議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北広島市

平成20年 第3回定例会 意見書 意見書案第1号




平成20年 第3回定例会 意見書 − 意見書案第1号








意見書案第1号

                  学校耐震化に関する意見書

 上記意見書を別紙のとおり提出する。

                                        平成20年9月30日
                            発議者  北広島市議会議員  木村真千子
                            賛成者      同      田島 八郎
                             同       同      宮北健一郎
                             同       同      小岩  均
                             同       同      中野  募




提案理由  地震災害が続く中で、児童生徒の安全を確保するため、すべての公立学校の耐震化を実施するための所要の予算を確保するなど強く要望する。

提 出 先  内閣総理大臣外関係大臣



                  学校耐震化に関する意見書



 学校施設の耐震化については、先の国会で「地震防災対策特別措置法改正案」が成立し、国の緊急措置が大幅に改善された。

 各地方自治体においても、積極的な取り組みが始まっているが、併せて各自治体の厳しい財政状況の中で、苦慮している実態も事実である。

 よって、政府においては、今回の緊急措置に併せて、以下の項目について対策を講じるよう強く要望する。



                       記

1 地震災害が続く中で、児童生徒の安全を確保するため、すべての公立学校の耐震化を実施するための所要の予算を確保すること。

2 地方自治体の財政状況などを勘案の上、時限措置の延長を検討すること。

3 補助率のかさ上げが行われたが、実際の工事単価との格差により自治体負担が増嵩している実態も見られるため、補強事業や改築事業に当たっては、補助単価の補正ルールなどの設定を行い、きめ細かな対策を講じること。

4 耐震診断も行われていない施設も多いことから、耐震診断のみの実施についても補助対象とすることについて検討すること。



 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。




                                    平成20年9月30日
                                       北海道北広島市議会