議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 稚内市

目次 07月30日−議案説明、採決−01号




平成24年  第3回 臨時会 − 07月30日−議案説明、採決−01号









平成24年  第3回 臨時会





平成24年第3回稚内市議会(臨時会)会議録
平成24年7月30日(月曜日)第1号

 ○議事日程第1号
     開会宣告並びに開議宣告
     会議録署名議員の指名
     事務局長の諸般の報告
日程第1  会期の決定
日程第2  報告第29号 専決処分報告の承認(平成24年度稚内市一般会計補正予算(第3号))
日程第3  議案第65号 平成24年度稚内市一般会計補正予算(第4号)
日程第4  議案第66号 稚内市固定資産評価審査委員会委員の選任

 ○出席議員(全員)
議   長  岡 本 雄 輔 君
副 議 長  生田目 幸 男 〃
議   員  伊 藤 正 志 〃
  〃    稲 垣 昭 則 〃
  〃    大 泉 勝 利 〃
  〃    上 出 悦 照 〃
  〃    川 崎 眞 敏 〃
  〃    佐 藤 ゆかり 〃
  〃    渋 谷 正 敏 〃
  〃    鈴 木 茂 行 〃
  〃    鈴 木 利 行 〃
  〃    鈴 木 雅 煕 〃
  〃    田 森 和 文 〃
  〃    栃 木 潤 子 〃
  〃    中 井 淳之助 〃
  〃    藤 谷 良 幸 〃
  〃    本 田   満 〃
  〃    松 本 勝 利 〃
  〃    横 澤 輝 樹 〃
  〃    吉 田 孝 史 〃

 ○説明員
市     長  工 藤   広 君
副  市  長  達   英 二 〃
教  育  長  手 島 孝 通 〃
政 策 調整部長  青 山   滋 〃
総 務 部 長  表   純 一 〃
生 活 福祉部長  関根井 憲 吾 〃
建 設 産業部長  吉 川 利 明 〃
会 計 室 長  稲 川   稔 〃
監 査 事務局長  白 田 陽 彦 〃
教 育 部 長  吉 田 一 正 〃
水 道 部 長  武 山 淳 一 〃
市立病院事務局長 中 澤 敏 幸 〃
消  防  長  薄 田 嘉 継 〃

政策調整部参事  土 門 勝 志 〃
兼財政経営課長

政策調整部参事  布 施   茂 〃
兼環境共生課長

総 務 部副部長  中 川 幹 男 〃
総 務 部 参 事  岡 田 睦 良 〃
兼 総 務 課 長
建設産業部副部長 河 上 眞 一 〃
建設産業部副部長 日向寺 和 裕 〃

建設産業部参事  相 内   悟 〃
兼水産商工課長

水 道 部 参 事  佐 藤 典 隆 〃
兼 給 水 課 長

教 育 部副部長  館 農 新 一 〃

教 育 部 参 事  西 本   馨 〃
兼教育総務課長

教 育 部 参 事  畑     均 〃

秘 書 広報課長  藤 原   淳 〃
市 民 協働課長  川 野 忠 司 〃

防 災 安全課長  斎 藤 英 樹 〃
危機管理担当主幹 伊 藤 洋 悦 〃
契 約 管財課長  遠 藤 吉 克 〃
I T 推進課長  柳 浦 正 行 君
生 活 衛生課長  古 川 裕 輝 〃
観 光 交流課長  渡 辺 直 人 〃
学 校 教育課長  青 山   等 〃
社 会 教育課長  工 藤 紳 吉 〃
こ ど も 課 長  渡 邊 祐 子 〃

子 育 て 支 援  斉 藤 隆 之 〃
担 当 主 幹

図 書 館 長  中 村 公 博 〃

 ○事務局出席職員
事 務 局 長  高 橋 清 一 君
庶 務 課 長  中 村   功 〃
主     査  山 川 忠 行 〃
書     記  田 中 昌 明 〃
   〃     牧 野 竜 二 〃
   〃     中 丸   朗 〃







△1.開会宣告並びに開議宣告



開会 午後1時30分





○議長(岡本雄輔君) :ただいまから本日をもって招集されました平成24年第3回稚内市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

 ただいまの出席議員20名。したがいまして会議は成立いたします。

 本日の会議録署名議員として、栃木潤子君、中井淳之助君を指名いたします。

 この際、事務局長が諸般の報告をいたします。議会事務局長。



◎議会事務局長(高橋清一君) :御報告申し上げます。本日の議事日程は、お手元に配付の日程表のとおりでございます。以上でございます。





△1.日程第1 会期の決定





○議長(岡本雄輔君) :日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りをいたします。今期臨時会の会期については、議会運営委員会の決定により、本日1日としたいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがいまして、今期臨時会の会期は、本日1日と決定をいたしました。





△1.日程第2から第4は委員会付託を省略





○議長(岡本雄輔君) :この際、お諮りをいたします。本日の議事のうち、日程第2から第4の3件の議案の審議については、委員会付託を省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。

したがいまして、そのように決定をいたしました。





△1.日程第2 報告第29号





○議長(岡本雄輔君) :日程第2、報告第29号専決処分報告の承認を議題といたします。

 本件に関する提案説明を求めます。達副市長。



◎副市長(達英二君・登壇) :ただいま上程されました報告第29号の専決処分報告の承認につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 報告第29号は、平成24年度稚内市一般会計補正予算の専決処分であります。これは、本年8月29日から開催されるロンドン2012パラリンピック競技大会において、自転車競技の日本代表選手として出場が決定した、藤田征樹選手に対する出場奨励金を追加したものであります。去る7月6日には、盛大に市民激励会を開催したところであり、前回の北京大会同様の活躍が期待されるものとお祈りを申し上げているところでございます。それでは内容につきまして、御説明申し上げます。13ページです。

 歳出でございます。第10款教育費第5項保健体育費第2目体育振興費におきまして50万円の追加であります。

 次に、歳入につきまして御説明申し上げます。11ページです。第11款地方交付税におきまして50万円の追加であります。

 以上、歳入・歳出それぞれ50万円を追加し、補正後の予算総額を227億9,016万3,000円としたところであります。

 以上が、平成24年度稚内市一般会計補正予算の概要であります。

 本補正予算は、議会を招集するいとまがありませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により、平成24年7月3日をもちまして、専決処分を行ったものであり、同条第3項の規定により、議会の承認を求めるものであります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(岡本雄輔君) :本件に対する質疑・討論については、いずれもそれらの通告がありませんので、これより採決をいたします。

 お諮りをいたします。本件については、報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。

したがいまして本件については、報告のとおり承認することに決定をいたしました。





△1.日程第3 議案第65号





○議長(岡本雄輔君) :日程第3、議案第65号平成24年度稚内市一般会計補正予算を議題といたします。

 本案に関する提案説明を求めます。達副市長。



◎副市長(達英二君・登壇) :ただいま上程されました、議案第65号平成24年度稚内市一般会計補正予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、冬期間の積雪により、破損した太陽光発電施設の整備に要する経費及び北海道青年会議所北海道地区稚内大会開催事業補助金を追加するものであります。この結果、補正予算額は2,180万円の追加となります。それでは、歳出から御説明申し上げます。12ページです。

 第2款総務費第1項総務管理費第17目新・省エネルギー推進費におきましては1,880万円の追加であります。これは、今後の雪害対策も含めた、太陽光発電施設の整備に伴う経費の追加であります。次に14ページです。

 第7款商工費第1項商工費第2目観光費におきましては300万円の追加であります。これは9月8日に開催される北海道青年会議所北海道地区稚内大会、また本大会に先駆けて、8月16日から実施される電気自動車での日本縦断イベントに対する補助金の追加であります。

 以上、歳出合計2,180万円の追加となります。

 次に、歳入につきまして御説明申し上げます。10ページでございます。第11款地方交付税におきまして300万円の追加であります。第21款諸収入におきまして1,880万円の追加であります。

 以上、歳入合計2,180万円の追加となり、歳入・歳出予算の均衡を図ったところであります。これにより一般会計の予算総額は228億1,196万3,000円となります。

 以上が、議案第65号平成24年度稚内市一般会計補正予算の概要であります。よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。



○議長(岡本雄輔君) :本案に対する質疑・討論については、いずれもそれらの通告はありませんので、これより採決をいたします。

 この採決は起立によります。

 お諮りをいたします。本案については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者・起立)



○議長(岡本雄輔君) :起立全員であります。したがいまして本案については、原案のとおり可決されました。





△1.日程第4 議案第66号





○議長(岡本雄輔君) :日程第4、議案第66号稚内市固定資産評価審査委員会委員の選任を議題といたします。

 本案に関する提案説明を求めます。工藤市長。



◎市長(工藤広君・登壇) :ただいま上程されました議案第66号稚内市固定資産評価審査委員会委員の選任につきまして、その提案理由を御説明申し上げます。

 栗原栄治委員の任期が平成24年9月1日をもって満了となりますので、栗原委員を再任いたしたく提案した次第であります。栗原さんは昭和30年4月10日生まれの57歳であります。学歴につきましては、昭和49年3月に北海道稚内高等学校を卒業され、昭和50年3月には税務大学校東京研修所を卒業されております。職歴につきましては、昭和50年7月に立川税務署に勤務されて以来、杉並税務署・札幌西税務署、稚内税務署などに勤務し、平成9年10月には栗原税理士事務所を開設され現在に至っております。公職歴につきましては、平成19年4月から北海道税理士会旭川支部稚内部会長に就任されております。また、固定資産評価審査委員会委員といたしましては、平成21年9月から就任いただいており、この間、平成23年8月からは同委員会の委員長を務められ、御尽力をいただいております。

 このようなことから、栗原さんは人格・識見ともにすぐれており、本市の固定資産評価審査委員会委員として最も適任者であると考えております。何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡本雄輔君) :本案については、これより採決をいたします。

 お諮りをいたします。本案については、原案に同意することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。

したがいまして本案については、原案に同意することに決定をいたしました。





△1.閉会宣告





○議長(岡本雄輔君) :以上で、今期臨時会に付議されておりました議案は、すべてその審査を終了いたしました。

 これをもちまして、平成24年第3回稚内市市議会臨時会を閉会いたします。



     閉会 午後1時39分