議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 芦別市

平成26年 第4回定例会 06月18日−03号




平成26年 第4回定例会 − 06月18日−03号









平成26年 第4回定例会



                平成26年第4回



            芦 別 市 議 会(定 例 会)会 議 録



            第3日目(平成26年6月18日)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (午前10時00分 開議)





△開議宣告



○池田勝利議長 これより、本日の会議を開きます。

─────────────────



△諸般報告



○池田勝利議長 この際、諸般の報告をさせます。

 事務局長。



◎畠山優喜事務局長 日沼議員から、本日所要のため、若干の時間おくれる旨の届け出がございました。

 以上でございます。

─────────────────



△報告第7号



○池田勝利議長 日程第1 報告第7号法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることの専決処分についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。



◎清澤茂宏市長 −登壇−

 ただいま議題となりました報告第7号法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることの専決処分についてを御説明申し上げます。

 本報告は、市が管理する学校施設における人身及び物損事故につきまして、相手方との間で示談を成立させるに当たり、その損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定に基づく昭和61年9月27日市議会の議決による議会の委任による専決処分事項の指定についてに該当することから、平成26年6月6日に専決処分を行いましたので、同条第2項の規定により、ここに御報告申し上げる次第でございます。

 この事故は、去る平成26年1月21日午後2時20分ごろ、芦別市北2条東1丁目1番地の芦別小学校敷地内で発生したもので、下校する孫を迎えに来た被害者が、屋内運動場横に普通乗用自動車を停車し、車内で待機していたところ、屋根からの落雪があり、本人を負傷させるとともに、乗車車両を破損させたものでございます。

 負傷した方及び破損した車両に対する損害賠償につきましては、相手方と示談で解決するよう協議を進めてまいりました結果、市が支払う賠償金は、治療費7,850円に普通乗用自動車の修理費90万7,200円を加えた91万5,050円で合意に達したものでございます。この賠償額につきましては、社会一般の事例から推察いたしまして妥当なものと認められましたので、専決処分により損害賠償の額を決定し、示談を成立させ、市がその責任を果たしたものでございます。

 なお、この賠償金につきましては、本市が加入しております全国市町会学校災害賠償補償保険によって相手方に支払われるものでございます。

 また、事故後は学校敷地内全般の点検を行い、今後、このような事故が起きないよう適切な施設管理に努めているところでございます。

 以上が本報告の内容でございますので、よろしく御了承くださいますようお願い申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 以上で、報告第7号は終了しました。

─────────────────



△議案第22号・議案第23号・議案第24号・議案第39号・議案第40号・議案第48号・議案第49号



○池田勝利議長 日程第2 議案第22号芦別市社会体育施設条例等の一部を改正する条例の制定について、日程第3 議案第23号芦別市営牧場条例等の一部を改正する条例の制定について、日程第4 議案第24号芦別市普通公園条例等の一部を改正する条例の制定について、日程第5 議案第39号芦別市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、日程第6 議案第40号芦別市私立幼稚園就園奨励費補助金交付条例の一部を改正する条例の制定について、日程第7 議案第48号芦別市過疎地域自立促進市町村計画の変更について、日程第8 議案第49号定住自立圏形成協定の締結について、以上7件を一括議題とします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長松田議員。



◆松田保議員 −登壇−

 第2回定例会において本委員会に付託され、閉会中継続審査となっております議案第22号から第24号まで並びに今期定例会において本委員会に付託されました議案第39号、第40号、第48号及び第49号、以上7件につきまして、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、審査の経過について申し上げます。

 本委員会は、議案第22号から第24号までの3件については、去る3月10日、4月17日、5月21日及び6月16日の計4回にわたり委員会を開催し、また、議案第39号、第40号、第48号及び第49号の4件については、6月16日に委員会を開催し、説明員の出席を求めて質疑を行い、続いて討論、採決と、慎重に審査を行った次第であります。

 なお、討論の過程において、議案第22号については若松委員と中島委員から反対討論があり、また、議案第23号、第24号、第48号及び第49号の4件については若松委員から反対討論があり、本案についての採決は挙手により行ったところであります。

 次に、審査の結果について申し上げます。

 議案7件を採決の結果、お手元に配布の委員会審査報告書に記載のとおり、議案第22号から第24号まで及び第48号、第49号の5件については賛成多数で原案可決、議案第39号、第40号の2件については、全員一致をもって原案可決と決定した次第であります。

 以上が本委員会の審査の経過と結果でございますので、よろしく御審議くださいますようお願いを申し上げ、本委員会の審査報告といたします。



○池田勝利議長 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑は7件一括行います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 これより、討論に入ります。

 討論は7件一括行います。

 若松議員。



◆若松市政議員 議案第22号、議案第23号、議案第24号及び議案第48号、議案第49号、賛成できない点がありますので、意見を述べて反対いたします。

 初めに、議案第22号芦別市社会体育施設条例等の一部改正、議案第23号芦別市営牧場条例等の一部改正、議案第24号芦別市普通公園条例等の一部改正、以上の3議案について、まず意見を述べて反対いたします。

 条例改正案は、使用料及び手数料などに消費増税8%を転嫁しようというものです。消費税は、そもそも庶民いじめの悪税であると、福祉のために使うと言うが、福祉に充てるのはごく一部です。自立自助の名のもとに、さまざまな負担を求めています。大きな企業は消費税を払うこともなく、復興特別法人税は前倒し廃止の上、さらに法人税率のさらなる引き下げを求めています。強い者は強く、弱い者はより痛めつけられております。そのような消費税の増税は、絶対反対であります。廃止を強く求めるものであります。

 消費税法では、市理事者も認めているように、一般会計で扱う公共料金について、同法の60条第6項で、消費税を課さなくてもいいとしています。道内以外での少なからぬ自治体では、住民生活を少しでも守る立場から、消費税増税分を引き下げるなど負担軽減の知恵を出しております。自治体は国の下請機関ではありません。地方自治法で住民の福祉増進を第一義的任務としております。国の悪政から市民の暮らしを守る防波堤的役割を強く求める立場から、消費税増税転嫁の条例改正には反対であります。

 以上を申し上げて、3議案に対する反対討論といたします。

 次に、議案第48号芦別市過疎地域自立促進市町村計画の変更について、賛成できない点がありますので、意見を述べて反対をいたします。

 計画変更として3事業が追加されていますが、そのうち、道の駅整備事業に関してであります。このことについて、3月議会において、当初示された道の駅整備事業にかかわる実施設計について、多くの議員から、財政状況などを踏まえて、事業の考え方や進め方に厳しい意見が出され、予算を大幅に減額し、予備費に回す修正案が賛成多数で可決されました。

 私は一般論として、にぎわいづくりに反対ではないが、ただ、道の駅整備に多額の事業費を投じ、ほかのまちからの入り込みでにぎわいをつくりたいという考えに賛成できないのであります。市民が安心して住み続けられるまちづくりのために力を入れるべきです。道の駅にぎわいづくりの構想について、そもそも論として疑問を持っており、反対であります。事業の年次計画の27年度では、3月議会で予備費に回した事業を復活計上しております。そうした計画には、断固賛成できません。以上を申し上げて、私の反対討論といたします。

 次に、議案第49号定住自立圏形成協定の締結について、意見を述べて反対いたします。

 私は、周辺の市町が連携する広域連携を全く否定したり反対するものではありません。平成の合併が計画どおり進んでいないもとで、定住自立圏構想は、形を変えた市町村合併へと誘導するものでないかと懸念をしております。最近、地方自治法が改正され、地方の人口20万人以上の市を地方中核都市と位置づけ、周辺市町村との新たな圏域設定を進めようとしています。平成20年12月に、総務省事務次官通達で、広域行政圏計画策定やふるさと市町村圏推進の要綱を21年3月をもって廃止することを通知しております。それにかわるものとして、広域連携について、地域の実情に応じて関係市町村の自主的協議による取り組みとして定住自立圏構想などを示し、地方交付税による財政措置を講ずる考えを示しております。3月議会での議案第21号市議会が議決すべき事件に関する条例改正に対する反対討論で申し上げましたが、国は、中心市に、社会資本整備の投資のために多額の財政を支援するとしています。協定を結ぶ周辺市町は中心市が決定するサービス推進に左右され、周辺市町はサービスの縮小や再編が懸念されます。5市5町の定住自立圏が発足したら、圏域人口は、道州制が目標とする10万人単位の基礎的自治体となります。行く行くは、道州制や自治法改正を目指す基礎的自治体の基盤づくりにつながっていくことを懸念をいたします。

 定住自立圏構想の要綱では、計画策定、調整、意思決定にあり、関係市町村の住民に対して、あらかじめ具体的な内容の数値を求めていますが、現状は住民抜きでどんどん具体化され、ほぼ決まったことの追認を求めるごとく住民不在の進め方には賛成できません。

 今議会での質疑では、定住自立圏構想に参画するに当たり、市が求める具体的な要望や事業内容やメリットは、今後の共生ビジョン策定協議で深めていくと示されておらず、こうしたもとでのアバウト的な協定締結には納得できません。以上を申し上げて、私の反対討論といたします。

 以上。



○池田勝利議長 松井議員。



◆松井邦男議員 私は、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第48号、議案第49号について反対であります。

 反対討論の趣旨は、今、若松議員が申し上げられた趣旨に同一でありますので、反対いたします。



○池田勝利議長 ほかに発言ございませんか。

 中島議員。



◆中島隆義議員 継続審査となっておりました議案第22号芦別市社会体育施設条例等の一部を改正する条例の制定について、この間、審査の過程を通じ、さまざまな議論を積み重ねてまいりましたけれども、いわゆる提案の趣旨及び計算方法等々について納得できない部分が生じましたので、この議案第22号には賛成的できかねるという立場から、意見を申し上げたいと思います。

 まず、今般、前回に出されました議案第22号から第24号の3件については、消費税5%から8%へ、3%の転嫁に伴う措置ということで、趣旨説明では、極めて機械的な措置ということで提案をされたように承っております。

 私どもは、消費税を転嫁することに特段の異議を差し挟むものではありません。趣旨説明の中でもありましたとおり、本来的には転嫁をしなくても済む性質のものではありますけれども、本市が行う契約あるいは物品購入等々については、やはり貴重な税を使った中で、消費税も転嫁された部分の支払い行為をしております。そういう意味では、市民にとって、やはり消費税という性格、あるいは納税の意識、その旨をしっかり周知していただきたいと、そういう意味も込めて今回は提案した、そういう説明がございました。その旨、私どもは、それを是といたしました。

 しかしながら、この第22号においては、基本料金の設定についてどうしても納得できない部分が生じました。基本料に108を掛けて端数処理をする、この手法は私どもは認めております。しかしながら、そのもととなるべき基本料に対して108を掛け、端数処理をしたものを基本料と設定し、そして、それを単純的に機械的に処理をしている、そういう操作が、計算手法が今回とられております。

 最初の提案趣旨からいたしますと、多少の額ではあっても、市としても、何とかその部分を、財政上から、わずかであってもプラスに得ていたいという、そういう思いがあったと思っています。だとすれば、本来もともとあるべき基本料率に来るべき数値を掛けて、あるいは時間数を掛けて、そして端数処理をするのがもともとの手法であると、その旨の確認を、継続審査中にも重ねて何回も議論をさせていただきました。第23号、第24号については、そのように処理をしているという明快な答弁がありましたので、私どもは、この二つの議案については是といたします。しかしながら、22号については、最初の処理に、私は過ちがあったとどうしても言わざるを得ない。なぜなら、わずか4円の端数処理でありますけれども、5時間分では20円という端数が生じません。したがって、きちんとした統一基準のもとでやっていただきたかったということを申し上げておきます。

 それからもう1点、これは手法上の問題ではありません。これは、市民に対するサービスといいますか、市長がこの間ずっと言われてきた政策上の矛盾です。それは、なまこ山総合運動公園にかかわるパークゴルフ場の料金についてであります。この条例の施行日は、10月1日となっております。なまこ山パークゴルフ場は、どう考えても10月いっぱいが限度であります。わずか1カ月の料金改定、値上げ、なぜ、これを、社会体育施設が持っている市民への健康とか、あるいは、常日ごろ申しておられます教育とか、あるいは、市外の人々に利用していただくための便宜性を図ると、そういうような観点から、市長もこの間、政策的に、精力的に整理をされてきたはずであります。今回、この部分が整理をされずに、継続審査の間にも重ねてその旨を申し上げてまいりましたが、それについては新たな提案がなされなかった、考え方が示されなかったことが非常に残念であります。一度提案したら、あとは議会が勝手に処理をすればいいと、そういうものではないと思います。

 そういう立場から、今回はこの議案第22号には承服できない多々の側面があったということを申し添えて、反対討論といたします。



○池田勝利議長 ほかに発言。

 松田議員。



◆松田保議員 委員長が委員長報告に反対をすると、異例のことではございますが、会議規則等々では認められております。このような反対討論をすることを非常に残念に思っておりますけれども、しかし、このまま委員長だからといって、この案件を黙って見過ごすわけにはいかない。私なりの正義感で、議案第22号、第23号について反対をいたしたいと思います。

 およそ、この使用料、手数料、行政にとりまして、自治体にとりまして、あるいは市民にとりまして、どこが適切なのか。高過ぎるのか、安過ぎるのか、我々に課せられた永遠の課題であります。その適正価格は、ある意味では神のみぞ知る。各自治体、試行錯誤しながら、それなりの理論武装をしながら、今日までお決めになってきていると、このように私は解釈しております。

 そこで、芦別方式はといいますと、どこにその妥当性を求めるかということでございますけれども、長年、近隣市のデータを持ち寄り、その平均値を目安として、著しく低いときには、いかにその平均金額に持ってくるか、これが、おおよその芦別の使用料、手数料の決めてきた経過でございます。これはこれで、市民に対して、空知10市あるいは近隣市の平均だからという、一つの説得力のある根拠でもございました。

 事実、市長は、昨年、ごみ袋のそれぞれの分別された袋の金額の値下げをいたしました。今年の4月1日から施行されております。しかし、一般ごみ袋、これは105円から100円に下がった、わずか5円の値下がりでございます。ほかは大幅に下がっております。その理由はといいますと、近隣市の一般ごみ袋代が大体100円になっているから、芦別もこの辺にとどめたい、議会もそれをよしとしたのです。つまり、近隣の平均というものをずっと尊重して、この間、使用料、手数料を、本市の場合、やってきた経過がある。

 そういった中で、今回、さまざまな分野での使用料、手数料の改正でございますけれども、幾つかの疑問点、矛盾点が出ましたので一つ一つ論議させていただきたいと思います。

 1点目は、今ほど中島議員からも出ました施行期日の問題でございます。私の経験上、通年で使われているもの、これが途中で変更になる、記憶にございません。新しい施設等々が、供用が10月だとか冬だとかということになれば、途中での条例改正といいましょうか、新設条例等々が出て料金が決まってくるわけでございますけれども、通常このように行われている使用料、手数料で、年度途中に変わる。先ほど来申し上げていますように、芦別市は近隣の平均を見ながら決めてきておりますから、たとえ近隣が消費税絡みで上がろうとも、それらの上がり幅をじっくり見定めながら、芦別とどれだけ差が出たのか、それを見きわめながら、新年度に向けて十分な内容であります。なぜ急がれるのか。理解に苦しむところでございます。

 ですから、今ほど中島議員から出ましたように、10月いっぱいで恐らくやクローズになるパークゴルフ場を、年度途中の、それも終わりのほうになって値上げという、料金改定をせざるを得ないなんていう、はっきり申し上げまして、みっともない料金改正をしようと、そういったことにつながってくるわけでございます。

 2点目につきましては、やはりここ十数年、市民の皆さんが利用しやすいように、あるいは担当窓口が扱いに楽になるように、一定の高額金額に関しましては端数整理をしてまいりました。時には四捨五入で何十円か、100円か200円値上がりの部分もあるでしょう。四捨五入ですから、値下がりの部分もあるでしょう。しかし、それによってどれだけ市の財政収入に御迷惑をかけたのでしょうか。あるいは、市民負担にどれだけ御迷惑かけたのでしょうか。それ以上に、利用しやすい、わかりやすい金額、これのほうが、税と違いますから、市民サービスといった大きなくくりから考えますと、当然であります。

 委員会論議の過程で、財政部局のほうからは、他市もやっているからと、このような答弁がございましたけれども、説明がありましたけれども、いいことは当然学ばなければいけませんけれども、せっかくこの使用料、手数料の改革に向けて芦別市が取り組んできていることを、なぜ一夜にして崩してしまうのだろうか。非常に残念な思いがいたします。

 さて、3点目、非常に大切な問題でございます。先ほども述べました、本市は他市の料金を参考にしながら決めてまいりました。ですから、今までの現行の料金、使用料につきましても、当然、他市が消費税をカウントしているとするならば、芦別市も入っているわけでございます。ただ、内税ですから、一つ一つ明細を出していないだけのことでありまして、当然入っているわけでございます。

 そこで忘れてはならないのは、他市と違うところが1点だけあるのです。それは、平成20年度に、使用料、手数料、一部税金もそうですけれども、5割増しという暴挙をやってしまったのです、この芦別市は。議会やら市民の生活上影響の大きいところから、市長は値下げをしてまいりました。以前の数字に可能な限り戻してきました。しかし、全部戻り切っていないのです。ほかの市が消費税を上げたことが問題ではないのです。幾ら芦別と差が出たのかが問題なのです。ですから、5割上がったまま、下がっていないものもありますから、それに、あえてそれを下げれとまでは言いませんけれども、他市の平均が追いついてくるまで、これは芦別市としては上げるべきではないのです。今回の中に、条例改正の中に、多分にその部分が入っているのです。さらに消費税を上乗せしているのです。私に言わせれば、税の二重取りです。平成20年度のうちに、もう消費税分を上乗せしてしまっているという解釈も成り立つわけです。これらは、たとえ、消費税分だからいいだろうではなくて、何度も申し上げますけれども、他市の平均が上がってくるまではさわるべきではない。そんな意味で、他市より高い使用料、手数料になってしまっていることにお気づきでないのかなと。非常に残念に思います。もちろん全てとは申しません。そういった箇所が随所に見受けられるということでございます。

 さらに、2点の点については、特に認めがたい点がございます。何度も出ておりますパークゴルフ場でございます、料金でございます。これは、市長、教育長、あなた方の政策、矛盾しております。百年記念館、今年の4月1日から半額になりました。教育予算です。理由は、道の駅のにぎわいを増すために、少しでも料金を安くして、滞在時間をあのエリア、長く持っていただいて、少しでも地域の振興につながっていただきたいということで、片方では減額いたしました。パークゴルフ場も、さまざまな見方はございますけれども、これも、市民の健康云々のこともございますが、どこのまちも地域の振興策に位置づけております。であるならば、近隣より著しく安いのであれば、この機会にということで上げられるのも、時期は別にいたしまして、うなずけるところでございますけれども、平均より上を行っているのであれば、それ以上上げないで、市民の方も利用しやすいと同時に、市外の方々からも一人でも多くの方々に来ていただきたいという政策をとるべきだろうと、そうやって百年記念館とタイアップしていくのではないだろうか。片方ではそういう趣旨で下げておいて、片方では上げる、私には理解のできないところであります。

 もう1点目は、生活館の葬儀使用料のことです。これも、はっきり申し上げまして、市長の政策予算でございます。算出根拠も何もございません。ただ、前民間、町内会が運営してきたことを踏襲してくると、そして、市民に広く利用してもらうと、それで現在の金額が決まっております。調べますと、平成25年度、400万円からの、あの生活館で使用料、手数料の収入が上がっております。およそ1億数千万円の投資、全部が単費ではございませんけれども、ああいった新設の箱物で年間これだけ多くの金額を生み出している施設、ほかにあるでしょうか。つまり、市民は十分にその受益者負担に応えていると、私はそのように理解しております。そんな中で、今、あれやこれやと、いろいろ葬儀のことに関しまして言われている最中に、たとえ千数百円、たとえ暖房料の何百円にしろ、今まで十分に市民がその受益者負担に応えているのに、さらに上げなければいけない理由があるのでしょうか。先ほど来、委託料が上がったから受益者負担として市民の利用料金も上がるのだと言いますけれども、あそこは直営ですから、委託料かかっておりません。光熱費が上がっているのはわかりますけれども、別にきちんと料金もいただいておりますし、当然、光熱費というのは使用料の中に入ってくる、含まれている、これ当たり前のことでございます。あえて、なぜ、今上げなければいけないのか。私には理解のできないところでございます。

 さらに申し上げておきたいと思います。論議の過程で先ほど来申し上げましたが、委託料、物品購入等々で消費税が上がると、ですから、これは市民に応分の負担をしてもらわなければいけない、その精神は私も是とするところでございます。しかしながら、今回の半年の効果額が50万円とも、通年で200万円とも言われておりますけれども、それなら、まだまだ行政として努力するところがあるのではないでしょうか。

 例えば、振興公社の委託料1億2,000万円です。項目は多岐にわたっております。全てとは言いませんけれども、かなりの項目、かなりの金額で、民間発注、つまり、競争入札にふさわしい事業であります。それにメスを入れたならば、100万円、200万円の市費が浮くとか浮かないとかというレベルの話ではないと私は思っております。そういったところにメスを入れないで、片方にばかり市民負担を求めていく。私には理解のできないところでございます。

 この機会に申し上げておきます。ぜひ、振興公社は、本来の事業、観光事業で頑張ってやっていただいて再建していただきたい。もっともっとスリムになって再建していただきたい。それが早道だと、あえてこの場で申し上げておきたいと思います。

 長々とお話しさせていただきました。それだけ、今回の第22号、第23号については、疑問点、問題点、矛盾点が多々あったことを申し添えて、反対討論とさせていただきます。(「議事進行」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 日沼議員。



◆日沼昇光議員 今、それぞれの皆さんから反対討論がなされました。この先、採決という形になるのですが、ちょっと解明したい部分がございますので、休憩をお願いをしたいと思います。



○池田勝利議長 この際、11時10分まで休憩いたします。

午前10時50分 休憩

  ───────────────────  

午前11時30分 再開



○池田勝利議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ほかに発言ございませんか。

 田森議員。



◆田森良隆議員 賛成の立場から申し上げます。

 今回の議案第22号、第23号及び第24号の議案については、消費税法改正法の公布により、今回提案されたと理解しているところであります。本市においては、本来であれば本年4月から施行すべきところ、10月1日施行を決断し、半年間先送りすることにより、市民に少しでも負担の軽減を図る内容と理解しております。また、今回の計算方法につきましては、統一性を持って改定するものであり、そのことにより不公平感をなくすものと理解するものであります。ついては、一定程度の配慮をされた条例改正の内容と理解し、賛成討論といたします。



○池田勝利議長 ほかに御発言。

 日沼議員。



◆日沼昇光議員 消極的賛成の立場から、賛成討論のほう申し上げたいと思います。

 急に議会を議事進行でとめたことをおわびを申し上げます。いろいろと、反対討論4名の方からございました。その中身を、一々、ごもっともというような立場で聞いておりました。ただ、今回の提案の仕方に、私は理事者側に提案の無理があるのではないかということを一言申し上げておきたい。それは、消費税が賦課されるからといって、全部一からげにして提案をしてきたということが今回の原因の一つではないかと思うのです。もっと細部にわたって1カ所ごとの提案をしてくれれば、例えばパークゴルフ場なんていうようなものは、施行期日を来年の4月からに延ばすということも可能だったでありましょう。あるいは、生活館の問題でありましても、この生活館が、今言われているように、郵便局の前に大型の施設が出てくるのではないかと言われています。こんなようなときの、この生活館のこれからの活用方法なんていうのも、やはりこれから先の政策課題としてあるのではないかと。

 この際、こういう討論でありますから、理事者側にお願いをしておきたい。できれば、生活館条例なんていうのはよく考えていただいて、再提案をしていただければありがたいなというような気持ちが私自身も持ってございます。

 しかしながら、今ほど田森議員からもありましたように、国の施行というものを半年間延ばしたということについては、これは是としなければならないであろうというようなことを申し上げて、賛成の立場からの討論とさせていただきたいと思います。



○池田勝利議長 ほかにございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、採決します。

 初めに、議案第22号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案を委員長の報告のとおりに決定することに賛成の議員の起立を求めます。

(賛成者起立)



○池田勝利議長 賛成多数です。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第23号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

(賛成者起立)



○池田勝利議長 賛成議員多数です。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第24号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

(賛成者起立)



○池田勝利議長 賛成議員多数です。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第48号及び議案第49号の2件を一括採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

(賛成者起立)



○池田勝利議長 賛成議員多数です。

 したがって、議案2件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第39号及び第40号の2件を一括採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、議案2件は原案のとおり可決されました。

─────────────────



△議案第41号・議案第42号・議案第43号・議案第44号・議案第45号



○池田勝利議長 日程第9 議案第41号芦別市福祉事務所設置条例等の一部を改正する条例の制定について、日程第10 議案第42号芦別市保育所条例の一部を改正する条例の制定について、日程第11 議案第43号芦別市市営住宅等管理条例及び芦別市養育医療の給付等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、日程第12 議案第44号芦別市ふるさと就職奨励金交付条例の一部を改正する条例の制定について、日程第13 議案第45号芦別市新規学卒者等雇用奨励金交付条例の一部を改正する条例の制定について、以上5件を一括議題とします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 社会産業常任委員長、日沼議員。



◆日沼昇光議員 −登壇−

 今期定例会において本委員会に付託されました、議案第41号から第45号までの5件につきまして、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、審査の経過について申し上げます。

 本委員会は、去る6月17日、委員会を開催し、説明員の出席を求めて質疑を行い、続いて、討論、採決と、慎重に審査を行った次第であります。

 次に、審査の結果について申し上げます。

 議案5件を採決の結果、お手元に配布の委員会審査報告書に記載のとおり、全員一致をもって原案可決と決定した次第であります。

 以上が本委員会の審査の経過と結果でございますので、よろしく御審議くださいますようお願いを申し上げ、本委員会の審査報告といたします。



○池田勝利議長 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑は5件一括行います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 これより、討論に入ります。

 討論は5件一括行います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第41号から45号までの5件を一括採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、議案5件は原案のとおり可決されました。

─────────────────



△議案第37号



○池田勝利議長 日程第14 議案第37号平成26年度芦別市一般会計補正予算(第3号)を議題とし、前回の議事を継続します。

 これより、討論に入ります。ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第37号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

─────────────────



△議案第53号



○池田勝利議長 日程第15 議案第53号平成26年度芦別市一般会計補正予算(第4号)を議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。



◎清澤茂宏市長 −登壇−

 ただいま議題となりました議案第53号平成26年度芦別市一般会計補正予算(第4号)の提案の趣旨及びその概要を御説明申し上げます。

 本案は、国設芦別スキー場の安全確保のために実施する倒木の撤去、第3リフト設備機器の補修、それぞれに要する経費を明確にするため、必要な調査委託料を初めとする国設芦別スキー場管理運営業務に要する経費及び商工祭りにかわるイベントとして開催するキラキラフェスタあしべつに係る事業費補助金等、観光イベント推進事業に要する経費に係る歳入歳出予算の補正が、その内容でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ351万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を105億3,678万5,000円にしようとするものでございます。

 その内容につきまして、歳出から御説明申し上げます。

 7款商工費においては、国設芦別スキー場管理運営業務に要する経費251万4,000円及び観光イベント推進事業に要する経費100万円を追加しようとするものでございます。

 次に、歳入につきまして御説明申し上げます。

 20款諸収入においては、北海道市町村備荒資金組合超過納付金繰入金351万4,000円を追加しようとするものでございます。

 以上が本案の大要でございますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

 質疑は、歳出、歳入の順に、それぞれ事項別明細書により、これを行います。

 それでは、歳出、第7款商工費の質疑に入ります。事項別明細書6ページから7ページまでを御参照願います。

 松田議員。



◆松田保議員 何点かお伺いします。

 キラキラフェスタあしべつ開催補助金として、新たに200万円が計上されております。ちょっと委員会等も欠席しておりまして詳しいやりとり聞いておりませんので、蒸し返しになったら失礼かと思いますが、この事業、どのくらいの事業規模、予算的にですね、行われるのか、この機会にお伺いしておきたいと思います。

 次に、スキー場のリフトの件でございますが、さらに詳しく調べて、どれが、どの方法が芦別にとっていいのかを検討したいという調査費というふうに理解しておりますけれども、そのこと自体に異議を唱える気はございませんが、1点目は、これからの調査ですから、結論云々というのはまだまだ先のことになるのかなと。そうすると、少なくとも、当初言われておりました今年度の第3リフトの運行は、どう考えても無理なのかなと、休止になってしまうのかなと、このように思うのですけれども、そこら辺、担当部局としてはどのように考えておられるのか、お伺いしておきたいと思います。

 さらには、先日の概要説明で、第3リフト含めましてのありようについて、このスキー場のありようについて、スキー連盟、あるいは指定管理者といいましょうか、実際に管理している振興公社等々と考え方なりを聞いたということでございますけれども、私自身、前から申し上げておりますが、このスキー場、目的はいろいろございますけれども、金額はわずかかもしれませんが、この芦別にとりまして、冬の観光と申しましょうか、芦別では唯一の施設ではないかなと、私自身はそのように思っています。そんな意味で、そういった意向調査等々に、ぜひとも観光協会のこのスキー場に対する考え方、ありよう、期待感云々いろいろあるでしょうけれども、やはり観光協会とも、この問題について一定のテーブルに着きながら話し合いをすべきではないかなと考える一人でございますけれども、残念ながら、今までのところ、観光協会の名前は出てきておりません。そんなことで、今後、この調査が終わった後になるのか、同時並行になるのかは別にいたしまして、観光協会とも一定の考え方のすり合わせは必要ではないかと思いますけれども、その辺のところの考え方をお伺いしておきたいと思います。



○池田勝利議長 商工観光課長。



◎?橋俊之商工観光課長 松田議員からの御質問にお答え申し上げます。

 まず、第1点目のキラキラフェスタあしべつの開催事業でございます。こちらにつきましては、芦別商工会議所等が中心となりまして実施する事業でございまして、現在、市のほうに提出をされています事業予算、この内容から言いますと、900万円程度の事業を予定をしているということで承知をしているところでございます。

 また、2点目の、今回のスキー場に関する調査の関係でございますけれども、この調査につきましては、実際、今後、支障木の調査ですとか、第3リフトの状況の調査、これらを踏まえた中で、今シーズンどのような対応をしていくかということを検討させていただきたいということでございまして、今シーズン、即、休止というような段階になるのかどうかというのは、現在のところは決定しているものではございません。ただ、この調査業務に一定の期間を要するというような事情もございまして、その調査の結果の内容、例えば、第3リフトの修繕等の対応が必要となる、これらのような状況が発生しました場合には、第3リフトを再開するとした場合には、シーズンの当初からの再開は若干難しい状況が生まれるものというふうに予想をしてございます。

 3点目の、観光協会とのスキー場のあり方についての意見交換の場ということでございますが、現在のところ、観光協会とのそういうような場は設けてございませんが、今後、いただいた御意見を踏まえまして、そのような機会をつくって検討をさせていただきたいというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。

 実行委員会から示されております内容では、900万円をかけて実証するということでございますが、その内容といたしましては、まず、従来まで開催をしておりました花火大会の開催経費として380万円ほどを予定をされてございます。そのほかに、昼のイベントとしまして、新作の芦別グルメ、ガタタンを中心に、それを使った新しい芦別の食の創出といいますか、そのようなことを実施をしたいというふうに聞いてございます。また、会場となります国設芦別スキー場の特設会場におきましてステージを設け、子供たちによるダンスですとか、そういうイベント、あるいは、特産品のお米を使ったゲーム、それから芦別の「はくちょうもち」を使った餅まき、これらのイベントを開催をしたいというふうに聞いてございます。さらに、会場内には、テントというか、ブースを設けまして、市内の特産品と言われる、例えばガタタンですとか、大橋さくらんぼ園さんの品物ですとか、それらのものを展示即売をするようなコーナーも設けたいというふうに考えていると聞いてございます。夜につきましては、新作グルメということで、審査をした結果のそれらの審査発表、あるいはステージのイベント、それからまた、最終的にはフィナーレとして花火大会を実施すると、このような内容で聞いてございます。

 以上でございます。



○池田勝利議長 松田議員。



◆松田保議員 キラキラフェスタに関しましてはわかりました。900万円という高額、今までも、花火そのものは商工会議所主催で、企業の寄附行為、諸団体の寄附行為で行われてきたわけでございますけれども、今日的な芦別の状況からいけば、同程度の金額を集めるということは大変なことでございまして、商工会議所さんも御苦労なことだなと思いますけれども、ぜひ、目標を設定したからには、それに向けて頑張ってやっていただきたいと思います。

 ただ、あのスキー場の第3リフトにこだわるわけではないのですが、当初言われておりましたのは、再開するよという話から、この6月議会で、それらの事業費ですね、補正を組んで、支障木を伐採したり整備したり云々していかなければ、到底今年の冬には間に合わないという、逆算したタイムスケジュールといいましょうか、それらが見込まれていたわけでございまして、それが、この6月議会で、さらに調査するといって、それは今の課長の説明では、もしかしたら、場合によっては頭からは間に合わないかもしれませんけれども、途中から間に合うこともできるような、含みのあるお言葉でしたけれども、こういった事業を検討する、これは大きな事業ですから慎重な論議も必要でしょうし、あれですけれども、果たしてそんなレベルなのかなと。今までお伺いしている、その再開するための金額云々考えていけば、大きな金額です。金があるとかないとかではなくて、大きい金額ということは、それだけ、当然、整備といいましょうか、事業に、一定期間が必要になってくる、これは当たり前のことでございます。そうすると、今時期、やはり一定のめどをつけるべきではないのかと、このように思いますけれども、そこら辺の考え方はいかがなものでしょうか。



○池田勝利議長 経済建設部長。



◎鈴木透経済建設部長 松田議員の再度の御質問にお答えいたします。

 当初、私のほうからもいろいろお話をさせてもらったときには、確かに、いろいろな状況から、6月に一定程度の判断していきたいということで申し上げていたことは事実であります。今般、補正予算として提出させてもらって、改めてもう少しお時間をいただいて調査の期間をいただければということなのですが、先ほど課長からも申し上げてありますとおり、今、早速、この補正を認めていただいた後、すぐその調査にかかりますが、どうしても報告書の提出されるのが、ちょっと時間がかかりそうであります。ただ、できるだけ急ぐようにお話をさせてもらって、その結果が出た段階で一つの判断をきっちりすると。ですから、その出たときに、今シーズンが間に合っていくのかどうかも含めて、そのときが最終的な判断だというふうに思っているものですから、少しのお金をかけて調査をさせてもらうということを、ぜひお認めいただいて、その結果を待って、しっかりした結論を出していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。



○池田勝利議長 ほかに御発言ございませんか。

 今野議員。



◆今野宏議員 まず最初に、キラキラフェスタあしべつの開催事業についてお尋ねしますが、会場がスキー場で、ステージを設けて市民の方に来ていただいて、いろいろ評価をする、市が、商工会議所が主催する事業ですから、内容とか会場については商工会議所にお任せをするという立場なのでしょうけれども、スキー場まで、子供たちは自転車で行けるでしょう、お年寄りとか一般市民がスキー場までイベントで通うということについては、どうなのかなという気がするのですよ。補助金を出す以上、市から要望することも可能だとは思うのですが、全くお任せだから一切そういう話はしないというお考えなのか、その点について、場所がスキー場が最適であると、そういう判断をされておられるのか、その点についてお伺いをしたいと思います。

 それと、会場が違う、道の駅の関係では、予備費に予算が流用していろいろな手だてができない、そういう状況は、私どもがそういうふうにしましたから承知はしておりますが、ソフト事業は、別に、トイレ、道の駅の改築がなくても、あの広場を使ってソフト事業、森森祭りもやっておられます。そういうことからすれば、あえてスキー場という意味合いが僕にはちょっと理解ができないので、その点についてお伺いします。

 それと、スキー場のリフトの関係でございますが、支障木の撤去に係る予算を決めるための調査をお願いをすると、こういうことでございますが、例えば第3リフトの本体、機械自体が、いろいろ支障があるということで、それらも業務委託で調査をするということでありますが、どうも、本当におやりになるのであれば、もっと何らかの方法を持って、もっと積極的な調査ということがあってよかったのかな、ただ、費用がかかるから議会を通してやらなければならないから、議会を待ってということが最大の要素なのかとは思いますが、当初から、6月までには結論を出さなければ、12月のスキー場開始の営業まで間に合わないということは再三おっしゃっておられるのに、ちょっとスローペースかなという気がします。

 それと、この調査ですね、例えば、本当に、こんなことあってはいけないと私は思っているのですよ、再開していただきたい、その一念はあります。しかし、調査をどうせするのであれば、対比をするという意味で、今ある電柱、電線、これらを中止になって撤去をする際の費用というのは一体どれぐらいかかるのか、この調査の際にあわせてしていただくようなお考えはないのか、ちょっとその辺をお尋ねしたいと思います。



○池田勝利議長 商工観光課長。



◎?橋俊之商工観光課長 今野議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、1点目のキラキラフェスタあしべつの会場の件でございます。当然、スキー場までの行く交通機関というのが限られておりますし、また、距離的にもあるということですので、市のほうといたしましても、実行委員会に対して、例えばシャトルバス的なものを運行ができないのかどうなのかということで検討するように要請をしてございます。実行委員会のほうでも、そのような内容を踏まえて、今、市内の本町地区の何カ所かを中継をしながら回るようなバスの運行を検討しているというように承知をしてございます。

 また、スキー場のところを会場にせず、ほかの場所の検討がなかったのかというような御質問だったと思いますけれども、それにつきましては、例えば、別の場所の開催ということで、実際にはなまこ山の総合運動公園、こちらのところで開催をするようなことができないのかというような話もあったというふうに聞いてございますが、今年度につきましては、スキー場での開催ということで決定をしたというふうに聞いてございます。

 続きまして、スキー場の関係でございます。支障木の撤去の関係の調査の予算でございますが、確かに、議員おっしゃるとおり、時間的にスローペースではないのかというようなお話もございました。確かに1月11日に倒木が発生いたしまして、その後、雪解けを待たないと実際の状況がなかなか把握ができないということもありまして、4月の雪解け後に、再度、現地を確認をして、その上でいろいろ対応を図ってきたというところでございます。もうちょっと早いスピード感を持ってというような部分においては、その辺は反省をすべき材料だったのかなというふうに考えてございます。

 また、今回の調査の中で、電柱、電線の撤去に関する費用についても調査をしたらどうかということのお話をいただいております。これにつきましては、一定程度、市の内部、都市建設課のほうでも積算のほうができるというふうに考えてございますので、そちらのほうと協議をしながら、概算ということになりますが、そのような費用の算出もしてまいりたいと考えてございます。

 以上でございます。



○池田勝利議長 今野議員。



◆今野宏議員 スキー場のイベントの心配というのは、シャトルバスも検討しているということですから、それはそれで了解をいたしました。

 ただ、今までの説明だと、どうもこれだけスローペースで、リフトの関係ですけれども、電線の支障木ですとか、この辺の電線の采配というか、新しい電線をつけるというのが、どうもスローペースなものですから、もしかしたら、勘ぐって申しわけないのですが、何か本当に遅くなったし、今シーズンやめてしまおうかな、1年なくても、やれたのだから、もうずっとやらなくていいかなと、そんなふうに持ってこられるのかなと思って、そんなことがすごく心配なものですから、やはりスキー連盟さんですとかいろいろなところでは、この第3リフトがなくなることによって大きく運営といいますか、子供たちの指導、その他等級、級ランクの講習ができない、当然、富良野や歌志内へ行かなければならないと、こういう状況だということですから、その人数が少ないから、やらなくてもいいということになるのかどうか、やはりその辺も含めて、そんなことではないと思うので、ぜひ前向きな、委託に対する回答が出たにしても、前向きに検討していただくようにお願いをして質問を終わります。ありがとうございます。



○池田勝利議長 ほかにございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、歳出の質疑を終了します。

 次に、歳入、第20款諸収入の質疑に入ります。事項別明細書4ページから5ページまでを御参照願います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、歳入の質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議案となっております議案第53号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第53号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

 午後1時まで休憩いたします。

午後 0時05分 休憩

  ───────────────────  

午後 1時00分 再開



○池田勝利議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

─────────────────



△議案第46号



○池田勝利議長 日程第16 議案第46号公平委員会委員の選任についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。



◎清澤茂宏市長 −登壇−

 ただいま議題となりました議案第46号公平委員会委員の選任についての提案の趣旨を御説明申し上げます。

 本案は、本市公平委員会委員であります土山久男氏が平成26年6月26日をもって任期満了となりますので、その後任を選任いたしたく御提案申し上げる次第でございます。 御承知のとおり、公平委員会は、職員の給与、勤務時間、その他勤務条件に関する措置の要求を審査し、判定し、及び、必要な措置をとること、職員に対する不利益な処分についての不服申し立てに対する採決または決定を行うこと、並びに、職員の苦情を処理することをその職務としており、公平委員会委員は人格が高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務処理に理解があり、かつ、人事行政に関し識見を有する者を選任するものとされております。また、現下の状況から公平審議を的確に行うための経験や知識が必要とされております。

 これらのことから、平成7年10月1日から現在に至るまで公平委員会委員を務めております土山久男氏を最適任と認め、選任しようとするものでございます。

 なお、同氏の略歴につきましては、議案に添付の参考資料のとおりでございますので、ごらんいただきまして、よろしく御同意くださいますようお願い申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第46号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第46号を採決します。

 本案は、同意することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は同意することに決定しました。

─────────────────



△議案第47号



○池田勝利議長 日程第17 議案第47号固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。



◎清澤茂宏市長 −登壇−

 ただいま議題となりました議案第47号固定資産評価審査委員会委員の選任についての提案の趣旨を御説明申し上げます。

 本案は、本市固定資産評価審査委員会委員であります竹内郁夫氏が本年6月30日をもって任期満了となりますので、その後任を選任いたしたく御提案申し上げる次第でございます。

 御承知のとおり、固定資産評価審査委員会の委員は、固定資産税の納税義務者から固定資産課税台帳に登録された事項について不服申し立てがあった場合に、これを審査し決定するものでございます。したがいまして、この委員は、固定資産である土地、家屋及び償却資産について、その評価と現況に広く精通した識見と公明正大な人格を備えた方でなければなりません。

 これらのことから、平成23年7月1日から現在に至るまで固定資産評価審査委員会委員を務めております竹内郁夫氏が最適任と認め、選任しようとするものでございます。

 なお、同氏の略歴につきましては、議案に添付の参考資料のとおりでございますので、ごらんいただきまして、よろしく御同意くださいますようお願い申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第47号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第47号を採決します。

 本案は、同意することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は同意することに決定しました。

─────────────────



△議案第52号



○池田勝利議長 日程第18 議案第52号農業委員会委員の推薦についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 田森議員。



◆田森良隆議員 −登壇−

 ただいま議題となりました議案第52号農業委員会委員の推薦について、提案の趣旨を御説明申し上げます。

 本案は、平成23年第4回市議会定例会において農業委員会等に関する法律第12条第1項第2項の規定により推薦をし選出されておりました委員の任期が本年7月19日をもって満了するため、市長から、その後任委員の推薦依頼がございました。

 お手元に配布の議案に記載のとおり、平成20年7月20日から現在に至るまで農業委員会委員を務めております吉島真澄氏が最適任と認め、推薦しようとするものであります。

 以上が本案の提案の趣旨でございますので、よろしく御審議くださいますようお願いを申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第52号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、議案第52号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

─────────────────



△意見書案第9号



○池田勝利議長 日程第19 意見書案第9号地方財政の充実・強化を求める意見書について議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 小川議員。



◆小川政憲議員 −登壇−

 意見書案第9号地方財政の充実・強化を求める意見書について、御提案申し上げます。

 被災地の復興、子育て、医療、介護などの社会保障、環境対策など、地方自治体が担う役割は年々拡大しており、地域の財政需要を的確に見積もり、これに見合う地方交付税及び一般財源総額を確保する必要があります。

 また、経済財政諮問会議などで法人実効税率の見直しや償却資産に係る固定資産税の減免などが議論されていますが、公共サービスの質の確保を図るためにも、安定的かつ地域偏在性の小さい地方税財源を確立することが極めて重要であります。

 公共サービスの質の確保と地方自治体の安定的な行政運営を実現するため、2015年度の地方財政計画、地方交付税及び地方一般財源総額の拡大に向けて、政府に対策を求めてまいります。

 地方財政計画、地方税のあり方、地方交付税総額の決定に当たっては、国と地方の協議場で十分な協議のもとに決定することを基本に、以下7項目にわたり、その対策を政府に求めるものであります。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出いたします。

 提出先は、衆参両院議長、内閣総理大臣、以下、記載の大臣であります。

 御提案申し上げますので、よろしく御審議いただき御同意いただきますようにお願いを申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第9号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、意見書案第9号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

─────────────────



△意見書案第10号



○池田勝利議長 日程第20 意見書案第10号教育委員会制度改正に関する意見書についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 松井議員。



◆松田保議員 −登壇−

 意見書案第10号教育委員会制度改正に関する意見書について、読み上げて提案いたします。

 安倍内閣が提出している地方教育行政法改正案は、国や首長から独立した行政組織である教育委員会制度を大きく変えようとしています。

 法案は、地方自治体の教育政策の基本となる大綱を決める原則を首長に与え、教育委員会は首長の方針を具体化する下請機関とするものであります。しかも、大綱は、国の教育についての基本方針を参酌してつくるよう求めております。

 法案は、教育委員会を代表とする教育委員長をなくし、自治体の幹部である教育長に教育委員長の役割を与える、文字どおり教育委員会のトップに据えようというものであります。教育長は、現在は教育委員会が任命し、罷免もできるものでありますけれども、首長が議会の同意を得て任命できるように変えるものであります。

 教育委員会は、教育長に対する指揮監督の権限がなくされるため、自治体の幹部である教育長の支配下に実質的に置かれることになるわけであります。

 法案が具体化されれば、教育委員会の独立性は大きく損なわれ、憲法が保障した教育の自由と自主性は侵害されます。

 教育委員会は、これまで国からさまざまな教育方針の押しつけがありましたけれども、教育の独立性のもとで郷土の歴史や産業、住民生活に根差した独自の教育を進めてきたところであります。

 安倍内閣の制度改正案に対し、全国各地の首長や教育委員を初め、多くの国民から批判と反対の声が上がっているところであります。

 よって、国会及び政府は、憲法が定めている教育委員会の独立性を保障し、国及び首長による教育行政の支配につながる教育委員会制度改正を行わないよう、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、文部科学大臣に対して強く要望するために、地方自治法第99条の規定によりまして意見書を提出するものであります。

 よろしく御検討の上、御賛同くださいますようお願いをいたします。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第10号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、意見書案第10号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

─────────────────



△意見書案第11号



○池田勝利議長 日程第21 意見書案第11号労働者派遣法改正及び労働時間上限撤廃など労働法制改正に反対する意見書についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 若松議員。



◆若松市政議員 −登壇−

 意見書案第11号労働者派遣法改正及び労働時間上限撤廃など労働法制改正に反対する意見書について。

 現行の労働者派遣法は、企業が同じ業務で派遣を使えるのは原則1年間、最長でも3年間に制限されています。政府が閣議決定した労働者派遣法改正案は、派遣労働者を受け入れる期間の上限を実質上取り払い、3年ごとに人が交代すれば、同じ業務をずっと派遣労働者に任せられるようにするとしています。 総務省の就業構造基本調査(2012年度)によれば、北海道の非正規雇用は約95万6,800人で、10年前に比べて15万5,000人も増加し、この5年間で4.6%増と異常な伸びとなっています。労働者派遣法改正案は、こうしてふえ続ける派遣労働者が正社員となる道を閉ざし、不安定雇用のまま生涯派遣を強いるものとなります。

 政府の経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議では、労働基準法で1日8時間、週40時間と定めている労働時間の上限を、実質的に取り払うことが提案されました。国は労働時間の上限の基準を示すだけで、労使が合意すれば、一般の社員でも労働時間規制の対象外にできるというものです。どんなに長く働いても残業代はゼロとなり、合同会議に出席した厚生労働大臣からも、労使関係で企業の立場は強いと異論が出されたように、長時間労働、過労死の蔓延にもつながり、労働者の生活を根底から脅かすことになります。

 よって、国会及び政府においては、道内の不安定雇用をますます広げ、北海道経済を深刻化させるおそれのある労働者派遣法の改正及び労働基準法の労働時間上限撤廃を行わないよう強く要望いたします。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

 提出先は、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣でございます。

 議員諸氏におかれましては、審議の上御賛同よろしくお願いいたします。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第11号については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、意見書案第11号を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

─────────────────



△意見書案第12号・意見書案第13号



○池田勝利議長 日程第22 意見書案第12号総合的、体系的若者雇用対策を求める意見書について、日程第23 意見書案第13号鳥獣の捕獲促進体制強化の速やかな実施を求める意見書について、以上2件を一括議題とします。

 提出者の説明を求めます。

 吉田議員。



◆吉田博子議員 −登壇−

 ただいま議題となりました意見書案第12号及び意見書案第13号につきまして、読み上げて御提案をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。

 意見書案第12号総合的、体系的若者雇用対策を求める意見書について。

 若者を取り巻く雇用環境は、非正規労働者の増加の中で、中小事業者における離職率の高さや、若年層を恒常的、大量に雇用し、低水準、過酷な労働条件で労働を強いる使い捨て問題や、180万人と言われるフリーターや、60万人のニート問題など、雇用現場における厳しい状況が続いています。

 若者が働きながら安心して家庭を持つことができるようにすることは、少子化に歯どめをかけるためにも極めて重要であり、政府においては、若者ハローワークや新卒応援ハローワークなどにおける支援や若者応援企業宣言事業、労働条件相談ポータルサイトの設置、地域若者サポートステーションにおけるニート対策などに取り組まれているところですが、それぞの事業の取り組みが異なっており、関係機関においても必ずしも有機的な連携がとられている状況ではありません。

 安倍政権における経済対策により経済の好循環が始まる中、新規学卒者の内定状況も好転し、賃金上昇に取り組む企業が出てきている今、改めて若者雇用対策を総合的かつ体系的に推進するための仕組みを構築するため、国において5項目の対策を講ずるよう要望いたすものでございます。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣に提出いたすものでございます。

 続きまして、意見書案第13号鳥獣の捕獲促進体制強化の速やかな実施を求める意見書について。

 全国的に、シカ、イノシシ等による自然生態系への影響及び農林水産業被害が深刻化する中、狩猟者の減少、高齢化等により鳥獣捕獲の担い手が減少しています。

 鳥獣の捕獲等の一層の促進と捕獲等の担い手の育成が必要との観点から、政府は今国会において鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律を改正し、法律の目的に、鳥獣の保護だけではなく管理の定義を規定するとともに、保護と管理の施策体系の整理、指定管理鳥獣に定められた鳥獣の集中的かつ広域的に管理を図る事業の創設、一定の条件下での夜間銃猟を可能にする規制緩和、認定鳥獣捕獲等事業者制度の創設など、制度の抜本的な改正を行います。

 法改正によって、今後、鳥獣の捕獲体制が強化されることになりますが、施行に当たっては、下記の4事項について十分に留意して実施されるよう強く要望いたします。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、環境大臣に提出いたすものでございます。

 皆様方におかれましては、御審議をいただきまして、ぜひとも御賛同くださいますようよろしくお願いを申し上げます。



○池田勝利議長 これより、質疑に入ります。質疑は2件一括行います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、質疑を終了します。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第12号及び第13号の2件については、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、本案については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより、討論に入ります。

 討論は、2件一括行います。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 これをもちまして、討論を終了します。

 これより、意見書案第12号及び第13号の2件を一括採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、意見書案2件は、原案のとおり可決されました。

─────────────────



△閉会中継続審査について



○池田勝利議長 総務常任委員長から、目下委員会において審査中の事件について、会議規則第100条の規定により、お手元に配布した申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○池田勝利議長 御異議なしと認めます。

 したがって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することを決定しました。

─────────────────



△閉会宣告



○池田勝利議長 以上で、今期定例会の会議に付議された事件は全て終了しました。

 これをもちまして、平成26年第4回芦別市議会定例会を閉会します。

 御苦労さまでした。

      (午後 1時30分 閉会) 











    上記本会議の記録に相違ないことを証するため、





   ここに署名する。









     芦別市議会議長   池 田 勝 利





     署 名 議 員   若 松 市 政





     署 名 議 員   吉 田 博 子





     署 名 議 員   今 野   宏