議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 留萌市

平成22年  6月 定例会(第2回) 06月09日−04号




平成22年  6月 定例会(第2回) − 06月09日−04号







平成22年  6月 定例会(第2回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              平成22年第2回6月定例会

              留萌市議会会議録 第4日

              平成22年6月9日(水曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議事日程

  午前10時開議

日程第1 議案第34号 平成22年度留萌市一般会計補正予算(第1号)

日程第2 議案第35号 留萌市職員の育児休業等に関する条例及び留萌市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について

日程第3 議案第36号 留萌市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について

日程第4 議案第37号 留萌市営墓地条例の一部を改正する条例制定について

日程第5 議案第38号 北海道市町村備荒資金組合規約の変更について

日程第6 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について

日程第7 議案第39号 留萌市副市長の選任について

日程第8 議案第40号 留萌市公平委員会委員の選任について

日程第9 意見書案第8号 食料供給力の確保に必要な農業生産基盤整備の促進を求める意見書

日程第10 意見書案第9号 2011年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた意見書

日程第11 意見書案第10号 地方財政の充実・強化を求める意見書

日程第12 意見書案第11号 北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める意見書

日程第13 意見書案第12号 発達障がいや、その他文字を認識することに困難のある児童生徒のためのマルチメディアデイジー教科書の普及促進を求める意見書

日程第14 常任委員会所管事項調査について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(15名)

   1番      江澤順次君

   2番      笹本牧司君

   3番      小野敏雄君

   4番      富田直樹君

   5番      珍田亮子君

   6番      原田昌男君

   7番      野呂照幸君

   8番      坂本守正君

   9番      村山ゆかり君

  10番      松本衆司君

  11番      天谷孝行君

  12番      村上 均君

  13番      菅原千鶴子君

  14番      野崎良夫君

  15番      坂本 茂君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(1名)

  16番      原田丈三君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明員

 (1)説明のため出席した者

  市長       高橋定敏君

  教育委員長    江畠直彦君

  監査委員     祐川正幸君

 (2)市長の委任を受けて出席した者

  副市長      竹中 貢君

  総務部長     麻林敏弘君

  市民生活部長   岩崎智樹君

  健康福祉部長   武田浩一君

  産業建設部長   中西俊司君

  会計管理者    都筑 仁君

  政策経営室長   早川 隆君

  財務課長     高橋一浩君

  総務課長     益田克己君

  農林水産課長   佐藤善彦君

 (3)病院事業管理者の委任を受けて出席した者

  病院事務部長   鈴木鉄男君

 (4)教育委員長の委任を受けて出席した者

  教育長      工藤克則君

  教育部長     竹谷 隆君

 (5)監査委員の委任を受けて出席した者

  監査事務局長   会田淳一君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会事務局職員

  事務局長     中原隆之君

  庶務係長     杉山啓之君

  議事調査係長   塚本 健君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  午前10時00分開議



△開議宣告



○議長(原田昌男君) 定足数に達しておりますので、これより会議を再開いたします。

 欠席の届け出がありましたのは原田丈三議員でありますので、ご報告申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(原田昌男君) 本日の会議録署名議員として

      7番   野呂議員

      8番   坂本守正議員

のご両名をご指名申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(原田昌男君) 本日の議事日程は、お手元に印刷、ご配付のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 議案第34号



○議長(原田昌男君) これより議事に入ります。

 日程1、議案第34号 平成22年度留萌市一般会計補正予算を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 政策経営室長。



◎政策経営室長(早川隆君) (登壇)日程1、議案第34号 平成22年度留萌市一般会計補正予算(第1号)につきまして提案理由のご説明を申し上げます。

 補正予算の第1条は歳入歳出予算の補正であります。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,693万6,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ130億3,495万2,000円とするものであります。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、第1表歳入歳出予算補正のとおりでありますが、その主な内容につきまして別冊の予算説明資料でご説明をさせていただきます。

 予算説明資料の歳出からご説明をいたしますので、1ページをお開き願います。

 第2款総務費につきましては、営口友好港湾締結20周年記念交流事業60万9,000円を追加いたしまして、補正後の金額を2億5,040万6,000円とするものであります。

 第6款農林水産業費につきましては、781万3,000円を追加いたしまして、補正後の金額を1億760万6,000円とするもので、農地制度実施円滑化事業131万3,000円などを追加するものであります。

 第8款土木費につきましては、河川用地取得費32万2,000円を追加いたしまして、補正後の金額を14億4,511万9,000円とするものであります。

 第10款教育費につきましては、819万2,000円を追加いたしまして、補正後の金額を3億9,493万6,000円とするもので、樽真布小中学校解体工事800万円などを追加するものであります。

 次に、歳入についてご説明いたします。

 第15款道支出金につきましては、494万1,000円を追加いたしまして、補正後の金額を6億4,043万1,000円とするもので、農地制度実施円滑化事業補助金131万3,000円などを追加するものであります。

 第16款財産収入につきましては、市有地売払収入35万円を追加いたしまして、補正後の金額を4,977万円とするものであります。

 第20款諸収入につきましては、1,164万5,000円を追加いたしまして、補正後の金額を9億6,998万7,000円とするもので、留萌ツーリズム構築推進事業助成金300万円などを追加するものであります。

 以上、議案第34号の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) 質疑に入ります。

 坂本茂議員。



◆15番(坂本茂君) それでは、確認の意味も含めたお尋ねをいたします。

 特に今提案のありました農林水産関係なんですが、農産物直売推進事業補助金の中身についてお尋ねしたいと思います。



○議長(原田昌男君) 農林水産課長。



◎農林水産課長(佐藤善彦君) お答えいたします。

 農産物直売推進事業補助金でございますが、地産地消推進のためJA南るもいが取り組むAコープルピナス店舗内への農産物直売コーナーの設置、並びに今ずり米コーナーの設置のための店舗改修事業に対する支援策として、留萌市が北海道地域づくり総合交付金の交付を受け、事業費の一部補助を行うものでございます。

 以上でございます。



○議長(原田昌男君) 坂本茂議員。



◆15番(坂本茂君) それで、関連してお尋ねするのですけれども、今説明のあったこの事業は、去年まで例えば幌糠の駐車帯などでやっておりましたが、そういう事業との関連性についてどういうぐあいに見ていくのか。



○議長(原田昌男君) 農林水産課長。



◎農林水産課長(佐藤善彦君) 昨年まで実施してございました幌糠駐車帯での直売事業につきましては廃止しまして、こちらのルピナス店舗内に、参加農業者の数を拡大しまして直売コーナーを拡充したものでございます。

 以上でございます。



○議長(原田昌男君) 坂本茂議員。



◆15番(坂本茂君) それでは、これで最後になると思いますけれども、もともと私はこの提案に賛成する立場でお尋ねをしているわけなんですけれども、その際に、幌糠でやっていたあのような形の、農家の皆さん方が、生産者が直接かかわる、これはルピナスに入りましても直接生産者がかかわると思うんですけれども、例えば市街地の空き店舗などを使った賑わい創設、こういうこととの関連についてどのように検討され、そして結論として今提案されているような中身になったのか。その経過について確認の意味でお尋ねしたいと思います。

 それはなぜかといえば、あらゆる機会を通して、やはり商店街の賑わいということを含めて考えれば、そしてまた農家の皆さん方が直接消費者と触れるということで言えば、ルピナスの関係も大いに私は賛成する考えなんですが、同時に、そういう商店街全体のことも含めた検討もなされる必要があるのではないかというぐあいに思うものですから、その件をお尋ねしておきたいと思います。



○議長(原田昌男君) 産業建設部長。



◎産業建設部長(中西俊司君) それでは、ただいまのご質問に対してお答えをさせていただきます。

 まず、ルピナス店につきましては、陳列台に並べるまでというところを農業者がやって、直接販売は当然ルピナスという形態の中で販売していくところがまず第1点です。

 それと、議員からご質問のありましたまちなかの件につきましては、現在、経済港湾課でも取り組んでおりまするもいプラザ内において、産直ができるための手続等、また作業等に今入っておりまして、何とかコーナーを設けて、そこの場合は直接来ていただいて農業者が直接販売をしていただくと、スペース貸しみたいな形で今計画を進めているところです。

 以上です。



○議長(原田昌男君) 他に発言がなければ採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程2 議案第35号



○議長(原田昌男君) 日程2、議案第35号 留萌市職員の育児休業等に関する条例及び留萌市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(麻林敏弘君) (登壇)日程2、議案第35号 留萌市職員の育児休業等に関する条例及び留萌市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について提案理由のご説明を申し上げます。

 このたびの改正は、平成21年人事院勧告の意見の申し入れを受けて、育児、介護を行う職員の仕事との両立支援の推進を目的として国家公務員の育児休業法が改正、公布されたことに伴い、留萌市職員の育児休業等に関する条例、いわゆる育児休業条例及び留萌市職員の勤務時間、休暇等に関する条例、いわゆる勤務時間条例を改正しようとするものであります。

 育児休業条例における主な改正内容といたしましては、1点目は、夫婦がともに育児を行えるよう、育児休業等の対象となる職員の範囲を拡大しようとするものであります。

 2点目は、男性職員が再度の育児休業を取得する場合の最初の育児休業の期間を設定しようとするものであります。

 3点目は、再度の育児休業を取得できる特別な事情の要件を緩和しようとするものであります。

 また、勤務時間条例におきましては、育児、介護を行う職員の早出・遅出勤務及び時間外勤務の制限の請求ができる範囲を拡大しようとするものであります。

 なお、附則につきましては、これらの施行期日を改正国家公務員育児休業法の施行期日である平成22年6月30日と定めようとするものであります。

 以上、議案第35号の提案理由のご説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(原田昌男君) 他に発言がなければ採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程3 議案第36号



○議長(原田昌男君) 日程3、議案第36号 留萌市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(麻林敏弘君) (登壇)日程3、議案第36号 留萌市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について提案理由のご説明を申し上げます。

 このたびの改正は、雇用保険法の一部を改正する法律において非正規労働者の雇用保険の適用範囲が拡大されたことに伴い、同法の附則において改正された国家公務員退職手当法に準拠し、留萌市職員退職手当支給条例を改正しようとするものであります。

 主な改正内容でございますが、退職手当条例においては、退職の後、失業者となる職員が雇用保険における短期雇用特例被保険者に相当する場合、受け取ることとなる特例一時金の額が実際の退職手当の額を超える場合にはその差額を支給するものとしておりますが、雇用保険法の改正において短期雇用特例被保険者の対象が改められたことに伴い、これに合わせた規定に改めようとするものであります。

 なお、附則につきましては、施行期日を公布の日と定めようとするものであります。

 以上、議案第36号の提案理由のご説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(原田昌男君) 他に発言がなければ採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程4 議案第37号



○議長(原田昌男君) 日程4、議案第37号 留萌市営墓地条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎智樹君) (登壇)日程4、議案第37号 留萌市営墓地条例の一部を改正する条例制定について提案理由のご説明を申し上げます。

 留萌市営墓地の使用許可に当たり明確な使用決定方法が明示されていないことから、これまで抽せんで墓地の使用決定を行ってきておりますが、複数年にわたり抽せんに漏れる方がいるなどの課題がありましたので、このたび使用決定方法を明示し、合わせて字句の整理などを行うため、本条例の一部を改正しようとするものであります。

 主な改正内容としては、墓地内において墳墓を設けるために区画された土地を墓所とし、条文中の墓地と墓所を整理し、第3条の次に第4条使用申込者の資格、第5条及び第6条使用予定者の公募を加え、第7条使用の制限等を整理し、第12条墓所の返還、第17条行為の禁止を加え、関係する条文の整理をしようとするものであります。

 なお、附則につきましては、施行期日を公布の日として定めようとするものでございます。

 以上、提案理由の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(原田昌男君) 他に発言がなければ採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程5 議案第38号



○議長(原田昌男君) 日程5、議案第38号 北海道市町村備荒資金組合規約の変更についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 政策経営室長。



◎政策経営室長(早川隆君) (登壇)日程5、議案第38号 北海道市町村備荒資金組合規約の変更につきまして提案理由のご説明を申し上げます。

 北海道総合振興局及び振興局の設置に関する道条例が平成22年4月1日から施行されたことに伴い、本市が加入しております北海道市町村備荒資金組合の組合規約に変更が生じたため、地方自治法第290条の規定により、構成する市町村の議会の議決を必要とするためご提案申し上げるものであります。

 内容につきましては、組合規約第6条中の「各支庁」とある表記を「北海道総合振興局及び北海道振興局」に改めるものであります。

 以上、議案第38号の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) 質疑に入ります。

  〔発言する者なし〕



○議長(原田昌男君) 他に発言がなければ採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程6 諮問第1号



○議長(原田昌男君) 日程6、諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

 理事者の説明を求めます。

 市長。



◎市長(高橋定敏君) (登壇)日程6、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて提案理由をご説明申し上げます。

 人権擁護委員は、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を聞いて法務大臣に推薦することになっております。

 今回ご推薦申し上げます浅沼亮子氏及び穂坂孝史氏は平成22年9月30日をもちまして任期満了となりますが、両人とも人格高潔、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について深く理解のある方でございますので引き続き人権擁護委員にご推薦申し上げたく存じますとともに、人権擁護委員の増員に伴いご推薦申し上げます檜森博仁氏につきましても、長く教職に従事され、青少年問題の見識も深く、人格高潔、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について深く理解のある方でございますので人権擁護委員にご推薦申し上げたく存じますので、ご意見をいただきたくよろしくお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) お諮りいたします。

 本件については市長が推薦するものを適任と認めることにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程7 議案第39号



○議長(原田昌男君) 日程7、議案第39号 留萌市副市長の選任についてを議題といたします。

 理事者の説明を求めます。

 市長。



◎市長(高橋定敏君) (登壇)日程7、議案第39号 留萌市副市長の選任について提案理由をご説明申し上げます。

 現副市長竹中貢氏の任期が平成22年7月1日をもって満了となることから、後任の副市長を選任いたしたいと存じます。

 つきましては、地方自治法第162条の規定に基づき、行政経験豊富な現産業建設部長中西俊司氏を新たな副市長として選任いたしたいと存じますので、議会のご同意を賜りたく提案いたします。

 以上、提案理由の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) お諮りいたします。

 本件については市長提案のとおり同意することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程8 議案第40号



○議長(原田昌男君) 日程8、議案第40号 留萌市公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 理事者の説明を求めます。

 市長。



◎市長(高橋定敏君) (登壇)日程8、議案第40号 留萌市公平委員会委員の選任について提案理由をご説明申し上げます。

 現公平委員会委員の中野亨氏の任期は平成22年6月30日をもって満了となりますので、後任の公平委員会委員を選任いたしたいと存じます。

 つきましては、地方公務員法第9条の2の規定に基づき、経験豊富な中野亨氏を公平委員会委員として再度選任いたしたいと存じますので、議会のご同意を賜りたく提案いたします。

 以上、提案理由の説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原田昌男君) お諮りいたします。

 本件については市長提案のとおり同意することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程9 意見書案第8号から日程13 意見書案第12号



○議長(原田昌男君) 日程9、意見書案第8号 食料供給力の確保に必要な農業生産基盤整備の促進を求める意見書、日程10、意見書案第9号 2011年度国家予算編成における教育予算確保・拡充に向けた意見書、日程11、意見書案第10号 地方財政の充実・強化を求める意見書、日程12、意見書案第11号 北海道地域最低賃金の大幅な改善を求める意見書、日程13、意見書案第12号 発達障がいや、その他文字を認識することに困難のある児童生徒のためのマルチメディアデイジー教科書の普及促進を求める意見書、以上5件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 意見書案第8号から第12号までの5件はいずれも原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程14 常任委員会所管事項調査について



○議長(原田昌男君) 日程14、常任委員会所管事項調査についてを議題といたします。

 第1、第2常任委員長から、会議規則の規定により、お手元に配付いたしました申し出のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各常任委員長からの申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(原田昌男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会宣告



○議長(原田昌男君) 以上で、本議会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

 したがって、平成22年第2回定例会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでございました。

          午前10時27分閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

      平成  年  月  日

        留萌市議会議長   原田昌男

        署名議員      野呂照幸

        署名議員      坂本守正