議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 旭川市

平成21年 第3回定例会 09月15日−01号




平成21年 第3回定例会 − 09月15日−01号







平成21年 第3回定例会



               平成21年 第3回定例



               旭川市議会会議録 第1号





――――――――――――――――――――――

●平成21年9月15日(火曜日)

         開会 午前10時01分

         散会 午前10時50分

――――――――――――――――――――――

●出席議員(36名)

       1番  久  保  あ つ こ

       2番  門  間  節  子

       3番  金  谷  美 奈 子

       4番  安  住  太  伸

       5番  上  村  ゆ う じ

       6番  高  見  一  典

       7番  山  城  え り 子

       8番  村  岡  あ つ 子

       9番  中  村  徳  幸

      10番  室  井  安  雄

      11番  安  田  佳  正

      12番  福  居  秀  雄

      13番  白  鳥  秀  樹

      14番  中  川  明  雄

      15番  笠  木  か お る

      16番  藤  沢  弘  光

      17番  小  松     晃

      18番  の と や     繁

      19番  鷲  塚  紀  子

      20番  須  藤  洋  史

      21番  塩  尻  伸  司

      22番  佐 々 木  邦  男

      23番  武  田  勇  美

      24番  宮  本  ひ と し

      25番  谷  口  大  朗

      26番  蝦  名  信  幸

      27番  太  田  元  美

      28番  佐 々 木  卓  也

      29番  安  口     了

      30番  杉  山  允  孝

      31番  鎌  田     勲

      32番  三  井  幸  雄

      33番  岩  崎  正  則

      34番  園  田  洋  司

      35番  中  島  哲  夫

      36番  三  上     章

―――――――――――――――――――――







●説 明 員

  市長              西 川 将 人

  副市長             ? 瀬 善 朗

  副市長             表   憲 章

  行政改革部長          片 岡 保 彦

  総合政策部長          岡 田 政 勝

  総務部長            武 田   滋

  総務部総務監          岡 本 幸 男

  税務部長            野 村   斉

  市民生活部長          吉 田 伸 彰

  福祉保険部長          宮 森 雅 司

  福祉保険部保険制度担当部長   岸     等

  子育て支援部長         北 本 貴 教

  保健所長            荒 田 吉 彦

  環境部長            今 野 浩 明

  経済観光部長          立 花 謙 二

  農政部長            藤 田 敏 男

  都市建築部長          後 藤 純 児

  都市建築部駅周辺開発担当部長  宮 原   進

  土木部長            小 寺 利 治

  消防長             太 田 義 正

  消防本部防災監         岡 本 芳 明

  教育長             鳥 本 弘 昭

  学校教育部長          小 池 語 朗

  社会教育部長          長谷川 明 彦

  水道事業管理者         三 島   保

  上下水道部長          青 山 道 宣

  市立旭川病院事務局長      問 谷 雅 博

  監査委員            三 浦 賢 一



●事務局出席職員

  局長              森 下   元

  議事課長            前 田   聡

  議事課主幹           津 村 利 幸

  総務調査課主査         工 藤 公 裕

  議事課主査           酒 井 睦 元

  書記              清 水 高 志

  書記              吉 田 香 織



●会議録署名議員

      16番  藤  沢  弘  光

      32番  三  井  幸  雄

――――――――――――――――――――――

●議事日程

日程第1 会期の決定について

日程第2 認定第1号 平成20年度旭川市一般会計決算の認定について

日程第2 認定第2号 平成20年度旭川市国民健康保険事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第3号 平成20年度旭川市動物園事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第4号 平成20年度旭川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第5号 平成20年度旭川市育英事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第6号 平成20年度旭川市老人保健事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第7号 平成20年度旭川市駅周辺開発事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第8号 平成20年度旭川市簡易水道事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第9号 平成20年度旭川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第10号 平成20年度旭川市介護保険事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第11号 平成20年度旭川市母子福祉資金等貸付事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第12号 平成20年度旭川市後期高齢者医療事業特別会計決算の認定について

日程第2 認定第13号 平成20年度旭川市水道事業会計決算の認定について

日程第2 認定第14号 平成20年度旭川市下水道事業会計決算の認定について

日程第2 認定第15号 平成20年度旭川市病院事業会計決算の認定について

日程第3 議案第1号 平成21年度旭川市一般会計補正予算について

日程第3 議案第2号 平成21年度旭川市動物園事業特別会計補正予算について

日程第3 議案第3号 平成21年度旭川市育英事業特別会計補正予算について

日程第3 議案第4号 平成21年度旭川市老人保健事業特別会計補正予算について

日程第3 議案第5号 平成21年度旭川市介護保険事業特別会計補正予算について

日程第3 議案第6号 平成21年度旭川市下水道事業会計補正予算について

日程第3 議案第7号 旭川市税条例及び旭川市農業農村振興条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第8号 旭川市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第9号 旭川市市民活動交流センター条例の制定について

日程第3 議案第10号 旭川市火葬場条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第11号 旭川市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第12号 旭川市助産施設条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第13号 旭川市営牧場条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第14号 土地の取得について

日程第3 議案第15号 財産の取得について

日程第3 議案第16号 財産の取得について

日程第3 議案第17号 財産の取得について

日程第4 報告第1号 平成20年度決算に基づく健全化判断比率の報告について

日程第5 報告第2号 平成20年度決算に基づく資金不足比率の報告について

日程第6 報告第3号 平成20年度旭川市一般会計継続費の精算報告について

日程第7 報告第4号 平成20年度旭川市動物園事業特別会計継続費の精算報告について

日程第8 報告第5号 専決処分の報告について

日程第9 報告第6号 専決処分の報告について

日程第10 報告第7号 専決処分の報告について

日程第11 報告第8号 専決処分の報告について

日程第12 報告第9号 専決処分の報告について

日程第13 一般質問について

――――――――――――――――――――――

●本日の会議に付した事件

1.会期の決定について(決定)

1.認定第1号 平成20年度旭川市一般会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第2号 平成20年度旭川市国民健康保険事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第3号 平成20年度旭川市動物園事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第4号 平成20年度旭川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第5号 平成20年度旭川市育英事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第6号 平成20年度旭川市老人保健事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第7号 平成20年度旭川市駅周辺開発事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第8号 平成20年度旭川市簡易水道事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第9号 平成20年度旭川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第10号 平成20年度旭川市介護保険事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第11号 平成20年度旭川市母子福祉資金等貸付事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第12号 平成20年度旭川市後期高齢者医療事業特別会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第13号 平成20年度旭川市水道事業会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第14号 平成20年度旭川市下水道事業会計決算の認定について(提案説明)

1.認定第15号 平成20年度旭川市病院事業会計決算の認定について(提案説明)

1.報告第1号 平成20年度決算に基づく健全化判断比率の報告について(報告説明)

1.報告第2号 平成20年度決算に基づく資金不足比率の報告について(報告説明)

1.議案第1号 平成21年度旭川市一般会計補正予算について(提案説明)

1.議案第2号 平成21年度旭川市動物園事業特別会計補正予算について(提案説明)

1.議案第3号 平成21年度旭川市育英事業特別会計補正予算について(提案説明)

1.議案第4号 平成21年度旭川市老人保健事業特別会計補正予算について(提案説明)

1.議案第5号 平成21年度旭川市介護保険事業特別会計補正予算について(提案説明)

1.議案第6号 平成21年度旭川市下水道事業会計補正予算について(提案説明)

1.議案第7号 旭川市税条例及び旭川市農業農村振興条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第8号 旭川市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第9号 旭川市市民活動交流センター条例の制定について(提案説明)

1.議案第10号 旭川市火葬場条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第11号 旭川市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第12号 旭川市助産施設条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第13号 旭川市営牧場条例の一部を改正する条例の制定について(提案説明)

1.議案第14号 土地の取得について(提案説明)

1.議案第15号 財産の取得について(提案説明)

1.議案第16号 財産の取得について(提案説明)

1.議案第17号 財産の取得について(提案説明)

1.報告第3号 平成20年度旭川市一般会計継続費の精算報告について(報告説明)

1.報告第4号 平成20年度旭川市動物園事業特別会計継続費の精算報告について(報告説明)

1.報告第5号 専決処分の報告について(報告説明)

1.報告第6号 専決処分の報告について(報告説明)

1.報告第7号 専決処分の報告について(報告説明)

1.報告第8号 専決処分の報告について(報告説明)

1.報告第9号 専決処分の報告について(報告説明)

1.補正予算等審査特別委員会の設置について(可決)

1.休会について(決定)

――――――――――――――――――――――

           開会 午前10時01分



○議長(鎌田勲) おはようございます。

 ただいまから平成21年第3回定例会を開会いたします。

 本日の出席議員は、全員でありますので、これより会議を開きます。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) 本日の会議録署名議員には、16番藤沢議員、32番三井議員の両議員を指名いたします。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) ここで、事務局長に諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(森下元) 御報告申し上げます。

 議事日程について、本日の議事日程は、お手元に御配付申し上げております議事日程表のとおりでありますので、その朗読は省略いたします。

 次に、説明員の出席要求について、本定例会に提出議案等の説明のため、地方自治法第121条の規定に基づき、市長を初め、各関係機関に対し説明員の出席を求めてあります。

 次に、例月出納検査結果報告について、監査委員から、平成21年8月26日付で7月分の現金出納及び現金残高については、各会計とも誤りのない旨の報告書の提出がありましたので、御報告いたします。

 以上。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) それでは、これより本日の議事に入ります。

 日程第1「会期の決定について」を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から10月14日までの30日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日から10月14日までの30日間と決定いたしました。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) お諮りいたします。

 この際、日程の一部を変更し、日程第2から日程第12までの認定第1号ないし認定第15号、議案第1号ないし議案第17号及び報告第1号ないし報告第9号の以上41件を一括して議題とし、順次、提出者の説明並びに監査委員からの決算、健全化判断比率及び資金不足比率の審査意見の報告を求めることにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定し、日程第2から日程第12までの認定第1号ないし認定第15号、議案第1号ないし議案第17号及び報告第1号ないし報告第9号の「平成20年度旭川市各会計決算の認定」及びこれに関連を有する議案並びに「平成21年度旭川市各会計補正予算」及び単独議案の以上41件を一括して議題といたします。

 まず、認定第1号ないし認定第15号、報告第1号及び報告第2号の「平成20年度旭川市各会計決算の認定」及びこれに関連を有する議案の以上17件について、提出者の説明を求めます。

 表副市長。



◎副市長(表憲章) (登壇) 認定第1号から認定第15号までの平成20年度旭川市各会計決算の概要について御説明申し上げます。

 平成20年度は、平成19年度の地方交付税の大幅な減などの影響から、事務事業の見直しや経費の削減のより一層の徹底を図るとともに、重点的方向と位置づけた「公共的役割を担う地域社会の形成」「子どもを生み育てやすい環境の充実」「競争力のある地域産業の育成と振興」「地域の魅力と資源を生かした産業の創出」に資する施策、事業につきまして財源配分を行うなど、事業の緊急性、優先性を踏まえた事業選択を行ったところであります。

 また、事業の執行につきましても、厳しい財政状況を踏まえ、引き続き、限られた財源を最大限に生かす効率的な事業執行に努めてまいりました。

 平成20年度の予算執行状況につきまして申し上げますと、一般会計では、形式収支で11億4千665万4千967円の剰余となっており、繰越明許費の翌年度繰越財源2億3千503万8千540円を差し引いた実質収支では9億1千161万6千427円の剰余となっております。

 なお、条例に基づき、その2分の1に相当する額、4億5千580万8千214円を財政調整基金に編入をしているところであります。

 一方、企業会計を除く特別会計の合計では、形式収支、実質収支で16億9千802万4千237円の歳入不足を生じており、一般会計と合わせての形式収支では5億5千136万9千270円の不足、実質収支では7億8千640万7千810円の不足をもって決算を了しております。

 以下、各会計の決算概要につきまして御説明申し上げます。

 まず、一般会計でありますが、歳入執行率は91.9%、歳出執行率は91.1%となっております。

 以下、歳入歳出の主なものについて御説明を申し上げます。

 まず、歳入でありますが、予算現額と収入済み額とを比較し、増となったものにつきましては、1款 市税のうち、事業所税で7千244万4千360円、5款 地方特例交付金で1億323万5千円、6款 地方交付税で4億734万1千円などとなっております。

 一方、減となったものといたしましては、1款 市税のうち、個人市民税で2億9千829万4千879円、法人市民税で3億930万7千795円、固定資産税で1億8千393万1千591円、市たばこ税で1億583万8千957円。

 9款 利子割交付金で1億2千647万7千円。

 12款 地方消費税交付金で2億543万6千円。

 14款 使用料及び手数料のうち、衛生手数料で1億8千153万2千277円。

 15款 国庫支出金のうち、民生費国庫負担金で1億7千640万250円、民生費国庫補助金で58億343万2千円、土木費国庫補助金で6億8千957万2千円、総務費国庫補助金で4億7千714万7千円。

 16款 道支出金のうち、民生費道負担金で2億3千782万3千225円。

 19款 繰入金のうち、長寿社会生きがい基金繰入金で2億2千397万9千434円。

 21款 諸収入のうち、商工費貸付金元利収入で14億7千335万7千886円、雑入で1億3千385万4千77円。

 22款 市債のうち、土木債で18億3千410万円などとなっております。

 なお、減となったもののうち、15款 国庫支出金で70億238万6千円、16款 道支出金で2千240万円、22款 市債で15億920万円を繰越明許費の財源として翌年度へ繰り越しをしております。

 次に、歳出における不用額の主なものを申し上げますと、2款 総務費のうち、徴収事務費で1億4千870万7千453円。

 3款 民生費のうち、重度心身障害者医療費助成事業費で1億2千129万5千515円、国民健康保険事業特別会計繰出金で3億7千402万1千669円、生活保護等費で1億3千830万9千427円。

 7款 商工費のうち、中小企業振興資金融資事業費で15億299万3千577円。

 8款 土木費のうち、除雪費で1億4千16万2千441円、都市計画街路改良事業費で1億766万円。

 13款 職員費のうち、給料及び諸手当で1億3千769万6千211円などとなっております。

 なお、コミュニティセンター整備費ほか43事業につきましては、繰越明許費として87億6千902万4千540円を翌年度へ繰り越しをしております。

 以上、一般会計決算の概要について御説明申し上げましたが、このほか、主要施策につきましては「主要施策の成果報告書」を、臨時事業の実施状況につきましては「決算事項別明細書」の226ページ以降にお示しをしておりますので、参照いただきたいと存じます。

 続きまして、特別会計について御説明申し上げます。

 国民健康保険事業特別会計では歳入歳出差し引きで20億9千563万6千312円、老人保健事業特別会計では2千427万8千834円、駅周辺開発事業特別会計では1億3千560万1千3円の不足を生じましたので、それぞれ翌年度歳入で繰り上げ充用の措置を講じたところであります。

 動物園事業特別会計では歳入歳出差し引きで3億2千756万3千12円、公共駐車場事業特別会計では636万9千242円、育英事業特別会計では2万9千700円、介護保険事業特別会計では2億936万9千855円、母子福祉資金等貸付事業特別会計では164万4千11円、後期高齢者医療事業特別会計では1千251万6千92円の剰余金を生じております。

 なお、後期高齢者医療事業特別会計管理事務費につきましては、繰越明許費として781万5千円を翌年度へ繰り越しております。

 また、簡易水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計は、いずれも収支均衡で決算を了しております。

 次に、企業会計について御説明申し上げます。

 まず、水道事業会計につきましては、収益的収支では、収入で58億2千753万2千446円、支出で57億5千33万3千653円、差し引き7千719万8千793円となっており、この結果、損益計算では485万7千364円の純利益を生じております。

 一方、資本的収支では、収入で46億8千407万968円、支出で72億8千664万7千288円となっており、差し引き26億257万6千320円の収支不足を生じましたが、これは内部留保資金をもって補てんいたしております。

 次に、下水道事業会計につきまして、収益的収支では、収入で74億1千508万1千731円、支出で73億7千754万1千729円、差し引き3千754万2円となっており、この結果、損益計算では2千786万3千246円の純利益を生じております。

 一方、資本的収支では、収入で101億8千49万8千540円、支出で130億667万9千236円となっており、差し引き28億2千618万696円の収支不足を生じましたが、これは内部留保資金をもって補てんをいたしております。

 続きまして、病院事業会計につきまして、収益的収支では、収入で114億3千980万9千460円、支出で120億5千298万4千159円、差し引き6億1千317万4千699円の収支不足となっており、この結果、損益計算では6億1千351万7千159円の純損失を生じております。

 一方、資本的収支では、収入で7億4千729万6千円、支出で10億6千545万3千792円となっており、差し引き3億1千815万7千792円の収支不足を生じましたが、これは内部留保資金をもって補てんをいたしております。

 以上、平成20年度各会計決算の概要について御説明を申し上げました。

 よろしく審議の上、認定いただきますようお願いを申し上げます。

 続きまして、報告第1号及び報告第2号の平成20年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告につきまして御説明を申し上げます。

 報告第1号、平成20年度決算に基づく健全化判断比率の報告についてでございますが、実質赤字比率及び連結実質赤字比率については、赤字額がなかったことから算定されなかったところであります。実質公債費比率につきましては11.9%、将来負担比率につきましては137.3%となっております。この結果、いずれの比率も早期健全化基準には至っておりません。

 次に、報告第2号、平成20年度決算に基づく資金不足比率の報告についてでございますが、駅周辺開発事業特別会計、簡易水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、水道事業会計、下水道事業会計、病院事業会計の6会計において、いずれの会計も資金不足がなかったことから算定されなかったところであります。この結果、経営健全化基準には至っておりません。

 以上、地方公共団体の財政健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により御報告を申し上げます。よろしくお願いをいたします。

 以上です。(降壇)



○議長(鎌田勲) 次に、本決算、健全化判断比率及び資金不足比率に対する監査委員の審査意見について報告を求めます。

 三浦監査委員。



◎監査委員(三浦賢一) (登壇) 監査委員を代表いたしまして、平成20年度各会計の決算、同決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率につきまして、審査結果を御報告申し上げます。

 これらにつきましては、それぞれの関係規定に基づき、市長から当監査委員の審査に付されましたので、所定の手続により、それぞれ審査を実施いたしました。

 まず、各会計の決算についてでありますが、審査に当たりましては、決算書類が関係法令に準拠して調製されているか、また、表示されている決算計数が正確であるかにつきまして検証したほか、予算執行状況の確認及び財政的見地から計数の分析等を行ったところでございます。

 その結果、各会計とも、決算書類の様式は法令に準拠して調製されており、表示された諸計数は関係諸帳簿といずれも符合し、正確であると認められました。

 次に、平成20年度各会計決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率についてでありますが、この審査に当たりましては、比率が適正に算定されているか、また、その算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかにつきまして、関係書類との照合などを行ったところでございます。

 その結果、比率の算定及びその算定の基礎となる事項を記載した書類の作成は、法令等に従って行われており、いずれも適正に算定され、作成されているものと認められました。

 それぞれの審査内容につきましては、御配付されております決算、健全化判断比率及び資金不足比率の審査意見にお示しをしてありますので御参照いただきたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが、平成20年度各会計の決算、同決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率につきましての審査意見の御報告といたします。(降壇)



○議長(鎌田勲) 次に、議案第1号ないし議案第17号及び報告第3号ないし報告第9号の「平成21年度旭川市各会計補正予算」及び単独議案の以上24件について、議案番号の順序に従い、順次提出者の説明を求めます。

 岡田総合政策部長。



◎総合政策部長(岡田政勝) 議案第1号から議案第6号までの平成21年度各会計補正予算につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第1号、平成21年度旭川市一般会計補正予算でございます。

 今回の補正は、北海道の基金を活用した雇用対策事業及び国の補正予算にかかわる臨時交付金を活用した事業などを内容とするものでございます。

 以下、補正予算書で御説明申し上げます。

 補正予算書1ページから3ページの第1表歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますように、歳入歳出予算の総額にそれぞれ22億4千146万6千円を追加し、1千480億3千608万8千円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、補正予算事項別明細書13ページから19ページの歳出にお示しいたしておりますように、2款 総務費に庁舎保全等整備事業費ほか2事業で1億1千563万2千円、3款 民生費にICT利活用地域保健等連携基盤整備事業費ほか5事業で9億155万7千円、4款 衛生費にがん検診費ほか4事業で9千856万7千円、5款 労働費に市有財産台帳整備事業費ほか25事業で1億1千881万円、6款 農林水産業費に農業振興シンポジウム開催事業費ほか2事業で4千940万円、8款 土木費に街路樹事業管理費ほか6事業で5億379万9千円、9款 消防費に総合防災センター関連設備整備事業費で1千55万7千円、10款 教育費に食事環境整備事業費ほか9事業で4億4千314万4千円をそれぞれ追加しようとするものでございます。

 これらの財源につきましては、9ページから12ページの歳入にお示しいたしておりますように、15款 国庫支出金で12億1千969万2千円、16款 道支出金で1億7千280万7千円、18款 寄附金で800万円、19款 繰入金で1億546万4千円、20款 繰越金で2億8千800万3千円、21款 諸収入で450万円、22款 市債で4億4千300万円をそれぞれ追加しようとするものでございます。

 次に、4ページの第2表債務負担行為補正でございますが、今回の補正に伴い、債務負担行為を廃止しようとするものでございます。

 第3表地方債補正でございますが、道路橋りょう整備事業及び学校教育施設等整備事業のための起債について限度額を変更しようとするものでございます。

 次に、議案第2号、平成21年度旭川市動物園事業特別会計補正予算でございますが、補正予算書5ページの第1表歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますように、歳入歳出の総額にそれぞれ1億3千987万3千円を追加し、21億8千27万5千円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、補正予算事項別明細書22ページにお示しいたしておりますように、1款 総務費に管理運営費ほか1事業で1億1千849万2千円、2款 公債費に長期債元金償還金ほか1事業で2千138万1千円を追加しようとするものでございます。

 この財源といたしましては、21ページにお示しいたしておりますように、6款 繰越金で1億1千709万3千円、7款 諸収入で2千138万1千円、9款 国庫支出金で139万9千円をそれぞれ追加しようとするものでございます。

 次に、議案第3号、平成21年度旭川市育英事業特別会計補正予算でございますが、補正予算書6ページの第1表歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますように、歳入歳出の総額にそれぞれ800万円を追加し、8千472万円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、補正予算事項別明細書24ページの歳出にお示しいたしておりますように、1款 育英費に積立金で800万円を追加しようとするものでございます。

 この財源といたしましては、2款 寄附金で800万円を追加しようとするものでございます。

 次に、議案第4号、平成21年度旭川市老人保健事業特別会計補正予算でございますが、補正予算書7ページの第1表歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますように、歳入歳出の総額にそれぞれ1千232万6千円を追加し、7千510万5千円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、補正予算事項別明細書25ページの歳出にお示しいたしておりますように、2款 諸支出金に償還金で1千232万6千円を追加し、この財源といたしまして、2款 国庫支出金で1千232万6千円を追加しようとするものでございます。

 次に、議案第5号、平成21年度旭川市介護保険事業特別会計補正予算でございますが、補正予算書8ページの第1表歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますように、歳入歳出の総額にそれぞれ2億1千302万3千円を追加し、248億2千21万8千円にしようとするものでございます。

 その内容といたしましては、補正予算事項別明細書26ページの歳出にお示しいたしておりますように、4款 基金積立金に介護給付費準備基金積立金で6千687万円、5款 諸支出金に償還金で1億4千615万3千円を追加し、この財源といたしまして、4款 支払基金交付金で342万9千円、6款 財産収入で22万5千円、8款 繰越金で2億936万9千円をそれぞれ追加しようとするものでございます。

 次に、議案第6号、平成21年度旭川市下水道事業会計補正予算でございますが、28ページの補正予算実施計画にお示しいたしておりますように、旧東鷹栖下水処理場の解体に伴い、収益的支出の1款 下水道事業費用の資産減耗費で7千814万8千円を追加し、この財源といたしまして、1款 下水道事業収益の補助金で5千500万円を充当し、なお不足する2千314万8千円につきましては下水道使用料等で措置しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 武田総務部長。



◎総務部長(武田滋) 議案第7号、旭川市税条例及び旭川市農業農村振興条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、農地法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、旭川市税条例及び旭川市農業農村振興条例における引用条項について所要の整理を行おうとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 太田消防長。



◎消防長(太田義正) 議案第8号につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 議案第8号、旭川市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定につきましては、消防法の一部を改正する法律が施行されることに伴い、当該条例に引用しております条項が移動したことから、条例の一部を改正しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 吉田市民生活部長。



◎市民生活部長(吉田伸彰) 議案第9号及び議案第10号につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第9号、旭川市市民活動交流センター条例の制定につきましては、市民活動を支援するとともに、市民の交流及び協働を促進し、もって活力ある地域社会の形成と市民主体のまちづくりの実現に寄与することを目的に、現在、北彩都シビックコア地区のれんがづくり建物を改修し、整備を進めております市民活動交流センターの設置及び管理運営に関する必要な事項を定めるものであります。

 なお、センターがオープンいたします平成22年6月29日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第10号、旭川市火葬場条例の一部を改正する条例の制定につきましては、旭川市火葬場旭川聖苑の管理を指定管理者に行わせるために、条例の一部を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、従来から規則で定めておりました受け付け時間、休業日の規定を条例において定めることを初め、火葬場の管理を指定管理者に行わせる旨の規定、指定管理者に行わせる業務の範囲に関する規定等、必要な事項を整備しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 岸保険制度担当部長。



◎福祉保険部保険制度担当部長(岸等) 議案第11号、旭川市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、国の緊急少子化対策措置として行われました健康保険法施行令などの一部改正に伴いまして、この改正の趣旨及び内容を踏まえ、ことし10月1日から平成23年3月31日までに出産した場合における出産育児一時金の支給額を4万円引き上げようとするほか、所要の関連規定の整理を行おうとするものでございます。

 施行日は、公布の日としております。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 北本子育て支援部長。



◎子育て支援部長(北本貴教) 議案第12号、旭川市助産施設条例の一部を改正する条例の制定につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、各種健康保険制度におきまして、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産した方に対する出産に関する給付の増額が予定されておりますことから、同期間中における助産施設の入所の要件に関する特例を定めようとするものでございます。

 なお、施行日につきましては、公布の日としようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 藤田農政部長。



◎農政部長(藤田敏男) 議案第13号、旭川市営牧場条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を説明申し上げます。

 本案は、旭川市営牧場の管理を指定管理者に行わせるため、条例の一部を改正しようとするもので、その内容は、施設の管理を指定管理者に行わせる旨の規定、指定管理者に行わせる業務の範囲に関する規定、その他指定管理者に管理を行わせるために必要な事項を整備しようとするものです。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 小寺土木部長。



◎土木部長(小寺利治) 議案第14号、土地の取得につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本件は、旭永橋のかけかえにかかわる永山町9丁目、東旭川北1条8丁目間道路線の道路用地に充てるため、6名の地権者から合計で1万9千753.96平方メートルを5千926万1千880円で取得しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 岡本総務監。



◎総務部総務監(岡本幸男) 議案第15号から議案第17号までの財産の取得につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第15号は、空港の除雪に充てるため、スノースィーパ1台を5千176万5千円で北海道市町村備荒資金組合から買収しようとするものでございます。

 次に、議案第16号は、空港及びその周辺における航空機事故等に係る救急活動に充てるため、医療資器材搬送車トレーラー1台を3千990万円で帝国繊維株式会社北海道営業所から買収しようとするものでございます。

 次に、議案第17号は、空港の消火活動に充てるため、空港用化学消防車1台を1億4千67万9千円で第一実業株式会社から買収しようとするものでございます。

 以上、よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 岡田総合政策部長。



◎総合政策部長(岡田政勝) 報告第3号、平成20年度旭川市一般会計継続費の精算報告及び報告第4号の平成20年度旭川市動物園事業特別会計継続費の精算報告につきまして御説明申し上げます。

 初めに、報告第3号、平成20年度旭川市一般会計継続費の精算報告でございますが、平成18年度から平成20年度までの3カ年の継続事業として執行してまいりました総合防災センター(仮称)中核施設整備事業費につきまして、全体計画に対しまして321万3千290円の不用額をもって事業を完了いたしました。

 報告第4号、平成20年度旭川市動物園事業特別会計継続費の精算報告でございますが、平成19年度及び平成20年度の2カ年の継続事業として執行してまいりましたオオカミの森整備事業費につきまして、全体計画に対しまして1千125万500円の不用額をもって事業完了をいたしましたので、いずれも、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、別紙継続費精算報告書のとおり御報告申し上げるものでございます。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(鎌田勲) 西川市長。



◎市長(西川将人) 報告第5号、専決処分の報告につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本年8月13日、旭川商工会議所前会頭の?丸 修氏が急逝されましたが、同氏は、平成3年に旭川商工会議所常議員に選出され、以来、副会頭、会頭を務められるなど要職を歴任され、本市市政の進展に尽力された功績は顕著であります。

 同氏の功績をたたえ、旭川市功労者として表彰することについて専決処分をさせていただいたものでありますので、何とぞ御承認を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(鎌田勲) 武田総務部長。



◎総務部長(武田滋) 報告第6号、専決処分の報告について御説明申し上げます。

 本件は、整理番号1及び2の2件ございまして、いずれも庁用自動車の交通事故にかかわるものでございます。

 まず、整理番号1でございますが、本年7月6日、市内神居町富沢において、庁用の小型乗用車が相手方の浄化槽の上を通過して破損をし、損害を与えたもので、その損害賠償の額を7万3千80円と定め、8月21日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、整理番号2でございますが、本年8月6日、市内緑町24丁目において、庁用の軽自動車が相手方の車両と接触し、損害を与えたもので、その損害賠償の額を3万4千251円と定め、8月27日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、御報告申し上げます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 北本子育て支援部長。



◎子育て支援部長(北本貴教) 報告第7号、専決処分の報告につきまして御説明申し上げます。

 本件は、平成21年3月28日、北門町8丁目に所在します北門児童センターにおきまして、センターに勤務する児童厚生員が事務室の保管ケースに入れて預かっておりました来館児童の携帯電話機を紛失した事故であり、その損害賠償の額を4万2千775円と定め、本年8月28日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 今後、こうした事故を起こすことのないよう保管物等の管理の徹底を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、御報告申し上げます。



○議長(鎌田勲) 太田消防長。



◎消防長(太田義正) 報告第8号、専決処分の報告につきまして御説明申し上げます。

 本件は、本年7月20日、救急出動した東旭川町共栄の交通事故現場において、傷病者である相手方の眼鏡を預かり、救急隊員がポケットに保管し、ストレッチャーで搬送中、同眼鏡が路上に落下し、当該ストレッチャーの車輪で眼鏡を踏み、破損し、損害を与えたもので、その損害賠償の額を2万7千300円と定め、9月2日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、御報告申し上げます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(鎌田勲) 小池学校教育部長。



◎学校教育部長(小池語朗) 報告第9号、専決処分の報告につきまして御説明申し上げます。

 本件は、昨年7月1日、野球少年団の児童が旭川市立東光小学校敷地横の歩道をランニング中に、敷地内の樹木が倒れて児童4名に当たり、負傷した事故でございます。そのうち、3名につきましては、既に専決処分を行い、第2回定例市議会において御報告申し上げたところでございますが、このたび、残り1名につきまして、損害賠償の額を1万5千240円と定め、8月20日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 事故防止につきましては、日ごろから十分注意を喚起しているところでございますが、なお一層、事故防止の徹底に努めてまいりたいと考えているところでございます。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、御報告申し上げます。



○議長(鎌田勲) 以上で、提出者の説明を終わります。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) ここで、ただいま議題となっております議案41件のうち、議案第1号ないし議案第17号の「平成21年度旭川市各会計補正予算」及び単独議案の以上17件の審議方法についてお諮りいたします。

 本案につきましては、審議の慎重を期するため、15名の委員をもって構成する補正予算等審査特別委員会を設置し、その審査を付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 次に、ただいま設置の決定を見ました補正予算等審査特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、議長の指名によることになっておりますので、直ちに議長の指名者について事務局長に発表させます。



◎議会事務局長(森下元) 氏名を申し上げます。

 なお、敬称は省略させていただきます。

    補正予算等審査特別委員会委員

  1番 久保あつこ    5番 上村ゆうじ

  6番 高見 一典    7番 山城えり子

 17番 小松  晃   18番 のとや 繁

 19番 鷲塚 紀子   20番 須藤 洋史

 22番 佐々木邦男   23番 武田 勇美

 25番 谷口 大朗   29番 安口  了

 30番 杉山 允孝   32番 三井 幸雄

 36番 三上  章

 以上、15名であります。



○議長(鎌田勲) 引き続き、本特別委員会の正副委員長の選任方法についてお諮りいたします。

 正副委員長の選任につきましては、委員会条例第7条第2項の規定により、委員会において互選することになっておりますが、議事運営の都合上、この場合、議長の指名推選によりそれぞれ選任することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定し、直ちに議長の指名推選者について事務局長に発表させます。



◎議会事務局長(森下元) 氏名を申し上げます。

 なお、敬称は省略させていただきます。

 補正予算等審査特別委員会

     委員長 23番 武田 勇美

 同じく副委員長 18番 のとや 繁

 以上でございます。



○議長(鎌田勲) お諮りいたします。ただいま事務局長に発表させましたとおり、それぞれ選任することに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、本特別委員会の正副委員長は、議長の指名推選どおり、それぞれ選任することに決定いたしました。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) ここで、お諮りいたします。

 本定例会は、補正予算等審査特別委員会開催のため、明9月16日と17日の2日間、休会することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             (「異議なし」の声あり)



○議長(鎌田勲) 御異議なしと認めます。

 よって、明9月16日と17日の2日間、休会することに決定いたしました。

――――――――――――――――――――――



○議長(鎌田勲) 本日の会議は、以上で終わりたいと思います。

 なお、9月18日、本日に引き続き午前10時から会議を開きますので、定刻までに御参集を願います。

 9月18日の議事日程は本日の続行であります。

 それでは、本日の会議は以上をもって散会いたします。

――――――――――――――――――――――

           散会 午前10時50分