議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 稚内市

意見書案第6号 意見書案第5号




平成22年  第4回定例会 要望意見書 − 意見書案第5号










                               意見書案第5号


   食料供給力の確保に必要な農業生産基盤整備の促進を求める要望意見書


 上記について、稚内市議会会議規則第14条の規定により、別紙のとおり意見書案を
提出する。

  平成22年6月21日 提出


                      提 出 者
                       議 員  中 井 淳之助
                            上 出 悦 照
                            鈴 木 雅 煕
                            松 本 勝 利
                            横 澤 輝 樹
                            稲 垣 昭 則


   食料供給力の確保に必要な農業生産基盤整備の促進を求める要望意見書

 国は、平成22年度農業関係の予算編成において、戸別所得補償制度のモデル対策費
に重点配分する一方で、農業農村整備事業費(土地改良事業費)を大幅に削減しまし
た。
 農業農村整備事業の予算の縮減は、今後、地域の要望に即した排水対策や土壌改良、
区画整理などの農地整備や、農業用水を安定的に確保するなどの農業水利施設の計画
的な更新・整備に深刻な影響を与えることとなり、農業の生産性が低下していくこと
は明らかであります。そしてこのことは、我が国の食料自給力をさらに低下させるな
ど国民全体の不利益にもつながるものと危惧します。昨年、本地域は多雨や低温、日
照不足等の影響で多くの農作物に被害が発生しましたが、被害実態の把握などのほ場
調査を行った北海道農政部は、基盤整備を実施したほ場では収量の減少や品質の低下
が大きく抑制されるとともに適期作業による農作物の安定生産に貢献しているなどの
「基盤整備の有効性に関する調査報告」をまとめたところであり、本地域における農
業生産基盤整備の重要性等を改めて確認しました。
 今後とも地域農業・農村が持続的に発展し、安全・安心な食料を国民に安定的に供
給する役割を担っていくためには、食料供給力の確保に必要な農地や農業水利施設の
整備を継続的かつ安定的に実施することが不可欠であります。
 したがって政府及び北海道においては、農業者からの申請に基づいて進められる食
料供給力の確保に必要な生産基盤整備の促進のため、下記の事項について実現をする
よう強く要望する。

                   記

 1.地域の要望に即した、農地や農業水利施設などの生産基盤整備の着実な推進に
  必要な予算枠を確保すること。

 2.生産基盤整備の効果的・効率的な促進を図るため、ほ場条件にあった弾力的な
  整備やコストの縮減、地元負担の軽減について配慮すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成22年6月21日

                               稚 内 市 議 会



提出先  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  総務大臣  財務大臣
     農林水産大臣  北海道知事