議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北広島市

平成20年 第1回定例会 意見書 意見書案第6号




平成20年 第1回定例会 意見書 − 意見書案第6号








意見書案第6号

            地デジ放送の受信対策の推進を求める意見書

 上記意見書を別紙のとおり提出する。
                                        平成20年3月19日
                            発議者  北広島市議会議員  木村真千子
                            賛成者      同      田島 八郎
                             同       同      小岩  均
                             同       同      中野  募
                             同       同      竹林  顯




提案理由  地デジ放送への移行に伴う視聴者負担問題などに対する諸施策を講ずるよう強く要望する。

提 出 先  内閣総理大臣外関係大臣



            の受信対策の推進を求める意見書



 地上デジタルテレビジョン放送(以下「地デジ放送」という。)は、既に一昨年全都道府県・全放送事業者の親局において放送開始され、地上デジタル推進全国会議においても「デジタル放送推進のための行動計画(第8次)」を策定、アナログ放送終了期限の平成23年7月に向けて完全移行への取り組みが行われているところである。

 7次にわたる関係者の行動計画により、普及計画の目標に沿って進んでいるものの、残された期間においては放送事業者側及び視聴者側ともに多くの課題が指摘されている。

 とりわけ、地デジ放送への移行に伴う視聴者の負担問題については、経済弱者への支援策が求められており、また、視聴者のデジタル受信器購入やアンテナ工事、共聴施設の改修等具体的行動について、理解を深め、支援する方策が求められている。こうしたことから、今後3年間でこれらの課題をすべて解消し、地デジ放送へ完全移行することは難事業と考えられる。

 よって、政府においては、平成20年度予算案に計上された地デジ放送関係予算の着実な執行と併せ、下記の事項について施策を講じるよう強く要望する。



                       記

1 視聴者側の受信環境整備に伴う負担軽減のための方策を強力に進めること。また、経済的弱者への支援策について、早急に内容を検討・決定すること。

2 今後、地デジ放送に関する相談が飛躍的に増加することが見込まれるため、「地域相談・対策センター」を北海道に整備し、生活弱者のサービス体制を整備すること。

3 デジタル中継局整備や辺地共聴施設整備について、地方自治体の過度の負担とならないよう放送事業者等との調整を図るとともに、自治体負担の場合の支援策について新設も含め拡充すること。

4 都市受信障害については、各地域の実情を把握の上、良好な受信環境の整備を図り、情報格差が生じないように努めること。



 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。




                                    平成20年3月19日
                                       北海道北広島市議会