議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 帯広市

平成17年第3回 6月定例会 06月06日−01号




平成17年第3回 6月定例会 − 06月06日−01号







平成17年第3回 6月定例会



〇議事日程


日程
番号事件番号内  容  等
第1  会議録署名議員の指名について
第2  会期の決定について
第3議案第45号専決処分の報告並びに承認について
(平成17年度帯広市老人保健会計補正予算(第1号))
第4議案第57号工事請負契約締結について
(平成17年度帯広市柏林台団地(西町)市営住宅建替事業建築主体工事(R−6号棟))
議案第58号工事請負契約締結について
(平成17年度帯広市柏林台団地(西町)市営住宅建替事業建築主体工事(R−7号棟))
第5議案第59号工事請負契約締結について
(すずらん保育所改築建築主体工事)
第6議案第46号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第1号)
議案第47号平成17年度帯広市介護保険会計補正予算(第1号)
議案第48号平成17年度帯広市中島霊園事業会計補正予算(第1号)
議案第49号平成17年度帯広市空港事業会計補正予算(第1号)
議案第50号帯広市税条例の一部改正について
議案第51号帯広市建築基準法施行条例等の一部を改正する条例制定について
議案第52号帯広市地区計画区域内建築物の制限に関する条例の一部改正について
議案第53号帯広市消防団条例の一部改正について
議案第54号帯広市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
議案第55号帯広市印鑑条例の一部改正について
議案第56号財産取得について((仮称)保健福祉センター用土地及び建物)
報告第2号継続費繰越計算書の報告について
報告第3号繰越明許費繰越計算書の報告について
報告第4号帯広市土地開発公社の経営状況について
報告第5号財団法人帯広市夜間急病対策協会の経営状況について
報告第6号財団法人帯広市産業開発公社の経営状況について
報告第7号財団法人帯広市文化スポーツ振興財団の経営状況について
報告第8号株式会社帯広緑化振興公社の経営状況について
報告第9号株式会社みどりの村振興公社の経営状況について


     ──────────────

〇会議に付した事件

 議事日程に同じ

     ──────────────

〇出席議員(32人)

    1番       熊 木   喬

    2番       有 城 正 憲

    3番       山 崎   泉

    4番       清 水 拓 也

    5番       村 田 光 成

    6番       大竹口 武 光

    7番       後 藤 美智子

    8番       北 口 孝 志

    9番       市 原 秀 朗

    10番       佐々木 とし子

    11番       富 井 司 郎

    12番       小 森 唯 永

    13番       稗 貫 秀 次

    14番       渡 辺 和 寛

    15番       児 玉 文 雄

    16番       大 石 清 一

    17番       鳥 越   進

    18番       高 佐 芳 宏

    19番       村 中 庸 晁

    20番       稲 葉 典 昭

    21番       荻 原 昭 勝

    22番       栗 田 律 子

    23番       谷 内 利 夫

    24番       佐々木 勇 一

    25番       上 野 敏 郎

    26番       山 本 日出夫

    27番       笹 村 二 朗

    28番       石 井 啓 裕

    29番       安 田 正 雄

    30番       黒 田   弘

    31番       野 原 一 登

    32番       鈴 木 孝 昌

     ──────────────

〇欠席議員(0人)

     ──────────────

〇出席説明員

 市長          砂 川 敏 文

 助役          石 黒 三 博

 助役          藤 川   治

 収入役         梅 本 俊 夫

 公営企業管理者     岡 島 悦 弘

 教育長         道 見 英 徳

 代表監査委員      黒 田 義 直

 企画部長        梶     敏

 総務部長        河 合 正 廣

 財政部長        佐 藤 秀 樹

 市民部長        谷   正 三

 緑化環境部長      山 内 利 美

 保健福祉部長      竹 川 信 一

 商工観光部長      敷 本 澄 雄

 農務部長        安 達   伸

 都市開発部長      遠 山 真 一

 建設部長        栗 林 利 克

 上下水道部長      小 川 博 史

 学校教育部長      本 迫   哲

 生涯学習部長      菅 原 保 徳

 監査委員事務局長    荒 岡 健 司

 消防長         塚 田   潔

 教育委員会委員長    舩 津 龍之輔

     ──────────────

〇事務局出席職員

 事務局長        須 賀 重 雄

 書記          斉 藤 達 也

 書記          小 笹 勅 雄

 書記          堀 口 順 司

 書記          本 江 宏 子

 書記          石 津 邦 久

 書記          森 川 芳 浩

 書記          加 藤   帝

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜

         午後1時11分開会



○鈴木孝昌議長 ただいまから平成17年第3回帯広市議会定例会を開会いたします。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 これから本日の会議を開きます。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 ここで諸般の報告をさせます。



◎須賀重雄事務局長 報告いたします。

 本日の出席議員は32人全員であります。

 次に、今期定例会につきましては、市長から去る5月30日付をもって招集告示した旨の通知があり、直ちに各議員あて通知いたしております。

 また、同日付をもって市長及び関係機関の長に対し説明員の出席要求をいたしております。

 次に、議案の配付について申し上げます。

 今期定例会に付議予定事件として受理しております平成17年度帯広市一般会計補正予算(第1号)外19件につきましては、5月30日付をもって各議員あて送付いたしております。

 また、本日付、市長から工事請負契約締結について外2件について追加する旨通知がありましたので、本日お手元まで配付いたしております。

 最後に、本日の議事日程でございますが、お手元に配付の議事日程表第1号により御了承いただきたいと存じます。

 報告は以上でございます。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、9番市原秀朗議員及び10番佐々木とし子議員を指名いたします。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から来る6月17日までの12日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第3、議案第45号専決処分の報告並びに承認についてを議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 議案第45号専決処分の報告並びに承認について御説明いたします。

 本案は、平成16年度の老人保健会計について形式収支に不足を生じる見込みとなったことから、地方自治法施行令第166条の2の規定により、平成17年度の前年度繰上充用金を追加し、この財源として国庫負担金を追加したものであります。よろしく御承認賜りますようお願いいたします。



○鈴木孝昌議長 これから質疑を行います。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 別になければ、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第45号については委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 これから討論を行います。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 別になければ、討論を終結いたします。

 これから採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第45号についてはこれを承認することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、議案第45号は承認されました。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第4、議案第57号工事請負契約締結について外1件を一括して議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 議案第57号及び議案第58号工事請負契約の締結について一括して御説明いたします。

 本案は、柏林台団地西町市営住宅建てかえ事業建築主体工事につきまして、R6号棟は萩原・東伸・岡田・西川工務店特定建設工事共同企業体と4億9,560万円で、R7号棟は川田・日崎・古田・安達特定建設工事共同企業体と4億9,287万円で契約を締結しようとするものであります。

 なお、工期につきましては、いずれも平成18年10月4日までとする予定であります。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○鈴木孝昌議長 これから一括して質疑を行います。

 29番安田正雄議員。



◆29番(安田正雄議員) 議案第57号、議案第58号の工事請負契約、今市長から提案がありました。率直に申し上げて、今日本の政治経済含めて経済の動向の中で公共事業が減ってるという現状を見るときに、今回に限ってお話ししてもらいますけども、同じR6、R7の関係ですが、面積的にはどちらも同じ規模になるわけでありますが、しかし契約金額が違っています。私、これら工事請負契約に関する基本的な認識というか、基本的な考え方、どう受けとめたらよいのかなというのが一つでございます。

 あわせて、こういう話を聞きます。住宅マスタープランの中ではこれからも公営住宅の建てかえ工事は続くわけでありますが、市民の中にはややもすると業者のぐるぐる回ってるというか、そういうようなお話も聞くわけです。それら条件含めて、当然AランクからDランクですか、ランクごとにあるわけでありますけれども、それらの基準を含めてどうなのか。

 今回の市が予定をしていたことと、今回契約に至った落札率どうなってるか、そのことだけお尋ねをいたしたいと思います。



○鈴木孝昌議長 河合正廣総務部長。



◎河合正廣総務部長 お話しありましたように、公共事業を取り巻く状況、これは国の経済等々含めまして、この事業量が全国的に落ち込んできてるという実態下にあります。もちろん、私どもの地域におきましても、公共事業ということで言えばその状況は非常に厳しい状況下にあるという実態でございます。

 また、地域経済においてもさまざまな観点で非常に厳しい状況が続いている、そういう経済環境下にあるというふうに認識をしているところであります。

 私ども、そういう中で市のさまざまな公共事業発注に当たりましては、まずは地域経済ていうことを念頭に置きながら、地元企業の育成でありますとか、あるいは雇用の場の確保でありますとか、ということを考えながら行っているところであります。

 また、発注に当たりましても、それぞれ今いろいろな問われ方をされてございますけれども、こういう執行に当たりましてはもちろん透明性の確保あるいは公平性の確保と、こういったことを常に念頭に置きながら入札、執行を含めて事務執行に当たらさせていただいてるとこであります。

 そういう中で、今回柏林台の公営住宅2件につきまして、工事契約についての議決をいただきたいというものであります。もちろん、この工事発注に当たりましても、先ほど申し上げました地域経済あるいは地元の企業の育成、さらには雇用の確保、そういう中でこの事業規模といいますか、そういうものに応じながら透明性あるいは公平性、こういったものを一定の条件を付しながら発注を行ってきたところであります。

 それから、公営住宅の関係のお話もございました。落札率のお話もございましたけれども、落札率で申し上げますと、R6号棟につきましては94.91%、それからR7号棟につきましては94.93%と、このようになってございます。お話しありましたように、それぞれ建設であれば建設としてのランクづけがございます。そういったそれぞれの企業が持つ体力、こういったものをかんがみながら企業体としての構成等と、さらには幅広い地元企業の育成と、そういう観点で発注をさせていただいてると、こういう状況でございます。

 以上であります。



○鈴木孝昌議長 29番安田正雄議員。



◆29番(安田正雄議員) 状況並びに考え方について答弁いただきました。

 今、私がお話をしたいのは、最後までいけば落札率が94.9%っていうか、そういう金額らで落札をしたと。私は、議題にはなくてもこれら工事請負の基本的な考え方っていうんであれば、一貫した、部長が言われるように透明性、公平性ということからすれば、一連の市の工事請負に対する、あるいはこの指定管理者を含めてそうですが、そういう差が私はあってはならないというふうに思うんです。ややもすると、確かに透明性、公平性と言いながら、市民の見方からすれば一部とは言いませんけども、ローリングをした形の中で契約されているんではないだろうかという、そういう声としてはあるわけです、市長。その辺、しっかり受けとめるとなれば、今部長からの答弁も果たしてこれがどうなのかというのは、私今提案されて答弁ありましたけども、やっぱり疑問として残るわけです。

 私は、特に地元企業、確かに答弁でもありますように地元企業の育成、そのことが雇用の確保につながっていくんだと。とりわけ帯広、十勝の雇用状況も、率直に申し上げてこの場にはちょっとふさわしくありませんけれども、厳しい状況は続いているわけであります。そういう意味では道外なり、あるいは他の管内、管内なり道外、やっぱりそこになくて帯広市を軸にした企業の育成、文字どおりそういう体制で今後鋭意努力していかなければならない課題だなあというふうにも考えていますから、そういう意味では事業全体のこの工事請負契約をめぐって市民に疑問というか、そういうものを与えないような体制確立というか、一定の条件を付してやってるということですから、そういうことですけども、しかし市民から見る映りはよくないということも、これは一つあるわけでありますから、私の方に声としてあります。そんなことを申し上げて、これらについての質問を終わりたいと。感想というか、あればお聞きをしておきたいなというふうに思ってます。



○鈴木孝昌議長 河合正廣総務部長。



◎河合正廣総務部長 御指摘ありましたように、市民の皆さんに疑問を持たれないように、おっしゃるとおりだというふうに思います。我々、この公共工事の発注、入札、さらには契約等々に当たりまして、種々条例もそうでありますけれども、各種基準を設けてございます。そうした基準にきちんと乗っかって物事を進めていく、そのことがやはり市民の皆さんからそういった疑問を持たれないことだろうというふうに思ってございます。いずれにいたしましても、今般置かれてる経済状況、こういったことを十二分に踏まえながら、これからも地元企業の皆さんに幅広くこの地域の活力を担っていただくという観点で、我々事に当たってまいりたいと、このように考えてございます。

 以上であります。



○鈴木孝昌議長 ほかに。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 ほかになければ、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第57号外1件については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 これから一括して討論を行います。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 別になければ、討論を終結いたします。

 これから議案第57号及び議案第58号の2件について一括して採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第57号外1件については、いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、議案第57号外1件はいずれも原案のとおり可決されました。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第5、議案第59号工事請負契約締結についてを議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 議案第59号工事請負契約の締結について御説明いたします。

 本案は、すずらん保育所改築建築主体工事につきまして、武田・飯沼特定建設工事共同企業体と1億9,950万円で契約を締結しようとするものであります。

 なお、工期につきましては平成18年2月17日までとする予定であります。よろしく御審議賜りますよう、お願いいたします。



○鈴木孝昌議長 これから質疑を行います。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 別になければ、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第59号については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 これから討論を行います。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 別になければ、討論を終結いたします。

 これから採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第59号については原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、議案第59号は原案のとおり可決されました。

     〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜



○鈴木孝昌議長 日程第6、議案第46号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第1号)外18件を一括して議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 砂川敏文市長、登壇願います。

   〔砂川敏文市長・登壇〕



◎砂川敏文市長 議案第46号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第1号)外18件について一括して御説明いたします。

 議案第46号平成17年度帯広市一般会計補正予算(第1号)につきましては、公営住宅建てかえ事業のほか国及び北海道からの補助金の追加内示に係る事業並びに平成16年度決算剰余見込み額の財政調整基金への積み立てが主な内容であります。

 初めに、歳出について御説明いたします。

 第10款総務費は、市内の民間企業が実施するデジタル放送に向けた基盤整備事業に係る補助金を追加するほか、高等教育整備基金積立金等を追加するものであります。

 第15款民生費は、生活保護受給者の自立を支援するため、新たに就労指導員を配置する経費のほか、障害福祉事業基金積立金等を追加するものであります。

 第30款農林水産業費は、農業生産体制強化確立支援事業として実施する休閑緑肥導入事業補助金を追加するものであります。

 第35款商工費は、財団法人十勝圏振興機構を中核機関として、十勝産農畜産物の高付加価値化に関する研究を行う都市エリア産・学・官連携促進事業を支援するための補助金等を追加するものであります。

 第40款土木費は、(仮称)稲田団地建てかえ事業費及び柏林台南町住宅の高齢化対応戸別改善事業費並びに帯広の森基金積立金を追加するものであります。

 第50款教育費は、不登校児童・生徒の円滑な学校復帰などをサポートする訪問指導員を新たに配置するほか、図書資料等を購入する経費等を追加するものであります。

 第60款諸支出金は、平成16年度の決算剰余見込み額の2分の1を財政調整基金に積み立てるものであります。

 次に、歳入について御説明いたします。

 第60款国庫支出金は、公営住宅建てかえ事業費に伴う負担金等を追加するものであります。

 第65款道支出金は、農業生産体制強化確立支援事業費に係る補助金等を追加するものであります。

 第70款財産収入は、基金積立金利子を追加するものであります。

 第75款寄附金につきましては、市民の皆様の御厚意により寄附が寄せられておりますので、寄附者の意向に沿い高等教育整備基金、障害福祉事業基金及び帯広の森基金にそれぞれ積み立てるほか、図書資料等を購入するものであります。

 なお、詳細につきましてはお手元の議案に添付されております資料を御参照くださいますようお願いいたします。

 また、多くの品物による寄附もいただいておりますので、これらにつきましても寄附の趣旨に沿った形で今後の市政執行に有効に活用させていただきたいと考えております。

 第85款繰越金は、平成16年度決算剰余見込み額を追加するものであります。

 第90款諸収入は、介護保険会計からの電算事務受託料を追加するものであります。

 第95款市債は、公営住宅建てかえ事業に伴う市債を追加するものであります。

 次に、継続費の補正につきましては、新たに公営住宅建てかえ事業費として(仮称)稲田団地R2の2カ年の総額及び年割り額を追加するものであります。

 次に、地方債の補正につきましては、公営住宅建てかえ事業費の借入限度額を変更するものであります。

 次に、議案第47号平成17年度介護保険会計補正予算(第1号)につきましては、平成18年度からの制度改正に対応するため、電算システム改修に係る経費とその財源として国庫補助金及び一般会計繰入金を追加するものであります。

 次に、議案第48号平成17年度中島霊園事業会計補正予算(第1号)につきましては、平成16年度の決算剰余金を中島霊園基金に積み立て、その財源として財産収入及び前年度繰越金を追加するものであります。

 次に、議案第49号平成17年度空港事業会計補正予算(第1号)につきましては、空港除雪車両としてスノースイーパー1台を債務負担行為を設定し、購入するものであります。

 次に、議案第50号帯広市税条例の一部改正につきましては、地方税法等の一部改正に伴い帯広市税条例の一部を改正しようとするものであります。

 改正の主な内容といたしましては、個人市民税につきまして、年齢65歳以上の者のうち前年の合計所得金額が125万円以下の者に対する非課税措置を平成18年度から段階的に廃止するものであります。

 このほか、肉用牛の売却による事業所得に係る所得割の課税の特例並びに特定中小会社が発行した株式に係る譲渡損失の繰越控除等及び譲渡所得等の課税の特例を延長するものであります。

 さらに、特定管理株式が価値を失った場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例を新設するものであります。

 また、固定資産税及び都市計画税につきましては、震災等に基づく長期避難指示に係る被災住宅用地に対する特例を改定するものであります。

 なお、定率減税の見直しにつきましては、今般の地方税法等の改正に伴い、平成18年度から2分の1に縮減するものであります。

 次に、議案第51号帯広市建築基準法施行条例等の一部を改正する条例制定につきましては、建築基準法の改正に伴い、帯広市建築基準法施行条例及び帯広市手数料条例について所要の整備をするほか、罰金の額を引き上げるためそれぞれの条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第52号帯広市地区計画区域内建築物の制限に関する条例の一部改正につきましては、適正な都市機能と健全な都市環境を確保するため、地区計画により定められております稲田東地区地区整備計画区域を建築基準法の規定に基づく建築物の制限を定める区域に新たに加えるほか、北親地区地区整備計画区域ほかの建築物の制限を変更するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第53号帯広市消防団条例の一部改正につきましては、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の改正に伴い、勤続年数10年以上25年未満の分団長、副分団長、部長及び班長の退職報償金の額を引き上げるため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第54号帯広市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、四肢及び目の障害の等級を改定するほか、所要の整理を行うものであります。

 次に、議案第55号帯広市印鑑条例の一部改正につきましては、印鑑登録原票及び印鑑登録証明書の性別欄を削除するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議案第56号財産取得につきましては、(仮称)帯広市保健福祉センターとして北海道森林管理局帯広分局旧庁舎、土地1万382.60平方メートル及び建物、延べ床面積5,347.47平方メートルを金額3億1,000万円で取得しようとするものであります。

 次に、報告第2号継続費繰越計算書の報告につきましては、継続事業として建設中の新図書館建設費の平成16年度の年割り額に係る歳出予算のうち、年度内に支出が終わらなかったものについて逓次繰り越しを行いましたので、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき継続費繰越計算書を調製し、報告するものであります。

 次に、報告第3号繰越明許費繰越計算書の報告につきましては、平成16年度帯広市一般会計の繰越明許費として設定した担い手育成畑地帯総合整備事業費及び東小学校屋体改築費について、地方自治法施行令第146条第1項の規定に基づき翌年度に繰り越しを行いましたので、同条第2項の規定により繰越明許費繰越計算書を調製し、報告するものであります。

 次に、報告第4号から報告第9号までの各案件について一括して御説明いたします。

 各案件は、いずれも市が出資しております帯広市土地開発公社、財団法人帯広市夜間急病対策協会、財団法人帯広市産業開発公社、財団法人帯広市文化スポーツ振興財団、株式会社帯広緑化振興公社、株式会社みどりの村振興公社からそれぞれ経営状況について報告を受けましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定により提出したものであります。

 以上、よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○鈴木孝昌議長 ここでお諮りいたします。

 ただいま説明を受けました各案件に対する大綱質疑については、議事の都合により後日これを行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 本会議は、議事の都合により明日7日から9日まで休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○鈴木孝昌議長 御異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 したがって、次回の本会議は6月10日午前10時に開きます。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

         午後1時43分散会