議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 伊達市

平成21年  3月 定例会(第1回) 03月18日−05号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月18日−05号







平成21年  3月 定例会(第1回)





 平成21年第1回伊達市議会定例会議事日程(第5号)

                        平成21年3月18日(水)午前10時開議

日程第 1 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例(市長提出議案第6号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 2 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例(市長提出議案第7号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 3 職員の分限についての手続、効果等に関する条例の一部を改正する条例(市長提出議
      案第8号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 4 伊達市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例(市長提出議案第
      9号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 5 伊達市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例(市長提出議案第10号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 6 伊達市長等の給与に関する条例等の特例に関する条例の一部を改正する条例(市長提
      出議案第11号)
                               (総務企画常任委員長報告)
日程第 7 伊達市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例(市長提出議案第4号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第 8 伊達市生活館条例の一部を改正する条例(市長提出議案第13号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第 9 伊達市乳幼児等医療費の助成に関する条例及び伊達市重度心身障がい者及びひとり親
      家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例(市長提出議案第14号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第10 伊達市介護保険条例の一部を改正する条例(市長提出議案第15号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第11 伊達市立季節保育所条例を廃止する条例(市長提出議案第18号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第12 伊達市身体障害者福祉館条例を廃止する条例(市長提出議案第19号)
                               (文教厚生常任委員長報告)
日程第13 市道の路線の認定について(市長提出議案第3号)
                               (産業建設常任委員長報告)
日程第14 伊達漁港交流広場条例(市長提出議案第5号)
                               (産業建設常任委員長報告)
日程第15 伊達市火葬場条例の一部を改正する条例(市長提出議案第12号)
                               (産業建設常任委員長報告)
日程第16 伊達市水道事業給水条例の一部を改正する条例(市長提出議案第16号)
                               (産業建設常任委員長報告)
日程第17 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例(市長提出議案第17号)
                               (産業建設常任委員長報告)
日程第18 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第11号)
                                (市長提出議案第20号)
日程第19 平成20年度伊達市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
                                (市長提出議案第21号)
日程第20 平成20年度伊達市下水道特別会計補正予算(第4号)
                                (市長提出議案第22号)
日程第21 平成20年度伊達市介護保険特別会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第23号)
日程第22 平成20年度伊達市霊園特別会計補正予算(第2号)
                                (市長提出議案第24号)
日程第23 平成20年度伊達市簡易水道特別会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第25号)
日程第24 平成20年度伊達市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
                                (市長提出議案第26号)
日程第25 平成20年度伊達市水道事業会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第27号)
日程第26 平成21年度伊達市一般会計予算(市長提出議案第28号)
                           (一般会計予算審査特別委員長報告)
日程第27 平成21年度伊達市国民健康保険特別会計予算(市長提出議案第29号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第28 平成21年度伊達市老人保健特別会計予算(市長提出議案第30号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第29 平成21年度伊達市下水道特別会計予算(市長提出議案第31号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第30 平成21年度伊達市公共用地先行取得特別会計予算(市長提出議案第32号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第31 平成21年度伊達市介護保険特別会計予算(市長提出議案第33号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第32 平成21年度伊達市霊園特別会計予算(市長提出議案第34号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第33 平成21年度伊達市簡易水道特別会計予算(市長提出議案第35号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第34 平成21年度伊達市後期高齢者医療特別会計予算(市長提出議案第36号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第35 平成21年度伊達市水道事業会計予算(市長提出議案第37号)
                           (特別会計予算審査特別委員長報告)
日程第36 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第12号)
                                (市長提出議案第38号)
日程第37 伊達市議会会議規則の一部を改正する規則
                                (委員会提出議案第1号)
日程第38 議員の派遣について
                                   (議長発議第1号)
日程第39 今後の保育制度の検討に係る意見書
                               (議員提出意見書案第1号)
日程第40 障害者自立支援法の見直しを求める意見書
                               (議員提出意見書案第2号)
日程第41 「緑の社会」への構造改革を求める意見書
                               (議員提出意見書案第3号)
日程第42 北海道の自衛隊体制維持を求める意見書
                               (議員提出意見書案第4号)
日程第43 食料自給率の向上と地域農業の安全生産等に関する意見書
                               (議員提出意見書案第5号)
日程第44 雇用対策の充実・強化とセーフティーネットの拡充を求める意見書
                               (議員提出意見書案第6号)
日程第45 公的医療機関の安定経営と地域医療の確保を求める意見書
                               (議員提出意見書案第7号)
日程第46 常任委員会の調査報告について
           (総務企画常任委員長・文教厚生常任委員長・産業建設常任委員長報告)
日程第47 各常任委員会及び議会運営委員会からの閉会中継続調査の申し出について
                               (閉会中継続調査の申し出)



          開 議 (午前10時00分)



△開議の宣告



○議長(小泉勇一) ただいまから本日の会議を開きます。

 8番、木村議員、9番、寺島議員、11番、原見議員から欠席する旨の連絡がありましたので、出席議員数は19名であります。

                                          



△会議日程



○議長(小泉勇一) 本日の議事日程はお配りしたとおりであります。

                                          



△市長提出議案第3号〜市長提出議案第19号の報告、質疑、討論、採決



○議長(小泉勇一) それでは、日程第1、議案第6号 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例から日程第17、議案第17号 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例までの以上17案件を一括議題といたします。

 以上17案件については、各常任委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果について、各常任委員会の報告を求めます。

 最初に、総務企画常任委員会の報告を求めます。

 総務企画常任委員長、16番、嶋崎議員。

          〔総務企画常任委員長 嶋崎富勝登壇〕



◎総務企画常任委員長(嶋崎富勝) 総務企画常任委員会の報告をいたします。

 去る3月9日の本会議において、審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第6号 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例、議案第7号 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例、議案第8号 職員の分限についての手続、効果等に関する条例の一部を改正する条例、議案第9号 伊達市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、議案第10号 伊達市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例、議案第11号 伊達市長等の給与に関する条例等の特例に関する条例の一部を改正する条例の以上6案件であります。

 付託された案件を審査するため、去る3月10日に当委員会を開催し、審査を行ったところであります。

 まず、議案第6号は、統計法が全部改正され、あわせて統計報告調整法が廃止されたことに伴って条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第7号は、公平委員会が単独で設置されていた昭和27年に制定された条例で、当時委任規定を公平委員会規則にゆだねていたが、昭和42年に胆振支庁管内の町村で共同設置されたことから伊達町公平委員会設置条例等が廃止され、本条例の委任規定について必要な整理を行ったことにより、条例の一部を改正するものであります。

 審査の中では、「公平委員会規則で」を「別に」定めるとあるが、その理由は何かとの質疑がされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第8号は、議案第7号と同様に本条例の委任規定について必要な整理を行っていなかったことにより、条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第9号は、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律により、一般職の国家公務員の勤務時間が短縮されたことから、国に準じるために条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第10号は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部が改正されたことに伴い、条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第11号は、市の厳しい財政状況を踏まえ、財政再建へ導くための責任者としての決意と姿勢を示すため、平成11年10月から市長、副市長及び教育長の給料月額の減額が実施されておりますが、いまだ市の財政は厳しい状況が続いていることから、引き続き給料の減額を実施するために条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、付託されました6案件につきまして審査の経過及び結果について報告いたします。

 平成21年3月18日

 総務企画常任委員長 嶋崎富勝



○議長(小泉勇一) ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) ないものと認め、総務企画常任委員長報告に対する質疑を終わります。

 次に、文教厚生常任委員会の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長、15番、佐藤議員。

          〔文教厚生常任委員長 佐藤富貴子登壇〕



◎文教厚生常任委員長(佐藤富貴子) 文教厚生常任委員会の報告をいたします。

 去る3月9日の本会議において、審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第4号 伊達市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例、議案第13号 伊達市生活館条例の一部を改正する条例、議案第14号 伊達市乳幼児等医療費の助成に関する条例及び伊達市重度心身障がい者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例、議案第15号 伊達市介護保険条例の一部を改正する条例、議案第18号 伊達市立季節保育所条例を廃止する条例、議案第19号 伊達市身体障害者福祉館条例を廃止する条例の以上6案件であります。

 付託された案件を審査するため、去る3月11日に当委員会を開催し、審査を行ったところであります。

 まず、議案第4号は、平成21年度に介護従事者の処遇改善を図るために介護報酬が改定されることに伴い、第1号被保険者の介護保険料の上昇を抑制することを目的として本条例を制定するものであります。

 審査の中では、介護従事者の処遇改善について市としては労働実態や雇用実態、職員の処遇改善など基金についてだけではなくこれを見守る体制をとるべきではないか、国から交付される特例交付金のほかに基金に付加した予算を組む考えはあるのかなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第13号は、黄金生活館及び稀府生活館の用途廃止に伴い本条例の一部を改正するものであります。

 審査の中では、廃止後の施設の利用についてなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第14号は、児童福祉法の改正により新たに小規模住居型児童養育事業が創設され、養育者の住居で養育する乳幼児等を医療費助成の対象者から除く必要があることから条例を改正するものであります。

 審査の中では、改正の背景についてどうとらえているかなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第15号は、介護保険法施行令等が改正され、第4期の伊達市介護保険事業計画の策定に伴い、平成21年度から平成23年度までの3年間の新たな保険料を定めるための条例の改正であります。

 審査の中では、改正に伴い保険料が軽減される対象者数についてなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第18号は、現在4カ所ある季節保育所において今後についても入所児童が見込めないことから、その廃止について協議を行い、地元自治会等の了承が得られたことから本条例を廃止するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第19号は、身体障がい者の方々の活動拠点であった身体障害者福祉館ですが、現在は社会福祉協議会のふれあい福祉センターに障がい者関係の活動拠点が移っており、また継続し、施設を利用してきた障がい者関係の事業においても本年度で事業が北海道社会福祉事業団に移譲され、身体障害者福祉館での事業が終了したことに伴い、本施設の用途を廃止し、本条例を廃止するものであります。

 審査の中では、身体障害者福祉館を市の重要な公の施設と位置づけた経緯から考えて廃止することに当たりどのように考えるかなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 以上、付託されました6案件は、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定されましたので、審査の経過及び結果について報告いたします。

 平成21年3月18日

 文教厚生常任委員長 佐藤富貴子



○議長(小泉勇一) ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) ないものと認め、文教厚生常任委員長報告に対する質疑を終わります。

 次に、産業建設常任委員会の報告を求めます。

 産業建設常任委員長、19番、大宮議員。

          〔産業建設常任委員長 大宮不二雄登壇〕



◎産業建設常任委員長(大宮不二雄) 産業建設常任委員会の報告をいたします。

 去る3月9日の本会議において、審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第3号 市道の路線の認定について、議案第5号 伊達漁港交流広場条例、議案第12号 伊達市火葬場条例の一部を改正する条例、議案第16号 伊達市水道事業給水条例の一部を改正する条例、議案第17号 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例の以上5案件であります。

 付託された案件を審査するため、去る3月10日に当委員会を開催し、審査を行ったところであります。

 まず、議案第3号は、開発行為により新設された道路が市に帰属されたことから、市道の路線の認定について道路法の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

 審査の中では、開発行為によって市に帰属される道路は袋地が多く、それを解消するため車回しで対応しているところが多いと思うが、このことについて市民から苦情はなかったのかなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第5号は、平成18年度から伊達漁港内で整備が進められてきた交流広場が本年3月に完成し、5月から供用開始となることから、設置及び管理に関する条例の制定について地方自治法の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第12号は、火葬場の利用状況を勘案し、市外からの利用について使用料の見直しを行い、応分の負担を求めるために条例の一部を改正するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第16号は、水道事業会計が今後の長期的財政見込みからも良好な運営状況となっていることから、水道料金の見直しについて伊達市上下水道事業経営審議会へ諮問し、その答申を受け、料金の値下げを行うために条例の一部を改正するものであります。

 審査の中では、大滝区の簡易水道料金と改定後の水道料金の差はどのくらいになるのか、料金改定の値下げ幅を5%にした根拠と給水料金に及ぼす影響並びに今後の剰余金の推移について、今回の料金改定により全道でどのくらいに位置する水道料金となるのかなどの質疑がなされ、審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 次に、議案第17号は、本年2月で農業振興基金の残高がなくなったことから条例を廃止するものであります。

 審査の結果、本案件は妥当なものと認められました。

 以上、付託されました5案件は、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、審査の経過及び結果について報告いたします。

 平成21年3月18日

 産業建設常任委員長 大宮不二雄



○議長(小泉勇一) ただいまの委員長報告に対して質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) ないものと認め、産業建設常任委員長報告に対する質疑を終わります。

 以上で各常任委員会の報告と報告に対する質疑は終わりました。

 これより討論に入ります。

 日程第1、議案第6号から日程第17、議案第17号までの以上17案件については、討論の通告がありませんので、討論を終わります。

 それでは、日程第1、議案第6号 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第6号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第6号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第2、議案第7号 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第7号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第7号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第3、議案第8号 職員の分限についての手続、効果等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第8号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第8号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4、議案第9号 伊達市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第9号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第9号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5、議案第10号 伊達市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第10号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第10号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第6、議案第11号 伊達市長等の給与に関する条例等の特例に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第11号については、総務企画常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第11号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第7、議案第4号 伊達市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第4号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第4号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8、議案第13号 伊達市生活館条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第13号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第13号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第9、議案第14号 伊達市乳幼児等医療費の助成に関する条例及び伊達市重度心身障がい者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第14号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第14号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10、議案第15号 伊達市介護保険条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第15号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第15号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第11、議案第18号 伊達市立季節保育所条例を廃止する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第18号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第18号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第12、議案第19号 伊達市身体障害者福祉館条例を廃止する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第19号については、文教厚生常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第19号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第13、議案第3号 市道の路線の認定についてを採決いたします。

 お諮りいたします。議案第3号については、産業建設常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第3号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第14、議案第5号 伊達漁港交流広場条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第5号については、産業建設常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第5号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第15、議案第12号 伊達市火葬場条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第12号については、産業建設常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第12号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第16、議案第16号 伊達市水道事業給水条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第16号については、産業建設常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第16号については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第17、議案第17号 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第17号については、産業建設常任委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第17号については原案のとおり可決されました。

                                          



△市長提出議案第20号〜市長提出議案第27号の討論、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第18、議案第20号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第11号)から日程第25、議案第27号 平成20年度伊達市水道事業会計補正予算(第3号)までの以上8案件を一括議題といたします。

 本日審議することになっておりました議案第20号から議案第27号までの以上8案件については、3月9日の本会議において質疑は既に終わっておりますので、これより討論に入ります。

 議案第20号から議案第27号までの以上8案件については、討論の通告がありませんので、討論を終わります。

 それでは、日程第18、議案第20号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第11号)から日程第25、議案第27号 平成20年度伊達市水道事業会計補正予算(第3号)までの以上8案件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。議案第20号から議案第27号までの以上8案件については、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第20号から議案第27号までの以上8案件については原案のとおり可決されました。

                                          



△市長提出議案第28号〜市長提出議案第37号の報告、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第26、議案第28号 平成21年度伊達市一般会計予算から日程第35、議案第37号 平成21年度伊達市水道事業会計予算までの以上10案件を一括議題といたします。

 以上10案件については、各特別委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果について、各特別委員会の報告を求めます。

 最初に、一般会計予算審査特別委員会の報告を求めます。

 一般会計予算審査特別委員長、20番、吉村議員。

          〔一般会計予算審査特別委員長 吉村俊幸登壇〕



◎一般会計予算審査特別委員長(吉村俊幸) 一般会計予算審査特別委員会の報告をいたします。

 去る3月9日の本会議において、審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第28号 平成21年度伊達市一般会計予算であります。

 付託されました案件を審査するため、去る3月12日及び13日に当委員会を開催し、審査を行ったところであります。

 付託されました案件は、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、審査の経過及び結果について報告いたします。



○議長(小泉勇一) 次に、特別会計予算審査特別委員会の報告を求めます。

 特別会計予算審査特別委員長、14番、篠原議員。

          〔特別会計予算審査特別委員長 篠原一寿登壇〕



◎特別会計予算審査特別委員長(篠原一寿) 特別会計予算審査特別委員会の報告をいたします。

 去る3月9日の本会議において、審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第29号 平成21年度伊達市国民健康保険特別会計予算、議案第30号 平成21年度伊達市老人保健特別会計予算、議案第31号 平成21年度伊達市下水道特別会計予算、議案第32号 平成21年度伊達市公共用地先行取得特別会計予算、議案第33号 平成21年度伊達市介護保険特別会計予算、議案第34号 平成21年度伊達市霊園特別会計予算、議案第35号 平成21年度伊達市簡易水道特別会計予算、議案第36号 平成21年度伊達市後期高齢者医療特別会計予算、議案第37号 平成21年度伊達市水道事業会計予算の以上9案件であります。

 付託された案件を審査するため、去る3月16日に当委員会を開催し、審査を行ったところであります。

 以上、付託されました9案件は、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定しましたので、審査の経過及び結果について報告いたします。

 平成21年3月18日

 特別会計予算審査特別委員長 篠原一寿



○議長(小泉勇一) 以上で一般会計及び特別会計予算審査特別委員長の報告は終わりました。

 ただいまの委員長報告については、全議員で構成する特別委員会で審査いたしましたので、質疑及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、委員長報告に対する質疑及び討論については省略することに決定いたしました。

 それでは、日程第26、議案第28号 平成21年度伊達市一般会計予算から日程第35、議案第37号 平成21年度伊達市水道事業会計予算までの以上10案件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。議案第28号から議案第37号までの以上10案件については、一般会計予算審査特別委員長及び特別会計予算審査特別委員長報告のとおり、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第28号から議案第37号までの以上10案件については原案のとおり可決されました。

                                          



△市長提出議案第38号の上程、説明、質疑、討論、採決  



○議長(小泉勇一) 次に、日程第36、議案第38号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第12号)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 大坪副市長。

          〔副市長 大坪鐵雄登壇〕



◎副市長(大坪鐵雄) 提案理由の説明を申し上げます。

 議案第38号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第12号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ345万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ178億5,121万2,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。

 補正の内容につきましては、議案説明資料に記載してございますが、景気対策イベント事業事務費補助金及び演劇公演事業補助金でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議をお願いします。



○議長(小泉勇一) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 これより議案の質疑に入ります。

 それでは、議案第38号の質疑を願います。

 3番、小久保議員。



◆3番(小久保重孝) 追加の補正ということで、国の定額給付金にあわせた形で先日来ご説明もあった件でございますが、今回提案されるに当たって商工会議所のほうでの説明会なども開かれたようですが、参加の企業というのはどのぐらいになったのかお答えください。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 昨日現在で202事業所、店舗数にしますと221店舗ということになっております。



○議長(小泉勇一) 小久保議員。



◆3番(小久保重孝) その中にはいわゆる大きな大店舗も含まれているということでしょうか。その辺はおわかりになりますでしょうか。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 大型店と言われております店舗につきましては、今のところポスフール伊達店のみでございます。



○議長(小泉勇一) 小久保議員。



◆3番(小久保重孝) 内容はわかりましたが、周知が一番大事だということで、参加企業が200社に上ったということはかなり多い数字だとは思いますが、私のところにきた声としては、抽せんということでございますから、いわゆるプレミアム商品券を行う自治体とは違うのですねと、要するに参加はできるけれども、それが当たるかどうかわからないということにどちらかというと冷めた見方をされる方もおられて、その方は市内よりも市外で買い物をするかなというふうにおっしゃる方もおられました。これは考え方でございますが、この政策をしっかりと成功させるためにはやっぱりより多くの市民に周知して、その周知をもって多くの方に参加をしていただいて、さらには商店街の振興や経済の振興に資するということでしょうから、その辺についてが一番大事でありますから、その辺についてのお考えを聞いて終わりにしたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(小泉勇一) 市長。



◎市長(菊谷秀吉) 地域振興券か、こういった仕組みかということで会議所も随分悩んだようでございますが、実は前の有珠山噴火の際に地域振興券みたいな方法でやったことがございまして、その際にいろんな問題点がございました。その問題点をクリアできるという今回保証がないものですから、やっぱり1回あったことはあり得ると。しかし、法的には問題ないということがありましたので、市のほうとしても会議所の案でやむを得ないと。今ご指摘のようにできるだけ多くの方にその趣旨を理解していただきまして参加していただきたいと、こういうことで市のほうとしても周知に努めていきたいなと、このように考えております。



○議長(小泉勇一) 18番、堀議員。



◆18番(堀博志) 今聞きましたら、この事業にポスフールだけということを聞いて意外性を持ったのですが、これの参加店に対するハードルといいますか、条件か何かあったのでしょうか。それから、常識的に考えれば大型店は地元の消費者に対するサービスということを考えた場合もろ手を挙げて参加してくるのかなと思ったのですが、なぜポスフールだけになってしまったのかなという素朴な疑問です。これに対して商工会議所はどのように分析されているのか。

 それから、2番目の演劇公演事業ですけれども、これ補正で出ていますが、中身です。恐らく補正ですから年中行事には入っていなかった公演だと思うのですが、どういった公演内容なのかお聞かせください。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 大型店につきましては、社内手続等いろいろございますので、一応3月10日で締め切っておりますが、間に合わない場合につきましては4月30日まで受け付けを継続するとしておりますので、今後参加されるところが出てくるのではなかろうかと期待しております。

 以上です。



○議長(小泉勇一) 教育部長。



◎教育部長(三浦倉) 演劇公演事業補助金240万円の件でございます。これにつきましては、事業は既に6月7日に終わっております。演劇で、「そのまま!」という地方競馬を題材にしたものでございますけれども、これは議案説明資料にも記載のとおり財団法人の地域創造というところからのいわゆる助成金を受けてやっている事業でございますけれども、たまたま平成20年度でその助成金の要綱が変わりまして、19年度は事業実施のメセナが直接受け入れることができたと。20年度は、市をくぐして、市を経由してでなければメセナに助成ができないということになりまして、担当を初めちょっと内部的に事務処理を誤っておりまして、2月の末になりましてメセナの口座には入れられませんよと、市の口座を経由していなければだめだということがわかりまして、急遽お願いすることになったわけでございます。

 経過を申しますと、18年度は市長名で申請してメセナの口座に受け入れることができたと。19年度は、メセナで申請してメセナの口座に入れることができたと。そんな経過を担当の者がわかっておりましたので、20年度もメセナの名前で申請して、メセナに入れるのでないかということでやっておりましたけれども、今お話ししましたように要綱の改正がありまして、市長名で申請して市を経由するということ、毎年のように変わりましてちょっと担当のほうもうっかりミスといいますか、注意が足りなかったなと。さらには、その上司であります私を初めチェック体制が不十分でまことに申しわけないなと思っております。

 以上でございます。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 申しわけありません。先ほどのハードルが高いか低いかのご質問なのですが、今回各参加店の発券額によりまして、発券額1億円までにつきましては負担金が0.2%、1億を超え5億円までの分につきましては0.1%、5億円を超え10億円までの分につきましては0.05%、10億円を超えた部分につきましては0.01%と相当負担金の率を低く設定しておりますので、ハードルはそれほど高いものとは思っておりません。



○議長(小泉勇一) 堀議員。



◆18番(堀博志) 演劇公演事業のほうはわかりました。そういった事情があったのですね。それは理解しました。

 それから、イベントのほう、これはやはり定額給付にあわせてということで、地元の消費を喚起しようということですよね。会議所さんも積極的にアイデアを出していただいて、行政も積極的に後押しするという。消費者のことを考えた場合には、大型店がやっぱり打って出てくれるのが一番ありがたいですよね。地域振興というような観点でとらえると地元商店街ということになるのでしょうけれども、でも今回の場合はやはり消費者視点でイベントが成功していただきたいものだなと思うのです。そういった中で、農協さんもまだ返事していないようですし、ダイエーも、それこそ生協さんもあるわけです。そういう大型店の伸びがいまいち出おくれているというのは、ちょっと努力が足りないのかなという。4月末まで期限があるというふうに聞きましたから、ある程度安心はできますけれども、ぜひとも商工会議所も趣旨を説明の上、大型店には積極的に参加していただくという方向性で活動していただきたいと思います。部長のほうの答弁もお願いします。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 先ほど申し上げました大型店というのは、市外大型店という部分で申し上げましたので、それで農協さんは参加されています。さらに、市内のケーズデンキさんも参加されておりますので、今ご指摘のありましたように消費者拡大にはその大型店の加入というのは不可欠でありますので、さらに加入していただけるように会議所とともに活動してまいりたいと思っております。



○議長(小泉勇一) 13番、滝谷議員。



◆13番(滝谷昇) 景気対策イベント関係であります。もちろん定額給付金をきっかけとして地域振興策の一環で行政が支援をすると、この動きについては前から発言しておりますように私も行政がそういう積極的な動きするということについては大賛成でありますし、評価もしているところであります。

 それで、問題は、問題はというのは非公式、いわゆる全員協議会とか、あるいはマスコミとかで内容等については報道もされていますから、ある程度理解しているつもりでありますけれども、ただあくまでもそれは非公式の場ですから、多少会議録に残したいという意味合いもあって、そういう意味では確認もしたいという意味もあって発言をしますけれども、要は端的に言ってこういう事業というのはそういう時代背景があって、緊急的にというか、そういう意味合いもあって事業実施するわけですけれども、やっぱり根っこの部分では費用対効果というものも当然求められます。ただ、そうはいいながら効果の部分をどういう精度で見通すかということについては非常に難しさはあるということを私も承知していますけれども、1つはそういう意味で、今回は定額給付金の給付額が総額で5億8,000万ぐらいでしたね。それを地域循環ということが決定して、要は地域にどれだけ金落としてもらえるかということが地域振興のねらい、振興策のねらいでもありますから、そういう視点でもって今こういうイベントやると。そして、全体事業費が1,850万ぐらいになっていまして、今年度は100万ちょっとという金額で、その中で事業費は1,400万と記載もされていますから、全体事業として要するに事業が8月31日までとしての市の補助額が1つは確認したいのは1,400万という理解でいいのか。それから、こういういわゆる補助をして、さっき言ったのは大きな意味でのどれだけ、イベントの内容というのは正直実施される方についてはいわゆるプロですから、役所は金出してくれれば余り中身入らないでくれればいいなというのが素朴な感じでもちろん思われていると思いますので、私はまして素人ですから余り中身に触れたくありませんが、ただいずれにしてもさっき申し上げたように行政としての費用対効果というのは当然見通しつけておかなければなりませんから、そういう意味でトータル的に1,400万の補助で、例えば売上額でどのぐらいふえるとか何かそういう感じのものがある程度見通しつけていなければならぬと思うのですが、そういう関係の部分での現時点での把握し、あるいは見通しされているものについてご答弁ください。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 全体事業費につきましては、説明資料に書いてありますように事業費、これは綾小路きみまろショーも含めます、あと地場産品含めます景品等で1,400万、さらに事務費で450万6,000円で、伊達市が支出するお金につきましてはトータルで1,850万5,000円でございます。

 それと、費用対効果、どのぐらいの消費拡大につながるのかというご質問でございますが、現時点の参加店の部分でいきますと大型店で約10億円程度、その他で5億円程度、トータル現時点では15億円程度の消費が見込めるという判断でおります。



○議長(小泉勇一) 滝谷議員。



◆13番(滝谷昇) それで、端的に言ってこういう景気対策イベント事業を実施することによってその差、しないときとしたときの差、どのぐらいが考えられるか。難しいのでしょうけれども、アバウトな感じでそのご見解を述べてください。



○議長(小泉勇一) 経済環境部長。



◎経済環境部長(大内壽幸) 今回やりますのは消費を冷え込ませないということで、前もご説明しましたように景品につきましても地場の産品を景品にするわけですから、そこでもまた消費につながると。地元で買われて、景品としてまた地元のものが売れるわけですから、そういう部分でも景気拡大につながっていくという判断でおります。



○議長(小泉勇一) ほかにありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) ないものと認め、質疑を終わります。

 お諮りいたします。議案第38号については、会議規則第37条第3項の規定に基づき、委員会への付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第38号については、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 議案第38号については、討論の通告がありませんので、討論を終わります。

 それでは、日程第36、議案第38号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第12号)を採決いたします。

 お諮りいたします。議案第38号については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、議案第38号については、原案のとおり可決されました。

                                          



△委員会提出議案第1号の上程、説明、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第37、委員会提出議案第1号 伊達市議会会議規則の一部を改正する規則を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 議会運営委員会副委員長、3番、小久保議員。

          〔議会運営副委員長 小久保重孝登壇〕



◎議会運営副委員長(小久保重孝) 委員会提出議案第1号 伊達市議会会議規則の一部を改正する規則について提案理由の説明を申し上げます。

 今回の規則の一部改正は、地方自治法の一部改正に伴い、議案の審査、または議会運営に関し協議、または調整を行うための場について定めるとともに、規定を整備するため改正しようとするものであります。

 以上で委員会提出議案第1号の提案理由の説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(小泉勇一) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。委員会提出議案第1号については、質疑、委員会への付託、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。

 それでは、日程第37、委員会提出議案第1号 伊達市議会会議規則の一部を改正する規則を採決いたします。

 お諮りいたします。委員会提出議案第1号については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、委員会提出議案第1号については原案のとおり可決されました。

                                          



△議長発議第1号の上程、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第38、議員の派遣についてを議題といたします。

 本案件については、会議規則第140条の規定に基づき議員の派遣を行うものであります。

 お諮りいたします。平成21年度において議会活動上必要があると認められるときは、議員の派遣を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、平成21年度において議会活動上必要があると認められるときは、議員の派遣を行うことに決定いたしました。

 お諮りいたします。議員の氏名並びに実際の細目等については、議長に一任願いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。

                                          



△議員提出意見書案第1号〜議員提出意見書案第7号の上程、説明、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第39、意見書案第1号から日程第45、意見書案第7号までの以上7案件を一括議題といたします。

 それでは、意見書案第1号から意見書案第7号までの以上7案件について、一括して提案理由の説明を求めます。

 3番、小久保議員。

          〔3番 小久保重孝登壇〕



◎3番(小久保重孝) 意見書案第1号から意見書案第7号までの以上7案件につきまして、提出者を代表し、ご説明を申し上げます。

 初めに、意見書案第1号は、今後の保育制度の検討に係る意見書であります。

 提出先は、厚生労働大臣であります。

 次に、意見書案第2号は、障害者自立支援法の見直しを求める意見書であります。

 提出先は、厚生労働大臣であります。

 次に、意見書案第3号は、「緑の社会」への構造改革を求める意見書であります。

 提出先は、内閣総理大臣、環境大臣であります。

 次に、意見書案第4号は、北海道の自衛隊体制維持を求める意見書であります。

 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、防衛大臣であります。

 次に、意見書案第5号は、食料自給率の向上と地域農業の安全生産等に関する意見書であります。

 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、外務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣であります。

 次に、意見書案第6号は、雇用対策の充実・強化とセーフティーネットの拡充を求める意見書であります。

 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣、総務大臣、経済産業大臣であります。

 次に、意見書案第7号は、公的医療機関の安定経営と地域医療の確保を求める意見書であります。

 提出先は、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣、総務大臣であります。

 各意見書の内容につきましては、お手元に配付されているとおりでありますので、説明は省略させていただきます。

 以上のとおりでありますので、よろしくご審議のほどお願いを申し上げまして説明を終わります。



○議長(小泉勇一) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。意見書案第1号から意見書案第7号までの以上7案件については、質疑、委員会への付託、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。

 それでは、日程第39、意見書案第1号から日程第45、意見書案第7号までの以上7案件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。意見書案第1号から意見書案第7号までの以上7案件については、原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、意見書案第1号から意見書案第7号までの以上7案件については原案のとおり可決されました。

 なお、これらの意見書については伊達市議会の機関意思として関係機関に送付することといたします。

                                          



△常任委員会の調査報告について



○議長(小泉勇一) 次に、日程第46、常任委員会の調査報告についてを議題といたします。

 最初に、総務企画常任委員会の報告を求めます。

 総務企画常任委員長、16番、嶋崎議員。

          〔総務企画常任委員長 嶋崎富勝登壇〕



◎総務企画常任委員長(嶋崎富勝) 総務企画常任委員会の所管事務調査の報告をいたします。

 平成20年第1回伊達市議会定例会において、閉会中の継続調査として決定となった事項につき、所管事務として調査した概要については次のとおりであります。

 当委員会は、今定例会会期中の去る3月16日に地域ブランド構築事業の取り組みについて、入札制度見直しについての以上2件について調査を行いました。

 まず、1点目の地域ブランド構築事業の取り組みについては、本市の基幹産業である1次産業の豊かな農水産物を活用して、食をキーワードに地域経済の活性化等を図る本事業の取り組み状況と今後の進め方について担当部局から説明を受け、調査を行いました。

 次に、2点目の入札制度見直しについては、公共事業の発注のより一層の透明性の確保及び不正行為排除の徹底等が強く求められていることから、本年度4月から実施している制限つき一般競争入札の実施状況等入札制度の見直しの概要と課題について担当部局から説明を受け、調査を行いました。

 以上、当委員会が行った所管事務調査の報告といたします。

 平成21年3月18日

 総務企画常任委員長 嶋崎富勝



○議長(小泉勇一) 次に、文教厚生常任委員会の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長、15番、佐藤議員。

          〔文教厚生常任委員長 佐藤富貴子登壇〕



◎文教厚生常任委員長(佐藤富貴子) 文教厚生常任委員会の所管事務調査の報告をいたします。

 平成20年第1回伊達市議会定例会において、閉会中の継続調査として決定となった事項につき、所管事務として調査をした概要については次のとおりであります。

 当委員会は、今定例会会期中の3月11日に後期高齢者医療制度の状況について、健康づくり伊達21の進捗状況について、総合型地域スポーツクラブの推進についての以上3件について調査を行いました。

 まず、1点目の後期高齢者医療制度の状況については、後期高齢者医療制度の仕組み、被保険者数の推移、保険料の収納状況及び医療費の支出状況についての説明を求め、調査を行ったところであります。

 次に、2点目の健康づくり伊達21の進捗状況については、当市の実情、特性に応じて取り組んでいる健康増進計画についてこれまでに実施してきた事業の内容と実績、課題等について説明を求め、調査を行ったところであります。

 次に、3点目の総合型地域スポーツクラブの推進については、国で策定したスポーツ振興基本計画において総合型地域スポーツクラブの育成は重点施策に位置づけられていることから、当市における総合型地域スポーツクラブの設立に向けての現状について説明を求め、調査を行ったところであります。

 以上、当委員会が行った所管事務調査の報告といたします。

 平成21年3月18日

 文教厚生常任委員長 佐藤富貴子



○議長(小泉勇一) 次に、産業建設常任委員会の報告を求めます。

 産業建設常任委員長、19番、大宮議員。

          〔産業建設常任委員長 大宮不二雄登壇〕



◎産業建設常任委員長(大宮不二雄) 産業建設常任委員会の所管事務調査の報告をいたします。

 平成20年第1回伊達市議会定例会において、閉会中の継続調査として決定となった事項につき、所管事務として調査した概要については次のとおりであります。

 当委員会は、今定例会会期中の3月10日に公営住宅の入居基準及び家賃についての調査を行いました。

 公営住宅に入居できる者の収入基準や家賃の算定方法については、国の法令により定められているが、近年高齢化の進展や低所得世帯の増加などにより公営住宅の応募倍率が全国的に上昇し、入居希望者が入所しづらい状況となっていることから、当市の現状や対応について説明を求め、調査を行ったところであります。

 以上、当委員会が行った所管事務調査の報告といたします。

 平成21年3月18日

 産業建設常任委員長 大宮不二雄



○議長(小泉勇一) 以上で各常任委員会の調査報告は終わりました。

                                          



△各常任委員会及び議会運営委員会からの閉会中継続調査の申し出について



○議長(小泉勇一) 次に、日程第47、各常任委員会及び議会運営委員会からの閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

 本件については、配付してありますように、各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中の継続調査特定事件について、会議規則第101条の規定により閉会中継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。各常任委員会及び議会運営委員会からの申し出のとおりといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。

                                          



△閉会の宣告



○議長(小泉勇一) 以上で本日の日程はすべて終わりました。

 これで本定例会の議事はすべて終了いたしました。

 これをもちまして平成21年第1回定例会を閉会いたします。

 長期間にわたり大変ご苦労さまでした。

          閉 会 (午前11時06分)