議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北広島市

平成20年 第3回定例会 意見書 意見書案第4号




平成20年 第3回定例会 意見書 − 意見書案第4号








意見書案第4号

                介護保険制度の改正に関する意見書

 上記意見書を別紙のとおり提出する。

                                        平成20年9月30日
                            発議者  北広島市議会議員  宮北健一郎
                            賛成者      同      田島 八郎
                             同       同      小岩  均
                             同       同      中野  募
                             同       同      木村真千子

提案理由  介護保険制度の安定と充実のため、介護認定にあたっては状態像を適切に反映したきめ細かな認定基準とするよう所定の見直しをおこなうなど強く要望する。
提 出 先  衆参両議院議長及び内閣総理大臣外関係大臣

                介護保険制度の改正に関する意見書

 少子高齢化の進行や家族構成の変容が進む中で、介護保険はそれを必要とする人だけでなく、高齢者を支える家族や地域にとってもますます重要な制度となっている。
 そうした中で、改正介護保険法によって介護予防に重点が置かれ、軽度の要介護者のサービス給付内容が再編され、食費や光熱水費・居住費が自己負担となった。介護保険が持続可能な制度であり続けることは、我が国がこれから迎える超高齢化社会において国民が安心して、安定した暮らしを営むために欠かせないことであり、これ以上サービス水準を低下させ、新たな自己負担を導入することは本制度創設の趣旨を大きく損ねることにほかならない。本制度の運用は、制度自体の信頼を高めていくことが重要である。
 よって、国会及び政府においては、介護保険制度の安定と充実のために、以下の項目について早急に実施するよう強く要望する。

                       記
1 介護認定にあたっては、状態像を適切に反映したきめ細かな認定基準とするよう、所定の見直しを行うこと。
2 介護従事者の賃金を引き上げ、職員の定着を図り、職員の資質向上のための研修の機会拡充を図ること。
3 介護事業者が適切に事業を行えるよう、指導監督を強化すること。
4 療養病床の再編成に当たっては、高齢の方々が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、医療や介護の基盤づくりを進めること。
5 医療療養病床から介護保険施設等への転換により、被保険者の介護保険及び地方自治体の財政負担が増加しないよう、国の責任において十分な財政措置を講ずること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。


                                    平成20年9月30日
                                       北海道北広島市議会