議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 根室市

平成20年  3月定例会(第1回) 03月21日−04号




平成20年  3月定例会(第1回) − 03月21日−04号







平成20年  3月定例会(第1回)



     平成20年第1回根室市議会定例会会議録



           第  4  号

     平成20年3月21日(金曜日)午後3時0分開議



〇議事日程

 日程第1 議案第1号から議案第19号及び議案第41号から議案第43号

 日程第2 議案第20号から議案第31号

 日程第3 諮問第1号

 日程第4 許可第2号

 日程第5 選任第1号

 日程第6 選任第2号

 日程第7 選任第3号

 日程第8 意見書案第1号から意見書案第6号

 日程第9 意見書案第7号及び意見書案第8号

 日程第10 意見書案第9号

 日程第11 意見書案第10号から意見書案第14号

 日程第12 議案第44号

〇出席議員(20名)

  11番   議   長   遠 藤 輝 宣 君

  6番   副 議 長   熊 谷 雅 史 君

  1番   議   員   鈴 木 一 彦 君

  2番     〃     高 本 みさ子 君

  3番     〃     神   忠 志 君

  4番     〃     小 沼 ゆ み 君

  5番     〃     千 葉 智 人 君

  7番     〃     波 多 雄 志 君

  8番     〃     田 塚 不二男 君

  9番     〃     竹 内 正 利 君

  10番     〃     永 洞   均 君

  12番     〃     滑 川 義 幸 君

  13番     〃     嶋 津 隆 之 君

  14番     〃     五十嵐   寛 君

  15番     〃     久保田   陽 君

  16番     〃     中 林   直 君

  17番     〃     佐 藤 敏 三 君

  18番     〃     澤 崎 文 剛 君

  19番     〃     藤 根 元 吉 君

  20番     〃     壷 田 重 夫 君

〇出席を求めた者

  市        長   長谷川 俊 輔 君

  教 育 委 員 会委員長   山 本 修 司 君

  代 表 監 査 委 員   宮 野 洋 志 君

  農 業 委 員 会 会 長   中 川   勉 君

  選挙管理委員会委員長   高 村 靖 徳 君

〇委任を受けた説明員

  副    市    長   石 垣 雅 敏 君

  総  務  部  長   小田嶋 英 男 君

  市 民 福 祉 部 長   細 井 芳 夫 君

  水 産 経 済 部 長   奥 田 誠 二 君

  建 設 水 道 部 長   嶋 倉 博 義 君

  会 計  管  理 者   島 野 治 人 君

  病 院  事  務 長   島 谷   満 君

  消    防    長   武 田 静 夫 君

  総  務  課  長   垣 通 鎮 夫 君

  情 報 管 理 課 長   高 橋   稔 君

  市 民 環 境 課 長   菊 地 幹 夫 君

  北方四島交流センター館長(兼)北方領土対策室長

               高 橋 雅 典 君

  企 画 政 策 室 長   長谷川 時 寛 君

  財  政  課  長   堀 合 康 文 君

  税  務  課  長   泉   博 文 君

  社 会 福 祉 課 長   岩 山 幸 三 君

  介 護 福 祉 課 長   吉 本 恭 郎 君

  保健課長(兼)医師確保対策主幹

               竹 脇 秀 斗 君

  水 産 港 湾 課 長   佐 田 正 蔵 君

  水 産 研 究 所 次 長   博 田   功 君

  水産加工振興センター所長 鈴 木 義 克 君

  農林課長(兼)春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター館長

               村 田 裕 治 君

  商 工 観 光 課 長   野 田   敏 君

  都 市 整 備 課 長   鎌 重 清 二 君

  用  地  主  幹   星 山 祐 二 君

  建 築 住 宅 課 長   谷地中 義 幸 君

  上 下 水 道 課 長   鵜ノ澤   馨 君

  施  設  課  長   初 井 一 彦 君

  浄  水  場  長   畠 山 義 治 君

  会  計  課  長   会計管理者事務取扱

  病院事務局管理課長(兼)病院事務局医療情報室長

               本 田 俊 治 君

  医師確保対策室長(兼)病院建設準備室長

               佐々木 利 行 君

  消 防 本 部 次 長   加 藤 義 則 君

  消 防 本 部 総務課長   織 田 勝 洋 君

  消 防 本 部 警防課長   宗 像   淳 君

  消 防 署 副 署 長   佐 野 一 雄 君

  消 防 署 副 署 長   野 口 英 明 君

  消 防 署 救 急 主 幹   長 尾 勝 則 君

  総  務  係  長   谷 口 博 之 君

  教    育    長   鈴 木 健 二 君

  教  育  部  長   平 松 利 英 君

  教 育 総 務 課 長   今 井 泰 和 君

  施 設 担 当 主 幹   鎌 田   治 君

  社会教育課長(兼)勤労青少年ホーム館長(兼)別当賀夢原館館長(兼)歴史と自然の資料館館長

               佐 藤 達 雄 君

  社 会 体 育 課 長   成 田 勝 典 君

  総 合 文 化 会 館 長   石 塚 秀 雄 君

  図  書  館  長   下栃棚 弘 子 君

  監 査 委 員 事務局長   北 谷 英 俊 君

  農 業 委員会事務局長   村 田 裕 治 君

  選挙管理委員会事務局長  高 橋   稔 君

〇出席事務局職員

  議 会 事 務 局 長   高 島 成 司 君

  議 会 事 務 局 次 長   丸 山 一 之 君

  議会事務局議会総務係長  後 藤 幸 雄 君

  事 務 局  書  記   佐々木 有希乃 君

  事 務 局  書  記   愛 澤 英 王 君

────────────────────────



○議長(遠藤輝宣君)

 御苦労さまです。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 初めに、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、4番小沼ゆみ君、8番田塚不二男君、14番五十嵐寛君を指名いたします。

 ここで事務局長から諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(高島成司君)

 御報告申し上げます。

 初めに、会議の出席状況でありますが、ただいまの出席は20名であります。

 本日の議事日程及び諸般の報告は、お手元に御配付のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 また、本日付をもちまして、議員提案1件の追加議案がありましたので、お手元に御配付いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(遠藤輝宣君)

 ただいまから議事に入ります。

 それでは、日程第1、議案第1号から議案第19号及び議案第41号から議案第43号の合計22件を一括して議題といたします。

 ここで各常任委員長より付託議件の審査結果について報告を求めます。

 総務常任委員長永洞均君。

 永洞君。



◆(永洞均君)

 私は、総務常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第1号から議案第4号及び議案第41号並びに議案第42号の合計6件でありまして、3月13日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第1号根室市役所支所設置条例の一部を改正する条例については、1つ、厚床支所の利用状況と廃止後における地域会館の管理について、1つ、公的施設の廃止に伴うまちづくりの方向性とシステムの構築について、1つ、支所業務委託にかかわる個人情報保護の対策のあり方について。

 議案第3号根室市ふるさと応援寄付条例については、1つ、基金運用の考え方と寄付者の意向に対する取り扱いについて、1つ、基金の使用目的と繰替運用の考え方について、1つ、基金の使途範囲を規則で定めることに対する是非と文言整理の必要性について、1つ、指定寄付とふるさと応援寄付条例の相違点と、今後使用目的の拡大に対する考え方について、1つ、ふるさと納税とふるさと応援寄付条例との関連について。

 議案第4号根室市手数料条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例については、1つ、住民基本台帳カードの交付状況と普及を進める認識について、1つ、住民基本台帳カード普及に対する問題点と的確な内容説明について。

 議案第41号根室市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例については、1つ、昼休みの休憩、休息時間の取り扱いの内容について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件はいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 文教厚生常任委員会委員長五十嵐寛君。

 五十嵐君。



◆(五十嵐寛君)

 私は、文教厚生常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第5号から議案第12号及び議案第14号、議案第16号並びに議案第43号の合計11件でありまして、3月13日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第6号根室市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例については、1つ、委員定数を15名以内とする根拠と選出区分ごとの割り当て人数について、1つ、定数削減の基本的考え方について。

 議案第7号根室市後期高齢者医療に関する条例については、1つ、納期を8期とした理由と収納率への影響について、1つ、督促手数料徴収に対する考え方について、1つ、制度実施に当たっての充分な周知と啓発について、1つ、国保税の納期との違いについて、1つ、普通徴収者数と納付世帯数の把握について、1つ、無収入者に対する減免規定と市独自の減免措置の見通しについて、1つ、未納者に対する資格証明書発行のあり方について、1つ、介護保険料滞納者との重複対策について、1つ、根室市後期高齢者医療に関する条例の罰則規定のあり方について、1つ、制度改善に向けての抜本的見直しについて。

 議案第8号根室市重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について、1つ、障がい者の医療制度選択と医療内容の格差について。

 議案第9号根室市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について、1つ、介護保険料における激変緩和の問題点について。

 議案第10号根室市立診療所条例の一部を改正する条例について、1つ、落石地区在住高齢者の通院の対応について、1つ、厚床診療所への医師派遣の経緯と今後の見通しについて、1つ、郡部地区の地域医療に対する市の基本的考えについて。

 議案第11号根室市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、1つ、他の保険制度からの給付事例とその選択手段の周知について、1つ、葬祭費給付における他の保険制度との関連について、1つ、特定健診実施における医師団との合意内容と協力体制について。

 議案第12号根室市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、1つ、保険税応益割と最高限度額の引き上げに伴う低所得者への影響について。

 議案第14号根室市消費生活センター条例の一部を改正する条例について、1つ、消費生活センターにおける体制充実の見通しについて、1つ、本庁舎移転後の配置場所について。

 議案第16号根室市の特定の事務を取り扱う郵便局の指定について、1つ、民間委託者に個人情報をゆだねることの考え方について、1つ、郵便局完全民営化に伴う個人情報の取り扱いについて、1つ、厚床支所における住民票と公金収納の取り扱いについて、1つ、厚床支所廃止に伴う事務事業の取り扱いと地元との協議について。

 議案第43号市立根室病院使用料手数料及びその他の諸料金徴収条例の一部を改正する条例について、1つ、診療報酬改定に係る診療への影響について、1つ、後期高齢者医療制度導入に伴う包括払い制度と市立病院の扱いについて。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件は、議案第7号及び議案第8号並びに議案第12号、議案第16号の合計4件につきましては起立により、また議案第5号、議案第6号及び議案第9号から議案第11号並びに議案第14号、議案第43号の合計7件につきましてはいずれも全会一致をもってそれぞれ原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 産業建設常任委員会委員長鈴木一彦君。

 鈴木君。



◆(鈴木一彦君)

 私は、産業建設常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第13号及び議案第15号並びに議案第17号から議案第19号までの合計5件でありまして、3月13日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第13号根室市勤労青少年ホーム条例を廃止する条例については、1つ、勤労青少年ホームにおける一般及び市関係者などの利用状況について、1つ、勤労青少年ホームを廃止するに至った事由について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第13号につきましては起立により、また議案第15号及び議案第17号から議案第19号までの合計4件につきましてはいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 ただいまの各委員長報告に対し、御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、これより採決を行います。

 初めに、起立採決から行います。

 議案第7号及び議案第8号、議案第12号、議案第13号並びに議案第16号の合計5件については原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第1号から議案第6号及び議案第9号から議案第11号並びに議案第14号及び議案第15号、議案第17号から議案第19号、議案第41号から議案第43号の合計17件について原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、日程第2、議案第20号から議案第31号までの合計12件を一括して議題といたします。

 各予算審査特別委員長より付託議件の審査の結果について報告を求めます。

 初めに、第1予算審査特別委員長竹内正利君。

 竹内君。



◆(竹内正利君)

 私は、第1予算審査特別委員長といたしまして、付託議件であります議案第18号平成20年度根室市一般会計予算の本委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 本委員会は、去る3月14日及び3月17日から3月19日の4日間にわたり会議を開き、審査の終了を見たところであります。

 審査の中では各般にわたり議論がなされたところでありますが、特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 第2款総務費については、1つ、視覚障がいがある人に対する広報ねむろの配布件数と普及促進について、1つ、根室空港建設促進期成会の目的と負担金の見直しについて、1つ、駅前交差点の信号機を時差式に変更した際の周知について、1つ、開法寺前交差点における歩行者用信号機設置の要望状況について、1つ、スタッフ制導入の背景とその内容について、1つ、ビザなし交流事業が本来の目的を逸脱していくことに対する懸念について、1つ、洞爺湖サミット開催時における北方領土問題前進に向けた現地の取り組みについて、1つ、津波予想被害地域における避難対策と将来の計画の取り組みについて、1つ、防災備蓄品の内容と今後の配置計画について、1つ、北方領土返還啓発運動の一環として実施している納沙布岬マラソン大会等の参加者拡大の取り組みについて。

 また、第3款民生費については、1つ、福祉灯油の普及啓発のあり方と交付率の向上対策について、1つ、地域活動センターの活動状況と利用者の向上対策について、1つ、緊急通報システムの普及状況と待機者の有無について、1つ、バス等無料乗車券交付事業の中で足が不自由などの理由から利用できない人たちへの対応策について、1つ、児童扶養手当における就労意欲の定義と適用範囲について、1つ、生活保護受給者、受給相談者に対する市の対応のあり方について、1つ、地域包括支援センターの取り組み内容と機能の把握について、1つ、生活保護世帯における母子世帯の減少事由と就労支援について、1つ、バス等無料乗車券交付事業の交付率と今後の方向性について。

 また、第4款衛生費については、1つ、環境フォーラム負担金の目的と事業内容について、1つ、各市におけるレジ袋有料化の実態把握について、1つ、エキノコックス予防対策の一環である駆虫薬散布事業の概要について、1つ、妊婦の里帰り出産件数と受診券の対象地域の範囲について、1つ、環境フォーラムの継続開催の有無について、1つ、不法投棄されている放置車両等の現況と処理方法について、1つ、市が行っている水質調査の実態と水質汚濁の状況について、1つ、廃棄物減量等推進審議会における委員構成と協議内容について、1つ、放置されている犬が人に被害を与えた事案とその後の対策について、1つ、ごみ埋立処理場のごみ搬入量の状況や許容量の到達時期と今後の見通しについて、1つ、し尿処理場の大規模改修の見通しについて、1つ、若者の間ではしかの感染者がふえていることに対する認識と行政の対応について、1つ、検診率向上対策とがん検診の充実のあり方について、1つ、ダイオキシン検査の内容と測定結果について、1つ、ごみ減量化を推進する上で容器等の生産者に対する市の取り組みと今後の見通しについて、1つ、市指定ごみ回収袋の強度の改善について、1つ、ごみ減量化と資源化における成果をあらわす数値の把握について、1つ、ごみの分別化や資源化の推進を図るための市民周知の必要性について、1つ、資源化されている有価物の売却期間と収入見込み等について。

 また、第5款労働費については、1つ、通年雇用促進協議会の事業内容と取り組みについて、1つ、国の季節労働者に対する援護制度廃止に伴う対策について、1つ、新規学卒者の就職状況と就職未定者の対応について、1つ、勤労者福祉基金の貸付条件と利用促進について。

 また、第6款農林水産業費については、1つ、市の補助金や負担金の積算基準と制度の見直し等について、1つ、北海道水産業振興構造改革事業の概要等について、1つ、市内の製氷工場が果たす役割と認識について、1つ、新設予定の製氷工場に対する市の支援のあり方について、1つ、エゾシカの農業被害状況やその対策とシカ肉の有効活用について、1つ、国営かんがい事業の内容と市のかかわりについて、1つ、根室昆布ロール寿しや地元食品を活用した地域ブランド食品の開発状況について、1つ、当市における酪農経営の実態把握と燃油高騰による影響やその対策について、1つ、コンブ輸入割当制度堅持自治体協議会の活動状況と今後の取り組みについて、1つ、HACCPの認証を受けている事業数と行政の役割について、1つ、地域HACCP化の数値目標と今後の取り組みについて、1つ、ハナサキ・プログラムにおけるハナサキガニの調査研究の成果と地元に対する還元について。

 また、第7款商工費については、1つ、根室元気づくり事業における総体予算の概要と事業内容について、1つ、北海道サハリンビジネスセンターにおける利用実態と活用方法について、1つ、創業支援基金制度補助金の内容と活用支援について、1つ、ねむろバードランドフェスティバルの事業内容と入り込み数の状況等について、1つ、消費生活相談における多重債務にかかわる相談件数と対策強化について、1つ、街中にぎわい創出モデル事業の果たす役割について、1つ、まちづくり形成の考え方について、1つ、観光物産センターを指定管理者にした効果と将来のあり方について、1つ、基幹産業の低迷が市中経済全体に与えている現況の認識と対応について、1つ、産業振興予算を執行することに対する考え方について、1つ、観光客の入り込み数の推移と地場資源や観光資源をPRする手法について。

 また、第9款消防費については、1つ、火災原因の発生順位と全国との比較状況について、1つ、消防施設の全面禁煙化について、1つ、消防職員原因のぼや騒動にかかわる公表のあり方について、1つ、今後消防団員の待遇改善の方向性について、1つ、住宅用火災報知機の設置状況と普及促進の取り組みについて、1つ、救急車の出動状況と救急出動の判断基準について、1つ、根室測候所の縮小問題が災害対策に与える影響について。

 また、第11款公債費については、1つ、公債費残高の推移と国の公債費負担軽減対策について、1つ、実質公債費比率と市債の発行見込みについて。

 次に、歳入に入ります。

 第1款市税については、1つ、個人市民税が対前年比で減少した事由と今後の市税収入の見通しについて、1つ、平成20年度の地方財政計画の内容について、1つ、今後の財政運営のあり方と市民負担の見通しについて。

 質疑終了後、採決の結果、起立多数により原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告を終わります。

 「議案第20号」を「議案第18号」と発言いたしましたので、訂正をさせていただきます。



○議長(遠藤輝宣君)

 次に、第2予算審査特別委員長五十嵐寛君。

 五十嵐君。



◆(五十嵐寛君)

 私は、第2予算審査特別委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第20号平成20年度根室市一般会計予算のうち第8款土木費と第10款教育費及び議案第21号から議案第31号までの合計12件でありまして、去る3月14日及び3月17日から3月19日までの4日間にわたり会議を開き、審査の終了を見たところであります。

 審査の中で特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第20号根室市一般会計予算のうち第8款土木費については、1つ、市が所有する橋梁の強度調査と改修に対する国への予算要望について、1つ、市の公共工事競争入札における落札率の推移と、地域限定型を条件とする一般競争入札の考え方について、1つ、木造等による安価な公営住宅建設の考え方について、1つ、公的住宅と民間共同住宅の空き室状況把握の必要性について、1つ、今後道路補修計画とその所要額や過去の工事予算の推移について、1つ、道路新設改良に係る都市計画税の財源充当と国が提唱するコンパクトシティーに対する市の考え方について。

 また、第10款教育費については、1つ、幼稚園就園奨励費補助金の事務事業評価と、従来の制度に戻した場合の試算額と補正予算の検討について、1つ、特別支援教育に係る学校現場の状況と対象人数や通級指導の考え方について、1つ、小・中学校統廃合における地域との協議経過とその内容について、1つ、和田地区における学校統廃合の地元合意に対する認識について、1つ、児童・生徒通学委託バスの乗車に関する規定とその弾力的運用について、1つ、文化会館館長と社会教育課長の兼務にかかわる提案と、地方教育行政の組織及び運営に関する法律との整合性の認識について、1つ、教育行政の独立機関としての認識について、1つ、児童館統合に向けて関係者への説明と今後における利用者見込み数について、1つ、総合型地域スポーツクラブの概要や体育協会等の連携協議の内容と教育行政方針との整合性について、1つ、市内の高校統廃合計画の現状と人材育成を視野に入れた幅広い議論の必要性や教育長の考え方について、1つ、図書館における図書購入費の推移と図書充足度や行政評価について、1つ、学校給食共同調理場の統廃合に伴い実施した関係学校におけるアンケート調査の結果について、1つ、学校給食費改定の見通しについて、1つ、学校給食費滞納者に対する訴訟の結果と納入率に与える影響について、1つ、教育施設修繕に係る公共施設等維持補修基金充当の考え方について。

 議案第22号根室市国民健康保険特別会計事業勘定予算については、1つ、一般健診から特定健診の変更に伴う健診受診者数の動向予想と周知方法について、1つ、特定健診による病気発見率とその対応について、1つ、健診事業における集積医療データの活用と医療費抑制について、1つ、健康まつり参加人数の推移とプログラムメニューについて、1つ、国保加入世帯数の推移と近年の増加要因について、1つ、国保税資産割廃止に伴う増税の要因について、1つ、低所得者における保険税負担増と収納率確保の困難性やこれに伴う政策的支援について、1つ、国保会計の将来的な運営見通しについて。

 議案第24号根室市流通加工センター汚水処理事業特別会計予算については、1つ、今後における使用料の増収策と施設機器の更新対策について、1つ、汚水処理施設における使用料単価決定の経緯と使用料減免要望の状況について、1つ、未利用地のインフラ整備と維持管理について。

 議案第25号根室市農業用水事業特別会計予算については、1つ、水質検査における砒素含有状況について、1つ、石綿管の更新状況と漏水防止対策について、1つ、給水原価と農家1戸当たりの料金負担の状況について。

 議案第26号根室市介護保険特別会計事業勘定予算については、1つ、介護保険の生活機能評価に係る前年度との相違について、1つ、特定高齢者の対象範囲と生活機能評価における市と民生委員の対応について、1つ、市内における介護保険の給付状況と特定高齢者への介護予防サービスのあり方について、1つ、地域包括支援センターの体制充実と今後の事業改善の考え方について、1つ、認知症高齢者見守り事業の内容と社会福祉協議会の対応について。

 議案第27号根室市後期高齢者医療特別会計予算については、1つ、後期高齢者医療保険料と国保税の料金比較について、1つ、広域連合における保険料の減免内容と市町村独自の減免の法的根拠や検討について、1つ、後期高齢者医療制度の開始に伴う包括払い等の医療給付制限に対する懸念について、1つ、国が示した終末期医療についての市の認識について。

 議案第28号根室市港湾整備事業会計予算については、1つ、港湾会計再生プランの進捗状況について、1つ、漁獲物陸揚げ使用料における対ロ水産物輸入の割合と対ロ漁業との関係について、1つ、港外からの海水取水型岸壁整備とHACCPの対応について、1つ、港湾施設使用料未収金の状況とその解消策について、1つ、産業振興、資産活用の観点から土地売却単価の見直しについて、1つ、循環システム事業協同組合の未収金問題について、1つ、循環システム事業協同組合の再稼働に向けての見通しについて、1つ、民事再生法に基づく再建計画案の協議の内容について、1つ、補助金返還の可能性と事業再稼働に向けた市の認識について、1つ、水産都市根室としての港湾整備の将来構想について、1つ、外来船誘致に向けた保冷施設設置の考え方について。

 議案第29号根室市水道事業会計予算については、1つ、水道会計を健全的に維持するための今後の方策について、1つ、有収率の上昇による収益額と漏水調査費用の関係や効率的調査の実施について、1つ、減免制度における現状認識と減免率の拡大について、1つ、幌茂尻地区漏水調査における市職員の対応のあり方について。

 議案第30号根室市下水道事業会計予算については、1つ、下水道会計における資金不足比率と企業債償還金の今後の見通しについて、1つ、不良債務解消方策と一般会計からの繰り入れに対する考え方について、1つ、受益者負担金に係る事務処理上の誤りについて、1つ、賦課漏れ判明の状況やこれまでの確認できなかった理由と現場対応の瑕疵について。

 議案第31号市立根室病院事業会計予算については、1つ、20年度医業収益増額の要因と医師数の見込みについて、1つ、現行医師数と予算計上時の医師数との差による収支不足額について、1つ、不良債務の発生した場合における一般会計からの繰り入れの協議について、1つ、特例債償還の見通しと考え方について、1つ、病院改革プラン作成の時期と病院規模や診療体制の考え方について、1つ、診療報酬改定と特例債発行に関連する交付税措置の内容について、1つ、5階病棟閉鎖に伴う経費節減の状況について、1つ、看護師確保の具体策と給与独自削減のあり方について、1つ、入退院と外来医事業務委託料の減額要因や積算根拠について、1つ、業務委託料減額に伴う労働条件悪化への懸念と委託業者の適正指導について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第18号及び議案第20号並びに議案第24号から議案第28号までの合計7件につきましてはいずれも起立により、また議案第19号及び議案第21号から議案第23号までの合計4件につきましてはいずれも全会一致をもってそれぞれ原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 暫時休憩します。

         午後3時37分 休憩

         午後3時39分 開議



○議長(遠藤輝宣君)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

     (14番五十嵐寛君「大変失礼いたしました。議案第18号、議案第19号の文言を訂正いたします。よろしくお願いいたします」と呼ぶ)

 暫時休憩します。

         午後3時39分 休憩

         午後3時41分 開議



○議長(遠藤輝宣君)

 休憩前に引き続き会議を開きます。



◆(五十嵐寛君)

 間違いがございましたので、再度読みます。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第20号並びに議案第24号から議案第28号までの合計6件につきましてはいずれも起立により、また議案第21号から議案第23号までの合計3件につきましてはいずれも全会一致をもってそれぞれ原案のとおり……。



○議長(遠藤輝宣君)

 暫時休憩します。

         午後3時42分 休憩

         午後3時50分 開議



○議長(遠藤輝宣君)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 あらかじめ時間を延長いたします。



◆(五十嵐寛君)

 再度訂正いたします。大変失礼いたしました。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第20号及び議案第22号並びに議案第26号から議案第31号までの合計8件につきましてはいずれも起立により、また議案第21号及び議案第23号から議案第25号までの4件につきましてはいずれも全会一致をもってそれぞれ原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 ただいまの委員長報告に対し、御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に発言もなければ、これより採決を行います。

 初めに、起立採決から行います。

 議案第20号及び議案第22号並びに議案第26号から議案第31号までの合計8件については原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第21号及び議案第23号から議案第25号までの合計4件については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、日程第3、諮問第1号を議題といたします。

 本件について提出者の説明を求めます。

 石垣副市長。



◎副市長(石垣雅敏君)

 ただいま上程になりました諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について御説明をいたします。

 平成20年1月9日付で、人権擁護委員の増員による候補者の推薦について法務大臣から依頼されましたので、候補者の推薦に当たって議会の意見を求めるため、本案を提出するものであります。

 推薦を求める方でありますけれども、住所、根室市花咲町3丁目10番地、氏名、荒関恵美子、生年月日、昭和25年2月27日生まれでございます。

 荒関恵美子さんは、昭和43年3月、北海道立根室高等学校を卒業し、昭和58年から平成19年まで社団法人根室青年会議所事務局に勤務され、また平成17年4月に根室市食生活改善協議会会長、平成18年には社会教育委員として御活躍されている方でありまして、人格、見識とも人権擁護委員としてふさわしい方と判断したものであります。

 御同意のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(遠藤輝宣君)

 本件について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本件については可と答申することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本件については可と答申することに決定いたしました。

 次に、日程第4、許可第2号根室市議会議会運営委員会副委員長の辞任の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定に基づき、佐藤議員の退席を求めます。

     〔17番佐藤敏三君 退席〕



○議長(遠藤輝宣君)

 議会運営委員会副委員長佐藤敏三君から副委員長の辞任願が提出されております。

 まず、その辞任願を事務局長より朗読させます。



◎議会事務局長(高島成司君)

 朗読いたします。

 平成20年3月21日、根室市議会議長遠藤輝宣様。

 根室市議会議会運営委員会副委員長佐藤敏三。

 辞任願。

 今般、都合により議会運営委員会副委員長を辞任したいので、根室市議会委員会条例第12条第1項の規定により許可されるようお願いします。

 以上であります。



○議長(遠藤輝宣君)

 お諮りいたします。

 議会運営委員会副委員長の辞任を許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 よって、佐藤敏三君の議会運営委員会副委員長の辞任を許可することに決しました。

 ここで佐藤議員の除斥を解きます。

     〔17番佐藤敏三君 入場〕



○議長(遠藤輝宣君)

 次に、日程第5、選任第1号根室市議会議会運営委員会の委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 欠員となっております議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、中林直君を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 次に、日程第6、選任第2号根室市議会議会運営委員会委員長の選任を行います。

 お諮りいたします。

 欠員となっております議会運営委員会委員長の選任については、委員会条例第9条第2項の規定により、中林直君を議会運営委員会委員長に選任することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 次に、日程第7、選任第3号根室市議会議会運営委員会副委員長の選任を行います。

 お諮りいたします。

 欠員となっております議会運営委員会副委員長の選任については、委員会条例第9条第2項の規定により、竹内正利君を議会運営委員会副委員長に選任することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 ここで、ただいま選任されました議会運営委員会の正・副委員長から就任のごあいさつをお願いいたします。

 初めに、議会運営委員長中林直君。

 中林君。



◆(中林直君)

 ただいま選任されました中林でございます。残り期間1年と6カ月でございますけども、適正で公正な議会運営に努めてまいりたいと思いますので、ひとつよろしくお願い申し上げます。(拍手)



○議長(遠藤輝宣君)

 次に、副委員長竹内正利君。



◆(竹内正利君)

 委員長同様によろしくお願いを申し上げます。(拍手)



○議長(遠藤輝宣君)

 次に、日程第8、意見書案第1号から意見書案第6号までの合計6件を一括して議題といたします。

 本案について提出者の一括説明を求めます。

 中林直君。

 中林君。



◆(中林直君)

 ただいま上程になりました意見書案でございますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第1号根室市の道立高校2校体制を維持する意見書。

 意見書案第2号脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書。

 意見書案第3号「嫡出推定」に関する民法改正と救済対象の拡大を求める意見書。

 意見書案第4号暴走する投機マネーの規制を求める意見書。

 意見書案第5号輸入食品の検査検疫体制の抜本的強化を求める意見書。

 意見書案第6号地方の再生対策に関する意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について一括して質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案についていずれも原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、日程第9、意見書案第7号及び意見書案第8号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 神忠志君。

 神君。



◆(神忠志君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第7号労働者派遣法の抜本改正を求める要望意見書。

 意見書案第8号石油製品の高騰から暮らしと営業をまもる要望意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10、意見書案第9号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 澤崎文剛君。

 澤崎君。



◆(澤崎文剛君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第9号「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺ではなく自然林復元と被害防除に使うこと等を求める意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第11、意見書案第10号から意見書案第14号までの合計5件を一括して議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 神忠志君。

 神君。



◆(神忠志君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので、表題のみ申し上げます。

 意見書案第10号地球温暖化対策強化に関する要望意見書。

 意見書案第11号品目横断対策の抜本的見直し、農政の転換を求める意見書。

 意見書案第12号学習指導要領の改定に関する要望意見書。

 意見書案第13号公立病院の広域化・連携構想案の抜本的見直しを求める意見書。

 意見書案第14号最低保障年金制度の実現に関する要望意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 初めに、意見書案第10号及び意見書案第11号について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第12号及び意見書案第13号について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案第14号について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(遠藤輝宣君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 次に、日程第12、議案第44号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 中林直君。

 中林君。



◆(中林直君)

 ただいま上程となりました議案第44号根室市議会議員の報酬の特例に関する条例について御説明を申し上げます。

 根室市議会といたしまして、近年の地域経済の長期低迷や国の三位一体の改革に伴う市財政状況の悪化などを総合的に判断し、財政構造の弾力性の回復等を図る必要があることから、市議会議員の報酬月額の約5%相当並びに期末手当の2%を削減するため、特例措置として本案を提出するものであります。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(遠藤輝宣君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 別に御発言もなければ、本案については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(遠藤輝宣君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 これをもちまして本会議に付託されました案件の審議はすべて終了いたしました。

 ここで、本年3月31日をもって退職されます消防長からごあいさつをお願いいたします。

 消防長武田静夫君。



◎消防長(武田静夫君)

 ただいま議長のお許しをいただきましたので、退職に当たってのごあいさつをさせていただきます。

 私は昭和41年4月に根室市消防本部の消防官として任命されて以来、42年間という長い年月でもって務めさせていただきました。このことについては本当に皆様方からいろいろ御指導また御協力等を得ながらこの42年間というものを務めさせてもらったなと、深い感謝を込めているところであります。

 今後については、消防の、今現在の消防についても今まで同様、また今まで以上に御指導してもらえればなと思っております。本当に長い間どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(遠藤輝宣君)

 武田消防長におかれましては、大変長い間御苦労さまでした。健康に留意され、今後ますますの御活躍を御祈念申し上げます。

 閉会に当たり、私から一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は、去る3月3日の開会以来、本日までの19日間にわたり、提案されました新年度予算案をはじめ多くの重要案件について終始極めて熱心に審議され、本日ここにそのすべての審議を終了し、無事閉会の運びとなりましたことは、各位とともにまことに御同慶にたえません。

 私も嶋津前議長の後を引き継ぎ議長に就任し、ふなれな中、議事を進行することができましたが、これもひとえに議員各位の御協力のものと深く感謝を申し上げます。

 また、理事者各位におかれましては、今期定例会において成立いたしました各議案の執行に当たりましては、会議中の各議員の意見等を充分尊重し、市民の負託に応えられますようお願いを申し上げる次第であります。

 終わりに、今会期中に賜りました関係者各位の御協力に対し、衷心よりお礼を申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございます。

 それでは、ここで市長から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 長谷川市長。



◎市長(長谷川俊輔君)

 ただいま本会議に付託されました案件の審議がすべて終了いたしましたので、私からお礼を申し上げたいと思います。

 今定例会は、ただいま議長申し上げておりましたが、去る3月3日の開会以来、本日まで19日間にわたり、提案いたしました新年度予算をはじめ多くの案件について大変熱心に御審議をいただき、多くの御意見、御提言を賜りましたことに対しまして、心から感謝とお礼を申し上げます。

 今後の市政執行に当たりましては、このたびの審議の中でいただきました御意見、御提言等を踏まえ、厳しい財政状況ではありますが、市民の負託に応えられますよう英知を結集し、全力で市政を推進してまいります。今後とも議員皆様の御支援と御協力、そしてまた御指導を賜りますよう心よりお願いを申し上げまして、私のお礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(遠藤輝宣君)

 以上で平成20年第1回根室市議会定例会を閉会いたします。

 長期間本当に御苦労さまでした。

         午後4時12分 閉会







    上記会議の記録に相違ないことを証し、ここに署名する。







       平成20年3月21日







           議  長 遠 藤 輝 宣







           署名議員 小 沼 ゆ み







             〃   田 塚 不二男







             〃   五十嵐   寛