議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 室蘭市

平成15年 第1回臨時会 05月09日−01号




平成15年 第1回臨時会 − 05月09日−01号







平成15年 第1回臨時会



                 平成15年 第1回臨時会



                 室蘭市議会会議録 第1号



                                  午後 1時00分 開会

  平成15年5月9日(金曜日)

                                  午後 2時12分 閉会



───────────────────────────────────────────────



●議事日程

 日程第1 議長の選挙

 日程第2 議席の指定

 日程第3 会議録署名議員の指名

 日程第4 会期の決定

 日程第5 副議長の選挙

 日程第6 西いぶり廃棄物処理広域連合議会議員の選挙

 日程第7 議案第1号

 日程第8 議案第4号

 日程第9 常任委員の選任

      議会運営委員の選任

 日程第10 白鳥新道・周辺道路建設及び国道37号4車線化整備促進の件

      議会広報の編集・発行に関する件

 日程第11 議案第2号

 日程第12 議案第3号

 日程第13 推薦第1号

 日程第14 報告第1号〜報告第5号

 日程第15 行財政運営について

      教育行政の運営について

      生活環境対策について

      保健福祉対策について

      市立室蘭総合病院の運営について

      消防体制の整備について

      産業振興・雇用対策及び観光開発について

      港湾整備について

      都市施設整備について

      水道事業の運営及び施設整備について

      議会運営及び議長の諮問事項について

──────────────────────

●会議に付した事件

1 日程第1

2 日程第2

3 日程第3

4 日程第4

5 日程第5

6 日程第6

7 諸般の報告

8 日程第7

9 日程第8

10 提案理由の説明省略

11 日程第9

12 議長の常任委員の辞退

13 日程第10

14 日程第11

15 委員会付託省略

16 日程第12

17 日程第13

18 日程第14

19 日程第15

──────────────────────

●出席議員(27名)

 議 長    10番    大久保   昇

 副議長    18番    水 江 一 弘

         1番    田 村 農夫成

         2番    嶋 田 サツキ

         3番    青 山   剛

         4番    金 濱 元 一

         5番    徳 中 嗣 史

         7番    砂 田 尚 子

         8番    若 林   勇

         9番    鈴 木 克 巳

        11番    我 妻 静 夫

        12番    山 中 正 尚

        13番    大 場 博 海

        14番    早 坂   博

        15番    細 川 昭 広

        16番    古 沢 孝 市

        17番    花 釜 康 之

        19番    山 川   明

        20番    伊 藤 文 夫

        21番    羽 立 秀 光

        22番    桜 場 政 美

        23番    成 田 通 秋

        24番    大 友   勇

        25番    佐 藤   潤

        26番    阿 部 勝 好

        27番    沼 田 俊 治

        28番    立 野 了 子

──────────────────────

●欠席議員(1名)

         6番    常磐井 茂 樹

──────────────────────

●説明員

 市長            新 宮 正 志

 助役            村 上 盛 平

 (港湾部長事務取扱)

 助役            内 池   寳

 収入役           滝 口 凱 雄

 代表監査委員        村 上 博 二

 公営企業管理者       濱 口 次 登

 総務部長          寺 島 孝 征

 企画財政部長        山 田   進

 市民生活部長        江 畑 天地人

 保健福祉部長        西 田 昭 夫

 経済部長          浅 田 三 郎

 都市建設部長        板 垣 保 夫

 水道部長          沢 谷 英 俊

 病院事務局長        宮 森 克 雄

 教育長           門 馬 一三四

 教育部長          盛 田   満

 監査委員事務局長      中 田 芳 昭

 消防長           今   秀 治

 総務課長          武 田 吉 行

 財政課長          横 道 不二夫

──────────────────────

●事務局出席職員

 事務局長          佐 藤   彰

 総務課長          池 田 英 美

 議事課長          佐 藤 滋 起

 議事課長補佐        佐 藤 則 之

 総務係長          二 田   精

 議事係長          前 田 昭 雄

 調査係長          上 原 千香子

 書記            宮 本 雅 夫

 書記            田 所 和 久

 書記            大久保 嘉 人

──────────────────────

午後 1時00分 開会

──────────────────────



◎議会事務局長(佐藤彰) 本日は、一般選挙後、最初の議会でございますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、立野了子議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。

 お願いいたします。



○臨時議長(立野了子) ただいま紹介されました立野了子でございます。

 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。

 何とぞよろしくお願いを申し上げます。

 ただいまから、平成15年第1回市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事の都合上、仮議席を指定します。

 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。

──────────────────────



○臨時議長(立野了子) 日程第1 議長の選挙を行います。

 記載台を搬入させます。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○臨時議長(立野了子) ただいまの出席議員数は27人であります。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○臨時議長(立野了子) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 点呼に応じて順次投票用紙の交付を受け、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票願います。

 なお、白票は無効とします。

 点呼を命じます。



◎議事課長(佐藤滋起) 〔氏名点呼〕

(各議員投票)



○臨時議長(立野了子) 投票漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(立野了子) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○臨時議長(立野了子) 開票を行います。

 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田村農夫成議員、若林 勇議員、青山 剛議員を指名いたしますので、3人の方の立ち会いをお願いいたします。

(開  票)



○臨時議長(立野了子) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数27票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、有効投票27票、無効投票0票。有効投票中、大久保 昇議員25票、常磐井茂樹議員2票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.75票でありますので、大久保 昇議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました大久保 昇議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 議長に当選されました大久保 昇議員のごあいさつがあります。



○議長(大久保昇) 〔登壇〕 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま、皆様方の御推挙により、伝統ある室蘭市議会第33代議長の要職につくことになりました。まことに身に余る光栄と、深く感謝申し上げますとともに、その責任の重大さに身の引き締まる思いを感じているところであります。

 この上は、微力ではございますが、21世紀の地方分権時代にふさわしい市民に開かれた議会改革のため、さらには、議会の権能である行政監視機能の充実と立法機能の実現に向け、誠心誠意、努力し、市民と協働する議会運営に努力する決意でございます。

 何とぞ、各位におかれましては、格別なる御協力、御支援のほどをお願い申し上げまして、極めて簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。

 まことにありがとうございました。(拍手)



○臨時議長(立野了子) それでは、大久保 昇議長、議長席にお着きください。

  (立野了子臨時議長退席、大久保 昇議長議長席に着く)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第2 議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。

 お手元に配付の議席表のとおり指定いたします。

──────────────────────

        議  席  表

         1番    田 村 農夫成

         2番    嶋 田 サツキ

         3番    青 山   剛

         4番    金 濱 元 一

         5番    徳 中 嗣 史

         6番    常磐井 茂 樹

         7番    砂 田 尚 子

         8番    若 林   勇

         9番    鈴 木 克 巳

        10番    大久保   昇

        11番    我 妻 静 夫

        12番    山 中 正 尚

        13番    大 場 博 海

        14番    早 坂   博

        15番    細 川 昭 広

        16番    古 沢 孝 市

        17番    花 釜 康 之

        18番    水 江 一 弘

        19番    山 川   明

        20番    伊 藤 文 夫

        21番    羽 立 秀 光

        22番    桜 場 政 美

        23番    成 田 通 秋

        24番    大 友   勇

        25番    佐 藤   潤

        26番    阿 部 勝 好

        27番    沼 田 俊 治

        28番    立 野 了 子

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第3 会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員に、1番田村農夫成議員、2番嶋田サツキ議員を指名いたします。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第4 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期を本日1日とすることに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、会期は1日と決定いたしました。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第5 副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○議長(大久保昇) ただいまの出席議員数は27人であります。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○議長(大久保昇) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名でございます。

 点呼に応じて順次投票用紙の交付を受け、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票願います。

 なお、白票は無効とします。

 点呼を命じます。



◎議事課長(佐藤滋起) 〔氏名点呼〕

(各議員投票)



○議長(大久保昇) 投票漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○議長(大久保昇) 開票を行います。

 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田村農夫成議員、若林 勇議員、青山 剛議員を指名いたしますので、3人の方の立ち会いをお願いいたします。

(開  票)



○議長(大久保昇) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数27票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、有効投票27票、無効投票0票。有効投票中、水江一弘議員25票、嶋田サツキ議員2票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.75票でありますので、水江一弘議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました水江一弘議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 副議長に当選されました水江一弘議員のごあいさつがあります。



○副議長(水江一弘) 〔登壇〕 ただいま、議員各位の御支持をいただきまして、副議長の重責を担うことになりました。

 まことに身に余る光栄でありますとともに、使命の重大さを十分認識し、微力ながら、最大・最善の努力を尽くして、大久保議長のもと、議会が公正に、しかも円滑に運営されますよう、誠心誠意、職務の遂行に専念いたしたいと思います。

 どうか議長同様、特段の御支援を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。

 まことにありがとうございました。(拍手)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第6 西いぶり廃棄物処理広域連合議会議員の選挙を行います。

 本件は、西いぶり廃棄物処理広域連合規約第9条の規定に基づき、平成15年4月30日をもって広域連合議会議員4人の任期が満了となったことに伴い、同広域連合規約第8条第5項の規定により、同広域連合議会議員4人を選挙するものであります。

 選挙は、投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○議長(大久保昇) ただいまの出席議員数は27人であります。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○議長(大久保昇) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 点呼に応じて順次投票用紙の交付を受け、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票願います。

 なお、白票は無効とします。

 点呼を命じます。



◎議事課長(佐藤滋起) 〔氏名点呼〕

(各議員投票)



○議長(大久保昇) 投票漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○議長(大久保昇) 開票を行います。

 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田村農夫成議員、若林 勇議員、青山 剛議員を指名いたしますので、3人の方の立ち会いをお願いいたします。

(開  票)



○議長(大久保昇) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数27票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、有効投票27票、無効投票0票。有効投票中、大久保 昇議員9票、成田通秋議員6票、羽立秀光議員5票、阿部勝好議員5票、田村農夫成議員2票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は1.6875票でありますので、大久保 昇議員、成田通秋議員、羽立秀光議員、阿部勝好議員の4名が西いぶり廃棄物処理広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました4名が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次に進みます。

 議案の配付をいたしますので、しばらくお待ち願います。

 諸般の報告をさせます。

 事務局長



◎議会事務局長(佐藤彰) 報告申し上げます。

 今回提案されております案件は、市長提案にかかわるもの8件、議長付議にかかわるもの22件、合計30件でございます。

 次に、地方自治法の規定に基づき、市長並びに監査委員から、お手元に配付のとおり、それぞれ報告がございました。

 次に、議案説明のため、市長ほか関係役職員の出席を求めてございます。

 以上でございます。

──────────────────────

       諸 般 の 報 告

1 地方自治法第180条第2項の規定に基づき市長から報告のあった事件

  専決処分の報告について(損害賠償の額の決定)

2 地方自治法第235条の2第3項の規定に基づき監査委員から提出のあった事件

  例月出納検査結果報告について(各会計1、2月分)

3 地方自治法第121条の規定に基づき下記の者に対し出席を求めた

           記

 市長          新 宮 正 志

 教育委員会委員長    東     浩

 代表監査委員      村 上 博 二

 農業委員会会長

             前 田 雅 弘

 職務代理者

   上記のとおり報告します。

   平成15年5月9日

     室蘭市議会議長  大久保   昇

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第7 議案第1号監査委員(議員選出)の選任について同意を求める件を議題といたします。

──────────────────────



△議案第1号 監査委員(議員選出)の選任について同意を求める件

──────────────────────

(13番大場博海議員 退席)



○議長(大久保昇) 提出者の説明を求めます。

 新宮市長



◎市長(新宮正志) 〔登壇〕 議案第1号監査委員(議員選出)の選任について同意を求める件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本市監査委員の成田通秋氏は、去る4月30日をもって任期満了となりましたので、その後任について、慎重に選考いたしました結果、大場博海氏を選任いたしたいと存じます。

 大場氏は、人格、識見ともに高く、また、地方自治に精通し、監査委員として適任と存じます。

 ここに、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、御提案申し上げる次第でございます。

 御同意を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 本件は、これに同意することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

(13番大場博海議員 着席)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第8 議案第4号室蘭市議会委員会条例中一部改正の件を議題といたします。

──────────────────────



△議案第4号 室蘭市議会委員会条例中一部改正の件

──────────────────────



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 本件につきましては、提案理由の説明を省略することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 お諮りいたします。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第9 常任委員の選任外1件を一括議題といたします。

──────────────────────



△常任委員の選任



△議会運営委員の選任

──────────────────────



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 各常任委員の選任及び議会運営委員の選任については、お手元に配付の選任案のとおり決定いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────

     各常任委員会委員選任案



────┬───┬─────────────

    │   │             

委員会名│ 定数 │   委    員    

    │   │             

────┼───┼─────────────

    │   │             

    │   │ 常磐井茂樹  鈴木 克巳

    │   │             

総務常任│   │ 我妻 静夫  羽立 秀光

    │ 7人 │             

委員会 │   │ 成田 通秋  大友  勇

    │   │             

    │   │ 立野 了子       

    │   │             

────┼───┼─────────────

    │   │             

    │   │ 嶋田サツキ  青山  剛

    │   │             

民生常任│   │ 徳中 嗣史  若林  勇

    │ 7人 │             

委員会 │   │ 水江 一弘  桜場 政美

    │   │             

    │   │ 沼田 俊治       

    │   │             

────┼───┼─────────────

    │   │             

    │   │ 田村農夫成  砂田 尚子

    │   │             

経済常任│   │ 山中 正尚  大場 博海

    │ 7人 │             

委員会 │   │ 古沢 孝市  山川  明

    │   │             

    │   │ 佐藤  潤       

    │   │             

────┼───┼─────────────

    │   │             

    │   │ 金濱 元一  大久保 昇

    │   │             

建設常任│   │ 早坂  博  細川 昭広

    │ 7人 │             

委員会 │   │ 花釜 康之  伊藤 文夫

    │   │             

    │   │ 阿部 勝好       

    │   │             

────┴───┴─────────────



──────────────────────

     議会運営委員会委員選任案



────┬───┬─────────────

    │   │             

委員会名│ 定数 │   委    員    

    │   │             

────┼───┼─────────────

    │   │             

    │   │ 田村農夫成  砂田 尚子

    │   │             

    │   │ 鈴木 克巳  我妻 静夫

議会運営│   │             

    │ 10人 │ 早坂  博  古沢 孝市

委員会 │   │             

    │   │ 花釜 康之  山川  明

    │   │             

    │   │ 伊藤 文夫  桜場 政美

    │   │             

────┴───┴─────────────



──────────────────────



○議長(大久保昇) 議長は、従来の慣例もあり、職務の都合上、常任委員を辞退いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第10 白鳥新道・周辺道路建設及び国道37号4車線化整備促進の件外1件を一括議題といたします。

──────────────────────



△白鳥新道・周辺道路建設及び国道37号4車線化整備促進の件



△議会広報の編集・発行に関する件

──────────────────────



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております各案件は、お手元に配付の設置案のとおり、9人の委員をもって構成する白鳥新道・サークル都市幹線道路整備特別委員会及び6人の委員をもって構成する広報特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中継続調査とすることに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────

       特別委員会設置案



──────┬──────────┬────

      │          │    

 名  称 │  付 託 事 件  │委員定数

      │          │    

──────┼──────────┼────

      │          │    

白鳥新道・ │          │    

      │          │    

サークル  │白鳥新道・周辺道路建│    

      │          │ 9人 

都市幹線  │設及び国道37号4車│    

      │          │    

道路整備  │線化整備促進の件  │    

      │          │    

特別委員会 │          │    

      │          │    

──────┼──────────┼────

      │          │    

広報    │議会広報の編集・発行│    

      │          │ 6人 

特別委員会 │に関する件     │    

      │          │    

──────┴──────────┴────



──────────────────────



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、お手元に配付の選任案のとおり決定いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────

      特別委員会委員選任案



─────┬──┬─────────────

     │  │             

委員会名 │定数│   委     員   

     │  │             

─────┼──┼─────────────

     │  │             

白鳥新道・│  │ 徳中 嗣史  常磐井茂樹

     │  │             

サークル │  │ 山中 正尚  大場 博海

     │  │             

都市幹線 │9人│ 細川 昭広  古沢 孝市

     │  │             

道路整備 │  │ 佐藤  潤  阿部 勝好

     │  │             

特別委員会│  │ 沼田 俊治       

     │  │             

─────┼──┼─────────────

     │  │             

     │  │ 田村農夫成  金濱 元一

広報   │  │             

     │6人│ 徳中 嗣史  若林  勇

特別委員会│  │             

     │  │ 花釜 康之  成田 通秋

     │  │             

─────┴──┴─────────────



──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第11 議案第2号室蘭市助役定数増加条例廃止の件を議題といたします。

──────────────────────



△議案第2号 室蘭市助役定数増加条例廃止の件

──────────────────────



○議長(大久保昇) 提出者の説明を求めます。

 新宮市長



◎市長(新宮正志) 〔登壇〕 議案第2号室蘭市助役定数増加条例廃止の件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本市助役の定数につきましては、平成7年に助役定数増加条例を制定し、2人制といたしてまいりましたが、今後、助役を1人制として対応いたしたいと存じますので、本件を御提案申し上げた次第でございます。

 よろしく御審議を賜りますよう、お願いを申し上げます。



○議長(大久保昇) 質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件は、委員会付託を省略することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

 お諮りいたします。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第12 議案第3号助役の選任について同意を求める件を議題といたします。

──────────────────────



△議案第3号 助役の選任について同意を求める件

──────────────────────

    (寺島孝征総務部長 退席)



○議長(大久保昇) 提出者の説明を求めます。

 新宮市長



◎市長(新宮正志) 〔登壇〕 議案第3号助役の選任について同意を求める件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本市助役の村上盛平氏と内池 寳氏は、来る5月12日をもって任期満了となり、また、助役の定数につきましては、先ほど議案第2号の議決をいただいたところであります。

 これに伴う後任につきまして、慎重に選考いたしました結果、現総務部長の寺島孝征氏を新たに選任いたしたいと存じます。

 寺島氏は、昭和43年室蘭市役所に奉職し、豊富な行政経験を持ち、人格、識見ともに高く、行財政改革の一層の推進と各種重要施策の総合調整を担う助役として適任と存じます。

 ここに、地方自治法第162条の規定に基づき、議会の御同意を賜りたいと存じますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 本件は、これに同意することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

    (寺島孝征総務部長 着席)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第13 推薦第1号室蘭市農業委員会委員推薦の件を議題といたします。

──────────────────────



△推薦第1号 室蘭市農業委員会委員推薦の件

──────────────────────

  (22番桜場政美議員、26番阿部勝好議員、28番立野了子議員 退席)



○議長(大久保昇) 本件は、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づき、学識経験者としての農業委員を推薦しようとするものであります。

 お諮りいたします。

 本件については、原案のとおり、桜場政美議員、阿部勝好議員、立野了子議員をそれぞれ推薦することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

  (22番桜場政美議員、26番阿部勝好議員、28番立野了子議員 着席)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第14 報告第1号専決処分について承認を求める件(平成14年度室蘭市一般会計補正予算(第5号))外4件を一括議題といたします。

──────────────────────



△報告第1号 専決処分について承認を求める件

  (平成14年度室蘭市一般会計補正予算(第5号))



△報告第2号 専決処分について承認を求める件

  (平成14年度室蘭市土地区画整理特別会計補正予算(第2号))



△報告第3号 専決処分について承認を求める件

  (室蘭市恩給条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例)



△報告第4号 専決処分について承認を求める件

  (室蘭市税条例及び室蘭市都市計画税条例の一部を改正する等の条例)



△報告第5号 専決処分について承認を求める件

  (室蘭市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例)

──────────────────────



○議長(大久保昇) 提出者の説明を求めます。

 村上助役



◎助役(村上盛平) ただいま議題となりました各案件につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、報告第1号専決処分について承認を求める件(平成14年度室蘭市一般会計補正予算(第5号))でございます。

 一般財源収入の減少などから、北海道に要望しておりました財源対策債調整分が許可されたことに伴い、地方債の増額と財源振替、さらに減債基金への積み立てが補正の内容となってございます。

 なお、会計年度の制約上、平成15年3月31日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 まず、第1条の歳入歳出予算の補正では、歳入歳出それぞれ1億6,930万円を追加し、予算総額を441億1,018万1,000円とし、第2条地方債の補正では、2ページの第2表にございますが、道路橋梁整備事業費など7件の借入限度額の変更をしてございます。

 補正の内容は、4ページの歳入、第19款市債で、道路橋梁整備事業債など合わせて1億8,570万円を追加、第16款繰入金で、公共施設整備基金繰入金を減額してございます。

 次に、6ページの歳出でございますが、第2款総務費の減債基金費で、後年度の財政負担に備えるため、市債と繰入金の差引額1億6,930万円を追加、次の第8款土木費から第15款職員費につきましては、いずれも歳入予算の補正に伴う財源振替をしております。

 続きまして、報告第2号専決処分について承認を求める件(平成14年度室蘭市土地区画整理特別会計補正予算(第2号))は、第1条で、歳入予算のみの補正、第2条では、第2表地方債補正にございますが、借入限度額の変更をしてございます。

 補正の内容は、2ページになりますが、歳入では、第6款市債の増加相当額を第1款保留地処分金で減額し、4ページ上段の歳出では、財源振替をいたしてございます。

 なお、本会計につきましても、会計年度の制約上、平成15年3月31日に専決処分させていただいたものでございます。

 次に、報告第3号専決処分について承認を求める件(室蘭市恩給条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例)についてでございます。

 本件は、平成15年3月31日に、恩給法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律が公布され、同年4月1日から施行されますことから、同年3月31日付をもちまして専決処分させていただいたものでございます。

 改正の内容でございますが、遺族扶助料の寡婦加算額を、遺族扶助料を受ける妻に遺族である子が2人以上ある場合につきましては26万9,900円を26万7,500円に、遺族扶助料を受ける妻に扶養遺族である子が1人ある場合及び60歳以上である場合については15万4,200円を15万2,800円に引き下げるものでございます。

 次に、報告第4号専決処分について承認を求める件(室蘭市税条例及び室蘭市都市計画税条例の一部を改正する等の条例)についてでございます。

 本件は、平成15年3月31日に、地方税法等の一部を改正する法律が公布され、同年4月1日からの施行部分につきまして、同年3月31日付をもちまして専決処分をさせていただいたものでございます。

 改正の主な内容でございますが、まず、室蘭市税条例の一部改正の内容でございますが、1点目は、土地に係る固定資産税の負担調整措置の継続でございます。

 平成15年度は、3年に1度の評価替えの年でございますが、課税の公平という観点から、負担水準の高い宅地につきましては、その負担を抑制しつつ負担水準の均衡化を進めるため、さらに3年間の調整措置を継続いたすものでございます。

 2点目は、特別土地保有税における新たな課税の停止でございます。

 一定面積以上の遊休地を所有することにより課税される現行の制度は、土地の有効利用促進を目的として、昭和48年度に創設されたものでございますが、今日のデフレ経済で地価の下落が進む中、逆に土地の流通を阻害しかねないとして、事実上、制度の廃止をいたすものでございます。

 次に、室蘭市都市計画税条例の一部改正でございますが、土地に係る固定資産税と同様、今後3年間、負担調整措置を継続実施いたしますとともに、税負担の引き下げ及び据え置き措置等の根拠を、従来の条例による減額措置から、固定資産税と同様、地方税法による特例措置に法定化いたすものでございます。

 次に、室蘭市特別土地保有税審議会条例の廃止でございますが、先ほど御説明いたしましたように、特別土地保有税の新たな課税が停止されたことによりまして、納税義務の免除認定を審議する審議会そのものの必要がなくなったことに伴い、廃止いたすものでございます。

 次に、報告第5号専決処分について承認を求める件(室蘭市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例)についてでございます。

 本件は、平成15年3月31日に、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が公布され、同年4月1日から施行されますことから、同年3月31日付をもちまして専決処分させていただいたものでございます。

 改正の内容でございますが、1点目は、非常勤消防団員に係る損害補償の最高額を1万4,700円から1万4,400円に、最低額を9,200円から9,000円に引き下げるなど、階級、勤続年数に応じ、それぞれ200円から300円を引き下げるものでございます。

 2点目は、消防作業従事者等(民間協力者)に係る損害補償基礎額の最高額を1万4,700円から1万4,400円に、最低額を9,200円から9,000円に引き下げるものでございます。

 3点目は、損害補償基礎額の扶養加算額を、配偶者については533円を467円に引き下げ、配偶者以外の子等の扶養親族のうち3人目以降については100円を167円に引き上げるものでございます。

 4点目は、介護補償の額を、他人による常時介護の補償額については10万8,300円から10万6,100円に引き下げるなど、全体平均で約2%引き下げるものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。

 御承認をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(大久保昇) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件は、承認することに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(大久保昇) 次は、日程第15 行財政運営について外10件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 議題となっております各案件は、お手元に配付の付託表のとおり、所管常任委員会及び議会運営委員会に付託し、閉会中継続調査とすることに異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大久保昇) 異議なしと認めますので、そのように決定いたしました。

──────────────────────

各常任委員会・議会運営委員会調査案件付託表



─────────────────┬────

                 │    

    調  査  案  件    │付託先

                 │    

─────────────────┼────

                 │    

行財政運営について        │    

                 │総務常任

─────────────────┤    

                 │委員会

教育行政の運営について      │    

                 │    

─────────────────┼────

                 │    

生活環境対策について       │    

                 │    

─────────────────┤    

                 │    

保健福祉対策について       │    

                 │民生常任

─────────────────┤    

                 │委員会

市立室蘭総合病院の運営について  │    

                 │    

─────────────────┤    

                 │    

消防体制の整備について      │    

                 │    

─────────────────┼────

産業振興・雇用対策及び観光開発につ│    

                 │    

いて               │経済常任

─────────────────┤    

                 │委員会

港湾整備について         │    

                 │    

─────────────────┼────

                 │    

都市施設整備について       │    

                 │建設常任

─────────────────┤    

                 │委員会

水道事業の運営及び施設整備について│    

                 │    

─────────────────┼────

                 │    

                 │議会運営

議会運営及び議長の諮問事項について│    

                 │委員会

                 │    

─────────────────┴────



──────────────────────



○議長(大久保昇) 以上で、今臨時会に提案されました各案件の審議は全部終了いたしました。

 ここで、市長のあいさつがございます。

 新宮市長



◎市長(新宮正志) 〔登壇〕 平成15年第1回市議会臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位におかれましては、このたびの統一地方選挙におきまして、多くの市民の皆様の期待を受け、御当選の栄誉をかち取られ、心よりお祝いを申し上げますとともに、今後の御活躍を御祈念申し上げます。

 また、ただいまの選挙により当選されました大久保 昇議長並びに水江一弘副議長、さらに、御同意を賜りました大場博海監査委員に対しまして、心から敬意を表しますとともに、今後の市政運営に、御指導、御鞭撻を賜りますよう、お願いを申し上げます。

 また、私どもの助役人事につきましても、ただいま御同意を賜り、まことにありがとうございました。

 さて、私は、このたびの選挙におきまして、無投票での当選という結果をいただきました。今まで以上にその責任の重さを痛感し、身の引き締まる思いであります。

 現在、国、地方の財政悪化が進み、非常に厳しい状況が続いておりますが、私は、地方分権の流れの中で、これからの4年間が21世紀の室蘭の進路を定める重要な時期になると考えておりまして、これまでの市政運営の理念といたしました「改革・再生・創造」という基本姿勢をより一層推進し、市民の声をいただきながら、信頼を深めて、わかりやすい市政運営に努力してまいりたいと考えております。

 そのために、私は、この4年間にやらなければならないこととして、四つの指針と34の政策を考えております。

 高齢者に優しい福祉施策の充実や、次代を担う子供たちのための子育て教育環境の充実、また、NPOやボランティア団体を初めとした市民との協働を図りながら、地方分権に対応した市民主体の地域づくりを進め、港・企業・大学などの本市の財産を生かした「ものづくりのマチ」の推進、白鳥大橋を生かしたサークル都市の創造、市町村合併の推進など、活力にあふれ、魅力ある郷土の建設に向け、強い決意を抱いているところであります。

 さらに、室蘭の将来を切り開くためには、なお一層の行財政改革の推進が必要であり、これまで以上に思い切った改革を、議会や市民の皆様との信頼関係を支えに、御協力をいただきながら、強力に進めてまいる所存であります。

 本日は、私の所感の一端を申し上げましたが、詳細は、第2回定例会の市政方針説明の中で述べさせていただきたいと考えております。

 議員各位におかれましては、ふるさと室蘭のさらなる発展のため、今後とも格別の御指導、御協力を賜りますよう、心からお願いを申し上げますとともに、このたび退任されることになりました村上、内池両助役には、これまで長い間、市政の発展のために多大な御尽力をいただきました。この間、議員各位から寄せられました両助役に対する御支援、御協力に心から感謝を申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつといたします。

 どうもありがとうございます。



○議長(大久保昇) ここで、助役を退任されます村上盛平氏より、退任のあいさつがございます。



◎助役(村上盛平) 室蘭市職員を終えるに至りまして、感慨の深い43年の歳月でありました。この間、つき合いをいただいた多くの方々、本当に多くの方々に心からお礼と感謝を申し上げたいと思います。

 室蘭が輝いた、いいまちでありますことを、これからも私は願い続けていきたいと思います。

 議員並びに理事者の皆さんの御健勝と御発展を心からお祈り申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(大久保昇) 次に、同じく助役を退任されます内池 寳氏より、退任のあいさつがございます。



◎助役(内池寳) 一言、ごあいさつを申し上げます。

 約37年間、市民福祉の向上に向けまして一生懸命仕事をさせていただきました。今、全く悔いのない心境でございます。

 私は、この議場の本会議で、理事者としてデビューしたのは、ちょうど満50歳のときで、約11年間、この議場で答弁させていただきました。11年間ですから、やっと上手に答弁、上手に対応できるようになりましたが、そういう時期にちょうど引退というのは、寂寥の感があります。しかし、後任の助役がまだフレッシュでございますので、どうかひとつさらに厳しい質問をしていただきたいなということで、勝手につぶやいたりなんかしています。

 今後、私は、残りの自分の人生を自分らしく生きていきたいなと。そしてまた、一市民といたしまして、いわゆる社会貢献に向けて、とにかく新しい希望でまた、今までどおり燃えていきますので、そんなことで、ひとつ民間人として、また第2の人生を一生懸命頑張っていきたいなと、このように考えております。

 どうか議員の皆さんにおかれましても、市政発展のためになお一層御努力されまして、この室蘭がますます明るく元気になりますように心からお願い申しまして、まことに措辞でざいますが、ごあいさつにかえさせていただきます。

 長い間、本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(大久保昇) 両助役とも、本当に長い間、ありがとうございました。

 次に、先ほど助役に同意いたしました寺島孝征氏よりあいさつがございます。



◎総務部長(寺島孝征) 一言、お礼のごあいさつをさせていただきます。

 ただいま、私の助役選任につきまして、議会の御同意を賜りまして、まことにありがとうございました。

 大変光栄に存じますと同時に、その責任の重さに、身の引き締まる思いでございます。

 議員各位を初め、市長、職員の皆さんの御指導と御支援をいただきながら、生まれ育ち、住んでいるまち室蘭が、生き生きと、そして大きく羽ばたけるよう、もとより微力ではございますが、誠心誠意、一生懸命頑張ってまいりたいと決意をいたしておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 本日は、まことにありがとうございました。(拍手)



○議長(大久保昇) これをもちまして、平成15年第1回市議会臨時会を閉会いたします。

──────────────────────

午後 2時12分 閉会





    上記会議の記録に相違ないことを証するため、



   ここに署名する。









       臨 時 議 長  立 野 了 子





       議     長  大久保   昇





       署 名 議 員  田 村 農夫成





       署 名 議 員  嶋 田 サツキ