議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 稚内市

目次 06月28日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成23年  第6回 定例会 − 06月28日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号









平成23年  第6回 定例会





平成23年第6回稚内市議会(定例会)会議録
平成23年6月28日(火曜日)第4号

 ○議事日程第4号
     開議宣告
     会議録署名議員の指名
     事務局長の諸般の報告
日程第1  報告第32号 議案特別委員会付託事件の審査の結果報告(議案第53号から第57号及び第59号から
     第61号)
日程第2  推薦第1号 稚内市農業委員会委員の推薦
日程第3  請願第5号 北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める請願
      請願第6号 義務教育費国庫負担制度堅持・負担率1/2への復元、「30人以下学級・複式学級解
     消」の実現をめざす教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算
     確保・拡充に向けた請願
      請願第7号 地方財政の充実・強化を求める請願
日程第4  意見書案第5号 北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める要望意見書
      意見書案第6号 義務教育費国庫負担制度堅持・負担率1/2への復元、「30人以下学級・複式学
     級解消」の実現をめざす教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育
     予算確保・拡充に向けた要望意見書
      意見書案第7号 地方財政の充実・強化を求める要望意見書
日程第5  議員の派遣(道北支部議長会議員研修会 14名)

 ○出席議員(全員)
議   長  岡 本 雄 輔 君
副 議 長  生田目 幸 男 〃
議   員  伊 藤 正 志 〃
  〃    稲 垣 昭 則 〃
  〃    大 泉 勝 利 〃
  〃    上 出 悦 照 〃
  〃    川 崎 眞 敏 〃
  〃    佐 藤 ゆかり 〃
  〃    渋 谷 正 敏 〃
  〃    鈴 木 茂 行 〃
  〃    鈴 木 利 行 〃
  〃    鈴 木 雅 煕 〃
  〃    田 森 和 文 〃
  〃    栃 木 潤 子 〃
  〃    中 井 淳之助 〃
  〃    藤 谷 良 幸 〃
  〃    本 田   満 〃
  〃    松 本 勝 利 〃
  〃    横 澤 輝 樹 〃
  〃    吉 田 孝 史 〃

 ○ 説明員
市     長  工 藤   広 君
副  市  長  達   英 二 〃
教  育  長  手 島 孝 通 〃

総 務 部 長 兼  表   純 一 〃
選挙管理委員会
事 務 局 長

生 活 福祉部長  関根井 憲 吾 〃
建 設 産業部長  吉 川 利 明 〃
会 計 管 理 者  東   政 史 君
監 査 事務局長  山 川 邦 廣 〃
教 育 部 長  中 澤 敏 幸 〃
水 道 部 長  武 山 淳 一 〃
市立病院事務局長 高 橋 清 一 〃
消  防  長  薄 田 嘉 継 〃
政 策 経営室長  吉 田 一 正 〃
総 務 部副部長  白 田 陽 彦 〃
総 務 部 参 事  青 山   滋 〃
生活福祉部副部長 中 川 幹 男 〃
生活福祉部参事  田 端 義 親 〃
建設産業部副部長 河 上 眞 一 〃
水 道 部 参 事  佐 藤 典 隆 〃
教 育 部 参 事  岩 田 淳 一 〃
行政管理担当主幹 川 野 忠 司 〃
総 務 課 長  山 口 春 蔵 〃
防 災 担当主幹  成 田 利 孝 〃
財 政 契約課長  岡 田 睦 良 〃
課 税 課 長  森 山 勝 彦 〃
総 合 窓口課長  土 門 勝 志 〃
中間処理施設担当主幹 古 川 裕 輝 〃
社 会 福祉課長  熊 谷 悦 子 〃

地 域 包括支援  高 瀬 義 明 〃
セ ン タ ー 長

保 健 課 長  伊 豆 健 俊 〃
都 市 整備課長  鈴 木   聡 〃
建 築 主 事  沖 野 正 幸 〃
都市再生対策課長 相 内   悟 〃
教 育 総務課長  藤 島 峰 幸 〃
学 校 教育課長  青 山   等 〃
水道部庶務課長  大 窪 幸 博 〃
選管事務局次長  工 藤 浩 一 〃

 ○事務局出席職員
事 務 局 長  稲 川   稔 君
庶 務 課 長  中 村   功 〃
主     査  山 川 忠 行 〃
書     記  田 中 昌 明 〃
   〃     田 中 寿 貴 〃
書     記  中 丸   朗 君







△1.開議宣告



開会 午後3時00分





○議長(岡本雄輔君) :本日は休会の日でありますが、議事の都合により特に会議を開きます。

 ただいまの出席議員20名。したがいまして、会議は成立いたします。

 本日の会議録署名議員として、田森和文君、栃木潤子さんを指名いたします。

 この際、事務局長が諸般の報告をいたします。議会事務局長。



◎議会事務局長(稲川稔君) :御報告申し上げます。本日配付の議案並びに関係資料といたしまして、報告第32号、推薦第1号、請願第5号から請願第7号、意見書案第5号から意見書案第7号、議員の派遣に関する資料、以上でございます。

 なお、本日の議事日程はお手元に配付の日程表のとおりでございます。以上でございます。





△1.日程第1 報告第32号





○議長(岡本雄輔君) :日程第1報告第32号議案特別委員会付託事件の審査の結果報告を議題といたします。

 お諮りいたします。議案特別委員長の報告については、稚内市議会会議規則第39条第3項の規定により省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定をいたしました。

 議案特別委員会付託事件の審査報告書については、お手元に配付のとおりといたします。

 なお、議案特別委員会付託事件の審査報告に対する質疑・討論については、いずれもそれらの通告はありませんので、これより順次採決をいたします。

 まず、議案第54号から57号及び第59号から第61号を問題といたします。

 本案に関する委員長報告は、いずれも可決であります。

 お諮りいたします。本案については、いずれも委員長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって本案については、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第53号を問題といたします。

 本案に関する委員長報告は可決であります。

 この採決は起立によります。

 お諮りいたします。本案については、委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者・起立)



○議長(岡本雄輔君) :起立多数であります。したがって本案については、原案のとおり可決されました。





△1.日程第2から第4は委員会付託を省略





○議長(岡本雄輔君) :この際、お諮りいたします。

 本日の議事のうち、日程第2から第4の7件の議案の審議については、委員会付託を省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがってただいまの7件の議案の審査については、委員会付託を省略することに決定いたしました。





△1.日程第2 推薦第1号





○議長(岡本雄輔君) :日程第2推薦第1号稚内市農業委員会委員の推薦を議題といたします。

 お諮りをいたします。本件については、提出者の説明を省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定いたしました。

 本件については、これより採決をいたします。

 お諮りをいたします。本件については、お手元に配付のとおり推薦することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって本件については、推薦することに決定をいたしました。





△1.日程第3 請願第5号から第7号





○議長(岡本雄輔君) :日程第3請願第5号北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める請願、請願第6号義務教育費国庫負担制度堅持負担率2分の1への復元、30人以下学級、複式学級解消の実現を目指す教職員定数改善、修学保障充実など、2012年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた請願、請願第7号地方財政の充実・強化を求める請願を議題といたします。

 お諮りをいたします。本件については、いずれも提出者の説明を省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定をいたしました。

 本件については、いずれもお手元に配付のとおりといたします。

 本件については、これより順次採決をいたします。

 まず、請願第5号と第7号を問題といたします。

 お諮りをいたします。本件については、いずれも原案のとおり採択することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって本件については、いずれも原案のとおり採択することに決定をいたしました。

 次に、請願第6号を問題といたします。

 この採決は起立によります。

 お諮りいたします。本件については、原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者・起立)



○議長(岡本雄輔君) :起立多数であります。したがって本件については、原案のとおり採択することに決定をいたしました。





△1.日程第4 意見書案第5号から第7号





○議長(岡本雄輔君) :日程第4意見書案第5号北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める要望意見、意見書案第6号義務教育費国庫負担制度堅持・負担率2分の1への復元、「30人以下学級、複式学級解消」の実現を目指す教職員定数改善、就学保障充実など2012年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた要望意見書、意見書案第7号地方財政の充実・強化を求める要望意見書を議題といたします。

 お諮りをいたします。本件については、いずれも提出者の説明を省略したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定をいたしました。

 本件については、いずれもお手元に配付のとおりといたします。

 本件については、これより順次採決をいたします。

 まず、意見書案第5号と第7号を問題といたします。

 お諮りをいたします。本件については、いずれも原案のとおり決定することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって本件については、いずれも原案のとおり決定をいたしました。

 次に、意見書案第6号を問題といたします。

 この採決は起立によります。

 お諮りをいたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者・起立)



○議長(岡本雄輔君) :起立多数であります。したがって本件については、原案のとおり決定をいたしました。





△1.日程第5 議員の派遣





○議長(岡本雄輔君) :日程第5議員の派遣を議題といたします。

 お諮りをいたします。議員の派遣については、お手元に配付のとおり決定することに御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定をいたしました。





△1.閉会宣告





○議長(岡本雄輔君) :以上で、今期定例会に付議されておりました議案は、すべてその審議を終了いたしました。

 お諮りをいたします。今定例会に付議されておりました議案は、すべてその審査を終了いたしましたので、稚内市議会会議規則第7条の規定により、本日をもちまして閉会したいと思います。御異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり。)



○議長(岡本雄輔君) :御異議なしと認めます。したがって、そのように決定をいたしました。

 これをもちまして、平成23年第6回稚内市議会定例会を閉会いたします。



     閉会 午後3時08分