議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 北見市

平成22年 第3回定例会(9月) 資料 意見書案第8号




平成22年 第3回定例会(9月) 資料 − 意見書案第8号








意見書案第8号
   道路の整備に関する意見書
 上記の意見書案を別紙のとおり、会議規則第14条第1項の規定により提出する。
  平成22年10月1日
 北見市議会議長 仁 部 敏 雄  様
                                 提 出 者         
                                  議 員   飯 田 修 司
                                   〃    高 橋 克 博
                                   〃    鑓 水 欽 三
                                   〃    沢 合 正 行
                                   〃    槇 森 正 敏
                                   〃    斎 藤 昭 利
                                   〃    森 部 浩 司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  道路の整備に関する意見書
 北海道は、全国の22%を占める広大な面積に179の市町村から成る広域分散型社会を形成し、道民
の移動や物資の輸送の大半を自動車交通に依存しており、道路は道民生活と経済・社会活動を支える重要
な社会基盤であるが、冬期の厳しい気象条件に加え多発する交通事故、自然災害時の交通障害や更新時期
を迎え老朽化する道路施設など、道路を取り巻く課題は多い。
 また、国土の根幹をなす高規格幹線道路から住民に最も密着した市町村道に至る道路網の整備は、道民
が強く要望しているところであり、特にミッシングリンクを抱え、全国に比べて大きく立ちおくれている
高規格幹線道路ネットワークの形成は、圏域間の交流・連携の強化による地域経済の活性化、道民の命に
かかわる救急搬送や災害対応といった安全で安心な生活を確保する上での重要な課題である。
 こうした中、地方財政は全国的な景気の後退とともに、税収が落ち込むなど、さらに厳しさを増してお
り、今後は、国と地方の適切な役割分担のもと、道路整備に必要な予算を確保するとともに、国が制度を
見直す際には、地方の自主性・裁量性を重視した地方にとって自由度の高い制度とすることが重要である。
このような状況を踏まえ、下記の事項について強く要望する。
                       記
1.高規格幹線道路ネットワークの早期形成を図るため、整備中区間の早期供用を図るとともに、抜本的
 見直し区間の未着手区間や基本計画区間などについて早期の事業化を図ること。
2.高度成長期に整備され老朽化した道路施設の長寿命化に係る費用に対する支援の拡充を図ること。
3.冬期交通における安全性の確保、交通事故対策、自然災害時の交通機能の確保など、地域の暮らしを
 支える道路の整備及び維持に必要な予算額を確保すること。
4.平成23年度から段階的に実施するとされている一括交付金の制度設計の際には、道路整備に関する
 地域の様々な課題に対応できるよう制度を充実するとともに、必要な予算額を確保すること。
5.事業評価に当たっては、地域からの提案を反映させるなど、救急医療、観光、災害対策など、地域に
 もたらされる多様な効果を考慮し、総合的な事業評価手法となるよう検討すること。
6.地方の財政負担の軽減に資する地方道路整備臨時貸付金制度の維持・拡充を図ること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成22年10月1日
                             北海道北見市議会議長 仁 部 敏 雄
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣   }宛
財務大臣
国土交通大臣