議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 苫小牧市

平成25年 第10回臨時会(5月) 05月10日−01号




平成25年 第10回臨時会(5月) − 05月10日−01号







平成25年 第10回臨時会(5月)



                  平成25年

             第10回苫小牧市議会臨時会会議録

         平成25年5月10日(金曜日)午前10時00分開議

───────────────────────────────────────

●議事日程(第1号)

 日程第1 開会宣告

 日程第2 会議録署名議員の指名

 日程第3 会期の決定

 日程第4 諸般の報告

 日程第5 推薦第1号 苫小牧市農業委員会委員の推薦について

 日程第6 その他の議事1 常任委員会委員の選任について

 日程第7 その他の議事2 議会運営委員会委員の選任について

 追加日程第1 報告第5号 総合開発特別委員会調査活動報告について

 追加日程第2 報告第6号 安全・安心のまちづくりに関する特別委員会調査活動報告について

      ──────────────────────────

●本日の会議に付議した事件

 日程第1 開会宣告

 日程第2 会議録署名議員の指名

 日程第3 会期の決定

 日程第4 諸般の報告

 日程第5 推薦第1号 苫小牧市農業委員会委員の推薦について

 日程第6 その他の議事1 常任委員会委員の選任について

 日程第7 その他の議事2 議会運営委員会委員の選任について

 追加日程第1 報告第5号 総合開発特別委員会調査活動報告について

 追加日程第2 報告第6号 安全・安心のまちづくりに関する特別委員会調査活動報告について

      ──────────────────────────

●出席議員(30名)

    議   長 28番  田 村  雄 二  君

    副 議 長  7番  岩 田  典 一  君

    議   員  1番  竹 田  秀 泰  君

    議   員  2番  宇 多  春 美  君

      〃    3番  板 谷  良 久  君

      〃    4番  神 山  哲太郎  君

      〃    5番  小 山  征 三  君

      〃    6番  松 尾  省 勝  君

      〃    8番  金 澤    俊  君

      〃    9番  木 村    司  君

      〃   10番  林    光 仁  君

      〃   11番  藤 田  広 美  君

      〃   12番  矢 農    誠  君

      〃   13番  越 川  慶 一  君

      〃   14番  渡 邊  敏 明  君

      〃   15番  後 藤  節 男  君

      〃   16番  熊 谷  克 己  君

      〃   17番  小野寺  幸 恵  君

      〃   18番  谷 本  誠 治  君

      〃   19番  谷 川  芳 一  君

      〃   20番  三 海  幸 彦  君

      〃   21番  矢 嶋    翼  君

      〃   22番  北 岸  由利子  君

      〃   23番  池 田  謙 次  君

      〃   24番  櫻 井    忠  君

      〃   25番  松 井  雅 宏  君

      〃   26番  守 屋  久 義  君

      〃   27番  西 野  茂 樹  君

      〃   29番  渡 辺    満  君

      〃   30番  冨 岡    隆  君

      ──────────────────────────

●説明員出席者

    市長         岩 倉  博 文  君

    監査委員       本 波  裕 樹  君

    副市長        中 野  裕 隆  君

    副市長        菊 地  一 己  君

    教育長        和 野  幸 夫  君

    消防長        渡 部    勲  君

    総合政策部長     佐々木  昭 彦  君

    総務部長       五十嵐    充  君

    財政部長       飯 田  伸 一  君

    市民生活部長     玉 川  豊 一  君

    環境衛生部長     前 川  芳 彦  君

    保健福祉部長     棒 手  由美子  君

    産業経済部長     福 原    功  君

    都市建設部長     佐 藤    裕  君

    病院事務部長     松 浦    務  君

    上下水道部長     新 谷  博 之  君

    学校教育部長     澤 口  良 彦  君

    スポーツ生涯学習部長 生 水  賢 一  君

    政策推進室長     木 村    淳  君

    秘書広報課長     柳 沢  香代子  君

      ──────────────────────────

●事務局職員出席者

    事務局長       松 本    誠  君

    総務課長       松 平  定 明  君

    議事課長       荒物屋  貢 一  君

    調査係長       畑 島    寿  君

    議事課主査      澤 田  由美子  君

      〃        倉 持  光 司  君

      〃        舩 本  昭 広  君

      〃        大 倉  利 広  君

───────────────────────────────────────





                開 会  午前10時00分

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) ただいまから第10回市議会臨時会を開会いたします。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 時節柄御多忙の折、議員各位の御参集を賜り、感謝申し上げます。

 今臨時会に付議する案件は、お手元に配付のとおりであります。

 議会運営について御協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) この場合、開議に先立ち、新たに就任した部長を議員各位に御紹介いたしたい旨の申し出がありますので、御了承願います。

 それでは、御紹介を願います。

 教育長。



◎教育長(和野幸夫) 去る4月1日付の人事異動に伴いまして、新任部長の自己紹介をさせますので、よろしくお願いいたします。

         (澤口学校教育部長 就任あいさつ)

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) これより本日の会議を開きます。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 会議録署名議員の指名を行います。

 23番、24番の両議員を指名いたします。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員長の報告を求めます。

 熊谷克己委員長。

              (熊谷委員長 登壇)



◆16番議員(熊谷克己) おはようございます。

 第10回市議会臨時会の会期等を協議するため、本日午前9時30分から議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果を御報告いたします。

 今臨時会に付議する案件は、報告4件、議案1件、推薦1件、その他の議事2件の合計8件でございます。

 さらに、臨時会は議会人事の協議もございますことから、会期はこれらを十分勘案し、本日から5月15日までの6日間と決定いたしました。

 以上、御報告申し上げ、各位の御賛同を賜りたいと思います。



○議長(田村雄二) お諮りいたします。

 ただいまの議会運営委員長の報告に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は、本日から5月15日までの6日間と決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 諸般の報告を行います。

 報告の内容は、議員各位のお手元に配付いたしました報告書のとおりであります。

 御了承願います。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 推薦第1号苫小牧市農業委員会委員の推薦について、その他の議事1常任委員会委員の選任について及びその他の議事2議会運営委員会委員の選任についてを一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案は、人事に関する案件でありますので、議員協議会で協議いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) この場合、急施事件の認定について、議長からお諮りいたします。

 総合開発特別委員会及び安全・安心のまちづくりに関する特別委員会の中間報告である調査活動報告を急施事件と認定し、調査活動報告の決定のため、両特別委員会を開催いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 この場合、特別委員会を開催のため、暫時休憩いたします。

      ──────────────────────────

            休 憩  午前10時05分

            再 開  午前10時52分

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 報告第5号を議題といたします。

 総合開発特別委員会委員長の報告を求めます。

 木村司委員長。

              (木村委員長 登壇)



◆9番議員(木村司) 総合開発特別委員会調査活動報告をいたします。

 初めに、在日米軍再編に伴う訓練移転問題につきましては、昨年9月に千歳基地においてタイプ?の訓練移転が実施され、本特別委員会としても現地説明会等に出席しております。また、千歳基地への訓練移転に関する報告書の提出があり、グアムを含め、他基地での訓練結果についても、あわせて報告を受けたところであります。

 次に、新千歳空港24時間運用に関する問題につきましては、新千歳空港の24時間運用に関する苫小牧市地域協議会の内容、北海道の考え方、市としての考え方について報告を受け、本特別委員会としては、今後の北海道の動きを注視してまいりたいと考えております。

 次に、苫小牧東部開発につきましては、国が策定した苫小牧東部開発新計画の進め方(第2期)に基づき、開発推進を図っているところでございます。本特別委員会としては、開発の核となる公的プロジェクトの早期導入促進の要望活動を行い、国土交通省北海道局では、CCSやメガソーラーなど、今後に期待が持てる新しい芽が出始めており、今を好機ととらえ、関係機関が連携・協力しながら推進していきたいとの考えが示されました。

 また、苫小牧港の港湾整備事業につきましては、昨年、3基目のガントリークレーンを設置し、3隻同時荷役が可能となり、内航フィーダーコンテナ機能の移転も完了するとともに、西港区では、老朽化した西ふ頭の耐震強化岸壁を含む岸壁改良を進められております。本特別委員会としては、苫小牧港のさらなる港湾機能強化と整備促進などについて要望を行い、国土交通省では、苫小牧港の重要性に対する一定の理解をいただいており、中でも、西港区西ふ頭の耐震強化岸壁等の整備については、残り2バースの耐震化を真剣に考えており、工夫をしながら調整しているとのお話をいただいております。

 あわせて、苫小牧海上保安署の保安部昇格やコンテナ検査センターの東港区設置及び苫小牧税関支署の体制強化、さらに、苫小牧海事事務所の運輸支局昇格についての要望をいたしました。しかし、いずれも、苫小牧港の現状は認識されているものの、行財政改革や財政状況などを踏まえ、要望項目の実施につきましては、早期の実現は難しく、今後も対応の方策を検討していくとのお話を伺ったところでございます。

 今度とも、各項目につきましては、機会をとらえて要望活動を継続する必要があると考えております。

 次に、企業誘致につきましては、平成23年度の新規立地企業はなかったものの、24年度には株式会社シーヴイテックによる平成26年1月操業開始の工場操業計画が示されており、その他、西部地域や苫東地域等の工業団地では、転売や買い増しによる工場増設や物流関連企業の倉庫新設などが予定されております。

 また、昨年6月には、企業立地振興条例を改正し、再生可能エネルギー発電設備を新たな助成対象業種として追加したところであり、シャープ等のメガソーラーの建設が進められているところでございます。

 次に、CCSにつきましては、昨年2月、経済産業省がCCSの実用化に向け、苫小牧地点でのCCS実証試験の開始が発表されました。本特別委員会としても、CCS実証試験の苫小牧地域での実現について要望を行い、経済産業省からは、いろいろな形で日本の基幹的なエネルギーをサポートしていただいていることに感謝の意が示され、地元が一体となった取り組みについて評価されたところでございます。

 今後については、経済産業省や日本CCS調査株式会社と連携を強め、安全性などの理解を深める取り組みを実施するほか、地元での事業展開など地域経済の活性化につながる情報収集・発信について、推進していくべきと考えております。

 また、自然エネルギープロジェクトにつきましては、苫東地域におけるシャープなどによるメガソーラーが今春にも着工することになっております。人間環境都市を目指すべき都市像と定める本市は、火力発電所や石油備蓄などを有するエネルギー供給地域であり、今後は、地球温暖化対策の切り札であるCCSとともに、メガソーラーを基本とした自然エネルギープロジェクトを推進していきたいとの考えが示されております。

 最後に、今後の地域発展の方策を探るため、視察調査を行ってきたところでございます。ダブルポートを有する苫小牧のすぐれた地域の活用を図り、自動車を初めとするものづくり産業や物流産業のほか、CCSやメガソーラーに関連する環境・エネルギー産業など、今後成長が期待できる産業の誘致に取り組むことが重要と考えます。さらには、開港50周年の節目の年を迎える苫小牧港として、さらなる利便性向上につながる港湾機能の強化など、総合的な環境づくりが重要であるとの認識を持つに至ったところでございます。

 以上、本特別委員会の活動経過を申し上げ、調査活動報告といたします。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、報告第5号は、委員長報告どおり終了いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 報告第6号を議題といたします。

 安全・安心のまちづくりに関する特別委員会委員長の報告を求めます。

 西野茂樹委員長。

                (西野委員長 登壇)



◆27番議員(西野茂樹) 本特別委員会の活動状況について御報告いたします。

 平成23年3月11日に東北地方を襲った東日本大震災は、今まで経験したことのない未曾有の災害であり、福島第一原子力発電所の事故により、放射性物質が拡散され、被災地の復旧・復興におくれを生じさせました。

 本特別委員会では、岩手県宮古市周辺を視察し、津波被害の状況を目の当たりにするとともに、復興著しい神戸市の状況を踏まえ、喫緊の課題である地震・津波対策に加え、石狩低地東縁断層帯についての議論をいたしました。また、希望の鐘の活用、放射能測定の必要性など幅広い提案を行い、市の防災対策を推進してまいりました。委員会における陳情は2年間で6件、所管事項の報告は32件に上りました。

 災害廃棄物に関しては、国及び北海道からの災害廃棄物処理の要請を受けて、市長及び関係部局では岩手県宮古市を視察し、災害廃棄物の受け入れに係る苫小牧市の安全基準に対する考え方を発表いたしました。

 本特別委員会では、災害廃棄物に関する国の考え方、市の考え方について議論を重ね、安全性を担保に処理はいたし方ないと判断いたしました。しかし、8月に被災地で行われた広域処理の調整により、結果的には北海道での受け入れはなくなりました。

 これまでに、国は甚大な津波被害を踏まえ、防災基本計画の大幅な見直しを実施し、北海道は昨年6月末に、最大級の津波を想定した太平洋沿岸に係る新たな津波浸水予測図を公表いたしました。これらを受け市は、住民への避難広報、災害備蓄品の備蓄スペースの確保及び物資の充実、住民の防災意識の向上などに積極的に取り組みました。

 その成果としてこの2年間で、津波の一時避難場所については、公共・民間合わせて11カ所が津波避難ビルとして指定をされ、福祉避難所については5カ所が指定されました。

 平成24年度には、防災ハンドブックが全市に配布され、海岸沿いの5町内会についての地区別津波避難計画が策定されました。平成25年度には、15地区において地区別津波避難計画を策定する予定とされております。

 住民への避難広報につきましては、大震災の当日、本市では広報車の避難勧告の音声が屋内まで届かない等の課題が明らかになり、携帯電話のエリアメール、防災ラジオ等が導入されました。防災ラジオは6,000台を確保し、無償または有償での配付が実施されました。

 災害備蓄品につきましては、市内の全小中学校における分散備蓄、備蓄物資の拡充及び追加購入が実施されました。

 大震災以降、防災出前講座の実施回数は115回に上り、まちかどミーティングでも津波避難は主要テーマに取り上げられました。さらに、市民防災講座、防災特別講演会、自主防災組織リーダー研修会等が実施され、市民の防災意識の向上が図られており、今年度は総合防災訓練が実施される予定であります。

 最後に、本特別委員会は、震災から得られた貴重な教訓を生かし、市の最重要課題である津波、火山に対する方策と、全市民が一体となった安全・安心のための防災施策の取り組みが必要であるという認識で一致いたしました。

 以上、本特別委員会の活動経過を申し上げ、調査活動報告といたします。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、報告第6号は、委員長報告どおり終了いたしました。

 この場合、暫時休憩いたします。

      ──────────────────────────

            休  憩 午前11時06分

            自然散会 午後 3時43分