議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 釧路市

平成24年第1回 1月臨時会 01月20日−01号




平成24年第1回 1月臨時会 − 01月20日−01号







平成24年第1回 1月臨時会



             平成24年第1回1月臨時会





        釧 路 市 議 会 会 議 録  第 1 日





             平成24年1月20日(金曜日)





───────────────────────────────────────

 議事日程

  午前10時開議

日程第1 会期決定の件

日程第2 議案第1号(提案説明、質疑、付託、委員長報告、表決)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 会議に付した案件

1 会議録署名議員の指名

1 諸般の報告

1 日程第1

1 日程第2

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 出席議員(27人)

   議 長 6番  黒 木   満

   副議長 14番  月 田 光 明

       1番  山 口 光 信

       2番  三 木   均

       3番  菅 野   猛

       4番  高 橋 一 彦

       5番  続 木 敏 博

       7番  草 島 守 之

       8番  松 橋 尚 文

       9番  秋 田 慎 一

       10番  森     豊

       11番  鶴 間 秀 典

       12番  金 安 潤 子

       13番  村 上 和 繁

       15番  上 口 智 也

       16番  戸 田   悟

       17番  畑 中 優 周

       18番  松 永 征 明

       19番  土 岐 政 人

       21番  梅 津 則 行

       22番  大 島   毅

       23番  松 尾 和 仁

       24番  宮 田   団

       25番  酒 巻 勝 美

       26番  石 川 明 美

       27番  佐 藤 勝 秋

       28番  渡 辺 慶 藏

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 欠席議員(1人)

       20番  宮 下 健 吉

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 出席を求めた者

 市長        蝦 名 大 也

 教育委員会委員長  北 明 正 紘

 代表監査委員    楡 金 達 朗

 選挙管理委員会委員長岩 渕 雅 子

 農業委員会会長   野 村 照 明

 公平委員会委員長  稲 澤   優

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本会議場に出席した者

 市長        蝦 名 大 也

 副市長       松 浦 尊 司

 副市長       小 松 正 明

 代表監査委員    楡 金 達 朗

 公営企業管理者   川 上 三 郎

 阿寒町行政センター長本 吉 俊 久

 音別町行政センター長米 谷 好 晃

 教育長       千 葉 誠 一

 総務部長      岩 隈 敏 彦

 総合政策部長    鈴 木   信

 市民環境部長    小 林   強

 福祉部長      本 山   昇

 こども保健部長   中 井 康 晴

 産業振興部長    星   光 二

 水産港湾空港部長  岸 本   勉

 都市整備部長    橋 本   稔

 市立病院事務長   青 木 利 夫

 上下水道部長    檜 森 重 樹

 消防長       海老名 正 一

 学校教育部長    林   義 則

 生涯学習部長    平 山 壽 一

 秘書課長      秋 里 喜久治

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 議会事務局職員

 議会事務局長    山 根 誠 一

 議事課長      松 田 富 雄

 議事課長補佐    長野谷 宣 之

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  午前10時00分開会



△開会宣告



○議長(黒木満) 皆さんおはようございます。

 出席議員が定足数に達しておりますので、平成24年第1回釧路市議会1月臨時会は成立いたしました。

 よって、これより開会いたします。

 直ちに会議を開きます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△会議録署名議員の指名



○議長(黒木満) 会議録署名議員の指名を行います。

 今臨時会の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により

           7番 草 島 守 之 議員

           9番 秋 田 慎 一 議員

           25番 酒 巻 勝 美 議員

を指名いたします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△諸般の報告



○議長(黒木満) 事務局長に諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(山根誠一) 報告をいたします。

 ただいまの出席議員は27人であります。

 今議会に市長から提出された議案は、議案第1号であります。

 次に、本日の議事日程は

日程第1 会期決定の件

日程第2 議案第1号

であります。

 以上で報告を終わります。

  ────────────────────

  〔朗読せざるも掲載〕

      1月臨時市議会議案件名

 議案番号      件              名

議案第1号 平成23年度釧路市一般会計補正予算

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△日程第1 会期決定の件



○議長(黒木満) 日程第1、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今会期は、本日1日間といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(黒木満) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日間と決しました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△日程第2 議案第1号上程



○議長(黒木満) 日程第2、議案第1号を議題といたします。

  ────────────────────



△提案説明



○議長(黒木満) 提案理由の説明を求めます。

 松浦副市長。



◎副市長(松浦尊司) (登壇) ただいま議題に供されました議案第1号平成23年度釧路市一般会計補正予算につきまして、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、国の補正予算を受けて、消防防災通信の基盤整備を図るものであり、あわせまして、国の繰越承認を得て、事業費の全額を翌年度に繰り越すものであります。

 第10款消防費では、消防救急無線デジタル化整備事業費9億6,648万5,000円を追加し、特定財源として負担金1億4,682万円、国庫補助金2億833万3,000円、市債6億1,110万円を見込み計上いたしました。

 第13款公債費では、今回の補正に係る一般財源相当額の減債基金繰入金23万2,000円を財源補正いたしました。

 この補正により、一般会計の歳入歳出予算の総額は1,069億1,743万円となります。

 繰越明許費につきましては、消防救急無線デジタル化整備事業9億6,648万5,000円を計上いたしました。

 よろしくご審議の上、原案どおりご承認くださいますようお願い申し上げます。

  ────────────────────



△質疑



○議長(黒木満) 本案に対する質疑を許します。

 質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(黒木満) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

  ────────────────────



△委員会付託



○議長(黒木満) ただいま議題となっております議案第1号を、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、総務文教常任委員会に付託いたします。

  ────────────────────

  〔朗読せざるも掲載〕

   平成24年第1回1月臨時会議案付託表


付託委員会名議案番号件        名
総務文教
常任委員会議案第1号
平成23年度釧路市一般会計補正予算

 歳入各款、繰越明許費、地方債

 歳出第10款(消防費)


  ────────────────────



○議長(黒木満) 暫時休憩いたします。

            午前10時04分休憩

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  午後2時30分再開



○議長(黒木満) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ────────────────────



△委員長報告



○議長(黒木満) 議案第1号に対する総務文教常任委員長の報告を求めます。

 19番土岐政人委員長。



◆19番(土岐政人議員) (登壇) 今臨時会において、当総務文教常任委員会に付託されました案件につきまして、審査の結果と概要を報告いたします。

 採決の結果、議案第1号平成23年度釧路市一般会計補正予算につきましては、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、付託案件の審査過程でなされた、主な質疑の概要につきましては、お手元の委員長報告書のとおりでありますので、配付をもって報告にかえさせていただきます。

  ────────────────────

  〔朗読せざるも掲載〕

   総務文教常任委員会委員長報告書

〔総合政策部〕

 議案第1号平成23年度釧路市一般会計補正予算中、歳入各款に関して、以前、20億円程度の事業費が示されていたが、今回の金額となった経過を聞きたいとの質疑があり、理事者から、消防本部からは、当初基地局が8局必要であったが、東分署が高台に移転することで、5局になるということ、また資機材の単価が、計画段階から見て下がったことによると聞いているとの答弁がありました。

 関連して、事業費が大幅に下がったことを受け、総合政策部としてどのようにチェックしたかとの質疑があり、理事者から、当初計画の事業費は、平成20年度の電波法改正時点において、北海道の単価などを使い概算で試算したものであり、事業実施の段階で、事業者等からの見積りなどを参考とした積算は、適正であると判断しているとの答弁がありました。

〔消 防〕

 議案第1号平成23年度釧路市一般会計補正予算中、歳出第10款(消防費)に関して、工事については、専門的技術者による施工が必要なのか。また、特殊性のある機器等の購入については、窓口として地元を使うことは検討しているのかとの質疑があり、理事者から、一部地元企業が施工できるものもあると考えている。機材の購入も含めて、地元企業でどこまで対応できるのか今後、検討していきたいとの答弁がありました。

 関連して、機材の購入については、安価で品質がよいものが求められるが、製造業者はどのくらいあるのかとの質疑があり、理事者から、全国で5社ほどあると聞いているとの答弁がありました。

 次に、事業費が当初示されていた約20億円から大幅に下がっているが、整備する装置が全く違うものになるということか。また、機器数の減少が減額の要素としては、一番大きいととらえてよいかとの質疑があり、理事者から、基地局の減少や、共通波の運用方式の変更に伴い機器数が減少されたこと、そのほかにも、地域イントラの活用やNTT光回線利用などにより整備費の低減が図られたこと、また機材が安価になったことも要因であるとの答弁がありました。

 次に、12月に行われた釧根ブロックの低減化検討会議で、共同で整備することで経費が膨らむとのことだが、以前は共同整備した方が安価であると言われていたが、この点はどう理解すればよいか。またデジタル化することでランニングコストはどう変わるかとの質疑があり、理事者から、各消防本部や、自治体間の回線接続費用や保守維持経費がかさむということで、共同整備はできない、行わないと確認されている。またデジタル化に伴い、回線利用の部分でランニングコストがさらにかかることになるとの答弁がありました。

 次に、デジタル化に当たり周波数帯が異なることによる、ビル陰や山間などでの受信の実験は行われたのかとの質疑があり、理事者から、現状では実験機を用いての実験はしていない。今後実施する予定であるとの答弁がありました。

 関連して、実験に係る経費は実施設計委託料に含まれているのか。また実験の結果、さらに中継局が必要になるということにはならないかとの質疑があり、理事者から、実験は委託設計に含まれている。また他の消防の受信実験の事例から机上のシミュレーションでも現状と遜色はないととらえているとの答弁がありました。

 次に、共通波整備と活動波整備は一つの契約で行うのか。また、平成24年度中に工事を完了させるとのことだが、供用開始時期はいつ頃なのかとの質疑があり、理事者から、共通波と活動波一括で契約となる。また、平成25年4月1日から供用開始を目指しているが、防災ヘリやドクターヘリの無線はアナログ対応なので、当分の間アナログ無線も使用することとなるとの答弁がありました。

 関連して、防災ヘリやドクターヘリについてもいずれはデジタル化することになるのかとの質疑があり、理事者から、国の方針では、平成28年5月末でアナログ無線を全廃することとなっており、それまでにデジタル化が必要となるが、今のところ具体的な計画は聞いていないとの答弁がありました。

 関連して、デジタル化することで、どのような利点があるのか。また、救急活動の時間が短縮されるのかとの質疑があり、理事者から、デジタル化によって、無線を傍受されにくくなるため秘匿性があり、データ等も送信できることになるが、救急対応については、時間的には特に変わらないとの答弁がありました。

  ────────────────────

 以上で報告を終わります。



○議長(黒木満) 以上で委員長の報告は終わりました。

  ────────────────────



△委員長報告に対する質疑



○議長(黒木満) 委員長の報告に対する質疑を許します。

 質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(黒木満) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

  ────────────────────



△議案第1号討論省略



○議長(黒木満) この際、お諮りいたします。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決に入ることにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(黒木満) ご異議なしと認めます。

 よって、直ちに採決を行います。

  ────────────────────



△議案第1号表決(可決)



○議長(黒木満) 議案第1号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。

 本案を委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(黒木満) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり原案可決と決しました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



△閉会宣告



○議長(黒木満) 以上をもって今議会の日程はすべて終了いたしました。

 平成24年第1回釧路市議会1月臨時会は、これをもって閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。

             午後2時32分閉会

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





       釧路市議会 議 長 黒 木   満







         同   議 員 草 島 守 之







         同   議 員 秋 田 慎 一







         同   議 員 酒 巻 勝 美