議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 帯広市

平成17年第5回12月定例会 12月01日−01号




平成17年第5回12月定例会 − 12月01日−01号







平成17年第5回12月定例会



〇議事日程


日程
番号事件番号内  容  等
第1  会議録署名議員の指名について
第2  会期の決定について
第3報告第 13号専決処分の報告について
(損害賠償の額の決定について)
第4議案第 113号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第7号)
議案第 114号平成17年度帯広市駐車場事業会計補正予算(第2号)
議案第 115号帯広市保健福祉センター条例制定について
議案第 116号帯広市産業技術センター条例を廃止する条例制定について
議案第 117号帯広市総合福祉センター条例の全部改正について
議案第 118号帯広市手数料条例の一部改正について
議案第 119号帯広市交通安全対策会議条例の一部改正について
議案第 120号損害賠償の額の決定について
議案第 121号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市北愛国交流広場)
議案第 122号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市シルバーいきいきプラザ)
議案第 123号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市帯広中央駐車場外1施設)
議案第 124号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市帯広駅南駐車場外1施設)
議案第 125号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市八千代公共育成牧場)
議案第 126号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市都市農村交流センター)
議案第 127号公の施設の指定管理者の指定について(とかち大平原交流センター)
議案第 128号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市畜産物加工研修センター)
議案第 129号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市畜産研修センター)
議案第 130号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市岩内自然の村)
議案第 131号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市夜間急病センター)
議案第 132号公の施設の指定管理者の指定について(啓北公園外27施設)
議案第 133号公の施設の指定管理者の指定について(大通公園外15施設)
議案第 134号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市民文化ホール)
議案第 135号公の施設の指定管理者の指定について(帯広市総合体育館外12施設)
議案第 136号公の施設の指定管理者の指定について(帯広の森平和球場外5施設)
議案第 137号公の施設の指定管理者の指定について(十勝川河川敷運動施設)
議案第 138号公の施設の指定管理者の指定について(札内川河川敷運動施設)
議案第 139号北海道市営競馬組合規約の変更について
議案第 140号十勝圏複合事務組合を組織する市町村数の減少及び十勝圏複合事務組合規約の変更について
議案第 141号十勝環境複合事務組合を組織する市町村数の増加及び十勝環境複合事務組合規約の変更について
議案第 142号帯広市職員給与条例の一部改正について
議案第 143号帯広市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について
議案第 144号帯広市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について
議案第 145号帯広市教育委員会教育長給与等条例の一部改正について
議案第 146号帯広市公営企業管理者の給与に関する条例の一部改正について


     ──────────────

〇会議に付した事件

 議事日程に同じ

     ──────────────

〇出席議員(32人)

    1番       熊 木   喬

    2番       有 城 正 憲

    3番       山 崎   泉

    4番       清 水 拓 也

    5番       村 田 光 成

    6番       大竹口 武 光

    7番       後 藤 美智子

    8番       北 口 孝 志

    9番       市 原 秀 朗

    10番       佐々木 とし子

    11番       富 井 司 郎

    12番       小 森 唯 永

    13番       稗 貫 秀 次

    14番       渡 辺 和 寛

    15番       児 玉 文 雄

    16番       大 石 清 一

    17番       鳥 越   進

    18番       高 佐 芳 宏

    19番       村 中 庸 晁

    20番       稲 葉 典 昭

    21番       荻 原 昭 勝

    22番       栗 田 律 子

    23番       谷 内 利 夫

    24番       佐々木 勇 一

    25番       上 野 敏 郎

    26番       山 本 日出夫

    27番       笹 村 二 朗

    28番       石 井 啓 裕

    29番       安 田 正 雄

    30番       黒 田   弘

    31番       野 原 一 登

    32番       鈴 木 孝 昌

     ──────────────

〇欠席議員(0人)

     ──────────────

〇出席説明員

 市長          砂 川 敏 文

 助役          石 黒 三 博

 助役          藤 川   治

 収入役         梅 本 俊 夫

 公営企業管理者     岡 島 悦 弘

 教育長         道 見 英 徳

 代表監査委員      黒 田 義 直

 企画部長        梶     敏

 総務部長        河 合 正 廣

 財政部長        佐 藤 秀 樹

 市民部長        谷   正 三

 緑化環境部長      山 内 利 美

 保健福祉部長      竹 川 信 一

 商工観光部長      敷 本 澄 雄

 農務部長        安 達   伸

 都市開発部長      遠 山 真 一

 建設部長        栗 林 利 克

 上下水道部長      小 川 博 史

 学校教育部長      本 迫   哲

 生涯学習部長      菅 原 保 徳

 監査委員事務局長    荒 岡 健 司

 消防長         塚 田   潔

 教育委員会委員長    舩 津 龍之輔

     ──────────────

〇事務局出席職員

 事務局長        須 賀 重 雄

 書記          斉 藤 達 也

 書記          小 笹 勅 雄

 書記          堀 口 順 司

 書記          本 江 宏 子

 書記          石 津 邦 久

 書記          森 川 芳 浩

 書記          加 藤   帝

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜

         午後1時0分開会



○鈴木孝昌議長 ただいまから平成17年第5回帯広市議会定例会を開会いたします。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 これから本日の会議を開きます。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 ここで諸般の報告をさせます。



◎須賀重雄事務局長 報告いたします。

 本日の出席議員は32人全員であります。

 次に、今期定例会につきましては、市長から去る11月24日付をもって招集告示した旨の通知があり、直ちに各議員あて通知いたしております。

 また、同日付をもって市長及び関係機関の長に対し、説明員の出席要求をいたしております。

 次に、議案の配付について申し上げます。

 今期定例会に付議予定事件として受理しております平成17年度帯広市一般会計補正予算(第7号)外29件につきましては、11月24日付をもって各議員あて送付いたしております。

 また、本日付、市長から帯広市職員給与条例の一部改正について外4件について、追加する旨通知がございましたので、本日、お手元まで議案を配付いたしております。

 最後に、本日の議事日程でございますが、お手元に配付の議事日程表第1号により御了承いただきたいと存じます。

 報告は以上でございます。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、29番安田正雄議員及び30番黒田弘議員を指名いたします。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から来る12月14日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第3、報告第13号専決処分の報告についてを議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 報告第13号専決処分の報告について御説明いたします。

 本案は、交通事故に係る損害賠償の額の決定に関するものであります。

 事故の状況につきましては、去る9月20日午前11時30分ごろ、農林課職員が帯広市西二十二条南6丁目6番地、帯広市都市農村交流センター駐車場内において、帰庁のため、駐車していた市の普通自動車を後退させたところ、右後方に駐車していた相手方所有の軽乗用車の左後部ドアに接触させたものであります。

 このため、相手方に物的損害等が生じましたので、その損害を相手方に賠償するため、専決処分したものであります。

 よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○鈴木孝昌議長 これから質疑を行います。

 別になければ、本件を終了いたします。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第4、議案第113号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第7号)外33件を一括して議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 平成17年度帯広市一般会計補正予算(第7号)外33件について一括して御説明いたします。

 最初に、議案第113号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第7号)について御説明いたします。

 初めに、歳出であります。

 第15款民生費は、生活保護費及び障害福祉事業基金積立金を追加するものであります。

 第20款衛生費は、原油価格の高騰に伴うごみ収集車車両燃料費を追加するものであります。

 第35款商工費は、ばんえい競馬を題材に帯広で撮影された映画「雪に願うこと」が東京国際映画祭で最高賞の東京サクラグランプリを受賞いたしましたので、これに係る記念イベント開催補助金を追加するものであります。

 第45款は、消防費でございますけども、気管捜管実習事故に係る損害賠償経費を追加するものであります。

 第50款教育費は、小・中学校の暖房用及び学校給食調理用の燃料費のほか、図書館図書整備基金積立金を追加するものであります。

 次に、歳入について御説明いたします。

 第60款国庫支出金は、生活保護費の増加に伴います国庫負担金を追加するものであります。

 第70款財産収入は、基金積立金利子を追加するものであります。

 第75款寄附金につきましては、市民の皆様の御厚意により寄附が寄せられておりますので、寄附者の意向に添い、障害福祉事業基金及び図書館図書整備基金にそれぞれ積み立てるものであります。また、多くの品物による寄附もいただいておりますので、これらにつきましても、寄附の趣旨に沿った形で今後の市政執行に有効に活用させていただきたいと考えております。

 なお、詳細につきましては、お手元の議案に添付されております資料を御参照くださいますようお願いいたします。

 第85款繰越金は、前年度繰越金を追加するものであります。

 第90款諸収入は、気管捜管実習事故に係る救急業務賠償責任保険金を追加するものであります。

 次に、債務負担行為の追加につきましては、本庁舎等の清掃警備業務委託のほか、公共施設の管理を委託する指定管理者制度を平成18年度から導入するため、この指定管理者制度移行に伴う夜間急病センターほか14件の管理業務に係る債務負担行為を新たに設定するものであります。

 次に、議案第114号平成17年度帯広市駐車場事業会計補正予算(第2号)につきましては、指定管理者制度を平成18年度から導入するため、この指定管理者制度移行に伴う市営駐車場管理業務に係る債務負担行為2件を新たに設定するものであります。

 次に、議案第115号帯広市保健福祉センター条例制定及び議案第117号帯広市総合福祉センター条例の全部改正につきまして、一括して御説明いたします。

 帯広市保健福祉センター条例制定につきましては、平成14年3月に策定した帯広市健康生活支援システム基本計画に位置づけられた市民の健康づくりや子育て、療育、高齢者、障害者を支援するなど、保健と福祉の総合的機能を有し、中核施設となる帯広市保健福祉センターの設置及び管理について、必要な事項を定めようとするものであります。

 なお、供用開始につきましては、平成18年4月1日からとするものであります。

 次に、帯広市総合福祉センター条例の全部改正につきましては、帯広市総合福祉センターを市域福祉の活動拠点として再整備するため、施設の名称を帯広市グリーンプラザと改め、関連規定を整備するものであります。

 再整備の主な内容といたしましては、帯広市保健福祉センターの供用開始に伴い、現在、帯広市総合福祉センターが担っております機能のうち、保健機能と身体障害者福祉機能の一部を保健福祉センターに移転するとともに、老朽化している帯広市福祉会館を用途廃止し、福祉会館機能を総合福祉センターに移転しようとするものであります。

 次に、議案第116号帯広市産業技術センター条例を廃止する条例制定につきまして御説明いたします。

 本案は、財団法人十勝圏振興機構が実施主体として進めております(仮称)地場産業支援センターが、平成18年4月1日に供用開始となり、帯広市工業技術指導センター機能を継承しますことから、本条例を廃止しようとするものであります。

 なお、現施設につきましては、職業訓練センター機能専用の用に供するものでございます。

 次に、議案第118号帯広市手数料条例の一部改正について御説明いたします。

 本案は、建築基準法の改正に伴い新たに生じる許認可事務に係る手数料を追加するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第119号帯広市交通安全対策会議条例の一部改正について御説明いたします。

 本案は、高速道路株式会社法等の施行に伴い、帯広市交通安全対策会議において特別委員として任命する公共的機関のうち、日本道路公団を東日本高速道路株式会社に改めるため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第120号損害賠償の額の決定について御説明いたします。

 本案は、平成17年8月26日午後5時15分ごろ、帯広市西六条南8丁目1番地、JA北海道厚生連帯広厚生病院内において、消防職員が救急救命士気管捜管実習のため、相手方の口を指であけた際、相手方の下あごに力が加わり、小臼歯1本を破折する人身損害が生じたものであります。

 このため、相手方に生じた損害について賠償するため、議決を経ようとするものであります。

 次に、議案第121号から議案第138号までの公の施設の指定管理者の指定につきまして一括して御説明いたします。

 指定管理者の指定につきましては、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間、それぞれの公の施設の指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議決を得ようとするものであります。

 次に、議案第139号北海道市営競馬組合規約の変更につきまして御説明いたします。

 本案は、北海道市営競馬組合の構成団体である北見市が新設合併により新市となるため、組合規約の一部を変更しようとするものであります。

 次に、議案第140号十勝圏複合事務組合を組織する市町村数の減少及び十勝圏複合事務組合規約の変更につきまして御説明いたします。

 本案は、十勝圏複合事務組合の構成団体である幕別町と忠類村の合併に伴い、構成団体、組合議会の議員定数及び経費の分布町村数を改めるため、組合規約の一部を変更しようとするものであります。

 次に、議案第141号十勝環境複合事務組合を組織する市町村数の増加及び十勝環境複合事務組合規約の変更について御説明いたします。

 本案は、十勝環境複合事務組合で共同処理をしておりますし尿処理施設の設置及び管理運営に関する事務について、本別町、足寄町及び陸別町を加えるとともに、幕別町と忠類村の合併に伴い、忠類村を除き、またごみ処理施設及び最終処分場の設置及び管理運営に関する事務について、幕別町と忠類村の合併に伴い、幕別町の旧忠類村地区を除くため、組合規約の一部を変更しようとするものであります。

 次に、議案第142号帯広市職員給与条例の一部改正につきまして御説明いたします。

 本案は、第2次行財政改革実施計画及び国家公務員の給与改定に準じて条例の一部を改正しようとするものであります。

 主な改正点につきましては、基本給は一律0.3%の減額改定を行い、扶養手当につきましては、配偶者に係る手当の月額を1万3,500円から1万3,000円に減額し、勤勉手当につきましては、支給割合の上限を再任用以外の職員及び再任用職員について、それぞれ0.05月分引き上げるものです。また、あわせて調整手当を地域手当に変更しようとするものであります。

 さらに、極めて厳しい財政状況にかんがみ、平成18年度に限り、職員の給料月額を平均4.5%減額するとともに、住居手当につきましては、平成17年度に引き続き、持ち家の職員に対する支給月額を8,600円から6,900円に減額し、通勤手当につきましても同様に、自動車等を使用する職員の通勤手当の額を一律1,000円減額しようとするものであります。

 なお、基本給の0.3%の減額につきましては、平成18年1月1日から、他の改正につきましては、平成18年4月1日から実施しようとするものであります。

 次に、議案第143号帯広市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正につきまして御説明いたします。

 本案は、一般職に準じて期末手当の支給割合を0.05月分引き上げようとするものであります。

 なお、本改正の実施時期につきましては、平成18年4月1日から実施しようとするものであります。

 次に、議案第144号から議案第146号までの各案件について一括して御説明いたします。

 提案の各案件の三役等に係る給料月額につきましては、平成18年度に限り、減額しようとするものであります。

 市長につきましては、現行92万7,000円を87万5,500円に、助役につきましては、現行77万5,000円を74万2,500円に、収入役につきましては、現行67万7,000円を64万8,000円に、常勤の監査委員、教育長及び公営企業管理者につきましては、現行66万7,000円を63万9,000円に、それぞれ減額するものであります。

 また、期末手当の支給割合を一般職に準じて0.05月分引き上げるとともに、期末手当の加算額を算定する給料月額に対する加算率について、平成18年度に限り、現行100分の18から100分の16に減ずるものであります。

 今回の三役等の給料月額の減額につきましては、極めて厳しい財政状況の中、帯広市を挙げて第2次行財政改革に取り組んでおりますことから、市政の責任者として帯広市特別職報酬等審議会の論議も踏まえながら、さらに減額すべきと判断し、提案したものであります。

 なお、本改正の実施時期につきましては、平成18年4月1日から実施しようとするものであります。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○鈴木孝昌議長 ここでお諮りいたします。

 ただいま説明を受けました各案件に対する大綱質疑につきましては、議事の都合により、後日これを行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 本会議は、議事の都合により明日2日から6日まで休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 したがって、次回の本会議は12月7日午前10時に開きます。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

         午後1時22分散会