議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 登別市

平成 7年  第3回定例会 09月21日−05号




平成 7年  第3回定例会 − 09月21日−05号







平成 7年  第3回定例会




      平成7年第3回登別市議会定例会

議 事 日 程 (第5号)

                       平成7年9月21日(木曜日)午後1時開議
日程第 1 報告第20号 総務委員会結果報告
日程第 2 報告第21号 民生文教委員会結果報告
日程第 3 報告第22号 建設委員会結果報告
日程第 4 報告第23号 観光経済委員会結果報告
日程第 5 報告第24号 補正予算審査特別委員会結果報告
日程第 6 議案第45号 登別市固定資産評価審査委員会委員の選任について
日程第 7 議案第46号 登別市教育委員会委員の任命について
日程第 8 意見書案第4号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める意見
              書(案)
日程第 9 決議案第1号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める決議
              (案)
日程第10 報告第19号 例月出納検査の結果に関する報告について


   ───────────────  



△開議の宣告



○議長(小坂義昭君) ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

          (午後 1時00分)

   ────────────────  



△議事日程の報告



○議長(小坂義昭君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

   ───────────────  



△報告第20号の上程、報告、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) それでは、日程第1、報告第20号 総務委員会結果報告を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 岸議員。



◎総務委員会委員長(岸正治君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました総務委員会の結果につきまして、ご報告をいたします。

 今期定例会において、本委員会に付託を受けました案件は、議案第37号、議案第38号、議案第43号、議案第44号及び議案第47号の5件であります。

 本委員会は、9月18日に開催し、慎重な審査を行いましたので、その審査の経過と質疑及び結果について簡潔に申し上げます。

 議案第37号 登別市賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正について、議案第38号 登別市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害等に関する条例の一部改正について、議案第43号 工事請負契約についての以上3件については、特に質疑なく全会一致をもって原案可決したものであります。

 次に、議案第44号 土地の処分については、一つ、道道に沿った幼児公園の交通安全について、一つ、現入居者の移転状況と再入居希望者の実態についてとの質疑に対し、それぞれ答弁がありました。かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 最後に、議案第47号 土地の取得については、一つ、新規火葬場完了までのタイムスケジュールの設定についてとの質疑に対し、答弁がありました。かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 以上、本委員会に付託を受けました案件につきまして、その審査の経過と結果を申し上げまして、総務委員会の報告といたします。



○議長(小坂義昭君) ただいま委員長の報告がありましたが、最初に議案第37号 登別市賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第37号 登別市賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部改正については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第38号 登別市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第38号 登別市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第43号 工事請負契約について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第43号 工事請負契約については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第44号 土地の処分について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第44号 土地の処分については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第47号 土地の取得について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第47号 土地の取得については、委員長の報告どおり原案可決されました。





△報告第21号の上程、報告、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第2、報告第21号 民生文教委員会結果報告を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 工藤議員。



◎民生文教委員会委員長(工藤光秀君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました民生文教委員会の結果につきまして、ご報告申し上げます。

 今期定例会におきまして、本委員会に付託を受けました案件は、議案第39号の1件であります。

 本委員会は、9月18日開催し、慎重な審査を行いましたので、その審査の経過と結果につきまして簡潔にご報告申し上げます。

 議案第39号 登別市老人医療費助成条例等の一部改正についての主な質疑といたしまして、一つ、改正による医療費の支出推定額について、一つ、対象人員についてなどの質疑に対し、それぞれ答弁がありました。かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 以上、本委員会へ付託を受けました案件について、その審査の経過と結果を申し上げまして、民生文教委員会の報告といたします。



○議長(小坂義昭君) ただいま委員長の報告がありましたが、議案第39号 登別市老人医療費助成条例等の一部改正について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第39号 登別市老人医療費助成条例等の一部改正については、委員長の報告どおり原案可決されました。

   ───────────────  



△報告第22号の上程、報告、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第3、報告第22号 建設委員会結果報告を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 西村議員。



◎建設委員会委員長(西村孝夫君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました建設委員会の結果につきまして、ご報告申し上げます。

 今期定例会において、本委員会に付託を受けました案件は、議案第40号から議案第42号までの以上議案3件であります。

 本委員会は、9月18日開催し、現地視察を実施の上、慎重に審査を行いました。その審査経過と結果について簡潔に申し上げます。

 最初に、議案第40号 市道路線の認定については、一つ、片倉21号線の行きどまり箇所の解消に対する検討について、一つ、認定基準と開発行為に伴う附帯設備の関係について、一つ、認定基準の考え方についてなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。

かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 次に、議案第41号 市道路線の変更については、一つ、道路、陸橋の拡幅についてとの質疑があり、答弁がありました。かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 最後に、議案第42号 市道路線の廃止については、特に質疑なく、全会一致をもって原案可決したものであります。

 以上、本委員会へ付託を受けました案件の審査経過と結果を申し上げ、建設委員会の報告といたします。



○議長(小坂義昭君) ただいま委員長の報告がありましたが、最初に、議案第40号 市道路線の認定について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第40号 市道路線の認定については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第41号 市道路線の変更について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第41号 市道路線の変更については、委員長の報告どおり原案可決されました。

 次に、議案第42号 市道路線の廃止について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第42号 市道路線の廃止については、委員長の報告どおり原案可決されました。





△報告第23号の上程、報告、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第4、報告第23号 観光経済委員会結果報告を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 松山議員。



◎観光経済委員会委員長(松山哲男君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました観光経済委員会の結果について、ご報告申し上げます。

 今期定例会におきまして、本委員会に付託を受けました案件は、議案第36号の1件であります。

 本委員会は、9月18日開催し、審査を行いましたので、その審査の経過と結果について簡潔にご報告申し上げます。

 議案第36号 登別市簡易水道事業条例の制定についての主な質疑としまして、一つ、給水人口について、一つ、指定業者について、一つ、使用料の収入見込みと改正前との料金体系の違いについて、一つ、今後の使用目的について、一つ、今後の料金体系についてなどの質疑に対し、それぞれ答弁がありました。

かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決した次第であります。

 以上、本委員会へ付託を受けました案件につきまして、その審査経過と結果を申し上げまして、観光経済委員会の報告といたします。



○議長(小坂義昭君) ただいま委員長の報告がありましたが、議案第36号 登別市簡易水道事業条例の制定について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第36号 登別市簡易水道事業条例の制定については、委員長の報告どおり原案可決されました。

   ───────────────  



△報告第24号の上程、報告、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第5、報告第24号 補正予算審査特別委員会結果報告を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 上田議員。



◎補正予算審査特別委員長(上田健三君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました補正予算審査特別委員会の審査結果につきまして、ご報告申し上げます。

 今期定例会におきまして、本特別委員会に付託を受けました案件は、議案第35号 平成7年度登別市一般会計補正予算(第2号)についての1件であります。

 本委員会は、9月11日の本会議において設置され、9月19日開催し、審査を行いましたので、その経過と結果につきまして簡潔に申し上げます。

 総務費においては、一つ、市税還付金の還付件数と業種及び原因について、商工費では、一つ、商店街近代化事業における今後の事業展開について、一つ、商店街近代化事業展開における付近住民との協議状況についてなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。

かくして質疑終結後、全会一致をもって原案可決したものであります。

 以上、本委員会に付託を受けました案件の審査経過と結果を申し上げ、補正予算審査特別委員会のご報告といたします。



○議長(小坂義昭君) ただいま委員長の報告がありましたが、議案第35号 平成7年度登別市一般会計補正予算(第2号)について、ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、委員長の報告どおり原案可決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第35号 平成7年度登別市一般会計補正予算(第2号)については、委員長の報告どおり原案可決されました。





△議案第45号の上程、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第6、議案第45号 登別市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第45号 登別市固定資産評価審査委員会委員の選任については、これに同意することに決しました。

   ───────────────  



△議案第46号の上程、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第7、議案第46号 登別市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、議案第46号 登別市教育委員会委員の任命については、これに同意することに決しました。

   ───────────────  



△意見書案第4号の上程、説明、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第8、意見書案第4号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める意見書(案)についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 寺島議員。



◆9番(寺島政光君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました意見書案第4号につきましては、案文の朗読をもって提案説明にかえさせていただきます。

 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める意見書(案)

 核兵器の廃絶は、唯一の被爆国である日本をはじめとして、今や全世界の人類共通の願いとなっている。

 しかしながら、先頃フランス政府は、南太平洋ムルロワ環礁において停止していた核実験を再開し、来年5月までに8回の核実験を行うことを発表した。

 また、中華人民共和国は、5月に続き8月に核実験を行い、今後も継続しようとしている。

 こうした核実験の強行に対して、日本のみならず世界中から強い批判と抗議が巻き起こっている。

 よって、政府においては、国際平和を希求する国連憲章の精神にのっとり、フランス・中華人民共和国及び核保有国の政府に対し、実験の停止を働きかけるとともに、今後、国連などを通じて、全ての国の核実験停止を求めるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出する。

            北海道登別市議会

 (送付先)内閣総理大臣、外務大臣、自治大臣。

 以上であります。

 どうぞよろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(小坂義昭君) ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、意見書案第4号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める意見書(案)については、原案のとおり決しました。

   ───────────────  



△決議案第1号の上程、説明、質疑、採決



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第9、決議案第1号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める決議(案)についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 渡部議員。



◆18番(渡部雅子君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました決議案第1号につきましては、案文の朗読をもって提案説明にかえさせていただきます。

 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める決議(案)

 核兵器の廃絶は、唯一の被爆国である日本をはじめとして、今や全世界の人類共通の願いとなっている。

 しかしながら、先頃フランス政府は、南太平洋ムルロア環礁において停止していた核実験を再開し、来年5月までに8回の核実験を行うことを発表しました。

 また、中華人民共和国は、5月に続き8月に核実験を行い、今後も継続しようとしている。

 こうした核実験の強行に対して、日本のみならず世界中から強い批判と抗議が巻き起こっている。

 よって、本市議会は、フランス・中華人民共和国及び核保有国を含む全ての国に対し、核実験を中止するよう強く求めるものである。

 以上、決議する。

 平成7年9月21日

            北海道登別市議会

 (送付先)フランス共和国、中華人民共和国。

 以上でございます。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。



○議長(小坂義昭君) ご質疑ございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。この件については、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小坂義昭君) ご異議ないものと認めます。

 したがって、決議案第1号 フランス・中国及び全ての核保有国の核実験の停止を求める決議(案)については、原案のとおり可決されました。

   ───────────────  



△報告第19号の上程、報告



○議長(小坂義昭君) 次に、日程第10、報告第19号 例月出納検査の結果に関する報告についてでありますが、お手元に配付したとおりであります。

   ───────────────  



△閉会の宣告



○議長(小坂義昭君) これをもって、今期定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 したがって、平成7年第3回定例会を閉会いたします。

          (午後 1時27分)