議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 苫小牧市

平成25年 第9回定例会(2月) 03月15日−05号




平成25年 第9回定例会(2月) − 03月15日−05号







平成25年 第9回定例会(2月)



                  平成25年

              第9回苫小牧市議会定例会会議録

        平成25年3月15日(金曜日)午後2時00分開議

───────────────────────────────────────

●議事日程(第5号)

 日程第1 報告第9号 厚生委員会審査結果報告について

 日程第2 議案第25号 苫小牧市の休日に関する条例の一部改正について

 日程第3 議案第29号 苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例等の一部改正について

 日程第4 議案第31号 苫小牧市手数料条例の一部改正について

 日程第5 議案第32号 苫小牧市営住宅管理条例の一部改正について

 日程第6 議案第33号 苫小牧市介護保険事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の制定について

 日程第7 議案第40号 苫小牧市道路の構造の技術的基準等に関する条例の制定について

 日程第8 議案第41号 苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路構造の基準に関する条例の制定について

 日程第9 議案第42号 苫小牧市準用河川管理施設等の構造の基準に関する条例の制定について

 日程第10 議案第43号 苫小牧市都市公園条例の一部改正について

 日程第11 議案第44号 苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例の制定について

 日程第12 議案第46号 苫小牧市布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の制定について

 日程第13 議案第47号 苫小牧市下水道条例の一部改正について

 日程第14 議案第38号 苫小牧市立病院条例の一部改正について

 日程第15 議案第39号 苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 日程第16 議案第49号 指定管理者の指定期間の変更について

 日程第17 議案第50号 市道路線の認定について

 日程第18 議案第51号 苫小牧市議会政務調査費の交付に関する条例及び苫小牧市特別職議員報酬等審議会条例の一部改正について

 日程第19 議案第53号 土地の譲渡について

 日程第20 議案第54号 平成25年度苫小牧市一般会計補正予算(第1回)について

 日程第21 議案第55号 平成24年度苫小牧市一般会計補正予算(第12回)について

 日程第22 議案第56号 公有水面の埋立てに係る意見について

 日程第23 議案第57号 苫小牧市議会会議規則の一部改正について

 日程第24 意見書案第1号 安心できる介護制度の実現を求める要望意見書

 日程第25 意見書案第2号 中小企業の再生・活性化策の充実・強化を求める要望意見書

 日程第26 意見書案第3号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める要望意見書

 日程第27 その他の議事1 閉会中継続審査の承認について

 日程第28 その他の議事2 委員派遣の承認について

 日程第29 閉会宣告

      ──────────────────────────

●本日の会議に付議した事件

 日程第1 報告第9号 厚生委員会審査結果報告について

 日程第2 議案第25号 苫小牧市の休日に関する条例の一部改正について

 日程第3 議案第29号 苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例等の一部改正について

 日程第4 議案第31号 苫小牧市手数料条例の一部改正について

 日程第5 議案第32号 苫小牧市営住宅管理条例の一部改正について

 日程第6 議案第33号 苫小牧市介護保険事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の制定について

 日程第7 議案第40号 苫小牧市道路の構造の技術的基準等に関する条例の制定について

 日程第8 議案第41号 苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路構造の基準に関する条例の制定について

 日程第9 議案第42号 苫小牧市準用河川管理施設等の構造の基準に関する条例の制定について

 日程第10 議案第43号 苫小牧市都市公園条例の一部改正について

 日程第11 議案第44号 苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例の制定について

 日程第12 議案第46号 苫小牧市布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の制定について

 日程第13 議案第47号 苫小牧市下水道条例の一部改正について

 日程第14 議案第38号 苫小牧市立病院条例の一部改正について

 日程第15 議案第39号 苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 日程第16 議案第49号 指定管理者の指定期間の変更について

 日程第17 議案第50号 市道路線の認定について

 日程第18 議案第51号 苫小牧市議会政務調査費の交付に関する条例及び苫小牧市特別職議員報酬等審議会条例の一部改正について

 日程第19 議案第53号 土地の譲渡について

 日程第20 議案第54号 平成25年度苫小牧市一般会計補正予算(第1回)について

 日程第21 議案第55号 平成24年度苫小牧市一般会計補正予算(第12回)について

 日程第22 議案第56号 公有水面の埋立てに係る意見について

 日程第23 議案第57号 苫小牧市議会会議規則の一部改正について

 日程第24 意見書案第1号 安心できる介護制度の実現を求める要望意見書

 日程第25 意見書案第2号 中小企業の再生・活性化策の充実・強化を求める要望意見書

 日程第26 意見書案第3号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める要望意見書

 日程第27 その他の議事1 閉会中継続審査の承認について

 日程第28 その他の議事2 委員派遣の承認について

 日程第29 閉会宣告

      ──────────────────────────

●出席議員(30名)

    議   長 28番  田 村  雄 二  君

    副 議 長  7番  岩 田  典 一  君

    議   員  1番  竹 田  秀 泰  君

      〃    2番  宇 多  春 美  君

      〃    3番  板 谷  良 久  君

      〃    4番  神 山  哲太郎  君

      〃    5番  小 山  征 三  君

      〃    6番  松 尾  省 勝  君

      〃    8番  金 澤    俊  君

    議   員  9番  木 村    司  君

      〃   10番  林    光 仁  君

      〃   11番  藤 田  広 美  君

      〃   12番  矢 農    誠  君

      〃   13番  越 川  慶 一  君

      〃   14番  渡 邊  敏 明  君

      〃   15番  後 藤  節 男  君

      〃   16番  熊 谷  克 己  君

      〃   17番  小野寺  幸 恵  君

      〃   18番  谷 本  誠 治  君

      〃   19番  谷 川  芳 一  君

      〃   20番  三 海  幸 彦  君

      〃   21番  矢 嶋    翼  君

      〃   22番  北 岸  由利子  君

      〃   23番  池 田  謙 次  君

      〃   24番  櫻 井    忠  君

      〃   25番  松 井  雅 宏  君

      〃   26番  守 屋  久 義  君

      〃   27番  西 野  茂 樹  君

      〃   29番  渡 辺    満  君

      〃   30番  冨 岡    隆  君

      ──────────────────────────

●説明員出席者

    市長         岩 倉  博 文  君

    監査委員       本 波  裕 樹  君

    副市長        中 野  裕 隆  君

    副市長        菊 地  一 己  君

    教育長        和 野  幸 夫  君

    消防長        渡 部    勲  君

    総合政策部長     佐々木  昭 彦  君

    総務部長       五十嵐    充  君

    財政部長       飯 田  伸 一  君

    市民生活部長     星    道 博  君

    環境衛生部長     前 川  芳 彦  君

    保健福祉部長     棒 手  由美子  君

    産業経済部長     福 原    功  君

    都市建設部長     佐 藤    裕  君

    病院事務部長     松 浦    務  君

    上下水道部長     新 谷  博 之  君

    学校教育部長     斉 藤  章 吾  君

    スポーツ生涯学習部長 生 水  賢 一  君

    政策推進室長     木 村    淳  君

    秘書広報課長     桜 田    斎  君

      ──────────────────────────

●事務局職員出席者

    事務局長       相 内  宏 司  君

    総務課長       黒 住  憲 昭  君

    議事課長       荒物屋  貢 一  君

    調査係長       畑 島    寿  君

    議事課主査      澤 田  由美子  君

      〃        倉 持  光 司  君

      〃        舩 本  昭 広  君

      〃        大 倉  利 広  君

───────────────────────────────────────





                開 議  午後2時00分

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) これより本日の会議を開きます。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 会議録署名議員の指名を行います。

 18番、19番の両議員を指名いたします。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 報告第9号を議題といたします。

 厚生委員会委員長の報告を求めます。

 三海幸彦委員長。

              (三海委員長 登壇)



◆20番議員(三海幸彦) 厚生委員会に付託されました事件につきまして、審査の結果が出ましたので、御報告いたします。

 第8回定例会陳情第2号安心できる介護制度の実現を求める要望意見書提出に関する陳情であります。

 提出者の住所・氏名、委員会付託年月日、陳情の要旨につきましては、いずれも報告書のとおりでありますので、省略させていただきます。

 委員会を平成24年12月12日、平成25年3月13日に開催し、審査の結果、願意を了とし、趣旨採択と決定いたしました。

 なお、意見書案、関係機関への要請は、別途議長に一任することに決定いたしました。

 以上のとおりでございますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 ただいまの委員長報告に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、報告第9号は、委員長報告どおり決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第25号苫小牧市の休日に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(五十嵐充) 議案第25号苫小牧市の休日に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。

 この議案は、本市の年末年始の休日を、現行の12月31日から1月5日までから12月29日から1月3日までに変更するため、苫小牧市の休日に関する条例ほか2条例の関係規定を整備するものでございます。

 なお、この条例の施行日は、平成25年4月1日でございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第25号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第29号苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(五十嵐充) 議案第29号苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例等の一部改正について御説明申し上げます。

 この議案は、障害者自立支援法の改正に伴い、条例で引用している法律の題名の変更及び条項移動等があったため、苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例ほか3条例の関係規定を整備するものでございます。

 なお、施行日は、平成25年4月1日からでございますが、第2条、第4条、第7条及び附則第2項につきましては、平成26年4月1日からの施行となっております。

 以上、簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第29号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第31号苫小牧市手数料条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 都市建設部長。



◎都市建設部長(佐藤裕) 議案第31号苫小牧市手数料条例の一部改正について御説明申し上げます。

 このたびの改正は、東日本大震災を契機として、エネルギーの需給が変化し、低炭素循環型社会の構築を図ることが求められ、都市機能の集約や、それと連携した公共交通機関の利用促進、建築物の低炭素化等の普及を図ることを目的として、都市の低炭素化の促進に係る法律が制定されたことから、市が行う低炭素建築物新築等計画の認定事務に係る手数料の額を定め、条例の一部を改正するものでございます。

 内容につきましては、新築、増築、改築等または空気調和設備等の設置を行う場合に対象となり、計画の認定を受けるためには、省エネルギー基準を超える性能を有し、かつ低炭素化に資する措置を講じた低炭素建築物新築等計画を作成し、市の認定が必要となることから、これに係る手数料の額を定めるものでございます。

 なお、施行日につきましては、交付の日を予定してございます。

 以上で、議案第31号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第31号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第32号苫小牧市営住宅管理条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 都市建設部長。



◎都市建設部長(佐藤裕) 議案第32号苫小牧市営住宅管理条例の一部改正について御説明申し上げます。

 この議案は、福島復興再生特別措置法の施行に伴い、原子力災害による居住制限者の市営住宅入居資格の緩和について定めるため、条例の関係規定を整備するものでございます。

 条例の改正内容でございますが、原子力災害により住居制限者となり住居の確保が困難な者について、市が条例で定める入居資格である同居親族要件、収入要件を満たす者とするため、苫小牧市営住宅管理条例附則に、入居資格の特例を追加するものでございます。

 なお、この条例は、平成25年4月1日から施行するものでございます。

 以上で、議案第32号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第32号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第33号、第40号から第44号、第46号及び第47号は、地域主権一括法に関連する案件でありますので、一括議題といたします。

 一括説明を求めます。

 議案第33号。

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(棒手由美子) 議案第33号苫小牧市介護保険事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 本条例は、地域主権一括法により、介護保険法が改正され、指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準について、条例で定めることとなったため制定するものでございます。

 条例の内容につきましては、指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営基準の設定並びに入所定員及び申請者にかかわる要件を設定したもので、いずれも現行の省令と同じ内容のものを規定しております。

 施行日は、本年4月1日でございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 議案第40号から第44号。

 都市建設部長。



◎都市建設部長(佐藤裕) 議案第40号苫小牧市道路の構造の技術的基準等に関する条例の制定について、議案第41号苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路構造の基準に関する条例の制定について、議案第42号苫小牧市準用河川管理施設等の構造の基準に関する条例の制定について、議案第43号苫小牧市都市公園条例の一部改正について、議案第44号苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例の制定について、一括御説明を申し上げます。

 このたびの議案は、地域主権一括法の制定により、道路法、河川法、都市公園法、また高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律について、それぞれ一部改正が行われたことから、道路法、河川法、公園法に加え、道路移動等円滑化基準、特定公園施設の新設または改築の際の構造基準について、政令、省令で定める基準を参酌し条例を制定するものでございます。

 それでは、それぞれの内容について御説明を申し上げます。

 最初に、議案第40号苫小牧市道路の構造の技術的基準等に関する条例の制定の主な内容でございますが、第5条から第43条までは、市道を新設し、または改築する場合における市道の構造の技術的基準について、第44条は、市道における道路標識の寸法について定めております。

 市道の構造の技術的基準のうち、路肩、停車帯、中央帯、歩道などは、積雪寒冷地や交通安全への対応に配慮した基準を設けております。

 その他につきましては、現行の政令と同じ内容のものを規定しておりますが、本市に該当しない軌道及びトンネルなどの規定は除いております。

 次に、議案第41号苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る道路構造の基準に関する条例の制定の主な内容でございますが、第3条から第34条までは、歩道、立体横断施設、乗合自動車停留所及び自動車駐車場などの構造の基準を定めており、現行の省令と同じ内容のものを規定しておりますが、本市に該当しない路面電車停留所などの規定は除いております。

 次に、議案第42号苫小牧市準用河川管理施設等の構造の基準に関する条例制定の主な内容でございますが、この条例の第3条から第40条までは、堤防、床どめ、堰、水門及び樋門などの構造の技術的基準を定めており、現行の政令と同じ内容のものを規定しておりますが、本市に該当しないダム及び高規格堤防などの規定は除いてございます。

 続きまして、議案第43号苫小牧市都市公園条例の一部改正の主な内容でございますが、これまでの1条に加え、1条の2では、条例を制定する根拠法及び条例で定める内容の概要について定め、3では、都市公園の住民1人当たりの敷地面積の標準の規定について、現行の10平方メートル以上から20平方メートル以上とする独自の基準を設けております。

 また、4から5では、都市公園の配置及び規模の基準、公園施設の設置基準を定めており、現行の政令と同じ内容のものを規定しております。

 最後に、議案第44号苫小牧市高齢者、障害者等の移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例の制定についての主な内容でございますが、第3条から第11条までは、対象となる特定公園施設の園路、広場、休憩所、駐車場、便所、水飲み場など、これらの施設の出入り口、通路、階段、傾斜路などの基準を定めており、現行の省令と同じ内容のものを規定しておりますが、本市に該当しない屋根つき広場、野外劇場及び野外音楽堂の規定は除いております。

 これらの条例の施行日は、いずれも平成25年4月1日でございます。

 以上で、議案第40号、議案第41号、議案第42号、議案第43号、議案第44号について一括して説明を申し上げました。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(田村雄二) 議案第46号及び第47号。

 上下水道部長。



◎上下水道部長(新谷博之) 議案第46号苫小牧市布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の制定について、議案第47号苫小牧市下水道条例の一部改正についてを、一括して説明させていただきます。

 昨年交付されました地域主権一括法により、水道法が改正され、布設工事監督者の配置基準並びに資格基準及び水道技術管理者の資格基準、また下水道法が改正され、公共下水道、流域下水道及び都市下水路の構造の技術上の基準並びに終末処理場及び都市下水路の維持管理に関する基準について、地方公共団体が条例で定めることとなったものでございます。

 いずれの基準も現行の法令基準と同様の基準を定めるものであり、施行日は、平成25年4月1日でございます。

 以上、議案第46号及び第47号について、一括御説明いたしましたが、御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、一括討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 最初に、議案第33号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第33号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第40号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第40号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第41号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第41号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第42号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第42号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第43号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第43号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第44号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第44号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第46号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第46号は、原案どおり可決いたしました。

 最後に、議案第47号を表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第47号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第38号苫小牧市立病院条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 病院事務部長。



◎病院事務部長(松浦務) 議案第38号苫小牧市立病院条例の一部改正について御説明申し上げます。

 このたびの改正は、条例第4条で定めている市立病院の組織を改めるものでございます。

 現在市立病院は、医局、医療技術部、看護部、薬剤部及び事務部という5つの組織で構成されておりますが、このたびの改正は、これら部のほか規則で定める室を設けることとしたもので、具体的には苫小牧市立病院の組織等に関する規則を改正し、医療安全対策室、感染制御室、地域医療連携室及び診療記録管理室の4室を部に準じる室として定めるものでございます。

 これらの室は既に機能しておりましたが、改めて条例規則に定め、組織としての独立性や権限を明確にするものでございます。

 条例の施行期日は、平成25年4月1日でございます。

 以上、議案第38号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第38号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第39号苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 病院事務部長。



◎病院事務部長(松浦務) 議案第39号苫小牧市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 この改正は、専門医の確保に伴い、診療科目に病理診断科を加えるほか、これまで外科の分科としていた内視鏡外科を診療科目に追加するものでございます。

 条例の施行期日は、平成25年4月1日でございます。

 以上で、議案第39号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第39号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第49号指定管理者の指定期間の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 スポーツ生涯学習部長。



◎スポーツ生涯学習部長(生水賢一) 議案第49号指定管理者の指定期間の変更について御説明申し上げます。

 この議案は、苫小牧市緑ケ丘公園陸上競技場の指定管理につきまして、平成25年度から26年度にかけての改修工事に伴い、指定管理者による管理業務を行う必要がなくなるため、指定管理期間の終期を、平成26年3月31日から平成25年3月31日に変更するもので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第49号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第50号市道路線の認定についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 都市建設部長。



◎都市建設部長(佐藤裕) 議案第50号市道路線の認定について御説明申し上げます。

 認定を行う箇所につきましては、議案書を御参照願います。

 本議案は、市道路線認定図の1から3に示します開発行為の完了に伴う9路線の道路と、市道路線認定図の4から7に示します市道整備に伴う4路線の道路、合わせて13路線の道路を道路法第8条第2項の規定により、市道として認定するものでございます。

 以上で、議案第50号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第50号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第51号苫小牧市議会政務調査費の交付に関する条例及び苫小牧市特別職議員報酬等審議会条例の一部改正についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(五十嵐充) 議案第51号苫小牧市議会政務調査費の交付に関する条例及び苫小牧市特別職議員報酬等審議会条例の一部改正について御説明申し上げます。

 この議案は、地方自治法の改正にかんがみ、政務調査費の使途を明確にするとともに、同法の改正に伴いその名称を変更するため、苫小牧市議会政務調査費の交付に関する条例及び苫小牧市特別職議員報酬等審議会条例の関係規定を整備するものでございます。

 この条例の施行日は、平成25年4月1日でございます。

 以上、簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第51号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第53号土地の譲渡についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 議案第53号土地の譲渡について御説明申し上げます。

 本件は、普通財産である未利用地を市有地の売り払いに係る一般競争入札の落札者である山大産業株式会社に譲渡するものです。

 譲渡いたします土地の所在は、字植苗653番3、653番4、778番3、面積は2万3,111.03平方メートルで、譲渡予定価格は3,466万6,000円でございます。

 なお、資料として位置図を添付してございますので、御参照願います。

 以上、地方自治法第96条第1項第8号及び苫小牧市財産条例第2条の規定により御提案申し上げますので、よろしく御審議の上、御承認賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第53号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第54号平成25年度一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 議案第54号平成25年度一般会計補正予算(第1回)について御説明申し上げます。

 このたびの補正は、平成25年度予算に計上いたしました事業のうち、国の平成24年度補正予算(第1号)を活用して、平成24年度補正予算にて前倒しして行う事業につきまして減額補正するものでございます。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正、第2条地方債の補正でございます。

 歳入歳出につきましては、それぞれ3億4,266万2,000円を減額し、総額を723億7,833万8,000円とするものでございます。

 内容につきまして、事項別明細書の歳出から御説明をさせていただきます。

 7ページをお願いいたします。

 第8款土木費5項2目住宅改善事業費1億1,473万2,000円の減額は、予算計上した事業費のうち、東開町市営住宅2棟分の外壁改修等の事業費を減額するものでございます。

 第10款教育費2項1目校舎等改修費480万円の減額は、予算計上した事業費のうち、錦岡小学校避難階段の改修に係る事業費を減額するものでございます。

 3項3目青翔中学校校舎増築事業費2億2,313万円の減額は、前倒しで行う事業費全額を減額するものでございます。

 引き続き、歳入について御説明申し上げます。

 5ページにお戻り願います。

 第5款株式等譲渡所得割交付金118万6,000円の減額は、予算編成後に国から示されました地方財政計画により見込まれる減額分でございます。

 第15款国庫支出金、第19款繰入金及び6ページ、第22款市債は、いずれも歳出に関連した減でございますので、説明を省略させていただきます。

 最後に、8ページをお願いいたします。

 第2表地方債補正は、このたびの補正に伴う地方債の減として、限度額を1億9,490万円減額し、総額を72億1,060万とするものでございます。

 以上、簡単でございますが、議案第54号一般会計補正予算(第1回)の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 以上で、説明は終了いたしました。

 これより質疑に入りますが、質疑は先例により、歳出を各款ごとに行い、歳入は一括して行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第54号平成25年度一般会計補正予算第1条歳入歳出予算の補正を事項別明細書により、歳出から質疑に付します。

 第8款土木費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 第10款教育費、質疑に付します。

 池田謙次議員。



◆23番議員(池田謙次) それでは、簡単ですから、自席からさせてもらいます。

 この教育費の学校建設費、青翔中学校増築2億2,313万について、これ以前から質疑がありまして、記憶では、たしか新たに10クラスの増築かと思うのですけれども、ちょっと最初に一つ確認をさせていただきます。通常のクラスかということもありまして。

 それと、これ原課として、自分も地域に住んでいて、拓進小学校ができる、その地域に本当に多くのアパートなり住宅が張りついています。隣のウトナイもそうなのだけれども、人口がふえているということもありまして、これらの子供たちの増加について、原課としてシミュレーション、つまり一つは、その青翔中学校のさらなる増築対応というのはどうなっているのかなということが一つです。

 それと、今言ったように、それだけどんどんどんどん自分も地域に住んでいて本当にふえているものですから、これ基本的に今回の増築をして、皆さんのシミュレーションとして、どこまで、何年まで学校として受け入れが可能なのかと。もっとさらに言うと、それがオーバフローすることはないのだろうと思うのだけれども、ちょっとその辺の考え方をお聞きしたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(田村雄二) 理事者の答弁を求めます。

 学校教育部長。



◎学校教育部長(斉藤章吾) ただいまの青翔中学校の増築に係る、及び将来的な見通しでございますが、まず、今回の増築は、普通教室10教室及び理科室1教室を増築する予定でございます。

 これにつきましては、現在青翔中学校に普通教室が13教室ございます。恐らくこの4月1日現在では1教室ふえますが、普通教室の対応は全部で15教室しかございません。26年には16教室になる見込みですので、それで今回増築をお願いしているものです。

 今後、平成33年までには、全体で普通教室が22教室必要だろうということで、22から15引くと7教室なのですが、それに35人学級ですとか、そのあたりを見込みましてプラス3の10教室ということで今回お願いしているわけです。

 その中に社会増もということなのですが、今の見込みでいくと、22教室で平成33年もしくは35年ぐらいまではもつのではないかというふうに推計しております。

 以上でございます。



○議長(田村雄二) 池田謙次議員。



◆23番議員(池田謙次) わかりました。

 これで、部長、単純に今皆さん知ってのように、例えばこの沼ノ端地域を見たときに、4つの小学校、今拓進が開校しますけれども、拓勇、拓進、ウトナイ、そして沼ノ端と小学校が4つ、そして中学校が沼ノ端中学校と、今の青翔中学校で2つという、このバランスですよね。バランスというか、単純に考えて、大丈夫なのかなということと、先ほど言ったように、今回の拓進小学校ができることによって、本当にあの地域、西地域に本当に多くの住宅なりどんどんできているものですから。それからまたちょっと、校区は違いますけれども、隣町のウトナイを見てもどんどんふえている状況があります。そうなったときに、今35年ですか、33年ですか、それで大体今のシミュレーションでいっぱいいっぱい、それ以上にふえていくとオーバフローするのではないかなという答弁だったかなというふうに思うのですけれども、先々の話で済みません。ただ、人口がふえているということは、これはアイ・エヌ・ジー、進行形なものですから、例えば35年も今の一つのめどでやっていたときに、人口がふえた、そういうときには、例えば今言ったように、4つと2つ、小中学校のバランスがいいのか悪いのかわかりませんけれども、単純に言ったら、新設ということも一つは視野に入っているのかなという気がしてならないのですけれども、その辺について答弁をいただきたいというふうに思います。



○議長(田村雄二) 理事者の答弁を求めます。

 学校教育部長。



◎学校教育部長(斉藤章吾) 青翔中学校及び、今の校区的には沼ノ端中学校の今後の推計と申しますか、これにつきましては、特に沼ノ端中学校が、今のところウトナイ小学校のエリアも包括しております。それで、今の現状の生徒数をスライドさせていくと、沼ノ端中学校につきましては、減らないけれども、そんなにふえないというような横ばいの状況を今の現状では見ております。ただ、これについては、今後の社会増というのは、プラスアルファということでどのようになるのかということは、今の時点では推測しておりません。御承知のとおり、ウトナイ地区にも中学校用地というのはありますけれども、私どもできるだけ新たな学校というのは、20億もかかるわけですから、考えづらいことではございますけれども、そのあたり、例えば沼ノ端中学校を分離、新設というところになると、三、四年前にはそのあたりのところは出てくるのではないのかと。ただ、青翔中学校につきましては、この校区の問題がございまして、青翔中学校がふえれば、じゃ、例えばウトナイ中をつくって分離させるかという単純なことにはちょっと小学校区との絡みでなってこないものですから、そういったときには、当然地域と何年か前から協議とかということは必要になってくると思います。今のところは、社会増を見込んでないものですから、そのあたりまではちょっと言及は避けさせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(田村雄二) 池田謙次議員。



◆23番議員(池田謙次) 部長、わかりました。

 最後ですから、確認だけさせてください。

 今の御答弁であれば、確かに学校区、これは本当に私もウトナイ小学校ができるときに、目の前に学校があって、校区がちょうど目の前で分かれて、地域の方からひどいおしかりの声をいただいたことがあります。その意味では、今言ったように、多少の子供さんの人口の増によって、今基本的にきちっと言われたのは、まず校区はちょさないよと。ただ、今社会的な増減の中で、それはちょさない中で、全く新設がゼロというわけじゃないけれども、可能性は低いだろうという答弁だったろうというふうに思います。ちょっとその確認と、これ最後に一つ確認させてください。

 私も当然先ほど言ったように、青翔中学校の地域は本当にふえています、どんどんふえています。それと今部長もおっしゃったウトナイもふえちゃっているのですね。現状の沼ノ端中学校地域というのは、多分ふえないだろうという思いがあるかもしれませんけれども、現状でプレハブ5つでやっていますよね。これ現状のプレハブも5つのままでいくという認識でいいのか、例えば若干なりともウトナイがふえているから、同じ校区ですからね、ふえる可能性もあるというふうに踏んでいるのか、その一点だけ確認させてください。



○議長(田村雄二) 理事者の答弁を求めます。

 学校教育部長。



◎学校教育部長(斉藤章吾) 現状の生徒数のスライドでいけば、この状況のままというふうに今のところは考えております。

 ただ、しかし社会増というものも考えられるわけで、そういったときには新たなことは考えなきゃならないと思いますけれども、現状の私どもで考えているのは、今のままというふうなことで御理解賜りたいと思います。



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 以上で、歳出の質疑は終了いたしました。

 続いて、歳入の質疑に入ります。

 第5款株式等譲渡所得割交付金、第15款国庫支出金、第19款繰入金、第22款市債を一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 歳入の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 次に、第2条地方債の補正を、第2表により質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 以上をもって、議案第54号の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第54号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第55号平成24年度一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政部長。



◎財政部長(飯田伸一) 議案第55号平成24年度一般会計補正予算(第12回)について御説明申し上げます。

 本補正は、国の平成24年度補正予算(第1号)に係る補正及び旭町3丁目1番旧産業会館跡地の土地売り払いによる補正でございます。

 今回の補正は、第1条歳入歳出予算の補正、第2条繰越明許費の補正、第3条地方債の補正でございます。

 歳入歳出につきましては、それぞれ11億4,585万2,000円を増額し、総額を799億6,660万5,000円とするものでございます。

 内容につきまして、事項別明細書の歳出から御説明をさせていただきます。

 7ページをお願いいたします。

 第2款総務費2項2目空港振興費1,360万円の増額は、国の補正予算において新千歳空港整備費が増額となることによる負担分の補正でございます。

 第8款土木費2項2目道路新設改良費1,000万円の増額は、国の補正予算で新設となる防災・安全交付金を活用し、市道街路灯497基について点検作業を行うものでございます。

 4項3目公園整備費1億610万円の増額は、道路新設改良費と同様、防災・安全交付金を活用し、公園整備工事等を行う経費でございます。

 8ページをお願いいたします。

 5項2目住宅建設費1億1,473万2,000円の増額は、道路、公園と同様、防災・安全交付金を活用し、平成25年度に予算計上の東開町市営住宅2棟の外壁改修等を前倒しで行う経費でございます。

 第10款教育費2項1目小学校管理費1,488万円の増額は、国の補正予算で増額となる防災機能の教育費交付金を活用し、平成25年度予算計上の錦岡小学校避難階段改修工事の前倒し及び豊川小学校屋外避難階段の改修工事を行う経費でございます。

 2項3目小学校建設費3億7,200万円の増額は、国の補正予算で増額となる地震補強及び危険改築等の教育費交付金を活用し、大成小学校の屋内体育館耐震補強工事及び苫小牧西小学校屋内体育館の改築を行う経費でございます。

 9ページをお願いいたします。

 3項3目中学校建設費2億9,413万円の増額は、同様に増額となる地震補強及び新増築分の教育交付金を活用し、開成中学校校舎の耐震補強工事及び平成25年度に予算計上の青翔中学校校舎増築工事事業を前倒しで行う経費でございます。いずれの事業も国の補正予算に係る事業でございます。年度内の事業完了が困難であることから繰越明許にて行う経費でございます。

 次に、第12款諸支出金3項1目財政調整基金積立金2億2,041万円の増額は、後ほど歳入で御説明いたします旧産業会館跡地の土地売払収入を財政調整基金に積み立てるものでございます。

 引き続き、歳入について御説明いたします。

 5ページにお戻り願います。

 第11款地方交付税は、国の平成24年度補正予算(第1号)で増額となった追加交付分でございます。

 第15款国庫支出金及び6ページ、第22款市債は、いずれも歳出に関連した増でございますので、説明を省略させていただきますが、第17款財産収入2項1目不動産売払収入2億2,041万円につきましては、先ほど歳出で触れましたが、平成25年3月4日に売り払いが決定いたしました旭町3丁目1番の旧産業会館跡地の土地売払収入によるものでございます。

 4ページにお戻り願います。

 次に、第2表繰越明許費補正でございますが、掲載しているすべての事業につきまして、歳出で御説明いたしましたとおり、国の平成24年度第1号補正予算に関連した事業であり、年度内に事業完了が難しいことから、繰越明許の追加をお願いするものでございます。

 最後に、第3表地方債補正でございますが、このたびの補正に伴う財源として地方債を5億180万円増額し、総額を97億4,541万円とするものでございます。

 以上、簡単でございますが、議案第55号につきまして、説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(田村雄二) 以上で、説明は終了いたしました。

 これより質疑に入りますが、質疑は先例により、歳出を各款ごとに行い、歳入は一括して行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第55号平成24年度一般会計補正予算第1条歳入歳出予算の補正を事項別明細書により、歳出から質疑に付します。

 第2款総務費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 第8款土木費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 第10款教育費、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 第12款諸支出金、質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 以上で、歳出の質疑は終了いたしました。

 続いて、歳入の質疑に入ります。

 第11款地方交付税、第15款国庫支出金、第17款財産収入、第22款市債を一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 歳入の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 次に、第2条繰越明許費の補正及び第3条地方債の補正を、第2表及び第3表により一括質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結いたしました。

 以上をもって、議案第55号の質疑を終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第55号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第56号公有水面の埋立てに係る意見についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 都市建設部長。



◎都市建設部長(佐藤裕) 議案第56号公有水面の埋立てに係る意見について御説明申し上げます。

 議案書の関係書類を御参照願います。

 この議案は、国土交通省北海道開発局室蘭開発建設部によります公有水面埋め立て承認の出願に関しまして、免許権者でございます苫小牧港管理組合管理者から公有水面埋立法第3条第1項の規定に基づき、地元苫小牧市長に意見を求められましたので、このことに異議のない旨意見を述べるため、同法同条第4項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 この埋め立ては、東港区中央ふ頭国際コンテナターミナルにおけるコンテナヤードの狭隘化の解消及びコンテナの安全かつ効率的な荷役のため、ふ頭用地を拡張するものでございます。

 埋立位置は、苫小牧市字弁天545番の地先公有水面で、面積は1,890.24平方メートルでございます。

 以上で、議案第56号の説明を終わらせていただきます。

 御審議の上、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(田村雄二) 質疑に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 質疑終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、討論に付します。

               (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 討論終結することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第56号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 議案第57号苫小牧市議会会議規則の一部改正についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 この場合、提出者の趣旨弁明を省略するとともに、質疑・討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 原案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第57号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 意見書案第1号安心できる介護制度の実現を求める要望意見書、意見書案第2号中小企業の再生・活性化策の充実・強化を求める要望意見書、意見書案第3号ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める要望意見書を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 この場合、提出者の趣旨弁明を省略するとともに、質疑・討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、表決に付します。

 最初に、意見書案第1号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第1号は、原案どおり可決いたしました。

 次に、意見書案第2号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第2号は、原案どおり可決いたしました。

 最後に、意見書案第3号を表決に付します。

 本意見書案に御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第3号は、原案どおり可決いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) その他の議事1閉会中継続審査の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議員各位のお手元に配付してあります付託事件及び所管事項について、各委員長から閉会中継続審査の申し出があります。

 これを承認することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) その他の議事2委員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会及び各常任委員会、総合開発特別委員会並びに安全・安心のまちづくりに関する特別委員会の各委員長から、それぞれ所管事項に関し必要が生じた場合、管外に委員を派遣いたしたい旨の申し出があります。

 これを承認することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

      ──────────────────────────



○議長(田村雄二) 以上で、今定例会に付議された事件は終了いたしました。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、3月18日までとなっておりますが、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田村雄二) 御異議なしと認めます。

 よって、今定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。

 各位の御協力をいただき、ここに終了できますことを衷心より感謝申し上げます。

 それでは、第9回市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでした。

      ──────────────────────────

                閉 会  午後2時54分

                                 以 上。