議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成24年  6月 定例会(第2回) 06月13日−一般質問−02号




平成24年  6月 定例会(第2回) − 06月13日−一般質問−02号







平成24年  6月 定例会(第2回)





        平成24年第2回定例会会議録(第2号)

               平成24年6月13日(水曜日)午前10時00分開議  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.日程第 2 通告による一般質問
 1.散 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(22名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      2番 泉   信 男 君       3番 三 浦 利 明 君
      4番 藤 田 啓 実 君       5番 白 戸 昭 司 君
      6番 宮 下 寿 一 君       7番 児 玉 忠 一 君
      8番 ? 村   智 君       9番 花 巻   徹 君
     10番 寺 澤 十 郎 君      11番 仲 村 千鶴子 君
     12番 渡野辺 秀 雄 君      13番 秋 田 厚 也 君
     14番 坂 見 英 幸 君      15番 栃 木 正 治 君
     16番 水 上   務 君      17番 小 泉 征 男 君
     18番 中 井 光 幸 君      19番 坂 本   勉 君
     21番 高 田   茂 君      22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      7番 児 玉 忠 一 君      15番 栃 木 正 治 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 市     長  高 谷 寿 峰 君    教 育 委 員 会  吉 元 正 信 君
                       委  員  長

 選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君    代 表 監査委員  奥 野 信 博 君
 委  員  長

 農業委員会会長  伍 樓   進 君
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  沢 村 俊 也 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  菅 井 利 通 君    民 生 部 長  石 川 英 明 君
 経 済 部 長  石 田   優 君    建 設 部 長  三 上 順 之 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  木 村 彰 宏 君

 総務部総務課長  工 藤   実 君    総  務  部  種 田   宏 君
                       企 画 財政課長

 総務部税務課長  宮 川   亨 君    総務部収納課長  今 野 正 男 君
 市民部市民課長  岡 村 弘 之 君    市民部環境課長  出 口 弘 幸 君

 民  生  部  深 田 健 一 君    民  生  部  前 田   治 君
 社 会 福祉課長               保 健 福祉課長

 民  生  部  田 村 宏 美 君    経  済  部  浜 谷   浩 君
 国 保 医療課長               農 林 課 長

 経  済  部  天 満 淳 一 君    経  済  部  中 村 淳 一 君
 水産商工労働課長              観 光 課 長

 建  設  部  井 口   博 君    建  設  部  今 村 尚 ? 君
 土 木 課 長               都 市 住宅課長

 建  設  部  山 崎 孝 人 君    建  設  部  梅 田 一 生 君
 上 下 水道課長               新幹線対策課長

 総 務 部総務課  山 崎 勝 巳 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  永 田   裕 君    学 校 教育課長  高 井 茂 昭 君

 社 会 教育課長  吉 川 英 樹 君    学 校 給 食  松 下 純 一 君
                       共同調理場所長
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────
〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  中 村   奨 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  ? 田 雄 一 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開議)

 ──────────────────



△開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) これより、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、

     7番 児 玉 忠 一 君

    15番 栃 木 正 治 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告をいたします。

 本日の議事日程並びに本会議に出席する説明員及びその委任者は、印刷してお手元に配付のとおりであります。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第2

  通告による一般質問

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 これより、通告による一般質問を行います。

 前回の議事を継続いたします。

 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) −登壇−

 通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 一つ、北斗市における災害時要援護者への避難支援の全体計画に関する件。

 昨年の3月11日の東日本大震災から1年3カ月が経過したが、その後、北斗市において、災害に対する備えや災害時の避難対策等々どのように充実されてきたか。安心・安全なまちづくりへの対策の全体をお知らせいただきたいと思います。

 2、茂辺地・当別地区の医療施設に関する件であります。

 茂辺地・当別地区は現在、無医地区の状態にあると思われ、多くの住民が急病や深夜の救急体制、日常の通院等に不安な生活を余儀なくされ、また、高齢化率が特に高く、さらにそれが進行する中、市として医療機関の設置等に関して、どのような対策、案をお持ちなのかをお尋ねしたいと思います。

 3番、東日本大震災における瓦れきの受け入れ問題に関する件であります。

 東日本大震災における瓦れきを広域で処理する問題について、当市では、太平洋セメントにて木質系の可燃瓦れきを受け入れるような報道がたびたびなされておりますが、具体的に進行しているのかどうか。

 多くの市民の不安の声にこたえていただきたいと思います。

 4番目に、東京電力福島第一原発事故に関する件であります。

 東京電力福島第一原発事故の現状をどのように認識しているか。

 また、現在、日本中の50基の原発が全部停止しているが、このことをどのように感じておられるか。

 政府は、再稼働への動きを模索していますが、このような動きに関して、どのように考えておられるか。

 5番目、再生可能エネルギーに関する件であります。

 原発依存から再生可能エネルギーへの転換が叫ばれています。

 昨年秋に完成した浜分中学校校舎には太陽光パネルが設置されています。先進的な取り組みと思われますが、学校全体で幾らの電力量が必要とされ、そのうち、この太陽光パネルでどれほどの電力を賄う予定であるのかをお教え願いたいと思います。

 6番目、新幹線工事に関する件であります。

 新幹線開業に向けての工事が着々と進められているが、それに伴い、周辺地域の住民生活に多くの影響を及ぼしていることが考えられます。

 そのことに関して、地域住民とのコミュニケーションは十分に図られているのか。また、地域住民からの要望事項は的確に解決、処理がなされているのか、そのことをお尋ねしたいと思います。

 最後に、7番目、観光事業に関する件であります。

 観光元年として、桜回廊事業に多くの予算をつけて実施してまいりましたが、これまでの成果はどのようなものであったのか。特に、周辺地域での問題等は発生しなかったかどうか。

 これらについて質問をしたいと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) −登壇−

 藤田議員の御質問にお答え申し上げたいと存じます。

 初めに、1点目の北斗市における災害時要援護者への避難支援の全体計画に関する件についてでございますが、昨年以降、東日本大震災を教訓に、最大クラスを想定した津波災害対策について、課題の整理、検討と一定の対策を講じてきたところであり、現在、北海道が行っております津波浸水予測図の見直し結果を受けて、これまでの検討結果を精査し、北斗市地域防災計画の見直しへと移行しなければなりません。

 これまでの具体的な取り組みを申し上げますと、市民一人一人の防災意識を高める高台マップの全戸配布や海抜表示をあわせた避難経路標識を計画的に設置しているほか、主な避難所施設への移動系防災無線と防災資材の整備による施設機能の拡充、先般策定いたしました北斗市災害時要援護者支援全体計画の各地域への浸透と地域の防災力向上を図る人材育成として、防災士養成事業などを実施しております。

 さらには、安全な一時避難場所と避難経路を確保するため、関係機関等との協議を進めてきたところでもございます。

 今後は、津波浸水予測図の見直し結果を踏まえ、北斗市津波避難全体計画の策定による避難方法の決定と地域単位の避難計画の策定に向けた地域説明会の開催、北斗市防災会議による地域防災計画の見直し、職員への防災研修や災害対策本部訓練の実施、新たな地域防災計画に基づく防災総合訓練の計画、さらには、主要な電子データのバックアップ保存が可能となるネットワーク環境を整備し、行政機能のバックアップ体制の構築に取り組むなど、万全な防災対策を整えてまいりたいと存じます。

 次に、2点目の茂辺地・当別地区の医療施設に関する件についてでございますが、この地区で唯一開業されておりました医療機関につきましては、平成19年12月に院長がご逝去されたことに伴い廃業となり、現在まで医療機関のない状態が続いております。

 市といたしましても、この間、無医地区の解消に向けて、北斗医会や渡島医師会との情報交換を続けながら、複数の医療機関や医師との協議、話し合いを進めておりますとともに、診療所開設の受け皿として、地域内の物件を取得し、環境整備に努めてきているところでございます。

 しかしながら、個人による診療所の開設ということから、大変難しいものとなっており、特に地域的な状況や安定的な経営の確保など不透明な部分があることから、具体的に診療所開設に取り組んでいただける医師の確保には至っていないという状況ではございますが、今後もねばり強く取り組んでいきたいと考えております。

 次に、3点目の東日本大震災における瓦れきの受け入れ問題に関する件についてでございますが、本年3月19日に環境大臣から、27日には北海道知事から、それぞれ広域処理による災害廃棄物の受け入れについて、文書による協力要請を受けております。

 その後、3月31日に高橋知事が北海道新幹線の新駅視察に訪れた際に、太平洋セメント上磯工場での受け入れに関し、協力要請があったところでございますが、この中で、私からは、「国や道からの文書による要請、さらに知事から直接要請を受けたことに対しては、真摯に受けとめている。ただ、住民の理解をいただかなければならないデリケートな問題であり、太平洋セメントと市、道が連携を図ることはもちろんのこと、議会への相談、さらには産業団体等の意見も聞かなければならない問題であり、丁寧に、慎重に検討を進めていきたい」と御返事を申し上げ、さらに、太平洋セメントからは、道が主導的役割を果たしていただきたい旨の要請を受けているので、お力添えをいただきたいとお願いをいたしました。

 その後、4月18日に道の幹部職員が来庁し、岩手県の太平洋セメント大船渡工場では除塩を行った木くずを処理しており、大船渡市の除塩を行った木くずの受け入れを検討していただけないかとの打診を受けました。

 市といたしましても、木くずを除塩することは、すなわち放射性物質の除染にもつながることから、太平洋セメントや道などと大船渡市を視野に入れた調整を進めておりましたが、5月24日に道の幹部職員が来庁し、5月21日に環境省が発表した岩手、宮城両県の災害廃棄物の推計量の見直しにより、大船渡市の木くずが14.9万トンから2.8万トンに見直しされ、県内での処理が可能になったことから、上磯工場での受け入れは必要ないとの報告を受けたところでございます。

 道では、推計量の見直し後も、国から、なお広域処理が必要との協力要請を受けており、引き続き太平洋セメントでの木くずの受け入れを進めていきたいとしておりますが、除塩の問題もあるため、さらなる調査が必要とのことから、現時点での被災地先は決まっておらず、木くず受け入れの条件等を含め、具体の協議は進んでいない状況となっております。

 次に、4点目の東京電力福島第一原発事故に関する件についてでございますが、大震災による原発事故によって、原発の周辺では、地域住民の生活基盤が失われていることを初め国民生活や経済活動に多大な影響が生じており、今回の事故を教訓とした、精度の高い、原発立地地域における自然災害の想定と安全対策の確立が急務でございますが、残念なことに、福島第一原発事故の原因究明が進んでいなく、また、事故直後の国民への情報提供のあり方も含めて、原発の安全性に関する国民理解を得られる環境づくりは進んでいないと認識しております。

 原発事故によって、改めてわが国の電力供給における原発への依存度の高さを国民だれもが再認識したところであり、事故対応の長期化と影響の多大さ、複雑さを見ましても、国は中長期のエネルギー政策の見直しを早期に示し、電力需給に関する進むべき方向について、国民理解を得つつ、福島第一原発事故の正確な検証結果に基づく当面の安全性に関する国民理解を得た上で、原発再稼動についての判断をすべきではないかと考えております。

 次に、5点目の再生可能エネルギーに関する件についてでございますが、浜分中学校校舎への太陽光発電設備の設置につきましては、環境教育の教材としての活用や環境負荷低減の効果が期待されることから、文部科学省においては、関係省庁との連携により学校施設への導入を推進しているところでございますし、さらに、市といたしましても、平成21年度に策定した北斗市地域新エネルギービジョンにおいて、学校施設における太陽光発電の導入をプロジェクトの一つとして位置づけており、こうした国の方針等に基づき、平成22年度からの浜分中学校改築建設事業にあわせ、最高出力30キロワットの太陽光発電パネルを設置したものでございます。

 御質問の、学校全体での必要電力量は、設置計画で、夏休みや冬休み等による各月の変動はあるものの、年間の推定で17万2,700キロワットの使用を見込んでおり、そのうち太陽光発電は、季節的な日射量の変動を見込み、年間の推定発電量を2万2,347キロワットと推定し、学校全体の年間による使用電力量の約12.9%を賄う計画でございます。

 次に、6点目の新幹線工事に関する件についてでございますが、新駅周辺地区では、平成27年度の新幹線開業に向けまして、市発注の土地区画整理事業や道路整備工事、また、鉄道運輸機構発注の新幹線本線工事が行われております。

 地域住民の皆様には、事業計画説明会及び工事実施説明会を平成16年度より、町内会ごとに五十数回開催いたしまして、工事の必要性や工事の進め方について御説明し、御理解と御協力をいただきながら工事を進めているところでございます。

 また、地域住民の皆様からの要望事項につきましては、要望内容により関係機関と協議し、国の基準などに照らし合わせながら現地の確認調査を行い、その結果については地域住民の皆様に御説明いたしまして、対応しているところでございます。

 例えば、特に強い要望がございました新駅北側地域の仮称新函館停車場七飯線の農業用車両の通行を考慮した幅員の確保につきましては、北海道と協議し、路肩幅を通常より広く確保して、農業用車両が安全に通行できるよう道路幅員を確保しているところでございます。

 次に、7点目の観光事業に関する件についてでございますが、昨年5月、北斗市観光協会が試験的にライトアップ事業を行い、多くの観光客を集めました法亀寺のしだれ桜のほか、大野川沿いの桜並木、戸切地陣屋跡の桜のトンネルや清川千本桜など、市内に点在する桜の名所を一体的にアピールしていく桜回廊構想につきましては、昨年末から道内外の旅行会社に対し宣伝誘致活動を行ってきた成果もあり、本年、春のツアーにおいては165本の旅行商品に組み込まれたほか、5月10日から16日までの7日間に実施いたしました法亀寺のしだれ桜及び大野川沿いの桜並木のライトアップ事業では、期間中に2万2,600人、さらに、ライトアップ実施前の3日間を含めると3万人を超える観光客の皆様にお越しいただくなど、新幹線開業に向けた観光振興策の一つとして、着実に成果を上げているものと考えております。

 また、この事業による経済効果につきましては、現在調査中ではございますが、例えば、せせらぎ温泉の入館者数は昨年同期と比べ2割程度増えておりますし、近隣商店や飲食店の売り上げ増にもつながっているとお聞きしているところであり、地域経済の活性化にも寄与しているものと存じます。

 一方、周辺地域での問題等につきましては、近隣住民の皆様に対し戸別訪問によりチラシを配布するなど、事業に対する御理解と御協力をお願いしたこともあり、民地への侵入に関する苦情が1件あったものの、特段の問題は生じていないと考えております。

 今後とも、近隣住民の皆様の御理解を得ながら、観光プロモーションなど情報発信を強化し、知名度の向上と入り込み客の増を図ってまいりたいと考えております。

 以上で、藤田議員の御質問に対するお答えといたします。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 再質問をさせていただきたいと思いますが、再質問に先立ちまして、きのう、議長のほうから、藤田の要望により、質問席に水を置くことを許可いただきました。

 いろいろ話をしていると、何といいますか、のどがからからになるもので、これは従来から私、何とかお願いできないかとお願いしてきたところですが、このたび議長を初め議会運営委員の皆さん、議員各位の御理解のもとに、水を使わせていただくことが許可されましたことに、まず議員の皆さんにお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

 なお、この水差しについては、私個人的に、私だけが使えるというものではなくて、もちろん、要望があればどなたでも使えるものというふうに解釈しておりますので、ぜひ質問するに当たって、演壇にある同じ水差しだと思いますので、使わせてもらうことについては大変ありがたいことだと、まずお礼を申し上げたいと思います。

 なお、水を使うことによって、多少質問が長くなれば、説明員の皆様には大変申しわけないのかなと。まさか水差しがないほうがいいのになと思っている説明員の方はいないと思いますけれども、そこのところはよろしくお願いしたいと思います。

 では、早速使わせていただきたいと思います。

 さて、再質問させていただきたいと思います。

 今、るる市長のほうから御説明をいただきました。

 まず第1点目の北斗市における災害時の要援護者への避難対策ということで、このことにつきましては、ちょうど1年前ですか、昨年6月の私の初質問のときに、ちょうど3月の震災直後の、私にとっては初めての議会だったのですが、日本中がこの震災を、大変なことが起きたなということで話題になっていたときでしたので、ここで質問をさせていただきました。

 そのときの市長の答弁は、今回の大震災から得られた最大の教訓は、想定外の災害が起こり得るということであり、津波対策を早急に整える必要があるというものでありました。また、防災の基本である自助、共助、公助を徹底するという視点、防災体制の点検と見直しをしていくということが1年前の、この6月議会での答弁でございました。

 それで、繰り返しになりますが、このことについて、1年たった今、その見直しといいますか、その体制がどのようになっているかと。1年たったから、これだけのことが今、準備できましたよと、ここの部分についてはまだ準備できていませんというあたりを、市民の皆さんにわかりやすく、また、これから協力をしていただかなければならないという観点からも、今の状況を、先ほど市長のほうから答弁をいただいたのですが、どうも、まだ計画中という部分が随分多いのかなという印象でありますが、そこのところをもう少し詳しくお知らせ願えないでしょうか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 藤田議員の御質問にお答えをしたいと思います。

 最後のほうで、まだ計画中という部分が多いという御指摘でございます。

 最大クラスの津波を想定した場合、これはやはり従来の、通常クラスと言うと変な言い方ですけれども、2.4メートルなりの津波を想定した対策では全く立ち行かないという状況の中で、昨年御質問いただいた中で市長がお答えをしてやってまいりました。

 そういったことからしますと、まずは北海道が現在、太平洋沿岸域、こちらのほうでの津波の浸水予測図の見直しをしてございます。この結果を受けなければ、昨年以降、私どもが課題を抽出して、整理をした上でその対策をるる検討してきたと。こういったものが果たしていいものなのか、合っているのかどうなのかというのがまずわからないという部分が前提にあるということで、計画的なものが多いという部分の状況はまず御理解をいただきたいというふうに思います。

 それで、まず自主防災組織の関係で申し上げますと、これは各地域の町内会の皆さんに、防災学習なり、それから避難訓練なり、そういったものをお願いしたいということでやってきてございます。昨年度においては九つの町内会で、防災学習なり、それから避難訓練等が行われまして、これら合わせて395人の参加をいただいているところでございます。

 また、この町内会に加えまして、社会福祉法人、それからPTA連合会、それから民間の企業、こちらからも防災学習を開催していただきたいということで、これら3団体284人に参加していただいた中で、私ども現時点での説明できることをしてきてございます。

 さらには、久根別地区におかれましては、これまた函館中央警察署が主催した冬場の避難訓練、これを行ってございます。こういったものには150人の参加をいただいているところでございますし、北海道が主催しました昨年の秋以降ことしの2月にかけて、津波避難計画策定支援事業というようなものに久根別、東浜の10町会から、会長さん含めて役員さん、1町会当たり二、三人ずつ御参加をいただいてやってきてございます。

 こういうような自主防災、要援護者に限らず、この最大クラスの津波想定をしたこれへの取り組みというようなことで順次進めてきているところではございます。

 また、自助、共助、公助の徹底ということで、改めて、防災の基本は、この自助、共助、公助、これを徹底するところでございます。

 まず、地域の皆様には先ほど申し上げました、まずは学習会等をして、防災に関する意識啓発、これを高めていただくということも必要となりますし、さらには御質問いただいている要援護者対策、ここについても、これは要援護者だから自助がいらないということには決してならないと思います。その方々の状況に応じた自助が必要だと思いますし、そういうような部分の議論もしてきたところでございます。

 共助というのは、これは地域の皆さんの部分になりますので、先ほどから言っている、学習を含めた自主防災組織の取り組みを進めていただく。

 なお、その人材育成として、市長もお答え申し上げましたように、防災士の養成というものに取り組んでございまして、昨年は二つの町内会から2名の参加をいただいておりますし、今年度も三つの町内会から3名の参加をいただいているということで、まずは活動を進めてくださいと申し上げましても、その地域に人材がいなければ、これは進んでいかないという部分もありますので、そういった人材育成もあわせて行っている。

 そして、公助の部分、我々防災対策本部を中心とした部分でございますが、ここは本部の初動の機敏性、これを高めるというような意味で、もろもろの課題が出てまいりましたので、その課題を今整理して、前に進めるように準備をしているというような段階でございまして、市長が1回目に御答弁申し上げました部分に加えて、具体的な部分ということでつけ加えさせていただきたいと思います。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今の説明を聞きましても、どうも、やはり災害に合わせた対策と言うには随分、言葉はあれですけれども、ゆっくりしているなという印象は、ちょっと否めないと思うのです。

 現在、北斗市内には町内会は幾つありますか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 市内には86の町内会がございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 86の町内会があって、今説明があったように、二つとか三つの町内会でこういう人材の育成を取り組んだとか、避難訓練については九つの町内会で395人が参加したとか、随分、震災から1年以上たって、今の時点で、逆にこれが何年もたったら震災の記憶が薄れて参加が少なくなったというのならわかるのですけれども、やっぱりこの一、二年、まだ震災の、大津波の余韻といいますか、記憶が一番鮮明なときに、こういう、大変なのだよということで、全市を挙げて防災対策といいますか、それから、市のほうで問題にしている町内会の協力ということを推し進める上でも、今が一番いいときではないのかなと。ぜひ市長を先頭にして町内会に出かけていって、こういう訓練をしましょうと、こういう教育をしましょうというあたりで、ぜひ町内会の皆さんと相談をしてもらいたいものだなというふうに考えるところであります。

 それと、今回問題にしております、いざ、大変だということで防災無線やらいろいろ鳴るわけですけれども、もちろん自分で逃げられる人は走って逃げるわけですけれども、そうではない人、いわゆるここで問題にしている要援護者、つまり、避難するに当たってだれかが手をかしてあげなければならない人、その方々が、例えば自分の町内、200軒あるとすれば、その中に、どこにどういう方がおられるのかというのをきちんと町内会が把握しているかどうか。いざというときに、ああ、あそこのじいさん忘れていた、あそこのばあさんいたのというような、そういうようなことにならないのかということを一番心配しているわけです。

 それで、平成18年に、これは国のほうからですか、要援護者に対するガイドラインというのが出ていると思いますが、この中で特に私が問題にしたいなと思うのは、情報の共有といいますか、つまり、町内会で、どこにどういう援護をしなければならない人が住んでいると。それで全部だと思っていたと。ところが、いろいろ聞いてみたら、例えば民生委員の人に聞いたら、あなた方は知らないけれども、あそこにはひとり住まいで身動きできないおばあちゃんがいるのだよ、おじいちゃんがいるのだよ。

 つまり、町内会の組織だけではなくて、民生委員の組織だったりいろいろあるわけですけれども、その辺の要援護者に対する情報がきちんと共有されているのかどうなのか。町内会ではわかっている人、町内会でわからない人、民生委員の方々はわかっているけれどもわかっていない人とか、そういうような、てんでんばらばらの、そういう情報のつかみ方になっていないのかどうかをお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 昨年私がお答えしたときの決意と随分変わって、何かトーンダウンしたのではないかというような意味の御質問かなというふうに受けとめているのですけれども、私どもが市としてできることは、すべて私どもはやっているつもりでございます。

 ただやはり、例えば一番大きいのは、最終的に防災計画の見直しになるわけですけれども、これは今、道が行っている津波浸水予測図が出されなければ、市としてできないこともある。つまりは相手があってできないことがあるものについては、やりたくてもできないことがあるのだと。

 例えば、JRとの関係で言うと、踏切が遮断されたときにどうやって行くのだ。これは市で決められません。それから、高規格道路を一時避難所として使う。これも開建と協議しておりますけれども、これも私たちに、当事者能力のないものについては、これはなかなかできないものがあって計画中だということがあるのだということもぜひとも御理解をいただきたいと。

 したがって、市としてできることはやっているつもりですし、町内会の関係におきましても、もう以前から自主防災組織というのは口を酸っぱくして言ってきたつもりでありますし、今回、町内会の活性化事業の一つの項目の中にも災害に関することもうたっておりますので、今後とも町内会のほうには要請をしていきたい。

 そしてまた、町内会のほうにこれを何としてもやれということは、果たして市のほうで言うことができるのかどうかということも考えなければなりません。

 それから、要援護者の問題についても、以前からこれは指摘されておりました。ただ、中には個人情報保護という問題もあって、なかなか、今日まで進んでこなかった。だけれども、それを乗り越えていかなければならないということで、今、町内会のほうとも、あるいは民生委員のほうとも協議をしていると、そういう状況でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) この1年間の市のほうの対策が昨年6月の市長答弁よりもトーンダウンしているという、そういう見解で申し上げているわけではございません。そうではなくて、この1年の進みぐあいにおいて、災害がいつやってくるかわからないということを考えたときに、やっぱり、市としてできることをしているということの今、答弁でしたけれども、やっぱり、市民の命、財産を守るという立場に立てば、それをさらに早めてほしいと、安全で安心なまちづくりを一刻も早く進めてほしいというのはみんなの願いでありますので、ぜひ、そこの部分は、一生懸命頑張っているのはわかりますけれども、さらに頑張ってほしいという、そういう意味合いであります。

 さらにまた、市長が言われるように、市として当事者能力があることないこと、それは我々にはわからないわけであります。ですから、そこの部分の説明、これは、市として当事者能力がなくてできないことだよ、これは何とかやれるというあたりは、町内会を通してでもきちんと明確に、わかりやすくしていったほうがいいのではないかなというふうに思っているわけです。

 それと、個人情報保護法の問題で、いろいろ問題があるということで、それは昨年の答弁の中でもありますけれども、どういうあたりが、例えば、わかりやすく言うと、民生委員の方々が持っている情報と町内会の方々の情報というのは、いわゆる災害に向けての要援護者、どうやってみんなで助けるかという点では、共有することについてはどのような問題があるのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) お答えいたします。

 まず、市の取り組み、町内会の取り組みということで前段お話がありましたので、そこで触れさせていただきたいと思うのですが、私ども市役所でも防災に関しては、市長が再三申し上げているとおり進めています。

 私どもと同じように、これは町内会の側も、みずからの立場に立った、主体性を発揮して、これはやはり自助、共助というものが防災の基本ですので、行政が例えばおくれている部分があるのであれば積極的に申し出ていただきたいと思いますし、防災はどちらか一方だけがやって成り立つものでは決してありませんので、そういうような部分で、今後とも協力的に、地域と一緒に進めてまいりたいということで考えてございます。

 そこで、2点目の情報の関係です。

 この災害時要援護者対策で一番問題となるのが対象者の把握ということで、この4月に、北斗市の計画を決定した段階で、この把握については、例えば民生委員、町内会が持っているもの、私どもの行政が持っている情報、これを最初に共有するという方法はとってございません。民生委員であれば民生委員、町内会であれば町内会、市役所であれば市役所のほうで基礎的な対象者のピックアップをした上で、御本人の確認、同意を得た上でこれを共有していくと。おおまかに言いますと、対象者の把握に関してはこういう流れの計画になってございます。

 そこで、どこに問題があるのかというのは、これは市長が申し上げましたとおり、個人情報保護の壁というものがありまして、何が壁になるかというと、これは、例えば弱者、身体等に障害をお持ちの方の市の持っている情報を地域に出す、外部提供する、もしくは、民生委員も守秘義務が活動の中に課せられておりますけれども、民生委員の活動の中で知り得た情報を町内会のほうに外部提供していく、これは原則禁止をされております。

 ただし、北斗市の個人情報保護条例でもそうなのですけれども、この保護という部分と公益上の利益、これを加味した上で、公益上の利益が勝るとすれば、これは、情報共有、つまり外部提供していっても差し支えないというふうになっていまして、ここの部分が判断の分かれ目になってまいります。私どもその内部で、民生サイド、それから私ども防災サイドも入って、内部の会議の中でここの議論をした段階で、防災としては、例えば身体の障害をお持ちの方であってもすべての情報ではなく、避難に差し支えのある下肢の障害ですとか、そういう最低限の情報の共有化を目指したわけですけれども、やはり障害をお持ちの方は、日常の生活の中で、障害という部分を余り表に出さないように努力をしながら生活をしておられる方も、すべてとは言わないけれどもいると。

 そういった当該御本人の皆さん方のこれまでの御努力を、結果として共有するということになると、無にすることにもつながっていって、なおかつ申し上げますと、一定の時間の間に逃げなければ、これは非常に危険な状態になるという津波災害において、100%、では、この計画どおりに動いて、すべての方を、避難を支援できるかというと、これは約束できるものでもない。当初助けようと思っていた支援員の方が被災してしまう可能性もある。

 現実的に、では100%それが計画どおり物事が進展するのかというと、決してそうではないというようなもろもろの事情も加味した上で判断すれば、公益性のほうが勝るということで、情報を外部提供しながら共有するというのは、現時点ではまだ早急ではないでしょうかということで、この情報共有に関しては慎重な取り扱いという方針の上で、北斗市の場合は計画を決定してございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今、工藤課長のほうからるる丁寧な説明がございました。

 この間、4月にですか、北斗市のほうで出された要援護者への全体計画の中でも、今、個人情報の部分に関して言えば、個人情報の共有に関する市民理解が高まるまでの当分の間は高齢者世帯に関する情報に限定し、地域への情報提供を行うことができるものとするということですね。

 高齢者世帯に限定するのだと。いろいろな障害を持っておられる方がいるだろうけれども、それを直ちに共有するということは、その人のいろいろな、変なうわさを立てられたり、社会的につらい思いをしたりするというのを考慮して、今のところは高齢者世帯に限定した情報共有になっていると、そういう理解でよろしいでしょうか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 基本的にはそのような御理解で構わないと思っていますし、当面というような表現の部分で加えて申し上げますと、個人情報の扱いというのは、これはやはり社会通念上の変化、これに合わせて、先ほど申し上げました公益上の利益という部分も含めて、先のことをお話しすれば変化は十分にあり得るところでございます。

 そういうことからして、この自主防災の活動なり要援護者の支援というような、この活動が広がりを持って、地域の中に浸透していくことによって、ここの部分は変化が見込める部分だというふうにも考えてございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今の個人情報の件に関しては、今後もまた、どういうような共有の仕方がいいのか、いろいろ、市のほうでもそういう条例をつくったり何かしながら研究しているところと思いますので、ただ、心配するのは、援護者に対する情報を共有していないために、いざというときに人を救えないと、そういう最悪の事態だけは何とか避けなければならないのではないかと。

 それと、今、課長の答弁の中でもありましたように、法律の趣旨といいますか、確かに個人情報は大事にしなければならないと。そのことと、身体生命に危険があるときは、情報だからあの人は助けられないというような、そういうことでは困ると思うのです。だから、そこの難しさというのがあることはよく理解できますので、今後もまた勉強していきたいと思いますが、いずれにしろ、そういう問題があるということも含めて、それぞれの、先ほど言いました86ですか、町内会の人方ときちんと、市の対策なりを、要援護者に対する対策、情報共有の仕方も含めて、よく話し合うことが大事ではないかということを指摘しておきたいと思います。

 それと、いざという場合の、この想定していることに当てはまるかどうかわかりませんけれども、先月、5月7日ですか、茂辺地地区のほうで断水がございました。市のほうの報告によりますと、5月8日の午前7時には全面復旧したということでありましたが、この断水における影響、世帯数とか人数はどれぐらいでしたか。



○議長(池田達雄君) 山崎上下水道課長。



◎上下水道課長(山崎孝人君) 藤田議員の御質問にお答えします。

 1,013世帯、1,904人ということで把握してございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) つまり、防災の観点から言っても、大津波だとか東日本大震災クラスでなくても、例えば茂辺地地域で断水になりましたよと。要は水道の水が出ないわけですよね。その状態で、今答えられました1,013世帯ですか、1,900人、約2,000名の方々が水が出ないという状況になったときに、さて、どうお知らせしていくのかという、訓練ではないですよね、実際の被害なわけですから。

 そういうときに、やっぱりきちんとこういう体制で、全市民の人にお知らせできましたと。しかも、どこそこに行くと給水車がいて、給水もできますよと。それから、必要な方には水を家まで届けるよという、そういう体制までとれたのでしょうか。そのことをお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 山崎上下水道課長。



◎上下水道課長(山崎孝人君) 当時、連絡のつく会長さんには、そういうことで、みずから給水所に来られない方に対しては、うちのほうで給水しますよということをお知らせいたしました。それから、各給水所でも、そういう情報があれば、うちのほうでお持ちいたしますよということでお話しするようには一応指示をしておりました。

 結果的には、私の記憶ですが、20軒程度にはそういうことで給水をいたしましたが、確かに、情報的に皆さんに伝わったかというと、不備だったような点はありますので、その辺はこれからも十分、いろいろな形で勉強しながら、広報のあり方というものを考えていきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) ありがとうございます。

 実は私もこのとき、たまたま茂辺地に入りました。それで、断水ということで、何軒かの家にお見舞い方々、どうなのですかということで歩いたら、やはり、一つは問題なのは、なぜ断水になっているのか、いつまで続く予定なのかというのが、要するに情報が入らないと。それから、あれは防災無線でも流したのですかね。それから、広報車も歩いたのでしょうか。要するに、そのことが把握できていない方々がやっぱりいたということ、それと、支所のほうに電話をすれば水を届けてくれると。

 実は、皆さんも御存じのように、18リッターのポリ缶とかを持って支所のところに行って、給水してもらって、それを家まで持ち帰るわけですけれども、お年寄りの方なんかは無理なのです。それで、二つ給水したけれども、とりあえず1個持っていくと。後でまた1個とりに来ますみたいなね。それから、自転車の後ろにつけて、もちろん乗れないですから押しながら行くとか、随分しているのですけれども、要は、そうやって取りに来られない方々については、市のほうではお届けもしますよという、そのことがきちんと伝わっていないのかなと。せっかく市のほうでそこまで配慮して、電話一本くれれば水を届けますよというところまで準備しているのに、そのことが住民の皆さんに伝わらないというのは何とも惜しい話だなというのが率直な感想でした。

 このことはやっぱり、いざというときに大きな災害があったときの一つの教訓になると思いますので、もしそういう点で不備な点があったとすれば、今後にぜひ生かして、茂辺地・当別地区というのは、ある意味では、北斗市全体から見れば狭い地域ではありますので、その辺の地域ぐらいは間髪入れずにお知らせできると、情報を流せるという状態をぜひつくっていただきたいなというのが要望であります。

 それと、この防災の件に関して言えば、私のところにもう一つ電話が入りました。防災無線がうちには全然聞こえないのだという、苦情といいますか訴えでありました。私は、個人的には、随分うるさいぐらいに聞こえるものですから、そういう防災無線の聞こえないところがあるのかなと思って、町内をぐるっと一回りしてきました。

 そうしたら、確かに聞こえないのです。5時とかに鳴りますよね、音楽とか。そこの家のところに行ったら、やっぱり聞こえないのです。なぜかなと思って、一番近いと思われるスピーカーのほうへ行ってみましたら、3個スピーカーがついているのです、高いところに。ところが、一つは向こうを向いて、あとの二つは両方を向いて、つまり、今私に訴えがあった人のほうには向いていないという状況なわけです。つまり、私の見解では、スピーカーが4方向にあればそういう苦情がなかったのになというふうに思ったわけです。

 要援護者ではない、まさに自助で、何かあったときに無線を聞いてすぐ逃げられる人が、その無線を聞けなかったというのは、これはある意味では最悪なことでありまして、そういう意味での、市内何十カ所に防災無線が立ち上がっているのか私は承知しておりませんけれども、スピーカーの向きといいますか、その辺についての実態は把握しているのでしょうか、そのことをお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 各地域に設置してある防災無線のスピーカーの状況という御質問でございました。

 これについては、例えば器具のふぐあいも含めて、毎年度、保守点検を業者委託してございまして、その中で見ていただいているところではございますが、現にそういう場所があるというようなことであれば、今後も施設整備をした後の住宅地の整備等に合っていないというようなスピーカー構成もあるかもしれませんので、そういう部分については、今後、目視点検を実施しながら、ことしの予算でもスピーカー増設をできる予算を持っていますので、現にそのことによって聞こえない地域があるとすれば、これは早急に手当てをしてまいりたいというふうに考えてございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) ぜひ、今お答えになったように、もし聞こえづらい地域があれば、スピーカーを増設すると、そういう予算も持っているということでありますので、ぜひそのようにしていただきたいと。

 特に、聞こえない地域があるとかそういうことについては、町内会の方々が一番詳しいと思うのです。そういう意味では、今、目視も含めて課長のほうで点検してという回答がありましたけれども、ぜひ町内会の方々に聞いて、今言ったように3方に向かっているスピーカーをもう一方ふやせばいいだけの話ですから、ぜひそれは増設をして、全地域にきちんと声が届くという状況を実現してほしいなというふうに要望するところであります。

 ちなみに、私、七重浜地域ですので、6カ所回って歩いたのですけれども、完璧なところが1カ所、そこは五つの方向にスピーカーが向いていました。そこは、当然と言えば当然ですが、七重浜消防についている無線です。あれは、4カ所かなと思ってよくよく数えたら、5カ所も丁寧についていて、全部の周りに聞こえるようになっておりました。

 ところが、ほかの6カ所は、4方向ではなくて3方向しか向いていないスピーカーがほとんどでありました。もちろん、大野地域とか、ほかの、本町地区のほうなんかは見ておりませんので何とも言えませんけれども、少なくとも私が見た限りの7カ所のスピーカーの状態であれば、そういう状態でしたので、ぜひその辺も点検をしていただければなと。そして、必要であれば増設もしていただきたいというふうにお願いをしておきたいと思います。



○議長(池田達雄君) 暫時休憩をいたします。

 再開は、11時15分ごろを予定しております。

 この際、傍聴人に申し上げます。

 傍聴におきましては、会議の妨げにならないように御注意をお願いいたします。

   (午前10時55分 休憩)

 ──────────────────

   (午前11時15分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 防災無線の関係でお答えをしたいと思います。

 まず、防災無線は、1カ所当たりに周囲800メートルから1キロ、この範囲内で聞き取りが可能なようにつけてございまして、御指摘いただきましたように、一つの箇所について二つから五つのスピーカーがついてございまして、このスピーカーも同じタイプではございませんでして、一つはレフレックス型、拡散型のスピーカーがついています。これは、音の到達距離が約300メートルと言われていますし、もう一つはストレート型、直進型のものもついてございまして、これが、音の到達距離が500メートルというふうになってございます。

 この組み合わせによって、市街地、取りつけ箇所周辺の状況に応じて設置をしているところではございますが、なおそれでも不十分なところにつきましては、町内会、それから各住民の皆さんからの御指摘を得て、現地を確認した上で、改善すべきところはしてまいりたいと思います。

 なお、今月6月号の広報でもお知らせしていますが、6月28日の午前10時15分から、緊急地震速報の電文訓練、これが全国一斉に行われます。北斗市の場合は防災無線を自動起動して、この訓練による緊急地震速報、これを防災無線に流していく予定でございますので、前にもお話ししております、聞こえづらい部分も確かに否めないところではございますが、市民の皆さんには聞く側の努力もお願いしたいと思っています。

 聞くという立場に立って、28日午前10時15分の訓練に参加をいただいて、その中で聞こえない部分もございましたら、これは改めて私ども防災担当のほうに御遠慮なく御連絡をいただきたいものと思います。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) るる防災対策についての、今、市がこの一年間、特に取り組んできたこと、それから、防災無線の設置状況のあり方、いろいろ教えていただきました。

 今後も、もし不備があれば、一刻も早く、いつ大災害が起きてもうちのまちは大丈夫だという、そういう体制を築き上げていってほしいと。そのことには、市だけがああしてほしい、こうしてほしいということではなくて、市長がいつも言われているように、自助、共助、公助ですか、そういうことで、住民みずからがやっぱり頑張らなければならない、それから、自主防災組織である町内会、その他の、いろいろな団体も協力してやっていかなければならないという部分は当然のことでありまして、そのための合意形成といいますか、そのために、やっぱり市のほうが一生懸命、各町内会にも出向いていって、話し合いをしながら進めていってほしいと、そのことを再度お願いをしまして、この件に関しては再質問を終わりたいと思います。

 次に、2問目の茂辺地・当別地区の、お医者さんがいないという問題であります。

 このことについては、例えば昨年の3月の平成23年度第1回定例会における白石議員の質問、それから、その後には、昨年の12月6日の第4回定例会における山本議員のほうからも、同じように、心配して、無医地区に対する解決方法はないのかということでいろいろ質問があったと思います。

 その中での市長の答弁といいますか、北斗市の考え方なりをるる見せていただいているわけですけれども、実は、その答弁の中から、非常に、私個人的には残念だなと思いますのは、先ほどの市長の茂辺地・当別地区に関する答弁の内容というのは、半年前の山本議員に答えた答弁、全く進展していないのだなと。まるで昨年の答弁内容を写し書きしたような内容で、それだけこの問題が、進展しないというか難しい問題なのかなと思っておりますが、再度、市長、どうでしょうか。今後の取り組みといいますか、展望といいますか、そういうものは、今時点ではないのでしょうか。そのことについて、再度お尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 石川民生部長。



◎民生部長(石川英明君) 藤田議員の御質問に私のほうからお答えをしたいと思います。

 茂辺地・当別地区の医療施設の設置ということでございますけれども、進展がないのではないかというような今御指摘でございます。

 実は、先ほどの市長の答弁にもございましたとおり、今まで複数の医療機関、あるいは医師、そういうような方々へのお願い、あるいは声かけというような部分で取り組んできております。

 それで、実は現在、ある先生にお願いをしておりまして、検討したいという、その時点では前向きなお答えをいただいております。ただ、その先生の家庭の状況等があって、現時点ではすぐということにはならないと。ちょっと答えを待ってくれないかというようなお話をいただいております。

 それで、私ども、今、正式な返答を待っているという状況ではありますけれども、その先生の今後の家庭状況なり、そういう状況の中で、では、うちがいつまで待つのかというような話にもなります。一定の時期を待って、返事がなければ改めてこちらのほうから再度確認をした上で、もしそれがだめだよというようなことであれば、また新たな方、あるいは医療機関等にお話をしていくという、そういうことで考えてございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今、るる具体的に、医師に当たりながら進めているということですが、その辺の情報といいますか、我々のほうがわからないものですから、全く、先ほどの市長の答弁にありましたように、昨年12月、第4回定例会で山本議員にお答えした、その答えから一歩も出ていないのかなと。ああ、では、この半年間、全然進展がないのかなと。では、これから先もどうなのかなというのが心配だというのと、だれよりもやっぱり心配しているのは、そこの地域に住んでいる、先ほど断水の件でもちょっとお尋ねしましたけれども、あれだけの、2,000人を超える人方が住んでいる地域でお医者さんが1人もいないというような状況というのはやはり、市長が言っているように、何とかその問題は解決したいという市長の前向きな答弁にあったように、その実現に向けて、ぜひ頑張ってもらいたいなと。

 それから、もう一つ言いますと、先日、渡島総合振興局のほうに、いろいろ、私たち共産党としても要望事項を出しているのですが、そのことに茂辺地・当別地区の無医地区の状態についても、北海道としてはどう考えているのだということで要望をしてまいりました。そのときに、北海道といいますか、振興局の答えは、「北斗市において、医療機関の誘致と医療環境の整備について、鋭意検討中と聞いております。振興局としても、地元自治体に必要な情報提供を行うほか、具体的な開業の相談がありましたら、融資制度や開業の手続等について助言するなど適切に対応してまいりたいと考えております」というふうに、道のほうからも答えをいただいているところであります。

 そういった意味では、いろいろな情報といいますか、駆使しながら、ぜひ医師の確保の実現に向けて、さらなる努力をお願いしたいなということで、このことについてはお願いしたいと思います。市長、どうでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 藤田議員のほうから、昨年の12月の第4回定例会で山本議員に答弁した内容と全く同じではないかと、一歩も進んでいないのではないかという御指摘をいただきました。

 今、民生部長のほうから申し上げましたような内容ではあるのですけれども、それは山本議員にお答えする以前からの話でありましたので、答弁の内容は全く同じだったということを御理解いただきたいと思っております。

 今、そういう話が進んでいる中で、ほかのところに声をかけるというのも、これもまた失礼な話だと思います。したがって、今は先生の返事を待っていると。ただ、いつまでも待っているわけにはいかないので、その時期を今見きわめながら進めていくということですから、この点については御理解をいただきたいなというふうに思っております。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 大変困難な問題に努力しているということがうかがえましたので、この点については次の機会にまた、その進展ぐあいを、いいお話が聞ければいいなというふうに考えております。

 続きまして、3番目の東日本大震災における瓦れきの受け入れ問題の件でありますが、先ほどの市長の答弁の中から、当面、あしたにでも、その瓦れきが北斗市に運ばれてくるという状況にはないのかなということで、多分、このやりとりを聞いておられる多くの市民の方々が、ある意味では、きょう、あす、我々が全然知らないうちに瓦れきが運ばれてきて、極端な言い方をしますと、北斗市に放射能の危険が来るのではないかと、まき散らされるのではないかというふうに心配されている方もいるわけで、そういう人方にとっては、当面そういう心配ではないと。

 それと、市長が答えているように、それを受け入れということになる段階で、市民の方々ないしは議会のほうとよく相談をしながら進めるのだと。市が独自に、勝手にそれを進めていくということではないのだということをおっしゃられておりましたが、そのような御理解でよろしいのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 1回目の答弁でも申し上げたのですけれども、国なり道から正式に文書でもって災害廃棄物の広域処理というものの要請がございました。また、3月31日には高橋知事から直接要請を受けたことも事実でございます。それに対して回答したことは、先ほど言ったとおりでございます。

 市民の皆さん方がこの問題に関して不安を持っているということも、私も十分承知しております。それは、私どものほうから、一体どういう計画で、どこまでどう進めるというようなことが市から発信されていないということで不安をお持ちだということは十分理解できることでございます。

 ただ、いずれにいたしましても、これまでの中では、進捗状況についてはお話しできる状況にありますけれども、いざ具体に進めるということがないものですから、私どものほうから発信できる材料がない。ただ、節目、節目では、例えば記者会見でもお話し申し上げておりますし、これまで全員協議会の中でも申し上げてきたつもりでございまして、これからもそういう思いは全く変わりません。

 そしてまた、今は災害廃棄物を受け入れるかどうかというのは全く白紙の状態なのですけれども、当然、これから仮に進めていくとすれば、議会、住民の皆さん方、それから産業関係者の皆さん、いろいろな方々とよく相談をするということが絶対条件でありますし、そしてまた理解を得られなければ、市が独断で進めるということも全くする予定はございませんので、この点についてはそういう方向で進めていきたいというふうに思っております。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 瓦れきの受け入れについては、私は、今の市長の答弁を聞きまして、大変安心されたという方が多いのではないかなと思っております。

 それで、瓦れき問題についてはいろいろ、皆さん御意見があろうかと思いますけれども、やはり、いわゆる通常の津波被害とか、洪水被害とか、大雨とか、そういうものでできた瓦れきではなくて、やはり何が問題なのかということになりますと、放射能の問題だと思うのです。放射能が含まれている瓦れきと。放射能というものはどういうものなのかというあたりが、やっぱり、この問題の核心だと思うのです。

 単なる瓦れきを処理するとか、協力するとか、しないとか、あそこの町は引き受けてくれるけれどもこちらの町は引き受けてくれないとか、何か、広域処理ということで、日本中の市町村が東北地方の災害に対して協力するのかしないのか、それを何か、踏み絵を踏まされているような、そういう感覚というのは、私はおかしいと思うのです。やはり、受け入れるにしても受け入れないにしても、その地域の人方がどう考えるかということが大事なのではないかなという意味では、市長が言われるように、地域の人方のいろいろな産業界、例えば漁組であるとか、農業関係者の人だとか、そういう、放射能について汚染を一番心配される人方ときちんと協議をしていくというあたりが一番大事なことなのではないかなと。

 そういう点では、今、市長が答弁されたように、そういう、関係者、関係団体、もちろん地域住民の方ともきちんと話をしながら進めるのだという答弁をいただきましたので、安心をしているところでありますが、一つ、放射能の問題についてお尋ねしたいことがあります。

 全国なのですけれども、北斗市の小学校、あるいは中学校において、放射能について考えてみようという、いわゆる教科書といいますか、副読本が出ているかに思うのですが、教育委員会のほうでは、その本について把握しておりますでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 今の質問にはなかったのですけれども、広域処理という問題で、国のほうは広域処理を求めているということで、私たちも、国が言うのだからそうなのだろうなという思いはあります。

 聞くところによると、これは確かな情報ではありませんけれども、広域処理しなくても自分の町で、被災地のほうで、我々のほうでできるのだと言っている被災地もあるようでございます。

 ただ、一方では、これはどこかの新聞、道新だったでしょうか、岩手県のある地区に住んでいる人が、みんな口にはしないけれども、受け入れを拒まれたというニュースを見るたびにつらい思いをしているのだというような地域の住民もいらっしゃるわけですから、私たちがいらないというところから無理やり持ってくるということではなくて、本当に困っているという人があるのであれば、それは私どもの住民合意を、理解を得た中で、やはり助けてあげるというのが私の本質的な思いでございます。これは、今後ともそういう思いは持ち続けていきたいというふうに思っております。



○議長(池田達雄君) 高井学校教育課長。



◎学校教育課長(高井茂昭君) 藤田議員の御質問にお答えいたします。

 小学校、中学校に、社会科の副読本ということで、ことし4月、学校に配付されております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 学校に配付されているということは、各生徒の手に渡っているということでよろしいのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高井学校教育課長。



◎学校教育課長(高井茂昭君) 各小学校、中学校、学校で保管して、授業のときに使う部分もありますし、子どもたちのほうに渡っている部分もございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) この副読本は、去年の3月11日の震災後につくられたものだと承知しておりますが、それで間違いないでしょうか。いつごろつくられたものでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高井学校教育課長。



◎学校教育課長(高井茂昭君) お答えいたします。

 これは、昨年の10月につくられたものでございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 昨年の10月ということは、3月の大震災の後につくられた。これが本の一部コピーなのですけれどもね。

 この本によりますと、「はじめに」というところで、「平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9)によって東京電力株式会社福島第一原子力発電所で事故が起こり、放射線を出すものが発電所の外に出てしまいました」というくだりから始まる本なわけです。双葉町でも大熊町でも、ここ5年、10年先、自分の町に放射能があって帰れないという今の状況というのは皆さん御存じだと思います。このような中で、つまり放射能がどんなに大変なものかという現実の問題としてある中で、これはつくられた本であります。

 そのような中で、この本の中に書いていることが、私は本当に目を疑ったのですけれども、放射性物質をどうやって防ぐかということに関して、「長袖を着ることにより、放射性物質が体に付かないようにすることができ、服や体に付いても放射性物質を洗い流すことができます」と。だから何も心配いりませんというような、しかも放射能というのは人体にもふだんから持っているし、どの植物にも放射能というのはあるのですよと。しかも、人間の部分で言えば、例えばエックス線検査を受けるとか、お医者さんの部分で言うと、いろいろな放射能がいかに人体に、病気その他を治療するのにも役立っているかということで、それはそのとおりなわけです。

 ただ、3.11の大震災を受けた後の本という、初めに書いているわけですけれども、そうしたら、放射能というものがどんなに大変なものかという、やっぱり記述がないとおかしいと思うのです。だから、そこのくだりが、非常にといいますか、全くないわけです。放射能自体が役に立つものだというオンパレードで、これはまさに、今までずっと、歴代政府が進めてきた、原発なり放射能が安全だという安全神話を今の小学生、中学生に教えていくという内容なのではないかなという思いをしているわけですけれども、この内容について、教育委員会のほうは承知しているのでしょうか、その点をお尋ねしたいと思います。



○議長(池田達雄君) 藤田議員にお尋ねいたします。

 今の質問に関しては、4番の東京電力福島第一原発事故に関する件に進んでいるという認識でよろしゅうございますか。よろしいですか。

 永田教育長。



◎教育長(永田裕君) 藤田議員の御質問にお答えしたいと思います。

 放射線に関する副読本につきましては、私も読ませていただきました。

 たしかこれは、最初のくだりに関しては、福島原発事故の関係を書いておりますけれども、それを受けて、放射線に関する感心、それから被害の心配などが以前よりも増してふえているということで、放射線に対する一般的な知識を知らせるための副読本というふうに私は理解しております。

 それで、放射線に対する危険性の部分については、たしかがんにかかる確率が1.8倍くらいあると。それ以外のものもあるけれども、放射線が一番高いよということを言っております。

 ただ、藤田議員おっしゃるとおり、ちょっと私も疑問に思った部分につきましては、事故が起きてしばらくたつと、放射線は地面に落ちて何もしなくてもいいのだよというような記述があったと思うのですけれども、その部分については、私もちょっとその意味が理解できない部分もありました。それは、学校側の教師が子どもたちに教える場合に、先生方が理解していないものを子どもたちに教えるということになると、問題があって誤解も生じるというふうになろうかと思います。そういう意味からすれば、そういう部分については正しい理解をした上で子どもたちに教えていかなければならないというふうに思っております。

 ただ、これは、一般的な放射線に対する知識を教えるという副読本というふうに私は理解しております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今、新しい教育長のほうからそのような答弁をいただきました。

 一般的な放射線の勉強と、それはそのとおりだと思います。放射線というのは、いつ、どこで発見されて、こういう経過で広く社会で利用されているということで、これはそのとおりだと思います。

 ただ、私が今ここで一つ問題にしているのは、最初に福島第一原発の事故のことを書いていながら、しかもそのことで、放射能によって、そこの地域の人方がどれだけ、報道によれば16万人ですか、この人方が自分のふるさとに今後何年先も帰れないという、そういう大きな放射能の原発事故がありながら、放射線が非常に人々の役に立っていいものだよという、一辺倒の、こういう本でいいのかなと。私から言わせればけしからんなというような部分で、今の答弁ですと、学校現場でその辺はきちんと教えていくだろうと。あくまでもこれは基礎的な部分で、そうではない一面もあるということは先生のほうできちんと教えていくのだろうという教育長の期待だと思うのですけれども、やっぱりその辺は、本当に大事なことなのだろうなと思います。

 ちなみに、この本をつくった会社といいますか、それはどこなのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高井学校教育課長。



◎学校教育課長(高井茂昭君) お答えいたします。

 この本につきましては、社団法人日本医学放射線学会、日本放射線安全管理学会、日本放射線影響学会、独立行政法人放射線医学総合研究所が監修をしております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 私が調べた中では、日本原子力文化振興財団というところに文部科学省が委託してつくらせたというふうになっているのですが、日本原子力文化振興財団というのは今の答弁の中には入っていませんか。



○議長(池田達雄君) 高井学校教育課長。



◎学校教育課長(高井茂昭君) 発注元については、本をつくったということで、日本原子力文化振興財団ということでございますが、中身については、ただいま申し上げたとおり、学校教育の専門家、あとは理科、社会の現役の教職員からなる作業委員会が作成して、公正・中立な機関の監修を受けているということでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 今答弁がありましたけれども、私が調べた日本原子力文化振興財団という、この本を発注を受けてつくったところの、例えば会社の役員を見ますと、中部電力の顧問であるとか、東京電力の社長だとかが、つまり原子力発電所をつくって、どんどん進めていこうという人方がこういう本の監修に携わっていると。当然、原子力、原発、けしからんなと、恐ろしいものだなというふうなことにはならないのかなというふうに、その辺を危惧しているわけであります。

 そういう意味では、ぜひ教育委員会においても、この辺の中身のところまで討議していただいたり、それからPTAの方々ともいろいろ、特にお子さんをお持ちの親御さん方について言えば、放射能についてどう勉強するか、例えば原発についてどう考えるのかというのは大事な教育の部分だと思いますので、そういう点で、ただ文科省からおりてきたから、これを皆さんに配りましょうとか、この内容でというようなことには、私はならないのだろうなと。

 もっと言いますと、よその議会といいますか市では、この副読本を回収しなさいという、そういう要望を出している市もたくさんあります。つまり、そういうような内容だということを、ぜひ北斗市の教育委員の方々にも知っていただいて、もちろん、今言ったように、これは放射線についての基本的な知識を勉強することで、本自体は悪いものではないと。それについて、さらに、原発事故を受けて、放射能についての恐ろしさを、この本以上のことを先生方が教えていくのだという、そういう立場であれば、それはそれで、そういう授業の仕方、やり方があるのかなと思いますけれども、そういう、私から言わせれば、ちょっと問題のある本ではないのかなというふうに思ったものですから質問をさせていただきました。

 それと、今言ったように、3番の東日本大震災における瓦れきの問題、先ほど言いましたように、放射能に関する部分が一番市民の関心のあるところで、何度も言いますように、瓦れきそのものを問題にしている人はだれもいないと思うのです。そこに放射能があると思われるから心配なわけで、そのことと今は関連して、放射能についての勉強の仕方といいますか、教科書についてお尋ねしたところであります。

 そういう意味では、先ほど議長から指摘がありましたように、4番目の東京電力福島第一原発の事故に関する件とは、これもまた関連してくる部分ですので、これはこちらの質問、これはこちらの質問というふうに、ちょっと分けづらい部分がありましたので、そのような質問になりました。

 それで、今言いましたように、4番目の東京電力の福島第一原発の問題で言えば、皆さん御存じのように、今、政府のほうで、大飯原発を再稼働しようかどうしようかということで、総理大臣が再稼働させるのだというような記者会見までやったようですけれども、やはり、その町、町の首長がどのような考えでいるのかというのはやはり、そこの住民の皆さんにとってはいろいろ、興味のあるといいますか、そのことによって首長がどういう政策を打ち出してくるのかなということで、その政策のもとになる部分だと思いますので、大飯原発の再稼働の問題については、市長はどのようにお考えでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 政府の方針について、なかなか、申し上げることは難しいのですけれども、政府は、今、私の知っている範囲内では、東日本大震災級の地震、津波によっても、暫定的な安全基準によって、それは安全が確保されるという判断に基づいて再稼働を進めるという意思決定がされたものというふうに思っております。

 一人一人の、住民の皆さん方の、国民の皆さん方、市民の皆さん方の考え方というのは私はよくわかりませんけれども、少なくても大飯原発に関連する周辺自治体、それから関連自治体でも、容認の方向に向かっているというふうな受けとめ方をしているところでございまして、私としても、これは、先ほど1回目の答弁でも申し上げましたとおり、100%もろ手を挙げて賛成というふうにはなかなかいかない部分もありますけれども、関西電力のことしの夏の電力需給の逼迫ということを考えれば、経済に与える影響、国民生活に与える影響、医療に与える影響等々考えれば、その当事者たる苦渋の決断というのは評価してあげなければならないという思いもないわけではありません。

 何を言っているかわからないと思いますけれども、そういう思いでございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 野田総理大臣以上に高谷市長が苦渋の答弁をされているようであれですけれども、きょうの朝刊、北海道新聞によりますと、脱原発、つまり、原発をもう、再稼働しないと。とめて、そして、原発は、先ほど言いましたように、日本中に50基あるわけですけれども、それは再稼働しないのだということで、その決断をして初めて次に、ではどうするのだということが本格的に、再生可能エネルギーへの話が行くのだろうと。まず政府の決断が大事なのだよということで、けさの北海道新聞によりますと、748万人が署名していると。しかも経済よりも人命を大切にしようというようなことで、御承知のように大江健三郎さんらを中心にして、さよなら原発100万人署名という形で今取り組んでいるわけです。

 それだけの多くの国民の方々が、やっぱり原発に、再稼働については反対しているのだというあたりで、先ほど来、市長が、この問題に限らず、やっぱり、市民目線といいますか、市長の所信表明にもありましたように、市民の声をよく聞きながらという、そういう姿勢といいますか、考え方のもとにいけば、やはり、市民なり国民の声に耳を傾けながら政治を進めていくという観点では、ぜひ再稼働の問題についても、やっぱり確固たる市長の見解を持ちながら、総理大臣の言うこともわかるなというのは市長の正直な部分かなとは思いますけれども、できれば、それはやめてほしいのだというのが願いだという部分での、なっていただければ、私としてはありがたいものだなと思っております。

 それと、関連して、5番目の再生可能エネルギーに関する件で、先ほど浜分中学校の太陽光パネルの件にお答えをいただきました。

 それで、私は、個人的には、自分の母校でもありますので、随分立派な、体育館の壁面といいますか、たくさんの太陽光パネルがついたのだなと。学校全体で仮に100の電気を使うのだということになれば、あれだけの、体育館の壁いっぱいにパネルをやったんだから、せめて半分は賄えるのかなと思ったら、先ほどの答えの中では全体の予定の12.9%ということで、ああ、思ったほどでもないのかなと。ということは、逆に言うと、これ以外の88%は、やはり北海道電力に依存しなければならないという部分で、もちろん、北海道電力の中でもさらに、泊なり、そういう原発に依存する部分という部分は、いろいろ考えると、なかなか、再生可能エネルギー、太陽光エネルギーと言ってもまだまだ大変なのだなという思いをしているところではあります。

 いずれにしましても、そういう方向に、ここのまちも、自然エネルギー、再生可能エネルギーをどんどん進めていく、そういうまちづくりといいますか、そういう観点をこれからも進めていきたいというふうに思っております。

 次に、新幹線工事に関する件でありますけれども、これもるる、地域住民との対話を設けながら進めているという答弁をいただきました。

 この中で、町内会との話し合いといいますか、工事に関する部分で五十数回の話し合いを行ってきて、例えばということで、幅員に対する要望なんかについても聞いてきましたというような話でありますけれども、町内会といいますか、周辺の団体といいますか、そういう方々と五十数回の要望を聞いてきたという話ですが、これは、つい最近でこういう数字なのですか、それともここ何年かという、そういう話なのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 梅田新幹線対策課長。



◎新幹線対策課長(梅田一生君) 藤田議員の御質問にお答えいたします。

 先ほど説明会の回数を五十数回という形で答弁をさせていただきましたが、それは平成16年度から、新幹線新駅周辺の事業計画と、あと最近の工事実施計画の説明会、合わせて五十数回ということです。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) ここ数年にわたって、これだけの回数をこなしてきているということですね。それは大変いいことだと思います。

 さらに要望させていただければ、やはり、工事全体の計画といいますか、線引きができた段階と、今、実際に穴を掘ったり、土盛りをしたりして工事がどんどん進んでいるこの状況というのは、やっぱり地域住民にとってみれば、工事自体は理解したと。だけれども、いろいろな工事にかかわる不便さといいますか、そういう部分も当然あると思って、それは私自身もある程度我慢してもらわなければならない部分もあるだろうというふうに思っていますけれども、ただ、地域からの要望をどれだけ聞くといいますか、それは、聞くというのは、100%要望をそのままやるということとは理解していないのです。ただ、少なくともこういう要望があるのだなということは、やっぱり100%聞かなければならないと思うのです。

 そのような中で、私が一つ聞いている部分では、稲里のところにある、アンダーで今つくっている道路がありますよね、アンダーパスといいますか。あそこの部分が、やっぱり冬になると、例えばロードヒーティングも何もしなければ、今まで全く、特に大野地域というのは、御承知のようにああいう田園地帯でありますので、全く平らな道が多かったのですけれども、あれだけの、急なといいますか、アンダーパスといえども坂道ができて、交通事故とかその他はどうなのだろうということで、地域の人方が随分心配しているようなのですけれども、そういう点については声は届いていますか。



○議長(池田達雄君) 井口土木課長。



◎土木課長(井口博君) 藤田議員の御質問にお答えします。

 ロードヒーティングの要望については、こちらでも把握しているところでございます。

 内容については、ロードヒーティングを交差点の部分に設置してくれないかというような中身でございますが、この件につきましては、通常、縦断勾配といいますか、進んでいく側の勾配について、最急の勾配は、通常の部分でいくと8%に抑えなさいと。それで、冬期交通が特に多い場合については6%まで抑えなさいというような形で道路構造令のほうにはうたっております。

 それで、現況のこの勾配につきましては、2%台の勾配でございまして、道路構造令に照らし合わせても設置の要件には達していないものですから、ただ、道路のロードヒーティングは行わないまでも、除雪のやり方ですとか、それから融雪剤ですとか、そのほかの方法を考えながら検討していきたいということで考えております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) 新幹線のそういう工事、これからまだ二、三年続くわけですけれども、工事にかかわる地域からの要望といいますか、そういう点ではまず、地域の人方のそういう声を聞くというところから丁寧に進めていっていただきたいなと。

 それと、町内会に限らず、私のほうにも稲里地区の新幹線の期成会というような形での、今のアンダーパスの問題に限らず、地下水がかれてしまわないだろうかとか、その他生活環境といいますか、そういう点でも随分心配がされているようであります。

 それと、もう一つは、あれだけ田園地帯で、今まで観光客とかたくさんの車がというような地域でないだけに、これから、この後、観光のほうでも話したかったのですが、観光を一生懸命やって、いろいろな人方が新幹線で来たり、車を利用するのはいいのですけれども、そのことによって、やはり地域の住民の方々が迷惑だなと。ごみはふえるし騒音は多いしという、そういう状況だけはぜひ避けなければならないと。

 これは、最後の桜回廊にも共通する部分なのですけれども、やっぱり、一番この地域の人方も心配しているのは、外から観光客やいろいろなお客さんが来たときに、やはり地域の人方が笑顔で迎えられる、そういう地域といいますか、新幹線で来たら、笑顔で、やあ、よく北斗市へいらっしゃいましたという形でできる環境といいますか、そのためにも、それから、桜回廊でも、ことし随分成果があったという市長の報告が先ほどなされましたけれども、天気もよくてよかったなとは思うのですけれども、そのことによって地域の人方が、もしごみ問題や騒音問題で、えらい迷惑なことだなという方々がふえるような施策であれば、これは大問題でして、そういう意味では、地域の人方と、この観光行政を進める上での趣旨をよく話し合って、理解をいただいて、そして円滑に進めていってほしいというふうに思っております。

 そういう意味では、今の答弁でも、新幹線の工事に関しても、地域の人方と十分話し合いを持ちながらやっていると。さらに、これからもそういう要望をきちんと聞きながら進めたいという答弁というふうに理解しておりますが、それでよろしいでしょうか。



○議長(池田達雄君) 梅田新幹線対策課長。



◎新幹線対策課長(梅田一生君) 今後も町内会初め地域の皆さんのほうには、今後の工事におきましての説明会を実施していきながら、御理解と御協力を得ながら、開業に向けて新幹線工事を進めていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 4番藤田啓実君。



◆4番(藤田啓実君) ありがとうございます。ぜひそのように進めていっていただきたいと思います。

 それで、ちょっと長くなりましたけれども、きょう、私の質問全体を通して、災害時の問題、瓦れきの問題、原発の問題、新幹線の今の工事の問題、すべて共通しているのは、行政を進める上で地域の住民の方々と丁寧に、きちんと了解を得ながら進めていってほしいと。もちろんこれは、先ほど来言っていますように、高谷市長自体の市政を進める上での決意の中にもうたわれていることなので、ぜひその点については住民の理解をきちんと得られるように、これからも進めていっていただきたいということを要望して、私の質問を終わりたいと思います。

 ありがとうございます。



○議長(池田達雄君) 昼食のため、暫時休憩をいたします。

 再開は、午後1時を予定しております。

   (午後 0時04分 休憩)

 ──────────────────

   (午後 1時00分 開議)



○議長(池田達雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) −登壇−

 私は、今回の定例会におきまして、大きく1点質問をさせていただきます。

 女性の視点を生かした防災対策に関する件でございます。

 昨年3月11日の東日本大震災から1年3カ月がたちました。被災された方々お一人お一人が、1日も早くもとの生活を取り戻せるよう全力で取り組んでまいりたいと思います。

 さて、東日本大震災において、避難所のトイレが男女別になっていなかったり、女性用の生理用品や化粧品、下着、乳児のおむつなどの物資の不足も目立ち、災害時における女性の視点の大切さが改めて浮き彫りになりました。

 また、「避難所の整備運営に女性の視点や子育てニーズを反映しているか」についても、半分の自治体がノーと答えるなど、ほとんど女性の視点が生かされていない事実が明らかになっています。

 現在、政府においては、東日本大震災から得られた女性の視点からの教訓をマニュアル化する作業が進められています。

 中央防災会議のもとに設置した防災対策推進検討会議においては、12名中4名の女性が登用されました。

 昨年末には、国の防災対策の基本となる防災基本計画に、「地域の防災力向上を図るため、防災に関する政策・方針決定過程及び防災の現場における女性の参画の拡大などが必要」と明記されるとともに、避難所運営における「女性や子育て家庭のニーズへの配慮」等が盛り込まれました。

 そこで、女性の視点で既存の防災対策を見直すとともに、地域の助け合い、支え合いの中核を担う女性の力を生かす取り組みを推進し、地域コミュニティーの再生について何点か伺います。

 (1)防災会議への女性委員の積極的な登用について。

 (2)防災部局と男女共同参画部局との連携の強化について。

 (3)地域防災計画に女性の意見を反映させる取り組みについて。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) −登壇−

 仲村議員の御質問にお答え申し上げたいと存じます。

 初めに、地域の助け合いに女性の視点や力を生かし、地域コミュニティーの再生をという仲村議員の御指摘には共感を覚えるところでございます。

 御質問の一つ目及び三つ目は関係いたしますので、あわせてお答え申し上げますが、地域防災計画を作成する防災会議へは、御指摘を踏まえまして、公共的団体から任命する委員として、女性委員1名を委嘱したいと存じます。

 また、防災会議の役割とは別に、女性の意見を反映させる取り組みにつきましては、女性に限らず、市民の皆様の意見を地域防災計画に反映させるということは、基本的には取り組むべき方向であると考えておりますが、短期間での効果的な手法と防災会議の開催日程など、地域防災計画の見直しに関する全体スケジュールを考慮した中で実施が可能であるか検討を行います。

 二つ目の防災と男女共同参画の関係部局の連携強化についてでございますが、災害時における防災対策本部の機能から申し上げますと、すべての部局が本部の事務分掌による活動を行うこととなりますので、平常時においても、職員はこのことを念頭に置き、男女共同参画に限らず、各業務や地域担当制などを通じて、防災に関する市民・地域との連携も強化できるよう、災害対策本部の初動体制を中心とした職員向け防災研修を実施する予定でございます。

 なお、防災における女性の役割をテーマといたしました男女パートナーシップが過去にも開催されておりますので、具体的な御提案があれば、担当部局に申し出をいただければと存じます。

 以上で、仲村議員の御質問に対するお答えといたします。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) 大変ありがとうございます。

 今回の質問によりまして、防災会議の中に女性1名を登用してくださるという御答弁でありましたが、以前に市のほうから防災計画の進捗状況の書類をいただきました。

 こちらに目を通しますと、今回、午前中に、さまざま藤田議員の防災に対する答弁、いろいろ議論を聞いてみて、自治体でできる防災と、また、国、道からの指示を仰がないとできない、そういう防災の見直しがあるということで、なかなか難しい取り組みなのだなということをなお一層実感したわけでございますけれども、この書類を見る限りですと、本当に昨年の3月の東日本大震災から、当市においても、少しずつではありますが、防災の見直し、また、津波対策に関するそういう見直しに関しては取り組んでいるということを把握できました。

 この書類の中で、防災会議を今年度5回開催するという予定になっております。この5回の開催日時がわかりましたら、ちょっとお知らせをお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 仲村議員の御質問にお答えしたいと思います。

 防災会議の開催予定ということですが、まず前段、午前中、藤田議員の御質問にもお答えしましたが、北海道のほうで津波浸水予測図の見直しをしていまして、4月20日には、一たん暫定ということで発表がされました。しかし、なお精度を高めた角度からの検討、研究も必要ということで、これが伝わってきているところによりますと、現時点で7月の上旬には発表される予定ということで伺ってございます。

 北斗市の場合は、想定外、つまり、最大クラスの津波への対策ということで、まずは防災会議の前段、この浸水予測図の見直し結果を見ていただいて、これまで検討してきた課題、それからその方策というものをまずは市のほうから御説明をして、一たん防災会議の皆さんからさまざまな御指摘を受けていきたいと思っております。

 そういったものを前段2回ほど開催して、それらを踏まえた上で、あとの3回のほうで具体的な計画の文面の見直しのほうに移っていきたいというような考え方でございまして、そのことからしますと、7月から、終わりは年内、10月ないしは11月をめどに、この5回を開催していきたいというふうに考えてございます。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) ありがとうございます。

 7月上旬という御答弁でしたけれども、この7月の防災会議の中には、今言われました女性委員お一人を登用されるのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) 市長のほうがお答えしましたように、公共的団体の中から、ぜひ女性の方を1名入れていきたいと思ってございます。

 なお、防災会議の条例からいくと、1号委員から7号委員までおりまして、1号から6号というのは、これは職務指定なのです。例えば指定地方行政機関の職員、つまり、これというのは開発建設部ですとか気象台ですとか、そういったところ、それから、北海道の知事部局の職員だとか、さまざまな職務指定の委員が1号から6号まで入ってきます。そして、最後、7号委員の中で指定公共機関、指定地方公共機関及び公共的団体等から市長が任命する者5名ということで、ここには北電ですとかNTTですとか、そういった関係する公共的な役割を担っている機関、そして、公共的団体ということで町会連合会なり北斗市医会なりということで、従来は委員として出ていただいております。この5名の中に女性委員1人を加える格好で委嘱をしてまいりたいと考えてございます。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) わかりました。

 できるのであれば、1名と言わず2名ぐらい登用してくださると、もっともっと充実した中身ができるのではないかなと思いますので、その辺、また再度御検討願えればありがたいなと思います。

 私の、今回の質問は、避難経路だとかそういう、違う観点から、要するに避難所生活を余儀なくされた場合にどうしたらいいかと。それこそ女性の視点から見ると、今質問にもありましたように、さまざまな問題があるということで、防災会議の中に女性を登用していただければ、なお一層ありがたいなということで質問をさせていただきました。

 そういう中で、避難所生活の中で、今回の東日本大震災の中でも、先ほど午前中に藤田議員のほうから、要援護者の方たちに対しての手当てという部分で、避難の部分ではいろいろな問題があるかと思います。しかし、避難生活においては、今回の東日本大震災の中で、やっぱり障害者の方だとか、そういう方たちのいる場所がなかなかなくて、そこにかかわる親御さんたちが大変な思いをしたという、そういう現実もございました。そのことに関して、市としてどのようにとらえて、今後どのような形にしていくかをちょっとお願いいたします。



○議長(池田達雄君) 工藤総務課長。



◎総務課長(工藤実君) お答えいたします。

 まず、女性委員2名というのは、ふやすとなると、条例改正をしていく必要があるということで、現時点は入れても1名が限界だということを御理解いただきたいと思います。

 そこで、避難所生活ということで、避難、これが長期間に及んだ場合、こうすると、さまざまな問題が出てきて、そこへの対応が必要になる、避難所の運営が非常にポイントになってくるところでございます。

 今現在、これは今まで想定していなかった部分を想定しての対策ということで、まずは全市民の皆さんが迅速かつ安全に避難できる方法ということの検討、さらには、一時避難された方が、今度は事が落ち着いた後、最寄りの避難所施設のほうに落ち着いていただく、移っていただくということを中心に、今、私ども検討をしてございます。ですから、避難所に入ってから二、三日というのは当初の部分、そこからまた過ぎていくと、御指摘のさまざまな部分が出てくるのだろうというふうに考えています。

 そこの部分に対しては、やはりあらかじめ防災備蓄等で物を用意しておかなければならない部分だとかもろもろ出てまいりますけれども、これらについてはなかなか、面倒な部分もありまして、協力できる事業者には協力をいただきながらやっていきたいという部分が一つと、運営そのものに関して申し上げれば、これは、地域の中で、今は避難訓練を主にしていただいております。この避難訓練からどこかの時点で、例えば避難所の開設なり運営なりというふうなほうにシフトした訓練というのもどこからかは必要と思っていますが、今はまだその段階ではないだろうとも思っています。

 また、女性の視点というような部分で申し上げれば、市のほうでは防災士の養成というものをしていますけれども、この防災士の養成の講座の中では避難所の運営というものも勉強してきていただくことになっています。ですから、ぜひこういった事業に女性の方も積極的に、町内会を通じて参加をいただいて、この防災士がふえていけば、防災士の皆さんでネットワーク、つまり、有識者会議でもないですけれども、そういったものを立ち上げた中で、避難所生活が長期に及ぶようなことを想定した、さまざまな避難所の運営だとか、配慮しなければならない視点ですとか、そういったものも出していただきながらつくり上げていければいいのかなと。

 ですから、市の考えということでいいますと、一口で申し上げれば、今後、どの程度の時間は別としても、時間をかけた中で、他の事例、今回の東日本大震災を受けてまとめられるものも参考にしながら、つくり込みをしていきたい、こういう考え方でございます。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) ありがとうございました。

 さまざま、防災計画の見直しは、本当にピンからキリまであって、どのような見直しをしても、100%これで大丈夫だという、そういうものはないのですけれども、ともかく、避難したらやっぱり、どうやっても避難所生活があるわけですから、その辺のことをしっかりと女性の目線で取り組んでいただきたいなと、そう思いますので、よろしくお願いいたします。

 次に、2番の防災部局と男女共同参画、市長からいろいろ答弁がありましたけれども、私のいいアイデアとしてお伝えしたいなと思うのですが、横浜のほうで男女共同参画推進協会と横浜市の市部局が共同で作成したパンフレットというのがあるのです。これは、「わたしの防災力ノート」、それから、「わたしの防災力シート」という二つのものがありまして、これを読んで大変いいものだなと思って、今回この場で御紹介させていただくのですが、まず、防災をイメージする力ということで、例えば家具の転倒防止だとか、基本的な備えを上げるとともに、隣近所に知人がいないと災害時には心細いものということで、ひとり暮らしの女性に対して、日ごろから近所に顔見知りをつくっておこうという意味で、このような防災力ノートをつくったそうです。

 その中には、さまざまな飲料水、それから薬を備えるようにとか、また、女性ですから、化粧ポーチにおさまるような防災グッズを準備したらいかがですかという、そういう明記されたようなパンフレットを作成して、地域の皆さんに差し上げているというものでございます。

 また、もう一つは、女性の視点や力を地域の防災にということで、A4判のものなのですが、例えば私の防災力シートの中で、緊急連絡先だとか家族の携帯電話、血液型、持病、避難場所、それから3日分の防災必需品などが記入できるような、そういうA4判のシートも、男女参画の皆さんと協力し合って作成しているということなのです。

 北斗市においても、男女参画の活動は大変活発で、前に防災の見直しについての講演と、去年は津波対策ということで、たしか男女参画で講演会をやったと思います。本当にすばらしいメンバーの皆さんがいらっしゃるので、せっかくの機会ですので、やっぱりそういう、部局の人たちと市が連携をとり合って、やっぱり、今言ったようなさまざまな、そういう女性の視点からの部分を、一つのパンフレットをつくって皆さんに差し上げるというのはどうかなと、そう思いまして質問させていただきました。その辺のことをどうお考えか伺います。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 男女共同参画部局と市のいろいろな部局との連携の強化というのは、1回目の中で具体的に申し上げてはおりませんけれども、これは、言われるまでもなく、当然に必要なことだというふうに思っております。

 前段、ちょっとお話がありました、障害者における避難所の扱いですとか、それから女性の目線から見た避難所のあり方、これはおっしゃるとおり、防災会議の委員に、1人でも2人でも3人でもいれば、それにこしたことはないのですけれども、なかなか、条例上、行政機関の代表となれば、大体が男性社会なものですから、できる範囲内でもって登用していきたいと。

 その委員になってもらうことも大事なのですけれども、まず防災計画の原案をつくるのは、市の担当部局でつくるわけですから、そこには市の女性の方もたくさんいらっしゃいますし、また、保健師の方が実際に避難所に行って支援をしてきたという、そういう経験もありますので、まず市のほうから女性の視点を考えていくということも、これも大切なことだと思っていますので、そういう観点でも取り組んでいきたい。

 そしてまた、男女共同参画部局との取り組みにつきましては、パンフレットですとかシートですとかノートですとか、いろいろなものをつくって活発な活動をされているということは一考に値すると思いますので、そういうパンフレットも市のほうで参考にしていきたいと。

 ただ、そういうパンフレットをつくることが目的ではないと。男女共同参画部局と市のいろいろな部局、連携をとるというのは、物をつくるということだけに目的を置けば、また別なほうに行きますので、そういう連携が大事なのだという視点で取り組ませていただきたいと思います。



○議長(池田達雄君) 11番仲村千鶴子君。



◆11番(仲村千鶴子君) 市長の答弁、そのとおりだと思います。ただ物をつくるということではなくて、さまざまな分野で連携をとり合うことも、私は非常に大事だと思いますし、こういう男社会の中で、やっぱり女性が1人でも2人でもそういうところに携わる、また、男女参画の部分でも連携をとり合って、しっかりと、やっぱり女性の目線で、今、世の中は、男性よりも女性が大半ですから、意外と女性というのは、私もこの議会の中で女性はたったひとりなのですが、強く生きています。頑張っています。そういう意味で、やっぱり女性の力というのは、男性が思っている以上にすばらしいものがあります。だから、そこのところを十分御理解いただいて、今後の防災の見直しに取り組んでいただければと、そう思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

 以上で質問を終わります。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) −登壇−

 私のほうから、小さく3点質問をさせていただきます。

 北斗市観光振興プランに関する件でございます。

 先般、北斗市は、平成24年を観光振興元年と位置づけ、北斗市観光振興プランを発表いたしました。平成27年度新幹線開業へ向け、観光客誘致のスタートラインに立ったものと思っております。

 プランの内容も大変充実しており、また、きじひき高原の観光地化への整備計画も理想的な内容となっておりました。このプランを成功させるよう努力をしていかなければと思っているところでございます。

 そこで、内容について何点か質問をいたします。

 (1)体験型観光にとって一番大切なのは1次産業でございます。その1次産業の後継者問題ですが、現状はどうか。また、今後どのように考えておられるのか、お聞かせください。

 (2)このプランの中にヘリテージツーリズム(歴史遺産観光)の資源の開発を進めるとありますが、具体的な内容を教えてください。

 (3)継続的な観光振興を目指す上で、子どもたちに地元の歴史や景観などのすばらしさを教え、郷土愛を養うことも大切だと思いますが、市長の考えをお聞かせください。

 以上、よろしくお願いをいたします。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) −登壇−

 渡野辺議員の御質問にお答え申し上げたいと存じます。

 北斗市観光振興プランに関する件の一つ目、一次産業の後継者問題についてでございますが、農家数については、本市のみならず、全道、全国的に減少に歯どめがかからない状況が続いている反面、本市の専業農家の割合は増加してきており、専業農家における後継者は、ある程度確保されているものと存じております。

 市といたしましては、今後とも担い手を確保するため、施設園芸用ハウス等導入事業などの支援により、農業所得の向上を図ってまいりたいと考えております。

 また、漁業においても、高齢化や後継者不足により、漁業者は年々減少している傾向にございます。そのため、新規漁業就業者の確保などの担い手対策を目的とした支援策を検討する必要があることから、本年度中に、既に制度化されております農業分野を参考に、漁業版の支援策の取りまとめを進めてまいりたいと考えております。

 二つ目のヘリテージツーリズムの資源開発の具体的な内容についてでございますが、近年、観光客の旅行目的が多様化する中、1人でも多くの観光客をお迎えし、滞在時間の延長を図るためには、地域の個性を生かした多彩な観光メニューの開発が必要であり、道内唯一の城下町である松前や北前船交易で栄えた江差など、道内で最も早く開かれた道南地域は歴史的資源の宝庫であり、比較優位性を持つ地域であると考えております。

 このような中、本市における歴史的遺産には、道南十二館の一つで室町時代につくられた茂別館を初め、松前藩戸切地陣屋跡や二股口古戦場跡などの箱館戦争の遺構のほか、我が国最初の男子修道院として創設されたトラピスト修道院など、魅力あふれる資源が数多く存在し、ふるさと・史跡紹介説明板を設置するなどしてPRに努めてきたところでございますが、これらの資源は市内各所に点在している上、一部の資源を除き、その所在地もわかりづらいことから、ソフト面での対策を講じることがヘリテージツーリズムを進める上で必要であると考えております。

 このため、市といたしましては、アクセス情報等の案内を適切に行える体制の整備はもちろんのこと、案内標識やカーナビで目的地を表示するマップコードの整備を進めるとともに、フットパスルートの設定など新たな観光メニューの開発や、現地で案内、説明ができる観光ボランティアガイドの育成や組織化についても検討を進めてまいりたいと考えております。

 三つ目の子どもたちが郷土愛を養うことができる環境づくりについてでございますが、観光の振興はまちづくりの総仕上げと言われておりますように、単に経済効果だけを追及するものではなく、市民の皆様が生き生きと、輝きながら生活ができる住みよいまち、ふるさとに自信と誇りを持てるまちを目指し、まちづくりを進めていくことが何よりも重要であり、渡野辺議員の御指摘のように、子どもたちが郷土を愛する心をはぐくむことは、その第一歩になるものと考えております。

 このため、市といたしましては、昨年度末に改訂しました小学校社会科副読本に、地域の歴史や景観などの資源のほか観光によるまちづくりなどの項目を掲載し、学校教育の場での活用を図るほか、観光協会との協働で、明年度以降に予定をしております「市民参加の観光資源の発掘・再発見事業」なども行いながら、子どもたちの郷土愛を養ってまいりたいと考えております。

 以上で、渡野辺議員の御質問に対するお答えといたします。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 大変よくわかりました。

 何点か確認も含めてなのですが再質問させていただきます。

 農業の新規就農者、先ほど答弁でもありましたけれども、漁業の新規就業者への対策も考えておられるということでしたが、現在、農業の新規就業者の数ですが、どの程度いらっしゃるのか、ちょっとお聞かせください。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 渡野辺議員の御質問にお答えいたします。

 合併後、平成18年度以降ということでございますが、平成19年度に1名、それから平成20年度に1名、平成23年度に3名、合計5名の新規就農者が存在しております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 新規就農者5名ということは、決して多い数ではないなと私は思っておりますが、新規就農者がつくる作物、これは限定をされているのでしょうか、それとも、果物でも花卉でもいいよと、そういうことなのでしょうか。それとも、トマトとかキュウリとか米に限定をされているのでしょうか。その辺、ちょっとお願いします。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) この5名の内訳でございます。

 その前に、就農相談に市のほうに見えられた場合に、必ず市のほうからお伝えをすることということの中に、市の推奨作物というものはトマトと長ネギであるということはお伝えをしてございます。ただし、この作物に限ってのみ支援をするというものではございません。

 5名の内訳として、平成19年度に就農した方、この方は花卉を生産してございます。それから、平成20年度に就農した1名につきましては、トマト、コマツナ、それからシロカブ、こちらのほうを栽培してございます。それから、平成23年度に就農した方の1名は長ネギ、トマト、ホウレンソウ、コマツナ、それから、もう1名がトマトとホウレンソウ、それから、もう一方が果樹、ワイン用のブドウということで就農してございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 5名の方が花卉とかトマトとかをつくっておられるのですが、これは順調に、例えば生産ルートに乗って、いわゆる成功しているのでしょうか。その辺ちょっと。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 就農するに当たりまして、まず研修をするのですが、その研修をするときに、就農計画というものを道のほうに提出し、そして、その計画が認定されたということから、この事業に乗っかって支援を受けているということなのですが、その就農計画に基づいて、地域の中に入り込んで生産活動に励んでいて、今のところはこのとおり進んでいるというふうに認識してございます。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 成功しているということなのですが、市も補助金を出しているということは私もわかっているのですが、5名ということは、本当はもっと、市としては、たくさんの人に農業をやっていただきたいというような思いがあるのだと思いますが、この5名以上は、まだふえていないわけでしょ。いわゆるブドウ栽培の1人は、あの佐々木さん御夫妻であって、あと、それ以外はまだ来ていないということでよろしいのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 浜谷農林課長。



◎農林課長(浜谷浩君) 今、その5名の方は、もう既に就農されている方でありまして、今現在、研修中という方が1名いらっしゃいます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) わかりました。

 あと、漁業のほうなのですが、漁業のほうも、新規漁業に携わる方への支援があると言っておりましたが、内容的なものをお聞かせください。



○議長(池田達雄君) 天満水産商工労働課長。



◎水産商工労働課長(天満淳一君) 渡野辺議員の御質問にお答えいたします。

 漁業のほうについては、まだ農業のような支援制度というものをつくっておりませんので、農業のほうとあわせた就業予定者の研修生の受け入れ、それから漁業経営をスムーズに進めるための支援ということ、この2本を農業と同程度のもので考えております。

 さらに、近郊の自治体のものを調査しながら、あわせて制度をつくっていきたいというふうに考えております。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 農業のほうは今現在、新規にまたお一人入ってこられたと。漁業のほうは、今のところ、そういう新規の、就漁する方というのは現在おられるのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 天満水産商工労働課長。



◎水産商工労働課長(天満淳一君) お答えいたします。

 新規といいますか、新しくついている方、これは、今現在漁業をやっている方のお子さんです。子弟の方がついております。平成18年から今現在までですと、10名の方が新しく漁業についております。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 10名いらっしゃるということで一安心しましたが、まだまだ人数的には足りないと思っております。市のほうも一生懸命補助をして、たくさん就農されたり漁業につかれる方をふやしていければいいかなと思っております。

 1番についてはこのくらいにしておきます。

 2番ですけれども、ヘリテージツーリズムと、市長のほうから答弁がありましたが、歴史的遺産観光の資源の開発。これは、今現在あるものを利用してということなのでしょうけれども、新たに何かやるような思いはないのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 中村観光課長。



◎観光課長(中村淳一君) 渡野辺議員の御質問にお答え申し上げたいと存じます。

 今、新幹線開業に向けて、市として観光の4本柱として、きじひき高原の活用促進でありますとか体験型観光の推進、それから桜回廊構想の推進、それからスポーツ合宿の誘致促進という形がございまして、まずはこれを強力的に推し進める。それを補完する形でさまざまな観光メニューをつくっていくと、それで多様なお客様に対して当市の滞在時間を延ばしていくということを考えております。

 そこで、ヘリテージツーリズムにつきましては、今ある資源、非常によい資源が北斗市内には点在していると思います。ただ、それを生かし切っているかというと、有名なところはお客さんがいらっしゃっているのですが、そうでないところはまだ完全には生かされていないだろうと。その活用策として、やはりソフト面での強化をしていくというのがまず必要であると思っておりまして、新しいものを、例えば発掘するとか、そういう部分では、今の時点では考えておりませんで、まだ、あって磨きがかかっていない部分を、いかに磨きをかけて外に向けて発信していくか、そこのところに力を入れていきたいというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) よくわかりました。

 このこともちょっと書いてあったように思うのですが、箱館戦争の、北斗にある二股口古戦場跡とか、あとは木古内にある咸臨丸が沈んだサラキ岬とか、あと、鷲ノ木の榎本軍が上陸したところだとか、その辺を、これは私の要望なのですが、こういうこともこれからの観光ツアーなんかに組み込んだらいかがかなと思っておりますので、ひとつ頭の中に入れておいていただきたいと思います。

 それと、今、北斗市でやっているフノリとりとか、アサリ狩りとか、さまざま試験的なツアーをやっているわけですが、その試験的なツアーはいつまでやられるのか、いつから本当のツアーが始まるのか、その辺をちょっと教えてください。



○議長(池田達雄君) 中村観光課長。



◎観光課長(中村淳一君) お答えをいたします。

 試験的なツアー、これはモニターツアーと私ども呼んでおりますが、一応モニターツアーについては、今年度でまずは完結するのかなと。その次の段階では、モニターツアーではなくて、今度はそのツアーで入ってくるためのPRをするために、例えば、よく言われるのは、旅行雑誌を書いている記者ですとか新聞記者、そういう方をツアーに呼ぶ、これは招聘旅行と言いますけれども、その段階に次の段階で入っていかなければならないと考えております。なので、これは今後の予算議論もございますけれども、一応頭の中では、モニターツアーについては今年度で一応終了なのかなと思っております。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 今年度で終わりということは、来年からやらないということにつながっていくのですか。



○議長(池田達雄君) 中村観光課長。



◎観光課長(中村淳一君) お答えいたします。

 モニターツアーについては行わない。ただ、旅行会社へのツアーの組み込みというのは昨年からも行っていますし、これからは民間のツアーのほうでどんどん組み込んでいただいて、税金を使わないでも来てもらえるような方策に変えていくということでございます。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) では、ツアー会社の注文待ちということになるわけですね。

 体験型観光もこれからの旅行の主流になっていくと思うのですが、最近、学習型観光というものも何か出てきまして、函館市でやっている大船の縄文文化等、あと、青森の丸山とか、そういうような観光客がふえてきているという情報が入っていますが、北斗市でも2カ所で発掘をやっていると思うのですが、それらは北斗市で展示とか、あちこちで小さくやっていますが、それを大々的な展示とかと、そういうことは考えてはいないのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 吉川社会教育課長。



◎社会教育課長(吉川英樹君) 渡野辺議員の御質問にお答えします。

 学習型観光ということで、例えば発掘したものを展示しながら、それを観光に生かしていくというようなお話かと思いますが、それも、今現在行われているのは、茂辺地第4遺跡と押上の遺跡の発掘は一応終わって、これから整理の段階に入りますけれども、そういったものを含めて、例えば縄文時代のこれまでの遺跡とあわせた中でそれを活用していくという方法もございますので、そういったことも考えてまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 今ちょっと、はっきり聞こえなかったのだけれども、どこかに集めて展示するということですか。



○議長(池田達雄君) 吉川社会教育課長。



◎社会教育課長(吉川英樹君) かなで〜るの中にも展示室がございますので、そういったところですとか、それから、資料館もございますので、そういったものも活用しながら、内容を充実して、そういったものに結びつけていければというふうに考えております。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 今すぐではないと思いますが、将来的にそういうことも考えているということでよろしいですね。

 それと、もう1点、都会ではパークゴルフがすごいはやっているのだそうです。東京方面でもブームで、都会でなかなかつくるわけにもいかないので、郊外の八王子とかにあるのだそうですが、予約をしないとやれないというくらいの込みようなのだそうです。

 東京でホテルなんかを経営している人が、北斗市に、いわゆるリゾートホテルみたいなものを建てて、パークゴルフ場なんかもやりたいというような考えがあるのですけれども、なかなか土地を買収するということができなくて、そういう考えは持っているらしいのですがね。

 ですから、北斗市はたくさんゴルフ場がございますけれども、冬期間やれるようなパークゴルフ場をつくる思いはないのでしょうか。



○議長(池田達雄君) 高谷市長。



◎市長(高谷寿峰君) 今の御質問の趣旨からすると、観光客を呼ぶような目的でということですね。

 今のところは、そういうところまでは考えておりません。あるとすれば今後の課題かなと思いますけれども、現時点では考えておりません。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) 済みません、言葉足らずでした。

 将来的に、そういうものが2面か3面できれば、冬も観光客が呼べるのではないかなというような思いで質問させていただきました。

 きじひき高原の観光地化の内容もいただいておりますが、大変中身もよくて、このとおりいければいいなと思っております。

 先日、私、函館で行われた北前船寄港地フォーラムというフォーラムに参加をさせていただきました。その中で、観光庁の長官の井手さんの、観光立国の推進についてと題した基調講演や、産学官の代表7名によるパネルディスカッションが行われました。

 この基調講演では、個々の小さな町や市が、私が私がというのではなくて、道南の広域で集客を図ることが一番大事なのだと。ですから、一つの町や市だと力が小さいけれども、道南が力を合わせることによってたくさんの観光客を呼べるのですということを言っており、私ももっともだなと思っておりました。そして、これからの観光振興をさまざまな角度から話し合われて、私も大変に勉強になりました。

 その中で、韓国の観光公社ディレクターをやっていらっしゃる金さんが、函館の夜景の写真を見せまして、この写真だけだとだれも来ませんと。この写真に100万ドルの夜景とか世界三大夜景とかと書くことによって、みんながああと言って来るのだと。それから、七飯の大沼も、新日本三景の一つであるということで観光客が集まってきていると。

 それをとらえて、きじひき高原もいろいろ整備をしていくわけですが、そのようなキャッチフレーズも考えて宣伝をしてはどうかなと思っておりますが、その辺は。



○議長(池田達雄君) 中村観光課長。



◎観光課長(中村淳一君) お答えいたします。

 渡野辺議員おっしゃられたように、キャッチコピーといいますか、そういうものは確実に有効だと私も思っております。

 そこで、桜回廊のことを言うわけではございませんけれども、ライトアップだけだよというのと桜回廊ライトアップということで響きが全然違って、お客様がいらっしゃるというのも、これは事実でございますので、きじひき高原につきましても、例えば村山1号線道路の愛称を募集するとか、何か夢を持つようなキャッチコピーなんかを複合的にすることによって来訪者がふえるということも十分思っておりますので、それは今後検討させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(池田達雄君) 12番渡野辺秀雄君。



◆12番(渡野辺秀雄君) よろしくお願いいたします。

 最後ですけれども、子どもたちに郷土愛をということでございますが、大変にすばらしい答弁を聞かせていただきました。

 これも、このフォーラムで出ていた話なのですが、富山市なのですが、富山市では子どもたちのあいさつ運動を行っていると。小中学生のあいさつ。結局、だれにでも、大人がいれば、こんにちは、おはようございます。大変にすがすがしくて気持ちがいいと言っておりました。当市でも、学校ではあいさつ運動というのをやっておりますし、町内会でも私たちもやっておりますが、こういうものをどんどんこれからも子どもたちへ教えていって、そういう、いわゆるソフトな北斗市をアピールしていきたいなと思っておりますので、先生たちも頑張ってそういう協力に力を注いでいっていただきたいなと思っております。

 私も先日、新幹線の高架橋に委員会で乗ったのですが、本当に実感しました。本当に新幹線が来るのだな、もうすぐ来るのだなと。平成27年の開業でございますが、平成26年度までには90%以上が完成をして、試運転が始まるそうでございます。いやが上にも、もう始まるのだという思いでおります。本当に、この観光振興を一生懸命になって取り組んでいきたいなと思っておりますので、皆さんも一緒に頑張ってまいりましょう。

 以上で終わります。



○議長(池田達雄君) これをもちまして、通告による一般質問を終わります。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 ──────────────────



△休会の議決

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 議案審査のため、あす1日を休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、あす1日を休会とすることに決定いたしました。

 ──────────────────



△散会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 本日は、これにて散会いたします。

       (午後 1時51分 散会)