議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北斗市

平成23年  9月 定例会(第3回) 09月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号




平成23年  9月 定例会(第3回) − 09月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号







平成23年  9月 定例会(第3回)





        平成23年第3回定例会会議録(第3号)

               平成23年9月20日(火曜日)午前10時00分開議  

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇会議順序(議事日程)
 1.開 議 宣 告
 1.日程第 1 会議録署名議員の指名について
 1.日程第 2 認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定についてより認定第9号
         平成22年度北斗市水道事業会計決算認定についてまで
 1.日程第 3 議案第5号北斗市税条例等の一部改正について
 1.日程第 4 議案第6号北斗市体育指導委員設置条例の一部改正について
 1.日程第 5 議案第7号訴えの提起について
 1.日程第 6 発議案第1号閉会中の所管事務調査について
 1.日程第 7 発議案第2号議員の派遣について
 1.日程第 8 意見書案第1号原子力発電所の安全対策の強化と新規原発の建設凍結を求
         める意見書についてより意見書案第5号義務教育費国庫負担制度堅持・負
         担率1/2への復元、「30人以下学級」の実現をめざす教職員定数改
         善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算確保・
         拡充に向けた意見書についてまで
 1.閉 会 宣 告
   ─────────────────────────────────────────
〇出 席 議 員(22名)
 議 長 20番 池 田 達 雄 君  副議長  1番 野 呂 義 夫 君
      2番 泉   信 男 君       3番 三 浦 利 明 君
      4番 藤 田 啓 実 君       5番 白 戸 昭 司 君
      6番 宮 下 寿 一 君       7番 児 玉 忠 一 君
      8番 ? 村   智 君       9番 花 巻   徹 君
     10番 寺 澤 十 郎 君      11番 仲 村 千鶴子 君
     12番 渡野辺 秀 雄 君      13番 秋 田 厚 也 君
     14番 坂 見 英 幸 君      15番 栃 木 正 治 君
     16番 水 上   務 君      17番 小 泉 征 男 君
     18番 中 井 光 幸 君      19番 坂 本   勉 君
     21番 高 田   茂 君      22番 山 本 正 宏 君
   ─────────────────────────────────────────
〇会議録署名議員
      9番 花 巻   徹 君      13番 秋 田 厚 也 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
 市     長  高 谷 寿 峰 君    教 育 委 員 会  吉 元 正 信 君
                       委  員  長

 選挙管理委員会  葛 巻 禮 滋 君    代 表 監査委員  奥 野 信 博 君
 委  員  長

 農業委員会会長  伍 樓   進 君
   ─────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 副  市  長  滝 口 直 人 君    会 計 管理者・  村 田 幸 平 君
                       総 務 部 長

 市 民 部 長  大 澤 成 人 君    民 生 部 長  佐 藤 克 彦 君
 経 済 部 長  永 田   裕 君    建 設 部 長  廣 瀬 芳 雄 君
 総 合 分庁舎長  渡 辺 武 美 君    建 設 部 次 長  縄 田 健 志 君
 総務部出納室長  佐 藤 理陽子 君    総務部総務課長  工 藤   実 君

 総  務  部  沢 村 俊 也 君    総務部税務課長  今 野 正 男 君
 企 画 財政課長

 総務部収納課長  浜 谷   浩 君    市民部市民課長  岡 村 弘 之 君

 市民部環境課長  出 口 弘 幸 君    市  民  部  天 満 淳 一 君
                       七 重 浜支所長

 市  民  部  高 井 茂 昭 君    民  生  部  菅 井 利 通 君
 茂 辺 地支所長               社 会 福祉課長

 民  生  部  石 川 英 明 君    民  生  部  田 村 宏 美 君
 保 健 福祉課長               国 保 医療課長

 経  済  部  石 田   優 君    経  済  部  高 田 雄 一 君
 農 政 課 長               水 産 林務課長

 経  済  部  今 村 尚 ? 君    建  設  部  井 口   博 君
 商工労働観光課長              土 木 課 長

 建  設  部  三 上 順 之 君    建  設  部  山 崎 孝 人 君
 都 市 住宅課長               上 下 水道課長

 建  設  部  梅 田 一 生 君    総 合 分 庁 舎  佐 藤 信 弥 君
 新幹線対策課長               管 理 課 長

 総 合 分 庁 舎  前 田   治 君    経  済  部  中 村 淳 一 君
 市 民 窓口課長               商工労働観光課参事

 総 務 部総務課  山 崎 勝 巳 君
 総 務 係 長
   ─────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 教  育  長  藤 巻 博 司 君    学 校 教育課長  下 國 季 継 君
 社 会 教育課長  吉 川 英 樹 君    教 育 課 長  小笠原 博 行 君

 学 校 給 食  松 下 純 一 君
 共同調理場所長
   ─────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 書  記  長  工 藤   実 君
   ─────────────────────────────────────────
〇代表監査委員の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  松 野 憲 哉 君
   ─────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けた者で、本会議に出席した説明員
 事 務 局 長  相 木 政 弘 君
   ─────────────────────────────────────────
〇本会議の書記(議会事務局)
 事 務 局 長  菅 藤 邦 夫 君    次     長  松 野 憲 哉 君
 議 事 係 長  山 田 敬 治 君



 (午前10時00分 開議)

 ──────────────────



△開議宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) おはようございます。

 これより、本日の会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第1

  会議録署名議員の指名について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、

     9番 花 巻   徹 君

    13番 秋 田 厚 也 君

を指名いたします。

 ──────────────────



△諸般の報告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 諸般の報告をいたします。

 本日の議事日程並びに本会議に出席する説明員及びその委任者は、その職、氏名を印刷してお手元に配付のとおりであります。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 ──────────────────



△日程第2

  認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定についてより認定第9号平成22年度北斗市水道事業会計決算認定について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第2 認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定についてより認定第9号平成22年度北斗市水道事業会計決算認定についてまでの以上9件を一括議題といたします。

 決算審査特別委員長の報告を求めます。

 野呂決算審査特別委員長。



◆決算審査特別委員長(野呂義夫君) −登壇−

 決算審査特別委員会に付託された平成22年度北斗市各会計決算の審査結果を次のとおり御報告申し上げます。

 1、事件名。

 (1)認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定について。

 (2)認定第2号平成22年度北斗市国民健康保険事業特別会計決算認定について。

 (3)認定第3号平成22年度北斗市老人保健医療事業特別会計決算認定について。

 (4)認定第4号平成22年度北斗市後期高齢者医療事業特別会計決算認定について。

 (5)認定第5号平成22年度北斗市介護保険事業特別会計決算認定について。

 (6)認定第6号平成22年度北斗市土地区画整理事業特別会計決算認定について。

 (7)認定第7号平成22年度北斗市下水道事業特別会計決算認定について。

 (8)認定第8号平成22年度渡島公平委員会特別会計決算認定について。

 (9)認定第9号平成22年度北斗市水道事業会計決算認定について。

 2、審査の経過。

 (1)9月7日、第1回委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、委員長に野呂義夫、副委員長に高田茂を選任した後、審査日程について協議し、審査日数を予備日も含め4日間と決定いたしました。

 (2)9月13日、第2回委員会を開催し、市長、副市長、担当部課長及び各行政委員会の長の出席を求め、平成22年度北斗市一般会計歳出決算に関する細目質疑を行いました。

 (3)9月14日、第3回委員会を開催し、市長、副市長、担当部課長及び各行政委員会の長の出席を求め、前日に引き続き、平成22年度北斗市一般会計歳出決算に関する細目質疑を行いました。

 (4)9月15日、第4回委員会を開催し、市長、副市長、担当部課長及び各行政委員会の長の出席を求め、前日に引き続き、平成22年度北斗市一般会計歳入決算、特別会計決算及び水道事業会計決算に関する質疑応答の後、討論はなく、その後、採決をし結論を出しました。

 3、審査の結果。

 質疑等の内容については、省略いたします。

 (2)結果。

 認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定についてより認定第9号平成22年度北斗市水道事業会計決算認定についてまでの9件については、全員異議なく原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 以上、御報告を申し上げます。



○議長(池田達雄君) お諮りいたします。

 本件に関しては、質疑を省略し、直ちに討論に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては質疑を省略し、直ちに討論に入ることに決定いたしました。

 これより、討論を許します。

 初めに、原案に反対者の討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 次に、原案に賛成者の討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 採決は、分けて行います。

 初めに、認定第1号平成22年度北斗市一般会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第2号平成22年度北斗市国民健康保険事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第3号平成22年度北斗市老人保健医療事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第4号平成22年度北斗市後期高齢者医療事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第5号平成22年度北斗市介護保険事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第6号平成22年度北斗市土地区画整理事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第7号平成22年度北斗市下水道事業特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第8号平成22年度渡島公平委員会特別会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第9号平成22年度北斗市水道事業会計決算認定についてを採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案認定であります。これを、委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、認定することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第3

  議案第5号北斗市税条例等の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第3 議案第5号北斗市税条例等の一部改正についてを議題といたします。

 総務常任委員長の報告を求めます。

 三浦総務常任委員長。



◆総務常任委員長(三浦利明君) −登壇−

 総務常任委員会に付託された議案の審査結果を次のとおり報告いたします。

 事件名。

 議案第5号北斗市税条例等の一部改正について。

 審査の経過。

 9月8日、委員会を開催し、副市長、担当部長、総合分庁舎長、担当課長の出席を求め、説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、その後、採決をし結論を出しました。

 審査の結果。

 可決すべきものと決定いたしました。

 理由。

 本件は、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律等の公布に伴い、北斗市税条例等の一部を改正しようとするものでございます。

 改正の内容については、1点目は、第26条を初めとする八つの条文について、市民税の納税管理人に係る不申告等に対して科する過料の上限額を3万円から10万円に引き上げるものでございます。

 2点目は、第100条の2、第105条の2及び第139条の2の規定で、たばこ税の不申告等に対して10万円以下の過料を科する規定を新設するものでございます。

 3点目は、第151条の改正で、入湯税の特別徴収義務者に係る帳簿記載の義務違反等に対して科する罰金刑の上限額を3万円から10万円に引き上げるものでございます。

 4点目は、附則第8条で、肉用牛の売却による事業所得に係る課税の特例について、免除の適用期限を平成24年度から平成27年度まで3年間延長するものでございます。

 5点目は、第34条の7、附則第7条の4及び附則第8条の条文において、他の法令において明確に規定され、各地方公共団体に選択余地のないものについて、当該法令の該当規定を引用することなどにより、条文の簡素化を実施するものでございます。

 本件については、過料3万円以下を10万円以下とした理由、過料を科した実績、納税管理人の要件などについての質疑応答の後、討論はなく、その後、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、委員会報告とさせていただきます。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第4

  議案第6号北斗市体育指導委員設置条例の一部改正について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第4 議案第6号北斗市体育指導委員設置条例の一部改正についてを議題といたします。

 文教厚生常任委員長の報告を求めます。

 坂本文教厚生常任委員長。



◆文教厚生常任委員長(坂本勉君) −登壇−

 文教厚生常任委員会に付託された議案の審査結果を御報告いたします。

 1、事件名。

 議案第6号北斗市体育指導委員設置条例の一部改正について。

 2、審査の経過。

 9月8日、委員会を開催し、副市長、総合分庁舎長、担当課長の出席を求め、説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、その後、採決をし、結論を出した。

 3、審査の結果。

 (1)決定。

 可決すべきものと決定。

 (2)理由。

 本件は、昭和36年に制定されたスポーツ振興法が全部改正され、本年8月24日にスポーツ基本法が施行されたことに伴い、条例の題名及び条文の文言整理を行おうとするものである。

 スポーツ基本法は、スポーツ振興法の定める施策を充実させつつ、スポーツを通じて幸せで豊かな生活を営むことが人々の権利であることの考えに立ち、新しい時代におけるスポーツの基本理念を提示し、国、地方公共団体、スポーツ団体を初めとする関係者の連携と協働により、その基本理念の実現を図ることを具体的に定めたものである。

 主な改正内容については、これまで市民の方々に対するスポーツの実技指導や指導助言を行ってきた体育指導員にかえて、市町村におけるスポーツの推進に係る体制整備を図るため、これまでの体育指導委員の役割にスポーツの推進事業の実施に係る連絡調整等の職務を加えたスポーツ推進委員を設置するため、題名を、北斗市スポーツ推進委員設置条例に改めるとともに、条例中の文言について所要の改正を行うものである。

 また、一部改正の附則においては、関連条例である北斗市特別職非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例中の職名を、スポーツ推進委員に改めるものである。

 本件については、職務がふえることにより報酬も引き上げになるのか、現在の体育指導委員はどういう人材の方々を委嘱しているのか、今回の一部改正に伴い地方交付税はふえるかなどの質疑応答の後、討論はなく、その後、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上、委員会の報告といたします。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第5

  議案第7号訴えの提起について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第5 議案第7号訴えの提起についてを議題といたします。

 産業建設常任委員長の報告を求めます。

 栃木産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(栃木正治君) −登壇−

 産業建設常任委員会に付託された議案の審査結果を次のとおり報告します。

 1、事件名。

 議案第7号訴えの提起について。

 2、審査経過。

 9月12日、委員会を開催し、副市長、担当部長、総合分庁舎長、担当次長、担当課長の出席を求め、説明を聴取し、質疑応答の後、討論はなく、その後、採決をし、結論を出した。

 3、審査の結果。

 可決すべきものと決定。

 4、理由。

 本件は、昭和48年に旧大野町が北海道に引き継いだ町道函館旧道第1号線の未処理用地に関するものである。

 この路線は、現在、道道大野上磯線として供用されているが、当時の引き継ぎの条件として、未処理用地については大野町が処理することとあるため、このたび本市が時効取得を原因とする所有権移転登記手続請求の訴えを提起しようとするものである。

 当該土地の所在は、北斗市南大野125番地で、現況は一部道路として利用されているが、地目は墓地、地積は56平方メートルと表題部のみが登記されているが、所有権に係る保存登記はなされていないものである。

 所有者についての調査を実施したが、該当者は見つからず、また、昭和23年の厚生省の通知により、墓地、納骨堂、または火葬場の経営は原則として市町村等の地方公共団体でなければならないとされている。

 以上のことから、北斗市南大野125番地の時効取得を原因として、所有権確認の判決を求めるものである。

 本件については、道道大野上磯線の工期について、当該土地の現況について、市有財産となった場合の道との買収問題などについて、質疑応答の後、討論は別段なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した。

 以上、委員会の報告といたします。



○議長(池田達雄君) これより、委員長報告に対する質疑を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 質疑がありませんので、以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 本件に関する委員長の報告は、原案可決であります。これを、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、委員長の報告のとおり可決されました。

 ──────────────────



△日程第6

  発議案第1号閉会中の所管事務調査について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第6 発議案第1号閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。

 各委員長より、閉会中における所管事務調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、これを許可することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長より申し出のあった閉会中の所管事務調査は、これを許可することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第7

  発議案第2号議員の派遣について

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第7 発議案第2号議員の派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件に関しては、会議規則第109条第1項の規定により、お手元に配付のとおり、議員の派遣を許可したいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、お手元に配付のとおり、議員の派遣を許可することに決定いたしました。

 なお、派遣の内容等に変更が生じた場合、議長に一任を願いたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長に一任することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第8

  意見書案第1号原子力発電所の安全対策の強化と新規原発の建設凍結を求める意見書についてより意見書案第5号義務教育費国庫負担制度堅持・負担率1/2への復元、「30人以下学級」の実現をめざす教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた意見書についてまで

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 日程第8 意見書案第1号原子力発電所の安全対策の強化と新規原発の建設凍結を求める意見書についてより意見書案第5号義務教育費国庫負担制度堅持・負担率1/2への復元、「30人以下学級」の実現をめざす教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた意見書についての以上5件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件に関しては、提案説明、質疑を省略し、直ちに討論に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件に関しては、提案説明、質疑を省略し、直ちに討論に入ることに決定いたしました。

 これより、討論を許します。

     (「なし」と呼ぶ)



○議長(池田達雄君) 討論者がありませんので、以上で討論を終わります。

 これより、採決いたします。

 採決は、分けて行います。

 初めに、意見書案第1号原子力発電所の安全対策の強化と新規原発の建設凍結を求める意見書について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第2号自治体クラウドの推進を求める意見書について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第3号電力多消費型経済からの転換を求める意見書について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第4号JR三島・貨物会社の経営安定化に関する意見書について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第5号義務教育費国庫負担制度堅持・負担率1/2への復元、「30人以下学級」の実現をめざす教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた意見書について、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

       (起立多数)



○議長(池田達雄君) 起立多数であります。

 よって、本件に関しては、原案のとおり可決されました。

 ──────────────────



△閉会宣告

 ──────────────────



○議長(池田達雄君) 以上をもちまして、今定例会に付議された案件は全部終了いたしましたので、平成23年第3回北斗市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでございました。

       (午前10時27分 閉会)