議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北見市

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月23日−01号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月23日−01号







平成23年  6月 定例会(第2回)




                                              
                  平成23年 第2回定例

              北見市議会会議録

                 6月23日(木曜日)〔第1号〕      午前10時00分 開会
                                      午前10時39分 散会
                                              

1.議事日程
 第1.会議録署名議員の指名         
 第2.会期の決定              
 第3.議案第 1号〜議案第 6号      
    報告第 1号〜報告第 8号      
       (提案説明)       
                      
1.本日の会議に付した事件
 第1.全国市議会議長会の表彰状の伝達    
 第2.会議録署名議員の指名         
 第3.会期の決定              
 第4.議案第 1号 平成23年度北見市一般会
           計補正予算について   
    議案第 2号 平成23年度北見市後期高
           齢者医療特別会計補正予算
           について        
    議案第 3号 平成23年度北見市介護保
           険特別会計補正予算につい
           て           
    議案第 4号 北見市職員定数条例の一部
           を改正する条例について 
    議案第 5号 北見市税条例の一部を改正
           する条例について    
    議案第 6号 北見市手数料条例の一部を
           改正する条例について  
    報告第 1号 専決処分について(平成2
           2年度北見市一般会計補正
           予算)         
    報告第 2号 専決処分について(平成2
           3年度北見市工業団地造成
           事業特別会計補正予算) 
    報告第 3号 繰越明許費繰越計算書の提
           出について(平成22年度
           北見市一般会計予算)  
    報告第 4号 建設改良費繰越計算書の提
           出について(平成22年度
           北見市水道事業会計予算)
    報告第 5号 建設改良費繰越計算書の提
           出について(平成22年度
           北見市下水道事業会計予
           算)          
    報告第 6号 専決処分について(損害賠
           償の額を定め和解するこ
           と)          
    報告第 7号 北見市土地開発公社の経営
           状況について      
    報告第 8号 財団法人北見振興公社の経
           営状況について     
 第5.休会の決定              
                      
1.出席議員(29名)            
        1番  水 上 美 華 君
        2番  轡 田 恵 美 君
        3番  浦 西 孝 浩 君
        4番  鈴 木 建 夫 君
        5番  斎 藤 昭 利 君
        6番  合 田 悦 子 君
        7番  亀 田   博 君
        8番  伊 藤 徳三郎 君
        9番  桜 田 真 人 君
       10番  中 崎 孝 俊 君
       11番  隅 田 一 男 君
       12番  小 川 清 人 君
       13番  表   宏 樹 君
       14番  松 谷 隆 一 君
       15番  熊 谷   裕 君
       16番  菊 池 豪 一 君
       17番  鈴 木 史 郎 君
       18番  堀 川 繼 雄 君
       19番  真 柳 正 裕 君
       20番  高 橋 克 博 君
       22番  飯 田 修 司 君
    議 長23番  仁 部 敏 雄 君
       24番  槇 森 正 敏 君
    副議長25番  森 部 浩 司 君
       26番  河 野 敏 博 君
       27番  鑓 水 欽 三 君
       28番  金 田 正 信 君
       29番  沢 合 正 行 君
       30番  宮 沢 祐一郎 君
                      
1.欠席議員(1名)            
       21番  菅 野 勝 美 君
                      
1.事務局出席職員
  事 務 局 長  辻   直 孝 君
  事 務 局 次 長  井 上 孝 義 君
  議 事 課 長  似 内 雅 紀 君
  議事調査担当係長 黒 岡 正 博 君
  書     記  小 熊 英 徳 君
  書     記  齋 藤 や こ 君
                      
1.説明のための出席者
  市     長  小 谷 毎 彦 君
  副  市  長  塚 本 敏 一 君
                       
  公営企業管理者  熊 谷 寿 一 君
  理     事  梅 原 真 士 君
  総 務 部 長  小 林 龍 彦 君
  企 画 財政部長  渡 部 眞 一 君
  市 民 環境部長  皆 川 和 雄 君
  保 健 福祉部長  藤 澤 和 弘 君
  農 林 水産部長  竹 内 博 己 君
  商 工 観光部長  山 内 豊 明 君
  都 市 建設部長  井 南 芳 男 君
  端野総合支所長  藤 田 正 輝 君
  常呂総合支所長  田 上 公 一 君
  留辺蘂総合支所長 三 田 悌 一 君
  会 計 管 理 者  角 丸 正 一 君
  地域医療対策室長 五十嵐 俊 啓 君
  都市再生推進室長 大 澤 裕 行 君
  企 業 局 長  守 谷 英 和 君
  総 務 部 参 与  大矢根 洋 哉 君
  保健福祉部参与  本 間 和 彦 君

  都 市 再 生  阿 部 正 孝 君
  推 進 室 参 与

  総 務 部 次 長  川 名 淳 文 君
                       
  教育委員会教育長 佐 藤 宣 秀 君
  学 校 教育部長  小 原 光 一 君
  社 会 教育部長  伊 藤 孝 雄 君

  北見農業委員会  岡 田   貢 君
  事 務 局 長

  監 査 委 員  高 橋 憲 彦 君
  監 査 事務局長  吉 田   聰 君

  選挙管理委員会  浅 野 幹 夫 君
  事 務 局 長
                      


     午前10時00分 開 会



○議長(仁部敏雄君) これより平成23年第2回定例北見市議会を開会いたします。

                      



○議長(仁部敏雄君) 会議に先立ち、このたび全国市議会議長会より沢合正行議員及び菊池豪一議員に対し、表彰状が授与されておりますので、ただいまから伝達いたします。



◎事務局長(辻直孝君) それでは、去る6月15日、東京都において開催されました第87回全国市議会議長会定期総会の席上におきまして表彰されました受賞者のお名前を申し上げますので、順次お受け願います。

 市議会議員20年以上表彰、沢合正行議員。



○議長(仁部敏雄君) 表彰状、北見市、沢合正行殿。あなたは、市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第87回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰いたします。平成23年6月15日、全国市議会議長会会長、関谷博。

 おめでとうございます。〔拍手〕



◎事務局長(辻直孝君) 次に、菊池豪一議員。



○議長(仁部敏雄君) 表彰状、北見市、菊池豪一殿。以下同文でありますので、省略させていただきます。

 おめでとうございます。〔拍手〕



◎事務局長(辻直孝君) なお、仁部議長には国会対策委員会委員としての感謝状を東京での定期総会の席上で直接受領いたしておりますので、ご報告を申し上げます。

 以上で表彰状の伝達を終わります。

                      



○議長(仁部敏雄君) これより本日の会議を開きます。

 この際、諸般の報告をいたさせます。



◎事務局長(辻直孝君) ご報告を申し上げます。

 ただいまの出席議員数は29名であります。菅野議員は病気のため欠席される旨届け出がありました。

 次に、本日の議事日程表のほか、監査報告第1号及び監査報告第2号例月現金出納検査の結果について、監査報告第3号定期監査結果の報告について及び監査報告第4号平成22年度行政監査結果報告書の提出についてをお手元に配付いたしてございます。

 以上であります。

                      



○議長(仁部敏雄君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました日程表のとおりであります。

 なお、議場内が暑くなると思われますので、適宜上着を脱いでいただいて結構です。

 それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員には

 7番 亀 田   博 議員

 8番 伊 藤 徳三郎 議員

の両名を指名いたします。

                      



○議長(仁部敏雄君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から7月7日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(仁部敏雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は15日間と決定いたしました。

                      



○議長(仁部敏雄君) 次に、日程第3、議案第1号平成23年度北見市一般会計補正予算についてないし議案第6号北見市手数料条例の一部を改正する条例について及び報告第1号専決処分についてないし報告第8号財団法人北見振興公社の経営状況についての都合14件を一括議題といたします。

 この場合、市長より提案理由の説明を求めます。 市長。



◎市長(小谷毎彦君) 〔登壇〕 皆さん、おはようございます。本日、ここに平成23年第2回定例市議会が開催されるに当たり、提案いたしております諸議案の説明に入ります前に、去る6月10日金曜日に発生いたしました降ひょうなどによる農業等被害につきましてご報告をさせていただきます。

 当日は、午前11時49分に北見市北見及び北見市常呂に大雨警報、雷注意報、竜巻注意情報が発令され、正午から午後零時30分にかけて端野自治区北登において一部ひょうまじりの強い雨があり、午後4時50分ころには留辺蘂自治区においても強雨や降ひょうを確認いたしました。

 さらに、午後5時ころから北見自治区の相内、豊地、市内中心部、川東、端野自治区の川向と、それぞれの地区で5ミリから最大で3センチ程度の大粒のひょうが十分程度にわたり激しく降り続け、また激しい雷雨にも見舞われました。

 この降ひょうなどにより、農作物への被害のほか、東相内にて住宅1棟の床下浸水や芸術文化ホール前多目的広場水銀灯及び市内中心部街路灯の破損、北光小学校を初めとする6小学校プール屋根の破損などがあったところであります。

 特に農作物への被害が広範囲に及んでおり、その中でも北見自治区では相内、豊地、三輪、川東、端野自治区では川向に大きな被害が出ているところであります。

 作目別の被害状況といたしましては、タマネギを中心に、てん菜、バレイショ、小麦などで、6月11日時点での被害面積は約2,000ヘクタールに及んでおり、平成21年6月26日に発生いたしました降ひょうなどによる被害面積を上回る状況となっております。

 これらの農作物の中には、今後の経過によっては成育の回復が見込めるものも含まれると考えますが、タマネギなどでは廃耕を余儀なくされる被害も見込まれる状況であり、また病害の発生なども含めて大変心配されるところであります。

 多大な被害を受けられました皆様に対しまして、心からお見舞いを申し上げます。

 また、現在農業改良普及センターを初め関係機関が連携・協力しながら、病害の発生予防など技術指導に全力を挙げておりますが、市といたしましても農業協同組合や農業改良普及センターなどで構成しております北見市農業被害等対策会議を通じて、さらなる状況の把握と対策の検討を行い、被害農家の方々が少しでも早く今後の展望を見出せるよう必要な対策に取り組んでまいる所存であります。

 引き続き、提案しております議案のうち、議案第1号から議案第3号までの補正予算に係る大綱及び議案第4号から議案第6号までの条例関係についてご説明いたします。

 初めに、議案第1号一般会計補正予算についてでありますが、今回補正の財源といたしましては、歳出の補正予算に関連して、協議の調いました国・道支出金、市債等を見込みましたほか、平成22年度の出納閉鎖により生じました繰越金について、当初予算計上額を差し引いた4億1,116万9,000円の増額を計上し、基金繰入金として財政調整基金1億7,178万2,000円の減額を計上したところであります。

 一方、歳出におきまして補正計上いたしました主なものを申し上げますと、議会費では、地方議会議員年金制度廃止に伴う市議会議員共済会への負担金、民生費では、小規模福祉施設のスプリンクラー設置費用の一部を助成する地域密着型サービス施設整備事業費補助金、介護療養型医療施設転換整備事業費補助金、衛生費では、働く世代への大腸がん検診の推進に係る助成経費、労働費では、本年4月に国より譲渡を受けました北見地域職業訓練センター整備事業費、農林水産業費では、戸別所得補償制度推進事業費、クリーン農業に取り組む農業者へ補助を行う環境保全型農業直接支援対策費、北見北地区ほか4地区に係る土地改良事業推進費、木質ペレットボイラー導入経費の助成に係る林業木材産業構造改革事業費、商工費では、中小企業等振興条例に基づく助成金、都市再生整備事業として、非常用エレベーターの設置や屋上防水設備工事などのまちきた大通ビル整備事業費、土木費では、都市再生整備事業として、東1丁目道路に係る市道整備事業費及び小公園整備に係る公園整備事業費、教育費では、高栄中学校改修事業費として、校舎・屋内運動場の耐震補強・大規模改修に係る実施設計費、各種スポーツ大会開催・派遣事業費補助金、体育施設等整備費として、市民スケートリンク、市民温水プール及び武道館建設事業に係る実施設計費など、当初予算編成以降、早急に予算化が必要となった経費について補正計上したところであります。

 次に、特別会計についてでありますが、後期高齢者医療会計では、前年度保険料収入の確定による後期高齢者医療広域連合への保険料等負担金、介護保険会計では、介護給付費等の精算による国・道負担金及び支払基金交付金の償還金を計上いたしました。

 この結果、一般会計では10億1,420万3,000円の追加となり、補正後の予算規模は651億406万9,000円となるものであります。

 以上で平成23年度各会計補正予算の大綱を終わり、議案第4号から議案第6号までの議案についてご説明をいたします。

 議案書13ページ、議案第4号北見市職員定数条例の一部を改正する条例についてをご説明申し上げます。

 北見市における4農業委員会は、いずれも本年7月20日に廃止し、北見自治区を所管する北見市第一農業委員会と端野、常呂、留辺蘂自治区を所管する北見市第二農業委員会の2つを置くこととなっております。

 これに伴い、事務局組織を1事務所・3分室体制として見直し・再編を進め、局長、次長及び総務担当並びに農地担当の職員は2つの事務局職員を兼務し、端野、常呂、留辺蘂総合支所には第二農業委員会の分室を置き、専任の係長をそれぞれ配置するものです。

 また、市長の事務部局の職員について、809人を811人に改正し、定数の合計を現行のまま1,100人にするものでございます。

 次に、15ページ、議案第5号北見市税条例の一部を改正する条例についてでございますが、今回の改正は東日本大震災の被災者等の負担の軽減等を図るための特例措置に係るものであり、第177回通常国会において本年4月27日、地方税法の一部を改正する法律が可決、成立したことに伴い、その内容に準じて北見市税条例の一部を改正するものでございます。

 改正の主なものでございますが、個人住民税につきましては、雑損控除の特例として、住宅や家財等に係る損失の雑損控除について、平成23年度住民税での適用を可能とするものであります。

 また、住宅借入金等特別税額控除の特例として、住宅ローン控除の適用住宅が大震災により滅失、損壊しても平成25年度分住民税以降の残存期間の継続適用を可能とするものであります。

 次に、固定資産税及び都市計画税につきましては、固定資産税の特例を受けようとする者がすべき申告等について、被災住宅用地に家屋が存しなくても住宅用地とみなし、住宅用地の特例を講ずるものであります。

 次に、20ページ、議案第6号北見市手数料条例の一部を改正する条例についてでございますが、北見市地区計画等区域内建築物の制限に関する条例、北見市特別用途地区建築条例及び北見市特定用途制限地域内における建築物等の制限に関する条例の各条例においては、良好な環境の形成や保持を目的に一定の建築制限を規定しておりますが、これらの制限事由に当たらないとして建築許可申請があった場合について、申請に係る審査事務手数料を徴収することができるよう所要の改正を行うものであります。

 以上、補正予算の大綱、条例の一部改正について申し上げましたが、補正予算の概要とその他の議案につきましては副市長から説明をさせていただきますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仁部敏雄君) 引き続き、副市長より提案理由の説明を求めます。 副市長。



◎副市長(塚本敏一君) 〔登壇〕 それでは、提案いたしております議案第1号から議案第3号までの補正予算の概要及び報告第1号から報告第8号までの議案につきましてご説明申し上げます。

 初めに、議案第1号から議案第3号までの平成23年度各会計補正予算につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 まず、議案第1号一般会計補正予算についてから申し上げます。

 議案書6ページ、別冊の説明書では25ページ、債務負担行為補正についてでありますが、民生費の特別養護老人ホーム施設建設事業費補助金では、社会福祉法人が本年度とん田東町地区に介護療養型医療施設から転換し、建設を予定しております特別養護老人ホームにつきまして、北見市民間社会福祉施設整備費補助金交付要綱に基づき、法人負担に係る事業費の一部助成金を債務負担行為により計上いたしました。

 次に、教育費の市民スケートリンク氷面削整機購入費では、新設いたします市民スケートリンクの氷面を良好な状態に整え、維持するための氷面削整機購入経費を、また市民温水プール建設事業費では、基本・実施設計費について地方債を財源に債務負担行為により計上いたしました。

 次に、補正提案いたしております主なものにつきまして歳出から順次ご説明申し上げます。

 説明書13ページ、第1款議会費の議員活動費では、地方議会議員年金制度廃止に伴う市議会議員共済会への負担金を計上いたしました。

 次に、第2款総務費、財産管理費の基金積立金では、育英事業基金、体育・スポーツ振興基金、図書館整備基金、環境・緑化基金、ふるさと振興基金、農業振興基金、庁舎建設・整備基金におきまして、桑島貞子様、株式会社東亜リサーチ様よりそれぞれ500万円、安藤英征様、白滝勢一様、中神熙子様、北見西ロータリークラブ様、株式会社斉藤工業様よりそれぞれ100万円、そのほか5名、1団体を合わせまして総額で1,670万2,000円のご寄附がございましたので、厚くお礼を申し上げますとともに、ご意思を体し、それぞれの基金に積み立てをさせていただきました。

 次に、職員管理費では、人事・事務管理経費として、欠員や育児休業などにより臨時的な対応のため必要となります臨時職員の賃金を計上いたしました。

 次に、第3款民生費の高齢者福祉費では、地域密着型サービス施設整備事業費補助金として、グループホームが実施いたしますスプリンクラー設置費の一部助成について、道交付金を財源に計上いたしましたほか、共生型施設整備事業費補助金として、法人が実施いたします高齢者・障がい者等の共生型福祉施設開設準備経費に対する助成金について、また介護療養型医療施設転換整備事業費補助金として、社会福祉法人が実施いたします介護療養型施設から特別養護老人ホームへの転換に伴う施設整備に対する一部助成金について、それぞれ国庫交付金を財源に計上いたしました。

 次に、障がい者福祉費では、障がい者福祉施設建設事業費補助金として、社会福祉法人北陽会が平成15年度に実施いたしました知的障がい者更生施設るべしべ光星苑改築事業について、同法人が改築資金の一部を旧留辺蘂町の内外の方々から借り入れを行い、その償還に対して債務負担行為により10年後、同法人へ一括助成することとしておりましたが、このたび資金貸付者1名から同法人に対し、繰り上げ返済の申し出がありましたことから、繰り上げ返済請求に係る北陽会への助成金を計上いたしました。

 次に、老人保健費では、老人保健医療過年度精算経費として、老人保健制度における医療給付費の精算金について、老人保健会計閉鎖により一般会計に引き継ぎました剰余金を財源に計上いたしました。

 次に、第4款衛生費の健康管理費では、成人保健事業費として、国が定める対象年齢の方の大腸がん検診に係る経費の助成について、国庫補助金を財源に補正計上いたしました。

 次に、第5款労働費の労働諸費では、北見地域職業訓練センター整備事業費として、耐震診断及び現況調査に係る経費について、国庫補助金を財源に計上いたしました。

 次に、第6款農林水産業費の農業振興費では、戸別所得補償制度推進事業費として、行政と農業者団体等が協力して推進する体制を構築するための事務費等補助金について、道補助金を財源に計上いたしましたほか、消費・安全対策事業費として、カボチャの安全性の確保に向け、農業生産団体が実施する農薬残留状況調査に係る経費の一部助成金について道交付金を財源に、また環境保全型農業直接支援対策費として、化学肥料や農薬の大幅な低減及び有機農業など、環境負荷の軽減に配慮したクリーン農業に取り組む生産者に対する支援経費を道補助金を財源に計上いたしました。

 次に、畜産業振興費では、酪農振興経費として、留辺蘂自治区の平里地区において酪農用として使用している水道施設補修に係る経費の一部助成金について、ふるさと振興基金繰入金を財源に計上いたしました。

 次に、土地改良事業推進費では、土地改良事業費として、留辺蘂温根湯地区の農業用排水路等整備費について、また食料供給基盤強化特別対策事業費として、北見北地区ほか4地区の畑地かんがい整備、暗渠排水、土層改良などについて、道営担い手支援畑総事業費に係る当市負担金を道補助金、地方債及び分担金を財源に計上いたしました。

 次に、林業振興費では、林業木材産業構造改革事業費として、オホーツク木のプラザに木質ペレットボイラーを導入する経費に対する一部助成金について、道補助金及び地方債を財源に計上いたしましたほか、森林情報整備事業費として、森林の基本情報をデジタル化し、一元管理を行う森林管理GISの導入経費について、道補助金を財源に計上いたしました。

 次に、第7款商工費の商工業振興費では、中小企業等協同組合法に基づき設立されました端野地区維持管理協同組合及び留辺蘂事業協同組合に対し、中小企業等振興条例による助成金を計上いたしましたほか、まちきた大通ビル整備事業費として、旧東急イン客室解体工事に伴う屋上防水設備等工事費及び非常用エレベーター設置工事費について、地方債を財源に計上いたしました。

 次に、観光施設費では、常呂常南ビーチ海水浴場運営管理費として、海岸に漂着した流木等の処分経費を計上いたしましたほか、山の水族館改築事業費として、展示水槽や水族館設備の仕様変更に伴う工事費の増額分を地方債及びふるさと振興基金繰入金を財源に計上いたしました。

 次に、土木費の道路橋りょう新設改良費では、市道整備事業費として、東1丁目道路に係る北4条通りから学園通りまでの直線化に向けた測量設計費について、国庫交付金及び地方債を財源に計上いたしました。

 次に、公園整備費では、公園整備事業費として、東1丁目道路の変更に伴う小公園整備に係る測量設計費について、国庫交付金及び地方債を財源に計上いたしました。

 次に、第9款消防費では、本部運営経費及び常備消防運営経費として、東日本大震災に係る緊急消防援助隊派遣に要した経費について、国庫負担金を財源に計上いたしましたほか、非常備消防運営経費として、北海道市町村総合事務組合からの助成金を財源に消防団員退職報償金を、また前年度繰越金を財源に予備費を計上するとともに、北見地区消防組合負担金の減額補正をさせていただきました。

 次に、第10款教育費の指導奨励費では、英語指導助手招致事業費として、英語指導助手の帰国及び後任者の招致経費を計上いたしましたほか、第21回北海道生活科・総合的な学習教育研究大会及び第48回北海道学校体育研究大会北見大会の開催補助金を計上いたしました。

 次に、中学校費の学校建設費では、高栄中学校改修事業費として、昨年度の耐震2次診断で補強が必要と診断されました校舎及び屋内運動場の耐震補強・大規模改修に係る実施設計費について、地方債を財源に計上いたしました。

 次に、社会教育総務費では、第48回東北海道川柳大会及び第52回道東書道展の開催補助金を計上いたしました。

 次に、児童館費では、放課後子ども教室事業費として、上仁頃小学校放課後子ども教室ころころクラブに係る運営経費について、道補助金を財源に計上いたしました。

 次に、社会体育総務費では、スポーツ大会開催・派遣事業費補助金として、各種スポーツ団体に対し、大会出場費用の一部助成金を計上いたしました。

 次に、体育施設費では、市民スケートリンク建設事業費として、基盤整備造成工事及び管理棟、倉庫建設に係る実施設計費を、市民温水プール建設事業費として地質・現況調査費を、また武道館建設事業費として、心とわざを伝承する武道競技の拠点施設建設に向けた基本・実施設計費等について、それぞれ地方債を財源に計上いたしました。

 以上で歳出の説明を終わらせていただき、歳入についてご説明いたします。

 まず、説明書7ページ、第18款繰入金では、財政調整基金繰入金について1億7,178万2,000円の減額補正をいたしましたほか、第19款繰越金では、出納閉鎖に伴う前年度繰越金として、当初計上額を除いた4億1,116万9,000円を補正計上したところでございます。

 その他の歳入につきましては、今回補正計上いたしました歳出に関連するものでございますので、説明を省略させていただきます。

 以上で一般会計の説明を終わらせていただき、引き続き特別会計についてご説明いたします。

 初めに、議案第2号、説明書29ページ、後期高齢者医療会計補正予算についてでありますが、歳出の後期高齢者医療広域連合納付金では、前年度保険料収入の確定に伴う北海道後期高齢者医療広域連合への保険料等負担金を前年度繰越金を財源に増額補正いたしました。

 次に、議案第3号、説明書36ページ、介護保険会計補正予算についてでありますが、歳出の償還金では過年度精算金として、前年度の介護給付費等の確定に伴い、国・道負担金及び支払基金交付金について償還金が生じましたことから、前年度繰越金を財源に計上いたしました。

 次に、報告第1号から報告第8号についてご説明いたします。

 まず、議案書23ページ、報告第1号平成22年度一般会計補正予算の専決処分についてでありますが、平成22年度の最終議会以降におきまして、歳入では、第1款市税につきまして決算見込みにより、また第10款地方交付税につきまして特別交付税の確定等により補正計上いたしましたほか、第14款国庫支出金では、きめ細かな交付金及び住民生活に光をそそぐ交付金の確定による補正計上をいたしますとともに、歳出における各費目の財源充当変更をいたしました。

 次に、第17款寄附金では、1個人から100万円のご寄附がございましたので、厚くお礼を申し上げますとともに、ご意思を体し、ふるさと振興基金に積み立てさせていただきました。

 次に、第18款繰入金では、当初予定いたしておりましたふるさと振興基金からの運用を取りやめ、第21款市債では、退職手当債の借り入れを取りやめるとともに、道路整備事業債などで事業費の確定等による北海道からの同意をいただきましたので、これらについて限度額の補正をいたし、歳出における各費目の財源充当変更等とあわせ、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしたものであります。

 次に、71ページ、報告第2号平成23年度工業団地造成事業会計補正予算の専決処分についてでありますが、平成22年度の出納閉鎖におきまして、歳入が歳出に対して不足となりましたので、平成23年度の歳入を繰り上げて不足金に充当したものであり、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、ご承認をお願いするものであります。

 次に、82ページ、報告第3号繰越明許費繰越計算書の提出についてから92ページ、報告第5号建設改良費繰越計算書の提出についてまでの繰り越し予算に係る報告につきましては、国・道の繰越承認事業について繰り越すべき予算の確定に伴う繰越計算書であり、一般会計の繰越明許費では平成22年度国の補正予算に関連する事業として、小泉中学校改修事業など66件を繰り越しいたしましたほか、水道事業会計建設改良費繰越では施設整備事業費の送配水施設整備事業について、また下水道事業会計では管渠整備費の公共下水道事業について、それぞれ国の繰越承認事業として翌年度に繰り越しいたしましたので、地方自治法施行令及び地方公営企業法の規定によりそれぞれ繰越計算書を提出いたしたものであります。

 次に、94ページ、報告第6号損害賠償の額を定め和解することに係る専決処分についてでございますが、地方自治法第180条第1項の規定により、議会の権限に属する軽易な事項として指定された少額の損害賠償に関し、賠償額を定め和解することについて別表のとおり専決処分を行いましたので、同条第2項の規定により報告いたすものでございます。

 次に、96ページ、報告第7号北見市土地開発公社の経営状況について及び97ページ、報告第8号財団法人北見振興公社の経営状況についての2件の報告案件につきましては、いずれも北見市が出資する法人の経営状況及び事業計画について、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく報告に係るものでございます。

 両公社につきましては、それぞれの設立目的に基づき、北見市と密接な連携のもとに地域の秩序ある整備と市民福祉の増進のため各事業を推進してきたところであり、今後とも設立目的に合致した積極的な事業展開について期待いたすものでございます。

 以上で提案いたしております議案の説明を終わらせていただきますが、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。

                      



○議長(仁部敏雄君) お諮りいたします。

 議案調査のため、6月24日から6月28日まで5日間休会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(仁部敏雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、6月24日から6月28日まで5日間休会することに決しました。

                      



○議長(仁部敏雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

     午前10時39分 散 会