取り入れることは可能だと思いますので、今後は内容によって、いろいろな事業を進めるに当たって、そういうアドバイスだとか何とかということを、受ける、受けないということも含めて、しっかりとした市の考え方を持って事業を進めてまいりたいというふうにして考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 普通旅費についてお伺いしたいと思いますが、当然私どもも視察とか行けば、帰ってきて報告書を出すわけでありますけれども、当然職員の皆さんも復命書なり報告書は出していると思うのですけれども、その時点で、報告書だけに終わっているのか、それとも行ってきたものをもとに、各課それぞれ協議をしながら、ここがよかったとか、これは参考になるとか、そういうことをやっているかどうか、お聞きしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 種田企画財政課長。



◎企画財政課長(種田宏君) お答えいたします。

 出張した場合は、服務規程によりまして、復命を書くことになってございます。また、それについては、例えば補助金の申請のように1回で結果が出るものもございますが、やはり今こういった長期の考え方の整理から始めるものについては、やはり次の会議につながるものでございますので、それはきちっと書類に書いて、上司がハンコを押すだけではなく、その中身について次はどうしようというような考えを決めて事に当たるというのは当然で、そうやっているつもりでございます。

 また、その課だけではなく、ほかの課とも調整、あるいは意見を聞いたほうがいいというものも、次回の事務に向けて当然やっていく意識で事務をしているということでございます。



○議長(池田達雄君) 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 今やっているつもりということ、それは企画だけかもしれない。各課徹底して、やっぱりそこのところは、課長、部長たち、会議をしながら、必ず報告を求めて検討するということにしないと、各課任せで、やっている、やっていないというあいまいなことでなく、その辺は今後、それをはっきり必ずやる、そして生かしていかなければ、単なる出張に終わってしまって、毎年予算組んでいるのだから、ことしも行ってこようかというだけに終わらないで、せっかくの貴重なお金を使いながらやっているわけですから、各課、これは徹底してほしいなと思いますけれども、副市長、どうですか、その辺は。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 中井議員の御質問ですけれども、おっしゃるとおりで、旅行というか視察も含めて旅費を使うというのは議員おっしゃるとおりでございます。やっぱりいろいろな先進地でも何でもそうですけれども、そういうようなものをまねするということは決して悪い話ではなくて、いい面はそれをまねしてやっていけばいいでしょうし、新たにそういうことで、そういう旅費の中での会議も含めて、いろいろなアイデアが出たらそれを取り入れるということが、もちろん出張する目的でございます。

 ですから、今後というか、これまでもそうですけれども、少なくともそういう成果を上げるために、旅費、旅行に行った場合も含めて、いろいろなものを取り入れてやるという前提で、お話を職員の間でするとかということを今後しっかりと、これまでと同様やっていきたいというふうにして考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 22番山本正宏君。



◆22番(山本正宏君) 今たくさんの皆さんから、この新幹線対策につきまして、アイデアなり意見なり注文なりたくさんあったのですが、ごもっともだなというふうに思います。

 今回は、これは骨格ですから、最低限の予算を盛ってあるわけでございますが、これ、経常経費314万円程度。私、漠として、これは骨格ですから、これはこれで異議ありませんが、今各議員のお話を聞きますと、この新幹線対策費ということは、開業効果、これから開業までに、市の大きな大きな柱の政策でありまして、それにつきましては、何か担当、各役所の中だけでいろいろ、はっきり言えば計画されて、その辺だけで、あるいは新幹線、その辺ぐらいで何か意見交換というか、考えているような感じがしないわけでもない。今ダブりますけれども、これは職員一丸となって、やっぱりもろもろ考えていく、どうなのだということを、市ももちろん事をやるに当たっては限度があるわけでございますが、これは広くもろもろのアイデア等々、外に求めて吸収していくといったような、そういう方策も考えていくべきであろうかと。これから政策予算、今後出てきますが、そういう意味で、予算もちまちまと限られた予算といいながらも、もっと幅広く大きくとらまえて、大きくターゲットを絞っていく、ダイナミックに予算をつけていくと。その予算の中で広く深く、言ってみれば、市もそうですけれども、議員もそうです。市民にもろもろのやっぱり要望だとかアイデアだとか、そういうものを求めていく、吸収する、こういうような考え方で今後やっていくべきではないのかなと、このように思いますが、副市長、ひとつその辺のことについてちょっと。



○議長(池田達雄君) 滝口副市長。



◎副市長(滝口直人君) 山本議員の御質問にお答え申し上げます。

 市民の声ということも含めて、いろいろな、最近でいえば地域の会合、特に新年会だとかいろいろな機会で、やはり市民の皆様方からの考え方を承ることがあります。そういうようなことも含めて、市長に報告した中で、今後どう検討するかも含めて指示をもらっている事項もありますし、それから市長から指示されているのは、前段のほうの、広く新幹線対策課、それから企画財政課、観光課のみならず、若手の職員も入れた中で意見をまとめて、これから北斗市の進むべき方向を最終的にどうするのかという意見を庁内的にまとめて、今後どうするのかということを早急にしなさいということを指示されておりますので、そういうことも含めて、庁内一丸となった中で、そして市民の声もできる限り聞いたものを反映できるような形で今後進めていくことが、最終的には市の中でいう、先ほど来、御質問いただいております、市のやっていることを公にして明らかにしていって、それでまた再度、また意見がいろいろ出てくると思います。そういうものも含めて、とにかく職員はもちろんですけれども、市議会の皆様方と一体となった中で、北斗市の新幹線の開業に向けた観光も含めてですけれども、そういうものをこれから進めていかなければならないと思っております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 22番山本正宏君。



◆22番(山本正宏君) お話承りました。ぜひそういう形で大きくとらまえて頑張っていただきたいと、要望を含めて質問を終わります。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 12目諸費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項徴税費、1目税務総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目賦課徴収費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項戸籍住民台帳費、1目戸籍住民基本台帳費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項選挙費、1目選挙管理委員会費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目知事及び道議会議員選挙費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5項統計調査費、1目統計調査費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6項監査委員費、1目監査委員費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目障がい者福祉費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目障がい者医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目高齢者福祉費。

 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 前にも何回か質問した経緯があるのですけれども、先日ですか、つい最近106歳の方がお亡くなりになられたことが新聞で出ておりました。長寿敬老経費、御多分に漏れず少子高齢化で、うちのまちもその波といいますか、その傾向にあるのは御存じのとおりであります。

 そこで、この中での祝い金だとか何かは別として、結構うちの市でも長寿の方がおるという話を聞いてございます。人口推計上、文教の委員会でありますので、それらのある程度の資料があるのですけれども、実際、具体的には100歳を超える方というのは北斗市で何人くらいおられるのですか。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) 坂本議員の御質問にお答え申し上げます。

 今現在の数字ではないのですけれども、25年の12月現在では15名ということで押さえてございます。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 100歳以上の方に対する行政のかかわりをここで議論する何ものもないのですけれども、実際、約5万人の人口で約15人と。ほかの自治体での100歳以上で生活している方と比べると、どの程度のランクなのかちょっとわかりませんが、いずれにしても、感触としては、多分、結構な人数でないのかなということで思ってございます。

 過去には、町村こぞって100歳を超えたら100万円とか、何かいろいろ長寿の祝いを競うような、そういう市なり町の姿勢があったのですけれども、今はそういうこともなく、祝い金だとか記念品というのも、ある程度市民、町民が納得と言ったら言葉が適当かどうかわからないのですけれども、落ちついているように思うのですが、実際ことしの長寿の祝い金含めて、どういう体系になっているのか、対象者がどの程度になっているのか、その辺についてもお聞かせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) お答えいたします。

 ことしということで、25年度でよろしいでしょうか。25年度ですと100歳の長寿祝い金、この対象者が現時点では9名の予定になってございます。

 それと、米寿の記念品贈呈者ということでは、ことしは215名の対象者というふうになってございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 合わせて224名くらいの方が対象になっています。5万人ですから0.4%ですか。特にこういう人方は、いろいろな世代を超えていろいろな経験、知恵を持っている方であります。何かの機会に、こういう人方の知恵といいますか、生活、人生経験を、この場では多分、表彰だけのものがそこで伝授されてということがあるかと思いますけれども、せっかくの祝いなので、そういう人方の人生経験も、我々後輩なり子どもたちに具体的に披露するような、そういう配慮も私は、多分、この中でやっているかと思うのですけれども、そういう形式での内容での祝いの会みたいなのも私は必要なのかなという、なかなか今、家族の中でもそうなのですけれども、核家族化が進んでしまって、なかなかこういう先人の大先輩方の話を直接聞くなり、話をする機会というのはなかなかない中、そういう意味で、こういう機会にそういう出番を差し上げて、そして後進、我々に対して生活の知恵なり、人生で培ったそういうものの教えを被るような、そういうことも必要だろうと思うのですが、その辺のあたりの対応については、この祝いの会の中でどういう対応をされているのですか。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) お答えいたします。

 高齢者の皆さんの培ってきたいろいろな人生経験、そういう体験、そういうふうなものをやはり後世に伝えていくというのは大変重要なことですし、大切なことでないかなというふうに思ってございます。

 ただ、この祝い金、記念品贈呈、これらの事業は、個々にお贈りするという形になってございますので、その中では、そういう皆さんの体験談なり、そういうものを広く一般に知らしめるというような形にはなっていないという状況がございます。それはまた別な形でやっていかなければならないことなのかなというふうに思っております。

 ただ、私どもこういう記念品をお持ちいたしますと、やはり家族の皆さん集まって、そして一緒にお祝いをするというか、よかったねということでお祝いをしている、そういう姿をたくさん見ておりますので、やはりそういう小さい家族間ではありますけれども、そういう高齢者の皆さんを大事にするというような、そういう気持ちがまだまだこの地域には根づいているなという感想は持ってございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 昼食のため、暫時休憩いたします。

 再開は午後1時を予定しております。

   (午前11時59分 休憩)

 ──────────────────

   (午後 1時00分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告を行います。

 栃木正治君から、本日、午後の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 94ページをお開きください。

 5目高齢者医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目社会福祉施設費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目国民年金費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費。

 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) 97ページの児童虐待防止対策経費の中の13節の養育支援訪問事業委託料の中身を教えてください。



○議長(池田達雄君) 深田社会福祉課長。



◎社会福祉課長(深田健一君) 仲村議員の御質問にお答えをします。

 養育支援訪問支援事業になりますけれども、この事業は、児童の虐待の可能性があるということも含めて、生後4カ月の乳児のいる家庭に対して、母子保健推進員が訪問して、その確認を行っているという事業でございます。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) 母子保健推進員の方は何名いらっしゃって、そういう訪問したときの、生後4カ月以上の方の対象ですよね。何歳までが対象なのかということと、支援員の皆さんの人数を教えてください。



○議長(池田達雄君) 深田社会福祉課長。



◎社会福祉課長(深田健一君) お答えいたします。

 まず、母子保健推進員の人数でございますけれども、約50名ということでございます。

 また、現在、その対象の年齢ということでは、生後4カ月以上ということで実施をしておりますが、その対象の上限の年齢というのは、特に乳児ということでとらえているものですから、乳児となれば0歳から2歳までの年齢を対象として実施をしてございます。

 支援員については、養育支援訪問事業で、現在、5名ということで実施をしてございます。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目児童措置費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目子ども医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目ひとり親家庭等福祉費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項生活保護費、1目生活保護総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目扶助費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目予防費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目母子衛生費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目健康センター管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目保健センター管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目環境衛生費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目公害対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項清掃費、1目清掃総務費。

 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) この項目にないのですけれども、農業用廃プラスチック処理というのが前年度まであったわけですけれども、これは何か期限つきの補助金の制度だったのか、その辺、ちょっとなくなった理由というか、それをちょっと教えていただきたい。



○議長(池田達雄君) 出口環境課長。



◎環境課長(出口弘幸君) 中井議員の御質問にお答え申し上げたいと存じます。

 この補助事業だったのですけれども、特に期限つきの事業ということではございませんで、昨25年度、先ほど午前中にも総務課長のほうからもちょっとお話ございましたけれども、事業改善会議、この中で一つのテーマとして提起して議論いただいた経過もございます。それら審議の経過を踏まえまして、管内等々含めて、状況等含めて、この廃プラに対する、産廃なのですけれども、これに対する助成対象というのは、この北斗市のみということもございましたし、従来、不法投棄対策として進めてきた廃プラ対策なのですけれども、近年ですと、もう具体的に産廃として農家の皆さんも適正に処理していっているといいますか、適正に処理するようになってきておりますので、定着化しているというふうに私ども考えてございまして、今回、26年度をもって廃止ということにさせていただいた内容でございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 18番中井光幸君。



◆18番(中井光幸君) 昨今、ずっと道の補助、市の補助で、ハウスを建てる補助を出しながら、相当棟数がふえているものですから、逆にまたその辺のところがありながら継続していくのかなという思いであったのですけれども、今事業仕分けの中で、ある程度、一定のあれを果たして、そういう不法投棄もなくなったとか、確かに余り補助金ばかり出すのもいいわけでもないですから、自立するということも大事なものですから、その中で仕分けしたというのであれば、わかりました。とりあえず、今言ったように、補助しながらハウスがふえているものですから、その中で、まだ継続したかと思っていたのですけれども、そういうことで事業仕分けになって、一定の目的を達成したということであれば、了解しました。



○議長(池田達雄君) 課長、25年度で終了ということでしょう。26年度ではないね。さっき課長のほうから26年度で終了というような説明があったけれども、25年度と。

 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目塵芥処理費。

 3番三浦利明君。



◆3番(三浦利明君) 115ページ、生ごみ処理業務委託料、8,492万7,000円というふうに出ていますけれども、これ、委託先の経営状態、この金額で、その後、問題発生していないのかどうか、それだけ教えてください。



○議長(池田達雄君) 出口環境課長。



◎環境課長(出口弘幸君) 三浦議員の御質問にお答えをしたいと存じます。

 委託先、御承知のとおり、未来環境株式会社ということで委託をしてございますけれども、確かに市のほうの収集から入ります一般廃棄物の部分につきましては、生ごみの部分につきましては、年々減少傾向にあることは確かとなっています。これはいろいろ水切り等、各家庭の市民の皆様方の協力もいただきながら減っていっているという傾向もあるのですけれども、それがひいては経営のほうということでは、市からの委託料というのは少しずつ減っていくことにはつながっていきます。ただ、会社側としても、それを補うべく、いろいろ経営改善等してございまして、あるいは別な、一廃のほかに産廃のほうなのですけれども、これらの拡大に当たるなどして、経営努力していっている最中でございまして、今のところ経営に響くというようなことではない状況というふうに伺っているところでございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 他に。

 22番山本正宏君。



◆22番(山本正宏君) 15番のごみの破砕処理施設建設工事ですが、たしか去年、JVで工事がもう始まっているわけですが、漏れ伝え聞くところによりますと、落札して、契約して、工事を進めているのですが、何かその後、去年もいろいろ議会の中でも各種の工事等々、工事に当たっては人件費の高騰、資材の値上がり、こういったものがありまして、去年契約した工事ですから、これはそのままやっているのですが、なかなか採算が合わないというか、予算的に窮屈だとか、JVともども何か大変だと、こういう話を聞いております。全国的に工事等々につきましては、申し上げましたように、人件費、資材、上がってきております。加えて、4月から消費税も上がってくるということになってくると、この種工事に当たっては、積算というのでしょうか、そういったものも窮屈でないような、要はスムーズに事業をやってもらわなければならないというのは当然の話でございますので、公共事業でございますから、その辺のところ、配慮しながら予算設定していただくようなことに相ならんかなと、こう思いまして、かなり窮屈だというふうな話で、まいってしまったという話も聞いていないわけでないのですが、その辺のところ、ちょっとお尋ねします。



○議長(池田達雄君) 今村都市住宅課長。



◎都市住宅課長(今村尚?君) 山本議員の御質問にお答えいたします。

 今山本議員おっしゃられる単価云々、上昇の関係で厳しいというのは、正式には来ておりません。ただし、担当のほうからそういうお声というのは聞いております。

 それで、事業的には環境課のほうで持っていますけれども、実施、私のほうでやっていますので、そのことに関しましては、来るのであればお話しましょうという体制では思っております。

 設計が、この発注形態が性能発注方式といいまして、去年の9月に設計ができ上がっているという関係もございます。そうなってきますと、去年の単価アップ分云々というのは、これはその中で吸収されていると、普通に考えるとそういうふうに考えます。ただ、今年度に関しましても、また単価が改正になるということもございますので、今後、相手先からお話があれば伺って、その中でどうなるかということで、今現在は正式に相手のほうから打ち合わせ等、まだ来ていない状況です。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 井口建設部長。



◎建設部長(井口博君) ちょっと今の件について補足させていただきます。

 もう既発注の事業でございます。それで、既発注の工事を消費税のアップも含めてどうするかということになりますと、当然、こういうものについては、設計変更して対応するだとかいうようなルールがございます。それで、JVのほうからきついから上げてくれというだけでは、市のほうとしては、その対応というのはできません。そういうルールに基づいて、見れるものは見れますが、逆に見れないものは計上できないというような形になろうかと思います。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目し尿処理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第5款労働費、1項労働諸費、1目労働諸費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 説明員が交代のため、暫時休憩いたします。そのままでしばらくお待ちください。

   (午後 1時13分 休憩)

 ──────────────────

   (午後 1時16分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 第6款農林水産業費、第1項農業費、1目農業委員会費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目農業総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目農業振興費。

 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 農業関係、いろいろな政策が出ております。

 きょうお聞きしたいのは、119ページ、農業活性化対策振興事業経費の中で、北海道青年就農給付金事業補助金、900万円ですか、本年度計上されています。前年度が600万円ということで、かなりの金額であります。農業の制度、毎年のよう変わって、現役の農家の皆さんの後継者もかなり勉強して、この制度設計を変えながら今の政策に経営を対応していかないと、なかなか難しい時代になっています。

 そういう中で、たしか国の補助なのか道の補助なのか、ちょっとまだしっかり調べていないのでわからないのですけれども、何年かの計画で、いわゆる初期経営が安定しない人方に、この予算を使って、経営が安定する初期のフォローをするような事業であります。市内の中でも、新規に就農されて、追跡調査をしていないからなかなかわからないところもあるのですけれども、きちんと軌道に乗ってやられている方、あわせて、なかなかこういう農業制度ががらがら変わる中で対応しきれなくて、経営をあきらめている方、それぞれうちの市も含めて、管内、いろいろな状況があると聞いております。実際、北斗市の中で、この制度を使って、どういう方が何人おられて、しかも、この補助事業のとおりに所期の目的が現実として対応された結果が出ているのかどうか、まず現状、その辺の話についてお聞かせ願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 坂本議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、この青年就農給付金の補助金、900万円計上しておりますけれども、昨年、600万円でした。この600万円というのは、4名対象者がいて、150万円×4名の600万円ということでございました。今年度、26年度、900万円という計上となっているのは、その4名に加えて、今年度、2名の方が新たに新規就農されるということで、対象が6名で、150万円×6名で900万円ということでございます。これから就農される方2人というのは、これはこれからなのですけれども、昨年も対象となっていた方々4名につきましては、当初の就農計画どおりに今、進んでいるということですので、この補助事業の意味が非常に重いものになっているということでとらえてございます。

 ただ、この事業の対象者ではないのですが、10年前に旧大野町で新規就農された方、この方が10年たってみて、昨年度いっぱいで離農をするというふうになった方が1名、残念ながらいらっしゃいます。ただ、その方は健康上の理由ということで聞いてございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) 営農を長く続けるということは、本当に大変なことなのですよ。今みたいに、健康状態も含めて、経営状態というのはその年、その年で、天候の影響だとか、価格の変動だとか、いろいろなリスクを背負いながら、それを乗り越えてずっと続けるということになります。そこで、ある意味では、こういう手厚い補助があるうちは、そのことも含めて、経営安定に期するところがあるから何とかやっていけるみたいなところもあながちあるようなこともあります。

 そこで、実際補助をやったら、普及所だとか農協だとか、行政が経営に直接かかわるということはないだろうと思うのですが、要は自立するということは、この辺の初期の安定を心配して、補助金があるうちは何とかそれも含めて収支計算が合うようなところがあると思いますけれども、現在、北斗市になってから、昨年は4名、新規に2名で、6名ということになるのだけれども、その辺のフォロー体制というのは、技術的な面だけではなくて、収支の面などというのはどういうフォロー体制になっているのですか。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) その前に、先ほど答弁の中で、一つ漏れがございました。

 この制度、青年就農給付金事業というのは国の制度でございます。ですから、補助金、予算そのものは国から道を経由して市のほうにお金が入ってきて、それをそっくりそのまま対象者のほうに交付するという事業でございます。

 それから、今お尋ねの件でございますが、新規就農するということは、この事業にのっかるためには、就農計画というものを定めて道のほうに提出をし、北海道から認定を受けた、いわゆる認定就農者という位置づけになります。その計画が、その計画どおりにその後いっているかどうかというのは、市の担い手センター、農林課が事務局になるのですけれども、こちらのほうで、農協、それから普及センターもあわせながら、随時、今の状況はどういう状況なのかというのを御報告し合いまして、それぞれの観点が違うものですから、農協としては、当然経営的な観点から見ると。それから、普及センターとしては、技術的な面から見るというような観点で見た中身を担い手センターの中で報告し合いまして、では、この就農者に対してはこういったアドバイスをしてあげましょうとか、そういった話も進めているということで進めてございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 19番坂本勉君。



◆19番(坂本勉君) もう少し具体的にどういう指導の仕方をしているかということの中身も聞きたかったのですけれども、最終的には、多分、収支の中身というのは、少なくとも収支計算なり青色申告の手法にのっとってのやり方で、公表されてもいいような形での経営内容が公開されてもいいような前提でやられていると私は思っています。そういう意味では、これから2月の15日から3月の、ことしは17日まで納税の期間が設定されております。多分、その方たちというのは、計画もさることながら、1年間の収支計算を、申告も含めてどういう形でやられているのか。特に収支計算もそうなのですけれども、青色申告の場合は決算書があって、申告書があって、全ての数字にわたって明らかになるわけですよね。そのことからいったら、その年の改善点なり次の年の改善点も、その数字で明らかになるわけです。そのことが新規就農者であっても、不安定な中で、数字で見てとれて、それを土台として営農計画を立てて、その年にその結果が出たかという、そのことを繰り返して繰り返して、何年か後にはちゃんと収支計算が合うような経営になっていくということを考えれば、もう少し、確かに農協なり普及センターなり農林課がかかわっているのはわかるのですけれども、極めてそういう意味では自己責任のところがあるのですけれども、その辺のとらまえ方というのは、収支計算なり青申で、決算書などというのは、実際手元で、この方はきちんとした経営をして、間違いなく補助事業もきちんと使って自立できるなという、その辺のとらまえ方というのは具体的にやられているのですか。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 先ほどの説明に不足があったかもわかりませんけれども、就農する際の就農計画とは別に、この方々全て認定農業者となっておりまして、経営改善計画というものも作成しております。その中では、目標所得というものが設定されていて、おおむね1人450万円というのが目標の所得ということになっているのですけれども、この計画が計画どおり実行されているかどうかという申告書の詳しい中身まで私ども見ることはできませんけれども、経営改善計画でいうところの目標所得が達成されているのか、されていないのかというような部分については、認定会議の中で必ずチェックを入れることになっております。その上で申し上げますと、その方々につきまして、目標所得に達していないというような農業者は今のところいません。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目農業施設管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目畜産業費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目農地費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 7目道営土地改良事業受託費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 8目基幹水利施設管理費費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項林業費、1目林業総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目林業振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項水産業費、1目水産業総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目水産業振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第7款商工費、1項商工費、1目商工総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目商工業振興費。

 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) この予算を見ますと、昨年まであったふれあい商品券の予算がすぽっと800万円ですか、抜け落ちているのですが、これはもう目的を達したということなのか、このいきさつについてお知らせを願いたいと思います。



○議長(池田達雄君) 山崎水産商工労働課長。



◎水産商工労働課長(山崎勝巳君) 藤田議員の御質問にお答え申し上げます。

 ふれあいほくと商品券、今回は骨格予算ということで、政策的な要素の予算になるわけなのですけれども、平成21年からスタートした事業でして、25年度で5回目を迎えたということで、事業の中身をちょっと今年度検証をいたしました。今年度の利用の実績等ちょっと分析させていただいたのですが、まず券を分けていますので、ある程度大型店で使われるのはやむを得ないにしましても、大型店の利用が、11月末時点でもらったデータなのですけれども、約4割です。そのほか中小の企業ですと、コンビニさんの系統、それと上位の6社さんが、燃料関係ですとか、新聞関係の業者さんにある程度集中した形で使われておりまして、中小でも上位のコンビニさん、あとは燃料、新聞さんで約36%ほど使われているということで、大型店とこれを合わせますと全体の74%ほどが、使われ方が集中してしまっているという状況にございました。あと、約700店舗が事業の中に入って事業をやっているのですけれども、換金の状態も見ますと、全体の700店のうちの23%ほどの事業者さんでしか使われていないというような利用形態がございます。それらを見てみますと、経常的な日常品の購入にほぼ大きな利用が集中してしまっているという結果がうかがえると思います。これらの日用品というのは、この商品券の有無にかかわらず必要な支出と考えておりまして、この商品券を発行している大きな目的の消費拡大には、この日用品の購入がほとんどを占める状態であれば、なかなかつながっていかないのかなと。商工会の事業所さんからのアンケート調査というのも商工会のほうで実施しておりまして、昨年、24年の状況と25年の状況、ちょっと生の声を聞かせていただいたところ、売り上げにつながっていないというのが8割から9割という回答結果になっておりました。確かにお客さんの数はふえているというようなアンケートの数字もあるのですけれども、売り上げになかなか結びついていないということにまずなっております。

 市とすれば、市の800万円と商工会さんで持ち出している200万円がプレミアム分ということで、それが市内で還元されると、その売り上げ向上にも貢献できるのかなというところを考えるのですけれども、なかなかそれが、売り上げに結びついていないというのは現金での利用が商品券に置きかわってしまったということで、使われ方、日用品が8割ほどですから、なかなか売り上げ向上には結びついていかないのかなと、今のやり方では。そういったような利用実績からは判断をしております。

 あと、これはリーマンショック後の消費の落ち込みに対するカンフル剤ということでやらせていただいておりまして、地域の経済情勢を日銀さんのいろいろ数値を出している関係、それとハローワークさんの有効求人倍率等、これを見ますと、現状でも厳しいことは厳しいですけれども、制度を導入したときに比べると、かなり改善した数字があらわれてきております。消費増税の関係での駆け込み需要とかということも多少はあるとは思いますけれども、この消費税の関係につきましては、国のほうで総額5.5兆円規模の対策を講じるということで、しかも26年の前半に需要の効果があらわれるようなところに投資していくというような方針も打ち出されておりますので、たとえこの商品券を中止しても、そちらの国の対策のほうで十分効果があらわれるのでないかなというような判断をしております。

 商工会さんのほうには、そういう市のほうの今年度の利用状況を検証した結果を伝えに行かせていただいておりまして、一定度の区切りをつけたいというようなお話はさせていただいております。

 ただ、最初にも申し上げましたけれども、今回、まだ骨格予算ということで、政策的な判断というのはこれからにはなるとは思いますけれども、現課としての考えは、ただいま申し上げてきた理由で中止といいますか、今年度をもって一区切りつけたいというような考えでおります。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) いろいろ詳しく説明いただきましたが、要するに目的を一定程度達したということで、一区切りつけたいというような趣旨かと思いますけれども、やめること自体に異議を挟むわけではないのですけれども、そのやめるに当たっての過程といいますか、市役所のほうの判断だけで、これはもう目的を果たしたからぱっとやめるということで、こうやって今まで5年間続けてきた800万円の予算計上がぱっとなくなると。それであれば、もうちょっときちっとした説明がなされるべきではないのかなと。この中にも商工議員連盟の議員さんが10数名おりますし、それから商工会の顧問の方もいらっしゃるわけで、きちんとそういう意味では、こういう理由でやめたいのだという納得のいく形といいますか、とってほしいなと思うわけです。

 それで、今説明の中で、アンケートの説明がありました。売り上げにほとんど変わらないという答えが85.46%ということで、これは、商工会の理事会に提出された「ふれあいほくと商品券消費活性化事業結果報告書」というやつなのですけれども、これ、市のほうにも当然届いていると思うのですけれども、景気が悪いので、商品券を買って、プレミアムがついたからといって、その券を使うだけで、そのほかに現金でもさらに買えば売り上げは全体的に伸びるわけだけれども、そのプレミアムのついた商品券を使うことで手一杯というのが、一般の消費者の心理だと思うのですよね。だから、売り上げそのものがどんどん伸びるというのは、ある意味では、景気低迷の中では無理な話だと思うのです。

 ところが、今課長のほうで紹介しませんでしたけれども、商品券事業についてどう考えますかと。購買意欲の向上には有効だと答えている方々が78.84%いるわけですね。それから、商品券事業を今後も続ける必要があると思いますかという問いに対しては、続けるべきだというのが同じく78.43%あるわけです。これは、業者の側からこういうアンケート結果が出ているわけですけれども、では、そのプレミアムつきの券を買った一般市民の方がどう考えているのかというのは、これはまさに市のほうできちっとアンケートなりとって精査をすべきではないのかなと思います。

 それと、商工会の会員さん方が商品券についてどう思うかといったときに、幾らでも売り上げにつながればいい、もうかればいいからということで、プレミアムを20%ではなくて30%だとか50%にしてくれなどという、そういう無茶な要求は少なくともこのアンケートの中からは出てこないわけです。例えば、全体の発行規模。御承知のように5,000万円プラス、プレミアム分が1,000万円ですね。この数字が適正と思うかということの問いに対しては、もちろん少ない、1億円ぐらいやってくれというのが4件ほどあります。それから、多い、もっと少なくてもいいのではないかというのが1件あります。だけれども、ちょうどいいという答えが89.80%ということで、商工会の方々も市の税金を幾らでも投入してもらえばいいのだということで、800万円どころか2,000万円でも5,000万円でも税金を投入してくれなどという無茶な要求をしているわけではないのです、このアンケートからいっても。

 そういう意味では、今まで続けてきたこの事業、それから、市長の最初の予算編成に当たっての提案理由の中でも述べているように、まだまだ景気は厳しいのだという指摘もあるわけですから、せめてもう1年ぐらい続けてみたらどうかなという思いがあるのですけれども、今の説明だと骨格予算であって、この後政策予算で復活するかもしれないというふうにとってよろしいのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 山崎水産商工労働課長。



◎水産商工労働課長(山崎勝巳君) お答え申し上げます。

 まずは、商工会さんのほうへの説明が足りないというお話の件ですけれども、こちらのほうで11月末時点でいろいろデータをいただきまして、検証をさせていただきまして、その後、商工会さんのほうには、確かに役員さん全員ではなかったですけれども、会長さんのほうに、市の考え方、今年度実施した上で、この先どうしていくかというような方針を、担当課としての考えを一度説明させていただく機会をつくっていただきました。説明については、その際も意見交換はしましたけれども、まずはこういう考えでいきたいという方針を伝えさせていただきました。

 それと、アンケート結果で、確かに集客の効果にはちょっと役立つだとか、事業を継続していただきたいという意見が多かったことは私も存じております。こちらのほうとしても、逆に商工会さん側にお願いしましたのは、こういう商品券を活用した消費の活性化事業というのは、集客効果だとかはあるのでしょうけれども、やはり税金を投入するという事業になるわけですから、やっぱり商工振興策ということでつけている予算でもありますから、やはりそちらのほうで何を成果として考えていくかといったときに、やはり売り上げの向上に資する事業であってほしいというのは思いがありまして、ですから、売り上げ向上につながるような、例えば今、公式キャラクターもできるわけでして、そういったものと連動した事業であるとか、そういった形で新たな、例えば、今年度そういう地元にプレミアム分が還元されるような仕組みというのを考えていけないものでしょうかと、こちらのほうも一緒に考えていきたいとは思いますけれども、まずは、そのプレミアム分が市内で還元されるような方策をという事業に変更といいますか、そちらのほうに向かっていってほしいという……。



○議長(池田達雄君) 課長、藤田議員が聞いているのは、政策予算で復活させるかどうかということを聞いているのだから、簡潔に答えなさい。



◎水産商工労働課長(山崎勝巳君) 予算としては、課のほうとしては一たん区切りをつけたいということで、要求は今回はさせてもらっておりませんので、復活もないと思っております。(「答えになっていない。復活するのかしないのか」と呼ぶ者あり)



○議長(池田達雄君) だからそれを聞いているのだよ。課長、答え。



◎水産商工労働課長(山崎勝巳君) 当初予算では、市として要求はしておりませんので、復活することはないです。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 当初の説明では、これは骨格予算なので、政策的な意味合いがあって、今後内容によっては、市長が元気に退院してきたら復活するのかなという思いでお尋ねしたのですが、いずれにしましても、長年5年間ですか、いろいろな人が、やっぱりよかったという思いの市民の方々がたくさんいるわけで、それから商工業者も、先ほど紹介しましたようなアンケート結果で、よかったという方々が約8割もいるという、こういう現実に即して、何とか仮に同じふれあいほくと商品券という形でなくても、それに見合った、また次の企画を早急にやっぱり立てるべきではないのかなということを要望して、質問を終わります。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目観光費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道路橋りょう費、1目道路維持費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目道路橋りょう新設改良費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項河川費、1目河川総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項都市計画費、1目都市計画総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目土地区画整理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目街路事業費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目公園費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目下水道費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目新幹線対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5項住宅費、1目住宅管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第9款消防費、1項消防費、1目南渡島消防事務組合費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目災害対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第10款教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目事務局費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目国際交流事業費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項小学校費、1目学校管理費。

 8番?村智君。



◆8番(?村智君) 学校管理費で聞いていいのか、ちょっと確認もしたかったのですけれども、教育長は、昨年の小学校の学力向上に、26年度は特に一生懸命頑張っていこうという旗印を上げているとあちこちで伺っておりますけれども、この予算の中で、子どもたちの学力向上のためにあえてプラスしているような予算があるのかをお聞かせください。



○議長(池田達雄君) 永田教育長。



◎教育長(永田裕君) ?村議員の御質問にお答えしたいと思います。

 今回、骨格予算ということで、市長の選挙が終わってから、政策予算の中でその部分は出していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目教育振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目学校建設費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3項中学校費、1目学校管理費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目教育振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項社会教育費、1目社会教育総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目青少年健全育成費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目公民館費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目文化センター費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目図書館費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目文化財保護費。

 10番寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) 文化財保護審議会委員の報酬費とありますけれども、これは何人くらいおるのかというのが一つと、それから、175ページの19の上磯奴保存会補助金、それから、有川天満天狗囃子保存会、大野ぎおんばやし保存会のこの補助金をどのように考えているのかをちょっとお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 岡村社会教育課長。



◎社会教育課長(岡村弘之君) 寺澤議員の御質問にお答えいたします。

 初めの文化財保護審議委員の人数でございます。この審議委員の人数につきましては10名ということでなってございます。

 それと、各種団体補助金の部分で、上磯奴保存会と有川天満囃子、大野ぎおんばやしについてでございますけれども、それぞれ文化の伝承というような部分で、ちょうど市の指定になっている文化財というふうになってございますので、今後もこの伝承、それとこの保存に力を注いでまいりたいというふうに考えておるところですけれども、現在はそれぞれに、特に大野ぎおんばやしにつきましては、人数も少なくなってきたというような部分もございまして、平成25年度には小学校のほうに赴きまして、この講習会というような形で、子どもたちに伝承の必要性を強く働きかけてまいりまして、先日、文化祭等でもその発表会が行われたというようなことで、今後、会員数についても、少しはふえていくのではないかなというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 10番寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) メンバーはよくわかりました。

 私は、この奴保存会の補助金、1万8,000円で何もできないのでないかなと。今北斗市の観光をPRするのに、金が大変必要になってきます。それはよくわかるのですけれども、担い手がいないからしまっておくだけでないのかなという感じがするのです。今木古内町のこういう祭りにしても、よそから若い人を、担い手を募集して、そして訓練をさせ、そしていざ観光に結びつけるというような方法を皆さんとっているのです。北斗市だけ、何もやる人がいないから、だんだん小学校、最後には幼稚園にやらせておけばいいのでないかという考えを持っているのでないか、そういう気がするのです。ですから、保存会の補助金をもう少し上げるか、おまえたち、もう少し募集するから来てくれないかという、その意気込みが全然、奴にしても感じられないのですよね。だから、若い人がいなければ募集して、そして観光に結びつけようという意思があるか、その辺をちょっとお聞きしたいなと思うのですけれども、どうでしょう。



○議長(池田達雄君) 永田教育長。



◎教育長(永田裕君) 寺澤議員の御質問にお答えいたします。

 1万8,000円ということで、この金額で何ができるのだということなのですけれども、まずは、やはり団体が中心的になって進めていかなければならないという部分があると思います。それと、観光の部分については、我々は観光の分野というよりも、これを継承していく立場にあるわけですけれども、議員おっしゃるとおり、横の連携をとりながらその辺は考えていかなければならない。それで、各団体が主体的に動けるような活動の場を我々は今後考えていかなければならないというふうに思っております。これは寺澤議員おっしゃるとおり、これから新幹線開業に向けての北斗市を代表する郷土芸能でもありますので、そのような場を設けるなり話を進めながら何かをやると、その場合には、必要な部分についてはまた考えていかなければならない部分かなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 10番寺澤十郎君。



◆10番(寺澤十郎君) きじひき高原のヒルクライム、それから北斗市に八つの大きなイベントがあるのです。そのときに、少しでも披露する。ただ夏まつりだからちょっと歩いてくれやというのであれば、誰も興味示さないと思うのです。やっぱり夏まつりにでも、そういう披露する場を与えるから、もう少し協力してくれ、若手も募集する、それについてはやっぱり資金も出すから、この1万8,000円では、ただしまっている、風、空気入れかえだけの費用でないかと思うのです。そういうところをもう少し力を入れるか入れないか、今後期待するのですけれども、意気込みをもう一度聞きたいと思います。



○議長(池田達雄君) 永田教育長。



◎教育長(永田裕君) 寺澤議員のお話のとおり、教育委員会のほうとしては、活動の場を設けるために、今おっしゃられたような、きじひきだとか夏まつり、その他いろいろなイベントに出れるような話を内部のほうでも協議いたしまして、教育委員会だけでメニューを組むわけにもいきませんので、関係課、関係団体等と協議しながら、活動のできる場を少しでもふやすような方向で考えていきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) 郷土資料室管理運営経費の関係でお伺いをいたします。

 総合分庁舎が完成すると、その2階の部分に郷土資料室が移ると、こういうふうになりますよね。その関係については、展示の設計の委託も25年度で発注して、その関係も順々に整理されていくということなのですが、そっちに移った後のこの施設をどういうふうにするのかということと、それから、郷土資料室の中に展示しきれないものがあって、横のところに収納庫みたいなのがありますね。ここには主に大野町出身かな、鵡川先生の絵画だとかを保存していると、こういうふうに承知しておりますが、その辺の収蔵庫の関係の問題、これは後々そのままでいくのかどうかということも含めてお知らせをいただきたいということが1点。

 それからもう一つ、埋蔵文化財発掘調査受託云々で1億3,000幾ら、これは去年から予算ついてきています。去年調査して、そして今年度もまた予算がついてきている。これ、道の仕事か何か、国の仕事でしたか、それを北斗市に丸投げされて北斗市がやっていると、こういうことなのですが、この見通しというのは、どこまで調査するものなのですか。これがあるおかげで、江差自動車道、工事ストップしているのでなかったですか。違いましたか。その辺のところも含めて、ちょっと見通しを教えてください。



○議長(池田達雄君) 岡村社会教育課長。



◎社会教育課長(岡村弘之君) 花巻議員の御質問にお答えをいたします。

 初めに、郷土資料室の施設は今後どうなるのかだとか、収蔵庫の関係でございますけれども、施設につきましては、ことし10月から11月をめどに、新しくオープンさせてまいりたいというふうに考えてございます。その部分につきまして、当然、今ある資料館よりも面積的には狭くなります。したがいまして、その部分も展示数も若干減ってくるということもありますので、現存の収蔵室をそのまま生かして、そこを利用しながら、展示の入れかえ等も行って、今後の資料館の運営に当たってまいりたいというふうに考えてございます。

 あと、埋蔵文化財の部分でございますけれども、見通しでございますが、平成26年度で発掘調査は終了をする予定と聞いてございます。あと、もう1年間、今度、発掘で出てきた遺物等の整理を行って、平成27年度中には全て終了というふうに聞いてございます。

 失礼しました。事業主体は函館開発建設部ということで、そちらからうちのほうに委託を受けるという形になってございます。



○議長(池田達雄君) 9番花巻徹君。



◆9番(花巻徹君) 郷土資料室の関係ですが、現在ある資料館を残すのですか。収蔵庫のことは今言いましたけれども、あの建物は除却するのかどうかということも含めて、そして、もし除却するのであれば、跡地利用、小学校の校庭みたいなところにありますよね。跡地の利用ということも含めて考えているのかどうか、その辺だけ。



○議長(池田達雄君) 岡村社会教育課長。



◎社会教育課長(岡村弘之君) お答えいたします。

 現在の郷土資料室、旧大野町時代の公民館でございますけれども、移転後は、翌年度ごろに取り壊しをするという計画を持ってございます。除却した後は、大野小学校の駐車場が狭いというような関係もございますので、そちらのほうも検討してまいりたいというようなことで考えているところでございます。



○議長(池田達雄君) 渡辺総合分庁舎長。



◎総合分庁舎長(渡辺武美君) ただいま岡村課長のほうから説明ありました収蔵庫の件でございますけれども、補足させていただきます。

 実は、収蔵庫につきましては、先ほど言ったように、面積的なものもありまして、相当入らない部分も出てくるだろうということであります。したがいまして、私ども、以前から協議させていただいておりました、東前会館、もとの萩野小学校の跡地なのですけれども、そこの会館を市の財産として返していただいたということでして、そこに相当の展示できない部分を収納できると思っております。ただ、先ほど課長が言いましたように、それが全部が全部入るかどうかというのはまだわかりませんので、現在、隣にあるプレハブの収蔵庫も、今のところまだ使うという計画でいるというふうになっていくかと思います。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 先ほどの寺澤議員の質問の関係なのですが、奴と天満囃子とぎおんばやしの関係なのですが、この1万8,000円の予算で何もできないというのは、私もそのとおりだと思っているのです。以前から私も質問しているのですが、さっぱり改善されていかない。一番心配なのは、指導者がいなくなるということだと思うのです。もうどんどん年とっていっていますから、指導者がいなくなるということで、いずれこれを指導してくれる人が全くいなくなると、何もできなくなるということになりますので、その辺を教育委員会としてどう考えているのか。私、以前にこれ、質問していますけれども、さっぱりその後も進んできませんから、この1万8,000円の予算ということは、悪循環を起こしていくだけなのでないですか。お金がないから何もやれないという感じで。だから、もう少し後継の指導者のことを考えると、もっと真剣に、そして早急に対策を立てていく必要が私はあると思っているのですが、この辺だけひとつお答えください。



○議長(池田達雄君) 岡村社会教育課長。



◎社会教育課長(岡村弘之君) 小泉議員の御質問にお答えをいたします。

 指導者がいなくなるのではないかというようなことで、私どもも同じような考え方を持っております。やはり、だんだん高齢になってきて、体が動かないだとかというお話も聞きます。一番いいのは、新たな指導者を見つけられれば一番いいのですけれども、私どもといたしましても、会と一緒になって次の指導者の発掘、それから育成というような部分を考えていかなければならない部分だというふうに思っております。この三つの保存会、皆さんそうだと思いますけれども、そちらのほうと協議しながら、今後の最善の策を考えてまいりたいというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 課長、難しいのはわかるのですけれども、指導者を発掘なんか、私できないと思うのですよ。今いる指導者に何とか指導してもらって、つないでいくというようなことを私はやっていかなければならないと思うのですよ。幸い、年とっているとはいうものの、教えることは多分できるのでしょうから、そのための努力を教育委員会として私はやるべきだと、それも急いでやるべきだということを聞いているのですよ。発掘なんか、私はできないと思います。どうですか。



○議長(池田達雄君) 永田教育長。



◎教育長(永田裕君) 確かに新しい指導者というのは、やっている人でなければできないということもあります。それで、先ほどからちょっと私申しているのですけれども、やはり活動がちょっと停滞している部分があるものですから、それを活性化させるための対策というのをまず考えていかなければならないと思いますし、その中で、活動が活発になってきた中で指導者も生まれてくると。それを今までは、保存会のほうに任せきりにしていたような部分も若干あったのであれば、これは教育委員会も十分関与していきながら、その方向を決めていかなければならないのかなというふうに思っております。



○議長(池田達雄君) よろしいですか。

 暫時休憩いたします。

 再開を2時20分ごろといたします。

   (午後 2時06分 休憩)

 ──────────────────

   (午後 2時21分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 6目文化財保護費。ありませんね。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第5項保健体育費、1目保健体育総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目保健体育施設費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目学校給食運営費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4目学校教育費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧及費、1目臨時災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項農林水産施設災害復旧費、1目臨時災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第12款公債費、1項公債費、1目元金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目利子。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目公債諸費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第13款職員給与費、1項職員給与費、1目職員給与費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第14款予備費、1項予備費、1目予備費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 以上で歳出を終わります。

 ──────────────────



△延会の議決

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思います。これに御異議ありますか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本日の会議は、これで延会することに決定いたしました。

 ──────────────────



△延会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 本日は、これで延会いたします。

       (午後 2時22分 延会)