議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 根室市

平成19年  6月定例会(第2回) 06月29日−03号




平成19年  6月定例会(第2回) − 06月29日−03号







平成19年  6月定例会(第2回)



     平成19年第2回根室市議会定例会会議録



           第  3  号

     平成19年6月29日(金曜日)午後4時0分開議



〇議事日程

 日程第1 議案第48号及び議案第49号並びに報告第4号から報告第9号

 日程第2 議案第45号から議案第47号及び報告第3号

 日程第3 意見書案第7号から意見書案第16号

 日程第4 意見書案第17号

 日程第5 意見書案第18号及び意見書案第19号

〇出席議員(20名)

  13番   議   長   嶋 津 隆 之 君

  6番   副 議 長   熊 谷 雅 史 君

  1番   議   員   鈴 木 一 彦 君

  2番     〃     高 本 みさ子 君

  3番     〃     神   忠 志 君

  4番     〃     小 沼 ゆ み 君

  5番     〃     千 葉 智 人 君

  7番     〃     波 多 雄 志 君

  8番     〃     田 塚 不二男 君

  9番     〃     竹 内 正 利 君

  10番     〃     永 洞   均 君

  11番     〃     遠 藤 輝 宣 君

  12番     〃     滑 川 義 幸 君

  14番     〃     五十嵐   寛 君

  15番     〃     久保田   陽 君

  16番     〃     中 林   直 君

  17番     〃     佐 藤 敏 三 君

  18番     〃     澤 崎 文 剛 君

  19番     〃     藤 根 元 吉 君

  20番     〃     壷 田 重 夫 君

〇出席を求めた者

  市        長   長谷川 俊 輔 君

  教 育 委 員 会委員長   前 田   康 君

  代 表 監 査 委 員   宮 野 洋 志 君

  農 業 委 員 会 会 長   中 川   勉 君

  選挙管理委員会委員長   高 村 靖 徳 君

〇委任を受けた説明員

  副    市    長   石 垣 雅 敏 君

  総  務  部  長   小田嶋 英 男 君

  市 民 福 祉 部 長   島 谷   満 君

  水 産 経 済 部 長   奥 田 誠 二 君

  建 設 水 道 部 長   嶋 倉 博 義 君

  会 計  管  理 者   島 野 治 人 君

  病 院  事  務 長   新 濱   悟 君

  消    防    長   武 田 静 夫 君

  総  務  課  長   垣 通 鎮 夫 君

  企 画 政 策 室 長   長谷川 時 寛 君

  北 方 領 土 対策室長   高 橋 雅 典 君

  北方四島交流センター館長 泉   博 文 君

  情 報 管 理 課 長   高 橋   稔 君

  財  政  課  長   堀 合 康 文 君

  税  務  課  長   細 井 芳 夫 君

  市 民 環 境 課 長   菊 地 幹 夫 君

  社 会 福 祉 課 長   岩 山 幸 三 君

  介 護 福 祉 課 長   吉 本 恭 郎 君

  保健課長(兼)医師確保対策主幹

               竹 脇 秀 斗 君

  水 産 港 湾 課 長   佐 田 正 蔵 君

  水 産 研 究 所 次 長   博 田   功 君

  水産加工振興センター所長 鈴 木 義 克 君

  農林課長(兼)春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター館長

               村 田 裕 治 君

  商 工 観 光 課 長   野 田   敏 君

  都 市 整 備 課 長   鎌 重 清 二 君

  用  地  主  幹   星 山 祐 二 君

  建 築 住 宅 課 長   谷地中 義 幸 君

  上 下 水 道 課 長   鵜ノ澤   馨 君

  施  設  課  長   初 井 一 彦 君

  浄  水  場  長   畠 山 義 治 君

  会  計  課  長   会計管理者事務取扱

  病院事務局管理課長(兼)病院事務局医療情報室長

               本 田 俊 治 君

  医師確保対策室長(兼)病院建設準備室長

               佐々木 利 行 君

  消 防 本 部 次 長   加 藤 義 則 君

  消 防 本 部 総務課長   織 田 勝 洋 君

  消 防 本 部 警防課長   宗 像   淳 君

  消 防 署 副 署 長   佐 野 一 雄 君

  消 防 署 副 署 長   野 口 英 明 君

  消 防 署 救 急 主 幹   長 尾 勝 則 君

  総  務  係  長   谷 口 博 之 君

  教    育    長   鈴 木 健 二 君

  教  育  部  長   平 松 利 英 君

  教 育 総 務 課 長   今 井 泰 和 君

  施 設 担 当 主 幹   鎌 田   治 君

  社会教育課長(兼)勤労青少年ホーム館長

               佐 藤 達 雄 君

  社 会 体 育 課 長   成 田 勝 典 君

  総 合 文 化 会 館 長   石 塚 秀 雄 君

  図  書  館  長   下栃棚 弘 子 君

  監 査 委 員 事務局長   北 谷 英 俊 君

  農 業 委員会事務局長   村 田 裕 治 君

  選挙管理委員会事務局長  高 橋   稔 君

〇出席事務局職員

  議 会 事 務 局 長   高 島 成 司 君

  議 会 事 務 局 次 長   丸 山 一 之 君

  議会事務局議会総務係長  後 藤 幸 雄 君

  事 務 局  書  記   佐々木 有希乃 君

  事 務 局  書  記   愛 澤 英 王 君

────────────────────────



○議長(嶋津隆之君)

 ただいまから本日の会議を開きます。

 初めに、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、1番鈴木一彦君、10番永洞均君、17番佐藤敏三君を指名いたします。

 ここで事務局長から諸般の報告をいたします。



◎議会事務局長(高島成司君)

 御報告申し上げます。

 初めに、会議の出席状況でありますが、ただいまの出席は20名であります。

 本日の議事日程及び諸般の報告は、お手元に御配付のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で報告を終わります。



○議長(嶋津隆之君)

 それでは、日程第1、議案第48号及び議案第49号並びに報告第4号から報告第9号までの合計8件を一括して議題といたします。

 予算審査特別委員長より付託議件の審査の結果について報告を求めます。

 予算審査特別委員長竹内正利君。

 竹内君。



◆(竹内正利君)

 私は、予算審査特別委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第48号及び議案第49号並びに報告第4号から報告第9号の合計8件でありまして、本日午前10時から会議を開き、先刻をもって審査の終了を見たところであります。

 審査の中で、特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第48号平成19年度根室市一般会計補正予算については、1つ、太鼓の借上料の事業内容と活動期間について、1つ、郷土芸能体験プログラム事業の今後における見通しとその継続性について、1つ、子供たちに映画鑑賞や舞台芸能鑑賞への拡大と取り組みについて、1つ、木道の災害復旧概要と今後の計画について、1つ、春国岱における風倒木の現況と今後の取り扱いについて、1つ、エトピリカ文庫の内容と利用方法の取り組みについて、1つ、PCによる管理システムを実施した場合に、図書館での検索の可能性と貸し出しについて、1つ、不登校児童の支援対策事業の内容と実態に沿った対応について、1つ、AEDコミュニティー事業の内容と今後における整備促進の手法について、1つ、ふるさと誘致制度の内容と利用しやすい環境づくりについて、1つ、一般会計の財政状況の分析と結果について、1つ、財政指標の事業の位置づけについて。

 報告第5号専決処分の承認を求めることについては、1つ、特別調整交付金の増要因と交付漏れ、過交付による国保会計の影響について等々であります。

 質疑終了後、採択の結果、本委員会に付託されました議件のうち、議案第48号及び議案第49号につきましては、全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定をしたところであります。また、報告第4号から報告第9号までの合計6件につきましては、いずれも全会一致をもって原案のとおり承認すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(嶋津隆之君)

 ただいまの委員長報告に対して御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 別に御発言もなければ、これより採決を行います。

 初めに、議案第48号及び議案第49号の合計2件については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、議案第48号及び議案第49号の合計2件については原案のとおり可決されました。

 次に、報告第4号から報告第9号までの合計6件については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、報告第4号から報告第9号までの合計6件については原案のとおり承認されました。

 次に、日程第2、議案第45号から議案第47号及び報告第3号の合計4件を一括して議題といたします。

 ここで各常任委員長より付託議件の審査の結果について報告を求めます。

 総務常任委員長田塚不二男君。

 田塚君。



◆(田塚不二男君)

 私は、総務常任委員会委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第45号及び議案第46号並びに報告第3号の合計3件でありまして、6月28日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で、特に議論のありました主な事項について要約して申し上げます。

 議案第45号根室市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例については、1つ、勤労青少年ホーム職員の特殊勤務手当を廃止する考え方について。

 報告第3号専決処分の承認を求めることについては、1つ、法人課税信託の引き受けを行う個人課税の必要性について、1つ、税源移譲時の年間所得の変動にかかわる経過措置に対する周知方法について、1つ、エンゼル税制の期間延長の必要性について、1つ、バリアフリー改修工事にかかわる固定資産税の減額措置に対する周知方法について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件のうち議案第45号及び議案第46号の合計2件につきましては、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。また、報告第3号につきましては、起立により原案のとおり承認すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(嶋津隆之君)

 産業建設常任委員長神忠志君。

 神君。



◆(神忠志君)

 私は、産業建設常任委員長といたしまして、ただいま議題となりました議件の本委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました議件は、議案第47号の1件でありまして、6月28日会議を開き、即日審査を終了したところであります。

 審査の中で、特に議論のありました事項について要約して申し上げます。

 1つ、埋立事業の内容と規模について、1つ、マリンビジョンの位置づけと落石・歯舞漁港整備計画の内容と方向性について等々であります。

 質疑終了後、採決の結果、本委員会に付託されました議件は、全会一致をもって原案のとおり可決すべきことに決定したところであります。

 以上をもちまして私の報告といたします。



○議長(嶋津隆之君)

 ただいまの委員長報告に対して御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 別に御発言もなければ、これより採決を行います。

 議案第45号から議案第47号までの合計3件については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、議案第45号から議案第47号までの合計3件については原案のとおり可決されました。

 次に、起立採決を行います。

 報告第3号については原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(嶋津隆之君)

 起立多数であります。

 したがって、本件については原案のとおり承認されました。

 次に、日程第3、意見書案第7号から意見書案第16号までの合計10件を一括して議題といたします。

 本案について提出者の一括説明を求めます。

 遠藤輝宣君。

 遠藤君。



◆(遠藤輝宣君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので表題のみ申し上げます。

 意見書案第7号特定健診・特定保健指導に関する意見書、意見書案第8号後期高齢者医療制度の充実を求める意見書、意見書案第9号地球温暖化防止に向けた森林吸収源対策の着実な推進に関する意見書、意見書案第10号教育関連三法案の慎重審議を求める意見書、意見書案第11号医師不足の解決と地域医療を守る意見書、意見書案第12号ジェットコースターなど遊戯施設の事故の防止に関する意見書、意見書案第13号生活保護の「母子加算」廃止に反対する意見書、意見書案第14号地方財政に関する意見書、意見書案第15号2008年度国家予算編成における義務教育無償、義務教育費国庫負担制度の堅持と負担率1/2復元等教育予算の拡充を求める意見書、意見書案第16号高校再編にかかわる意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(嶋津隆之君)

 本案について一括して質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 別に御発言もなければ、本案についてはいずれも原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4、意見書案第17号を議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 滑川義幸君。

 滑川君。



◆(滑川義幸君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様お手元に御配付のとおりでございますので表題のみ申し上げます。

 意見書案第17号道路整備に関する意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(嶋津隆之君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

 神君。



◆(神忠志君)

 ただいま上程になりました意見書案、道路整備に関する意見書でありますが、これまでこの意見書案が議題となるたびに基本的な態度をるる述べてまいりましたので、ごくごく簡潔に態度を表明したいと思います。

 言うまでもなく、いわゆる特定の道路財源を確保するという問題は、いわゆる大型の公共事業と言われる高速道路や本州と四国のいわゆる本州架橋など、あるいは電源開発などの文字どおり先ほど申し上げましたように、大型公共事業に振り向けられる財源確保に関するものであります。

 しかし、私たちの根室市のような自治体を考えたときに、今穂香と温根沼にわずか7キロのところに140億円、150億円の予算をかけて道路建設がされておりますが、こういうところに財源が振り向けられるというのがこの道路整備の特定財源の問題であります。

 国会でも、あるいは小泉改革の中でも、特定財源を一般財源化するということについては、相当な議論が進んだところであります。私たち根室市の場合を考えたときに必要なことは、いわゆる毎年の土木費の予算審議でも問題になるように、生活に密着するような道路に本当に予算がつかないという問題が議論されておりますが、まさにそうしたところにこそしっかりと予算を振り向けられるような、特定財源の一般財源化がどうしても求められているというふうに思います。あわせて福祉や教育にもこれらの財源が振り向けられれば、今の地方財政の厳しい中でこの財源が有効に活用できるということにもなる。

 そういう立場から私たちは議会運営委員会の中でも大幅な修正を求めましたが、残念ながらその修正について受け入れられないということでありましたので、本意見書については反対の態度を表明するものであります。

 以上であります。



○議長(嶋津隆之君)

 ほかに御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について、いずれも原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(嶋津隆之君)

 起立多数であります。

 したがって、本案についてはいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5、意見書案第18号及び意見書案第19号の合計2件を一括して議題といたします。

 本案について提出者の説明を求めます。

 神忠志君。

 神君。



◆(神忠志君)

 ただいま上程になりました意見書案でありますが、皆様のお手元に御配付のとおりでございますので表題のみ申し上げます。

 意見書案第18号労働法制の拡充を求める意見書、意見書案第19号労働法制見直しに関する要望意見書。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いをいたします。



○議長(嶋津隆之君)

 本案について質疑を行います。

 御発言ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 別に御発言もなければ、本案については起立により採決を行います。

 本案について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(嶋津隆之君)

 起立多数であります。

 したがって、本案については原案のとおり可決されました。

 これをもちまして本議会に付議されました議件の審議はすべて終了いたしました。

 以上で平成19年第2回根室市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

         午後4時19分 閉会







    上記会議の記録に相違ないことを証し、ここに署名する。







       平成19年6月29日







           議  長 嶋 津 隆 之





           署名議員 鈴 木 一 彦





             〃   永 洞   均





             〃   佐 藤 敏 三