議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北見市

平成23年  8月 臨時会(第4回) 08月30日−01号




平成23年  8月 臨時会(第4回) − 08月30日−01号







平成23年  8月 臨時会(第4回)




                                              
                  平成23年 第4回臨時

              北見市議会会議録

                 8月30日(火曜日)〔第1号      午前10時00分 開会
                                     午前10時19分 閉会
                                              

1.議事日程
 第1.会議録署名議員の指名         
 第2.会期の決定              
 第3.議案第 1号・議案第 2号      
    報告第 1号・報告第 2号      
                      
1.本日の会議に付した事件
 第1.会議録署名議員の指名         
 第2.会期の決定              
 第3.議案第 1号 平成23年度北見市一般会
           計補正予算について   
    議案第 2号 工事請負契約の締結につい
           て(北見市立小泉中学校校
           舎耐震・大規模改修工事
           (建築主体))     
    報告第 1号 専決処分について(損害賠
           償の額を定め和解するこ
           と)          
    報告第 2号 専決処分について(損害賠
           償の額を定め和解するこ
           と)          
                      
1.出席議員(28名)           
        1番  水 上 美 華 君
        2番  轡 田 恵 美 君
        3番  浦 西 孝 浩 君
        4番  鈴 木 建 夫 君
        5番  斎 藤 昭 利 君
        6番  合 田 悦 子 君
        7番  亀 田   博 君
        9番  桜 田 真 人 君
       10番  中 崎 孝 俊 君
       11番  隅 田 一 男 君
       12番  小 川 清 人 君
       13番  表   宏 樹 君
       14番  松 谷 隆 一 君
       15番  熊 谷   裕 君
       16番  菊 池 豪 一 君
       17番  鈴 木 史 郎 君
       18番  堀 川 繼 雄 君
       19番  真 柳 正 裕 君
       20番  高 橋 克 博 君
       22番  飯 田 修 司 君
    議 長23番  仁 部 敏 雄 君
       24番  槇 森 正 敏 君
    副議長25番  森 部 浩 司 君
       26番  河 野 敏 博 君
       27番  鑓 水 欽 三 君
       28番  金 田 正 信 君
       29番  沢 合 正 行 君
       30番  宮 沢 祐一郎 君
                      
1.欠席議員(2名)            
        8番  伊 藤 徳三郎 君
       21番  菅 野 勝 美 君
                      
1.事務局出席職員
  事 務 局 長  辻   直 孝 君
  事 務 局 次 長  井 上 孝 義 君
  議 事 課 長  似 内 雅 紀 君
  議事調査担当係長 黒 岡 正 博 君
  書     記  小 熊 英 徳 君
  書     記  齋 藤 や こ 君
                      
1.説明のための出席者
  市     長  小 谷 毎 彦 君
  副  市  長  塚 本 敏 一 君
                       
  公営企業管理者  熊 谷 寿 一 君
  理     事  梅 原 真 士 君
  総 務 部 長  小 林 龍 彦 君
  企 画 財政部長  渡 部 眞 一 君
  市 民 環境部長  皆 川 和 雄 君
  保 健 福祉部長  藤 澤 和 弘 君
  農 林 水産部長  竹 内 博 己 君
  商 工 観光部長  山 内 豊 明 君
  都 市 建設部長  井 南 芳 男 君
  端野総合支所長  藤 田 正 輝 君
  常呂総合支所長  田 上 公 一 君
  留辺蘂総合支所長 三 田 悌 一 君
  地域医療対策室長 五十嵐 俊 啓 君
  都市再生推進室長 大 澤 裕 行 君
  企 業 局 長  守 谷 英 和 君
  総 務 部 参 与  大矢根 洋 哉 君
  保健福祉部参与  本 間 和 彦 君
 都市再生推進室参与 阿 部 正 孝 君
  総 務 部 次 長  川 名 淳 文 君
                       
  教育委員会教育長 佐 藤 宣 秀 君
  学 校 教育部長  小 原 光 一 君
  社 会 教育部長  伊 藤 孝 雄 君

  北見農業委員会  岡 田   貢 君
  事 務 局 長

  監 査 委 員  高 橋 憲 彦 君
  監 査 事務局長  吉 田   聰 君

  選挙管理委員会  浅 野 幹 夫 君
  事 務 局 長
                      


     午前10時00分 開 会



○議長(仁部敏雄君) これより平成23年第4回臨時北見市議会を開会いたします。

                      



○議長(仁部敏雄君) 直ちに本日の会議を開きます。

 この際、諸般の報告をいたさせます。



◎事務局長(辻直孝君) ご報告を申し上げます。

 ただいまの出席議員数は28名であります。伊藤議員は用務のため欠席、菅野議員は病気のため欠席される旨届け出がありました。

 次に、本日の議事日程表をお手元に配付いたしてございます。

 以上であります。

                      



○議長(仁部敏雄君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました日程表のとおりであります。

 なお、議場内が暑くなると思われますので、適宜上着を脱いでいただいて結構です。

 それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員には

 24番 槇 森 正 敏 議員

 25番 森 部 浩 司 議員

の両名を指名いたします。

                      



○議長(仁部敏雄君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(仁部敏雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

                      



○議長(仁部敏雄君) 次に、日程第3、議案第1号平成23年度北見市一般会計補正予算について、議案第2号工事請負契約の締結について、報告第1号及び報告第2号専決処分についての都合4件を一括議題といたします。

 この場合、市長より提案理由の説明を求めます。 市長。



◎市長(小谷毎彦君) 〔登壇〕 皆さん、おはようございます。本日、ここに平成23年第4回臨時市議会が開催されるに当たり、提案いたしております議案第1号の補正予算の内容、議案第2号の議決案件及び報告第1号、第2号の報告案件についてご説明申し上げます。

 初めに、議案第1号一般会計補正予算についてご説明いたします。

 まず、議案書4ページ、説明書では7ページ、歳出の第4款衛生費の霊園墓地費では、霊園維持管理費として緑ケ丘霊園塋域の重複使用許可に係る石碑移設費用について和解に基づく賠償金を計上いたしました。

 次に、第8款土木費の土木総務費では、防犯灯設置費助成等経費として町内会等のLED防犯灯設置に対する助成金について増額計上いたしました。

 次に、第10款教育費の学校保健費では、学校災害賠償補償対策費として学校管理下における負傷事故の和解に基づく賠償金のうち、独立行政法人日本スポーツ振興センターから直接給付されるものを除く金額について保険金を財源に計上いたしました。

 次に、第11款災害復旧費では、去る6月10日に発生いたしました集中豪雨、降ひょう及び落雷による被害のうち、土木災害復旧費では道路8路線、1河川における路肩、のり面、護岸崩壊及び土砂堆積並びに街路灯37基の損壊被害について、また文教災害復旧費では小泉小学校暖房機器等のほか小学校6校におけるプール上屋ビニールの破損、駅南多目的広場の街灯16基などについて復旧工事をいたしたく、市債及び保険金を財源に計上いたしました。

 以上で歳出の説明を終わらせていただき、次に歳入についてご説明申し上げます。

 説明書5ページ、第18款繰入金では、財政調整基金繰入金4,212万5,000円を計上いたしました。

 そのほかの歳入につきましては、今回補正計上いたしました歳出に関連するものでございますので、説明を省略させていただきます。

 この結果、一般会計では5,308万4,000円の追加となり、補正後の予算規模は、655億5,342万円となるものであります。

 次に、議案書6ページ、議案第2号工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

 北見市立小泉中学校の耐震・大規模改修事業につきましては、第1回臨時議会において繰越明許費として議決をいただいたところでございます。今回提案いたしております工事の概要でございますが、校舎につきましては鉄筋コンクリートづくり4階建て4,500平方メートル、屋内運動場につきましては鉄骨づくり平家建て780平方メートルとなっており、平成24年3月の完成をめどに実施するものでございます。今般建築主体工事に係る工事請負契約を締結するに当たり、予定価格が1億5,000万円を超えるため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、報告第1号及び報告第2号の2件の専決処分につきましてご説明申し上げます。

 これら2件の専決処分につきましては、いずれも相手方との和解のため、地方自治法第179条第1項の規定により行ったものであり、同条第3項の規定により報告を申し上げ、承認を求めるものでございます。

 初めに、議案書7ページ、報告第1号でございますが、平成22年8月9日、緑ケ丘霊園において既に使用を許可した塋域の一部を誤って重複して使用を許可したことに伴う石碑の移設について相手方と話し合いを進めた結果、損害賠償の額について合意し、本年8月11日付で専決処分をいたしました。今後こうしたことのないよう適正な事務処理に十分意を用いてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いを申し上げます。

 次に、議案書9ページ、報告第2号でございますが、平成11年9月18日、旧常呂町立常呂小学校の生活科体験学習の際、立ち寄った栄浦児童公園の遊具で児童がけがをする事故が発生いたしました。これまで保護者の希望もあり、経過観察してまいりましたが、このたび症状が固定したことから、保護者と補償について話し合いを進めた結果、損害賠償の額について合意し、本年8月16日付で専決処分をいたしました。

 以上で提案いたしております議案の説明を終わらせていただきますが、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仁部敏雄君) これよりただいま上程されております議案に対する質疑に入ります。

 質疑のある方は自席より発言願います。ご質疑ございませんか。 4番、鈴木建夫議員。



◆4番(鈴木建夫君) それでは、市民クラブを代表いたしまして今臨時市議会に提案されております補正予算と2件の専決処分のうち、1件につきまして質問させていただきます。

 緑ケ丘霊園の1区画の塋域20平米余りの既に個人所有地としている空き地の一部に、北見市はほかに希望された市民に霊園敷地として使用許可を出してしまい、その結果1区画に2軒分の石碑が建立され、霊園敷地の重複問題が発覚いたしました。その石碑の移設にかかわる費用を北見市が負担することの補正予算を計上されることにつきましてお伺いいたします。

 このことにつきましては、北見市の市有財産を管理する北見市職員の日常業務としてはあってはならないことであり、土地台帳を管理することの重大さの意識の欠如と言わざるを得ません。そこで、お伺いする1点目は、専決処分に至るまでの経過をお示しください。

 2点目は、両家に理解をいただくためには北見市として誠心誠意の気持ちを込めて丁寧にスピード感を持って対応し、和解というお願いをなさってきたものと受けとめますが、補正予算計上の額185万9,000円の内容を具体的にお示しください。

 以上で1回目の質問を終わります。



○議長(仁部敏雄君) 理事者の答弁を求めます。 市民環境部長。



◎市民環境部長(皆川和雄君) 鈴木建夫議員のご質疑にお答えいたします。

 初めに、専決処分に至るまでの経緯についてでございますが、市では緑ケ丘霊園の使用許可要望に対応するため、平成22年に空き地区画の抽せん許可を実施したところでございますが、抽せん許可の対象とする空き区画を抽出した際、既に使用許可していた区画の未使用部分を隣接する空き地として新たに使用許可の可能な区画と誤認し、重複使用許可をしたものでございます。通常区画全体に石碑が建てられるということや隣接地にもともと区画外の空き地があったことなど現地の状況や思い込みにより事務を進めたもので、隣接区画との境界を台帳の許可面積等により十分確認しなかったことが原因であり、関係者はもとより霊園管理業務につきまして市民の信頼を損ねる結果となりましたことに重ねておわび申し上げる次第でございます。

 このたびの問題は、市の誤った使用許可に起因するものであり、関係者の意向を最大限尊重し、早急に対処しなければならないものと考えており、今般市の誤った使用許可に基づき石碑を建立した方には別な区画に移転していただくことでご理解をいただきましたことから、専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、損害賠償額の内訳についてでございますが、石碑の移設に伴います基礎コンクリート、外構の解体及び処理、埋め戻し等に係る費用と新たな区画での基礎及び外構工事並びに墓石本体の移設取りつけに係る経費が主なものでございます。

 以上でございます。



○議長(仁部敏雄君) 鈴木建夫議員、再質疑ございますか。 4番、鈴木建夫議員。



◆4番(鈴木建夫君) 再質問をさせていただきます。

 1点目は、このような事態は今後あってはならないことであります。所管部はもちろんのことでありますが、他の部局も含めた再発防止に向けた取り組みについて具体的にお答えください。

 2点目は、和解に向けた稟議書、もしくは損害賠償にかかわる一連の決裁の措置を資料提供として求めます。

 3点目は、今回の誤認処理は単純なミス、いわゆる凡ミスであります。しかし、内容は相当重いことであり、使用許可を認める稟議書も庁内の関係部局で順次確認されていたものと推察されます。しかし、この補正予算は一般会計からの歳出となりますことから市民の血税であります。行政の瑕疵を市民に負担させてよいのでしょうか。私は、市民に説明がつかないものと考えます。担当部署はもちろんのこと理事者皆さんが襟を正し、それぞれの責任の度合いと結果を明確にし、残りの不足分を市民に負担をお願いするものと私は考えますが、ご見解のほどお伺いいたします。

 以上で再質問を終わります。



○議長(仁部敏雄君) 理事者の答弁を求めます。 市民環境部長。



◎市民環境部長(皆川和雄君) 鈴木建夫議員の再質疑にお答えいたします。

 初めに、再発防止に向けた取り組みについてでございますが、今後新たな使用許可等に当たりましては、現地で隣接区画の使用状況や用地境界等を十分確認することはもとより、その都度使用者台帳及び管理図面等による現況確認の事務処理を徹底して行うということにつきまして今後適切な事務管理に努めてまいりたいと考えております。

 次に、資料の提出につきましては、後ほど議会事務局を通じ対応させていただきたいと存じます。

 また、次に損害賠償についてでございますけれども、このたびの件につきましては職員の誤認により市として重複使用許可をしたことに起因し、発生した損害でございます。市として現状を回復せざるを得ないというもので、関係者の皆様に改めておわびを申し上げる次第でございます。また、こうした結果につきましては、所管部として大変重い責任を痛感しており、今後二度とこのようなことがないように、先ほども申し上げましたように適切な事務管理の徹底に努めてまいりたいと存じます。



○議長(仁部敏雄君) 鈴木建夫議員、再質疑ございますか。 4番、鈴木建夫議員。



◆4番(鈴木建夫君) 再々質問をさせていただきます。

 ただいまご答弁いただきましたけれども、再発防止も何かあいまいなものとしか受けとめることができません。チェック機能体制もありきたりの不透明さが感じられます。さらにはペナルティー感覚も見えてまいりません。非常に残念であります。

 総論といたしましては、両家に対して丁寧にスピーディーに対応する専決処分につきましては理解すべきと考えるところでございます。しかし、今回の決裁に係る文書の取り扱いを部署内でチェックする機能が発揮されていないような不祥事の場合につきましては、市民に負担をさせるべきではないと私は考えます。余りにも分散された庁舎での業務だからなのか、事務処理の誤りを多く最近耳にするところでございますので、職員の気の緩むことがないよう士気の高揚と再発防止に向けて取り組んでいただきたい。再度市長のご見解をお伺いして、質問を終わります。



○議長(仁部敏雄君) 理事者の答弁を求めます。 市長。



◎市長(小谷毎彦君) 鈴木建夫議員の再々質疑にお答えをいたします。

 職員の事務処理についてでございますが、これまでも職員研修や定例部長会議などの機会を通じまして適正な事務処理を行うよう注意喚起をしてきたところでございます。このたびの事案は、大変遺憾なことと思ってございます。今後におきましても二度とこのようなことが繰り返されないよう日常的な事務処理に万全を期すべく、職員への徹底をさせていきたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(仁部敏雄君) 以上で鈴木建夫議員の質疑が了しました。

 ほかにご質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(仁部敏雄君) なければ、これにて質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。本案はいずれも原案のとおり可決並びに承認することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(仁部敏雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決並びに承認されました。

                      



○議長(仁部敏雄君) 以上で本会に付議された案件は全部議了いたしました。

 これにて平成23年第4回臨時北見市議会を閉会いたします。

     午前10時19分 閉 会