議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 苫小牧市

平成25年 第10回臨時会(5月) 05月13日−02号




平成25年 第10回臨時会(5月) − 05月13日−02号







平成25年 第10回臨時会(5月)



                  平成25年

             第10回苫小牧市議会臨時会会議録

         平成25年5月13日(月曜日)午後4時18分開議

───────────────────────────────────────

●議事日程(第2号)

 日程第1 その他の議事3 議長の辞職について

 日程第2 選 挙 1 議長の選挙について

      ──────────────────────────

●本日の会議に付議した事件

 日程第1 その他の議事3 議長の辞職について

 日程第2 選 挙 1 議長の選挙について

      ──────────────────────────

●出席議員(30名)

    議   長 28番  田 村  雄 二  君

      〃   27番  西 野  茂 樹  君

    副 議 長  7番  岩 田  典 一  君

    議   員  1番  竹 田  秀 泰  君

      〃    2番  宇 多  春 美  君

      〃    3番  板 谷  良 久  君

      〃    4番  神 山  哲太郎  君

      〃    5番  小 山  征 三  君

      〃    6番  松 尾  省 勝  君

      〃    8番  金 澤    俊  君

      〃    9番  木 村    司  君

      〃   10番  林    光 仁  君

      〃   11番  藤 田  広 美  君

      〃   12番  矢 農    誠  君

      〃   13番  越 川  慶 一  君

      〃   14番  渡 邊  敏 明  君

      〃   15番  後 藤  節 男  君

      〃   16番  熊 谷  克 己  君

      〃   17番  小野寺  幸 恵  君

    議   員 18番  谷 本  誠 治  君

      〃   19番  谷 川  芳 一  君

      〃   20番  三 海  幸 彦  君

      〃   21番  矢 嶋    翼  君

      〃   22番  北 岸  由利子  君

      〃   23番  池 田  謙 次  君

      〃   24番  櫻 井    忠  君

      〃   25番  松 井  雅 宏  君

      〃   26番  守 屋  久 義  君

      〃   29番  渡 辺    満  君

      〃   30番  冨 岡    隆  君

      ──────────────────────────

●説明員出席者

    市長         岩 倉  博 文  君

    監査委員       本 波  裕 樹  君

    副市長        中 野  裕 隆  君

    副市長        菊 地  一 己  君

    教育長        和 野  幸 夫  君

    消防長        渡 部    勲  君

    総合政策部長     佐々木  昭 彦  君

    総務部長       五十嵐    充  君

    財政部長       飯 田  伸 一  君

    市民生活部長     玉 川  豊 一  君

    環境衛生部長     前 川  芳 彦  君

    保健福祉部長     棒 手  由美子  君

    産業経済部長     福 原    功  君

    都市建設部長     佐 藤    裕  君

    病院事務部長     松 浦    務  君

    上下水道部長     新 谷  博 之  君

    学校教育部長     澤 口  良 彦  君

    スポーツ生涯学習部長 生 水  賢 一  君

    政策推進室長     木 村    淳  君

    秘書広報課長     柳 沢  香代子  君

      ──────────────────────────

●事務局職員出席者

    事務局長       松 本    誠  君

    総務課長       松 平  定 明  君

    議事課長       荒物屋  貢 一  君

    調査係長       畑 島    寿  君

    議事課主査      澤 田  由美子  君

      〃        倉 持  光 司  君

      〃        舩 本  昭 広  君

      〃        大 倉  利 広  君

───────────────────────────────────────





                開 議  午後4時18分

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) これより本日の会議を開きます。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 会議録署名議員の指名を行います。

 23番、24番の両議員を指名いたします。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) この場合、議長人事取り扱いのため、副議長と交代いたします。

      ──────────────────────────



○副議長(岩田典一) その他の議事3議長の辞職についてを議題といたします。

                (田村議長 退場)



○副議長(岩田典一) 議長田村雄二議員より、5月13日付をもって議長を辞職いたしたい旨、副議長の手元に辞表が提出されております。

 お諮りいたします。

 田村雄二議員の議長辞職を許可いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(岩田典一) 御異議なしと認めます。

 よって、田村雄二議員の議長辞職を許可することに決定いたしました。

 ただいま議長が空席になりました。

               (田村雄二議員 入場)

      ──────────────────────────



○副議長(岩田典一) これより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

                 [議場閉鎖]



○副議長(岩田典一) ただいまの出席議員は30名であります。

 投票用紙を配付させます。

                [投票用紙配付]



○副議長(岩田典一) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(岩田典一) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

                 [投票箱確認]



○副議長(岩田典一) 異常なしと認めます。

 投票は、単記無記名であり、白紙は無効投票であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に順次投票願います。

                  [投  票]



○副議長(岩田典一) 投票漏れはありませんか。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(岩田典一) 投票漏れなしと認めます。

 よって、投票は終了いたしました。

 議場の閉鎖を解きます。

                  [議場開鎖]



○副議長(岩田典一) これより開票を行います。

 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、立会人に竹田秀泰議員、松尾省勝議員を指名いたします。

 よって、両議員に立ち会いをお願いいたします。

                  [開  票]



○副議長(岩田典一) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数30票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票30票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、守屋久義議員12票、西野茂樹議員18票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。

 よって、西野茂樹議員が議長に当選いたしました。

 ただいま議長に当選されました西野茂樹議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 西野茂樹議員からごあいさつを承りたいと思います。

                (西野議長 登壇)



○議長(西野茂樹) ただいま議員の皆さんの御選任をいただきまして、議長に当選をさせていただきました。大変ありがとうございました。

 市民の皆さんは、議会にもっともっと苫小牧のまちづくり、そして市民の生活のためにその役割を果たしていただきたい、議員の皆さんにしっかり仕事をしていただきたい、そういう大きな期待の声が寄せられていると私は考えております。そのためには、これまで議員の皆さんと取り組んできた議会改革を着実にこの成果を得るための努力をすることは当然であると思っておりますが、それに加えて、私は議会の権威、議会の権限というものをもっともっと強化充実をさせる、その努力を議員の皆さんとともに取り組んでいかなければならないと考えております。もしかしたら行政情報、10分の1、あるいは50分の1しかこの議会に寄せられてないかもしれません。二元代表制の一角である議会が、市民の負託にこたえるためには、そうした行政情報をしっかり、議会、そして議員が担って、そして理事者当局と対等に苫小牧のまちづくりのためにこの議場の場で、そして委員会の場で質疑をお互いに戦わせていく、そういう議会の姿が今市民から期待をされているのではないかと私自身は考えております。

 そうした立場に立って、より議会が充実をするために、皆さんの御協力、御支援をいただいて、当選させていただいた残りこれからの2年間、皆さんとともに議会の充実、市民生活のために頑張っていきたいということを申し上げて、一言就任に当たってのごあいさつにかえさせていただきます。

 大変ありがとうございました。(拍手)



○副議長(岩田典一) 議事を続けさせていただきます。

 この場合、前議長の田村雄二議員より、議長退任のごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、承りたいと思います。

              (田村前議長 登壇)



○前議長(田村雄二) どうも皆さん御苦労さまでございます。

 まずもって、一言ごあいさつを申し上げさせていただきたいと思います。

 思い返しますと、平成23年5月に議長に就任して以来、2年間あっという間に過ぎ去ってまいりました。特に各会派の議員の皆さんには、本当にこの至らない田村雄二のためにいろいろな御尽力、お力添えをいただきましたことに対しまして、心から厚く感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 あわせまして、また、岩倉市長を初めとする理事者の皆さん、そして、これまたわがままな議長である田村雄二のために支えていただいた議会事務局の皆さん、本当にありがとうございました。心から感謝を申し上げたいと思います。皆さんのおかげをもって何とかこの職務を全うすることができましたことに対しまして、改めて心から感謝を申し上げる次第でございます。

 最後になりますが、この苫小牧は、いつも私申しておりますが、北海道の機関車、そしてエンジンでございます。これからまた岩倉市長、そして西野議長のもとに、この北海道のエンジン、そして機関車苫小牧のために、皆さんで全力で協力していくことをお互いにお誓い申し上げて、そして私、本当にこの2年間のお礼を申し上げて、あいさつにかえさせていただきたいと思います。

 本当に2年間ありがとうございました。お世話になりました。(拍手)



○副議長(岩田典一) この場合、暫時休憩いたします。

      ──────────────────────────

            休  憩  午後4時40分

            自然散会  午後4時59分