議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月11日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月11日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号







平成24年 12月 定例会(第4回)





        平成24年第4回定例会会議録(第3号)

              平成24年12月11日(火曜日)午前10時00分開議  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.日程第 2 議案第4号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について及び議案第
         5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について並びに
         議案第15号訴えの提起についてより議案第17号訴えの提起についてま
         で
 1.日程第 3 議案第6号北斗市道路構造条例の制定についてより議案第14号北斗市水
         道事業給水条例の一部改正についてまで及び議案第18号町の区域の設定
         について
 1.日程第 4 承認第1号専決処分した事件の承認について
 1.日程第 5 議案第1号平成24年度北斗市一般会計補正予算(第7号)についてより
         議案第3号平成24年度北斗市水道事業会計補正予算(第3号)について
         まで
 1.日程第 6 発議案第1号閉会中の所管事務調査について
 1.閉 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(22名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      2番 泉   信 男 君       3番 三 浦 利 明 君
      4番 藤 田 啓 実 君       5番 白 戸 昭 司 君
      6番 宮 下 寿 一 君       7番 児 玉 忠 一 君
      8番 ? 村   智 君       9番 花 巻   徹 君
     10番 寺 澤 十 郎 君      11番 仲 村 千鶴子 君
     12番 渡野辺 秀 雄 君      13番 秋 田 厚 也 君
     14番 坂 見 英 幸 君      15番 栃 木 正 治 君
     16番 水 上   務 君      17番 小 泉 征 男 君
     18番 中 井 光 幸 君      19番 坂 本   勉 君
     21番 高 田   茂 君      22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      5番 白 戸 昭 司 君      18番 中 井 光 幸 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 市     長  高 谷 寿 峰 君    教 育 委 員 会  吉 元 正 信 君
                       委  員  長

 選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君    代 表 監査委員  奥 野 信 博 君
 委  員  長
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  沢 村 俊 也 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  菅 井 利 通 君    民 生 部 長  石 川 英 明 君
 経 済 部 長  石 田   優 君    建 設 部 長  三 上 順 之 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  木 村 彰 宏 君

 総務部総務課長  工 藤   実 君    総  務  部  種 田   宏 君
                       企 画 財政課長

 総務部税務課長  宮 川   亨 君    総務部収納課長  今 野 正 男 君
 市民部市民課長  岡 村 弘 之 君    市民部環境課長  出 口 弘 幸 君

 民  生  部  深 田 健 一 君    民  生  部  前 田   治 君
 社 会 福祉課長               保 健 福祉課長

 民  生  部  田 村 宏 美 君    経  済  部  浜 谷   浩 君
 国 保 医療課長               農 林 課 長

 経  済  部  天 満 淳 一 君    経  済  部  中 村 淳 一 君
 水産商工労働課長              観 光 課 長

 建  設  部  井 口   博 君    建  設  部  今 村 尚 ? 君
 土 木 課 長               都 市 住宅課長

 建  設  部  山 崎 孝 人 君    建  設  部  梅 田 一 生 君
 上 下 水道課長               新幹線対策課長

 総 務 部総務課  山 崎 勝 巳 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  永 田   裕 君    学 校 教育課長  高 井 茂 昭 君

 社 会 教育課長  吉 川 英 樹 君    学 校 給 食  松 下 純 一 君
                       共同調理場所長
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────

〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  中 村   奨 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  ? 田 雄 一 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開議)

 ──────────────────



△開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) おはようございます。

 これより、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、

     5番 白 戸 昭 司 君

    18番 中 井 光 幸 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告をいたします。

 本日の議事日程並びに本会議に出席する説明員及びその委任者は、その職、氏名を印刷してお手元に配付のとおりであります。

 次に、説明員の欠席について報告いたします。

 木村農業委員会会長から、本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第2

  議案第4号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について及び議案第5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について並びに議案第15号訴えの提起についてより議案第17号訴えの提起についてまで

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 議案第4号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について及び議案第5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について並びに議案第15号訴えの提起についてより議案第17号訴えの提起についてまでの、以上5件を一括議題といたします。

 総務常任委員長の報告を求めます。

 三浦総務常任委員長。



◆総務常任委員長(三浦利明君) −登壇−

 総務常任委員会に付託された議案の審査結果を報告させていただきます。

 事件名。

 議案第4号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、議案第15号訴えの提起について、議案第16号訴えの提起について、議案第17号訴えの提起について。

 審査の経過。

 12月6日、委員会を開催し、副市長、担当部長、担当課長の出席を求め提案説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、採決をし結論を出しました。

 審査の結果。

 議案第4号北斗市職員の給与に関する条例の一部改正について、原案のどおり可決すべきものと決定いたしました。

 本件は、本年の人事院勧告に基づき、公務員給与が民間給与を上回る50歳代後半層の較差を解消するため、当該職員の給与上昇を抑制する昇給制度の改正を行おうとするものであります。

 改正内容については、55歳を超える職員の昇給は良好な勤務成績を標準に現行2号俸の昇給を昇給しないこととし、昇給させる場合は勤務成績が極めて良好な場合及び特に良好の場合として、その昇給号俸を規則へ委任するもので、施行日を平成25年1月1日とするものであります。

 本件については、条文中、勤務成績に応じて規則で定める基準に従い決定するとあるが、具体的にはどうなるのか、今後、民間との給与格差に開きが生じた場合には引き上げを行うのかなどの質疑応答の後、討論はなく採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 本件は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権一括法の施行に伴い、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正され、市が設置する一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格に関する基準について環境省令を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を改正しようとするものであります。

 改正内容については、環境省令で定められている技術管理者が有すべき資格の基準をそのまま規定し、施行日を平成25年4月1日とするものであります。

 本件については、現在の市の施設にはそれぞれ技術管理者の資格を有している者がいるのかなどの質疑応答の後、討論はなく採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第15号訴えの提起についてより、議案第17号訴えの提起についてまで、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 本件は、いずれも函館簡易裁判所へ学校給食費の支払督促の申し立てをしたところ、分割納付の異議申し立てがなされたことから、民事訴訟法第395条の規定により、支払督促申し立て時点に訴えの提起があったものとみなされ、通常の訴訟手続で審理されることとなったため、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決を必要とするものであります。

 支払督促を申し立てた学校給食費の未納額については、議案第15号が6万1,600円、議案第16号が5万5,000円、議案第17号が13万5,088円となっており、市としてはあくまでもこの3件の相手方はそれぞれ支払い能力を十分に有する者で、滞納額の全納及び訴訟費用の負担を求めていくとのことであります。

 本件については、これに類似する件数はどの程度あるのか、以前行った訴えの提起についてのその後の状況などの質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、報告といたします。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 初めに、議案第4号北斗市職員の給与の関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は原案可決であります。

 これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第5号北斗市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は原案可決であります。

 これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第15号訴えの提起についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は原案可決であります。

 これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第16号訴えの提起についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は原案可決であります。

 これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第17号訴えの提起についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は原案可決であります。

 これを委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第3

  議案第6号北斗市道路構造条例の制定についてより議案第14号北斗市水道事業給水条例の一部改正についてまで及び議案第18号町の区域の設定について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第3 議案第6号北斗市道路構造条例の制定についてより議案第14号北斗市水道事業給水条例の一部改正についてまで及び議案第18号町の区域の設定についての以上10件を一括議題といたします。

 産業建設常任委員長の報告を求めます。

 栃木産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(栃木正治君) −登壇−

 産業建設常任委員会に付託された議案の審査結果を次のとおり報告いたします。

 事件名。

 議案第6号北斗市道路構造条例の制定について、議案第7号北斗市道路移動等円滑化条例の制定について、議案第8号住居表示の実施に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第9号北斗市準用河川管理施設等構造条例の制定について、議案第10号北斗市手数料徴収条例の一部改正について、議案第11号北斗市営住宅条例の一部改正について、議案第12号北斗市都市公園条例の一部改正について、議案第13号北斗市下水道条例の一部改正について、議案第14号北斗市水道事業給水条例の一部改正について、議案第18号町の区域の設定について。

 審査の経過。

 12月7日、委員会を開催し、副市長、担当部長、担当次長、担当課長の出席を求め、提案説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、採決をし結論を出した。

 審査の結果。

 議案第6号北斗市道路構造条例の制定について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、道路法が改正され、市道の技術基準と道路標識の寸法に関する基準について、国が示した基準を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を制定しようとするものである。

 制定内容については、一部については北海道の地域特性を勘案した北海道の基準を参照し、その他の基準についてはこれまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については、条文については国が示した準則を用いたのか、あるいは北斗市独自のものなのか、道路の厚さなどはどこに規定されているのかなどについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第7号北斗市道路移動等円滑化条例の制定について。

 本件は、高齢者、障害者などの移動等の円滑化の促進に関する法律が改正され、移動等円滑化のために必要な道路の技術基準について国が示した基準を参酌して、条例で定めることとなったため、当該条例を制定しようとするものである。

 制定内容については、本市に該当施設のない基準を除き、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については、第11条で設けることとなる立体横断施設は拘束力が及ぶのかについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第8号住居表示の実施に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、本郷地区の一部において、平成25年2月4日から予定している住居表示の実施に伴い、関係する条例を整理しようとするものである。

 改正内容については、本郷地区の住居表示実施に伴う施設の位置及び所管区域の住所表記をそれぞれ変更しようとするもので、施行日は住居表示の実施予定である平成25年2月4日とするものである。

 本件については、新旧対照表についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第9号北斗市準用河川管理施設等構造条例の制定について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、河川法が改正され準用河川管理施設等の技術基準について、国が示した基準を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を制定しようとするものである。

 制定内容については、本市に該当施設のない基準を除き、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については、北斗市内で対象となる河川についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第10号北斗市手数料徴収条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定した。

 本件は、都市の低炭素化の促進に関する法律が施行されたことに伴い、低炭素建築物新築等計画の認定申請に対する審査に当たり、手数料を徴収するために新たに別表に加えるもので、料金は北海道の定める金額と同額とし、施行日を公布の日からとするものである。

 本件については、質疑・討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第11号北斗市営住宅条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、公営住宅法が改正され、公営住宅の整備基準について国が示した基準を参酌して、条例で定めることとなったため、当該条例を改正しようとするものである。

 改正内容については、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。なおこの地域主権一括法に関する改正のほか、福島復興再生特別措置法の施行に伴う居住制限者に対する入居者資格の特別措置の追加及び用途廃止団地の除却により、本郷桜ヶ丘団地1号棟及び渡島大野駅前団地1号棟を別表から削除する改正などをあわせて行っているものである。

 本件については、エレベーターの設置に関する条文について、エレベーターの設置の考え方などについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第12号北斗市都市公園条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、都市公園法が改正されたこと、さらに高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律が改正されたことにより、都市公園の配置、規模の基準、公園施設の設置基準及び特定施設の移動円滑化に関する基準について、国が示した基準を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を改正しようとするものである。

 改正内容については、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については第3条の2及び第3条の3は具体的にはどういうことなのかなどについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第13号北斗市下水道条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、下水道法が改正され、公共下水道の構造基準について国が示した基準を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を改正しようとするものである。

 改正内容については、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については、質疑・討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第14号北斗市水道事業給水条例の一部改正について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、水道法が改正されたことにより、水道の布設工事監督者の設置要件及び資格要件並びに水道技術管理者の資格要件について、国が示した基準を参酌して条例で定めることとなったため、当該条例を改正しようとするものである。

 改正の内容については、これまでの国の基準どおりに規定しているものである。

 本件については、職員の採用する場合、有資格者を採用しているのか、採用後に資格を取得しているのか、現在の有資格者の人数などについての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 議案第18号町の区域の設定について。

 原案のとおり可決すべきものと決定。

 本件は、平成25年2月4日から実施を予定している本郷地区の住居表示の実施に伴い、地方自治法第260条第1項の規定により町の区域の変更を行い、本郷地区の一部の町名を変更しようとするものである。

 これにより、本郷地区の一部を街区方式によって本郷1丁目、本郷2丁目及び本郷3丁目に設定しようとするものである。

 本件については、該当箇所を示した図面の提出についての質疑応答の後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 以上、報告といたします。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を一括許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 初めに、議案第6号北斗市道路構造条例の制定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第7号北斗市道路移動等円滑化条例の制定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第8号住居表示の実施に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第9号北斗市準用河川管理施設等構造条例の制定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第10号北斗市手数料徴収条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第11号北斗市営住宅条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第12号北斗市都市公園条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第13号北斗市下水道条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第14号北斗市水道事業給水条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第18号町の区域の設定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第4

  承認第1号専決処分した事件の承認について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第4 承認第1号専決処分した事件の承認についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) −登壇−

 ただいま上程されました承認第1号専決処分した事件の承認について、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、平成24年度一般会計補正予算の専決処分でございますが、来る12月16日執行の衆議院議員総選挙にかかわる経費として2,440万円を計上し、11月19日付で地方自治法第179条第1項の規定により、補正予算の専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 財源といたしましては、国庫支出金を計上いたしております。

 以上、よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(池田達雄君) 本件に関する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 本件に関しては、承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、承認することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第5

  議案第1号平成24年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第3号平成24年度北斗市水道事業会計補正予算についてまで

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第5 議案第1号平成24年度北斗市一般会計補正予算についてより議案第3号平成24年度北斗市水道事業会計補正予算についてまでの、以上3件を一括議題といたします。

 前回の議事を継続いたします。

 本件に関する質疑を許します。

 初めに、議案第1号平成24年度北斗市一般会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入は項で行い、歳出は目で行います。

 歳出より行います。

 第3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目障がい者福祉費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 5目高齢者医療対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費。

 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 遊休農地の解消対策事業ということで補正のっかっているのですが、この事業の内容についてお知らせください。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 小泉議員の御質問にお答えいたします。

 この事業につきましては、農業委員会を通して遊休農地の解消、つまり所有権移転、あるいは貸し借り、こういったことで遊休農地の解消に向けた取り組みを行う農業者に対して農地の賃借料及び再生利用にかかる経費の一部を助成するという内容でございます。

 当初予算のときには、昨年度より引き続き助成を行うもの171アールございまして、これに加えてことし新規で100アールの解消が図られるであろうということで予算を計上させていただいておりましたが、結果といたしまして継続の171アールはそのままなのですが、貸借で131アール、さらに売買で95アール、こちらの新規の遊休農地の解消が発生をしたということで補助対象となりまして、予算に不足を来したために追加補正を計上させていただいたということでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 17番小泉征男君。



◆17番(小泉征男君) 大体、発生した遊休農地の対応策ですよね。遊休農地として発生した農地の対応策ということだと思うのですが、農地というのはそれぞれ所有が個人で、個人の農業やっている方が所有して、経営できなくなって農地を手放すというか、そういう状況の中で発生してきますよね。

 この発生したものに今、いろいろな対策を講じているようですけれども、どうも発生する部分に何の手立てもできないと、これは個人の所有ですから大変、面倒な問題があるのだろうと思うのですが、発生したものの対応策だけだったら、どんどんこれがまた発生してきて、常に終わりがないというようなことになるのではないのかなという気がするものですから、今、聞いているのですけれども、聞いているのですけれども大変、難しい問題だということもわかっているのですが、この辺のことに関して何か考えがありましたらお聞かせください。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) この遊休農地の解消の対策ということで、実働、実際に動いていただいている機関というのが農業委員会でございます。

 農業委員会のほうでは4月から11月までの間、毎月、農地パトロールというものを実施し、調査をすることにより把握に努めているということで、その把握された新規に発生した遊休農地に関しましては、当然、所有者に対して解消を図ってくれるようにお願いをするというような働きかけもしてございます。

 また、農業委員会の事務局の職員と、それから市側、農林課の職員とで秋に把握調査ということもやってございまして、これを自己所有地を自分で解消するという方も中にはいらっしゃいます。そういう場合は、補助対象とはなりませんけれども、これをほかの人が借りる、あるいは買い取るというような形で解消するという場合につきましては、この対象になるというような形で進めているということですので、農林課と農業委員会と連携を図りながら解消に当たっていくというような形で今後も進めていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目農地費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第7款商工費、1項商工費、3目観光費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道路橋りょう費、1目道路維持費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2目道路新設改良費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 3目橋りょう維持費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 4項都市計画費、5目下水道費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 6目新幹線対策費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第10款教育費、2項小学校費、2目教育振興費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、2目公共土木施設災害復旧費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第13款職員給与費、1項職員給与費、1目職員給与費。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 以上で歳出を終わります。

 歳入に入ります。

 第14款国庫支出金、1項国庫負担金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項国庫補助金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第15款道支出金、1項道負担金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 2項道補助金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第17款寄附金、1項寄附金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第19款繰越金、1項繰越金。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 第21款市債、1項市債。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 以上で、歳入を終わります。

 次に、第2表地方債の補正についての質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、議案第1号の質疑を終わります。

 次に、議案第2号平成24年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入歳出一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第2号の質疑を終わります。

 次に、議案第3号平成24年度北斗市水道事業会計補正予算についての質疑を許します。

 歳入歳出一括で行います。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で、議案第3号の質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 初めに、議案第1号平成24年度北斗市一般会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号平成24年度北斗市下水道事業特別会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号平成24年度北斗市水道事業会計補正予算についてを採決いたします。

 本件に関しては、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第6

  発議案第1号閉会中の所管事務調査について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第6 発議案第1号閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。

 各委員長より、閉会中における所管事務調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、これを許可することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長より申し出のあった閉会中の所管事務調査は、これを許可することに決定いたしました。

 ──────────────────



△閉会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 以上をもちまして、今定例会に付議された案件は全部終了いたしましたので、平成24年第4回北斗市議会定例会を閉会いたします。

 どうも御苦労さまでございました。

       (午前10時39分 閉会)