議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北広島市

平成20年  第3回 定例会 09月05日−01号




平成20年  第3回 定例会 − 09月05日−01号







平成20年  第3回 定例会





────────────────────────────────────────────────────
〇出席議員(23名)
      議  長 24番 橋 本   博            副 議 長 1番 藤 田   豊
           2番 大 迫   彰                 3番 木 村 真千子
           4番 田 邊 優 子                 5番 中 野   募
           6番 木 村 公 昭                 7番 板 垣 恭 彦
           8番 竹 林   顯                 9番 宮 北 健一郎
           10番 尾 崎 弘 人                 11番 野 原   薫
           12番 鈴 木 陽 一                 13番 畠 山   勝
           14番 中 田 富美男                 15番 小 岩   均
           16番 佐 藤 敏 男                 17番 國 枝 秀 信
           18番 立 崎 弘 昭                 19番 川 崎 彰 治
           20番 中 川 昌 憲                 21番 志 摩 克 輔
           22番 田 島 八 郎
────────────────────────────────────────────────────
〇欠席議員(0名)
────────────────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
      市    長  上 野 正 三            監 査 委 員  曽 根 勇 治
────────────────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けたもので出席した説明員
      副  市  長  下 村 英 敏            企画財政部長  高 橋 通 夫
      総 務 部 長  高 田 信 夫            市 民 部 長  三 熊 秀 範
      環 境 部 長  石 井 潤一郎            保健福祉部長  三 上 正 美
      子育て担当理事 岩 泉 功 一            建 設 部 長  二 見 孝 二
      経 済 部 長  赤 沼 正 三            水 道 部 長  加 戸 博 史
      会 計 室 長  安 富 正 史            消  防  長  斉 藤 順 二
      財 政 課 長  佐 藤   隆            総 務 課 長  佐 藤 芳 幸
────────────────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けたもので出席した説明員
      教  育  長  白 崎 三千年            管 理 部 長  小 菅 敏 博
      生涯学習部長  川 幡 博 行
────────────────────────────────────────────────────
〇監査委員の委任を受けたもので出席した説明員
      事 務 局 長  伊 与 信 一
────────────────────────────────────────────────────
〇選挙管理委員会委員長の委任を受けたもので出席した説明員
      事 務 局 長  高 田 信 夫
────────────────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けたもので出席した説明員
      事 務 局 長  鈴 木 康 照
────────────────────────────────────────────────────
〇本会議の書記
      事 務 局 長  鈴 木 正 広            書    記  松 本 政 樹





第3回定例会第1日目                                 開会 午前10時05分





        (議 事 の 経 過)

────────────────────────────────────────────────────



△開会宣言





○議長(橋本博) ただいまから平成20年第3回定例会を開会いたします。ただちに本日の会議を開きます。議事日程につきましては、お手元に配布のとおりであります。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(橋本博) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員として、会議規則第81条の規定により、

          12番 鈴木 陽一 議員

          13番 畠山  勝 議員

 以上2名を指名いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第2 会期の決定について





○議長(橋本博) 日程第2、会期の決定について、お諮りいたします。本定例会の会期は、9月5日から9月30日までの26日間といたしたいと思います。ご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) ご異議なしと認めます。本定例会の会期は、9月5日から9月30日までの26日間と決しました。

────────────────────────────────────────────────────



△諸般の報告





○議長(橋本博) この際、報告いたします。

 監査委員から、例月出納検査並びに財政援助団体等の監査結果について、

 市長から、地方自治法第180条第2項の規定により、専決処分について、

 これらの報告並びに第2回定例会以降の議長の動静につきましては、いずれも写しをお手元に配布しておりますので、ご覧おき願います。

 次に、お手元に配布しております平成20年第2回定例会最終日において議決されました「意見書第2号 日本映画への字幕付与を求める意見書」から「意見書第10号 国営造成農業水利施設等の確実な整備・維持・更新のための意見書」まで、以上9件につきましては、6月22日付をもって、各関係機関に郵送により提出いたしました。

 次に、「陳情第3号 乳幼児医療費助成制度の拡充を求める陳情」及び「陳情第4号 学童保育の充実を求める陳情書」につきましては、民生常任委員会に、お手元に配布の「請願・陳情文書表」のとおり、本日付託いたしました。

 次に、市長から行政報告について、発言を求められておりますので、これを許します。

 市長。

       (行 政 報 告)



◎市長(上野正三) 平成20年第3回定例会の開会にあたり、行政報告を申し上げます。



     1 広報紙編集業務の委託について

 始めに、広報紙編集業務の委託についてでありますが、市民と協働して広報紙を編集するため、公益活動団体を対象に「プロポーザル方式」により受託者を公募したところ、3団体から申請がありました。

 受託者につきましては、市民委員を含む選定委員会における「特定非営利活動法人ひろがりが適当である」という評価結果に基づき、契約参加審査委員会の議を経て、同法人に業務委託することを決定いたしました。

 現在、10月からの編集業務の開始に向け準備を進めております。



     2 乳幼児等医療費の助成拡大について

 次に、乳幼児等医療費の助成拡大についてでありますが、少子化対策の一層の充実を図るため、就学前乳幼児の医療費につきましては、8月診療分から市民税の課税、非課税世帯の区分にかかわらず、医科診療で580円、、歯科診療で510円の初診時一部負担金のみとし、さらに10月診療分からの市内医療機関での受診に際しては、市が全額助成することといたしました。

 また、10月からの入院及び指定訪問看護に係る小学生の医療費は、市民税非課税世帯の場合は就学前乳幼児と同様に初診時一部負担金のみとし、市民税課税世帯の場合は1割相当額の負担となるよう助成してまいります。



     3 指定金融機関の合併について

 次に、指定金融機関の合併についてでありますが、本市の指定金融機関である株式会社札幌銀行は、国の認可を前提に、本年10月14日付で株式会社北洋銀行と合併し、新たに株式会社北洋銀行として発足する旨の通知がありました。

 合併後の北洋銀行につきましては、公金事務を取り扱う能力などを有していることから、本市の指定金融機関として、引き続き契約を継続することとしております。



     4 小中学校の耐震二次診断調査について

 次に、小中学校の耐震二次診断調査についてでありますが、国において小中学校校舎の耐震化をさらに進めるため、国庫補助率の引き上げ等を柱とした「地震防災対策特別措置法」が6月に改正されました。

 本市におきましては、平成8年度から学校の耐震診断を実施し、必要な地震補強工事を計画的に進めてきておりますが、今回の法改正の趣旨を受け、耐震二次診断調査が未実施の小学校3校、中学校3校の6校について調査を行い、その結果に基づき、必要な措置を講じてまいりたいと考えております。

 なお、本定例会において、調査に必要な経費の補正予算を提案させていただいたところであります。



     5 燃料価格高騰に関する庁内連絡会議の設置について

 次に、燃料価格高騰に関する庁内連絡会議の設置についてでありますが、燃料価格の高騰により、市民生活をはじめ産業経済活動や市の施設管理などに大きな影響が生じていますことから、7月23日に庁内各部の関係課長職で構成する「燃料価格高騰に関する庁内連絡会議」を設置いたしました。

 連絡会議では、国や北海道など関係機関の動向、市民生活及び産業経済活動への影響、市業務における課題などを把握し、取り組むべき対応策などを横断的に検討しているところであります。

 また、全国市長会及び北海道市長会を通じて、国等に対し、原油価格高等対策について、積極的な措置を講じるよう要望しているところであります。

     6 北広島市防災訓練について

 次に、北広島市防災訓練についてでありますが、市職員、消防団員等の災害対応能力の向上を図るとともに、市民の皆様の防災意識の高揚をめざして、10月4日、北広島市防災センターにおいて、水防の実践的な訓練を行います。

 この訓練は、台風の接近に伴う大雨と暴風による被害を想定して行うもので、市内の企業や町内会、日本赤十字北広島市地区をはじめ、陸上自衛隊など関係機関の参加をいただき、約300名規模で実施する予定としております。



     7 札幌北広島クラッセホテルの全面オープンについて

 次に、札幌北広島クラッセホテルの全面オープンについてでありますが、本年4月12日の宿泊部門とフィットネスクラブの開業に続き、8月4日に新たな温浴施設がオープンし、ホテルの全面的な営業が開始されました。

 従業員の地元雇用や地元産品の活用、観光振興など本市経済への波及効果に期待するところであります。

 なお、本市では、施設整備に係る支援として、財団法人地域総合整備財団の「ふるさと融資制度」を活用して、無利子融資を行うこととしております。



     8 農作物の生育状況について

 次に、農作物の生育状況についてでありますが、石狩農業改良普及センターの発表による9月1日現在の状況では、5月の霜による影響が心配されましたが、その後は、概ね平年並みの気象状況となっていますことから、水稲、畑作物ともほぼ平年並みの生育となっております。



     9 北海道洞爺湖サミット記念事業などの実施について

 次に、北海道洞爺湖サミット記念事業などの実施についてでありますが、市民団体を中心とした実行委員会を組織し、環境保全への市民意識を高める機会として、「さわやかサイクリング」や「環境ひろば2008」、「子ども環境メッセージきたひろ2008」などを実施いたしました。

 また、平和都市宣言20周年記念事業として、「平和の灯を守る市民の会」の皆様とともに、「広島・長崎原爆展」や「被爆体験者による語り部の会」、「平和講演会」を実施しました。

 いずれの記念事業も、多くの市民の皆様にご参加をいただき、環境保全や地球温暖化防止への理解と、平和の尊さや大切さを感じていただいたものと考えております。

 以上申し上げ、行政報告といたします。



○議長(橋本博) 次に、教育長から教育行政報告について発言を求められておりますので、これを許します。

 教育長。



◎教育長(白崎三千年) 平成20年第3回定例会の開会にあたり、教育行政報告を申し上げます。



     1 芸術文化ホール開館10周年記念事業について

 芸術文化ホール開館10周年記念事業についてでありますが、芸術文化ホールは平成10年10月1日にオープン以来、本市における文化の創造と発信の拠点として市民の皆様とともに歩んでまいりました。

 このたび、開館10周年を迎えるにあたり、記念事業を実施すべく実行委員会を組織し、準備を進めてきたところであります。

 その主な内容としましては、9月24日のオペラ歌手「中島啓江コンサート」を皮切りに、28日には本市を紹介する映像及び音楽による記念セレモニーと、子どもダンスサークル6団体による合同発表会、10月1日には、ロシアの演奏家と本市にゆかりのある演奏家とによるバースデイ・コンサート、さらに、最終日の5日には、落語家の「桂文珍独演会」が行われます。

 また、この期間、ギャラリーにおいて、彫刻や絵画など9人の作家による「はしご」をテーマとした作品展が開催されます。

 今後も市民の皆様に愛され、親しまれる花ホールとして各種事業や利活用の充実に取り組んでまいります。

 以上申し上げ、教育行政報告といたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第3 議案第1号 北広島市市民協働推進会議設置条例の制定について





○議長(橋本博) 日程第3、議案第1号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第1号、北広島市市民協働推進会議設置条例の制定につきまして、提案理由を申し上げます。

 この条例は、本年5月に策定した「公益活動団体との協働指針」に基づき、公益活動団体と市との協働を促進するための方策の1つとして、市長の諮問に応じて調査審議を行う北広島市市民協働推進会議を設置し、その組織及び会議の運営など基本的事項について定めるため、新たに制定するものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第1号、北広島市市民協働推進会議設置条例の制定については、会議規則第37条第1項の規定により、民生常任委員会に付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第4 議案第2号 北広島市商工業振興基本条例の制定について





○議長(橋本博) 日程第4、議案第2号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第2号、北広島市商工業振興基本条例の制定につきまして、提案理由を申し上げます。

 この条例は、商工業の振興のための基本理念や市の責務、商工業者等の努力、市民の理解と協力、審議会の設置など基本的事項を定めるため、新たに制定するものであります。

 また、附則において、北広島市商工振興審議会条例及び北広島市中小企業振興条例を廃止するものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第2号、北広島市商工業振興基本条例の制定については、会議規則第37条第1項の規定により、建設文教常任委員会に付託いたします。





────────────────────────────────────────────────────



△日程第5 議案第3号 北海道市町村備荒資金組合規約の変更に関する協議の件について





○議長(橋本博) 日程第5、議案第3号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第3号、北海道市町村備荒資金組合規約の変更に関する協議の件につきまして、提案理由を申し上げます。

 近年、市町村財政が急激に悪化する中で、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が公布され、新たな財政健全化判断比率に基づいた、財政の早期健全化や財政の再生が急務となっております。

 このような中で、組合の構成自治体から、この法律に基づいた自主健全化を図るため、これまで災害に備え積み立てを行った普通納付金の支消について、要請・協議があったことに伴い、所要の変更が必要となったものであります。

 変更の内容は、組合の設立目的である「財政運営の健全化」の観点から、道内市町村が財政再生団体となることを回避するための緊急避難的な措置として、普通納付金の返還の特例制度を新たに加えるものであります。

 規約の変更につきましては、地方自治法第286条の規定により、関係地方公共団体と協議するため、同法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第3号、北海道市町村備荒資金組合規約の変更に関する協議の件については、会議規則第37条第1項の規定により、総務常任委員会に付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第6 議案第4号 北広島市土地開発公社定款の変更について





○議長(橋本博) 日程第6、議案第4号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第4号、北広島市土地開発公社定款の変更につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの変更は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認可等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」が平成20年12月1日に施行されることに伴い、所要の変更を行うため公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 変更内容といたしましては、「監事の職務」の根拠法を民法第59条から公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項に改めるものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第4号、北広島市土地開発公社定款の変更については、会議規則第37条第1項の規定により、建設文教常任委員会に付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第7 議案第5号 資源リサイクルセンター建設工事の請負契約について





○議長(橋本博) 日程第7、議案第5号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第5号、資源リサイクルセンター建設工事の請負契約につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの工事は、既存施設の老朽化や家庭ごみ有料化に伴う資源ごみの増加に対応するため、国の補助を受け、びん、缶、ペットボトル及びプラスチック製容器包装等を選別、圧縮梱包する1日当たり約16トンの処理能力を有する施設を新たに整備するものであります。

 8月20日に条件付一般競争入札を執行し、8億1,123万円をもって、クボタ環境・菱中・山崎異工種特定共同企業体に落札いたしました。

 なお、入札状況及び工事箇所につきましては、参考資料をご覧いただき、説明を省略させていただきます。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第5号、資源リサイクルセンター建設工事の請負契約については、会議規則第37条第1項の規定により、民生常任委員会に付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第8 議案第6号 財産の取得について





○議長(橋本博) 日程第8、議案第6号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第6号、財産の取得につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの財産の取得は、小学校5校におけるパソコン教室用コンピュータ機器を整備するものであります。

 主な機器としては、学校サーバ、生徒用・教師用パソコン及びこれらに付随する周辺機器、教材ソフトを整備するものであり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 なお、この契約は、本市が加入する北海道市町村備荒資金組合と納入業者との契約でありますが、同組合の条件等に基づき、本市は当該物件を譲り受け、今年度から5ヶ年で支払うものであります。

 契約につきましては、8月20日に指名競争入札を執行し、4,536万円をもって、有限会社北広島富貴堂に落札いたしました。

 指名業者及び入札の状況につきましては、参考資料をご覧いただき、説明を省略させていただきます。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第6号、財産の取得については、会議規則第37条第1項の規定により、建設文教常任委員会に付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第9

  議案第7号 平成20年度北広島市一般会計補正予算(第2号)

  議案第8号 平成20年度北広島市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

  議案第9号 平成20年度北広島市介護保険特別会計補正予算(第1号)





○議長(橋本博) 日程第9、議案第7号、議案第8号及び議案第9号、以上3件を一括して議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第7号、平成20年度北広島市一般会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの補正予算の総額は、5,109万5千円の増額で、これを既決予算に加えますと、予算総額は183億8,295万2千円となるものであります。

 それでは概要につきまして、説明申し上げます。

 まず、歳出についてでありますが、

 総務費では、地方税電子申告等システムの導入経費、市税過年度還付金及び加算金の増額であります。

 民生費では、障がい者自立支援給付事業によるオストメイト対応トイレの経費、障がい者医療費及び生活保護費等に係る平成19年度精算に伴う国及び道負担金の返還金、入所児童数の増加等による臨時保育士賃金、私立認可保育園運営費支弁に係る国及び道負担金の平成18年度及び19年度分の返還金、認可外保育園運営費補助金、すずらん保育園の施設改修費の増額などであります。

 商工労働費では、工場立地促進条例による補助金の増額であります。

 土木費では、燃料費高騰に伴う市道除雪委託料の増額、広島揚水機用水路改修事業費の減額などであります。

 教育費では、補助基準の改正に伴う幼稚園就園奨励費補助金、小中学校における耐震診断の調査委託料、西の里公民館の施設改修費の増額であります。

 次に、歳入についてでありますが、

 歳出に対応して、国庫支出金4,155万7千円の減額、道支出金309万6千円、分担金及び負担金175万円、寄附金1万円の増額、繰入金は施設営繕基金の取り崩しによる700万円の増額、諸収入は過年度収入などにより1,855万5千円の増額、市債は地方道路整備臨時貸付金や臨時財政対策債の確定などにより、5,970万円増額し、繰越金254万1千円により収支の均衡を図ったものであります。

 次に、債務負担行為につきましては、大曲幸通整備事業における用地取得、2カ年で実施する広島揚水機用水路改修事業及び小中学校耐震化事業に係る債務負担行為の設定であります。

 次に、地方債につきましては、道路橋梁債及び臨時財政対策債の変更及び地方道路整備臨時貸付金、大曲団地2号線歩道造成事業債の追加によるものであります。

 続きまして、議案第8号、平成20年度北広島市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの補正予算の総額は、3,451万3千円の増額で、これを既決予算に加えますと、予算総額は62億2,606万6千円となるものであります。

 それでは概要につきまして、説明申し上げます。

 まず、歳出についてでありますが、

 保険給付費では、退職被保険者等高額療養費の増額であります。

 諸支出金では、平成19年度精算に伴う国庫負担金の返還金の増額であります。

 次に、歳入についてでありますが、

 歳出に対応し、一般及び退職被保険者等国民健康保険税の増額により、収支の均衡を図ったものであります。

 続きまして、議案第9号、平成20年度北広島市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの補正予算の総額は、7,014万7千円の増額で、これを既決予算に加えますと、予算総額は26億4,658万9千円となるものであります。

 それでは概要につきまして、説明申し上げます。

 まず、歳出についてでありますが、

 諸支出金では、被保険者保険料還付金の増額、平成19年度精算に伴う国及び道負担金等の返還金の増額であります。

 基金積立金では、平成19年度決算による繰越金を介護給付費準備基金に積み立てるものであります。

 次に、歳入についてでありますが、歳出に対応し、第1号被保険者介護保険料の増額、平成19年度精算に伴う支払基金交付金の減額及び繰越金の増額であります。

 以上で提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。

 議案第7号、平成20年度北広島市一般会計補正予算(第2号)の歳出の総務費、地方債の変更のうち、輪厚パーキングエリア周辺道路整備事業債、臨時財政対策債及びそれらに係る歳入については、総務常任委員会に、

 歳出の民生費、教育費の幼稚園就園奨励補助事業及びそれらに係る歳入については、民生常任委員会に、

 歳出の商工労働費、土木費、幼稚園就園奨励補助事業を除く教育費、債務負担行為の追加及び地方債の変更のうち、西裏線道路改築事業債、交通安全施設等整備事業債、大曲幸通整備事業債、駅西口広場整備事業債並びに地方債の追加及びそれらに係る歳入については、建設文教常任委員会に、

 議案第8号、平成20年度北広島市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第9号、平成20年度北広島市介護保険特別会計補正予算(第1号)は、民生常任委員会に、

 それぞれ、会議規則第37条第1項の規定により付託いたします。

────────────────────────────────────────────────────



△日程第10 発議第1号 北広島市議会会議規則の一部を改正する規則について





○議長(橋本博) 日程第10、発議第1号を議題といたします。



○議長(橋本博) お諮りいたします。発議第1号は、会議規則第37条第2項の規定により、提案理由の説明、委員会付託、質疑及び討論を省略し、ただちに採決いたしたいと思います。ご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) ご異議なしと認めます。発議第1号、北広島市議会会議規則の一部を改正する規則についてを採決いたします。



○議長(橋本博) お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) ご異議なしと認めます。発議第1号は、原案可決と決しました。



○議長(橋本博) お諮りいたします。議事の都合により、明9月6日から9月16日までの11日間を休会といたしたいと思います。ご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) ご異議なしと認めます。明9月6日から9月16日までの11日間は休会とすることに決しました。

────────────────────────────────────────────────────



△散会宣言





○議長(橋本博) 以上をもちまして、本日の日程をすべて終了いたしました。これにて散会いたします。ご苦労さまでした。

          散会 午前10時33分