議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 芦別市

平成27年 第4回臨時会 05月13日−01号




平成27年 第4回臨時会 − 05月13日−01号









平成27年 第4回臨時会



                平成27年第4回



            芦 別 市 議 会(臨 時 会)会 議 録



            第1日目(平成27年5月13日)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△臨時議長の紹介



◎畠山優喜事務局長 皆さん、おはようございます。私は、議会事務局長の畠山と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 本日の議事運営は、お手元に配布の初日の議事運営予定表により進行させていただきます。

 一般選挙後、初めての議会でございますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員のうち、池田議員が年長の議員でございますので、御紹介を申し上げます。

─────────────────



△臨時議長挨拶



○池田勝利臨時議長 −登壇−

 ただいま御紹介をいただきました池田です。

 もう、この椅子には座ることないと思っていたのですけれども、また座ることになりました。

 地方自治法第107条の規定により、議長が選挙されるまでの間、私が臨時に議長の職務を務めさせていただきますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。

─────────────────



△議員自己紹介



○池田勝利臨時議長 この際、お諮りいたします

 本日は、一般選挙後、最初の議会でございますので、議員の自己紹介をお願いしたいと存じますが、いかがでございましょうか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利臨時議長 御異議がないようでございますので、これより自己紹介を行います。

 議席は50音順になっておりますので、石川議員から順次登壇して自己紹介をお願いします。



◆石川洋一議員 −登壇−

 このたび、初当選いたしました石川洋一でございます。理事者の皆様、議員の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 大鎌議員。



◆大鎌光純議員 −登壇−

 同じく、初当選しました大鎌光純です。議会の方も、理事者の方も、芦別を思う気持ちはみんな同じだと思います。一生懸命頑張っていきますので、よろしくお願いします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 大橋議員。



◆大橋二朗議員 −登壇−

 このたび、初当選させていただきました大橋二郎と申します。常に市民目線を忘れずに、しっかりと頑張ってまいりますので、理事者の皆様、そして議員の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 小川議員。



◆小川政憲議員 −登壇−

 小川政憲でございます。2期目に当選をさせていただきました。精一杯まちづくりのために頑張ってまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 北村議員。



◆北村真議員 −登壇−

 改めまして、おはようございます。このたび、初当選させていただきました北村真と申します。市民の皆様の信頼と負託に応えるべく、市政に真摯に向き合ってまいりたいと思います。

 理事者の皆様、議員の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 滝勝美議員。



◆滝勝美議員 −登壇−

 おはようございます。4期目に向かって、まちづくりに誠心誠意頑張ってまいりたいと思います。

 議員の皆さん、そして市民の皆さん、よろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 滝仁美議員。



◆瀧仁美議員 −登壇−

 新人議員の瀧仁美でございます。一つ一つ勉強させていただきながら、次代の子供たちに胸を張って渡せるまちづくりをつくってまいりたいと思っております。

 理事者の皆様、議員の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 田森議員。



◆田森良隆議員 −登壇−

 おはようございます。危ない危ないと言いながら、5期目を迎えました。本当にありがとうざいます。キーワードは、子供たちの未来のために、また子供たちのために一生懸命頑張ります。

 この4年間、よろしくお願い申し上げます。(拍手)



○池田勝利臨時議長 日沼議員。



◆日沼昇光議員 −登壇−

 おはようございます。市内北2条西1丁目1番地に居住をいたします日沼でございます。

 今後とも、どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 松井議員。



◆松井邦男議員 −登壇−

 おはようございます。日本共産党の松井です。市民目線で平和を守り、社会的弱者に政治の光が届く、市民の暮らしと命を守るために頑張ってまいります。

 よろしくお願いします。(拍手)



○池田勝利臨時議長 吉田議員。



◆吉田博子議員 −登壇−

 皆様、おはようございます。多くの市民の皆様の御支援をいただきまして、5期目当選をさせていただきました。

 これまでも、まちの御用聞きおばさんとして働いてまいりました。今後も同じように、市民の皆様の声を第一に、現場第一で、しっかりと御用聞きおばさんとして5期目務めてまいりたいと決意をいたしております吉田博子でございます。

 皆様方には大変また4年間お世話になりますけれども、どうぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)



◆池田勝利議員 −登壇−

 新城から出ております池田と申します。

 芦別市議会理事者、二元代表制ですので、しっかりと議会としてのチェック機能を果たしてまいりたいと、そう思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。(拍手)



○池田勝利臨時議長 以上で、各議員の自己紹介を終了します。

 (午前10時12分 開会)





△開会宣告



○池田勝利臨時議長 これより、平成27年第4回芦別市議会臨時会を開会します。

─────────────────



△開議宣告



○池田勝利臨時議長 直ちに、本日の会議を開きます。

─────────────────



△仮議席の指定について



○池田勝利臨時議長 この際、議事進行上、仮議席を指定します。

 仮議席は、ただいま御着席の議席とします。

─────────────────



△会議録署名議員の指名



○池田勝利臨時議長 今期臨時会の会議録署名議員に、石川議員、大鎌議員及び大橋議員を指名します。

─────────────────



△市長就任挨拶



○池田勝利臨時議長 市長から就任挨拶のため発言を求められております。この際、これを許します。

 市長。



◎今野宏市長 −登壇−

 このたびの臨時市議会におきまして、就任挨拶の御時間をいただきましたことに、冒頭、お礼を申し上げます。

 本年4月26日に執行されました芦別市長選挙において、市民の皆様より信任をいただき当選いたしました今野宏でございます。

 この選挙結果を受け、私が市政を担わせていただくこととなり、身の引き締まる思いでいっぱいでございます。

 また、議員の皆様におかれましても、芦別市議会議員選挙において、市民の皆様の厳正な審判を仰ぎ、見事当選されましたことに心からお祝いを申し上げます。

 さて、私が行います具体的な市政執行方針は、6月定例会でお示しをさせていただきますが、行政の継続も重要と認識しながら、見直すものはしっかりと見直すという姿勢を持ち、市民の皆様の思いがしっかりと市政に届くよう、市政運営に臨んでまいりたいと考えております。

 御存じのように、私は、昭和45年から平成19年までの36年間、芦別市役所に奉職し、また平成19年から本年4月までの8年間は、芦別市議会議員として市政に参画してまいりました。

 今後は、行政執行責任者として、ふるさと芦別の人や自然を大切にし、先人が築き上げた財産を継承しながら市民の皆様の知恵と活力を育み、誰もが誇れるまちを目指して全力で取り組んでまいる所存でありますので、議員並びに市民の皆様の特段の御理解と御協力をお願い申し上げ、私の就任の御挨拶とさせていただきます。



○池田勝利臨時議長 この際、しばらくの間休憩します。

午前10時15分 休憩

  ─────────────────

午後 2時45分 再開



○池田勝利臨時議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

─────────────────



△議長職志願者の所信表明



○池田勝利臨時議長 ここで、議長選挙に入る前に申し上げます。

 議長の選出に当たり、本会議において議長職を志願する者に対して所信を表明する機会を設け、議長職を志願する議員の発言をここで許したいと思います。

 議長職を志願する議員は挙手を願います。

 日沼議員。

 それでは、これより志願者の発言を許します。



◆日沼昇光議員 −登壇−

 御苦労さまです。改選後の初の議会に当たりまして、この先2年間4年間の議長副議長の選挙が行われるわけであります。

 私、このたびの議長選挙に立候補させていただく決意をさせていただきました日沼昇光でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 今、芦別を取り巻く課題たくさんございます。中でも、私どもが議会陣に求められているのは、議会の改革であります。

 このたび、新しく5人の新人議員が当選してきました。これらの方々に、きっとまだわからないかもしれませんが、私ども去る4月以前の4年間で議会改革特別委員会というものを作らせていただいて、その中で議会の今後のあり方というもについて種々議論をさせていただきました。26回にわたる、その委員会を開催をして、これからの芦別市議会はこうあるべきだというような基本条例をつくらせていただきました。まず最初に、それを忠実に守っていく、そしてそれが市民の皆さんの負託に応えるその最良の道であるというのが第1点の問題であります。

 2つ目は、今回の選挙戦を通じて大変厳しい市長選挙が行われました。与党だ野党だという言葉を使うのは余り好きではありません。しかしながら、この問題は今後の議会の運営を進めていく中で、必ずしこりになって残ってくる部分があるのではないかと、こういうふうに思っているところでもあります。

 したがいまして、それらの中和をさせるため、あるいは中道の路線をとっていって、それが市民の皆さんの期待に応えられるものだというような部分を、ぜひ私として今までの経験の中からこれを実行していきたい、こんなふうに思っているところでございます。

 与えられました芦別の課題たくさんございます。皆さんといろんな議論をさせていただいて、それを解決をしていくというのが課題の解決の道だと思います。

 いま一つ、池田仮議長から話がございました。議会は二元代表制であります。私どもは、市長が提案をしてくるいろいろな諸課題についていいのか悪いのか、この二元代表制をもって議論をしていかなければなりません。いいものは、はっきりといいと言いましょう。悪いものは、はっきりとこれは認められないと言いましょう。そういう議論をするのがこの議会の役割でもございますから、私自身それを肝に銘じながら今後の議会運営をしていきたい、このように思ってございますので、ぜひ御支援を賜りますようにお願いを申し上げて、私の立起に当たっての御挨拶とさせていただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○池田勝利臨時議長 ほかに、議長選に立起される方はいらっしゃいませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利臨時議長 以上で、議長職志願者の発言が終了しました。

 ここで、議員各位に申し上げます。

 ただいま行いました議長職志願者の所信表明は、地方自治法で規定している議長選挙の方法を変更するものではありません。

 したがって、所信表明の有無にかかわらず、全議員が選挙人、被選挙人であることが前提となっておりますので、所信表明を行わなかった議員に対しての投票も有効でありますので、御承知願います。

─────────────────



△選挙第1号



○池田勝利臨時議長 日程第1 選挙第1号議長の選挙を行います。

 事務局長をして、議長及び副議長の選挙の要領について説明させます。

 事務局長。



◎畠山優喜事務局長 議長選挙の要領につきまして、念のため御説明申し上げます。

 議長選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、公職選挙法の規定が準用されることになっております。

 したがいまして、選挙人が指定の場所において、投票用紙に被選挙人1名の氏名を自書して投票箱に入れていただきます。また、代理記載も認められております。

 投票の結果、有効投票の最多数を得た者をもって当選人となりますが、当選人となるには、有効投票の4分の1以上の法定得票数が必要であります。

 このほか、具体的な選挙の方法等につきましては、会議規則第25条から第32条までの規定が適用されます。

 まず、投票に先立ち、臨時議長が議場の閉鎖を命じます。これは、選挙の公正と円滑な運営を確保するためのものであります。この場合、議場の閉鎖後の議場への出入りは禁止されますが、病気その他の理由により緊急退場したい場合には、臨時議長に申し出て、その許可を得てから退場することができますが、投票が終了するまで入場することができません。

 次に、臨時議長は、出席議員数を確認し、職員をして投票用紙を配布させます。

 さらに、投票用紙の配布確認と投票箱の点検を行い、異状がないことを認めた後に投票開始となります。

 投票は、現在の仮議席順に私が氏名を点呼いたしますので、演壇の前に設けられました投票記載所において、配布いたしました投票用紙に被選挙人の氏名1人だけを記載し、演壇の上の投票箱に入れて自席に戻っていただくことになります。

 投票が終了いたしましたら、臨時議長は、投票漏れの有無を確認の上、議場の閉鎖を解き、会議規則第31条の規定に基づき、議員の中から3人の立会人を指名して、その立ち会いのもとに開票を行うことになります。

 得票が確定いたしますと、臨時議長が投票の結果を確認し、それを報告して議長選挙が終了することになります。

 以上が議長選挙の要領でありますが、この後に行われます副議長選挙の要領も同様でありますので、御了承をお願いいたします。

 以上で、説明を終わります。



○池田勝利臨時議長 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○池田勝利臨時議長 ただいまの出席議員は12名であります。

 投票用紙を配布させます。

(投票用紙配布)



○池田勝利臨時議長 配布漏れはございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利臨時議長 配布漏れはなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○池田勝利臨時議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

 事務局長。



◎畠山優喜事務局長 それでは、議員のお名前を申し上げます。

 石川議員、大鎌議員、大橋議員、小川議員、北村議員、滝勝美議員、瀧仁美議員、田森議員、日沼議員、松井議員、吉田議員、池田議員。

(順次投票)



○池田勝利臨時議長 投票漏れはございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利臨時議長 投票漏れなしと認めます。

 以上で、投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○池田勝利臨時議長 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、小川議員、北村議員及び瀧仁美議員を指名します。

 したがって、小川議員、北村議員及び瀧議員の立ち会いを願います。

(開  票)



○池田勝利臨時議長 それでは、選挙の結果を報告します。

 投票総数12票、有効投票9票、無効投票3票。有効投票中、日沼議員8票、滝勝美議員1票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は3票であります。

 したがって、日沼議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました日沼議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知します。

─────────────────



△議長就任挨拶



○池田勝利臨時議長 議長に当選されました日沼議員から御挨拶があります。

 日沼議員、登壇の上、議長就任の御挨拶を願います。



○日沼昇光議長 −登壇−

 多くの皆さんの御支援をいただいて議長に就任をさせていただきます。

 もとより浅学非才の私でございますし、ただただ経験だけが積んでいるというようなものでございます。

 しかしながら、今までの経験を生かして、これからの円滑な議会運営に務めてまいりたいと、このように思ってございます。

 私自身、かれこれ40年ぐらい前になりますか、以来、細谷市長、東田市長、林市長、清澤市長、そして今度の今野市長、5人の市長に支えるような、そういう議会の経験をさせていただきました。今後も、芦別の住みよいまち、芦別をいいまちにするために、議会で活発な議論をしながら、この新しい芦別のまちをつくるように頑張ってまいりたいと、このように思いますので、ぜひとも御協力をいただいて円滑な議会運営に御支援をいただきますように、心からお願いを申し上げて就任の御挨拶にさせていただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございます。(拍手)



○池田勝利臨時議長 以上をもちまして、選挙第1号は終了しました。

 新議長が選挙されましたので、臨時議長の職務は終了しました。

 皆様の御協力により、無事終了させていただきましたことを厚く御礼申し上げまして、臨時議長退任の挨拶といたします。ありがとうございました。(拍手)

 この際、少しの時間休憩します。

午後 3時06分 休憩

  ─────────────────

午後 3時19分 再開



○日沼昇光議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

─────────────────



△副議長職志願者の所信表明



○日沼昇光議長 ここで、副議長選挙に入る前に申し上げます。

 副議長の選出に当たり、本会議において副議長職を志望する者に対して所信を表明する機会を設け、副議長職を志望する議員の発言をここで許したいと思います。

 副議長職を志願する議員は挙手を願います。

 滝勝美議員。

 それではここで、これより志願者の発言を許します。

 滝勝美議員どうぞ。



◆滝勝美議員 −登壇−

 御苦労さまです。副議長として、議長の少しでも手助けなるように足を引かないように、また議会基本条例、これらをきちっと中心に進めてまいりたいと思います。

 今後とも、よろしくお願いいたします。(拍手)



○日沼昇光議長 以上で、副議長職志願者の発言が終了しました。

 ここで、議員各位に申し上げます。

 ただいま行いました副議長職志願者の所信表明は、地方自治法で規定している副議長選挙の方法を変更するものではありません。

 したがって、所信表明の有無にかかわらず、全議員が選挙人、被選挙人であることが前提となっておりますので、所信表明を行わなかった議員に対しての投票も有効でありますので、御承知願います。

─────────────────



△選挙第2号



○日沼昇光議長 日程第2 選挙第2号副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○日沼昇光議長 ただいまの出席議員は12名であります。

 投票用紙を配布させます。

(投票用紙配付)



○日沼昇光議長 投票用紙の配布漏れはございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○日沼昇光議長 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○日沼昇光議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

 事務局長。



◎畠山優喜事務局長 それでは、議員のお名前を申し上げます。

 池田議員、石川議員、大鎌議員、大橋議員、小川議員、北村議員、滝勝美議員、瀧仁美議員、田森議員、松井議員、吉田議員、日沼議員。

(順次投票)



○日沼昇光議長 投票漏れはございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○日沼昇光議長 投票漏れなしと認めます。

 以上で、投票を終了します。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○日沼昇光議長 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、小川議員、北村議員及び瀧仁美議員を指名します。

 したがって、小川議員、北村議員及び瀧仁美議員の立ち会いを願います。

(開  票)



○日沼昇光議長 それでは、選挙の結果を報告します。

 投票総数12票、有効投票11票、無効投票1票です。有効投票中、滝勝美議員11票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は3票であります。

 したがって、滝勝美議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました滝勝美議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたしします。

─────────────────



△副議長就任挨拶



○日沼昇光議長 副議長に当選されました滝勝美議員から御挨拶があります。

 滝勝美議員、登壇の上、副議長就任の御挨拶を願います。



○滝勝美副議長 −登壇−

 ただいま御紹介いただきました滝勝美でございます。3期12年間の実績をもとに、4期目、副議長として、議会運営の中で議長の助け船として頑張っていきたいと思います。皆さんと、開かれた議会を目指して頑張ってまいりたいと思います。よろしくお願い申し上げます。(拍手)



○日沼昇光議長 この際、しばらくの間休憩をします。

午後 3時32分 休憩

  ─────────────────

午後 3時45分 再開



○日沼昇光議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

─────────────────



△会期の決定



○日沼昇光議長 日程第3 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日からあす14日までの2日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○日沼昇光議長 御異議なしと認めます。

 したがって、会期は、2日間と決定いたしました。

─────────────────



△議席の指定について



○日沼昇光議長 日程第4 議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、一般選挙後、最初の会議において議長が定めることになっております。

 議席は、ただいま御着席の議席に指定をいたします。

─────────────────



△散会宣告



○日沼昇光議長 以上で、本日の日程は全て終了をいたしました。

 本日は、これをもちまして散会をいたします。

      (午後 3時46分 散会)