議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北広島市

平成20年  第3回 臨時会 08月07日−01号




平成20年  第3回 臨時会 − 08月07日−01号







平成20年  第3回 臨時会





────────────────────────────────────────────────────
〇出席議員(23名)
      議  長 24番 橋 本   博            副 議 長 1番 藤 田   豊
           2番 大 迫   彰                 3番 木 村 真千子
           4番 田 邊 優 子                 5番 中 野   募
           6番 木 村 公 昭                 7番 板 垣 恭 彦
           8番 竹 林   顯                 9番 宮 北 健一郎
           10番 尾 崎 弘 人                 11番 野 原   薫
           12番 鈴 木 陽 一                 13番 畠 山   勝
           14番 中 田 富美男                 15番 小 岩   均
           16番 佐 藤 敏 男                 17番 國 枝 秀 信
           18番 立 崎 弘 昭                 19番 川 崎 彰 治
           20番 中 川 昌 憲                 21番 志 摩 克 輔
           22番 田 島 八 郎
────────────────────────────────────────────────────
〇欠席議員(0名)
────────────────────────────────────────────────────
〇本会議に出席した説明員
      市    長  上 野 正 三
────────────────────────────────────────────────────
〇市長の委任を受けたもので出席した説明員
      副  市  長  下 村 英 敏            企画財政部長  高 橋 通 夫
      総 務 部 長  高 田 信 夫            市 民 部 長  三 熊 秀 範
      環 境 部 長  石 井 潤一郎            保健福祉部長  三 上 正 美
      子育て担当理事 岩 泉 功 一            建 設 部 長  二 見 孝 二
      経 済 部 長  赤 沼 正 三            水 道 部 長  加 戸 博 史
      会 計 室 長  安 富 正 史            消  防  長  斉 藤 順 二
      財 政 課 長  佐 藤   隆            総 務 課 長  佐 藤 芳 幸
      建 築 課 長  右 城 君 彦            下 水 道課長  深 尾   壯
      契 約 課 長  福 島 政 則
────────────────────────────────────────────────────
〇教育委員会委員長の委任を受けたもので出席した説明員
      教  育  長  白 崎 三千年            管 理 部 長  小 菅 敏 博
      生涯学習部長  川 幡 博 行
────────────────────────────────────────────────────
〇監査委員の委任を受けたもので出席した説明員
      事 務 局 長  伊 与 信 一
────────────────────────────────────────────────────
〇農業委員会会長の委任を受けたもので出席した説明員
      事 務 局 長  鈴 木 康 照
────────────────────────────────────────────────────
〇本会議の書記
      事 務 局 長  鈴 木 正 広            書    記  松 本 政 樹





第3回臨時会第1日目                                 開会 午前9時58分





        (議 事 の 経 過)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△開会宣言





○議長(橋本博) ただいまから平成20年第3回臨時会を開会いたします。ただちに本日の会議を開きます。議事日程につきましては、お手元に配布のとおりであります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1 会議録署名議員の指名について





○議長(橋本博) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員として、会議規則第81条の規定により、

          8番 竹林  顯 議員

          9番 宮北健一郎 議員

 以上2名を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2 会期の決定について





○議長(橋本博) 日程第2、会期の決定について、お諮りいたします。本臨時会の会期は、8月7日から8月8日までの2日間といたしたいと思います。ご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) ご異議なしと認めます。本臨時会の会期は、8月7日から8月8日までの2日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3 議案第1号 市営住宅西の里団地建替え工事(2期)の内建築主体工事の請負契約について





○議長(橋本博) 日程第3、議案第1号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第1号、市営住宅西の里団地建替え工事(2期)の内建築主体工事の請負契約につきまして、提案理由を申し上げます。

 市営住宅西の里団地の建替え事業は、西の里地区にあります19棟78戸の内、老朽化が進む平屋の17棟62戸を国の交付金を受け、5棟62戸に建て替えるものであります。

 このたびの工事は、この5棟の内のA棟第2期工事で、鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積1,520平方メートル、車イス用として2LDK2戸を含め、合計21戸分を建築するものであります。

 この工事を終えますと、昨年度の第1期と合わせてA棟36戸が完了することになります。

 7月22日に条件付一般競争入札を執行し、2億2,659万円をもって、田中・広谷特定共同企業体に落札いたしました。

 なお、入札の状況及び建築工事の概要につきましては、参考資料をご覧いただき、説明を省略させていただきます。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 7番、板垣議員。



◆7番議員(板垣恭彦) それでは、2〜3の点について、質問をいたします。

 この2期工事の入札は、結局、2度行われたわけでありますが、2度目では、その入札予定価格が、1度目より、71万4,000円ほど高くなっているのですが、この理由はどういうことだったのでしょうか。お伺いをいたします。

 それから、この市営住宅改築工事におきまして、設計において、ユニバーサルデザインの考え方は、盛り込まれていたのでしょうか。お伺いをいたします。

 また、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー新法が平成19年度から施行になっておりますが、このバリアフリー新法の考え方が生かされているのかどうか、お伺いをいたします。

 そして、第1期工事の結果を第2期工事にも生かすべきではなかったのかと思いますが、今後、この1期工事の結果、あるいは2期工事の結果をどう生かしていくのかについても、お伺いをいたします。



○議長(橋本博) 建設部長。



◎建設部長(二見孝二) まず、前回設計の予定価格と今回の予定価格の差についてでありますが、工事の設計にあたりましては、北海道の歩掛り、単価などを準用しており、工事起工決定日を積算基準日として積算しております。

 前回は、積算基準日が4月22日ということで、4月の単価を適用いたしましたが、今回は、6月24日を積算基準日として、6月単価を適用しており、前回との差額につきましては、主に鉄骨資材単価の改定によるもので、約70万円ほど多くなっているというものでございます。

 次に、バリアフリー新法での特定建築物に義務化された内容でありますが、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」、いわゆるバリアフリー新法では、出入口や廊下の幅、それからエレベーター、トイレなどの寸法の基準が義務づけされている病院や福祉施設などの特別特定建築物と学校や共同住宅などに努力義務とされている特定建築物がありますが、いずれも、これは2,000平方メートル以上の建築物が対象とされております。

 今回の工事につきましては、1,520平方メートルの共同住宅ということで、これらに該当はしませんが、お年寄りや車いすの方々には、使いやすい施設としているところであります。

 私からは、以上、2点、申し上げました。



○議長(橋本博) 建築課長。



◎建築課長(右城君彦) 先ほどのユニバーサルデザインの採用でございますけども、議員がおっしゃられますように、新法に基づいて、ユニバーサルデザインも工事委託に採用されておりますが、国の基準によりまして、今年度設計の部分から、ユニバーサルデザインの採用を取り入れるということになっておりまして、今回のA棟につきましては、去年の建築に基づいての増築ということで、設計そのものは2年前の一昨年、やられておりますので、直接、出入口の1.2メートルの確保とか、ユニバーサルデザインで義務づけられている数値の設計内容については、今回の増築分については、採用されておりません。このあとの設計分ということで、今後、A棟が終わりましてB棟以降の部分については、ユニバーサルデザインを取り入れた設計を取り入れることとなっております。

 それと、去年の部分の工事の部分での不都合といいますか、入居者にとって使いづらいということの点についてでございますが、3月25日に入居説明と鍵渡しをしまして、4月一杯の引っ越しの期間、5月の連休までに引っ越しをしていただきたいというふうに入居者にお願いしておりまして、4月中に私どものほうで個別の入居者の皆さんに会って、設備等の不自由な点については修正といいますか、改造等も加えて、一部、工事を足して行っております。その中では、流し台ですとか、洗面台、それから洗濯機の吸水口等、高さが高過ぎるだとか、おふろの床が車いす仕様については、使えないとかということがございましたが、それらについては、個々に対応して、要望のあった皆さん、すべて、市のほうで改造等を対応して、いま現在、入居していただいております。

 以上です。



○議長(橋本博) 7番、板垣議員。



◆7番議員(板垣恭彦) この後の建設文教常任委員会での審議に委ねたいと思いますので、あまり詳しくは突っ込みませんが、西の里団地の周辺は、ノーマライゼーションのまちづくりということで、まち全体が、このユニバーサルデザイン的なまちづくりが行われてしかるべきところだと思いますが、それが1期工事において、あるいは2期工事においても、されないというのは大変、残念でありますが、そのバリアフリー新法の考え方についてなのですが、今、ご答弁されましたように、共同住宅は特定建築物という規定になりますが、この共同住宅の中でも、高齢者、障がい者が多く利用しているというような建物については、特別特定建築物と考えるべきだと思うのですね。この特定建築物、いずれにおきましても、利用円滑化のために、先ほど答弁されましたように、廊下の幅などが規定されているわけですが、いずれにおいても、今後、例えば、目の不自由な人のための点字用ブロックの敷設など、目の不自由な人が利用しやすいエレベーターの設置、そして、身体障がい者専用の駐車場の設置などが求められているわけでありますね。しかしながら、少なくとも第1期工事においては、こういうような点字用ブロック敷設などなかったのが、大変、私としては残念だと思うのですが、これらについて、この2期工事においても、設置、敷設する予定はないのか、お伺いをいたします。

 それから、この1期工事の結果、いろいろ不都合な点もできてきたわけでありますが、それに加えまして、今はトイレなどは、シャワー型、ウォシュレットなどという商品名の、シャワー型のトイレというのが当たり前ではないかと思うのですよね。このような点の改善を今後どのように取り入れていくのかについても、再度、お伺いをいたします。



○議長(橋本博) 建築課長。



◎建築課長(右城君彦) 先ほどのバリアフリー法、新法の関係なんですけども、部長が説明しましたとおり、特定建築物と特別特定建築物と。集会所ですとか、福祉施設、それから病院、展示場とか、多目的利用に係る部分の動線、廊下等に係る部分については、必ず付けてくださいという設置義務基準。それから、学校ですとか、共同住宅、保育園、それから自動車教習所等につきまして、ある程度、使う方が特定といいますか、決まった方については、奨励といいますか、努力義務が書かれて、やわらかい基準になっているわけでございます。

 それで、議員がおっしゃられるように、点字ブロックにつきましては、駅のコンコースだとか、集会所のホワイエ、通路の部分について、あるととてもいいものですが、点字ブロックそのものにつきましては、お年を召された時に、足をこすって歩く時に、ちょっと足ずりが悪いですとか、車いすの場合につきましても、どちらかといえば、障害としてはないほうがよろしいわけです。ただ、いろいろな障がいを持った皆さんの利用を考えて、ある意味、不便になってもあったほうがいいでしょうという設備の部分で特別特定建築物ということで決まってございますので、今回の公営住宅につきましては、入居者の病気といいますか、症状等が決まっておりますので、目の不自由な方、耳の不自由な方が入居される場合につきましては、検討して整備していく必要があろうかと思いますが、今回の部分については、建て替え入居ということで、いま現在、住んでおられる方が、そのまま移るということで、そういった症状がないことがあって、特にそういった設備はしてございません。

 それと、トイレの部分についてなのですけども、おっしゃられるようにシャワー型のトイレですとか、人工肛門とかのオストメイトなどの設備の必要な方もいらっしゃるでしょうけれども、それらについては、こういった補助を受けておりますので、その補助基準で制約が係ることもあろうかと思いますが、今後、道とも協議しまして、検討させていただきたいと思っております。

 以上です。



○議長(橋本博) ほかにございませんか。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑を終了いたします。議案第1号、市営住宅西の里団地建替え工事(2期)の内建築主体工事の請負契約については、会議規則第37条第1項の規定により、建設文教常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4 議案第2号 下水処理センター電気設備工事の請負契約について





○議長(橋本博) 日程第4、議案第2号を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(下村英敏) 議案第2号、下水処理センター電気設備工事の請負契約につきまして、提案理由を申し上げます。

 このたびの工事は、流入下水量の増加に対応するための沈砂池ポンプ棟の電気設備と中央監視制御装置の更新であり、国の補助を受けて電気計装設備を整備するものであります。

 7月22日に条件付一般競争入札を執行し、入札額が低入札調査基準価格を下回ったため、調査を実施し、3億3,915万円をもって、北海道三菱電機販売株式会社に落札いたしました。

 なお、入札状況及び工事個所につきましては、参考資料をご覧いただき、説明を省略させていただきます。

 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(橋本博) 質疑を行います。

 (「質疑なし」と呼ぶものあり)



○議長(橋本博) 質疑なしと認めます。議案第2号、下水処理センター電気設備工事の請負契約については、会議規則第37条第1項の規定により、建設文教常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△散会宣言





○議長(橋本博) 以上をもちまして本日の日程をすべて終了いたしました。これにて散会いたします。ご苦労さまでした。

          散会 午前10時14分