議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 苫小牧市

平成26年 第14回定例会(2月) 03月14日−05号




平成26年 第14回定例会(2月) − 03月14日−05号







平成26年 第14回定例会(2月)



                  平成26年

              第14回苫小牧市議会定例会会議録

        平成26年3月14日(金曜日)午後3時00分開議

───────────────────────────────────────

●議事日程(第5号)

 日程第1 報告第5号 厚生委員会審査結果報告について

 日程第2 議案第26号 苫小牧市美術館建設基金条例の廃止について

 日程第3 議案第33号 苫小牧市ハイランドスポーツハウス条例の廃止について

 日程第4 議案第34号 苫小牧市屋内ゲートボール場条例の一部改正について

 日程第5 議案第35号 苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 日程第6 議案第36号 苫小牧市火災予防条例の一部改正について

 日程第7 議案第37号 苫小牧市消防関係手数料条例の一部改正について

 日程第8 議案第42号 平成26年度苫小牧市一般会計補正予算(第1回)について

 日程第9 議案第43号 平成25年度苫小牧市一般会計補正予算(第8回)について

 日程第10 議案第44号 苫小牧市議会委員会条例の一部改正について

 日程第11 意見書案第1号 保険でよい歯科医療の実現を求める要望意見書

 日程第12 意見書案第2号 要支援者に対する介護予防給付の継続等を求める要望意見書

 日程第13 意見書案第3号 手話言語法(仮称)の早期制定を求める要望意見書

 日程第14 意見書案第4号 労働者保護ルール改正を求める要望意見書

 日程第15 意見書案第5号 地方自治体の臨時・非常勤職員の待遇改善と雇用安定のための法改正を求める要望意見書

 日程第16 意見書案第6号 災害時多目的船の導入を求める要望意見書

 日程第17 意見書案第7号 食の安全・安心の確立を求める要望意見書

 日程第18 その他の議事2 議会運営に関する申合せ事項の一部改正について

 日程第19 その他の議事3 閉会中継続審査の承認について

 日程第20 その他の議事4 委員派遣の承認について

 日程第21 閉会宣告

      ──────────────────────────

●本日の会議に付議した事件

 日程第1 報告第5号 厚生委員会審査結果報告について

 日程第2 議案第26号 苫小牧市美術館建設基金条例の廃止について

 日程第3 議案第33号 苫小牧市ハイランドスポーツハウス条例の廃止について

 日程第4 議案第34号 苫小牧市屋内ゲートボール場条例の一部改正について

 日程第5 議案第35号 苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 日程第6 議案第36号 苫小牧市火災予防条例の一部改正について

 日程第7 議案第37号 苫小牧市消防関係手数料条例の一部改正について

 日程第8 議案第42号 平成26年度苫小牧市一般会計補正予算(第1回)について

 日程第9 議案第43号 平成25年度苫小牧市一般会計補正予算(第8回)について

 日程第10 議案第44号 苫小牧市議会委員会条例の一部改正について

 日程第11 意見書案第1号 保険でよい歯科医療の実現を求める要望意見書

 日程第12 意見書案第2号 要支援者に対する介護予防給付の継続等を求める要望意見書

 日程第13 意見書案第3号 手話言語法(仮称)の早期制定を求める要望意見書

 日程第14 意見書案第4号 労働者保護ルール改正を求める要望意見書

 日程第15 意見書案第5号 地方自治体の臨時・非常勤職員の待遇改善と雇用安定のための法改正を求める要望意見書

 日程第16 意見書案第6号 災害時多目的船の導入を求める要望意見書

 日程第17 意見書案第7号 食の安全・安心の確立を求める要望意見書

 日程第18 その他の議事2 議会運営に関する申合せ事項の一部改正について

 日程第19 その他の議事3 閉会中継続審査の承認について

 日程第20 その他の議事4 委員派遣の承認について

 日程第21 閉会宣告

      ──────────────────────────

●出席議員(30名)

    議   長 27番  西 野  茂 樹  君

    副 議 長  7番  岩 田  典 一  君

    議   員  1番  竹 田  秀 泰  君

      〃    2番  宇 多  春 美  君

    議   員  3番  板 谷  良 久  君

      〃    4番  神 山  哲太郎  君

      〃    5番  小 山  征 三  君

      〃    6番  松 尾  省 勝  君

      〃    8番  金 澤    俊  君

      〃    9番  木 村    司  君

      〃   10番  林    光 仁  君

      〃   11番  藤 田  広 美  君

      〃   12番  矢 農    誠  君

      〃   13番  越 川  慶 一  君

      〃   14番  渡 邊  敏 明  君

      〃   15番  後 藤  節 男  君

      〃   16番  熊 谷  克 己  君

      〃   17番  小野寺  幸 恵  君

      〃   18番  谷 本  誠 治  君

      〃   19番  三 海  幸 彦  君

      〃   20番  矢 嶋    翼  君

      〃   21番  櫻 井    忠  君

      〃   22番  谷 川  芳 一  君

      〃   23番  北 岸  由利子  君

      〃   24番  池 田  謙 次  君

      〃   25番  松 井  雅 宏  君

      〃   26番  守 屋  久 義  君

      〃   28番  田 村  雄 二  君

      〃   29番  渡 辺    満  君

      〃   30番  冨 岡    隆  君

      ──────────────────────────

●説明員出席者

    市長         岩 倉  博 文  君

    監査委員       本 波  裕 樹  君

    副市長        中 野  裕 隆  君

    副市長        菊 地  一 己  君

    教育長        和 野  幸 夫  君

    消防長        渡 部    勲  君

    総合政策部長     佐々木  昭 彦  君

    総務部長       五十嵐    充  君

    財政部長       飯 田  伸 一  君

    市民生活部長     玉 川  豊 一  君

    環境衛生部長     前 川  芳 彦  君

    保健福祉部長     棒 手  由美子  君

    産業経済部長     福 原    功  君

    都市建設部長     佐 藤    裕  君

    病院事務部長     松 浦    務  君

    上下水道部長     新 谷  博 之  君

    学校教育部長     澤 口  良 彦  君

    スポーツ生涯学習部長 生 水  賢 一  君

    政策推進室長     木 村    淳  君

    秘書広報課長     柳 沢  香代子  君

      ──────────────────────────

●事務局職員出席者

    事務局長       松 本    誠  君

    総務課長       松 平  定 明  君

    議事課長       荒物屋  貢 一  君

    調査係長       畑 島    寿  君

    議事課主査      澤 田  由美子  君

      〃        倉 持  光 司  君

      〃        舩 本  昭 広  君

      〃        大 倉  利 広  君

───────────────────────────────────────





                開 議  午後3時00分

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) これより本日の会議を開きます。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 会議録署名議員の指名を行います。

 9番、10番の両議員を指名いたします。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 報告第5号を議題といたします。

 厚生委員会委員長の報告を求めます。

 矢農誠委員長。

              (矢農委員長 登壇)



◆12番議員(矢農誠) 厚生委員会に付託されました事件につきまして、審査の結果が出ましたので、御報告いたします。

 最初に、第12回定例会陳情第1号保険でよい歯科医療の実現を求める要望意見書提出に関する陳情であります。

 提出者の住所・氏名、委員会付託年月日、陳情の要旨につきましては、いずれも報告書のとおりでありますので、省略させていただきます。

 委員会を平成25年9月11日、12月11日、平成26年3月12日に開催し、審査の結果、願意を了とし、趣旨採択と決定いたしました。

 なお、意見書案、関係機関への要請は、別途議長に一任することに決定いたしました。

 次に、第14回定例会陳情第1号要支援者に対する介護予防給付の継続等を求める要望意見書提出に関する陳情であります。

 提出者の住所・氏名、委員会付託年月日、陳情の要旨につきましては、本定例会提出の陳情でありますので、省略させていただきます。

 委員会を平成26年3月12日に開催し、審査の結果、願意を了とし、趣旨採択と決定いたしました。

 なお、意見書案、関係機関への要請は、別途議長に一任することに決定いたしました。

 以上のとおりでございます。

 よろしく御審議のほど、お願いいたします。



○議長(西野茂樹) 一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、一括討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 最初に、第12回定例会陳情第1号保険でよい歯科医療の実現を求める要望意見書提出に関する陳情について、ただいまの委員長報告に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、第12回定例会陳情第1号は、委員長報告どおり決定いたしました。

 次に、今定例会陳情第1号要支援者に対する介護予防給付の継続等を求める要望意見書提出に関する陳情について、ただいまの委員長報告に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、今定例会陳情第1号は、委員長報告どおり決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第26号苫小牧市美術館建設基金条例の廃止についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 スポーツ生涯学習部長。



◎スポーツ生涯学習部長(生水賢一) 議案第26号苫小牧市美術館建設基金条例の廃止について御説明申し上げます。

 本条例は、美術館建設の機運が高まってきたことを受け、平成14年4月に制定したものでございますが、苫小牧市美術博物館の建設が平成25年3月21日に完了し、その役割が終了したことから、平成26年3月31日をもって廃止するものでございます。

 平成14年4月の基金設置以来、53件、1,298万5,096円の御寄付をいただき、その間の利息を含め総額は1,315万473円となりましたが、昨年3月、美術博物館建設費の財源に充てるため、全額を取り崩しいたしました。

 御寄付をいただきました皆様には、改めて感謝を申し上げる次第でございます。

 以上で、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第26号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第33号苫小牧市ハイランドスポーツハウス条例の廃止についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 スポーツ生涯学習部長。



◎スポーツ生涯学習部長(生水賢一) 議案第33号苫小牧市ハイランドスポーツハウス条例の廃止について御説明申し上げます。

 ハイランドスポーツハウスは昭和45年に設置され、スポーツ合宿施設として市内外より多くの方に御利用いただいてまいりましたが、近年におきましては、市内に民間宿泊施設が相当数整備されたことに伴い利用者が減少しておりますことから、市が実施する事業としては役割を終えたものと判断してございます。

 このたび指定管理の終了時期に合わせ、平成26年3月31日をもって施設を廃止するため、苫小牧市ハイランドスポーツハウス条例を廃止するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、議案第33号の説明を終えさせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第33号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第34号苫小牧市屋内ゲートボール場条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 スポーツ生涯学習部長。



◎スポーツ生涯学習部長(生水賢一) 議案第34号苫小牧市屋内ゲートボール場条例の一部改正について御説明申し上げます。

 このたびの改正は、屋内ゲートボール場の有効的な利用を図るため、和室のみを使用する場合の料金設定を行うことにより、スポーツ以外の活動においても広く和室を利用できるようにするための関係規定を整備するものでございます。

 なお、この条例の施行日は、平成26年4月1日でございます。

 以上、簡単ではございますが、議案第34号の説明を終えさせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第34号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第35号苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 病院事務部長。



◎病院事務部長(松浦務) 議案第35号苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について御説明いたします。

 このたびの改正は、当院の診療科目に新生児科を設けるため関係規定を整備するものでございます。

 当院は、地域周産期母子医療センターの指定を受けて以来、産婦人科及び小児科の連携により低出生体重児や先天的な疾病を抱える新生児医療に対応し、あわせて新生児特定集中治療室の整備を図ってきたところでございます。

 少子高齢化社会を迎え、新生児医療の機能充実が今後ますます求められることから、このたび新生児科を新設し、新生児医療の専門家と当院の地域周産期母子医療センターとしての機能向上を目指すものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第35号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第36号苫小牧市火災予防条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 消防長。



◎消防長(渡部勲) 議案第36号苫小牧市火災予防条例の一部改正について御説明申し上げます。

 改正の対象となる条文は、苫小牧市火災予防条例第31条の4となりますが、これは、住宅用防災機器の一種である住宅用防災報知設備の設置及び維持に関する基準を定めたものでございます。

 改正の内容につきましては、消防法施行令の改正に伴い、条例で引用している同令の条項に移動があったため関係規定を整備するものです。

 施行日は、平成26年4月1日でございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第36号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第37号苫小牧市消防関係手数料条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 消防長。



◎消防長(渡部勲) 議案第37号苫小牧市消防関係手数料条例の一部改正について御説明申し上げます。

 このたびの改正は、消費税及び地方消費税の引き上げにより、地方公共団体の手数料の標準に関する政令が見直し改正され、それに伴い、苫小牧市消防関係手数料条例の製造所等の設置許可、完成検査前検査及び保安検査の審査等に係る手数料を同じく引き上げる一部改正でございます。

 なお、施行日につきましては、平成26年4月1日を予定しております。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第37号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第42号平成26年度一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 議案第42号平成26年度一般会計補正予算(第1回)について御説明申し上げます。

 このたびの補正は、平成26年度予算に計上いたしました事業のうち、国の平成25年度補正予算好循環実現のための経済対策を活用して、平成25年度補正予算にて前倒しで行う事業につきまして、減額補正をするものでございます。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正、第2条地方債の補正でございます。

 歳入歳出につきましては、それぞれ9億9,255万1,000円を減額し、総額を728億1,744万9,000円とするものでございます。

 内容につきまして、事項別明細書の歳出から御説明させていただきます。

 7ページをお願いいたします。

 第8款土木費2項2目道路新設改良費1億700万円の減額は、社会資本整備総合交付金を活用して行う橋梁長寿命化工事及び道路附属物点検業務に係る道路ストック総点検事業費を減額するものでございます。

 5項2目住宅建設費2億9,224万9,000円の減額は、同じく社会資本整備総合交付金を活用して行う住宅改善事業として、大成町ほか2棟の外壁改修工事及び末広町ほか2棟のエレベーター改修事業費の減額と、これに伴い、住宅建設事業費の財源更正を行うものでございます。

 第10款教育費2項3目小学校費の学校建設費5億2,160万円の減額及び8ページ、3項1目中学校費の学校管理費9,800万円の減額は、いずれも学校施設環境改善交付金を活用して行う耐震補強工事及び改修工事等の事業費を減額するものでございます。

 第12款諸支出金3項1目財政調整基金積立金2,629万8,000円の増額は、事業費減額に伴う一般財源分の積み立てを行うものでございます。

 引き続き、歳入について御説明いたします。

 5ページにお戻り願います。

 第15款国庫支出金、第19款繰入金及び6ページ、第22款市債は、いずれも歳出に関連した減でございますので、説明を省略させていただきます。

 次に、4ページをお願いいたします。

 第2表地方債補正は、このたびの補正に伴う地方債の減として、限度額を5億1,710万円減額し、総額を61億6,460万円とするものでございます。

 以上、簡単でございますが、議案第42号平成26年度一般会計補正予算(第1回)の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 以上で、説明は終了いたしました。

 これより質疑に入りますが、質疑は先例により、歳出は各款ごとに行い、歳入は一括して行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第42号平成26年度一般会計補正予算第1条歳入歳出予算の補正を事項別明細書により、歳出から質疑に付します。

 第8款土木費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第10款教育費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第12款諸支出金、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 以上で、歳出の質疑は終了いたしました。

 続いて、歳入の質疑に入ります。

 第15款国庫支出金、第19款繰入金、第22款市債を一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 歳入の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 次に、第2条地方債の補正を第2表により質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 以上をもって、議案第42号の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第42号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第43号平成25年度一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 議案第43号平成25年度一般会計補正予算(第8回)について御説明申し上げます。

 本補正は、議案第42号で御説明させていただきましたが、国の平成25年度の補正予算好循環実現のための経済対策に基づくもので、第1条歳入歳出予算の補正、第2条繰越明許費の補正、第3条地方債の補正でございます。

 歳入歳出につきましては、それぞれ23億136万5,000円を増額し、総額を758億8,226万1,000円とするものでございます。

 内容につきまして、事項別明細書の歳出から御説明させていただきます。

 7ページをお願いいたします。

 第2款総務費2項2目空港振興費730万円の増額は、国の補正予算において新千歳空港の国直轄整備事業費が増額されたことによる地方負担分の補正でございます。

 第3款民生費1項1目社会福祉総務費7億1,004万2,000円の増額及び8ページ、3項1目児童福祉総務費2億4,020万4,000円の増額は、本年4月からの消費税の税率引き上げに伴い、低所得者及び子育て世帯への影響を緩和するための国の補正予算に基づく給付金事業でございます。

 臨時福祉給付金は、対象者を5万4,000人、うち加算対象者1万9,000人と見込み、子育て世帯臨時特例給付金は、対象者を2万2,000人と見込み、それぞれ事業を実施するものでございます。

 9ページ、第6款農水産業費1項2目農業振興費3億2,497万円の増額は、全額国の補正予算に基づく道補助金を活用し、農業法人Jファーム苫小牧が苫東地区に建設いたします次世代植物工場への建設費補助金でございます。

 第8款土木費2項2目道路新設改良費1億700万円の増額は、国の補正予算に基づき橋梁長寿命化工事及び道路附属物点検業務である道路ストック総点検事業費につきまして、新年度の前倒しで行う事業でございます。

 5項2目住宅建設費2億9,224万9,000円の増額は、住宅改善事業として大成町ほか2棟の外壁改修工事及び末広町ほか2棟のエレベーター改修工事を、同じく新年度の前倒しで行う事業でございます。

 10ページ、第10款教育費2項3目小学校費の学校建設費5億2,160万円、3項1目中学校費の学校管理費9,800万円の増額は、いずれも国の補正予算に基づき学校施設環境改善交付金により耐震補強工事及び改修工事等を、新年度の前倒しで行う事業でございます。

 引き続き、歳入について御説明いたします。

 5ページにお戻り願います。

 第7款ゴルフ場利用税交付金は、交付見込みに基づくもの、第11款地方交付税は、このたびの国の補正予算による追加交付分を増額補正するものでございます。

 第15款国庫支出金から6ページ、第22款市債までは、いずれも歳出に関連した特定財源でございますので、説明を省略させていただきます。

 次に、4ページをお願いいたします。

 第2表繰越明許費補正でございますが、掲載しているすべての事業につきまして御説明いたしましたとおり、国の補正予算に関連した事業であり、年度内に事業完了が難しいことから、繰越明許の追加をお願いするものでございます。

 第3表地方債補正は、限度額を5億1,080万円増額し、総額を75億3,049万8,000円とするものでございます。

 以上、簡単でございますが、議案第43号平成25年度一般会計補正予算(第8回)の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西野茂樹) 以上で、説明は終了いたしました。

 これより質疑に入りますが、質疑は先例により、歳出は各款ごとに行い、歳入は一括して行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第43号平成25年度一般会計補正予算、第1条歳入歳出予算の補正を、事項別明細書により、歳出から質疑に付します。

 第2款総務費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第3款民生費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第6款農水産業費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第8款土木費、質疑に付します。

 渡辺満議員。



◆29番議員(渡辺満) 簡単ですので、自席から質問させていただきたいと思うのですが、既に新年度予算の当初予算が通って、国の追加ということで、今回新たに提案されております。

 財源的に、私は国の補助が確定したということで追加されたと思うのですが、財政部長にお伺いしたいのは、こういった今回の補正に、なぜ一般財源が使われるのかという問題です。私は、もう100%国、そして、あるいは起債という、そういう理解で考えていたのですが、一般財源が次の教育費にも使われるということで、新たに財源が使われるということ、このことの理解がちょっとできないのです。それらを含めて、何ゆえこういった一般財源、厳しい状況の中で採択されたばかりの一般会計の予算が使われるのか、ここのあたりをちょっと説明していただきたいなというふうに思います。



○議長(西野茂樹) 答弁を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 国の補正予算に絡みまして、なぜ一般財源を使うのかというお尋ねでございますけれども、基本的には議員御指摘のとおり、公共事業費で補助、そして起債、この100%というのが一番理想だと思うのですけれども、中には起債の対象外の経費がある場合がございます。この場合に補正予算債が全部100%つかないケースがあるということで、その部分について一般財源を使っているということですので、基本的には起債100%というのが、国の事業としては好ましいというか、望ましい姿だと思うのですけれども、一部対象外経費があるということで一般財源を使っているというふうに御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(西野茂樹) 渡辺満議員。



◆29番議員(渡辺満) そこまで答弁をされるのであれば、この一般財源の内訳を、何が起債の対象外で、きちっと内訳を説明するのが本来の説明ではないのですか。どうも部長の答えが、私の質問とは一緒にかみ合ってはいるのですが、本来持ち出しする必要のない追加補正だというふうに理解しております。そういう意味合いから、当然一般財源を使わないような事業計画を、当然選択、理事者側はそれを予算計上されたのだと思うのですが、何ゆえ想定外の予算計上になったのか、具体的に教えてください。

 以上です。



○議長(西野茂樹) 答弁を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 何ゆえ想定外の一般財源を使用するのかということでございますけれども、それは想定外というよりも、これ実際に執行する段階になりましたら、どの程度の補正予算債が認められるかということも含めて、一般財源が幾ら使われることになるか確定したものではないのです。ただ、予算をつくる際には、今回の国の補正予算において、それぞれの事業メニューの中で、補助が幾ら、充当される起債が幾らという割合がありますので、それに基づいて国の補正予算にのっかっていくということなので、そこが100%でなければのる必要はないのではないかという御意見であれば、それはそのようなことかと思いますけれども、私どもとしては、そんな大きい負担ではございませんので、ある程度一般財源をつけた中で事業をつくるということが、この国の補正予算の好循環実現のための経済対策にのっていくという、そういう趣旨に合っているのでないかというふうに思っております。



○議長(西野茂樹) 渡辺満議員。



◆29番議員(渡辺満) いいですか、全体的に言う額が二千数百万だからどうのこうのという、そういう説明であれば、さきの一般会計での修正動議の際に、皆さんから言われている二千数百万円の財源の内訳がどうのこうのという質疑が交わされているのですよ、議員同士で。当然理事者である財政部長もお聞きになっていると思うのです。その2,600万円を生み出すがゆえの修正動議をかけた側にしてみれば、今回の一般財源がいとも簡単に生み出されるような仕組み、こういう手品ができるのであれば、いつでも議員提案でできるということで理解してよろしいのですか。

 あるいは、今後ですよ、今もう前倒しでやっているわけです。多分入札差金が生まれるであろうと。その入札差金が生まれたら、この一般財源を使わないという意味での説明なら、まだ私は理解できるのですが、当然これ入札ですから、差金は生まれますね。生まれたら、一般財源は使わなくていいという理解なのか。それとも、起債の対象外というものについて、どれですかって2回目で聞いても何も教えてくれない。私は素人ですから、市民に説明を求められたら、何が対象外なのですかって聞かれても答えられないのですよ。あなた方は、あらかじめこれを予算計上するときには、内部で議論をして一般財源を使わざるを得ないということを踏まえて提案したのだったら、しっかりその一般財源を使う理由づけをやっぱり市民に知らせる義務があるのではないかなと、私はそう思うのですけれども、私の質問がおかしいのでしょうか。そのあたりしっかり、2点今聞いていますので、お答えいただきたいと思います。



○議長(西野茂樹) 答弁を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) まず、1つ目の執行に当たって差額云々という話ではございません。あくまでも予算として置いておりますけれども、実際に補助申請を行ったり、あるいは借り入れを行う際に、起債対象である、対象でないということの判断もあります。ですから、そういうことを踏まえて予算額を置いているということですので、御理解をいただきたいと思います。

 それから、一般財源が対象なもの、つまり先ほど申し上げたとおり、補助や起債の対象にならない経費の例といたしましては、例えば道路ストックの整備事業の中では、総点検、道路を点検する事業、これについては補助対象になっていない、あるいは西小学校の解体工事の一部が起債の対象になっていないというものはございます。ただ、これ今までもそうでございますけれども、一つ一つの事業について一般財源を使うその理由についてまで、詳細なところまで御説明していないのは、今までもそうであったかと思います。

 ただ、御理解いただきたいのは、この事業が経済対策として国の補正予算にのる上で、一定の補助、それから起債のルールの中で、対象外になるものは一般財源として負担せざるを得ないけれども、そういった事業の趣旨からいって、市として事業を行いたいということで提案をさせていただいているということに御理解をいただきたいということでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(西野茂樹) 他に。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 第10款教育費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 以上で、歳出の質疑は終了いたしました。

 続いて、歳入の質疑に入ります。

 第7款ゴルフ場利用税交付金、第11款地方交付税、第15款国庫支出金、第16款道支出金、第19款繰入金、第22款市債を一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 次に、第2条繰越明許費の補正及び第3条地方債の補正を第2表及び第3表により、一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 質疑終結いたしました。

 以上をもって、議案第43号の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第43号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 議案第44号苫小牧市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 この場合、提出者の趣旨弁明を省略するとともに、質疑・討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第44号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 意見書案第1号保険でよい歯科医療の実現を求める要望意見書、意見書案第2号要支援者に対する介護予防給付の継続等を求める要望意見書、意見書案第3号手話言語法(仮称)の早期制定を求める要望意見書、意見書案第4号労働者保護ルール改正を求める要望意見書、意見書案第5号地方自治体の臨時・非常勤職員の待遇改善と雇用安定のための法改正を求める要望意見書、意見書案第6号災害時多目的船の導入を求める要望意見書、意見書案第7号食の安全・安心の確立を求める要望意見書を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 この場合、提出者の趣旨弁明を省略するとともに、質疑・討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 最初に、意見書案第1号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第1号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第2号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第3号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第3号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第4号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第4号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第5号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第5号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第6号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第6号は、原案どおり可決いたしました。

 最後に、意見書案第7号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第7号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) その他の議事2議会運営に関する申合せ事項の一部改正についてを議題といたします。

 議会運営委員長から議会運営に関する申合せ事項の一部を改正したい旨の報告があり、お手元に配付いたしておりますので、御了承願います。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) その他の議事3閉会中継続審査の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議員各位のお手元に配付してあります付託事件及び所管事項について、各委員長から閉会中継続審査の申し出があります。

 これを承認することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) その他の議事4委員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会及び各常任委員会、総合開発特別委員会並びに安全・安心のまちづくりに関する特別委員会の各委員長から、それぞれ所管事項に関し必要が生じた場合、管外に委員を派遣したい旨の申し出があります。

 これを承認することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西野茂樹) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(西野茂樹) 以上で、今定例会の議事はすべて終了いたしました。

 各位の御協力をいただき、ここに終了できますことを衷心より感謝申し上げます。

 それでは、第14回市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでした。

      ──────────────────────────

             閉 会  午後3時40分

                                 以 上。