議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 留萌市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月04日−01号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月04日−01号







平成24年 12月 定例会(第4回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成24年第4回12月定例会

           留萌市議会会議録 第1日

          平成24年12月4日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議事日程

  午前10時開議

日程第1 会期の決定について

日程第2 教育行政報告について

日程第3 議会活性化推進特別委員会の中間報告について

日程第4 報告第26号 専決処分の報告について(平成24年度留萌市一般会計補正予算(第5号)について)

日程第5 報告第27号 専決処分の報告について(損害賠償について)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(16名)

   1番      燕 昌克君

   2番      笹本牧司君

   3番      鵜城雪子君

   4番      川口宏和君

   5番      珍田亮子君

   6番      坂本 茂君

   7番      野呂照幸君

   8番      坂本守正君

   9番      小野敏雄君

  10番      対馬真澄君

  11番      天谷孝行君

  12番      村上 均君

  13番      菅原千鶴子君

  14番      野崎良夫君

  15番      村山ゆかり君

  16番      松本衆司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明員

 (1)説明のため出席した者

  市長           高橋定敏君

  教育委員長        江畠直彦君

  選挙管理委員長      水澤 清君

  監査委員         祐川正幸君

  農業委員会長       中原耕治君

 (2)市長の委任を受けて出席した者

  副市長          中西俊司君

  総務部長         中林直彦君

  地域振興部長       早川 隆君

  市民健康部長       武田浩一君

  都市環境部長       佐々木清貴君

  都市環境部参与      中原隆之君

  総務課長         益田克己君

  財務課長         高橋一浩君

 (3)病院事業管理者の委任を受けて出席した者

  病院事務部長       岩崎智樹君

 (4)教育委員長の委任を受けて出席した者

  教育長          麻林敏弘君

  教育部長         寺本秀昭君

 (5)選挙管理委員長の委任を受けて出席した者

  選挙管理委員会事務局長  長野 稔君

 (6)監査委員の委任を受けて出席した者

  監査事務局長       近藤千代美君

 (7)農業委員会長の委任を受けて出席した者

  農業委員会事務局長    佐藤善彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会事務局職員

  事務局長         鈴木鉄男君

  事務局次長        川村 豊君

  議事調査係長       杉山啓之君

  議事調査係        瀬尾真由子君

  庶務係          前田玲央奈君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時03分開会



△開会・開議宣告



○議長(小野敏雄君) ただいまから本日招集されました平成24年留萌市議会第4回定例会を開会いたします。

 本日の出席議員は16名で全議員が出席しております。

 これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(小野敏雄君) 本日の会議録署名議員として

     14番   野崎議員

     15番   村山議員

のご両名をご指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(小野敏雄君) ここで事務局長に諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(鈴木鉄男君) ご報告申し上げます。

 本定例会に付議予定事件として受理しております報告第26号外12件につきましては、あらかじめご配付のとおりであります。

 また、本日、議会活性化推進特別委員会中間報告書をお手元にご配付いたしております。

 次に、本定例会に出席通知のありました説明員の名簿及び本日の議事日程につきましては、お手元にご配付のとおりでありますので、その朗読は省略いたします。

 以上、報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 会期の決定



○議長(小野敏雄君) これより本日の議事に入ります。

 日程1、会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(松本衆司君) (登壇)おはようございます。

 平成24年留萌市議会第4回定例会に対処するため、11月30日招集いたしました議会運営委員会の協議結果についてご報告申し上げます。

 本定例会の会期は、本日から12月12日までの9日間とすることに決定いたしました。

 あす以降の日程でありますが、5日から9日までの5日間は各自議案調査のため休会といたします。

 10日及び11日は一般質問の日程、最終日の12日は、一般質問、予算関連議案及び単独議案等を審査し、本定例会を閉会することといたします。

 なお、一般質問の通告期限は本日午後3時までとなっておりますので、あらかじめお伝えいたします。

 以上、議会運営委員会の協議結果についてのご報告といたします。



○議長(小野敏雄君) お諮りいたします。

 議会運営委員長報告のとおり、本定例会の会期は本日から12月12日までの9日間とすることにご異議ありません。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小野敏雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程2 教育行政報告



○議長(小野敏雄君) 日程2、教育行政報告について教育長の発言を求めます。

 教育長。



◎教育長(麻林敏弘君) (登壇)教育行政報告。

 平成24年第3回留萌市議会定例会から今議会までの主な教育施策について、その執行の概要を次のとおり報告いたします。

 留萌市立幌糠小学校の閉校について。

 このたび、幌糠小学校の平成25年度末の閉校につきまして、PTAや地域の方々より理解を得られましたので、その経過についてご報告申し上げます。

 同小学校は、明治32年の開校以来、歴史と伝統に支えられながら今日まで数多くの人材を輩出し、学校教育はもとより、地域文化、地域コミュニティーの拠点として大きな役割を果たしてまいりました。

 昭和30年代の初めには6学級250名を超える児童が在籍しておりましたが、過疎化・少子化による児童数の減少などにより、平成14年度の留萌市立小中学校適正配置検討委員会報告の基本的考え方に基づき、児童に対する教育活動や指導など、適正な教育環境の維持が困難になる状況が予想されたことから、平成19年度に初めてPTA・地域と閉校について協議させていただいたところです。

 しかしながら、なかなか理解を得るに至らず、平成20年第3回定例会においてPTA会長及び連合町内会長の連名で閉校案の撤回を求める陳情書が提出され、平成21年第1回定例会では陳情が採択されました。

 しかし、その後も地域における少子化と教育環境の変化が続いたため、何度か今後の児童数と教職員数の推移についてPTAに御説明申し上げてまいりました。

 さらに、平成23年7月に「留萌市立小中学校適正配置計画」を策定し、幌糠小学校についても統合スケジュールを示させていただき、同年12月からは保護者の要望を受け、統合校との交流学習を行い、児童の融合と保護者の不安解消に努めてまいりました。

 その後、PTAと地域町内会とが懇談を重ね、児童の教育環境を維持するために、本年10月1日に平成25年度末の閉校に向けて要請書が提出されたところでございます。

 教育委員会といたしましては、PTAや地域が同校閉校という重い決断をしていただいたことを受け止め、また、幌糠地区の小学校に対する今までの伝統を継承しつつ、統合校との交流事業などを通じ同校の児童が安心して勉学に励み、協調性、社会性を培い、新しい人間関係を築きながら、健やかに成長していくための教育環境を、保護者や地域の方々の御協力をいただきながら整備してまいりたいと考えております。

 以上、留萌市立幌糠小学校の閉校についての報告といたします。



○議長(小野敏雄君) 以上で教育行政報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程3 議会活性化推進特別委員会の中間報告



○議長(小野敏雄君) 日程3、議会活性化推進特別委員会の中間報告についてを議題といたします。

 議会活性化推進特別委員長の報告を求めます。

 議会活性化推進特別委員長。



◆議会活性化推進特別委員長(野崎良夫君) (登壇)議会活性化推進特別委員会から中間報告を申し上げます。

 議会活性化推進特別委員会において調査研究中の事件について、第3回定例会以降における中間報告につきましては、まず調査研究項目は議会基本条例についてを初めとする8項目であります。

 平成24年第3回定例会において行った中間報告後の調査活動の経過でありますが、特別委員会は計4回、小委員会は第1・第2を合わせて4回、議会基本条例策定作業チームは5回、正副委員長、第1・第2小正副委員長及び座長会議につきましては1回、さらには10月15日に議会基本条例を策定する前提になります先進地を視察いたしました。名寄市と士別市におきましてでありますが、参加委員は10名でございます。

 次に、委員会の決定と確認事項についてでありますが、まず今後の対応についてであります。

 第1・第2小委員会及び議会基本条例策定作業チームは、来春の2月中旬をめどに残りの課題について整理をする。

 2つ目には、2月中旬の特別委員会で合意をし、来春の4月以降の議論展開の方向性を出すこと。

 3つ目には、議会基本条例策定作業チームは来春の4月以降、条例素案策定に向けて作業に入る前提で議論を進めていく。

 4つ目には、平成24年第4回定例会終了以降、今後の審議等のあり方について2月中旬の特別委員会において提起し、平成25年第1回定例会に報告する。

 次に、実施に向けての考え方についてでありますが、1つ目には、相当額の財源を伴う事項についての本格実施は優先順位などを全体会議で検討協議した上で実施時期を判断する。

 2つ目には、財源を伴う検討事項がいくつかあるが、財政健全化計画が進行中であることなどを踏まえて、総合的に判断すべきと考える。

 3つ目には、基本的に財源を伴わない事項または、少額で現行予算等において処理できる事項については、他に与える影響が無い場合において速やかに実行すること。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(小野敏雄君) 以上で議会活性化推進特別委員長の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程4 報告第26号



○議長(小野敏雄君) 日程4、報告第26号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(中林直彦君) (登壇)日程4、報告第26号 専決処分の報告につきましてご説明を申し上げます。

 平成24年度留萌市一般会計補正予算(第5号)につきまして地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、その承認を求めるものであります。

 このたびの専決処分につきましては、平成24年12月16日投開票の衆議院議員選挙に係る補正であります。

 それでは、補正予算につきましてご説明させていただきます。

 補正予算の第1条は歳入歳出予算の補正であります。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,650万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ135億2,998万2,000円とするものであります。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、第1表歳入歳出予算補正のとおりでありますが、その内容につきましてご説明させていただきます。

 歳出からご説明いたします。

 第2款総務費につきましては、衆議院議員選挙事業1,650万円を追加いたしまして、補正後の金額を4億3,381万8,000円とするものであります。

 次に、歳入についてご説明いたします。

 第14款国庫支出金につきましては、衆議院議員選挙事務委託金1,650万円を追加いたしまして、補正後の金額を17億7,470万1,000円とするものであります。

 以上、専決処分の報告といたしますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(小野敏雄君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(小野敏雄君) 他に発言がなければ、報告第26号は承認することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小野敏雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程5 報告第27号



○議長(小野敏雄君) 日程5、報告第27号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 都市環境部長。



◎都市環境部長(佐々木清貴君) (登壇)日程5、報告第27号の損害賠償の専決処分の報告についてご報告申し上げます。

 本件は、末広町1丁目市営住宅ポプラA棟2階11号室の排水管からの漏水が原因で、階下に位置します1階9号室にカビの被害を与えたものでございます。

 事故の状況についてでございますが、8月下旬に9号室の入居者より、この冬から室内のカビがひどいので換気扇を回したり除湿機を設置しても状況が変わらないので一度見てほしいという、そういう相談がございまして、調査をしたところ、浴室換気扇にふぐあいがあり、換気扇の交換作業中に2階11号室の浴室排水管からの漏水があるのを発見し、水口をたどったところ、9号室の浴室と脱衣所を仕切る壁の内側を伝わり、表面に全くあらわれない状態で脱衣所、玄関及びトイレなどの床下のコンクリートスラブ内に浸透し、その水分が長時間にわたり蒸発を繰り返し室内の湿度を上昇させ、カビの発生原因となったものと判明いたしました。

 損害の状況についてでございますが、物置、押し入れ、玄関などのほか、たんすの内部や衣料品にカビの被害を与え、また3歳になるお子さんが体調を崩し通院したところ、カビが原因と思われるとの診断があったものでございます。

 市は、早急に移転先としまして同じ末広町団地のポプラB棟13号室を準備し、9月1日に転居していただいたところでございます。

 示談の内容についてでございますが、市は、賠償金として引っ越し代金28万9,018円、クリーニング代金44万5,001円、お子様の医療費5,040円及び見舞金としまして1万円の合計74万9,059円を支払うものとして、10月22日に示談書を取り交わしたところでございます。

 引っ越し代金とクリーニング代金につきましては、市が直接、実施業者に支払うこととしております。

 今後の対応についてでございますが、現在、市が管理しております中高層住宅の85%に当たる33棟770戸が築後20年以上経過しており、老朽化が進み、排水管の漏水による修繕件数も増加傾向にあります。このたびのポプラA棟につきましても築後19年を経過しており、排水管の接続部分が腐食し、このたびの事故につながったところでございます。

 今後は、このような漏水事故があったことを入居者に周知し、できるだけ早く状況を把握することで、再発事故に万全を期して取り組んでまいりたいと思っております。

 以上、報告第27号の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(小野敏雄君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(小野敏雄君) 他に発言がなければ、報告第27号は了とすることにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小野敏雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の議決



○議長(小野敏雄君) お諮りいたします。

 各自議案調査のため明日5日から9日までの5日間は休会にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小野敏雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会宣告



○議長(小野敏雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

          午前10時23分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

    平成  年  月  日

      留萌市議会議長   小野敏雄

      署名議員      野崎良夫

      署名議員      村山ゆかり