議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 根室市

平成20年  6月定例会(第2回) 06月27日−03号




平成20年  6月定例会(第2回) − 06月27日−03号







平成20年  6月定例会(第2回)



     平成20年第2回根室市議会定例会会議録

           第  3  号

     平成20年6月27日(金曜日)午後4時0分開議



〇議事日程

 日程第1 議案第52号から議案第54号及び報告第5号から報告第11号

 日程第2 議案第45号から議案第51号及び報告第3号並びに報告第4号

 日程第3 推薦第1号

 日程第4 諮問第2号

 日程第5 意見書案第15号から意見書案第24号

 日程第6 意見書案第25号

 日程第7 意見書案第26号

 日程第8 意見書案第27号及び意見書案第28号

〇出席議員(18名)

  11番   議   長   遠 藤 輝 宣 君

  1番   議   員   鈴 木 一 彦 君

  2番     〃     高 本 みさ子 君

  3番     〃     神   忠 志 君

  4番     〃     小 沼 ゆ み 君

  5番     〃     千 葉 智 人 君

  7番     〃     波 多 雄 志 君

  8番     〃     田 塚 不二男 君

  9番     〃     竹 内 正 利 君

  10番     〃     永 洞   均 君

  12番     〃     滑 川 義 幸 君

  14番     〃     五十嵐   寛 君

  15番     〃     久保田   陽 君

  16番     〃     中 林   直 君

  17番     〃     佐 藤 敏 三 君

  18番     〃     澤 崎 文 剛 君

  19番     〃     藤 根 元 吉 君

  20番     〃     壷 田 重 夫 君

〇欠席議員(1名)

  6番   副 議 長   熊 谷 雅 史 君

〇出席を求めた者

  市        長   長谷川 俊 輔 君

  教 育 委 員 会委員長   山 本 修 司 君

  代 表 監 査 委 員   宮 野 洋 志 君

  農 業 委 員 会 会 長   中 川   勉 君

  選挙管理委員会委員長   高 村 靖 徳 君

〇委任を受けた説明員

  副    市    長   石 垣 雅 敏 君

  総  務  部  長   小田嶋 英 男 君

  市 民 福 祉 部 長   細 井 芳 夫 君

  水 産 経 済 部 長   島 野 治 人 君

  建 設 水 道 部 長   嶋 倉 博 義 君

  会 計  管  理 者   奥 田 誠 二 君

  病 院  事  務 長   島 谷   満 君

  消    防    長   加 藤 義 則 君

  総  務  課  長   垣 通 鎮 夫 君

  北方領土対策・企画政策課長高 橋 雅 典 君

  北方四島交流センター館長 佐 藤 達 雄 君

  情 報 管 理 課 長   藤 田   茂 君

  財  政  課  長   長谷川 時 寛 君

  税  務  課  長   泉   博 文 君

  市 民 環 境 課 長   菊 地 幹 夫 君

  社 会 福 祉 課 長   猪 爪 義 美 君

  介 護 福 祉 課 長   堀 合 康 文 君

  保  健  課  長   竹 脇 秀 斗 君

  産 業 活性化推進室長   佐 田 正 蔵 君

  水 産 港 湾 課 長   野 田   敏 君

  水 産 研 究 所 次 長   博 田   功 君

  水産加工振興センター所長 鈴 木 義 克 君

  農林課長(兼)春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター館長

               村 田 裕 治 君

  商 工 観 光 課 長   齋 藤 博 士 君

  都 市 整 備 課 長   鎌 重 清 二 君

  都 市 整 備 主 幹   星 山 祐 二 君

  建 築 住 宅 課 長   岩 山 幸 三 君

  上 下 水 道 課 長   我 妻 忠 善 君

  上 下 水 道 施設課長   初 井 一 彦 君

  浄  水  場  長   畠 山 義 治 君

  会  計  課  長   会計管理者事務取扱

  病院事務局管理課長(兼)病院事務局医療情報室長

               丸 岡 貴 佳 君

  病院事務局経営推進課長  鵜ノ澤   馨 君

  医師招へい・病院建設準備室長

               佐々木 利 行 君

  消 防 本 部 次 長   織 田 勝 洋 君

  消 防 本 部 総務課長   宗 像   淳 君

  消 防 本 部 警防課長   佐 野 一 雄 君

  消 防 署 副 署 長   野 口 英 明 君

  消 防 署 副 署 長   二 平 淳 一 君

  消 防 署 救 急 主 幹   長 尾 勝 則 君

  総 務 ・ 防 災 主 査   佐々木 成 人 君

  教    育    長   鈴 木 健 二 君

  教  育  部  長   高 島 成 司 君

  教 育 総 務 課 長   今 井 泰 和 君

  施  設  主  幹   鎌 田   治 君

  社会教育課長(兼)別当賀夢原館館長(兼)歴史と自然の資料館館長(兼)総合文化会館館長

               高 橋   稔 君

  社 会 体 育 課 長   成 田 勝 典 君

  図  書  館  長   下栃棚 弘 子 君

  監 査 委 員 事務局長   北 谷 英 俊 君

  農 業 委員会事務局長   村 田 裕 治 君

  選挙管理委員会事務局長  藤 田   茂 君

〇出席事務局職員

  議 会 事 務 局 長   平 松 利 英 君

  議 会 事 務 局 次 長   丸 山 一 之 君

  議会事務局議会総務主査  後 藤 幸 雄 君

  議 会 事務局議会担当   佐々木 有希乃 君

  議 会 事務局議会担当   愛 澤 英 王 君

────────────────────────



○議長(遠藤輝宣君)

 御苦労さまです。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 初めに、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、1番鈴木一彦君、10番永洞均君、15番久保田陽君を指名いたします。

 ここで事務局長から諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(平松利英君)

 御報告申し上げます。

 初めに、会議の出席状況でありますが、ただいまの出席は18名、欠席は1名であります。欠席のうちで公務のため欠席する旨届け出のありました議員は熊谷雅史議員です。

 本日の議事日程並びに諸般の報告はお手元に御配付のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で報告を終わります。



○議長(遠藤輝宣君)

 次に、市長から行政報告について発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長谷川市長。



◎市長(長谷川俊輔君)

 議長の許可をいただきましたので、支庁制度改革に関する要請行動等につきまして行政報告をいたします。

 本議会開会の冒頭において行政報告いたしましたとおり、昨日私を初め根室支庁存続を求める根室市連絡協議会の正副会長、根室市議会正副議長及び市議会各会派の代表者11名により、根室支庁存続について道議会各会派への要請活動と予算審査特別委員会の知事総括質疑の傍聴を行ってまいりました。

 当日の要請行動については、代表者5名で道議会各会派に対し、地域の切実な思いと北海道総合振興局設置条例案の今道議会での否決を強く訴えてまいりました。特に最大与党会派である自民党道民会議には、北海道の未来に責任ある対応を求め、約40分間にわたり強く要請をしたところであります。

 その後、知事の総括質疑が行われた予算審査特別委員会を傍聴したところでありますが、質疑では、振興局となる地域への説明責任や対応について、また北方領土問題に対する知事の認識について質疑が集中し、途中中断の場面もありましたが、知事からは明確な答弁は何ひとつなく、傍聴席からは不満の声が聞こえる中で、特に北方領土問題に対しては、行政区を奪われながらも、国策上の責務として63年間もの間返還要求運動に邁進している私たちにとって到底納得できる内容ではなく、改めて強い憤りを感じたところであります。

 今後の会議日程でありますが、昨日午後に予定されておりました道州制地方分権改革等推進調査特別委員会につきましては、開会の調整が難航し、本日に持ち越され、午後3時30分からようやく開催されているところであります。したがいまして、道議会本会議の開会が大幅におくれる見込みでありますが、支庁制度改革の可否についての道議会の情勢は非常に厳しい状況にあります。

 今回の支庁制度の改革については、最終局面を迎えており、予断を許さない状況でありますが、今後のことにつきましては、市議会並びに根室支庁存続を求める根室市連絡協議会等と協議、連携を図りながら、適切に対応してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(遠藤輝宣君)

 それでは、日程第1、議案第52号から議案第54号及び報告第5号から報告第11号までの合計10件を一括して議題といたします。

 予算審査特別委員長より付託議件の審査の結果について報告を求めます。

 予算審査特別委員長五十嵐寛君。

 五十嵐君。



◆(五十嵐寛君)

 私は、予算審査特別委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第52号から議案第54号及び報告第5号から報告第11号までの合計10件でありまして、本日の午前10時から会議を開き、先刻をもって審査の終了を見たところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第52号平成20年度根室市一般会計補正予算(第1号)については、1つ、勤労青少年ホーム解体後の跡地利用について、1つ、労働行政として、青年労働者対策への考え方について、1つ、公民館事業における助成事業の経緯と今後の見通しについて。

 議案第53号平成20年度根室市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)については、1つ、下水道事業会計に貸し付けすることに伴う介護保険の基金残額と運用について、1つ、今後介護保険会計に財源不足が見込まれる要因について、1つ、今後他会計へ貸し付けする考え方について。

 報告第5号専決処分の承認を求めることについては、1つ、ひとり暮らし老人等緊急通信受信機の貸付実績について、1つ、今後の高齢化に向けた考え方について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件はいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 ただいまの委員長報告に対して御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、これより採決を行います。

 初めに、議案第52号から議案第54号の合計3件については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、議案第52号から議案第54号の合計3件については原案のとおり可決されました。

 次に、報告第5号から報告第11号までの合計7件については原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、報告第5号から報告第11号までの合計7件については原案のとおり承認されました。

 次に、日程第2、議案第45号から議案第51号及び報告第3号並びに報告第4号の合計9件を一括して議題といたします。

 ここで各常任委員長より付託議件の審査の結果について報告を求めます。

 総務常任委員長永洞均君。

 永洞君。



◆(永洞均君)

 私は、総務常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第45号、議案第46号、議案第49号、議案第51号及び報告第3号の合計5件でありまして、6月25日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第49号辺地に係る公共的施設の総合計画の策定については、1つ、将来的に整備計画が必要となる辺地箇所について、1つ、将来的な総合整備計画の考え方について、1つ、今後コミュニティーとしての整備も含めた総合的な取り組みの必要性について、1つ、地域と一体化した総合的な計画策定の必要性について。

 報告第3号専決処分の承認を求めることについては、1つ、ふるさと納税と地方交付税とのかかわりについて、1つ、ふるさと納税への取り組みと積極的なPRについて、1つ、個人住民税における公的年金等からの特別徴収制度の導入時期について、1つ、税制改正に伴う市民負担の増減について、1つ、公的年金からの徴収の是非について、1つ、税制改正に伴う専決処分のあり方について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち議案第45号、議案第46号、議案第49号、議案第51号の合計4件につきましてはいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに、報告第3号につきましては起立により不承認とすべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 文教厚生常任委員長五十嵐寛君。

 五十嵐君。



◆(五十嵐寛君)

 私は、文教厚生委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第47号及び議案第48号並びに報告第4号の合計3件でありまして、6月25日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で特に議論のありました事項について要約して申し上げます。

 議案第47号根室市乳幼児医療費給付金条例の一部を改正する条例については、1つ、子育て世代の負担軽減に要する費用とその財源対策について、1つ、乳幼児等医療費受給資格者証の申請と交付方法について。

 議案第48号根室市市民交通傷害共済条例の一部を改正する条例については、1つ、基金の現状と共済加入状況について、1つ、共済加入者の増と交通安全思想高揚の取り組みについて、1つ、全道的な加入率の状況と今後の基金のあり方について、1つ、共済加入者における生活保護の世帯及び準要保護世帯の割合について。

 報告第4号専決処分の承認を求めることについては、1つ、後期高齢者医療制度を拠出する支援金の国保会計に与える影響について、1つ、老人保健制度から後期高齢者医療制度への変更に伴う今後の支援金の見込みについて、1つ、国保税率引き上げと後期高齢者医療制度の関連について、1つ、後期高齢者医療制度導入に伴う国保加入者の負担増の状況について、1つ、医療制度改正に伴う地域への説明と市の内部連携の必要について、1つ、地域医療費における市内での治療と市外での治療の格差について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第47号及び議案第48号の合計2件につきましては全会一致により、報告第4号につきましては起立により、それぞれ原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 産業建設常任委員長鈴木一彦君。

 鈴木君。



◆(鈴木一彦君)

 私は、産業建設常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第50号の1件でありまして、6月25日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の結果、本委員会に付託されました議件は全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 ただいまの委員長報告に対して御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、これより採決を行います。

 初めに、議案第45号から議案第51号までの合計7件については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、議案第45号から議案第51号までの合計7件については原案のとおり可決されました。

 次に、起立採決を行います。

 報告第3号について、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本件については原案のとおり承認されました。

 次に、報告第4号について、原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本件については原案のとおり承認されました。

 次に、日程第3、推薦第1号根室市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 根室市農業委員会委員定数条例第2条の規定により、議会推薦の農業委員会委員は2名であります。

 お諮りいたします。

 根室市農業委員会委員の推薦については、お手元に御配付の名簿のとおり、中川勉君と吉田宏子君を推薦することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、中川勉君と吉田宏子君を根室市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。

 次に、日程第4、諮問第2号を議題といたします。

 本件について提出者の説明を求めます。

 石垣副市長。



◎副市長(石垣雅敏君)

 ただいま上程になりました諮問第2号、2ページでございますが、人権擁護委員候補者の推薦について御説明をいたします。

 人権擁護委員のうち、前田純一委員、伊藤正彦委員が平成20年9月30日をもって任期満了となりますことから、この後任候補者の推薦について法務大臣から依頼を受けましたので、議会の意見を求めるため、本案を提出したものであります。

 推薦を求める方でありますが、住所、根室市歯舞3丁目17番地、氏名、前田純一、生年月日、昭和16年5月24日生まれでございます。もう一方でありますが、住所、根室市湖南48番地10、氏名、伊藤正彦、生年月日昭和18年11月8日生まれでございます。

 なお、推薦するお二方は再任を求めるものでありますので、略歴等の紹介を省略をさせていただきます。御同意のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(遠藤輝宣君)

 本件について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本件については可と答申することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本件については可と答申することに決定いたしました。

 次に、日程第5、意見書案第15号から意見書案第24号までの合計10件を一括して議題といたします。

 本案について提出者の一括説明を求めます。

 中林直君。

 中林君。



◆(中林直君)

 ただいま上程になりました意見書案でございますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第15号介護保険の給付抑制の中止に関する要望意見書。

 意見書案第16号飼料価格高騰から酪農・畜産経営をまもる追加対策を求める意見書。

 意見書案第17号3年後のアナログ放送停止に関する意見書。

 意見書案第18号障害者権利条約の早期批准と国内法整備に関する意見書。

 意見書案第19号福祉の人材確保に関する意見書。

 意見書案第20号国による公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める意見書。

 意見書案第21号障害者への医療費助成に関する意見書。

 意見書案第22号温室効果ガス削減の第1期目標達成と中期目標設定に関する意見書。

 意見書案第23号食料自給率向上へ農政の根本的転換をもとめる意見書。

 意見書案第24号漁業における燃油高騰緊急対策を求める意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について、一括して質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案についていずれも原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、日程第6、意見書案第25号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 波多雄志君。

 波多君。



◆(波多雄志君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第25号「協同出資・協同経営で働く協同組合法」(仮称)の速やかな制定を求める意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案について原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第7、意見書案第26号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 澤崎文剛君。



◆(澤崎文剛君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第26号季節労働者対策の強化を求める要望意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 日程第8、意見書案第27号及び意見書案第28号の合計2件を一括して議題といたします。

 本案につきまして、一括して提案し、議決についてはそれぞれ行います。

 本案について提出者の説明を求めます。

 神忠志君。



◆(神忠志君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第27号保育制度の直接契約方式への改変に関する意見書。

 意見書案第28号世界一高い学費の軽減、教育の機会均等の実現を求める意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 初めに、意見書案第27号について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第28号について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 これをもちまして本議会に付議されました議件の審議はすべて終了いたしました。

 以上で平成20年第2回根室市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

         午後4時28分 閉会







    上記会議の記録に相違ないことを証し、ここに署名する。







       平成20年6月27日







           議  長 遠 藤 輝 宣







           署名議員 鈴 木 一 彦







             〃   永 洞   均







             〃   久保田   陽