議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 根室市

平成18年 10月定例会(第3回) 10月26日−04号




平成18年 10月定例会(第3回) − 10月26日−04号







平成18年 10月定例会(第3回)



     平成18年第3回根室市議会定例会会議録



           第  4  号

     平成18年10月26日(木曜日)午前10時0分開議



〇議事日程

 日程第1 議案第68号から議案第70号及び議案第72号並びに議案第73号

 日程第2 議案第67号及び議案第71号

〇出席議員(20名)

  13番   議   長   嶋 津 隆 之 君

  6番   副 議 長   熊 谷 雅 史 君

  1番   議   員   鈴 木 一 彦 君

  2番     〃     高 本 みさ子 君

  3番     〃     神   忠 志 君

  4番     〃     小 沼 ゆ み 君

  5番     〃     千 葉 智 人 君

  7番     〃     波 多 雄 志 君

  8番     〃     田 塚 不二男 君

  9番     〃     竹 内 正 利 君

  10番     〃     永 洞   均 君

  11番     〃     遠 藤 輝 宣 君

  12番     〃     滑 川 義 幸 君

  14番     〃     五十嵐   寛 君

  15番     〃     久保田   陽 君

  16番     〃     中 林   直 君

  17番     〃     佐 藤 敏 三 君

  18番     〃     澤 崎 文 剛 君

  19番     〃     藤 根 元 吉 君

  20番     〃     壷 田 重 夫 君

〇出席を求めた者

  市        長   長谷川 俊 輔 君

  教 育 委 員 会委員長   前 田   康 君

  代 表 監 査 委 員   宮 野 洋 志 君

  農 業 委 員 会 会 長   中 川   勉 君

  選挙管理委員会委員長   高 村 靖 徳 君

〇委任を受けた説明員

  助        役   石 垣 雅 敏 君

  総  務  部  長   助役事務取扱

  企 画 振 興 部 長   庭 崎   誠 君

  保 健 福 祉 部 長   島 谷   満 君

  水 産 経 済 部 長   新 濱   悟 君

  建 設 水 道 部 長   小田嶋 英 男 君

  病 院  事  務 長   嶋 倉 博 義 君

  消    防    長   武 田 静 夫 君

  総  務  課  長   今 井 泰 和 君

  情 報 管 理 課 長   高 橋   稔 君

  市 民 環 境 課 長   西 村   快 君

  北 方 領 土 対策室長   丸 山 一 之 君

  北方四島交流センター館長 泉   博 文 君

  病 院 建 設 準備室長   中 川   悟 君

  企 画 政 策 室 長   高 島 成 司 君

  財  政  課  長   堀 合 康 文 君

  税  務  課  長   島 野 治 人 君

  社 会 保 育 課 長   岩 山 幸 三 君

  介護福祉課長(兼)児童デイサービスセンター館長

               吉 本 恭 郎 君

  保  健  課  長   竹 脇 秀 斗 君

  水 産 港 湾 課 長   佐 田 正 蔵 君

  水 産 研 究 所 次 長   博 田   功 君

  水産加工振興センター所長 鈴 木 義 克 君

  農林課長(兼)春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター館長

               二 瓶 哲 雄 君

  商 工 観 光 課 長   野 田   敏 君

  都 市 整 備 課 長   鎌 重 清 二 君

  用  地  主  幹   笹 谷 廣 明 君

  建 築 住 宅 課 長   谷地中 義 幸 君

  建築住宅課主幹(兼)病院建設準備室主幹

               田 沢 修 三 君

  上 下 水 道 課 長   鵜ノ澤   馨 君

  施  設  課  長   初 井 一 彦 君

  浄  水  場  長   畠 山 義 治 君

  会  計  課  長   細 井 芳 夫 君

  病 院 事務局総務課長   長谷川 時 寛 君

  病院事務局医事課長(兼)病院事務局医療情報室長

               本 田 俊 治 君

  消防本部次長(兼)消防署長 加 藤 義 則 君

  消 防 本 部 総務課長   織 田 勝 洋 君

  消 防 本 部 警防課長   宗 像   淳 君

  消 防 署 副 署 長   佐 野 一 雄 君

  消 防 署 副 署 長   野 口 英 明 君

  消 防 署 救 急 主 幹   長 尾 勝 則 君

  総  務  係  長   谷 口 博 之 君

  教    育    長   渡 辺 好 之 君

  教  育  部  長   平 松 利 英 君

  教 育 総 務 課 長   成 田 勝 典 君

  施 設 担 当 主 幹   鎌 田   治 君

  社 会 教 育 課 長   佐 藤 達 雄 君

  社 会 体 育 課 長   重 永   猛 君

  総 合 文 化 会 館 長   菊 地 幹 夫 君

  図  書  館  長   村 田 裕 治 君

  勤労青少年ホーム館長   石 塚 秀 雄 君

  監 査 委 員 事務局長   北 谷 英 俊 君

  農 業 委員会事務局長   二 瓶 哲 雄 君

  選挙管理委員会事務局長  高 橋   稔 君

〇出席事務局職員

  議 会 事 務 局 長   奥 田 誠 二 君

  議 会 事 務 局 次 長   垣 通 鎮 夫 君

  議会事務局議会総務係長  後 藤 幸 雄 君

  事 務 局  書  記   佐々木 有希乃 君

  事 務 局  書  記   愛 澤 英 王 君

────────────────────────



○議長(嶋津隆之君)

 おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 初めに、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、1番鈴木一彦君、12番滑川義幸君、19番藤根元吉君を指名いたします。

 ここで事務局長から諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(奥田誠二君)

 おはようございます。

 御報告申し上げます。

 初めに、会議の出席状況でありますが、ただいまの出席は20名であります。

 本日の議事日程及び諸般の報告は、お手元に御配付のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で報告を終わります。



○議長(嶋津隆之君)

 次に、市長から行政報告について発言の申し出がありますので、これを許可します。

 長谷川市長。



◎市長(長谷川俊輔君)

 おはようございます。

 議長のお許しをいただきましたので、行政報告を1件申し上げます。

 10月13日に時間をいただき、低気圧通過に伴う被害状況等について御報告をいたしましたが、その後判明いたしました被害状況を10月26日現在で取りまとめましたので、御報告をいたします。

 なお、お手元に資料を用意しておりますので、御参照願います。

 このたびの災害につきましては、13日にも申し上げましたが、観測史上最も強い最大瞬間風速42.2メートルを記録した暴風による被害と折からの大潮の満潮時間と低気圧通過時がほぼ重なったことによる高潮や高波による被害が主なものであります。

 住宅被害につきましては、市内7カ所で発生した高潮、高波による床上・床下浸水、暴風による住宅等の一部損壊、合わせて233件で、被害総額は3,454万1,000円となっており、倉庫等の非住宅被害につきましては42件、被害総額264万3,000円となっております。

 農業被害につきましては、畜舎、倉庫などの営農施設を中心に134件、被害総額は1億8,495万円となっております。

 水産被害につきましては、このたびの災害で最も深刻な被害を受けており、再度各漁協から報告を受けましたところ、最盛期を迎えていた秋サケの定置網が多くの被害を受け、全47カ統のうち、壊滅、大破が18カ統、半壊、破損が27カ統と合わせて45カ統が被害を受け、うち11カ統が今期操業を断念したと伺っております。その被害額は漁期終了を待たなければ最終的な被害額は明らかになりませんが、現時点で12億4,200万円となっております。

 また、高波による漁船の沈没が9件、流出、破損が132件となっており、市場や製氷工場などの漁業協同組合の共同利用施設の被害は14件、漁家の倉庫、乾燥室などの被害267件も含めまして合計で458件、被害総額は14億3,280万円と甚大な被害となったところであります。

 林業被害につきましては、市有林及び民有林で暴風による倒木被害が発生し、29件、被害総額は3,122万4,000円となっており、商工被害につきましては、店舗等の床上・床下浸水や屋根トタン剥離、シャッター破損などで96件、被害総額は3,953万7,000円となっております。

 公共施設、設備等の被害につきましては、病院、小・中学校、社会体育施設、土木港湾施設及びその他の施設において73件、被害総額1億9,165万4,000円となっており、特に昨年春国岱を中心とする風蓮湖地域のラムサール条約登録湿地の指定を受けたところでありますが、春国岱原生野鳥公園に設置している自然観察のための遊歩道が高波に洗われ破損し、また支柱が傾くなど被害が大きく、復旧には約1億6,500万円の経費が見込まれております。

 以上、一部概算の額も含めますが、被害件数では1,065件、被害総額につきましては19億1,734万9,000円となっております。

 被災した施設につきましては、早急に復旧措置を講じてまいりたいと考えておりますが、このたびの災害におきましては、特に水産被害が甚大となっており、漁船、漁具被害のみならず、水揚げ減少による水産加工業への波及、定置網漁業者の就労対策など大きな課題が残されておりますので、道漁連をはじめとする関係5団体と連携し、国、道に支援策を求めてまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(嶋津隆之君)

 それでは、日程第1、議案第68号から議案第70号及び議案第72号並びに議案第73号の合計5件を一括して議題といたします。

 本件について提出者の説明を求めます。

 順次発言を願います。

 財政課長。



◎財政課長(堀合康文君)

 おはようございます。

 議案説明に入る前に、恐れ入りますが、先日配付の平成18年度根室市一般会計補正予算(第2号)に関する説明書の10ページ、20款繰越金及び12ページ、22款市債の表の差しかえをお願いいたします。

 10ページ、繰越金の錯誤につきましては、繰越金の補正額のみの誤りで、補正の総額については変更ございません。

 また、12ページ、市債については、款及び項の名称の誤りです。

 今後、事務処理につきましては、細心の注意をもって当たっていきます。大変申しわけございませんでした。

 それでは、議案の説明に入らせていただきます。

 議案10ページをお開き願います。議案第68号平成18年度根室市一般会計補正予算(第2号)の内容について説明いたします。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,297万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ147億3,746万2,000円とするものです。

 補正の主な内訳につきましては、各助成事業の決定による経費の追加、障害者自立支援法の施行による給付費の追加のほか、事務事業の執行上特に支障のある経費について補正するものです。これらに対する主な財源として、地方交付税、国道支出金、繰越金等で措置するものです。

 主な内容につきましては、別冊の事項別明細書により説明いたします。

 事項別明細書の14ページをお開き願います。2款総務費、1項3目財産管理費4,647万8,000円の補正については、25節積立金のうち財政調整基金への積み立て4,500万円が主なものです。

 15ページへ参ります。同款2項1目税務総務費379万4,000円の補正については、冷凍倉庫の誤賦課による5件分の歳出還付金の補正です。

 16ページへ参ります。3款民生費、1項1目社会福祉総務費949万9,000円の補正については、障害者自立支援法の施行により、新規に自立訓練等給付費、就労継続支援訓練費給付費の補正です。

 18ページへ参ります。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費225万1,000円については、市外での分娩に対する補助等に係る経費の補正です。

 20ページへ参ります。9款消防費、1項1目常備消防費275万1,000円については、救急振興財団の助成事業の決定に伴い、自動体外式除細動器の購入経費です。

 同項3目消防施設費は、説明欄記載のとおりです。

 以上の結果、今回の補正額は7,297万1,000円となるものです。

 次に、歳入につきましては、歳出予算にかかわる各種事務事業に伴う財源調整をしたものですので、内容の説明については省略させていただきます。

 条文の13ページに戻りまして、第2条債務負担行為の補正及び次ページの第3条地方債の補正につきましては記載のとおりですので、説明を省略いたします。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津隆之君)

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(島谷満君)

 おはようございます。

 議案の15ページをお開き願います。ただいま上程になりました議案第69号平成18年度根室市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ620万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億3,592万1,000円とするものであります。

 補正の内容といたしましては、本年1月に北海道が策定いたしました市町村国民健康保険運営安定化支援計画に基づき、道の指定を受け実施する医療費適正化推進モデル事業の施行上特に支障のある経費に限定して補正するものであります。

 議案の16ページの歳入につきましては、歳出予算に計上した経費について全額を道支出金で措置するものであります。

 次に、議案の17ページの歳出について御説明いたします。

 1款総務費、1項総務管理費420万7,000円につきましては、当市における医療費適正化推進計画を策定するための委託経費でありまして、医療費及び検診データの分析や住民意識の調査等が主な委託内容であります。

 6款1項保健事業費200万円につきましては、生活習慣病の1次予防を重点として、個別健康支援事業の実施にかかわる委託経費であり、20名程度の参加者に対する健康講座や運動実践教室の開催等が主な委託内容であります。

 なお、別冊の事項別明細書につきましては、説明を省略させていただきます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議願います。



○議長(嶋津隆之君)

 建設水道部長。



◎建設水道部長(小田嶋英男君)

 議案18ページをお開き願います。議案第70号平成18年度根室市水道事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正につきましては、従来企業債は年度末の確定額をもって起債許可決定がされてきたところでございますが、地方債制度の協議制移行に伴い、今後10月末に第1次の起債許可が行われますことから、許可申請に必要な企業債限度額について補正するものであります。この詳細につきましては、別冊の実施計画書及び説明書に記載のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。

 条文予算に参ります。第1条は、総則の定めであります。

 第2条は、資本的収入の補正でありますが、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億8,011万円を2億7,741万円に、当年度分損益勘定留保資金2億5,786万8,000円を2億5,516万8,000円に改め、資本的収入の予定額を次のとおり補正するものであります。

 第1款資本的収入を270万円増額し、補正後の予定額を3億2,209万3,000円とするものであります。

 第3条企業債の補正につきましては、記載のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津隆之君)

 財政課長。



◎財政課長(堀合康文君)

 追加議案の2ページをお開き願います。議案第72号平成18年度根室市一般会計補正予算(第3号)の内容について説明いたします。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ469万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ147億4,215万9,000円とするものです。

 補正の主な内訳につきましては、10月6日から9日の低気圧により被害を受けた公共施設の災害復旧費等に要する経費について、急を要するもの、金額の確定したものを補正するものです。この主な財源として、地方交付税、単独災害復旧事業債で措置するものです。

 主な内容につきましては、別冊の事項別明細書に記載のとおりですので、説明は省略させていただきます。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津隆之君)

 建設水道部長。



◎建設水道部長(小田嶋英男君)

 議案6ページをお開き願います。議案第73号平成18年度根室市下水道事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正につきましては、一般会計と同様、去る10月6日から10月9日の低気圧による被害の復旧に要する経費を補正するものであります。この詳細につきましては、別冊の実施計画書及び説明書に記載のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。

 条文予算へ参ります。第1条は、総則の定めであります。

 第2条は、収益的支出の補正でありますが、第1款下水道事業費用を240万円増額し、補正後の予定額を6億8,246万2,000円とするものであります。

 第3条は、議会の議決を得なければ流用することのできない経費の補正であり、職員給与費を84万円増額し、補正後の予定額を6,198万4,000円とするものであります。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(嶋津隆之君)

 お諮りいたします。

 本件については、本会議の質疑を省略し、10名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置の上、審査を付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定をいたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま設置されました予算審査特別委員会の委員の選任については、お手元に御配付の名簿のとおり議長が指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定をいたしました。

────────────────────────

  〔朗読せざるも掲載〕


補正予算審査特別委員会議案付託一覧表
付  託  議  案

  議案第68号、第69号、第70号、第72号、第73号


                    (5件)

────────────────────────

    補正予算審査特別委員会委員名簿

鈴  木  一  彦    永  洞     均

高  本  み さ 子    滑  川  義  幸

小  沼  ゆ  み    五 十 嵐     寛

熊  谷  雅  史    澤  崎  文  剛

田  塚  不 二 男    藤  根  元  吉

                    以上10名

────────────────────────



○議長(嶋津隆之君)

 次に、日程第2、議案第67号及び議案第71号の合計2件を一括して議題といたします。

 本件について提出者の説明を求めます。

 順次発言を願います。

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(島谷満君)

 議案の8ページをお開き願います。ただいま上程になりました議案第67号根室市身体障害者及び老人日常生活用具給付等条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 本案につきましては、障害者自立支援法による地域生活支援事業が本年10月から施行されることに伴い、所要の改正を行うものであります。

 条例の改正の内容についてでありますが、題名を「根室市障害者及び老人日常生活用具給付等条例」に改めるものであります。

 第1条では、「身体障害者」を「障害者」に改めるものであります。

 第2条では、第1条と同様に「身体障害者」を「障害者」に改め、障害者の定義といたしまして、障害者自立支援法第4条第1項及び第2項に定めるものとするものであります。

 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行し、改正後の根室市障害者及び老人日常生活用具給付等条例の規定は、平成18年10月1日から適用するものであります。

 なお、当該改正条例の説明資料といたしまして、9ページに新旧対照表を添付しておりますので、御参照願います。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議願います。



○議長(嶋津隆之君)

 建設水道部長。



◎建設水道部長(小田嶋英男君)

 追加議案1ページをお開き願います。議案第71号損害賠償の額を定めることについて御説明いたします。

 本案につきましては、去る10月6日から10月9日にかけての低気圧により、光洋町2丁目の市営住宅光洋団地4棟15号(空き家)の風除室が強風にあおられ倒壊し、隣接入居者が所有する軽自動車に接触、破損させたものであります。このため、被害者に与えた損害に対しまして、その賠償の額を定めるため、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、議会の議決を求めるため本案を提出するものであります。

 損害賠償の額及び賠償の相手側につきましては、記載のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議願います。



○議長(嶋津隆之君)

 お諮りいたします。

 本件については、本会議での質疑を省略し、お手元に御配付の議案付託一覧表のとおり、各常任委員会に審査を付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津隆之君)

 御異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定をいたしました。

────────────────────────

  〔朗読せざるも掲載〕


各常任委員会議案付託一覧表
委員会名付  託  議  案
文教 厚生
常任委員会議案第67号
         (1件)
産業 建設
常任委員会議案第71号
         (1件)


────────────────────────



○議長(嶋津隆之君)

 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 なお、明日、27日の本会議は、議事の都合により午後5時に繰り下げて開きますので、定刻までの御参集をお願いいたします。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

 御苦労さまでした。

         午前10時21分 散会







    上記会議の記録に相違ないことを証し、ここに署名する。







       平成18年10月26日







           議  長 嶋 津 隆 之





           署名議員 鈴 木 一 彦





             〃   滑 川 義 幸





             〃   藤 根 元 吉